恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

そうです、私が悪いんです

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

ずっと状況が変わらないのには、原因があります。

必ず原因があります。

なぜかこれが分からない人が多いんですよね。

どれだけ言っても分からないんです。

結果は原因があるから生まれるんですよ。学校で習ったはずなんです(^^;

小学生でも分かることです。

 

なぜ小学生でも分かるこの超簡単な理屈が分からないのか、僕は知っています。

教えましょうか。

それは、冷静じゃないからです。

正気じゃないんです。

そう、正気じゃないんですよね、ずっと。

そのまともな頭でちゃんと考えれば、一瞬でケリがつくはずのことに、なぜかどう頑張って脳を高速回転させてみても、なかなか答えが出てこないんです。

それはそのはずです。

ずっとオーバーヒートしっぱなしなんですから(^^;

人間は慌てたり正気を失ったりしていれば、当然正常な判断はできないんです。バカになるわけです。

小学生ですら簡単に答えられる算数が、解けなくなります。

 

非常にいいコメントをもらいました。

このコメントと全く同じ状況の女性もいますね。日常的に全く同じことを考えていて、ずっと苦しいと思い込んでいるんです。

予防しましょう(^^

MNちょりみょーさんより:

変われていない笑
もうすぐ2年になりますね。あと3ヶ月くらいで。ここを知って2年。
諦めずに同じ場所に…笑
なんなら、他の人とも付き合って前より現状は悪化してるような気さえします
どんなに二股してようと心は彼に向いてしまいます。でも彼といる時の私は自分でも嫌いだから、彼ではないんですよね。
彼に異常だと言われます。
もう一人の人は何もしてないのに愛してくれます。でも止められないんです。彼への執着が…
彼に言われました。俺とMNちょりみょーの関係はMNちょりみょーが原因だよ、と。
私いい女とになりたかったのに…どんどん醜くなっていきます。怖いです。
幸せになんかなれないです。少しも前に進んでない。彼の呪いも解けない。解けなくていいと思ってますからね。
怒りでどうにかなりそうです。
見た目まで最低になってきました。
この状況がいつまでも続くわけないと思います。でもきついんです。
もう泣き叫んでも放心状態になってももうダメなんです。
あんな男性に出会いたくなかった。

この彼が言っていることは、おそらくほぼ100%正しいでしょう。

僕は女性の味方をする方にいつも立ってこのブログで話をしています。

彼の肩を持つつもりはさらさらありませんが、実際正常な判断ができない女性の相手をすると本当に疲れるんです。

僕はそういう女性の相手を散々してきました。彼の気持ちはよく分かります。

 

執着が止められないとか、怒りや悲しみの感情で暴走状態になるという女性はたくさんいます。

でも99%以上、ウソなんです。

止められないのではなく、止めるつもりが最初からないんです。

大ウソつきです(笑)。

 

と、恋愛相談の回答ではよく言っています(^^;

暴走を止められないとかいうのは、全部ウソなんです。止められないということは、絶対にありません。

止められないという人は、止められないのは仕方がないことだと思い込んでいるだけなんです。

これって、DVを働く男性の言い訳と全く同じなんですよね。

俺が逆上して殴るのは、お前が俺を怒らせるからだ。怒りで手が出てしまうのが俺だ、それはもう俺にも止められない。だから怒らせるな。

大ウソ野郎の発言なのです。

止められますよ、絶対。

止める気がないだけです。怒りに負けて手が出るというのを自然の法則かのように言うことによって、手を出すことを正当化しているだけです。

そしてこれが、なんかもっともらしく聞こえるからタチが悪いんですよね。

 

「俺とMNちょりみょーの関係はMNちょりみょーが原因だよ」

置かれている状況もそれぞれ違いがあるので、この言葉を受けて、即こちらが悪いと考えるべきだという結論にはならないのですが、自分で考えても彼のこの発言がある程度真意を突いていることは分かっていると思うんです。

変わりたいのなら、変わるための行動を起こすしかありません。

彼に異常だと言われ、自分でもおかしいと思っているのなら、直そうとまず思うだけだと思うんです。

必ず直ります(^^

 

これまでにも何度も似たような話をしていますが、僕自身も暴走する女性の相手を何度もしてきて、それがどれだけ疲れることなのかよく知っています。そんな女性の相手をすることになる男性の心理を知っているからこそ、事前に知ってやめられるものならやめないといけないという話をずっとしています。

僕はゲームオーバーはないとずっと言い続けています。

実際にゲームオーバーはないです。

しかし、ゲームオーバーというものがあるとしたら、それに限りなく近くなる決定的な要因の一つは、間違いなくこれです。

もう、無茶苦茶しんどいんです。

 

相手がどれだけ美人でかわいかろうと、そんなものは一切関係ありません。

暴走する人は、お断りなんです。

その理由は簡単で、もう女性に見えないんです。

最近、コミュニケーション能力の話をしたばかりですよね。実はこの暴走が止まらないという女性も、コミュニケーション能力が欠如している女性と大して変わらないということに気づいている人もいるかもしれません。

なぜ面倒くさいと思うのか、なぜしんどいのか。

その理由は、話が通じないからです。

話が通じない女性は、女性ではありません。少なくとも男にとってはそうです。

僕もこれを理由に二度と相手をしないと決めた女性が何人かいるくらいです。

 

逆に言えば、話が通じる女になってさえいれば、大半の問題には引っかからなくなります。

恋愛なんて、この超基本の土台が自分と相手のそれぞれにあって初めて成り立つものですよね。

土台がなかったら、好きでも何でもうまく行くはずがないんです。

 

この状況がいつまでも続くわけないと思います。

残念ながら、この状況は永遠に続きます。

 

ひどいと思うかもしれませんが、真実なので仕方がありません。

本当に永遠に続くことになります。

ただしそれは、今の原因を持ち続けて生きている場合の話です。

 

今の原因を捨てて違う原因を作れば、当然状況は変わります。

違う原因を作って状況が変わらないことはあり得ません。絶対に変わります。

違う原因を作ってこなかったから、ずっと変わらないんです。ただそれだけのことなんです。

小学生でも分かるんですよ。

原因が変われば、結果が変わる。

今が昔とちっとも変わらないのは、今と昔とでやっていることが変わらないからです。

 

変えたらいいんじゃないですか。

やっていることを、今から変えてみたらいいと思うんです。

「怒りに負けるのが私だ、そして怒りによって身体は勝手に動いてしまうのが人間だ。だから、しゃーないやん。」

という変な思い込みを、これからもずっと大事に大事に抱えて生きていくのか。

それとも、

「もしかして本当の私って、暴走なんかする女じゃないんじゃないか?何十年もそれが自分だと信じ込んできたのが間違いだったとしたら、今までの私はなんてもったいないことを・・・」

と思い立って、今日から方向転換を決めるのか。

 

「女性の承認」では聞き飽きるほどこの話をしているんですが、本心は別に黒くないんですよね。

執着の呪いに取り憑かれたり、暴走行為に身を任せてしまう女性も、本心からそれを望んだりはしていないんです。僕は相手をしてきたからこそ、そのことをよく分かっているつもりでいます。

やめればいいんです。直せばいいんです。

直るんですから、直せばいい。

 

絶望的に心の黒い女性はごくわずかながら世の中にはいますが、恋愛の勉強とかいうものをここまで真面目にやっている女性に、そんな人が混じっている可能性はゼロです。

ゲームオーバーから最も縁遠い女性になるために、この話に思い当たるところがある場合は、方向転換してください。

ちゃんと変われますから。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • きなころ
    • 2019年 1月 09日 12:41:30

    「執着が止められないとか、怒りや悲しみの感情で暴走状態になるという女性はたくさんいます。

    でも99%以上、ウソなんです。

    止められないのではなく、止めるつもりが最初からないんです。

    大ウソつきです(笑)。」

    めちゃくちゃわかります。
    いままで友達に散々やめようと声をかけても止められなかったことがたくさんあり破滅へと向かった行きました。
    私は止めようと思ったら止められました。(本当に辛かったですが、やめたら変わりました。そしてこれから劇的に変わる予定です)

    やめようとしなかった、できないと思ってたのはそこに留まろうとしていた私の意思でした。自分の行動を変えなきゃ現状は変わらない。
    いい女になるぞー!

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント