恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

男が教えるモテる女の恋愛技法

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

なんと、ものすごいことが起きています。

あぶり出しです。

小学生の頃やったでしょ。

紙を火であぶったら、燃え上がって火事になりかけたというやつです。

 

今はもうアルコールランプは使わないわけです。

紙が燃えたら困ります。

ちょっとあぶるだけでいいんです。

最近は何でもあぶりが人気です。

寿司でも肉でも、バーナーであぶったら高級になります(笑)。

 

あぶることで見えてくるものがあります。

最近のメルマガがめちゃくちゃヒットしました。

僕のメルマガが神メルマガであることがあぶり出されました。

 

偽仔猫ちゃん:「Kou様、調子乗り杉です。それより説教部屋はよ

本物が出てくる前に、本論に入ります。

 

あぶり出しはやりましたよね。

そのあぶり出しに相当するコメントが見つかってしまいました。

とてつもないコメントです。

僕は、こういうコメントを待っていました。

 

グイグイ来ます。

人間の深層心理がこれでもかというくらいにあぶり出されてします。

もしかしたら出血多量になるかもしれません。

そのくらいヤバいコメントです。

 

メルマガサポート用記事(2024年6月)

志づ鹿さんより:

『話を聞かない男、気持ちを読めない女』
『気持ちが読めないのではなく・・・』

私は不満を持つ相手に対して言い分を理解してほしいと思った事がなくて、よそで発散したり何らかの方法で昇華したりしてしまいます。

わかってほしいんじゃない、わかってほしくないんです。

相手は私の気持ちなんかわからないまま、意味不明に困ってしまえ、と思っちゃうんです。歪んでますよね……(^^;   ていうかワガママな子どもですね。

こういうのって、人と信頼関係を築くうえで、致命的な欠陥だなぁと思ってます。

誰かと深い仲になるためには、喧嘩や本音を打ち明け合う事って必要ですよね。

親に対して、これ以上私に構わないで気にしないで干渉しないで系の本音なら言えるんですけどね……(^^;

親以外の他人にそんな事を思う事もないし、 構って、とか寂しい系の本音って、こんな私でもたまには好きな人とか仲の良い人に対して思う事はあるんですけど、やっぱり知られたくないです。

記事の本筋と離れちゃったけど、私の場合は、行動を素直にする以前に、気持ちを素直にする必要があるのかも。

人って、本音を打ち明けられたら嬉しいものですよね。私だって嬉しいです。打ち明けられるのは嬉しいのに、打ち明けるのはどうして嫌なんだろう。昔から、仲の良い人から、水くさいとか寂しいみたいなニュアンスの事を言われる事がありました。

相手のためにも、本音って言う必要があるんですよね。言いたくなくても、言うべきですよね……それが信頼関係が深まるために必要不可欠と思えば、私も頑張れるかな……

やはり何度読んでもすごいです。

よく書いてくれました(^^

 

これが、現代人の抱えている闇です。

志づ鹿さんをこき下ろしているわけではなく、この感覚を持っている人は今の世の中にはたくさんいるということを認識してほしいと思ってこのコメントを取り上げました。

多分あなたもそうです。

少なからずこの気があるはずです。

僕もそうですから。

 

踏み込めないんですよね。

仲良くなりたいとは思っているんです。

でも、仲良くなりたくないんです。

薄く付き合うので十分だと思っているということです。

・・・うーん、ちょっと語弊があるかもしれません。

 

もうちょっとかみ砕いて言い換えると、人と深い人間関係を築くのが怖いんです。

ほどよく仲良くなるところまではいいんですが、それ以上の関係性になることに躊躇してしまいます。

 

それ以上の関係性とはどういう関係でしょうか。

相手の人生に影響を与える関係性です。

何度も言っていますが、単純に怖いんですよね。

相手の人生に必要以上に入っていくことが怖いんです。元に戻れなくなりそうだからです。

実際元に戻ることはできません。当たり前です。

しかし、元に戻りたい、いざとなったらなかったことにしてしまいたいと思うのが現代人です。

 

すごくないですか、これ(笑)。

この手の発想を、程度の差こそあれ、かなり多くの人が持っているわけです。

退職代行サービスとかいうものが市民権を得る時代です。

とにかく、深く踏み込みたくないんです。いざとなったらぱっと切ってリセットできるようにしておきたいという気持ちがあるから、必要以上に深い関係になれないんです。

 

恋愛の究極の目的は人生の○○○○○を得ることです。

人生を一緒に歩く相手ですよね。

そういう人を探し求める行為をしようとしているのに、相手の人生に踏み込むことに対しては強烈な抵抗感があるわけです。

そして同時に、相手から自分の人生に踏み込まれることに対しても拒否感がある状態です。

これでは、どうやっても恋愛をするのは無理そうですよね(^^;

ただ好き好き言って乳繰り合うだけの関係なら別にそのままでもいいと思います。

しかし恋愛の勉強をしている女性が求めている恋愛は、そういう次元のものじゃないんです。

 

これは現代人が持っている闇と言っていいと思います。

ここまで言い切る人はなかなかいないかもしれません(笑)。

多分認識もできていません。

 

実は恋人に限らず、そもそも「親友」と呼べる人が一人もいない人がたくさんいるのが現代社会です。

一人もいないんです。

お互いの人生に強烈に食い込む友達が、一人もいないんですよ。

そういう人が周りにわんさかいるわけです。

 

つまり、人間関係の作り方が分からないんです。

深い友情があるのはマンガの世界だけだと本気で思っている人もいるかもしれません。

みんながみんなそんな感じなので、心の奥底では相手と仲良くなって愛し合える関係を切望しているのに、どうしたらそうなれるか見当も付かないんですよね。

何しろその前段で強い抵抗感に負けて進めないんですから。

 

何度もデートをしている割には、恋愛が一向に育たないのは、育てる努力をしていないからです。

恋人でも友達でもいいんですが、勝手にはできないんですよね。

人と仲良くなるには勇気が必要です。

 

あんまり深く入ってきてほしくないとか、別に分かってほしいと思わないというのは、深い関係になった後でリセットが必要になったときに困ると思っているからです。

これは「恋愛事始め」では限界まで分解して徹底的に言語化したものを4ヶ月目のコンテンツとして用意しているのですが、強烈なコメントを出してくれた対価として一つだけヒントをプレゼントすることにします。

覚悟が必要なんです。

好きというだけで犬を飼うことができないのはなぜなのか、誰でも理由を知っています。

それと同じことですね。

 

恋愛を育てるとはどういうことなのか、この記事だけでも十分過ぎるくらいに気づくことがあると思います(^^

実践・恋愛技法「二、恋愛事始め」

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • なつの子
    • 2024年 6月 23日 11:18:03

    【別に分かってほしくなんてないんだからね!】

    これは、すごい…と思いました。
    私だけだと思っていました、深い人間関係が作れないのって…
    彼氏も、親友と呼べるともだちもいない私は何か欠陥があるとか、魅力がないんだと思ってました。
    仲良くなった人に自己開示したくないと思ったことはなくて、いつでも深い話をしたいし、色んな意見交換(恋愛観も含めて)がしたいし聞きたいと思っているけど、みんな意外とそういう話をしたがらないので
    私には話したくないのかな…と思うことが多かったです。
    突っ込んではなしたいのに、突っ込んできてくれない…みたいな感じです(笑)
    そうすると、自分から突っ込んでいくことができなくて、当たり障りない会話で終わる…ということが多かったりします。

    でも逆に、スピリチュアルな力を持ってると告白された人に、面白がって今の自分のことを聞いたら、耳の痛いことを言われて「聞かなきゃよかった」と反省したりしてます。
    …これも、「覚悟」がなかったってことか…

    何やら話が逸れてしまいましたが
    とにかく、大切な人を作るための覚悟…まずはそこからかな…

    そうなんだ、みんな、いないんだ…

    そして、覚悟が足りないのか…
    覚悟…
    ここにきて、色んな覚悟が足りないような気がします。

    • ミユキさん
    • 2024年 6月 23日 21:43:09

    >とにかく、深く踏み込みたくないんです。いざと>なったらぱっと切ってリセットできるようにして>おきたいという気持ちがあるから、必要以上に深>い関係になれないんです。

    ここだけ読むと、すごく寂しいなぁって思ってしまいました。
    最後までちゃんと読むと、
    そっかあ、
    って理解しました。

    かれこれ、すれ違いで全くタイミングが合わなかったので
    やっぱり、長期間会えなくなる前に
    ちゃんと話しておきたいなって思いました。

    それで、さっきタイミング良く会えたので
    まず、
    「次はいつ、○○を植えるか教えましょうか?」
    と切り出しました。
    下手に出ると、あしらわれる可能性があるからです!
    そして、ちゃんといつ植えて、いつ頃から出荷するかって説明しました。
    そして、今年はとても値段が良かったので
    助かってると伝えました。

    表面で話してるのはそういうことですが、
    私の本当の気持ちは
    しばらく会うこともないけど
    また始まったら集荷に来てほしいっていうことと、
    いつも仕事の頑張り、感謝してますって
    いうことです。

    その辺、伝わってるだろうと勝手に思ってますけど。
    とりあえず話せたのでうれしかったです。

    私も、踏み込むのが怖いなって思う要素はたくさんあって
    プライベートなことがもしも
    いつか詳しくわかって
    実は子供がいるとか、
    彼女がいるとか、同棲してるとか、
    再婚することになったとか、実は乗ってる車がダサくて見せられないとか
    真実を知ってしまうのが怖いって思います、

    これはちっぽけすぎて、
    ちょう序盤のなにも始まっていない状態で勝手に冷めるという、パターンになるのでは…

    というような例えですが
    果たして、相手の乗ってる車がもし、ダサかったとしてとか

    私はそれでも気持ちは変わらないってなるのか、
    そういう側のことばかり
    注目するのは相手の中身をまだ全然知らなくて
    好きではないってことですよね…

    • sakura
    • 2024年 6月 26日 2:16:23

    とても深い記事ですね。
    読み応えありました。有難うございます。

    私も無意識に職場とかでは人と深い付き合いを築かないようにしてますね。
    その場では和かにみんなで話しますがその場だけというか。

    高校や大学の時のような何も考えなくても仲良くなれた頃より考えすぎてしまってると思います。

    親友は何人かいますが全員、学生時代に知り合った友達。
    仲良くなるのにブレーキなんてかけてなかった頃。

    学生時代は何も考えなくても友達が出来たのに、社会人になってから急に人付き合いが億劫になるのは、勇気が足りてないからですよね。

    • まきふみ #
    • 2024年 6月 30日 0:19:03

    #恋愛における深い話 #恋愛が育たない理由 #恋愛における深い話は相互理解 #フェーズとは相手との関係性の成熟度合い #素直とは恐怖に打ち克ってさらけ出すこと24 #あとは勇気だけだ #相手の人生に踏み込むこと #薄い関係

    • WingsOfFire
    • 2024年 7月 16日 21:19:41

    これに関しては先駆者かもしれないです笑
    前々からこういう現代の闇があることは聞いていましたが、それを聞いた時時代がようやく私に追い付いたと嬉しくなってしまったものです
    そう考えるとよく私は恋愛が出来てるなと思いました
    もしかしたら他者から見たら私達の恋愛は育っていないのかもしれません
    でもこれが最高に居心地がいいし、変えたいとは思わないです
    薄い関係もとても快適です
    今のSNS全盛な時代も、色々弊害はあるにしろ私にとっては快適な関係性を簡単に作れる素晴らしい世界になったものだと思っています

    一応親友と呼べる方はいるのですが、どうも最近腹を割った付き合いを求めてらっしゃるみたいなので関わるのが苦痛になってきてしまいました
    私は本音を隠した関係性が良かったんですよね
    こんなこと考えているのは私だけだと思っていたので、闇の同士達がたくさんいらっしゃる事を知れてやはり嬉しいです

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント