恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

男が教えるモテる女の恋愛技法

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

本物の男性が何を考え、女性をどう見ているか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

非常に気になるコメントをもらいました。

メルマガサポート用記事(2024年1月)

凛さんより:

-変われない理由-
好きではない人に体をさわらせてました。
何年か経ったいまも、その記憶がわたしを苦しめます。
どうしてそんなことをしたんだと、何度も自責し自問しましたがどうしてそんなことになったのか何度考えても分かりません。その時は仕事を続けるために必死だった、相手の頭がおかしかった(下の人を怒鳴る、わたしが嫌だと何度も言っても聞き入れない等)。仕事の立場の安定のために自分の気持ちを制御していた、ような気もする。…ただの言い訳にしかならない。被害者にもなりきれないし、自分が悪かったと割りきれもしないで相手を責めたい気持ちが消えないのがとても辛い。無理やり触られたこともあったので、刑事罰的な被害も確かにあったのです。ただ、その時は仕事上、相手との関係を波立たせないことを優先している心理状態だったので、気付けなかった。…のだと思う。許してしまっていた。仕事を辞めることになって、その人の記憶に吐き気がするようになった。記憶の中の顔も声も言われた言葉も、すべて気持ち悪い。
(性格も顔も悪い方なので、いま思うとどうしてそんな男のクズみたいな人を許容していたのか理解できません。性格は頻繁に人を罵ったり、わたしの意思を尊重しなかったり(嫌だと何度も何度も言っても聞き入れない等)顔もよくなかった。仕事上の立場を守りたいという心理的強制力は想像より強いのかもしれません。)
こうさんはブログやメルマガで本物の女性は簡単にさわらせないものです、と何度も言っています。わたしはこうさんの言う女性じゃないのだろうと少し思います。

過去は過去です。

そう思うようにするしかありません。

変えられない過去のことを引っ張り出してきて、何度もそれで責め続けるのは拷問のようなものだと思うんです。

 

程度は違えど、誰でもそういうことはあります。

過去に何らかの過ちとも呼べるようなことをやってしまって、そのことで長く心を苛むんですよね。

僕もありますよ。

女性のその手の傷とは比べものにならないものだとは思いますが、誰でもあります。

 

何というか、本当は分かると思うんです。

本当は、自分のことを分かってあげたいと思っているんじゃないかと思います。

そのときはそれが最善の策だったんです。

その当時のあなたにとっては、それしか方法がなかったんです。それ以外の手を考える余裕がなく、仕方なくそうしたんです。

そうせざるを得なかったんです。

 

その当時の自分と、今の自分は繋がっていません。

別人だと思えばいいですし、実際に別人です。

ここを間違えないでほしいんです。

 

過去にやってしまったことは変わりませんよ。だから、過去の罪は一生背負うべきです

と思う人も中にはいると思います。

本当に「罪」に相当するものなら背負わないといけません。

でも、自分に対する過ちとか失敗の類は、罪じゃないんですよね。

 

何度も言いますが、そのときはそれしか方法が分からなかったんです。知り得なかったわけです。

仕方がなかったんです。

あとからもっとこうすればよかったとか、いくら言ってみたところで当時の自分にはどうすることもできなかったんですよね。

 

今から切り替えたらいいと思います。

その意思があるのなら、僕はいくらでも見守りますし、いくらでも応援します。

 

こうさんはブログやメルマガで本物の女性は簡単にさわらせないものです、と何度も言っています。わたしはこうさんの言う女性じゃないのだろうと少し思います。

そんなことは考えなくていいです。

簡単には触らせないのは、今からそういうスタンスになればいいだけです。

簡単に触らせてしまったという過去があったとしても、それは過去の話です。

過去のあなたは、今のあなたとは別人です。

 

ちょうどいい機会なので教えてあげます。

本物の男性が何を考えているかです。

本物の男性が、女性の何を見ているかを教えます。

 

脳内に刻み込んでください。

まともな男性は、女性を見るときに過去の罪を問うことはありません。

あなたが過去にどこの男性と何かをやらかしたからといって、そんなことは気にもならないということです。

気にしているのは女性のあなただけです。

過去の罪と言いましたが、あえて誇張表現で罪と言っているだけで、本来は過ちや失敗のことだと思ってください。

仮に罪に相当することだとしても、そんなことは気にもならないんです。

 

あなたの過去のことをグチグチ言ってくる男性が相手なのだとしたら、それはあなたの恋愛の相手としては決定的に不適です。

過去のことをとやかく聞いてくる時点で、今のあなたを見ていないことになるからです。

そもそも夢中になることもできないから、そういう過去のことが気になるんです。

 

女性は上書きなのでしたよね。

だったら、過去を新しい彼に塗り直してもらえばいいだけだと思うんです。

忌まわしく汚らわしいと感じる記憶があるのなら、今の彼、あるいは新しく出会う本物の男性に消毒してもらったらいいです(^^

 

過去の自分を現在の自分と同一視して、過去の過ちに対する責めを今にまで持ち出さないようにしてください。

それで自尊心が傷つけられ続けるのはおかしいと思うんです。

過去と現在(未来)を分けようと思ったら、その瞬間からできるようになります。

今すぐそうしてください(^^

 

今回の話題とは全く関係ありませんが、昨日の「女性の承認」のメールで送った話が予想外に好評で驚いています。

「君子危うきに近寄らず」というタイトルのメールです。

女性の自尊心を回復し、高いところまで引き上げたいと思う場合は、「女性の承認」のメールを受け取ってもらうのが一番だと思っています(^^

思考回路や男性心理は勉強していけば分かることです。

そして既にかなり高いレベルで理解もできているんじゃないかと思います。

それを生かして自由自在に活用するために必要なのが、女性の自尊心です。自己肯定感ですね。

自尊心が回復すれば、恋愛の勉強で僕が口を酸っぱくして言い続けていることの全てが繋がると思います。

 

本物の男性しか相手にしなくていいんです。

本物の男性を引き寄せるのに、自己肯定感が低いままではかなり苦労すると思います。

毎日のように「女性の承認」のメールを浴びていれば、嫌でも自己肯定感は上がります。そして少しずつ浸透したものは崩れることのない強固な土台としてあなたを支えてくれるものになります。

「女性の承認」に参加してもらうと、新体質改善が無料でセットされます。新体質改善を単独で申し込むよりお得です(^^

女性のための恋愛技法「女性の承認」

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (29)

    • ユイ
    • 2024年 1月 31日 1:01:59

    うぅぅ(*´•ω•。)
    凛さん、さぞお辛いだろうなと思いました。
    何もできないことが悲しいです。
    温かい飲み物でも飲んで、
    ゆっくり休んでいただきたいです。

    「そのときはそれが最善の策だったんです。
     その当時のあなたにとっては、それしか方法がなかったんです。それ以外の手を考える余裕がなく、仕方なくそうしたんです。
     そうせざるを得なかったんです。
     その当時の自分と、今の自分は繋がっていません。
     別人だと思えばいいですし、実際に別人です。
     ここを間違えないでほしいんです。」

    「だったら、過去を新しい彼に塗り直してもらえばいいだけだと思うんです。
     忌まわしく汚らわしいと感じる記憶があるのなら、今の彼、あるいは新しく出会う本物の男性に消毒してもらったらいいです(^^
     過去の自分を現在の自分と同一視して、過去の過ちに対する責めを今にまで持ち出さないようにしてください。
     それで自尊心が傷つけられ続けるのはおかしいと思うんです。
     過去と現在(未来)を分けようと思ったら、その瞬間からできるようになります。
     今すぐそうしてください(^^」

    (*゚ω゚)。_。)⁾⁾ウンウン
    (*-ᴗ-)⁾⁾ウンウン
    (*´ω`)⁾⁾ウンウン

    • キャサリン。きき
    • 2024年 1月 31日 1:23:50

    私、本当にストレスが
    たまらなくなった気がします。

    とても嬉しいんです(^^)

    • ぴゅありんこ
    • 2024年 1月 31日 1:32:31

    まず、凛さんや凛さんのようなお気持ちや経験を抱いている方を否定したいわけではないことを、先に書いておきますわ。変えられない過去で自分を責める苦しさは、よくわかりますもの。

    >女性を見るときに過去の罪を問うことはありません。

    この言葉は、所謂相手にすべき本当の男性ならば、実際そうなのだと思いますし、周りを見てもそう感じますし、救いにもなりますわ。

    けれど、一方で、(貞操観念など)綺麗に生きてきた女性からしたら、悔しく、遣る瀬無い部分でもあると思いますの。もちろん、綺麗だから、どう、という取引のつもりでそうしていたわけではなく、自分の意志で清く生きてきたとしても、そうでない女性と区別なく扱われるのは、余りにも残酷ではないかしら、と…。
    自身に、その部分があるからこそ、余計にそう感じてしまいますわ。

    単に、そういう私の精神性を評価、といいますか、尊く、愛しく思ってくれる男性がいい、そういう方を選べばいい、という話だとも思いますけれど…。

    いえ、経験人数などに拘る男性は、気持ち悪いとは感じますのよ。女のどんな過去も受け入れる男性が、素敵だということも。
    ただ…簡単に身体を許す(許してきた)女性と、一緒にされるのは、悲しく思ってしまいますの。

    • 浪花の女
    • 2024年 1月 31日 1:35:42

    すごく勇気づけられる記事です。

    悩みには色々ありますけど
    過去のことを考えて
    「あのときこうしていたらよかったんじゃないか」「もっと頑張れたんじゃないか」
    と悔やむのが
    一番つらいかもしれませんね。
    終わりが見えないので。
    過去に囚われていると
    次の一歩が踏み出せなくなるんですよね。

    かく言う私も気になることを見つけては
    クヨクヨしています。

    「私は悪くない」「相手が悪い」
    そうキッパリと思えたら
    悩みなんてないのかもしれませんね。

    男性は私がクヨクヨしてるようなこと
    不問にしてる。
    わ~、本当にそうです。
    彼を思い浮かべてみると
    気にも留めてないと容易に予想できます。
    なんか、気にするだけアホらしいかも。

    引きずらずにさっさと寝よう。

    • 志づ鹿
    • 2024年 1月 31日 2:11:22

    どうしても拒めない、逃げられない、逃げようと思う事さえ出来ない……そんな状況に追い込まれてしまう事って、あると思います。女性は特に、そういう状況に陥ってしまって傷付いてしまいますよね。そんな自分を責めてしまう事すらあって……。

    本当、過去は過去と割りきりたいですね。自尊心の回復って大切です。

    過去の事を悔やむ時、私もKouさんと同じ考え方で自分を納得させてます。その時の私は、それが最善だと思ったから、選択した。たとえ最善だと思えなくても、その時はそう考えるしかなかった。「もしも」を考えると辛いし、「もしも」なんてあり得ない、と思ってます。

    本物の男性は、過ちや失敗を気にしないんですね。きっと他にも色々…生い立ちとか境遇とか年齢とか、そういうのも気にしないんでしょうね。

    ところで・・・

    「過去のことをとやかく聞いてくる時点で、今のあなたを見ていないことになるからです。

    そもそも夢中になることもできないから、そういう過去のことが気になるんです。」

    ↑男性が女性に夢中になったら、気にしないって事なのでしょうか?
    それともその女性に夢中かどうか関係なく、まともな男性は気にしない、って事なのかな?

    • あいりす
    • 2024年 1月 31日 7:03:08

    今、素敵な男性とお付き合いしている女性達だって過去を振り返ればひとつやふたつ何かしらあったはず。
    私だってそう。無い人なんていないと思う。

    今の私は過去の私とは切り離せてます。
    初めてお付き合いした時期も初体験もかなり遅かったからずっと焦ってて、本当に好きな人と結ばれなかったことは今でも後悔しています。
    焦ったあまり、どうでもいい人を選んでしまいました。それが私の当たり前というか、癖になってしまい、それからもどうでもいい人と、どうでもいい恋愛しかできませんでした。
    もちろん男性からは大事にされなかったです。
    大事にされていない、っていうことさえも気付いてなかった。私自身が私を大事にしてなかったからだったって今なら分かります。

    だけどkouさんに出会えて私は変われました。
    今お付き合いしている人が私の初めての人だって思ってます。
    私の記憶も上書きされました。
    彼が最初から本物の男性だったんじゃなくて私が本物の男性にしたんだって、誰にも言えないけどそう思ってます!
    そしてkouさんが私を本物の女性にしてくれました。

    そんなふうに大逆転できたのは何故だろうって考えると「タイミング」としか言えないです。
    日頃の行いが良かったとか、誰かに優しくしてたとか、性格がいいとか、そんなことは全く無くて、意地悪な部分もある私は普通の女性でした。
    今だってそこは変わってないと思います。
    ただ、恋愛の勉強をしていれば恋愛以外の部分も変われると信じてます。
    本物の女性になれるようにこれからもずっとずっと頑張っていこうと思ってます。

    • はじめはるか
    • 2024年 1月 31日 7:04:40

    過去の私を責めるのではなく、
    辛かったね、よくがんばったねと、
    声をかけてあげたいです。

    • 豆苗大好き
    • 2024年 1月 31日 8:00:20

    すごく元気づけられました!!
    過去の自分とは決別しなきゃですね!

    • ノブちゃん
    • 2024年 1月 31日 8:26:07

    昨夜、ブログアップされた時に、読んでたのですが、メッセ―ジ性があまりにもあまりにも強すぎて、泣けて、胸が痛くなったというか、直接、心臓にきて痛すぎでした。
    心臓が、暫く、バクバクしてました。
    だから、昨夜は一度しか読めませんでした。

    今朝、もう一度、読みました。だけど、また、泣けてきました。

    弱者の戦略の記事の中には、同じようになってしまった内容があったのですが、ブログ記事ではなかなかここまではなることは無く珍しいことなので、染み込みすぎて、刺さりまくってるようです。

    これから、何度も読み込む記事のひとつになりそうです。

    すんなり、読める日がこの先くることを信じてやっていきます。

    • XxmanaminxX
    • 2024年 1月 31日 9:48:48

    みんな色んな過去に苦しめられることあると思うけど
    この記事読んだら、少し気持ちが軽くなるね。

    とっても励まされ、背中を押してくれる。
    そして、Kouさんが隣で「大丈夫。」って寄り添ってくれるような感覚になった(^-^)

    • きゅんきゅん
    • 2024年 1月 31日 10:25:34

     kouさん
     おはようございます

     きゅんきゅんです

     夜中に読みました。自問自答し…反省し…また悩みました。悩んで寝られなくなるのはよくないと思い、考えるのをやめました。ちゃんと寝られました。
     今朝も昨夜の続きですが、昨夜とは悩み方が違います。違うと思っています。次に向かいます。私の人生は過去から今に、そしてこの先も続いていきます。
     いろいろあったけど。言いたくないこともあって。

     この先に活かします。
     私は変わります。変わるって信じているから、私は大丈夫なんです。
     

    • kami
    • 2024年 1月 31日 10:58:52

    凛さんのコメントを読んで、過去の自分の経験を思い出しました。

    こんな人が世の中にいるのかっていう初めての経験でした。
    今でこそコンプライアンスがどうのってなってますが、
    ありましたよね、自分の昇給や会社に生き残る為に我慢しなきゃいけなかった風潮って。

    「相手との関係を波立たせないことを優先」しないと、自分のキャリアが絶たれるのを身近で見聞きしていたから出来なかった(言えなかった)ことって沢山あります。
    そんな時代に、ある上司の悪い噂を聞きました。
    そんな人に見えないし、事実なのかわからない状態だったので、他の男性上司と同じように対応していました。
    しかし、被害者になりそうな日はやってきたんです。

    詳細は長くなるので省きますが、最終的に私は被害者と言えば被害者でした。
    彼から逃げたことが原因で退職に追い込まれました。
    職権濫用はんぱない人だったな。笑
    そして、この人は後に逮捕されたのです。噂は事実でした。
    他に被害者が出てしまったことに対しては後悔しました。
    更に上の人に報告することだって出来たのに、私はしなかった。
    でも、その時その会社でのキャリアは断たれたけれど、その後にもっと影響するであろう被害から自分を守れたと実証されました。
    確実にステップアップした仕事も手に入れました。
    もし告発していたら、業界で私の悪い噂を逆に流されてこのキャリアは断たれていたかもしれません。
    あの時の自分は出来ることをやったと思っています。
    だからすっかり忘れていましたが、笑い話として話せます。
    (この話をして、私が悪いなんていう男性には出会ったことありません!)

    過去のことで「今の私も女性じゃない」って思ってしまう気持ち、とても共感出来ます。
    ウサギかウサギじゃないかも同じように考えてしまうところがあるからです。
    「当時の私はウサギになるのが最善だった。以上」
    って考えるとすごい楽になりますね。笑
    びっくりするほどスッと入る。

    【過去と現在(未来)を分けようと思ったら、その瞬間からできるようになります。】

    Kouさんの名言集に入れなきゃ。笑
    本当にいい記事♡

    いつも言われていることがなんかわかってきた気になってます!
    まだまだすぐ戻っちゃう癖をなんとかしないといけません。
    でも、この言葉を思い出したらまた引き戻されるはずです。
    いつもありがとうございます!

    凛さんもいつか笑い話に出来る日がくるといいですね。

    • ハク
    • 2024年 1月 31日 11:37:43

    本物の男性が何を考え、女性をどう見ているか

    過去は過去です。

    そのときはそれが最善の策だったんです。

    そのときはそれしか方法が分からなかったんです。知り得なかったわけです。

    今から切り替えたらいいと思います。

    元気出ました!自信も出ました!

    自分ダメだなって思ってばかりでした。
    開きなおる訳ではないですが、知らなかった事沢山。

    誰も教えてくれなかった〜。お母さんですら!

    大人になって人の気持ちをお勉強中です。
    沢山人を傷付けてしまっていたな。と、反省して変わりたいと思って頑張っています^_^

    このブログに来て、沢山の想いがあるんだな〜って、みんなもっと考えてるんだなぁ〜って、

    自分のダメっぷりに気づいて凹みましたが、気付いた事が嬉しいし、変わっていく未来が楽しみです

    過去は過去!それがあっての今!その上にたってまた頑張るぞ〜♪

    • ちすけ
    • 2024年 1月 31日 12:38:43

    私もあります。

    子供の頃。

    それが原因で、子供ながらに女の子でいることが、今から思うとたぶん無意識に嫌になっていた、素直になれていなかった時期があったなぁと、今になって、このお話を読んで、思い出しました。

    恋愛とか興味持てなかったし、嫌悪すらした時期がありました。

    時間も必要ですよね。
    気持ちを変えるのは、簡単ではないです。

    苦しむなら、それは必要なことなのかもしれません。

    きっとこれから生きていく中で、もっと沢山色んなことがあります。

    私はその中で薄れていきました。

    思い出しても、少しは人生経験の1つだったと思えるときが、私は来たので、きっと、そういうときが来ると、抜けられる時が来るはずです。

    余計なコメントでしたら、お気にならさないでください。

    • たむたむりん
    • 2024年 1月 31日 12:45:24

    Kouさん。

    温かい言葉をありがとうございます。
    本当です、これ以上自分を責め続ける必要はない。
    そんなクズ(口悪くてすみません)の為に、これ以上自分を傷つける必要はない。
    そんなやつのために傷ついてなんてやらなくていいんです。
    そんなやつに、女性の価値を下げる力なんてない。
    いつだって、大切にされるべき女性なんですから。

    これからの自分を、労わり慈しんでください。

    心から、そう願います。

    • ににょこ→凛さん
    • 2024年 1月 31日 12:48:07

    こちらの記事、心に響いたのでコメントさせていただきます。

    凛さんのコメントを拝見し、私も似たようなことがあったなと思い出しました。何度も…というのはありませんでしたが、一度だけ。誰にも話すことなく、ひっそりと心の奥にしまいこんでいます。
    自分のなかで消化できるまでずっとしんどかったです。凛さんもさぞお辛いことと思います。ここのコメントに残すのも大変勇気が必要だったと思います。辛い過去を振り返らないと書けないと感じたからです。

    まずは、自分の過去を整理できたことを褒めてあげてほしいです。そして、少しずつ自分のできたことに目を向けてあげる。案外自分ができていることが多いと気づけば、目線も変わってきます。
    私もがんばります。これから生まれ変わっていきましょう。過去ときちんと向き合った凛さんならできます。

    • まき
    • 2024年 1月 31日 18:00:44

    わたしにも罪というか、失敗と呼べるような過去はあります。

    心中苦しいだろうなと勝手に推察してしまうけど、だからといって幸せになる権利はちゃんとあるんですよね。

    自分の受けた感覚はもしかしたらなかなか拭うのに時間は掛かるかも知れないけど。

    強く生きて行きてほしいし、自分も強く生きたいです。

    • よしか
    • 2024年 1月 31日 18:31:38

    凛様は何も悪くないのでは、、?
    「分かっていて許してしまっていた」と自分ごととして考えられているのはすごいことだと思います。
    でもご自分を責めるようなことではないはずです。

    こちらの記事は性被害に関わる話でもありますが、

    「以前彼にすがるようなことをしてしまった」
    「以前の私はヒマな女性丸出しで恥ずかしい」
    「彼にメール送りすぎてた、、」
    「やばい、簡単にホテル行っちゃってた、、」

    などなど、性被害ではなくても過去の罪みたいなものって意外と出てくるんじゃないかと思います。
    要するに、女性の価値を知らずにしてしまったことや許してしまったことですよね。
    わたしも過去の恋愛の黒歴史いっぱいあります泣
    今の彼とのことですら色々やらかしてます。

    だけど、今の私はしないから関係ないと思うようにしてます。

    お肌のターンオーバーは大体2ヶ月ですよね。顔なんて1ヶ月です。身体中の細胞や血液を考えても一年あればほぼ新しいものに入れ替わるそうで。
    だから、2ヶ月経ったらちょっとブスになってた自分も本来の姿にリセットできるし、1年経ったら別人になってることにしてます。

    • リク
    • 2024年 1月 31日 18:53:31

    凛さん、辛かったでしょうね…。
    私も好きでもない上司に無理矢理キスされたことがあるので、すごーくわかります。
    上司だから邪険に出来ないし、逃げられなかった、許してしまった悔しさで沢山自分を責めました。

    ファーストキスでした。
    身体が硬直して、怖くて動けなかった。
    当時未成年でしたし、速攻で親に訴え直訴してもらったけれど、うちの親は逆恨みを怖れて処分は望みませんでした。
    悔しかったな。でも、元々トラブルが多い人だったらしくて、私が辞めた後に異動したようです。

    その後付き合った人に勇気を出して打ち明けた時に、拒絶もされずすんなり受け入れてくれました。ふーん、そうなの~程度でした。
    だから、kouさんの言うように男性って気にしないと思います。

    それに、その時は仕事のためと思って耐えるしかなかったのだからそれでいい。ある意味では自分を守るためだったんです。
    過去の自分を責めないで下さい。

    これから上書き保存で変わっていけますから!
    辛さを乗り越えつつあるタイミングが来たら、きっと素敵な方に出会えますよ。

    結局kouさんと同じような内容だ~(笑。

    もっと気のきいたこと言えたら良かったんだけど。

    • rariio
    • 2024年 1月 31日 20:18:46

    泣いちゃいますよ。
    子供の時も大人になってからも無力で、
    でもその時のやれる限りをやってきたのです。
    今ならもっとうまく立ち回れますが、
    そんな昔の自分を思い出しては責めてばかりでした。
    上司にすれ違いざまに手や腰を触られた時は我慢していました。
    思い切って他の人に相談しても「気にしすぎ」と言われました。
    そんな自分がすごく情けなくて、ずっと自分を責めていました。

    あまり思い出すと自分が可哀想なので、
    頑張ったね、と労わってあげなきゃですね。

    • くるくるくるりんぱ
    • 2024年 1月 31日 20:23:05

    プリティーウーマンが聴こえてきました

    • よよ
    • 2024年 1月 31日 20:50:35

    過去の私と今の私は別人

    今の問題を解決するには、根本原因である過去を紐解かなければならないと思っていましたが、
    そうとも限らないですね。

    >何度も言いますが、そのときはそれしか方法が分からなかったんです。知り得なかったわけです。
    仕方がなかったんです。
    あとからもっとこうすればよかったとか、いくら言ってみたところで当時の自分にはどうすることもできなかったんですよね。

    この言葉に救われます。

    • WingsOfFire
    • 2024年 1月 31日 21:08:15

    読ませて頂いて、とても胸が痛いです
    お辛い思いをされましたね…
    どうかご自身を責めすぎないで欲しいです
    この状況では、ほとんどの女性は逃げることが出来ないのではないかと思います
    ハッキリNoが言える女性は確かに立派ですが、だからと言ってそれが言えなかったらイコール女性としてダメだと言うことにはならないと思っています
    自分の身を守るために断る強さを持つことは大事ではありますが、それと今回の状況は話が別だと思います
    凜さんよく耐えましたね、自分を守るためにとった行動なのですからご自身は何も悪くないです
    凜さん自身を労ることを最優先にして過ごして頂きたいです

    自分語りばかりで申し訳ございませんが、私が昔性被害を受けた時も、周りに助けを求めても聞き入れてもらえず、被害を受け続けるしかありませんでした
    よくこういう話が出ると“何故その場から逃げなかったのか”とか“何故誰かに相談しなかったのか”と被害者を責めるような意見が出ることがありますが、凜さんが仰るように波風立てないようにするために精一杯なのです
    長いことこの記憶に苦しめられて来て、恋愛は一生無理だと思っていましたが、まともな考えの男性はちゃんと存在するんだと気付けるようになりました
    このブログを毎日読んで、自分は女性として扱われるに相応しい存在だということを少しずつ染み込ませていったおかげです

    • 村上ちひろ
    • 2024年 1月 31日 21:55:36

    過去の過ち。ありますね。
    ここの名前の由来の人。先日、職場に結婚報告に来てました。吐き気がしました。
    あの時もっとちゃんと恋愛の勉強をしていれば。
    Kouさんに出会えていれば、、、

    でも、今の私ならできる気がします。
    今の私なら出来ても、もう彼は人のもの。
    新しい出会いもなければ、男の人を好きになりにくくなってる。
    程よくって難しいですね。

    • あんどうさん
    • 2024年 2月 01日 2:21:45

    あの時はこうするしかなかった。

    こうしなくて済む方法を知っていれば、
    当然そうしていた。

    そう思うことはいくつもあります。
    過去の失敗や罪を無かったことにはしないしもちろんできないけど
    (ちなみに、凛さんは罪ですらないです)
    過去の自分には知恵がなかったと感じたりはします。
    でも責めないです。そんなのは苦しすぎます。

    男性と付き合い始めに「私はこんな失敗をしました」と自分が軽くなりたかっただけのために、過去を激白したことがあります。
    その時その彼は、そんなことどうでもいい、ただその相手が憎い、のようなことを言ってました。

    女性の過去にあんまり目がいかず、いつも今の女性に夢中な男性、可愛いなと思います。

    • sakura
    • 2024年 2月 01日 4:41:30

    とても辛い経験をされて、今でもまだ思い返しては苦しい思いをされてるのですね。

    でも、そんな中で勇気を出されて書き込みされた。
    辛い思い出のはずなのに。
    着実に変わろうと、変わりたいと思う姫様の気持ちが文の中から読み取れました。
    変わるってすぐにじゃなくて少しずつ、少しずつだから気づきにくいけど、変わる兆しを作ろうと、ご自身でもう行動されてらっしゃるのですよ。
    それって本当に凄いこと。

    見守ることしか出来ませんが、姫様がいつの日か、少しでも過去の記憶として捉えることが出来たらいいなと願っております。

    • ペルシャねこ
    • 2024年 2月 01日 12:50:54

    傷ついたり、汚れてしまったと感じたり、間違えたことのない人なんていないですよね、ただそこに気づくか、気づいてどうするか。
    痛みやその乗り越え方を知ってる人の方が好きです。
    自分を含めて誰かを傷つけてみて見ぬふりして綺麗なフリはできないです。どこかで無理が来てしまう。
    凛さんは誠実に生きてるだけだと思います。
    どうか自分を許してあげて、気持ちが楽になるといいなと願います。

    わたしはというと、
    夫をせめ、親を責め、自分を責めて、現実を人生を受け入れられずに自己肯定感を下げまくり苦しんでました。
    自己肯定感という言葉に振り回されもしました。
    いまは自己肯定感があるってより、安定するようになってきた、安定させるにはどうしたらいいかわかってきたって感じ。自己肯定感は上がったり下がったり変動するしそれでいいやって受け入れられるのがいい感覚かなと思う。

    若い頃は、分析や良し悪しの判断ができることはいいことだと思っていて私の世界は白黒でシンプルでわかりやすくて美しくて厳しかった。
    他人にも自分にも。
    グレーな世界を知って曖昧なこと、答えを出さないことも優しさだし余裕になるんだとわかりました。
    大人の狡さと思っていたけど、知恵であり優しさでもありました。きれいなものはそこにもあるって知りました。

    自分を受け入れることで人に優しくもなれるんだ、嫌だったことをそうだったよねと受け入れて流せてはじめて楽になりました。遅咲きだけど、だから余計に自分に正直に生きたいなと思って楽しもうと決めたところです。
    がらりと魔法みたいに変身したわけじゃないし、まだまだダメなところもえるけど、気づいた時点で変化してるんだと思う。
    一年前と比べたら、変わってるんじゃないかな、楽しいってこういうことだったーって思い出してきたし、より面白くしてやろうみたいな気持ちになるとわくわくします。
    そうやって残りの人生生きていきたい。

    • メメントモリ
    • 2024年 2月 01日 14:43:14

    kouさん、こんにちは

    凛さんのお気持ちすごくわかります…
    当時も辛かったでしょうし、今も辛いですよね。。

    内容は違うけれど私も幼少期から
    性犯罪に巻き込まれやすい性質を持ち、
    警察沙汰になるような体験を何度かしています。
    今でこそkouさんの言うように過去として
    乗り換えられていますが、
    そうなるにはかなりの年月が必要でした。

    こうした忌まわしい記憶が
    過去として割り切れるようになるまでは、
    本人は本当に苦しみます。
    怖い・気持ち悪いなんて言葉は生易しくて、
    嫌悪と絶望とでぐちゃぐちゃになりますね。
    そして必ず自分のことも責め立てます。
    嫌悪が自分にも向いてきます。

    でも必ず乗り越えられます。
    残念ながら忘れることは難しいです。
    でも嫌な感情は薄まります。
    そして、どうか自分を責めないでほしいです。
    凛さんはきっと恐怖の中である種洗脳に近い
    状況にあったのだと思います。
    そこに凛さんの意思はなくて、従わざるを得なかった。
    恐怖ってそれくらい人を変えます。。

    例えばこういう性犯罪なことでなくても
    過去を振り返ったときに、なんであんな人と…
    と思うことは多々あります!!
    でも私も過去は過去。全ては糧。
    いやなんならもはやネタ。
    くらいの図太さで生きています。
    ※性犯罪に関してはネタにはできませんが。

    あと、
    清廉潔白であることが人の魅力の必須条件ではないかなぁと。
    清廉潔白さもイチ個性だと思いますが、
    そうでないとダメ…?では全くない!
    むしろ色んな泥臭い経験をして
    もみくちゃになりながら
    這い上がって前進している人こそ
    人間味溢れて魅力を放ちますよね。
    辛い経験も苦い経験も痛い想いもしていないと
    純度は保たれても浅い人間になるかもです。
    痛烈な過去は人の痛みがわかる人間性を養います。
    私は清廉潔白な人よりも、
    そんな人間味あふれた豊かで深い人に
    魅力を感じます(^^)

    • メリー家の執事
    • 2024年 2月 06日 0:04:08

    凛さんは何も悪くないと思いますし、御自分を責める必要もないと思います。

    悪いのは、凛さんのような目に女性達が遭ってきた事です。

    拒んだら仕事を辞めなければならない、辞めたくないなら相手の言いなりになるしかない、
    そんな酷い事が当たり前のように行なわれてきたのが悪いのです。

最近のコメント