恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

男が教えるモテる女の恋愛技法

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

ネガティブに目を向ける癖をやめてみよう

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

こちらの限定記事はもう読みましたか(^^

結果が出る人と結果が出ない人の違い

まだ読んでいない場合は、今すぐ読んでください。

Kouさん、たいへんです、パスワードが見つかりません。一体どこにあるのですか!?

ここにあります。

恋愛のゲームオーバー理論

この記事にある問いを考えて、答えをコメントに書いてください。

その後でパスワード申請をしてもらえれば、限定記事のパスワードをゲットできます。

この限定記事を読むことで、気分がガラッと変わるはずです。

 

気分がガラッと変わらなかった場合は・・・、もう一度読み直してください(^^;

多分、視点が少しズレているだけだと思うんです。

僕はこの限定記事を、あなたを応援するために書いているんです。

結果が出る人と結果が出ない人の違い

美冬さんより:

Kouさん、こんにちは。

恋愛勉強の中毒にかかっている美冬です^^*

今回のコメント回答、やっと追いつきました。
プレゼント記事も読ませて頂きました^^

しかし、ですね。
私はなんだか、納得出来ない⁇
腑に落ちない感覚で読み終えました。

何故?
男性から女性に興味を持つパターンしか、
書かれていないのでしょうか??

私の回答、
そして、これまでの経験が全く当てはまりません。

回答にも書きましたが、
私はこれまで男性の方から惚れられて始まること、
もしくは、
私は全くなのに男性から興味を持たれること、という
経験が有りません!皆無です!!!涙

それはそれで、とても悲しいこと、なのですが。

自分が好きになった人とどうにか結ばれたいな♡と、
自分から仕向けて、結果へと繋いでいく。。

つまり、片思いから始まるのですが。

そんなパターンばかりの恋愛をして来ましたが、
それはそれで、幸せなものでもありました。

Kouさんのところへ辿り着いて、
「惚れたら負けではない」ということを知って。
むしろ、
「好意を持った相手に恋愛を仕組んでいく」が
本当の意味での“幸せな恋愛”ではないかな?と、

そこからの、望む未来への展開方法を
思考も含めて、自分に染み込ませて来たつもりです。

Kouさん、どうなんでしょう???

最初の頃の男女の温度差が、逆のパターンで。

女性から男性に興味を持って始めたいと願っていて、

諦めずに挑戦し続ける、頑張り続けるのが、

“女性”の場合。

Kouさんはこれまでも、そのような記事を
沢山書いて下さってはいますが、

やっぱり、男性に頑張ってもらいたいし、
諦めずに挑戦し続けてきて欲しいけれど、

そもそも、

男性に興味すら持ってもらえない、
声を掛けてもらうことが無いのって。

女性として、どうなんでしょうかね。

わたしは終わってるのでしょうか、ね。。

なんだか、記事の内容が、

そもそも、男性から声を掛けられるような、
モテる女性限定の話にしか感じなくて。
(Kouさんが本当の意味でのモテるは、好きな人に
惚れさせることが出来る人って言うのは承知の上で)

私だって。
男性に興味を持ってもらいたいし、
声だって掛けてもらいたいし、
頑張って粘って誘って来てもらいたいし、
惚れさせてよ!!!って願うけど。

叶わないんだもん!って言うわたしは、
捻くれているのでしょうか???

記事の本質とはズレているのは承知の上で。
納得出来る答えが、欲しいです!

まだ恋愛の勉強の中毒度が足りないようです(笑)。

 

この限定記事に出しているのは、ただの例です。

そのただの例に突っ込まないでほしいんです。

ただの例に突っ込んでしまうということは、自分の見たいようだけ見てしまっているか、強烈にネガティブな感覚で見ているかのどちらかです。

 

限定記事で言いたかったことの本質は、結果はどうしたら得られるのかということですよね。

そしてその結果を得た人を、今までに何人も見たことがあると思うんです。

その実例の一つが、女性にアプローチしてきた男性の話だというだけのことです。

もちろんその経験が1つもない女性がいることは百も承知です。

でも大半の女性は、多かれ少なかれそういう経験があるものがあるものですし、仮になかったとしても他の女性の例を見てきているわけです。

 

冬に食べる辛いものは、料理によっては注意が必要ですという話をする場合に、例としてたとえば麻婆豆腐とか担々麺みたいなものを例に出したとします。

辛くて熱くて食べているときはすごくいいですが、カプサイシンが効いて発汗するので逆に冷える可能性もあって注意が必要ですという話の例です。

Kouさん、例はなんで四川料理だけなんですか。私の好きなカレーも例に混ぜてください。何ならカプサイシンはチゲ鍋の方がスゴイと思いますけど?

みたいなことを言っているのと大して変わらないと思うんです。

問題はカレーなのか四川料理なのかではなく、発汗を促す特に暑い地域が発祥の料理は注意が必要だということがポイントなわけです。

 

今回の限定記事で言えば、「行動」を起こした「結果」の式が成り立つことであれば、例はなんだっていいんですよ。

その中には当然、女性が最初に彼を見初めて、何度も断ってくる彼を最終的にものにしたという例も含まれます。つまり、アリなんです(^^

なぜその例を出さなかったのかというと、リアリティがないからです。

そんな話をされても、多くの女性にはリアリティが感じられないんです。

今の恋愛や、恋愛になる前の相手との関係の発展を、簡単に諦めてほしくないという話をしているんです。

簡単に諦めてほしくないということは、まだ頑張ろうよということですよね。

そのための例に、女性が男性に対して頑張った話をしても仕方がありません。

 

ちょうどいい機会なので言っておこうと思います。

自分には男の人から興味を持ってもらったことなんて生まれてこの方一度もない、ナイナイナイ、全然ないと言うんですが、本当にないんですか。

ちゃんと思い出す作業をしましたか。

過去を振り返りましたか。

今までに一度たりともそんな経験はないですか。

別に最終的に恋愛関係にならなかったものでもいいと思うんです。

恋愛じゃなくても、自分に何度も話しかけてきて関係を築こうとしてきた人が、かつて一人もいませんでしたか。

 

そんなことはないと思うんです。

何かあるはずです。

忘れているだけです。

 

こういうところなんですよね。

ネガティブになりがちな人は、過去のことを案外忘れ去っています。

よかったことは覚えていると都合が悪いのか、かなり忘れています。

親や親戚、学校の先生とか先輩、近所のお兄ちゃんとかによくしてもらったことすらも忘れていたりします。

 

ちょっと話が逸れましたが、自分が頑張って結果を得た例でも全く問題ないです。

その方がリアリティがある場合もありますね。

 

目を開いてください。

目をしっかり開いて、両目で正面で物を捉える意識を持ってください。

意識を通してものを見ようとすれば、少しずつ正体を見極める能力がつくようになります。

上辺だけを見るのではなく、背景をちゃんと見てください。

誰であっても人間は自分の好きなようにものを見てしまいます。文章を読むときも、自分の好きなように読んでしまいます。

そういう傾向があるということです。

 

「この人は一体、私に何を伝えようとしているのだろう」と思いながら読んでください。

この意識付けは、ものを見る、本やブログを読むといったインプット以外にも威力を発揮します。

最も威力を発揮するのが、対人コミュニケーションです。

相手が言ったその言葉の真意は何かということを問えるようになると、ちょっとした言葉にすぐ動揺したりしなくなります。

 

人間は好きなように受け取るんですよね。

そうすると、彼があなたに言った言葉は、同じ言葉でもあなたの受け取り方によって真逆になることが起こりうるということです。

ネガティブに目を向けがちな場合は、何を言われても自分に悪口を言われているとか、責められていると感じたりするようになります。

彼はそんなつもりで言っていないわけです。

 

一つの訓練だと思って、その意識を持ちながら恋愛の勉強をしてもらうといいんじゃないかなと思います。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (25)

    • 海月姫
    • 2023年 11月 26日 2:54:58

    【「この人は一体、私に何を伝えようとしているのだろう」と思いながら読んでください。

    この意識付けは、ものを見る、本やブログを読むといったインプット以外にも威力を発揮します。

    最も威力を発揮するのが、対人コミュニケーションです。】

    私はあまのじゃくな所があるので、特にkouさんの言葉は、斜に構えず素直に受け取ろうと思うのですが、まだまだですね。素直さって生きていく上ですごく大切なスキルだなと痛感しています。

    ていうか、全然モテない私ですけど
    それでも男性から追いかけられた経験があるので
    美冬さんは自覚がないだけな気がしましたよ
    コメントの文章が丁寧で表現も柔らかいし
    そんな女性がモテないわけがない。。しかもここに来て恋愛の勉強をしてるんだから尚更って勝手に思ってました⍤⃝

    • myao
    • 2023年 11月 26日 7:03:57

    kouさん  

    —-
    ネガティブになりがちな人は、過去のことを案外忘れ去っています。

    よかったことは覚えていると都合が悪いのか、かなり忘れています。
    —-

    刺さりますね。
    よかったことは覚えてると都合が悪いのか…
    これはまさに最近の限定記事。

    そして、過去の私。
    デブでブスな私は一度たりとも…
    と思ってたけど今になって思い返すと
    ほんとーーーーーにたくさん
    想われてること、ありました。

    流行りの美人ではなかったけど
    ぷくっとしたほっぺを可愛いと思ってくれる人  
    だっていたんですよね。
    自分を受け入れたくなくて、 目を背けてきたのかも。

    私最近、気づいたことがあって 
    自分の顔を受け入れてる。ということ。
    美容室で「悩みはなんですか?」というアンケート欄があって
    顔が大きく見えるとか、顔の形とか、目の大きさとか…
    でもそれ答える時に「んー。別にないなあ」と。

    kouさんのおかげです。
    何年もここに来て、
    しみついたから。

    • きゅんきゅん
    • 2023年 11月 26日 7:32:58

     kouさん
     おはようございます

     きゅんきゅんです

     もう、不安になりにいかなくてもいいかな!
     今の私をちゃんと認める。もっと私の良さを見つけられて、自分でそれを受け入れる。周りの方のやさしさやステキなところを認められるようになるは、その後でいい。
     まずは私が、次に彼。
     彼もまずは彼自身を認められるように。そのサポートができるのは私だけ。私は彼の良さを伝えます。私の良さは、それを彼にちゃんと伝えられること。ふたりだからできることを、今から改めて意識してやります。
     私が彼を大切に想うことが、彼が自分のことを大切にすることにつながるはずだから。おたがいに認め合い高め合う、ステキな関係性を築くことができてしあわせです。
     何だかスッキリしました。
     私はやっぱり、彼のことが大好きです。
     
     

    • きゅんきゅん
    • 2023年 11月 26日 7:38:38

     kouさん
     おはようございます

     きゅんきゅんです

     もうめんどいはずなのに、なんで不安になりにいくんですかね?そんな時間がもったいないはずなのにね。不安がっている方が楽なことなんてあるかい!、なのになぁ。
     もう抜けよう! 
     不必要な不安はいらん!
     過剰な気遣いいらんいらん!
     もっとおおらかであれ!

     これくらいの強さでいかんとあかんわ! 
     もうなぁ、いいって!もうできてんねんて! 
     あんたはな、もうスゴイ女性やで!

     絶対に言わない言葉ですが、これくらいの勢いがあってもいいんちゃうの〜。

    • 晴天女神
    • 2023年 11月 26日 7:45:46

    「この人は一体、私に何を伝えようとしているのだろう」と思いながら読んでください。

    この意識付けは、ものを見る、本やブログを読むといったインプット以外にも威力を発揮します。
    最も威力を発揮するのが、対人コミュニケーションです。
    相手が言ったその言葉の真意は何かということを問えるようになると、ちょっとした言葉にすぐ動揺したりしなくなります。

    久しぶりに合コンに行ってきました!
    複数の男の子と女の子のやり取り楽しい〜
    このちやほやされる感覚、懐かしい〜
    やっぱり年下って可愛い〜
    モテますよね、彼氏いないんですか?と言われたり〜
    街を歩いていると、すれ違いざまに、今の子めっちゃ可愛い…と言われたり〜
    私は可愛いのだ〜(*^^*)とポジティブに受け取ります!

    • きゅんきゅん
    • 2023年 11月 26日 7:46:26

     kouさん
     おはようございます

     きゅんきゅんです

     朝からノロケ♡
     彼 オレ、子どもらといたら、頭痛いたならんわ。
     私 そうでしょっ!そうそう。
     私 私といると痛い?
     彼 あなたなん?
       おまえか〜、原因は〜。
     私 私といるから楽しいんだって!
       あなたといるから、私は楽しいの!
       私が笑えるのは、あなたのおかげよ。
       そんなふうにしてくれる子どもたちが
       すこいのだけど、それを感じているあなたは
       もっとすごいね♡

     不安になる要素がどこにあんねん!
     ふあんになんてなっとらんと、もっと素直にやで!

    • パインあいす
    • 2023年 11月 26日 9:08:19

    いつもありがとうございます(^^)

    相手の気持ちを想像する訓練ですね。それには知識が要ります。想像力を働かせるには材料が必要です。

    • NamasteyIndia
    • 2023年 11月 26日 10:18:22

    最近20代前半の子の話しを聞いていると
    コロナのせいで学生時代の有意義な3年間がほぼ空白だったんだと知りました。

    私のときは合コンだったり飲み会が毎週のようにあって、旅行へ出かけたり、サークルに入ったり、新しい出会いがたくさんあって、女子ばかりの学校でしたが出会いはいくらでもありました。
    そこから支払いは男性が、とかLINEが返ってくるこないとか、グループで出かけよう、とか男性とのコミュニケーションだったり自分や友達を含めて恋愛を学びました。

    それがまるまるっとなかったと思うととても不憫に思います。やり残したことがたくさんあるまま社会人になって、深い男女の付き合いもないまま大人になって。そりゃぁわからないよね。

    美冬さんも男女の関わり持ちたくてももてなかった時代を過ごしたのかな。

    • 月見
    • 2023年 11月 26日 12:24:27

    こんにちは。
    思い当たりすぎて(;;)

    私もしてもらったこと、嬉しかったことはすぐに忘れて、悪いことばかり記憶にある。
    男性の場合はその逆かもしれないのにね。

    そんなつもりで言ったんじゃないと、言われたことがあるけど、まさにそれでした。
    私と会うことを前提として考えてくれていたのに、蔑ろにされている意識が強くて、過激に受け止めてしまった。
    私が自分で今の結果を生み出したんだ。

    優しかった彼を、冷たくしてしまったのは他でもない私だ。
    これまた後悔に馳せるのはもうやめます(ノ_ _)ノ

    この記事の本質は、相手が何を伝えようとしているかということを、本質を聞きなさいということですね。
    私もよく「だから私が言いたいのはね」と言います。

    何が言いたいのかに意識を向けます。
    もう大人ですから、対人コミュニケーションをあげなきゃ、いつまでも成長しないままでいたくない。

    時たま、なんでこんなことが起こるのだろうと考えることはあります。
    物事をいい方向に考えること。昔は得意だったのに、傷つくことが多くて捻れてしまいました。
    私が甘やかされて育った、子どもだったんです。
    色んな考えの人がいることを知りました。
    ずっと自分中心で見ていました。

    今もだな。今もだ。
    本当に反省すべきだ。想像力を鍛えるべきは自分でした。

    • 浪花の女
    • 2023年 11月 26日 16:05:53

    「そんなつもりじゃない」と言う彼の言葉は
    分かるのです。
    ただ、怒りやイライラに任せてぶつけられると
    どういうつもりで彼がそれを発したか
    ではなく
    怒りやイライラに任せてぶつけられたこと
    そのものに
    腹が立ったり呆れたり
    そんな彼を好きになった自分を情けなく感じたりするのです。

    あとは、男性から追いかけられる話ですが、
    私だって追いかけてくれる人、女心を分かる人を好きになった方が楽なんだとは分かりますが、
    私が男性を好きになるポイントはそこじゃないから
    惚れた男を落とすしかないじゃないかと思ってます。

    • メリー家の執事
    • 2023年 11月 26日 17:50:33

    >ちょっと話が逸れましたが、自分が頑張って結果を得た例でも全く問題ないです。

    kouさん、それなら何回かあります! おっしゃるように「恋愛関係にならなかった」例で。

    以前は、好みのタイプの男性に出会うと、自分の方から話しかけてました。
    話しかける際に「この人のどこを誉めようか?」と考えるんです。
    誉められて嫌な気分になる人間は、老若男女を問わず ほとんどいないと思いますから。
    それに、相手の長所を探すのは楽しい作業ですからね。
    そういう始まり方をした人間関係って、恋愛関係じゃなくても楽しかったです。

    …書いてて気付きました。最近、そういう事してないわ、私。

    • piyupiu
    • 2023年 11月 26日 17:54:59

    こんばんは。

    人は、誰でも、自分の見たいように見る。

    はい、私、男性から、好意を寄せてもらった事はありますが、「男性が頑張ったから」、恋愛関係になった事は、なかったです。正直、寂しいです。
    …でも、ソコにフォーカスしても、しょうがないんですよね。

    「この人は、私に、何を伝えたいんだろうか?」という視点、意識しますね!
    背景を知って、考察し、想像力を膨らませる。

    姉とのメールで、いつもゲンナリするのは、そういう受け取り方(自分が被害者になりたい)を好むからなのかなぁ、とは思いました。
    それが分かれば、私も、いちいちゲンナリしなくてもいいんでしょうね。
    他人の負の感情に、引っ張られない。
    その判断ができるのも、理知的な女性。
    ですよね?
    それにしても、カネ、カネ、カネ…。

    • ノブちゃん
    • 2023年 11月 26日 20:03:30

    >「この人は一体、私に何を伝えようとしているのだろう」と思いながら読んでください。

    ↑ここはとっても理解できます。ある程度自分はこう、すでにかなりできてるとおもっています。

    ここを達観することができる域へいけると、世の人たちが言われてることなどについて、ほとんどにおいて、まずは、腹を立てることはありまんし、なにもさほど思うことはないんじゃないかな?という風に予想してます。

    何も感じないというのは、ジャッジをすることが無い、わざわざ、そんなことをする必要も無い、という感覚である、ということです。

    予想にしか見えていない自分は、まだまだ、おそらく、ここの域へまでは完全には到達していない、ということだろうなぁとは思ってます。

    なので、まだまだ勉強は足りていない、とう認識は勿論多いにあります。

    とはいえ、、

    「この人は一体、私に何を伝えようとしているのだろう」とは、結構、私の中では、デフォルトにはなってて、こう感じられてることは大半であり、だから、わりと常に冷静でいられてることは大半であれてるようには、自分では感じられてます。

    だけど昔は、こうは常にまでは感じることはまったくできなかったんです。そのままの言葉を受け取ってたことが大半でありました。

    恋愛の勉強を続けてきてたことや、生きてる時間でのさまざまな経験などで、こう少しずつ変化をもたらしてきてくれてたのかなぁと、そういまは感じられてます。

    今の時点ですと、物事を良いように考えられるほうが圧倒的に得であるということや、幸運を引き寄せやすいってことなどは、明らかだというのは、はっきりとわかります。

    ネガティブに考えてる方たちを、お仕事の場や私生活などで今までかなり見てくることがありましたが、総じて、ほぼほぼ、悪いほうへか、もしくは、現状維持だったり、変化が無いなど、という方がたがほとんどであり、そういう方がたしか見てこなかったんです。

    悪い言い方なのかもしれないけど、これらの方々が私にとっては、反面教師になってきてたんです。

    だとしたら、どっちの側の人よりに?自分がなるのがいいのか?というのは、おのずと自然と理解できてきてたように思うに至ってきてたんです。

    ポジティブに目を向ける癖だったり、または、失敗している方のお話しなどより、成功している方の体験談ややり方、意識の持ち方などを、意識的に積極的に聞いていくほうが、私はより、明るい未来へなってきているように思えてきましたし、いまもなお、このように感じられています。

    • よしか
    • 2023年 11月 26日 23:12:23

    女性と恋愛する資格のない男性っていますよね。

    つまり、男性が女性と恋愛をするには、それに足る資格がいるということですよね。
    資格がいるというのは、相応の負荷がかかるということです。お子ちゃまでは大人の女性と恋愛はできない。

    お付き合いのきっかけは女性が作ったにしても、
    それを女性が幸せを感じられるように維持できているなら、やっぱりそれは男性が頑張ってくれているからではないでしょうか。

    もっと言えば、女性と知り合う、連絡先を教えてもらう、話ができる、仲良くなる、一緒に遊べるようになる、などなど、恋愛関係の前の段階にもやっぱり乗り越えないといけないハードルのようなものが無数にあって、そこではやっぱり男性は頑張ってるんじゃないかな。

    男性が頑張るポイントは女性を自分の彼女にする時だけじゃないと思います。
    彼女にする時だけ頑張る男性なんてサイテーです笑

    • まき
    • 2023年 11月 26日 23:26:32

    こうさん、熱いですね。

    特に男性の言う言葉だけを見ると、日本人が特にそうなのかも知れないけど、照れからなのか正直に言わないケースまよくありますよね。だから余計に分かりにくかったりします。

    わたしは口説かれると引く方だったので、2人で遊びに行っても相手のテンションについていけなかったこともありました。

    その中で頑張ってくれた人は、ほんな僅か。頑張ってくれたのか、わたしがすぐに惚れたのか、も怪しい位。

    だけど、ちゃんと見ると、中には頑張ろうとしてくれた人は居るんですよね。

    • 美冬
    • 2023年 11月 27日 0:18:47

    Kouさん、
    私のネガティブを取り上げて下さり、
    有り難うございます。

    恋愛の勉強の中毒にかかりに来た美冬です^^*

    そうですね。
    ネガティブ、、、取りに行ってしまいますね。

    それは“癖”なのかもしれませんが、

    自分で自分を守るための術なのかもしれません。

    ネガティブに捉えておくと、

    そこにはもれなく、
    自分にとってのメリットかあるから。。

    少しでも、“希望的観測”を持ち出してしまうと、

    そうではなかった時のショックが大きくなる。

    つまり、自分を傷つけたくないから。。

    自分に対しての“歪んだ愛”なのかもしれない。

    これは生い立ちが原因ですか⁇
    (いや、それも有るよね、多少は。)

    経験によるものなのですか?

    どっちにしても。

    もう何十年も生きてきた、
    この“ネガティブな泥沼”から、どうやって、

    わたしを引き上げ、助けてあげたらよいのか⁇

    どんな“意識”を持って、
    恋愛の勉強を進めてゆけばいいのか?

    もう、無意識のうちにやっちゃうやつ、だから。

    分かんないよー( ; ; )って言ったら、

    叱られちゃうのかな、Kouさんに。。

    “中毒度”を爆上げしたい!!笑

    • myao
    • 2023年 11月 27日 7:48:18

    昨日ホーカスポーカスという映画を見ました
    魔女の話で可愛い、ディズニーらしいお話なんですが
    この、兄妹のやり取りが秀逸でした。 

    女性はこのくらい自由にヒラヒラしてていいんだよなあ
    と8歳くらいの女の子から感じさせられました(゚∀゚)

    • myao 美冬さん
    • 2023年 11月 27日 7:55:13

    おはようございます♪

    私もネガティブ泥沼女でした。  
    家庭事情も色々あり、
    仕方ないじゃないかと開き直ってたこともあります。
    だから、お気持ちとってもわかります。
    期待して怖いことも。

    期待してうまくいかなかった時、
    「あー、私期待してたなあ、期待してたけど、叶わなくて悲しいね、よしよし」と
    「期待してた自分」も許してあげるとか

    逆に、例えば、
    彼からメール来るかと思ったのに来なかった!やっぱり好きじゃないのかな…みたいなネガティブになったときは、
    好きじゃないのかな…のあとに
    でも、もしかしたら忙しかったのかもしれないな
    と、前向きな言葉で着地すると
    心が少し軽くなりましたよ!(これは友達に教えてもらった)

    絶対に、一生ネガティブ泥沼なことはないです。
    一緒に少しずつ変わっていきましょ♪

    • キャサリン。きき
    • 2023年 11月 27日 11:54:41

    kouさん、こんにちは!
    私は恋愛向いてないな、私には素敵な恋愛をできなのかもと思いながらも
    恋愛したい気持ちもあり
    諦めなかったからkouさんのブログにたどり着き
    いっぱい読んで読みまくり
    恋愛を楽しもうという気持ちになれました!
    こうゆう解釈でも合ってるんですかね?

    • WingsOfFire
    • 2023年 11月 27日 18:34:33

    私もかつて美冬さんと同じことを思っていました
    周りの女性は順当に相手男性からアプローチされて、付き合って、丁度いいタイミングで結婚して家庭を持って…というのを当たり前のように見て来たので、いずれ自分もそうなるのかと思いきや全然見向きもされず他のみんなとは全く違う結果を手にしてしまったからです
    “自分はおかしいんだ”という気持ちと“私はわざとおかしな方へ進もうと思ったわけではないのに何故自分だけ??”という気持ちが渦巻いていました
    美冬さんの返信コメントにもある、“自分を守るためにネガティブに捉えておく”というのもよくわかります
    自分は例外ってことにしておかないと、周りの女性のような結果を手に出来ていない自分が惨めに感じたからです

    今は気持ちがだいぶ安定して、そういえば過去に男性達から親切にしてもらったことがたくさんあったな~と冷静に思い出せるようになりました
    ただ、まだ自分を不利な立場ってことにしておいて身を守りたいという気持ちは結構あるような気がします
    何というか、今は生きること自体を諦めずに続けられている自分がスゴいなと思っています、頑張って生き続けます

    • メメントモリ
    • 2023年 11月 27日 19:56:21

    バッチリ事例にフォーカスして混乱して
    書いたコメントをkouさんに夜中に拾われて
    追撃説教されたメメントモリです、こんばんは。

    kouさんのおっしゃる通りなんです、、
    恋愛に関してはなぜか視野狭窄が勃発します!!
    そしてもれなくネガティブ。。
    ここで勉強してても治るのに時間がかかってます。
    でも治って前進すると信じて勉強します。

    • パインあいす
    • 2023年 12月 05日 9:46:36

    こんにちは。いつもありがとうございます。

    この人は一体、私に何を伝えようとしているのだろうと意識しながら読む、聞く。
    字面だけ追っていては、上辺だけを見ていては、本質を捉えることができない。

    • 菖蒲
    • 2023年 12月 06日 13:42:27

    仕事で気をつけています。

    私のところに話をしに来たら
    この人は何を伝えたいのかしら
    ということだけに集中して
    あれかな?これかな?と想像しながら聞くことはせず
    できるだけまっさらな状態で話を聞くようにしています。

    そういう意識をもたないと
    こちらの先入観や思い込みによって
    間違った捉え方をしてしまうし
    その人が1番伝えたいことをキャッチできないんですよね。

    恋愛の勉強でそこも鍛えていけそうですね。

    Kouさんが私たちに伝えたいこと、
    シンプルに素直に!ぜーんぶキャッチしたいです!

    • おたまちゃん
    • 2024年 2月 21日 21:20:48

    そうですね・・。
    私も、ネガティブに受け取っていました。
    恋をきちんとしていないので、自信もない。

    ただ、20代のころよりは、今の方がいい感じと思うこともあります。
    20代は、ぜんぜん今よりもネガティブで、気力もなかったですから。
    うーんと、さかのぼると・・男性からたくさん話しかけられたことは
    ありました。
    でも、自分にはその人に対して好きとかっていう気持ちがなかったし、準備ができなかった。
    あと、自分が女性らしくないし、女性性の芽生えもなかった。
    何人かデートしたりするんだけど、関係を続けていくことが私にはどうしても苦手でしたし、
    かわいい子やキレイな子をみるたび、自分の中でがっかりしたり・・。
    顔は整形できないけれど、お化粧しても化けないし・・。

    男性といても、自信がなかったんです。
    こんな私のどこがいいの?意味わかんない・・っていうのが本音です。
    今でも、自分のいいとこって何って考えると「真面目」しか取り柄がないんです。
    あと、マンガ好きとか・・勉強好きとか。
    いつも力が入っちゃって、力が抜きどころがわからない、冗談がわからないとか
    頭の中で考えこんじゃうんです。

    ちゃんと見えないから、顔とかじゃなく性格が悪いやつにフラれていいことなのに
    ショックを受けるとか・・。
    なんかまだ不器用ですね、私も。
    ここで、できるだけ人は、何を伝えたいのか・・を脳みそにインプットしたいです。

    • 世界一幸福なまゆみん
    • 2024年 3月 16日 20:40:15

    「この人は一体、私に何を伝えようとしているのだろう」と思いながら読んでください。

    この意識付けは、ものを見る、本やブログを読むといったインプット以外にも威力を発揮します。

    最も威力を発揮するのが、対人コミュニケーションです。

    相手が言ったその言葉の真意は何かということを問えるようになると、ちょっとした言葉にすぐ動揺したりしなくなります。

    私はある分野を学んでいます。そこで、講師のかたが私の作品のフィードバックをしてくださるのですが、時々厳しい話しをしてきます。始め、なんかムカつくなと思っていましたが、作品をいくつも作る中で段々とその講師が実践の場に居る時の目線で評価してくれていると判り、耳がいたい話でも、その講師の意見を素直に受け入れることが出来るようになりました。だから、このブログで言われてることはとても大切なポイントだと思いました。

最近のコメント