恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

彼の要求を断るとむしろ気持ちが上がる

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

こちらの記事のコメントが今も爆発しております!

最近の閲覧数もダントツに高いです。まだコメントしていない方は、ぜひコメントして次の記事を読んでみてください。

男性の恋愛スイッチ

 

あと、有料プログラムのバイブル編に関する問い合わせが急激に増えてきました。

スマートフォンで読めますか?

という質問がかなり多いので、この場でも回答しておきます。

 

スマートフォンでも読めます。

というより、実はスマートフォンで読むことをかなり意識しています。まだ調整は必要ですが、電車で読んでいる人が結構いるそうです(^^;

要望が多ければ、将来PDF形式を止めて、このブログと同じ形式に切り替えるかもしれません。

 

ダウンロードは何回でもできます。原則永久的に権利があるので、記事が更新・追加されても都度ダウンロードできます。

 

Q&Aなど、説明も都度更新していますので、気になっている方はぜひチェックしてください。

 

誰も教えてくれなかった、女性のための完全恋愛技法・バイブル編

 

 

今回は男性の熱の下がり方についてです。

個別相談でも、度々この話が出てきます。

個別相談で言えば、5割くらいはこの件がメイン、というくらい頻繁に登場します。

 

あなたのデートは「日常」なのか

nanakoさんより:

現実には、男性は付き合うと、お部屋デートやお泊りを望んできますよね。それを、うまく断りつつ、相手のテンションを下げないようにするには、どういう断り方をすればいいのでしょうか。断り方によっては、相手の気持ちが冷めることもありそうです。

nanakoさん、コメントありがとうございます。

これですね。

「断ると彼の気持ちが冷めてしまいそう」

これは、実際にそういう傾向がありましたか。

案外女性が勝手にそう思っているだけ、ということも十分に考えられます。

 

この思考パターンは、

「私からメールしないと彼が離れていってしまいそう」

という悩みとも共通します。

 

男性は、女性に「部屋デート」や「お泊り」を要求したとして、それが断られたからという理由で熱が冷めたりしません。

もしその程度で冷めるような男性であれば、興味があるのは完全に性的興味だけ、ということになります。

 

ほとんどの男性は、自分の要求が簡単に受け入れられない女性に対して、欲求を強く感じるようになります。

 

例えば女性が、会う前からそのようなシチュエーションを過度に期待させるようなことをしていたのであれば、落胆を感じさせることはあるかもしれません。

会う前に性的な話をしているとか、自分の部屋の話をしているようなケースです。

 

しかし、そうではない場合、泊まりたいという誘いが断られたら、むしろ熱は上がります。

「今回断られたから、次にどうやったらOKになるか」を考えるようになるのです。

 

すぐに与えていてはいけないのです。

与えなかったら離れていくかもしれない、というのは、完全に立場の弱い人の考え方です。

恋愛の勉強をしていくにつれて、あなたは彼との間での恋愛の立場が強くなっていきます。

 

あなたの近くにももしかしたらいるかもしれません。

なぜか男性にモテるという女性は、男性の要求に対して簡単にはOKを出しません。

これは立場が男性よりも強いからです。

 

では、断り方はどうしたらよいのか。

これも男性心理を理解していれば、自然とそういう態度を取れるようになっていきます。

実に簡単です。

「そういう気分じゃない」

「泊めないと決めている」

というように、意思を主張するだけです。

 

これを、門限とか明日予定があるなどの外圧や不可抗力を理由にすると、食い下がられてややこしくなります。

条件をクリアしたらOKということになってしまいます。

 

「自分もお泊りしたいけど、できない」

ではなく、

「自分もお泊りはしたいけど、しない」

の違いです。

 

難しそうに見えますが、自分の意思を持っている女性は、それだけ男性の攻略対象になりやすいということです。

 

私には怖くて言えません・・・という人は、

 

「自分もお泊りはしたいけど、今日はしたくない」

であれば言えそうだと思いませんか。

 

次の可能性を示唆しながら断るのです。

 

何度も言いますが、男性はあなたが要求を断ったくらいでは、離れていきません。

男性があなたから離れていくのは、「飽きたとき」です。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • スイート
    • 2017年 2月 26日 20:57:37

    彼氏がいなかった頃の話ですが。

    いいなーと思ってる人とデートして、早期にホテルに誘われたら、
    私は「今日はダメ。まだそういう気分じゃないの」と
    断ってたと思います。

    (なんだよー。させてくれないのか)とテンションがダダ下がるのは、
    カラダ目当ての男性。即切り捨てます。

    ちょっとガッカリしても、私をちゃんと好きで見てくれている男性は、
    「簡単にカラダを許したりしない、ちゃんとした女性なんですね」
    と好感を持ってくれたと思います。

    これ、すごく大事なようです。
    自分が簡単にHできる女性は他の男性とも簡単にするんじゃないか?
    と思われてしまうみたいなので。

    今日はまだダメ、ということは未来に希望はあると男性は思うらしく、
    むしろ熱が上がる人が多かったです。
    それはもう、延ばせば延ばすほど、熱烈にアプローチしてきます。

    • せな
    • 2017年 3月 04日 14:03:04

    異性問わず、自分は、立場が弱い側だと勝手に思い込んでいました。

    人を下に見るということではなく、
    私は常に立場が強い。自分の意思をしっかり持って主張することが大切だと思います。

    • オッチー
    • 2017年 3月 05日 10:51:31

    何度も読んでましたが
    断ったことが
    ありません

    ないのかーーー

    するする鷺

    気持ちを上げたいので
    いざ、実行へ

    • うけゆみ
    • 2017年 3月 14日 10:04:27

    ほとんどの男性は、自分の要求が簡単に受け入れられない女性に対して、欲求を強く感じるようになります

    彼に付き合ってない人うちにあげるの嫌なこと
    伝えたとき

    残念そうに
    返事きたけど
    彼は離れなかつた。

    またアタックしてきた。
    海外行く前日だったので
    その日は家で会ったけど
    それはそれで良かったんだと思う。

    帰国してからも
    つきあってない人は家にあげたくない
    の姿勢は崩さずいきます。

    だってなんか気持ち悪いから。

    • みやころ
    • 2017年 3月 25日 17:57:28

    合っているのか、よくわかりませんが…。

    お泊まりを誘われました。俺の家に泊まらない?って。
    まだグレーの彼です。彼氏ではありません。

    私はきっぱり、「付き合ってない異性の家には泊まらないって決めてるの。だから、泊まりたいけど泊まらない」って言いました。
    それで離れて行くようならこっちから願い下げですしね。私を守るのは私の意思だけです。

    そしたら、「ちゃんと考えてるのっていい事だと思う!」と返信が来ました。

    もうちょっとだけ、この人に向き合おうかなと思います。

    • ぷるぷる子鹿
    • 2017年 3月 27日 19:34:36

    断る勇気。長文になるかもしれないけどここにコメントします。
    自分に自信がなく、ある程度付き合いが長くなっていく中で自分の方が泊まりたい願望が強くなっている気がします。

    そして、ブログやメルマガを読み始めて、ほとほと自分はアウトー!!と思っていました。
    完全にライン中毒で、連絡が来てるか、ライン見てるかつねにチェックする毎日。ライン自体はいいと思います。女友達や同級生のグループなど、連絡がとりやすいので。けど、彼やこれからなにかある可能性のある異性に関しては、結局私が追いかける側にまわる最短ツールです。笑。そんな機能いらんわᐠ( ᐝ̱ )ᐟ

    なのでおもいきってアカウント削除してみました!めっちゃ勇気いりました(;_;)削除の瞬間、めっちゃ汗出ました(;_;)

    再登録すると思いますが、女友達や家族、そういう人限定で友達追加しようと思っています。

    彼にはうまいこと言ってラインをやめると伝えた後、ショートメールになったのですが、まぁ淡白で短文になりますね。そしてわたしもメールが来たことも気づかない感じです。メールって、マナーモードにしてたら、プッとしかバイブ鳴らないんですよねー。よかった。

    携帯を見る頻度が減りました。ブログにも集中できます。笑。断捨離的な気分です。電話も私のタイミングじゃない時に何回か出なかったらなにかあったかと心配して何回もかかってきました。

    まだまだ始まりなので、彼が私を考える時間や情報量低下でなにかいいことがあるかな♩と楽しみです。そして、彼が私と連絡がとりたい頻度もはかれるのかなーって。

    これを機に、デートやお泊まりが日常化して行くことを挽回したいです。私には、私の意思表示がとても大切ですね。少しずつ距離をとりながら、断る日も作っていきます。断ったぐらいで飽きられるなんて、わたしのこと馬鹿にしないで!ぐらいの気持ちで♩

    正直諦めモードでした。kouさんにもギャンギャン、かつ、ぷるぷる震えながら恋愛相談メール送りました。やったらいけない行動ばかりだったから。ただただベタベタ甘えるんじゃなく、頼ってみる甘え方にシフトします。たまにニャンニャン。

    また何かいいことがあったらコメント残します(๑و•̀ω•́)و

1 5 6 7
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント