恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

男が教えるモテる女の恋愛技法

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

そんなもん、自分で考えんかい。

・・・と言いたくなりそうなタイトルですが、真面目に考えてみることにします。

こちらの記事に非常にいい質問が来ました。

彼に結婚したいと思わせる秘術

Poohさんより:

Kouさん、お久しぶりです。

この記事で腑に落ちない部分があります。

結婚はメリット・デメリットで判断するものじゃないんですよね。はい、そう思っています。

そう、家事をしてもらいたいとか、子供が欲しいからとか、そんなこと言ってくる人は、ごめんなさい。

じゃぁ、何が必要かというと、意志ですね。
同意します。

この人と一緒に生きていくぞ!という意志をもって、それを表示してもらいたい。
これが、女性の求めるものだと思います。

でも、その意志がどうやったらでてくるかというのが、多くの女性のわからないところ。

それは結局、メリット・デメリットなんですか?
いまこの人と結婚しなかったら大損すると思わせること?
それは結局、損得感情じゃないですか?

久しぶりですね(^^

どうやったら彼にその意志が生まれるのか、分からない・・・。

うーん。

本当に分かりませんか。

いやー、分かると思うんだけどなー。

ロジカルに考えていると、分かりにくいかもしれません。

 

いつも言っているように、恋愛の勉強は計算式ではないことに注意してください。数学ではないということです。

いろんな要素が複雑に絡み合って一つの現象が起きています。

私があることをしたら、彼にはその感情が生まれるらしい。

彼にその感情がなかなか生まれないのは、私がそのあることをしていないからだ。

じゃあそのあることとは?

 

みたいな発想になっていると思うんです(^^;

そんな単純じゃないんですよ、人間の恋愛って。

男性から、3回デートしたら付き合うよねと言われたら、あなたは何かムカつくと感じると思うんです。

それとよく似ています。

そんなロジカルなカラクリは、人間の中にはないんです。

 

僕は前の記事で、こんなことを書いています。

男性の恋愛感情をナメてはいけないと言いましたが、今回はそれでは終わりません。

まず、そのナメてはいけないレベルの感情を、彼に持たせることが本当にできているかをちゃんと考えてほしいんです。

そのためには多少の時間は必要だということです。

正確に言えば、時間と蓄積です。

イベントの蓄積ですよね。

 

最近の記事でも書いたことです。

人間が行動する最大の理由は、苦痛から逃れたいという欲求です。

あなたと結婚できないのは損なんですよね。

それもただの損ではありません。人生レベルの損です。大損です。

損は、人間が感じる最大の苦痛感情です。

これで大損すると感じるのは、損得勘定ではありません。

ここで彼に味わわせないといけないのは、自分の投資量の大きさです。

決して少なくない時間と労力を、イベントの積み重ねという形で蓄積させていけば、それ自体が投資になります。

また投資というと混乱させてしまうのかもしれませんが、要するに今までの時間が水の泡になるという損の感覚を持ってもらう必要があるということです。

つまりサンクコストですね。

 

あれ、何か聞き覚えがある気がします

と思ったあなたはちゃんと勉強できています(^^

女性はすぐに付き合いたいと願い、男性はすぐに付き合うと決められない理由

これですね。

これを読むためにメルマガ読者登録する女性がいるくらいに重要な記事です。

まだ読んでいない場合は、今すぐ読んでください。

まだメルマガ登録していない場合は、今すぐメルマガ登録申請を出してください。

メルマガ登録しているのに、なんと一度も読んだことがない場合は、この記事を脇に置いてでも先に限定記事を読んでください。

そして過去に読んだことがあるのに、何の記事だったかまるっきり覚えがない記憶喪失のあなたも、今すぐ読み返してください。

 

別れ話になったときに、

今まで払ってきたデート代はどうなるの?

みたいなことをヌケヌケと言ってきてクソ馬鹿野郎をあなたも見たことがあるかもしれません。

それ自体は実につまらないことなんですが、今まで払ってきたデート代というのは、それもやはり投資の量であり、サンクコストの対象になるわけです。

今まで投じてきたものが無駄になってしまうと思ったら怖いと感じるんです。

それは損得勘定ではありません。

今まで投じてきたものがなくなるのはもったいないから、仕方なく付き合うことを選ぶというのなら、それは損得勘定になるかもしれませんね。

でもそんな人はいません。

 

彼らは投資の量を見たら、ほとんどの場合、引き返せなくなります。

それはもったいないから引き返せないのではなく、実感が伴うようになって引き返せなくなるということです。

 

彼にたくさん苦労をかけたらいいと思うんです(笑)。

女性ってそういう生き物でしょ。

彼にがんばってもらってナンボなんです。それが嬉しいんです。

色々世話を焼いてもらいたいんです。

困ったときに助けてもらいたいんです。

大して困ってくなくても、時々助けてもらいたいんです。

 

ちゃんと苦労させていますか。

イベントって何なんでしょうね。

イベントって、ただのデートとか記念日に会ってプレゼントをもらったり、お泊まり旅行することじゃないんですよ。

苦労させることです。

私のために苦労してもらうことです。

骨を折ってもらいたいんです。

 

この記事は、さらっと読むだけでも十分楽しいと感じると思います(^^

それでいいんです。

ずっと言い続けていることなんですが、とにかく面白おかしく勉強してください。

僕の書いている文章を、論理的に読解しようとする必要はほとんどありません。そんなに難しい文章ではないはずなので、サクサク読めるはずです。

聞くように読むくらいの感覚でいいと思うんです。

 

彼に苦労させないといけないというところを取り出して、本当に苦労だけをかけさせたりしたら今度は最悪の事態を招くことになります。

この記事でそれを推奨していないくらいは分かると思います。

もうちょっと大雑把というか、ざっくり読んでもらった方がいいかなと思います。

読んで気持ちいいと思えたら、それが正解です(^^

 

この記事を読んで、

あー、そう言えば私は、デートはしまくっているけど、彼はそんなに骨折りはしてないかもなー

とか、

よく考えてみたら、トラブルらしいトラブルが今まで何もないような気がする。なんかドラマがない。

みたいな発見が出てきたら、それでもうこの記事は十分役目を果たせています。

 

せっかくなのでもう少し付け加えると、女性が男性に惚れるポイントってまさここだと思うんですよね。

自分のために大変な労力をかけて頑張ってくれたという姿勢を見たときに、何か感じ入るものがあったりしませんか。

彼のことは好きだけど、イマイチ彼にぞっこんにはなれないという原因は100%これです。

 

彼も同じことを思っている可能性があるということです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • ちとこ
    • 2024年 6月 10日 21:34:27

    苦労がイベント(°A°)ファ!?
    あの1週間の説得攻撃は「投資・苦労」のダブルコンボ
    今日も向こうに私の事を考えさせる様、前日に仕込んだDM「投資」
    先週の土曜日にちょっとし爆弾をDMに落としたんですよ。
    それに対して冷静でいられなくなったみたいで、これは苦労とは違うのかな

    • まきふみ #
    • 2024年 6月 11日 0:56:50

    #投資量 #イベントの積み重ねと時間量の両方が必要19 #お金と時間と労力を振り返り実感するものが投資22 #投資の絶対量 #どれだけ面倒を見たかというのが投資の量14

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント