恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

ポリアモリーとは何か?

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

今月はブログ強化月間のはずなんですが、おかしいですね(^^;

全然強化されている気配がない・・・。

記事が増えていません。

 

なぜだ!!!

 

全くもって不思議です。

おかしいなぁ。

原因が分かったらぜひ教えてください。

 

ちょっとまたまた気になるコメントを頂きましたよ。

なんかまたまた怪しい横文字キーワード炸裂なわけです。

まずはこちらのコメントを読んでみてください。

 

新・お前が私に合わせろ

きなこさんより:

kouさん、初めまして。
よく記事を拝見していますが、コメントするのは初めてです。

自分がブレない事って、本当に大切だと思います。
相手が私に合わせるのが空気のように自然な関係にしていきたいなぁ、と思っています。

かなり話が逸れますが、kouさん、ポリアモリーってご存知ですか。
私は複数の男性に惹かれやすいようで、でも遊びたいわけでもなく、一人一人が家族に近い感覚というか…それぞれに愛情を注ぎたいって本当に思うんです。
だって、みんな魅力的で、個々に素敵な部分があって、選べと言われても、選べません…。
大切な宝物が3つあって、すぐに1つ選べと言われても、普通は選べるものなのでしょうか…。
今、良い関係の男性が3人います。SEXもしています。
もともと恋人を作る気も無かったのですが、1年ほど関係を続けていると、人間的な誠実さや温かさも伝わり、これからも一緒にいれたら嬉しいなぁと思うようになりました。
付き合ってほしいと言ってくれますが、ずっと曖昧にしてきました。
私が困っているのを見て、待つよ。と言ってくれますが…。私が別の男性とも関わりがある事、みんな薄々はわかっていると思います。聞きたいけど深くは聞けない、みたいな雰囲気が出ている時があります。

kouさん、複数の男性と深い信頼関係を築いていくのは、やはり難しいのでしょうか。
それぞれの方ともっと心から繋がりたいんです。
何も伝えないまま3人と付き合うのは出来ないので、自分が求めている関係を話してみようと思っています。
勿論、受け入れてくれない可能性のほうが高いのはわかっていますが…。
男性は、自分以外の男と深い関係のある女性を心底愛する事は出来るのでしょうか。

なんだか考えすぎて支離滅裂な文章ですみません。
的確で正直な男性心理を余す事なく発信してくださるkouさん、信頼できるkouさんにずっと聞いてみたいと思っていました。。。
ちなみに私は30代後半で離婚もしており、大切な娘がいて、何よりも娘優先です。自由に恋愛に時間も使えませんし、依存するほうでも無いのですが…。

この現状の関係の、一歩先に行きたいです。
本当にどう進むか悩んでいて、、なにかヒントがほしいです。

ブラタモリなら知っています。

メメントモリというのも聞いたことがあります。

 

ポリアモリーって何だったかな。

何かあったようななかったような・・・。

 

ああ、あれだ!!

ポリ袋野郎だ(^^;

 

今年の年始に、こんなのをやりました。

2022年へ向けて(年末特別タイム)

このコメントの中に、ポリアモリー疑惑の彼とどう接するのがいいかという質問があり、それに答えたことがあります。

 

・・・と、色々しらばっくれてはいますが、実はポリアモリーというのは知ってはいるんです(^^;

別にそれを否定するつもりもなくて、そういう人がいるということは理解はできます。

ただし。

僕が今までに見てきた自称ポリアモリーや、彼がポリアモリーかもしれない疑惑を抱える女性の例を考える限りでは、ほとんどの場合、ポリアモリーというのはただの逃げに使われているだけに見えています。

何の逃げか。

一人の相手と深い関係に進むことに対する責任からの逃げです。

僕にはそう見えているというだけです。

だから、実のところ懐疑的なんです。

実在する本物に出会ったら考えかが変わるかもしれません。

 

複数人との間で合意の上で自由恋愛をするのだから、相手に対してもそれを認めるだけの度量が求められます。

まずはそれがあるかどうかですよね。

 

複数の男性と深い信頼関係を築くことは可能かどうか。難しいかどうか。

できるかできないかで言えば、できそうな気はしますね。

ただし男性たちにも同じように相互理解できる環境が揃うことが条件です。これが揃わないから難しいのでしょう。

接触し始める段階で最初から分かっているかどうかでもかなり変わってきそうです。

ある程度深い関係になってから、後からそんなことを言われても受け入れにくいわけです。

 

一人の異性とだけ接していて得られることには、確かに限界があります。

色んな人と付き合っていれば、それぞれの良さがあり、相互に刺激にもなります。

単純に補完要素として機能する場合もあります。

相手によってそれぞれ特性が違うのだから、違う体験ができるでしょうし、ある男性とでは行けないところにでも、別の男性となら行けたりもしそうです。

恋愛の分業みたいなものかもしれません。

 

ただね、僕はこの手の話を聞く度に強く思うことがあるんです。

築きたいという深い信頼関係や深い恋愛って、そんな何人もの相手と同時並行的に接していて得られるものなんでしょうかね。

どれだけ頑張っても、自分の身体って一つしかないんですよ。

自分の人生の時間も限られているわけです。

極端に考えて、その複数人の相手全員といつも一緒に家族のように行動していたとしても、自分の時間が増えたりはしません。身体も一つですから、全員と同時に愛し合うことはできませんし、同時にセックスに及ぶわけにもいかないでしょう。

そうなると、結局はその相手たちの一人一人との関係性の強化に投じることのできる資源は、どうしたって1対1で向き合っている人のそれには遠く及ばないんじゃないかと思ってしまうんです。

 

車とかでもそうですよね。

愛車といいながら何台も車を所有していてそれぞれに愛着があると言うんですが、乗っている人間は自分一人であって、乗っている時間はどうしたって分散されます。

車種によってそれぞれ特性が違うのだから色んな体験ができるとか、故障していても別の車に乗れるからいいと思うのかもしれませんが、車との思い出はバラバラです。

それだったら少々の不都合があっても、一台の車をメンテしながら大事に乗り続けて、その車で行けるところに何度も行って思い出を重ねる方が潔くてカッコイイと思うんです。

これは人生の美意識の違いもあったりするかもしれません。

 

恋愛ではイベントを重ねようという話をずっとし続けています(^^

要は思い出ですよね。

限られた人生の時間を、誰とどのくらい一緒に過ごすのか。誰と何をしてどんな体験を何度共有するのか。

そこから男女のパートナーシップとか、人間関係の深みみたいなものが少しずつ得られていくのだと僕は思っています。

違う人に使う時間を潔く放棄して、同じ相手と同じ場所に何度も行って会話することの方に僕は大きな意味を感じます。

1対1で恋愛をしている人たちは、その人と生きると決めた時点でできなくなることや、得られなくなることも含めて受け入れているわけです。

 

僕のブログが好きだという女性は、多分僕のこの感性にかなり近いんじゃないかと思っています。

本当に欲しい恋愛の深度と、信頼関係とは何か。

それをよく考えてみて、自分なりの答えを出してみてください。

 

僕はポリアモリーというものを体現している本物に今のところ出会ったことがないので、現時点の意見として言えるのはこれだけです。

あるかないかで言えば確実にあるでしょうし、あっていいとも思っています。

ただ、自分が欲しているものが本当にそれによってもたらされるものなのかどうか、真剣に考えてみる必要があると思います。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (37)

    • もりかわ
    • 2022年 11月 28日 8:19:09

    特別タイムのおページ飛んだものの該当コメントを探すのに苦労しておったのでござりまするけれども、ご本人様登場してくださったおかげで見つけられ申した(*´ω`*)!

    Kou
    2022年 1月 01日 15:40:20
    Favorite.pngお気に入りに追加
    >黄色いねこさん
    > コウさん、ありがとうございます!
    >
    > 緊張して、手が震えてます〜!
    >
    > スペース多めにしたつもりだったのですが、わかりにくくてすみませんでした。ポリアモリー彼とは別の相談です。
    >
    > ポリアモリーの彼についてですが、ポリアモリーなんだしもうこればかりは仕方ないですよね、コウさん…というつもりで書いてしまいました。
    >
    > 仲良くなりたい男性は取引先の方です。
    > ここ数ヶ月は会議で2週間に一度くらい会います。
    > 休憩時に仕事には関係ない事を聞かれたりする様になりました。一年ほど前、廊下で挨拶をした時はマスク越しでもよくわかるくらいの笑顔でした。
    >
    > 挨拶くらいしかやはりないなぁと思うのです。
    > ちょっとだけ手を振りながら挨拶…
    > どうすればいいのでしょうか? 
    > どのくらいの距離感がいいのかわかりません…

    正直なところ、僕はそのポリアモリーとかいうのを懐疑的に見ているので、それを認めたらそれこそ負けなんじゃないかなと思ってしまいます。
    男は複数の女性を追いかけられます。そんなものはポリ何チャラじゃなくても普通なんです。

    考えてほしいのは、骨抜きにすることです。
    男は複数の女性を追いかけられますが、複数の女性に夢中にはなれません。

    ちなみに僕は一夫多妻制はありだと思っている方ですが、もしそれをするのなら男には相当程度の経済力と全ての女性を全く同じように納得させられるだけの度量を持つ必要があるとも思っています。
    そのポリ袋野郎に、そのレベルの覚悟があるのかと問いたいんです。

    打って変わって新しい男性の方ですが、これもコミュニケーション能力を磨くことによっていくらでも手はあります。
    エレベーターで見知らぬ人と乗り合わせたときに会話するネタなんかないと思いがちですが、そんなことはないわけです。
    どうしても思いつかないのなら、大阪に住んでいる人に相談してください(笑)。

    男女の会話もいいですが、まずは雑談です(^^
    人間同士の普通の雑談をしたらいいと思うんです。

    --------
    たくさんのコメントから無事見つけられて嬉しくなりすかさずコピーしてしまい申した。笑。せっかくなので貼っておきまする。

    といふか、このお記事、タイトルが「ポリアモリーとは何か」なのに、結局「ポリアモリーとは何か」が分からなかったのはわたくしだけでござりましょうか…(´ω`;)?

    といふことで、お記事の内容から、わたくしなりにポリアモリーとは何かを考察してみましてござりまする。

    まず、恋愛は「向き合う姿勢や取り組んだ時間で信頼度や充実度が変わる関係である」と解釈した場合、

    労働に酷似しているとわたくしは考えましてござりまする。

    ゆえに、ポリアモリーを働き方に例えたら分かりやすいのではないかなと思いつき申した。ザキヤマ的発想の転換でござりまする。

    そうすると、ポリアモリーに見えて全然ポリアモリーではないタイプも明確になってきたゆえに、ちょっくら書いてみたいと思いまする(*´∀`*)ノ

    ポリアモリーを働き方に例えたら………モワモワモワン。oO

    <ポリアモリー>
    いくつもの職業で活躍しており、そのそれぞれの職業が全く違う種類であることが特徴的。
    どの仕事にも優先順位はなく、全てに手を抜く事なく能動的、積極的、情熱的に取り組み、全ての仕事をこの手で成功させたいという願いが強く見られ、ひたすら突き進む背中が格好良すぎるスーパーマンタイプ。

    例えば)芸能活動しながら、飲食店を経営し、芸名とは違うペンネームで執筆活動もしていて本の売れ行きも好調、という具合に、どれか一つ欠けたとしても別に生活するのに問題はないのにもかかわらず、どうしてもやりたいから手放せないし手を抜きたくない、一回の人生で三人分生きたいパワフルでよくばりすぎる人間。

    そのそれぞれの活動に対し他人からのリスペクトを得られるので、飲食店のスタッフや編集担当から芸能活動辞めろなどと苦情が入ったりもせず、関わる全ての人から三つの仕事をぜひあなたらしくこなしてくれ!と頼まれるような状態。

    (何ひとつとして満足にできない外部の人間からはその能力を羨み妬まれたりして非難されたりもするが関係者の中で非難する人は一人もいない。)

    恋愛は高度な人間関係と誰かが言っておられたゆえに、ポリアモリー的に働くことができるスーパーマンでも、恋愛で同じようにできる人は本当にごくごくわずかだと考えられまする。それゆえに、できたら本当にすごいし、素晴らしいとも感じまする。

    ただ、やはり、本当にそんな人いる?存在し得る…のか?と、幽霊の存在を想うような気持ちにわたくしはなりまする。

    <ニアアモリー>
    いくつもの職業で活躍しており、そのそれぞれの職業が全く違う種類であることが特徴的なのはポリアモリーと同じだが、職業に優先順位があり、第一の職業に支障が出ないように他の仕事はある程度コントロールする、バランスマスタータイプ。

    例えば)主婦であり、ママであり、漫画家であり、当然全て上手く行くこと前提で日々尽力し、この全ての働きが上手く行くことこそ自分の幸せだという確信があるが、しかし優先順位のトップはママ業で揺らぐことはなく、我が子に何かあった場合他の仕事をやめたくはないけれど辞めるのもやむなし、家事は代行を頼るなどすることも頭の片隅では考えており、一番大事なものを見失わない、冷静かつしたたかによくばりな人間。

    恋愛でポリアモリーと間違われている人は、なんだかんだでほとんどコレな気がいたしまする。一夫多妻、一妻多夫、奥様や旦那様公認の愛人がいる人とか。ポリアモリーに近いからニアアモリー。笑。

    ただ、表面上は成り立ってはいるけれど、関係者全員がその状態を心から望んでいるわけではなく、関係者たちはとても頑張っていて輝いて見えるその人の足を自分が引っ張りたくないという良心や引け目や遠慮があり、関係者それぞれが少しずつ妥協して許しているから成り立っているというのがポリアモリーとは違うところかと。

    そして、恋愛の相手に対して、優先したい人がいると言って迷惑をかけた場合、人間関係こじれまくるのは十の内十一も必定なために、土台は脆くなりがちで、暗雲たちこめがちな関係性なのかなと思いまする。

    また、勝手な想像でござりまするけれども、ニアアモリースタイルが上手くいかなかった人のイメージから、ポリアモリーという言葉にネガティブなイメージが付き纏うのではないかなぁと思いまする。

    逆に言うと、誰とも大きなトラブルを一切起こさず、相手に自然と尊重と配慮をしてもらえるくらいのミラクルコミュニケーションスキルを身につければニアアモリーとして成功するわけであるからして、本気で複数人とお付き合いしたければ、そうなればいいだけの話でもあるやもしれませぬ。

    <ニセアモリー>
    いくつものコミュニティーで活躍しているが、そのそれぞれがたったひとつの夢に関連しているもので構成されていることが特徴的。ひとつの夢を叶えるために情熱的かつ積極的ゆえに、その関わる全てに能動的な姿勢や全てのコミュニティーで認められている姿からよくポリアモリーに見間違えられるが、内面は全く違う。見れば見るほど面白い、関われば関わるほど応援したくなる少年漫画の主人公タイプ。

    例えば)大学で経済について学び、独学で法律を勉強し、通信制の専門学校で食品衛生管理とかの資格取得を目指しつつ、休日や大型連休はホテルのフロントでアルバイトをしてと、一見雑食でフラフラしているように見えるのだが、実は将来は素敵な温泉旅館の経営者になることを夢にひたむきに頑張っているだけ、そのために必要なことを一度に全部やってるだけという具合に、一点集中型の魅力的な人間。

    他のタイプとは全く性質が異なるため、所属コミュニティー間でトラブルが起こる可能性は極めて低く、それぞれの場所でそれぞれ、夢を叶えろよ、君ならできる!と応援される状態。

    恋愛で言うと、幼馴染の異性や、職場の異性、趣味友の異性などと気軽に食事や遊びに行くなどして仲は良好だが決して恋愛には発展せず、知らない人から見たら浮気性の遊び人に見えるが、関わりのある人にとっては、主人公はパートナー一筋の人であり、一筋だと公言せずともその一途さは周囲にバレており、他の異性の友人たちは、一途な主人公を応援しておるために、主人公もまた、友人たちのことを、パートナーを満たすために異性とは何かという情報をくれるありがたい存在みたいに思っていたりして、パートナーにもそれがしっかり伝わっていて、二人の信頼関係も強固である。みたいな。ニセアモリー、理想的だと思いまする…(*゚∀゚*)

    <ウソアモリー>
    過去に従事した職業や、取り組んでいたことをさも現在進行形であるかのように錯覚し、他人に対して色々な方面で活躍してると勘違いさせるのが得意だが、実際は一つのことしか取り組んでいないか、もしくは全く何もしていないかのどちらかで、勘違いの砂の上に勘違いの城を立てて、幻想の中に生きるタイプ。

    例えば)あれっ?ちょっと待て、…これって、わたくしのことか(OvO)!?笑。
    多趣味なのが何よりの特徴で、SNS等で系統の違う作品をそこかしこで発表したりはしているが、どれも趣味の域を出ず、仕事にするには技術が拙く、向き合う姿勢に落ち着きがなく、消極的では決してないのに、計画性、具体性、継続力に欠けているために成功には程遠く、とりあえず食い扶持を稼ぐために、あんまり趣味や特技と関係ないところで働いていて真面目ではあるが昇進欲求は少なめであり、職場で嫌なことがあると、いつかは趣味を全部仕事として成功させてみたいなーと淡い思いを吐露するだけのマシーンと化す。欲張りなくせに、欲張りきれない、自信とガッツと体力がちょっと足りない、なんだかとっても「おしい」人間。笑。

    化けるか、腐るか賭けのような性質があるため、ウソアモリーに関わり続けるには根気が必要となる。

    あーーん、ほぼわたくしのことではないかぁぁ情けない自己紹介みたいになっておるではないかぁぁぁイヤァァぁぁウソアモリーやめたいぃぃ(´;ω;`)ニセアモリーになるぅぅ…

    恋愛だと、過去に付き合った人の連絡先を全てきちんと大事にしており、まだ繋がりがあるから、これは付き合っているも同然!みたいな勘違いをしてしまい、その勘違い発言から周りの人に複数人と同時進行してる人だと勘違いされてしまうが、それが妙に心地よくて訂正もしない(でも実際は相手がいない)(また全員と復活できたらなぁなんて夢みちゃう)とかをやらかしちゃう、虚しさを極めし者。

    実害はないが、扱いづらい…。苦笑。

    しかし、全アモリーの中では、割合的に一番多いような気もいたしまする。笑。

    (※ちなみに、わたくしは恋愛では、過去一人しか付き合っておらぬし、その人は元彼だと認識しておりまするゆえに、変な勘違いは引き起こしていない!はず!と思いたい!笑。)

    <エセアモリー>
    いくつかのコミュニティーに所属しているが活動に消極的で、実質何もせず、他人に全てをまかせ、他人の力に依存しているだけなのに、なぜか自分は凄いことをしていると信じて疑わないタチの悪い王様タイプ。

    例えば)嫁様に家事育児近所付き合い全て任せて自分は家でテレビを見てビール飲むだけなのに良き夫を名乗り、会社では部下に仕事を丸投げしたあげく責任は上司になすりつけて、そのくせ自分は板挟みで辛いと愚痴を吐いてはさも大変な仕事をしている風に見せかけて、実質何もしていなかいから暇なので自分の趣味ブログを作ったりなどしたりもするが文章を書くのが下手なため、コピペやパクリで済ませてるくせに、アクセス数を見てあたかも自分が有名人になったみたいな錯覚を起こしニヤけるみたいな、ガワは成功しているように見えるのに、中身のない人間。

    恋愛ではパートナー非公認の、別の異性との交流があり、いわゆる不倫、浮気と呼ばれる状態が乱立し、かつ「しょうがないだろ自分はポリアモリーなんだから、(都合がいい)みんなが大好きなんだ!分かってくれよ、分からないお前は愛がないんだ!」みたいなことを威圧感たっぷりに言い放ち、関わる人に我慢や無理を強いて、罪悪感や戸惑いで相手をコントロールし、自分から離れていかないように洗脳するが、パートナーが洗脳から解き放たれ、あ、この人から何ももらってないわと気づいた瞬間に、家庭、愛人、社会的信頼、全てを一気に失くす愚か者。一部の男性からポリ袋野郎と呼ばれ忌み嫌われる。

    ((ポリ袋とは、ものを入れるために中身が無いアイテムゆえに、中身のないエセアモリーにピッタリかつ秀逸な呼称だとわたくし思いまする。))

    ちなみに、パートナー非公認のいわゆる不倫、浮気と呼ばれる関係であっても、恋愛の気持ちで向き合っているのは特定の一人(パートナーのことは愛が枯れてる、もしくは浮気相手が遊び)というパターンは、ポリアモリーとは全く関係がないため、アモリー属には分類いたしませぬ。(何やアモリー属て)

    <コドアモリー>
    基本的に自分の意志や願望がなく、消極的で受動的。勉強嫌いで、自己投資などにまるで興味もなく、誰でも簡単にできる作業や責任を負わなくて済む職場を好み、一番下っ端のポジションでないとストレスと不安ですぐに逃げ出すが、そんな自分は世渡り上手だと勘違いしているお子ちゃまタイプ。

    (このブログに辿り着いた時点で勉強が嫌いで自己投資に興味がないわけがないので、このブログ上にはおそらく存在しないタイプ。)

    例えば)コンビニや、カフェ、アミューズメント施設など、同世代とだべってたらサボれそうな、楽できそうなバイトをいくつか掛け持ちし、勤務時間中はいかにサボるかに心血を注ぐ。それぞれのバイト先では掛け持ちたくさんあって頑張り屋さんだねなどと社交辞令を言われたり、掛け持ちがあるからと言えばシフトの希望が通りやすいため、それぞれのバイト先から大事にされてるし認められてると本人は勘違いしてしまってミサワになりがちなのもこのタイプの特徴。日頃からの言動で周りからは仕事ができない無責任な人という評価をされているが、仕事をしたくないのは全人類共通の願いであると信じて疑わないため、サボりや無責任を非難する人間は、意識高い系の攻撃的な人、要領が悪く余裕のない人、人類の敵、くらいに思って、ありがたいお説教を鼻で笑ってしまえるメンタルを所持している。

    恋愛だと、容姿を褒められたり、社交辞令を言われたり、普通の会話の中でも自分に都合のいい言葉が含まれていたりすると、すぐに相手を好意的に受け入れてしまい、流されるままに複数の人と関係を持ってしまうが、自分はモテやすいのだと信じて疑わないため、遊ばれている可能性は微塵も考えない。ある意味純粋で天然で可愛いと言えなくもなく、その上責任を追求してこないため、身体の関係を持つ相手は絶えない。関わる全ての人が無責任同士のため居心地もよく、一緒にいるとこれこそが真実の愛、人間の幸せであると錯覚するのだが、しかし、結婚や出産、両親の話や将来の夢の話など、責任を感じる話題を避けるあまり、人間関係を深める会話ができず、好きな食べ物や、同じテレビ番組の感想をたくさん話して盛り上がったり、恋愛の甘い言葉はたくさんかけ合うし何度も身体を重ねるのに、お互いよくわからない人同士という感覚が抜けないが、恋愛とはこんなもん、と軽く考え疑問にも思わない。とか?

    ちなみに、精神的につらくて一時的に軽い関係に依存してしまっているが、心の奥ではこんな状態良くないと反省しているタイプもポリアモリーとは全く関係がないゆえに、アモリー属には分類いたしませぬ。

    <ダメアモリー>
    コドアモリーの進化系。原始的欲求に従い、無責任である自分の生き方こそが至高!と、色々なところで主張しまくり、世の中を混乱させ、他人を積極的に道連れにしようとする外道。

    例えば)犯罪を犯罪とも思わずにやってのけるまさに外道タイプ。特に、詐欺や、何とか商法、セミナー活動等、まだ判断力が備わってない若年層や、心が疲れている弱い人を狙って巻き込むことに長けていて、一部の人からは何故か教祖と崇められたりする。

    恋愛だと、相手を依存状態にするのが上手く、口ごたえしない、自分にだけ都合の良い人間を複数人囲い、人を人とも思わぬゆえに、満たされることはないのだが、人にはできないことを成しているという特別感、唯一無二感で己を保っている…とか?

    どうあがいても、そのやり方では幸福感に満たされたり、人の温かい気持ち、優しさや愛しさを得ることができないため、不幸が確定する。

    と。

    こんなところでござりましょうか(*´∀`*)

    名前を付けて保存するとスッキリするゆえに、よい頭の体操、頭の整頓になった気がいたしまする(*^▽^*)!

    そして、こういう、分析したり考えてまとめたりするのは好きなくせに、お部屋は散らかりがちなのは何でやねんと思い、うーむ、自分が自分で不思議生物に思えてなりませぬ…(;´д`)動け、動くんだわたくし!立て!立つんだジョー!笑。

    • たむたむりん(もりかわさま)
    • 2022年 11月 28日 9:28:50

    いやーーー!!!なにこれ、めっちゃ面白い!!
    後でまたじっくり読みます!!
    もりかわさん、凄い!!(←だから語彙力………)

    • 浪花の女
    • 2022年 11月 28日 9:37:12

    もりかわさん、ポリ袋野郎の質疑応答を張り付けてくれるとこ、そのさりげなさ、すご~く好きです。

    最近たどり着いた人も話についてこれますよね。
    年末特別タイムの存在を知ることも出来る。

    ホント、優しいよね♡

    ブラタモリーの話も面白かった!

    • りら
    • 2022年 11月 28日 10:02:03

    もりかわさんの分析が面白くて一気に読んでしまいました。

    ウソアモリーのところで、胃がギュッとつかまれた感じに…汗

    過去の人の連絡先も消してないし…汗

    • 豆苗大好き
    • 2022年 11月 28日 13:07:16

    もりかわさんのコメントすごい!
    長いのにおもしろくてすらすら読めちゃった。そして分かりやすい。
    ウソアモリーのところ、自分のこと言われてるようでグサッときた(笑)

    • 天気のこりす
    • 2022年 11月 28日 15:09:25

    もりかわさんの解説、すごくおもしろいです!

    働き方の例えがわかりやすくて、一気に読んじゃいました!

    ポリ袋野郎の元記事、気になっていたので、張り付けてくださり感謝ですm(__)m

    • れい
    • 2022年 11月 28日 15:27:59

    私の住んでいる海外の地域では、ポリアモリーである一夫多妻で生活している家族がいます。

    第3夫人までいて、全員日本人なのですが、第二夫人と第三夫人は戸籍上、旦那さんの養子に入れており、法的にも相続する権利があるようです。

    第一夫人は、日本にある旦那さんの家を守っているようですね。第二夫人とその子供と第3夫人で海外に住んでおり、妻たちはみんな仲良しのようですね。寝室が個別にあり、それぞれの部屋を回るといった形らしいです。

    この旦那さんはポリアモリーを公表するまで3回位離婚していて(離婚理由は全て浮気)とにかく女好きだし死ぬまで治らないというのが自分でわかっていたので、一夫多妻を認めてくれる女性たちと一緒になろうと決心したようです。

    第3夫人は入れ替わりましたね。以前の第3夫人は単なる金目当てで浪費が激しく縁を切ったと言っていました。
    妻以外にも愛人は4、5人ぐらいおり、デートするだけの女性は数えきれないと言うことです。

    この男性ですが、とても面白い方なんです。人間的に面白い。お笑い芸人みたいな感じ。ですが、男としては全然魅力的だとは思いません。(←関西の成金みたいな少し下品というか)一夫多妻をしなくても、付き合うことはないタイプです。

    ですが、世の中には好きものの女性がいるのですね。
    分かりやすいと思って実際の例を出してみました。参考まで♪

    • れい
    • 2022年 11月 28日 15:37:44

    ↑ちなみに、どうやってそれだけの妻や子供達をを養っているかですが、不動産業でもともと高収入ではあるようですが、こちらの国では、金利が8%と異様に高く例えば銀行に1億預けると税金を引いても、毎月70万は自動的に入ってくるのですね。日本では無理ですが、このような形で不労所得を得て生活している方が多いですよ。この一夫多妻の方も生活費の大部分は金利で賄っていると話していました。
    話がそれまして失礼いたしました。

    • りら
    • 2022年 11月 28日 16:20:40

    れいさんがお話ししてくれた実例、面白いです。

    経済的に安定しているというのは絶対条件だとしても、浪費癖がある女性はNGなのですね。

    でも、確かに、お金持ちの人ほどお金にはきっちりしてると聞いたことがあるのでなるほど…という感じです。

    自分が知らない世界のことをちょっと垣間見られると、見方がまた変わりますね。

    • 浪花の女
    • 2022年 11月 28日 16:24:32

    一夫多妻制について。
    Kouさんもれいさんもおっしゃってるけど
    男性側に甲斐性があってこその制度で
    そうじゃない男性にも広く女性と結婚できるチャンスを、ということで広まったのが一夫一婦制かなと思います。
    一夫多妻制、いいなーって言う男性いますけど、
    「君には複数は無理じゃない?」と思うこともあります。
    なんで複数の女性に自分が選んでもらえると思ってるのか不思議だったりします。

    多夫一妻制ってどうなんですかね。
    男性は常に競争し続けなきゃいけないの。
    ん~、子供も産んで、とかってなると
    身がもたなさそうですよね。
    でも、女性は一人の男性に惚れ込む前はこんな感じだと思います。
    ということは、多夫一妻の状態はまだどの男性にも惚れ込んでないということかな。
    それって充実感がなさそうですね。

    • きなこ
    • 2022年 11月 28日 17:54:04

    kouさん、早速取り上げてくださった事に驚きと感謝で頭が凄い事になっています。
    どうもありがとうございます。
    読み返して、自分の中で咀嚼している所です。
    そして、こちらのブログにいらっしゃる皆さんの聡明なこと!感動に似たものを覚えています。非常に質の高いコミュニティですね。

    ポリアモリー、まだ日本では馴染みの薄い言葉なので、誤解があっては本当のポリアモリーを実践されている方々の思いを踏みにじることになるので…。
    正しい解釈を補足させて頂くと、「複数のパートナーと「誠実に」愛の関係を築く」ということです。
    そこには相手に対して偽りの無い誠実さ、信頼関係が必須です。
    自分と親密な関係にある全ての人に交際状況をオープンにして、合意の上で持続的な深い関係を持つこと。
    いくら気持ちの上で複数人を真剣に愛していても、その状況を相手に伝えていなければ、それは「自分なりに誠実な二股、もしくは三股」になります。

    相手が大切だからこそ、これからも一緒にいたいからこそ、全て壊れてしまう可能性も承知の上で、自分の偽りの無い気持ちを話そうと思っているのですが…やっぱり怖いですね。こればっかりは、相手の気持ち次第なので。3人とも魅力的で容姿も良く…いくらでも彼女を作れるでしょうから。。
    彼らは娘とも積極的に関わろうとしてくれますし(娘には友達だと言っています)、これからも一緒に歩いていきたい、離したくない…と言ってくれます。
    それが全て崩れてしまうかも…と思うと堪らなくて。
    最近悪い夢ばかり見てしまいます。

    生半可な気持ちであれば、わざわざこんな理解されにくい険しい道を選択はしない…と思います。
    打ち明けるのに必要な勇気と恐怖を思えば、何も言わずに今の関係を持続させたり、三股するほうが随分に容易なことだと感じてしまいます。

    こんなに、自然と未来が想像できて、大切にしたいと思える人に出会えるのも稀有なことだと思います。
    その温かい感情を、1人だけにしないと不誠実だろう。という一般的な考えで抑制して無理やり他の2人を排除してしまうのも、自然ではない気がしてならないのです。

    どなたかが仰っていたように、私は何かを育てたり、愛情を注ぐのが得意?というか、愛情のタンクが人より大きい
    気がします。どんどん溢れてくる感じで。そして愛情を注げばまた愛情が返ってきて、さらにたまっていくような…。

    前の夫も、娘も、発達障害があります。離婚するまで本当にいろいろありましたが、長い間一緒にいましたので、たくさん愛情ももらいましたし、彼のことを奥深くまで知るために真剣に向き合い努力もしてきました。勿論、浮気などもしていません。
    1人の人間と深く関係を構築する大変さも素晴らしさも、わかる気がします。
    昔はポリアモリーという形なんて思いつきもしなかったですから、複数愛なんて、本当に手探りで未知数です。
    どちらが良いか悪いかとか、括ることができないです。

    私の勝手な理想は…今の愛する男性3人と、私と、いつか同じマンションにそれぞれ住めたらなぁという願望です。
    たまに皆でウチに集まるのも楽しそう。
    3人はどこか気質も似ているし仕事熱心なのでとても良い影響を与え合えそう。皆がつながる事で、男性にもプラスになる循環が生まれてくれたら…とても幸せだと思ったり。
    娘にもオープンにして、いつでも遊びに来てほしいです。
    相手の自由を尊重する関係なので、もし誰かに他に好きな人が出来た時は、隠さず正直に話して欲しいし、合意の上でその彼女(彼氏?)と親しくすることも出来るかな、と想像しています。
    はじめは少し嫉妬もするかもですが。。
    そんなことを思い描くと、とてもワクワクするのです。
    ホントに夢物語ですね。
    正直相当に難しく、困難な事だとは思いますが。
    でもkouさんの言うとおり、本来恋愛は楽しいものだとも思っています。
    たぶん、根本がポジティブなのかもしれません笑

    踏み出すには、あと少し時間がかかりそう。
    人生後悔のないように、自分のこと、娘のこと、相手のこと、もう一度よく考えてみます。

    • クレセント
    • 2022年 11月 28日 19:22:20

    ポリアモリーという定義の中に収めようとするから、色々辛いんじゃないでしょうか?
    好きな人が複数いて楽しく恋愛している。
    それだけで十分なのでは?

    私も複数の人と恋愛してますが、そのことをオープンにする必要に、何の意味があるんだろう?と思います。
    逆に言わないでいる方が大人なのではないでしょうか。
    人に言えないような恋愛の一つも経験してない女性なんて、多分つまらないですよ。

    • こざる
    • 2022年 11月 28日 20:14:51

    もりかわさん!面白かった♪年貢米おさめます!
    ⊂⁠(⁠・⁠▽⁠・⁠⊂⁠)

    他の皆さんのコメントも興味深かったです。

    恋愛って、どういう恋愛であれ、大人として責任を取れば、周りがとやかく言うことではないと思っています。

    経済力も包容力もあれば、一妻多夫制があってもいいとは思いますが、なんか、機能しない気がします。結局女性って、その中の一番がいいじゃないですか。だから、無理かなーって思います。 
    アモリー属に会ったことがないので、そう思うのかもしれませんね。

    いろんな考えが出てきて面白いので更にコメント。

    私の周りには、奥さんの尻に引かれている男性がたくさんいます。仕事にも影響が出てしまう人も多いです。奥さんから電話が来ると、仕事中なのに慌てふためいています(笑)奥さんの言うことは絶対です。←そういうふうに見せていないけど、溢れ出ています。

    きっと、恋愛の勉強をしている、最強奥様たちがいっぱいいるんだろうなって、思います。

    でも、正直、そういう男性の姿はカッコ悪くて、見たくないです。奥様が電話をかけなくても、ちゃんとスケジューリングできて、奥様とコミュニケーションとれていて、家庭と両立してる男性もいるだけに、残念感が増します。

    そんなに旦那様を釘付けにしているんだから、仕事ができる旦那さんに見えるように、放っておけばいいのになーともったいなく思います。

    一夫多妻制の話からずれちゃったけど、結婚しても釘付けにしているのはすごいことなので、そこは尊敬しつつ、手放して頑張るところは頑張らせてる女性を見習いたいなーと思ってます。男性もカッコよく見えるし、何よりも奥様がカッコいい。

    • りら
    • 2022年 11月 29日 0:10:34

    この記事にいくつコメント書いてるんだ私…笑

    きなこさんの追加コメントを読みました。

    ポリアモリーのことはいまだにちゃんと理解出来てないと思うけど、そういう考え方もあるのだなぁということを知ることが出来て良かったです。

    • じーんちゃ
    • 2022年 11月 29日 0:28:54

    なんじゃそりゃ?
    と思いながら読み進めましたが、読み終えてもなんじゃそりゃ??
    という気持ちです。

    本当に欲しい恋愛の深度と、信頼関係とは。
    よくよく考えて、納得して、積み重ねて大切にしたいですね。一対一の恋愛をです。色んな人がいるからこそ、自分にも覚悟が必要ですね。

    さて、kouさん。
    私が恋愛したいのは職場の彼。
    停滞していた頃から、じわじわと仲良くなりまして、周りの人からもちらほらといい感じなの?2人よく一緒だね?みたいな声をかけられることもあります。

    職場の人間関係は仲良く、私は上司に可愛がられる
    タイプなのですが、彼との関係の変化に周りの人が気づき始めた頃から、可愛がってくれていた男性上司の数人からの態度が少し冷たくなったような??

    ポリアモリーとは少し違う話ではあるのですが、
    これって特定の人と仲良くなるのがやっぱり嫌なんですかねー??ちなみにその男性上司はもちろん、既婚者。お父さんもくしはお兄ちゃんのような感覚です。

    • レタス
    • 2022年 11月 29日 2:04:52

    なんかすごいですね…
    1人すらままならないので、遠い世界のことに感じますぞよ。

    並行する場面が生じるのも理解はできます。色んなバックグラウンドの人がいるし、会えるタイミングとかも色々ですもんね。

    ただ私は蠍座の女、蠍の星は一途な星なので?笑
    対象は1人になりがちだし、一度好きと思ったら長いです。5年くらい片思いみたいな笑 重いっ笑
    恐らく相手がよそ見するのは許せないと思うし、私にはポリアモリーは向いてなさそうです。

    • もりかわ
    • 2022年 11月 29日 6:00:53

    たむたむりん様へ
    わぁい♡たむたむりん様から褒められたぁ\(*^▽^*)/面白いって〜♡凄いって〜♡うふふ、やったぁ♡ありがとうござりまする♪
    語彙豊富で表現力豊かなたむたむりん様に言葉を失わせるわたくし、本当に凄いのやも(*゚∀゚*)?と、ちょっと調子に乗ってしまいそうでござりまする笑。

    浪花の女様へ
    うふふ♡わたくしも浪花の女様の、人の好意によく気付いて、的確に言葉にして伝えてくださる、きめ細やかで優しいところ、凄いなぁ、好きだなぁと思いまする(*´人`*)

    そうそう、Kou殿がブラタモリとかお茶目なことを言い出すので乗っかってしまい申した(*^▽^*)!面白いと思ってもらえてとっても嬉しゅうござりまする♪

    りら様へ
    わぁ!なんと!お仲間でござりまするか!
    お仲間がいると思うと少しホッといたしまする(*^人^*)

    そして、わたくし、りら様の胃袋掴んでしまいましてござりまするか〜!(違う)笑。

    ウソアモリーはわたくしだけと思い、少々自虐ネタ的に厳しく書いた部分もありますれば、自虐芸人ネタだと思って笑いながら気楽に読んでくださりませね♪

    多趣味でやりたいことがたくさんあるのは間違いなく良いことでござりまするし、過去の思い出を大事にするのも、愛情深さゆえで、なんら悪いことではありませぬもの(*^ω^*)!

    より良い未来のため、共に励みましょうぞ!

    豆苗大好き様へ
    わたくしの長文乱舞をすらすら読めるのは、豆苗大好き様の読解力が凄いというのもあると思いまする(*⁰▿⁰*)!

    他の場所とかでやるとこうは行かぬゆえに、Kou殿のブログに訪れし姫様方のレベルの高さをひしひしと感じまする(*^o^*)

    そして豆苗大好き様も仲間でござりまするか〜*\(^o^)/*やったぁ♪

    ふふ、こりゃ隠れウソアモリーの姫様もたくさんいらっしゃる気がいたしまするな(*゚∀゚*)!

    みんながそれぞれやりたいことを充実させたら、とてもキラキラな世界になりそうで楽しそうでござりまする(*≧∀≦*)!

    Kou殿にやる気の出る記事をたくさんちょうだい!とおねだりいたしましょうぞ!笑。

    天気のこりす様へ
    わぁい♡そのようにまで褒めていただけて嬉しゅうござりまする(*^ω^*)一気読みとは凄い!

    そして、貼り付けたポリ袋元記事が天気のこりす様のお役に立ったようで、たくさんのコメントの中から見つけ出した甲斐がありましてござりまする(*`・ω・´*)b

    こざる様へ
    あっ、こざる様にも面白いと言ってもらえてる!(*`・∀・´*)ヤッタ♪

    そして…

    >「恋愛って、どういう恋愛であれ、大人として責任を取れば、周りがとやかく言うことではないと思っています。」名言キター・:*+.\(( °ω° ))/.:+!!!

    確かに、おっしゃる通り、Kou殿が常々言っておられる納得感というのと繋がる、大事な考え方だなと思い、わたくし感動しましてござりまする(*^▽^*)!

    納得できる関係なら責任は取れるし、責任を取ると決めたら納得も出来る…みたいな、、!?

    こざる様のおかげで恋愛の勉強の深度がまた一段深くなったような気がいたしまする(*^ω^*)!

    • りら(もりかわさま)
    • 2022年 11月 29日 8:31:47

    お手紙ありがとうございます♪

    楽しく温かい言葉に掴まれた胃袋が緩みました 笑

    はい、ウソアモリーからの進化形を目指して、より良い未来のため共に励みましょう!!

    • たむたむりん(もりかわさま)
    • 2022年 11月 29日 11:07:40

    ほんとに凄く面白い!
    私、こんなにアモリー属種が存在しているとは知りませんでした(笑)

    ぜひ全種捕獲して、解説とともに学会で発表いたしましょう!!
    そして似ていてもアモリー種に属さないものもあるんですね((o(´∀`)o))ワクワク
    分類、見分けがし易いようにフローチャート作っちゃうとかもありかもしれません!
    その際にはぜひ何某かのお手伝いをば………!
    色々とウズウズしております(笑)

    あ、ちなみにKouさんは博愛主義者なの?と過去に彼女様におっしゃられたそうですが、アモリー属に該当いたしますかね???

    • れい
    • 2022年 11月 29日 14:40:11

    きなこさんは、とても魅力的な方だからこそ、そのように魅力的な男性たちを数多く惹きつけるのでしょう。

    お相手が好きになった女性たちとも仲良くしていけるという寛大な精神をお持ちで、無条件の愛というのでしょうか?

    私はレタスさんと同じで、蠍座の女で、独占欲や執着心が半端なく凄いです。好きな人に対しては、ずっと私だけを一生死ぬまで見ていてほしいと思ってしまいます。

    でもそれは表には出さないんですよね、涼しい顔して、心の中は嫉妬に狂ってました。そういうのでつもり積もってドカーンと出ちゃうんですよ。そしてゲームオーバー。

    私が見てきた例では、男女ともに、きなこさんのような自由恋愛OKな例は稀ですね。たいていは男が自由にして女性が苦しむパターンが多いです。

    ですが人間は本来みな自由であるべきだと思っています。なぜなら、善悪は別として、自分以外の人をコントロールすることは一切できないので、その人がそうしたいのであれば、誰も止めることができないんですね。

    この間、絶縁した女友達は、わたしにいつも、「こうしなさいああしなさい、これはやめたほうがいい」などと小言を言ってあまりにもウザかったので、ちょうど絶縁できてよかったです。

    思い返すと、私も今までの彼に小言を言ったりと、相当うざっかっただろうなと思い反省しています。重いですよね、、私もきなこさんのような、全てを認め包み込み赦すくらいの懐の大きい人間になりたいです。

    前の彼は、おそらくオープンリレーションシップをしたかったのだと思いますが、私にはずっと隠していました。でももう隠せなくなったのでしょう。他の女性の存在を自ら打ち明けました。しかもその打ち明け方が最悪で、私はとても馬鹿にされていると感じとても傷つき、半年間はまともに生活ができないほどでした。

    きなこさんが、もし打ち明けるならば、何かのついでに言うような物言いは絶対にしないでください。ほんとに傷つきます。人間は本来はそうあるべきだと思っています。なぜなら、善悪は別として、自分以外の人をコントロールすることは一切できないので、その人がそうしたいのであれば、誰も止めることができないんですね。

    この間、絶縁した女友達は、わたしにいつも、こうしなさいああしなさい、これはやめたほうがいい、などと小言を言ってあまりにもウザかったので、ちょうど絶縁できてよかったです。

    私も相手の男性をコントロールしようとして、窮屈にしてしまってきたと思います。今回の女友達との絶縁の件で、反面教師で自分もとても反省しました。

    以前の彼はきっとオープンリレーションシップをしたかったのでしょう。私にも隠しきれなくなったのでしょう。彼は自ら他の女性の存在を打ち明けましたが、その打ち明け方があまりにも適当というかショックで、約半年間、まともに生活ができないくらい傷つきました。立ち直るまで2年かかりました。

    きなこさんがもし打ち明けるとしても、決して何かのついでにさらっと匂わせたりするような言い方だけは絶対しないでください。傷つきます… その点だけ注意して真摯に誠実に対話をすることを、オススメいたします。(打ち明けられたことのある経験者より)

    • れい
    • 2022年 11月 29日 14:56:12

    ↑彼の打ち明け方は、伏線を張るというか、保身に走るというか、交換条件を出すというか、にんじんを私の目の前にぶら下げた状態で断れないであろう状態で、ねじ伏せようとしてきました。

    ズル賢いやり方かとは思いますが、彼のやり方は、成功するどころか私をどん底に突き落とし人間不信になり、かなり長い間、うつになりましたし傷つきました。

    打ち明けるならば、正々堂々と正直に誠実に失うこともいとわずに… そのほうがお互いにとってベストの結果が出ると思います。

    • 響子
    • 2022年 11月 29日 15:24:26

    正直、、
    『ポリアモリーの誠実さ』から、すでにきなこさんは外れていると思う。

    二人目や三人目の彼が出来た時、その時点で相手に正直に打ち明けて合意があるから
    『ポリアモリー的な誠実』
    でしょう。

    こんな関係を作ってしまってから打ち明けるのは、ただのエゴだと思いますよ… 。

    自分の悪いと思う気持ちは、三股を打ち明ければ楽になる。
    自分が楽になった分の辛さを今度は相手が背負います。

    そんな事のどこに誠実があるでしょう。

    それは誠実ではなくエゴと甘えです。

    他に不動の一位がいるか、無料の風俗嬢だと思ってその女性と接していたのでなければ、三股されて
    ああ~そうなんだ~
    四人で仲良くやれば良いよね~
    なんて男はまずいません。

    平気なのは、徹底的にその女性を一人の人間、女性として愛してない男性です。

    そうでない男性に三股してましたなんて打ち明ければ、傷つけて苦しめるだけです。

    あまり性癖という問題から誰も語っていませんが。

    他の男に自分の彼女が抱かれると、興奮して快感を得る性癖の男性でもない限り、本気で愛している女性を他の男と共有したいなんてまずないです。

    男性の性癖とか愛とか、そういう所から考える大人性というものが、本当にきなこさんにあるでしょうか。

    正直、恋愛と家族愛が感覚で混乱しているアダルトチルドレンという言葉が浮かびます。

    ある哲学者は言っています。
    思いやりとは、大人の思慮である。

    • れい
    • 2022年 11月 29日 16:34:33

    響子さんのコメントが真っ当すぎて泣いてしまいました。

    私は、あのとき本気で好きだった彼からポリアモリーを、あたかもそれが世の中の新基準であるように打ち明けられて、もがき苦しみました。完全に彼に洗脳されていたので、自分が古い考えの人間なんだと、自分は心が狭くて無条件の愛を与えることが出来なかったと、自分のことを責め続けました。何度も死んだ方がマシだから、安楽死する方法を真剣に調べていました。 

    あの時の自分が可哀想で居た堪れなくて、涙が止まりません。今は彼が本気で愛していなかった。ただそれだけだったと分かります。それに気づくまで2年もかかりました。あんな経験、一生したくないです。
     
    響子さん、ありがとうございました。

    • もりかわ たむたむりん様へ
    • 2022年 11月 29日 18:30:27

    おぉぉフローチャート作りとっても楽しそうでござりまする(*⁰▿⁰*)!
    うふふ、たむたむりん様もこういうの好きなのでござりまするな(*´∀`)人(´∀`*)イッショダー!

    よし、では、わたくし、アモリー属研究所の天才少女ハカセをやりまするゆえ、たむたむりん様は美人秘書として、スーツに眼鏡で指示棒持ってついてきてくださりませー(*≧∀≦*)!!笑

    ちなみに、Kou殿はもちろんアモリー属だと考えられまする(*`・∀・´*)!

    ブログ上でも、訪れる姫様のことをみんなそれぞれ大事な存在であり、女性ならみんな好き、女性だからみんな平等に大切だ、みたいなこと言っておられたように記憶しておりますれば、間違いなくアモリー属でござりまする!

    ただ、ポリアモリーではなくKou殿はマニアモリーだとわたくしは思いまする(*^▽^*)!

    <マニアモリー>
    異性を恋愛対象としてではなく、まるで崇拝すべきものかのように敬愛し、観察研究対象として興味関心を持ち、狂気的なまでに異性というものに熱中する特殊なマニアックタイプ。

    マニアゆえに、異性への知識を深めることそのものや、深めた知識を披露することに、えも言われぬ喜びと快感を覚え、さらなる高みを目指すことに命をかける。いわば超異性大好き人間。その探究心と情熱は止まることを知らず、時に変態とまで言われてしまう事例が確認されている。

    熱心すぎる異性保全活動家とも言えようか。

    なお、異性と恋愛関係に発展した場合、その恋愛対象の異性は研究対象としての異性というカテゴリーから外れるためか、恋愛対象の異性とは一対一の真剣交際を望む様子が見られる。

    交際中はいかに自分の研究成果が二人の良好な関係構築に貢献しているかと考えては内心ドヤっているが、このマニアックな取り組みの詳細を相手に打ち明け協力を乞うというようなことはせず、ごく普通の恋人同士であろうと努めるのだろうと推測される。

    ただし、褒められて気分が良くなったり、気が緩んだ時に、ポロリと溢れる異性への異常なまでの理解ある発言から、博愛主義、ポリアモリーの可能性を疑われるうっかり者の一面を持つ。Kou殿のブログで言うところの、武勇伝バカである。

    これらを踏まえ、男性のマニアモリーを一言でまとめるなら、”超女好きの変態武勇伝バカ”ということになろうか。(それはあまりにもあんまりだ)

    誰にも害を及ぼさない存在であるにもかかわらず、しょっちゅう勘違いされたり嫌悪されたりしてしまうため、現在確認されているアモリー属の中で最も不憫な存在である。

    ふふふ、こんなところでござりましょうか(*゚∀゚*)笑。

    アモリー属探し、楽しすぎる(*≧∀≦*)!!!笑

    • まきふみ→もりかわさま たむたむりんさま
    • 2022年 11月 29日 19:04:40

    もりかわさん たむたむりんさん 横入り失礼しますテテテ(((( ´・ω・`)

    【超女好きの変態武勇伝バカ】
    (*≧▽≦)ノシ))バンバン
    電車で腹筋強くしながら心で死ぬほど笑いましたꉂ(ˊᗜˋ*)
    ありがとうございます

    • りら
    • 2022年 11月 29日 19:26:33

    |´-`)チラッ
    私もちょっとだけ研究所見学

    新種の定義が出来ましたね〜♪

    私のツボは↓ここでした
    【狂気的なまでに異性というものに熱中する特殊なマニアックタイプ】

    一時期(愛情を込めて)変態と呼ばれていたことがあったような…ふふ

    研究活動、陰ながら応援してます!

    • まきふみ→れいさま
    • 2022年 11月 29日 19:39:38

    れいさん

    【例えば妊娠したときに誰の子かわからないというような状態になってしまいますよね。】

    文化人類学的には、子供の母親が誰か分かっていればいい、という究極母系制度もあります
    男子が戦争だの一年単位で帰ってこないまま死亡する確率が非常に高い為に、母系にしておいた方が系統が乱れないからという場合にあったりします(ベトナムの王家かどこかもそうだったと思います)
    男性はただの遺伝子プールです
    この形態だと女性が苦しむことは全然無いと思います

    一夫多妻も育児にくっそ忙しい時に誰か別の人が夫の性欲の相手をしてくれて便利ーみたいなとこもあるみたいですよ

    西洋的な一夫一婦制の舞台でも、父親が誰かわからない、をコメディにしたミュージカル映画もあります
    「マンマ・ミーア!」というメリル・ストリープ主演の楽しいコメディです
    これはポリアモリーではなく、短期間に次々失恋とフォールインラブした話なので、れいさんも辛くないストーリーと思います
    もし良かったら(*^^*)

    • るるん
    • 2022年 11月 29日 19:55:31

    もりかわさんのコメントがすごすぎる!!
    考察がハンパない(感激)
    該当コメントも貼り付けてくださり、感謝感謝です!
    ありがとうございます!

    • 響子 れいさん
    • 2022年 11月 29日 21:01:46

    れいさん。
    私にメッセージをありがとうございます
    (^ー^)

    お話を読んでいて、
    れいさんはとても苦しんだのだと思います。
    その当時、孤独だったと思います。

    言葉の定義という問題がありますが、、

    男性にとって恋と愛は違います。
    Kouさんが男性の愛はそう簡単には育たないと言うように、
    「昨日会った!はい!今日愛してる!」
    なんてないと思います(笑)

    それは恋でしょうし、恋はそうできます。

    男性は、恋と性欲の明確な境界線はないと思います。男性の場合、恋は女性より強い性欲を含みますから。

    その彼はれいさんに恋はしてたのだと思います。

    だけど、れいさんはその彼を愛していたのではないかしら。

    だから一生懸命理解しようとして、おかしくなってしまったんですね。

    献身的な愛だと思います。
    尊い愛です。

    今、れいさんが泣けたという事は、本当に消化するのが難しい悲しさがれいさんの中にあったのね。
    それを思うと私も胸が痛いです。

    泣くことで、また少し消化出来たと思いますが、焦らずに。

    その彼は、恋は出来ても愛せる能力に問題があったのかもしれません。

    薄い執着しかない恋であれば、それは一見無償の愛にも見えます。

    でも、本当にそれは愛でしょうか?

    女には女の情念という恐ろしいものがあります(笑)
    男性は女の情念を恐れますが。
    それだって愛です。
    あるものはあって良いじゃないですか。

    大抵、欲しいものには欲しくないものもくっついて来ます。

    女の情念、男の変態。
    相手に出しすぎなきゃ良いじゃ~ないの~
    で。

    「このどうしようもない男に何も期待する事なんかない!愛なんかないない
    (ヾノ・∀・`)」
    と女が本音では思って、自分なりの利用価値をその男性に探して付き合えば、それは形としては物凄く無償の愛に近いですよ(笑)

    ポンパドール夫人がそうじゃないかなと私は思っているんですが。

    愛してない方が、男性の思う無償の愛に近い。

    男性も心の底から誰かを愛してみてやっとわかる事もあると思います。

    それを経験してない男の戯れ言など、忘れて良いと思います。
    相手にしてやらなくて良いです。

    れいさんがおかしかったんじゃないです。

    彼が異形の人だった。

    いつか本当に、その愛でれいさんが自分を否定されなくなるまで、そう思っておきなされましまし。

    な~んて、、

    私は思います(*^-^*)ゞ

    • たむたむりん(もりかわさま)
    • 2022年 11月 29日 21:48:20

    『マニアモリー』

    なんとも歯がゆく切ないアモリー属の亜種。
    何なら王道正統派(?)のポリアモリーよりも遥か希少種かもしれません!!激レアです、激レア!!
    なのにこんなに大勢の姫様の目に止まっていらっしゃる辺りが何とも………!!
    しかし………【変態】て(笑)

    私めを美人秘書に!?
    やったーーーー(≧∇≦)最強のカホリ漂う四字熟語♡
    もちろん服装は紺色のタイトスカート(短め)スーツに開襟白無地シャツ!胸元のチラリズムを匂わせつつロングヘアをアップしてメガネは右手中指でクイッとあげさせていただきます!!(๑•̀ㅂ•́)و✧
    もちろん正確はツンデレ設定で。
    天才少女の右腕として、存分に使いまわして下さいませ!
    忙しくなるぞーー((o(´∀`)o))ワクワク

    • ににょこ
    • 2022年 11月 29日 22:06:00

    kouさん、皆さまこんばんは。

    こちらの記事で初めてポリアモリーについて知りましたので、自分なりに気になったことをまとめさせてください。

    いろんなご意見がありますが、個人的にはポリアモリーだと気づくまでに大きな葛藤や悩みがあったのでは…と感じました。
    きなこ様は御自身がポリアモリーであることに気づいたのは、何がキッカケだったのでしょうか。

    また、娘様がおられるとのことですが、この国ではポリアモリーという思想が馴染んでいないため娘様に今後与える影響はとても大きいように感じます。
    もしそのことがきっかけで娘様に嫌な影響(いじめ等)があったとき、どのようにして守るのでしょうか。
    その辺りのことが少し気になります。

    思想を否定するつもりはありませんので、ひとつの戯言として残させていただきます。

    • 美人秘書たむたむりん(自分で言うか)
    • 2022年 11月 30日 8:41:03

    私………【変態】、嫌いじゃないです♡

    そして気が付いた

    正確✕

    性格○

    でした〜(TдT)

    • 天才少女もりかわ所長 (自分で言うか)
    • 2022年 12月 01日 5:53:34

    まきふみ様へ
    ふふ、移動中のまきふみ様の笑いのツボにクリーンヒットしてしまいましてござりまするか(*≧∀≦*)!

    笑ってはいけないという状況は、面白さ倍増してしまうゆえに、まきふみ様の腹筋が大変だったであろうこと想像に難くなく、わたくしも、うつり笑いしてしまい申した(*^w^*)
    楽しんで読んでもらえて嬉しゅうござりまする!

    りら様へ
    わぁ、応援ありがとうござりまする*\(^o^)/*

    >一時期(愛情を込めて)変態と呼ばれていたことがあったような…ふふ

    ね!ありましたよね(*゚∀゚*)!はじめてKou殿に対し変態の称号を贈っておられる先輩姫様たちの楽しげなコメントを見た時は、さすがだなぁと感動した覚えがありまする(*^ω^*)

    そしてりら様の笑いのツボもくすぐれたようで嬉しゅうござりまする(*≧∀≦*)♪

    当研究所は誰でも出入り自由、見学自由でござりまするゆえに、どうぞどうぞごゆっくり楽しんでいってくださりませ(о´∀`о)ノ!

    るるん様へ
    感激だなんてそんなそんな!(*≧///≦*)テレテレ
    わたくしのようなウソアモリーは、そこに存在しないものをあたかも有るように見せるのが得意なだけでござりまするゆえに…笑。

    そして、ポリ袋元ネタ記事の貼り付け、るるん様のお役に立てたみたいでわたくしも嬉しゅうござりまする(*^ω^*)♡

    たむたむりん様へ
    そうそう!マニアモリーはもう、激レア中の激レア!ツチノコクラスでござりまする(*≧∀≦*)!
    それがこんなに多くの女性に囲まれているなんて、面白ろすぎまするよね(*≧w≦*)!!

    わたくしは、レア物を大事にしたい気持ちと、研究対象として徹底的にいじくりまわしたい気持ちがせめぎ合って、胸がドキドキしてしまいまする(*´Д`*)ハァハァ(あぶないタイプの天才や…!)笑

    そして、おねーさんの色気たっぷりなツンデレ美人秘書…♡最高でござりまする(*´人`*)さすがたむたむりん様!分かってらっしゃる(*≧∀≦*)ステキ♡

    Kou殿を当研究所のスポンサーとして引き込むべく頑張りましょうぞ(*^▽^*)o!

    • はにー。
    • 2022年 12月 03日 21:01:24

    この記事読んだ時。
    何度も書いては消して、を繰り返してました。

    お姫様が悪いとか誹謗中傷ではなく、私が想うことを書き残します(,,• •,,)

    ‧˚₊*̥⭐

    3人同時に同じ位好きでいられるのか、は未経験だからわかりません。
    言葉も初めて聞きました。

    確かに性的な関係なら相互補完でありえる世界?
    ┃˙꒳​˙)コッソリ

    ただ、心を中心で考えた時に。

    怖いのかなと思いました。
    1歩踏み込むことへの抵抗感。。

    娘さんがいらっしゃるというのは、離婚されてるor未婚のお母さまですよね?

    だから一度大きな傷を負ってるのかなって読みました。

    そう思ったら、うまく心のバランス保つために3人の彼氏さんはありかもしれません。

    でも。
    娘さんが、いつか同じことしたら…?

    高校生くらいになった時に、性体験し始めた頃に
    (3人同時に体の関係あるんだよね)
    って言われて賛成できるのかなぁ(ó﹏ò。)

    『一人の人と向き合いなさい
    自分の体は大切にしなさい』

    そう言ってあげたい…

    そう自分に置き換えて思ったら、んー複雑になっちゃって。

    ‧˚₊*̥⭐

    一人の人と本気で向き合うって怖いです。
    私も婚約までした人とお別れしてるから
    また同じことなったら…って恐怖でしかないです。

    でも今のだーりんと恋をしました。
    愛に変わりつつあります。

    ノロケあまり書いてないけど
    (´,,•ω•,,` )

    怖いって伝えることも抵抗あったけど
    怖いってこの前初めて言いました。
    ううん、言えました。

    真剣に向き合ったら傷つくこともいっぱい増えます。
    こわい。
    でも踏み込む勇気を少し持てはじめてます。

    夜話のところにも通じる気がします。

    わたしはだーりん、たった一人の彼から全力で愛されたいです。
    だーりんはいいところばかりじゃない。
    でも私も完全な人間じゃない。
    もっと素敵な女性になりたくて、
    素敵な恋人関係になりたくて。
    だからブログ読んでます。

    • goodgirl
    • 2022年 12月 06日 23:54:37

    わたしもKouさんと同じ考えかな。

    それぞれ異なる魅力がある男性に同時期に出会って、どちらも選べないという気持ちはわかります。

    でも、複数の方を相手にすると補完してしまうのですよね。人には欠点も必ずありますから、それと対峙しなくてもよくなるし、出来事にしたってそうです。
    逃げる場所ができる。リスク分散とでもいいましょうか…

    一人と向き合うことのスゴさには、結局のかなわない気がします。

    そして、同じ価値観のお相手に複数の方出会うのも難しいことだろうから、結局誰かか納得できない関係になる気がします。

    • sakura
    • 2022年 12月 11日 18:11:07

    難しいテーマですね。。
    私自身、無知で初めて知りましたので色々と検索しました。

    私なりに感じることは、1対1の恋愛であっても、複数人と真剣なお付き合いをするにしても、相手への思いやりや配慮、誠意を持つことは共通の意識だということ。

    相手の男性達が同じ意識でないとポリアモリーって成り立ちませんよね。
    日本では知名度が無さそうなのと、ポリアモリーの方もまだ少ないでしょうから、下手すると姫様が男性達に真剣に好きだと言っても三股してたと思われちゃいそう。
    というより、、思っちゃいますよね(゚o゚;;

    色々な愛の形があることは否定しませんが、日本では珍しい恋愛の形だと思うので、より相手への配慮は必要不可欠なのかなと感じました。

    • ほたる。。
    • 2022年 12月 18日 9:01:41

    KOUさん

    心に沁みました。

    〜1対1で恋愛をしている人たちは、その人と生きると決めた時点でできなくなることや、得られなくなることも含めて受け入れているわけです。〜

    本当にそうだと思います。
    ありがとうございます。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント