恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

男が教えるモテる女の恋愛技法

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

訓練のススメ(8):小さな成功体験

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

またまた訓練のススメシリーズです。

これまで訓練の必要性について話をしてきました。

訓練のススメ(1)

訓練のススメ(2):経験の有無

訓練のススメ(3):心の準備

訓練のススメ(4):しつけ

訓練のススメ(5):機能させる方法

訓練のススメ(6):百人組手

訓練のススメ(7):イメトレ

 

前回のイメトレの記事にもらったコメントで、非常にいい内容のものがありました。

読んでいてリアルに想像できる内容なんです(^^

訓練のススメ(7):イメトレ

もにょりんごさんより:

このブログの悪いことのイメージについての話で、子どもの頃に経験したことを思い出したのでコメントしてみます。

私は運動が苦手で、大体の運動は普通より少しできないくらいでとにかく体育が苦手で嫌いでした。
ドッジボールでもいつも逃げ回ってばかりで、当てやすい人として速いボールを投げる人に狙われていたと思います。

いつもはボールに触ろうともせずにただひたすら逃げまくるんですけど、あるとき突然、やったことないだけで取ろうとしてみたら意外と取れるんじゃないか?とふと思ったんです。
そして自分にボールが飛んできたときに、避けるのではなく初めて受け止めることに挑戦しました。
そしたらすっごく簡単に成功したんです。

えっ、なんだ…こんなもんだったんだ!
やろうと思えばできたのに、できないと思って逃げてただけなんだ。できないと思ったこともとりあえず挑戦してみたら案外できてしまうものなのかもな。と、このときに強く思ったことを覚えています。
この出来事があってから、ドッジボールの玉は取れそうなら取りに行くようにして、避けるほうが得策なら避けるようになりました。
もちろん受け止めるのに失敗することもありました。
でもただ避けているより、挑戦して取れないほうがずっと楽しいし、悔しいけどやり切った感がありました。

ドッジボールだけでなく、人生においても、無理だと思わずにまずは挑戦してみようとこのときのドッジボールから思考が変わったと自分自身で強く感じています。

このブログの話は、この感覚に似てるなぁと思ってコメントしてみました(^^)

分かります。すごくよく分かります。

なぜなら僕もドッジボールというのは大嫌いで、本当に逃げ回る一方でしたから。世の中には器用なやつもいて、ボールを持って目線を前に向けてまっすぐ投げるように見せかけて、視線上にはいないはずの僕の方にボールを投げつけてくるようなマネができる人がいるんですよね(笑)。

こりゃ無理だなと思って逃げ回った記憶があります。最後の一人になるケースがよくありました(^^;

 

このもにょりんごさんのコメントで最も重要なのは、苦手で怖がっているのは実は先入観でしかなくて、挑戦したら何とかなるのかもしれないと考えることによって違う展開が見えてきたことですね。

そうです。やってみたら案外できたりするんです(^^

やらないうちから、できないと思っているからできない状態がずっと続くんですよね。

 

しかし僕がこのコメントを読んでもっといいなと思ったことがあるんです。

それは、小さな成功体験の威力です。

ボールをただの1回でもキャッチすることができたら、それは紛れもなく成功体験になり得ます。

成功体験を得る前と後では、紀元前と紀元後くらいの違いがあります。

一度も取ったことがないと、ドッジボールは逃げ惑うゲームになります。ボールは当てられたら痛いだけで、嫌な遊びなんです(^^;

自分に飛んできたボールをジャストミートでキャッチして投げ返すとかいう芸当は、とても自分にはできる気がしない超人芸のように見えてしまいます。

ところが一度でもボールを取ることができたら、さっきまで超人芸だと思えていたことが、実はそこまで難しいことではなかったということが分かるようになります。少なくともできる気がしないという感覚は消えていきますよね。

たった1回の成功体験だけで、次も絶対できるというものすごい自信になるとは言いませんが、明らかに見え方が変わってくるのは間違いありません。

 

恋愛でも小さな成功体験は大事です。

滝壺に飛び込む遊びでも、小さな成功体験を積まないでいきなり挑戦すると失敗するそうです。

少しずつ慣らしていく方が、動きもよくなって成功確率も上がりそうですよね。

 

恋愛の勉強でやってほしいのも、実はこの成功体験なのかもしれません。

実地での成功体験を得られるのが一番であるのは間違いありませんが、そもそもその機会がないという女性もたくさんいます。

リアルの現場に直面したら、成功体験の練習をする前にもうそれが本番みたいになってしまうわけです。

 

ドッジボールの例でも、自分と同じように逃げ回っていた子がちょっと頑張ったらキャッチできてしまったというシーンを目撃すると、それが小さな成功体験になるかもしれません。あの子にできたのなら私にもできるんじゃ・・・と思うことから一歩が始まります。

ここでそういう場も作れるといいですね。

 

「弱者の戦略」は今月末に98,000円(税込107,800円)に価格改定します。

実践・恋愛技法「一、弱者の戦略」

「弱者の戦略」の現行価格での提供は、2022年1月31日までです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (17)

    • rariio
    • 2022年 1月 19日 8:12:49

    やれば出来るという言葉を信じています。
    やらないから、いつまでも出来ないまま。
    でも失敗が怖いのです。失敗で傷付くのが怖いのです。
    酷く叱られたりします。

    昔、魚を上手に捌きたくて「100匹捌けば、そのうちカタチになるでしょう」とやりました。
    失敗しても叱られないし、それなりに調理法もある。
    手を切るのは痛いけれど、治るし。
    今では鮭も捌きます。

    練習と成功体験を積み重ねたいです。

    • ROXANNE
    • 2022年 1月 19日 8:38:29

    Kouさん、おはようございます。

    ドッジボールが嫌いで逃げ回る一方とは…とても意外な感じがします。
    勝手に親近感を覚えました(笑

    「ボールを持って目線を前に向けてまっすぐ投げるように見せかけて、
    視線上にはいないはずの僕の方にボールを投げつけてくるようなマネが
    できる人がいるんですよね(笑)。」

    これぞ、モテる女の恋愛技法っぽいですよね?(笑
    深読みしすぎでしょうか。
    今日も良い一日をおすごしください。

    • 浪花の女
    • 2022年 1月 19日 8:56:28

    ドッジボールは、私も逃げっぱなし。
    一度球を取ったことはありますが(←今でも覚えているほどの奇跡)、その次からも踏み出せなかった。
    私は、運動が出来ません(・д・)ノ
    と、堂々としたものです。
    私のせいで負けたと思われないのなら、チームが勝っても負けてもどうでもよかったです。

    でも、最近動けるんですよね。
    失敗を失敗と思わなくなったからかな。
    同年代の人達と我を忘れて球技をすることもあります。
    楽しいです。

    恋愛は、私が弱かろうがなんだろうが絶対負けたくなかったから、頑張れました。
    負けたくないというのは、今となっては、「この素敵な恋愛を終わりにしたくない」「充実させたい」ですが、ボロボロだった当時は「私を潰したくない」でした。

    いくつもの「彼は惚れるべき男か?」「私、何やってんだろ」「斬る!」を乗り越えて、「楽しい」を重ねて、今日に至ります。

    今もまだ彼とのことで尻込みするような事案はあるのですが、
    今までの葛藤や闘いに比べたら、とても低いハードルに思えています。
    まぁ、私ならなんとか越えられるでしょう。

    • アラココア
    • 2022年 1月 19日 10:16:23

    私はコミュニケーションに苦手意識がありました。

    苦手だと思い込んで避けて、避けてれば問題は起きないと思ってましたが、逆でした。避けてるから余計な問題が起きる(笑)

    今までを振り返って、仕事でお客さんとはコミュニケーション出来てた事に気づき、自分にも出来てる時があったじゃん!と。

    まずは家族とのコミュニケーション。
    最初は朝の挨拶だけでも毎日ちゃんとしようと決めて、そこからここ2週間くらいで両親との会話も増えました。

    しばらく連絡を取っていなかった友人から、年賀状が届いたのをきっかけに、自分から連絡してみたりと。

    少しづつ良くなってきています!

    Kouさん、皆さん、今日もありがとうございます♡

    • コロネパンは美味しい!!
    • 2022年 1月 19日 10:19:45

    わ、わかるー。
    私も今総務みたいな事をしているのですが
    計算や数字が絡まない事はある程度できるのに
    数字が入ると 苦手意識で思考が停止しミス頻繁。

    社長には、
    コロネはできるんだから、やってみな。
    やらないからできないんだよ。

    って言われてるので 死ぬ気でやってます。。

    悪いイメトレも苦手意識もなんか似てるかも。

    ひとつの事が連鎖したり、
    同じ状況、似たような状況になると
    途端に向き合うことを恐れるわたし。

    遊びだと言われた訳でもないのに
    自分から この人に私は弄ばれてるんだ〜
    ワタシハナニモカワレテナイって落ち込む日々

    ば、馬鹿らしく思える、、、、( ̄▽ ̄;)

    別に、遊ばれてなくない?

    今思えばそう言えるけど。

    成功体験が私にはもっともっともっと必要です。
    その場欲しい。

    • たむたむりん
    • 2022年 1月 19日 12:18:52

    小さな成功体験、確かに大事ですよね。そこから自信が積み重なっていく。
    子供達を見ていてもそう思います。

    私もちゃんと、少しずつ経験を積み重ねて増やしていきたいです。
    待ってます!

    • キジトラにゃんこ
    • 2022年 1月 19日 12:59:39

    Kouさん♪もにょりんごさん♪

    ドッジボールのお話、とても分かりやすかったです。

    小さな成功体験を積み重ねることで、自信がつくし自己肯定感も上がりますよね~。

    お箸の持ち方を矯正した時と同じ位、苦労することを覚悟していましたが、正しいペンの持ち方、思いの外あっさりと克服できそうです♪

    お箸を正しく持てれば、ペンに応用が効くんですねぇ。知りませんでした。美文字はまだかかりますが 笑

    恋愛の成功体験も応用ですよね?元彼に通用しても、今彼には通用しないこともあるし。

    アレンジして今彼に合う方法を模索したりするのが楽しい♪(*^^*)

    ひとつKouさん♪に質問です。

    今の彼のことではないのですが、男性って過去の栄光にすがると言うか…ワンパターンですよね 笑

    元カノが喜んだことを繰り返す…( ´-`)デートの場所とか。裏が透けて見えるからモヤっとすることがありました 笑

    でも当時は「折角彼が行動してくれたんだから、文句を言うのは違うよね」と何も言わず。

    男性の成功体験から起こす行動が、私の意に添わない場合、拒絶すると彼の成功体験を揺るがす事態になりませんか?

    自信を失くして行動できなくなるのでは?
    デートに誘われなくなる原因になりそうですね。

    • きゅんきゅん
    • 2022年 1月 19日 13:17:53

     kouさん
     こんにちは

     きゅんきゅんです

     kouさん♡ありがとうございます
     訓練のススメ
     kouさんのブログ、女性の証人や弱者な戦略など
     そして、なりよりも姫さまがたの経験や想い

     最近はいつも以上に読書に夢中になっています。そこで感じる想いと同じような感覚があり、kouさんや姫さまたちのメッセージ、テレビを観て、だれかの話をきく、それらのどれにもすごく敏感に反応してしてしまっています。読書と同じですね。小説を読んでいるときのような、モヤモヤ感だったり、共感したり、うらやましい、かなしい、悔しい…さまざまな思い、疑似体験をさせてもらっています。
     私は本を読むときは、一言一句を逃さず、という感じで、けっこう真剣に読んでいます。kouさんや姫さまのメッセージも、同様に読み込まないともったいないなぁ、と。今まで流して読んでしまっていたこともあり、そこは猛反省中です。
     こんなにまじめに、そしてまめにメールをチェックするなんて、kouさんのここしかありません。貪欲にはりきって、何より楽しんで勉強します。
     

    • ノブちゃん
    • 2022年 1月 19日 14:27:05

    ほんと、よくわかります!

    成功体験がないと、私は、今の仕事は続けていられないと思っています。

    ただ、これって、たとえ些細なことであっても、小さなことであっても、いいのだと思えています。

    勿論、大きく大成功のときも稀にあるのですが、これはこれでまた、自分のそれまでの頑張りや成長が、自分自身で発見できて、嬉しさや感動は些細な成功より、もっともっと大きく感じられています。

    ちっとも上手くいかない時も多々あるのだけれど、良い変化が少しずつでもみられると物凄く、めちゃくちゃ、心が救われてくるものなのです。

    自分のやり続けてきたことは、正しかったんだなぁって思えてくるから。

    私のこれまでの体験から思うことは、少しずつでも成功体験が増えていくと、失敗することへの恐れなど、ひと昔ほど、そこまで、あまり怖くなくなってるように思えてきているのです。

    どーんと、余裕が出てきてて、心が強くなれてきてるような感じです。

    成功体験じたいが、もうそのまま、自分への自己承認できてるかもしれないです。自分で自分へ、女性の承認(笑)って感じられてるかもです(*^-^*) 

    成功も細々とはしているけれど、それ以上に、失敗のほうが圧倒的に多いのですが、だけど、その失敗すらも、ダメージの大きさにもよるのだけれど・・(;^ω^) ある程度の失敗といいますか、上手くいかなかったことも有る程度、こんな時もあるよね♪って思えるようにもなってきてて、それらも、自分でどうにかこうにか消化できるようになってきています。

    ある程度のリスクも受け入れられてきている?という感じなのかもしれないです。

    ひとつの大きな成功の裏には、いくつもの失敗やダメージは付きものなのかなぁとも思えたりもしてます。

    まぁ、だけど、私なんかより、どんどんお仕事うまくいってる人って、こういうのをとうに超えられてて、もっともっと、成功の加速が止まらないんだろうなぁなんて、思ったりはしています。

    KOUさんも?きっとそういう域なんですよね。。(n*´ω`*n)?

    • goodgirl
    • 2022年 1月 19日 17:45:54

    ドッジボール、わたしも苦手でした。 

    いっつも逃げ回って、へなちょこなボールにも当たってしまう…ビビってましたね。

    ビビらなければ、やれたのかもなぁ…
    練習するとか? 全然思いつかなかったですけどね。

    • まき
    • 2022年 1月 19日 17:53:35

    思わず共感です。

    わたしも、ドッジボールで似たような経験あります笑。

    運動がめちゃくちゃ苦手で、学年でもだいたいビリクラスでした。

    ドッジボールでも、こわいと逃げ回ってたんだけど、至近距離から当てられそうになったので、何も考えず咄嗟に受けたらキャッチしてました笑。

    けっこう強い人からのボールだった事や、いつも逃げてるわたしが取ったので、周りから「おー」と歓声があがったのを覚えてます笑。

    そう。
    でもわたしはその後、大人になるに連れてその感覚は忘れてました。
    ある時、退職の挨拶メールをお世話になった方に送るかどうか迷っていて(挨拶はするものの、メールまで送ることに抵抗があったんです)。

    でも、偶然同じ日に辞める同僚から、「なんで?(送れば良いのに)」と一言言われて思わず、あ!と思いました。

    そしてメールしたら、すごく喜んでくれました。
    それからは、たいてい何かしよう、これ良さそうと思ったらやってみています。

    たとえば、距離感が微妙と思う方への連絡とか(好きな人に限らず)。

    自分の送別会を後輩に頼んだ事もありました。
    後輩は、何か感じたらしく、私のために密かにみんなの写真をグループごとに撮ってくれて、わたしのミニアルバムまで作ってくれました。え?こんな人も?と思うような偉い人も映ってました笑。

    何かちょっとした行動を自分でした事による、成功体験は積み重なってる気がします。だから楽しいです笑

    • ときん
    • 2022年 1月 19日 19:50:38

    昨年の夏に、数年連絡を取っていなかった男性に勇気を振り絞って連絡をしました。
    返信がこなかったら、綺麗さっぱり連絡先を消去する予定でした。
    しかし、すぐに返信が返ってきて、一緒にご飯を食べに行くことができました。
    先日も、私はすっかり彼のことを忘れていたのですが、彼からお誘いの連絡がありました。

    …今までの私だったら、しばらく連絡を取っていない人に自分から連絡するなんて、ありえない話でした。
    でも、勇気を振り絞って正解でした。
    今後もこういう小さな成功体験を、コツコツ積み上げられたらいいなぁと思います。

    • 2022年 1月 20日 2:27:38

    私の最近の成功体験は、好きな男性に甘えることができたことです。その男性と、1年ほどかけて、10回以上デートをした後も、自立心が強い人間同士で、お互いを尊重し合い、中々歩み寄れず、私は彼に何かを頼んだことがありませんでした。ですが、ある時、彼が見舞いに来てくれ、帰った後に、「またすぐにお見舞いに行くから、次は何が食べたい?」と尋いてくれ、「ドーナツ」と答えると、2度目の見舞いでたくさんの種類のドーナツを買ってきて、1種類ずつ千切って口に入れてくれました。その時、例にあった、ドッジボールの球を取れた時のような心境の変化があり、私はその日初めて、「背中を拭いてくれない?」と、自分から何かをお願いできました。彼の腕に体を纏わり付かせながら、上目遣いで彼の名前を呼んで、お願いしました。そのやり方を、先日、これまでで2度目の、もう少し大きなお願いをする時にも使って成功し、心がまた少し開かれました。嬉しいです。これ以外にも、Kouさんとこちらで勉強しているおかげで、感動する恋愛の瞬間がたくさんあります。いつも、ありがとうございます。

    • ゆい
    • 2022年 1月 20日 7:48:17

    なるほどー♡
    そうでした、これは練習で成功体験を積むためのものだったんだ。

    背中押していただきました!
    ありがとうございます。

    • さくら子✿
    • 2022年 1月 20日 13:17:40

    ドッチボール、私も大嫌いです
    同じく逃げ回って最後の一人になります(^_^;

    成功体験...そういえば最近はしてないなぁと思いながら読んでいました。
    でも確かに元カノのとき、
    超大げさに喜んでみせたら、嬉しそうになってるのをみて「やったコレだ♪」と思いました。
    元カレは天邪鬼だし絶対顔に出さないタイプなので苦労しました。
    訓練された今はすっかり身について、アプローチしてくれる彼には余裕でできています。

    • もにょりんご
    • 2022年 1月 20日 14:08:47

    こんにちは。
    コメント取り上げて頂いてる!
    ありがとうございます(^^)

    (いつも取り上げて頂いたときに限って忙しくて気付くのが数日遅れなのが切ないです^^;)

    まきさんのコメント…私もです!
    そのとき、周りが「おー!」ってなりました。笑
    思わず共感してしまいました。

    あと、他の方のコメントを読んでいて思い出した成功体験がありましたので、ついでに書かせてもらいます。笑

    私、子どもの頃は引っ込み思案で、周りからは大人しい子っていつも言われているような子でした。
    人見知りも結構あったんですけど、高校生のときにセブンイレブンでアルバイトを始めました。

    そのとき、いつもほとんどシフトが一緒になる同じ年の子がいて…
    9時〜17時まで一緒に働いているのに一言も話しかけれないで、1日が過ぎていく…ということが1年位続きました。笑

    いつもアルバイトに行ったら、頭の中でなんて話しかけようって考えて、これはどうかな?って思いついたらその言葉をどのタイミングで発するか…ずーっと考えて1日が終わっていたんです。笑

    1年位過ぎたある時、ついにその子に話しかけました!
    その子は人見知りするタイプではなかったと思うんですけど、私があまりに話しかけないからどうしていいかわからなかったんでしょうね^^;
    それからは毎回その子とアルバイトのときは、お話するようになって。
    似てる趣味がいっぱいあることを知って、めっっちゃくちゃ仲良くなりました。笑
    なんで私たち1年話さなかったんだろうねってよく話してました^^;

    その子と話をしたことがキッカケで、話しかけたらちゃんと話に答えてくれるんだってことがわかって、私たちのシフトの時間は新人さんの研修タイムでもあったので、少し先輩の私が新人さんに教育というほどのことでもないですが、掃除の仕方などを教えてあげていたのですが、その人たちにも世間話をして話しかけられるようになっていました。
    (それまでは、仕事以外の話は全くしませんでした。)

    その前に働いていたお店でも、仕事以外の話は一切せずに働いていたので私の中ではかなりの革命が起きた出来事でした。

    それからは、お客さんとして訪れたお店でも店員さんによっては世間話をすると乗ってくれて楽しく会話できる方もいらっしゃいますよね。
    そういう方と他愛もない会話で盛り上がれる程度にはコミュニケーション能力は上昇したと思います。

    恋愛の成功体験も含めて、人生の成功体験って実はどこでも体験する場はあって、そこに自分が足を踏み入れるか、そのままにするかで変わってくるんだろうなって思いました。

    誰でも実はよく探すとこういう体験しているのかもしれないですし、ほんとに用心深い方はこういうときに足を踏み入れることができなかった方なのかもしれないなと…だったら、人の成功体験を聞くことで恋愛以外の場でも自身に今がタイミングだなってときが来たら意識して足を踏み入れる勇気を出せたら少しずつ変わって行くのかもしれないですね。

    男性耐性に対しても同じように経験ことはありますね(^^)
    初めての彼氏ができたとき、それまで大人しかったのもあってあんまり同級生くらいの男の子と話をしたことがえりませんでした。
    でもその彼氏は積極的に話しかけに来てくれて、私の話を最後まで聞いてくれました。

    それまでは、男の人は私の話なんか楽しくないだろうからそんなに長く話したら心の中で嫌がられるんだろうなって思って生きていたので、
    男の人も女の人(女ともだち)と変わんないじゃん。って気づけた瞬間でした。

    それまでは、男の人に話しかけられても、話を早めに終わらせたり広げないようにしてきたんですけど、嫌がられるんじゃないかと考えなくなりました。

    実際、その彼氏は何股もするような女たらしだったので、全然いい男でも何でもなかったんですけど、私の考え方を変えるきっかけを与えてくれたという意味では感謝しています。

    なんか、いろいろ長くなりましたが、小さな経験と足を踏み入れることができるのか、もし足を踏み入れて成功した場合、それを成功体験として自分の自信に繋げられるのかが大事なのかなぁと思いました。

    • ペルシャねこ
    • 2023年 10月 14日 23:50:28

    ドッジボール大嫌いでした。
    人にボールぶつけて喜ぶとかどうかしてると思ってました笑
    得意な人、生き生きする人いますよね。
    わざわざ休み時間にしたり。
    体育以外で参加したことありません。
    やっぱりわたしは自分が望んだことしかしたくないんですねー

最近のコメント