恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

まずアナウンスです。

12時間レッスン2021の正規レッスンが始まります。いまだにメルマガに登録せずにブログだけ読んでいるという不届き者がいるかもしれないので、改めて案内を出しています。

いや本当にしつこいと思う人もいると思います(^^;

でも、本当に後になって出てくるんですよ。もっとちゃんと知らせてほしかったとか、踏ん切りがつかなかったとか(笑)。

踏ん切りがつかないのなら、再三に渡って僕がしつこくきっかけを与えてやるしかありません。

メルマガに登録するなら、今です。

今は僕は毎日メルマガ登録申請の審査をして、ほぼ即日に近い感じで登録しています。しかしレッスンが始まったらそうはいきません。せっかく登録申請してもらっても、何週間も待たせることになるかもしれません。場合によっては12時間レッスンが終了するまで登録申請を止めるかもしれません。

12時間レッスンは、メルマガに登録していなければ解答編を読むことはできません。予備講義と違って、パスワード申請の案内はメルマガでしか出しません。しかも1回だけです。

うっかり受け取り損ねたら、基本的にもうアウトです。

仮に12時間レッスンに参加するつもりがないのだとしても、とりあえず登録しておくことで雰囲気は味わえます。

 

それから、過去に僕のメルマガを読んでいてメルマガを解除した状態でブログを読んでいる女性が、実は結構たくさんいます。

なぜそんなことが分かるのかというと、

再登録して、久しぶりに12時間レッスンに参加したいです!

と言ってくる女性が跡を絶たないからです。

いいと思うんです、そういう理由でも。ぜひまた再登録してください。

コメントを書いたり、僕にメールをしてきたことがある女性の場合、結構な確率で僕は覚えています(^^

また読んでもらえるのは僕にとっても嬉しいことです。

まあとにかく時間がないので、早く登録申請を出してください。あるいは過去にメルマガ登録をしていた場合は、僕に直接メールしてください。

 

では本題です(^^

遅くなりましたが、こちらの予備講義の記事で触れたとおりで、今回の12時間レッスン2021では「女性の承認」の参加者に限定して基礎補習をやります。

12時間レッスン2021:予備講義 礼儀

原則として12時間レッスンは問題と解答編のワンセットで解決するように作るので、解答編を書いた時点では僕は全力を出しています。

その上で解答編がどうしても理解できないとか、解答編を読んで新たに出てきた疑問などについて補足説明をする機会を作りたいと思いました。

解答編についているコメントを読みながら、別の視点で解釈を入れたいと思うこともあります。

基本的には基礎補習なのですが、+αになり得るものを含む可能性があります。

この基礎補習は、12時間レッスンの全ての参加者に例外なく必要なものではありません。予備講義の解答編を見てもらっても分かるとおりで、僕は解答編はそのときの全てを込めて書いています(^^;

つまり解答編で事足りる人は無理に基礎補習まで参加する必要はないということです。

 

たとえば基礎補習として考えられるのはどんなものかというと、今回の予備講義の礼儀で言えば、

  • 「尊重と愛情の違い」
  • 「何をどうしたら尊重と言えるのか」
  • 「そもそも尊重とはどういう意味なのか」

といったものです。もはやここまで来るとレッスンのテーマとは離れてしまうので解答編ではそこまで細かい話はしていません。

しかし恋愛の勉強をしている女性の中には、前提となる予備知識が必ずしも十分ではなく、解答編の読解に非常に時間がかかったり、全く間違って捉えてしまうような人もいます。

「女性の承認」は恋愛の勉強の土台作りのためにあるものなので、ある意味うってつけだと言えます。

 

基礎補習では、用意したページに僕がコメントで補足説明を書いていきます。

「弱者の戦略」でやっているようなリアルタイムコメント回答ではありませんので、僕がコメント欄で会話をすることはまずありませんが、明らかに説明が必要だと思われる質問や疑問などはフォローしようかと思っています。

何というか、あると思うんですよね。

実はもっと聞いておきたいごく基本的なことです。

レッスンの一コマを終えて、解答編の内容に圧倒されたという女性はたくさんいます(^^

しかし解答編がすごいのは分かったけれども、実はもっと前段で躓いていたりして聞くに聞きづらい初歩的なこともあると思います。

 

予備講義の「礼儀」のみ、この記事でその基礎補習を公開状態で書きます。

明日から1時限目を出すので、1時限目以降の基礎補習は「女性の承認」の参加者のみの限定公開です。

「女性の承認」の新規申し込みは、こちらからどうぞ。

女性のための完全恋愛技法・女性の承認

 

では行きます。

予備講義の「礼儀」というテーマでは、尊重というキーワードを出しました(^^

あなたのことを尊重しようとする意思を見せてくれない人は、それが礼儀にも表れます。なんかおかしいと思ったら、考えてほしいという話もしました。

そもそも尊重とはどういう意味なんでしょうね。

僕は尊重についてこんな記事も書いています。

愛情と尊重

これも非常に大事な内容ではあるのですが、おそらくこれだけでは分からないと思います。

なぜなら人間関係の基礎についてまで掘り下げた記事ではないからです。

愛情と尊重は近いものですが、同じではありません。

 

かわいがってくれるとか、大事に扱ってもらえるという体験をあなたはこれまでにたくさんしてきていると思います。

予備講義の設問2でも、そういう解答をしている女性がたくさんいました。

しかし、僕はかわいがることは尊重することにはならないと思っています。

大事に扱うことも、必ずしも尊重することにはなりません。

かわいがることや、愛情を注ぐこと、大切に扱うということは、それ自体はただの具体的な行動でしかないからです。

それだけを見て私は尊重されていると考えると、後でおかしなことになるわけです。実際にそういう例が無数にありますよね。

 

尊重というのは、読んで字のごとくです(^^

尊び重んじる意識があるということです。

最も分かりやすいのは、尊敬の感情です。

 

相手の人格を認め、言ってみれば(礼を尽くすべき)人間として扱う意識を持つことです。

愛情をかけてくれるのに、いつも約束を反故にしたり、遅刻したりドタキャンしてくる人がいるのは、愛情はあっても尊重する意識がないからです。

礼儀のテーマを出したとき、「私も相手を尊重できているかどうか怪しい」という問題意識を持ってくれた人もいました(^^

すごくいい気づきだと思うんです。

 

彼に対して、好きだ、いつも考えている、愛情を与えたい、と思っていても、それは必ずしも相手を尊重していることにはならないということに気づくと愕然とすると思います。

尊重とは何なのか。

たとえば、彼の事情や立場を理解しようとしているでしょうか。

尊重というのは、相手を重んじることです。理解を示すと言うことですね。

正しく人間関係を築いていこうと思ったら、これはすぐにそうしようと思えることのはずなんです。

でもそれが残念ながら分からないとか、忘れている女性もいて、自分の都合ばかりを押しつけてしまいます。好きだから会いたいと思い、会いたいと思うから会うことを要求するのは当然だと考えてしまうんです。

 

では尊重することは、相手に合わせることなんですよね?

と思う人も出てくると思いますが、もちろん違います。

何でもかんでも相手の都合に配慮して合わせる必要があるわけではありません。そんなことを言ったら、恋愛の勉強は全部ウソになってしまいます(笑)。

そうではなくて、相手を理解しようとする意識を持つことです。

たとえば忙しい彼なら、忙しい彼の事情を理解しようと思うことはできます。だからといっていつでも合わせることが正しいとは限らないというだけです。

会うかどうかは話し合いで決めればいいんです。

つまり話し合う土壌を作るために、尊重する意識を持つ必要があるということですね。

 

尊敬の感情が分かりやすいといいました。

女性に対する尊重の意識は、フェーズが進むごとに尊敬の度合いが強くなっていきます。

人間関係を長く続けているのは、その人がどこか尊敬できるからです(^^

ただの恋愛感情で好きだから、ではないんです。

女性に対して、付き合っていくうちに「この女性はやはりすごい」という実感がどんどん強くなっていきます。

そう思えば思うほど、非礼はできなくなっていきます。

愛情を注ごうとするより前に、人間関係を築く必要があることは分かると思います。

そのためには最低限の尊重の意思が必要です(^^

自分も相手に示す必要があり、相手にもそれを求める必要があります。

 

「女性の承認」の新規受付は、1時限目の解答編公開日までで打ち切ります。

1時限目は明日開始し、解答期限は土曜日ですので、2021年11月6日(土)です。

女性のための完全恋愛技法・女性の承認

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (44)

    • ゆき
    • 2021年 10月 30日 23:26:33

    感覚として、「一目置かれる、一目置く」というのがわたしはしっくりきます。

    恋愛でも仕事でも、自分が一目置かれているときは、自分でもなんとなく分かるものですよね。
    「かわいいだけじゃないなあ。やるなあ。」みたいにおもわれてたら、すごく自信になりますよね。

    自分が一目置いている人のことを思い返しても、すべてが完璧とは思いませんが、「ここがすごいなあ。やるなあ。わたしもがんばろう。」と思います。

    そういうのって、もし恋のときめきがなくなっても、ずっとなくならないとおもうんですよね。

    • 素直に喜ぶ笑って生きる
    • 2021年 10月 30日 23:33:22

    ガーン

    私は相手に対して尊重の思いを置けてなかったかもしれない。

    忙しさ、状況を聞きながら「でも」自分の気持ちで接していたかも。

    相手からの尊重に気づかず相手を敬えず相手から手放されたのかもしれない。

    視点を知れてよかった。

    • シンシビス
    • 2021年 10月 30日 23:50:27

    kouさん

    私もちょうど尊敬することについて考えていたところです。

    教材君からは信頼されていることをすごく感じます。でも、それは恋愛感情ではないのかな、と思い始めていたところです。年上の、お母さんみたいな同僚だからかな、と。
    恋愛感情に発展する可能性のある尊敬と、この人にはかなわない、あるいは甘えてしまいたいと思ってしまうこととの見分け方はあるのでしょうか。

    ズレていたらすみません。

    • ぱあこ
    • 2021年 10月 31日 0:09:27

    元彼は今も上司で、
    別れた今でも人間としても仕事でも尊敬してるし信頼してる。ぱあこが体調不良で休んでも成り立つ仕組みを作りたい。って言いますが、なんとなく実感できません。
    それよりも、同じ立ち位置の女上司は、
    経理はぱあこさんじゃないと嫌だ。今の勤務状況を見直して長く一緒に働けるようにしよう。
    と、言ってくださった事の方が心に刺さりました。
    何が違うのかはっきり言えないけど、何かが違うんです。
    同じような内容なのに。
    両方、尊重されてると思うのですが…。

    • dove2021
    • 2021年 10月 31日 0:10:24

    Kouさん、何だかわかってきたような気がします。
    以前、お慕い申し上げる方について『尊敬できるところはどこですか?』にコメントした時には、一般的な長所を挙げたのですが…先日、その方が(女性としてというよりは人間として)私を尊重してくれている、と感じる出来事がありました。

    自分では何の気なしに提案した小さな改善案を、ものすごく真剣に受け止めてくれて、実現させようと尽力してくれたのです。自分を尊重してもらえた気がして、嬉しかったし、ふっと心が安らぐ思いをしました。
    これまでの長い人生で、私の小さな発言をこんなにまっすぐに捉えてもらえた経験はありませんでした。小さな発言って、取るに足らないこととして流されてしまうことが多いんですよね…。
    (自分で「絶対必要だ!!」と押しまくって、何が何でも主張を貫き通した経験はたくさんあるのですが…笑)

    こういうことを自然にできる人だから、人間として魅力的なのですね。
    自分も、誰かの考えをないがしろにしないように、気を付けようと思います!!

    • からかわ
    • 2021年 10月 31日 0:25:21

    kouさん

    私はここ最近、彼と距離を縮めすぎました。赤ちゃんが母親と自分の区別がつかない時期があることをどこがで勉強した記憶があります。まさに私が彼と距離が近くなるとそうなる気がしてます。彼を尊重できなくなることを繰り返し経験しました。

    私も彼も楽しく末長くお付き合いできるように、頑張ります。まずは距離感を見直すことが、大事だということにいきつきました。あと、自己肯定感を高めて愛されていることを素直に受け止めれるようになりたいです。

    • 村上ちひろ
    • 2021年 10月 31日 0:52:07

    決心しました。
    とことん恋愛の勉強したいです!Kouさんからとことん学びたいです!

    この12時間のレッスンに居合わせられたのも奇跡。Kouさんに出会えたきっかけをくれた男性とはキッパリ絶縁しましたが笑
    楽しく恋愛したい!女性を楽しみたい!
    とことん勉強しようと思います。
    よろしくお願いします!!!

    • コロネパンは美味しい!!
    • 2021年 10月 31日 2:12:51

    お互いに尊重し合えてると思います。

    でも、多分、見せかけな気もします。

    私はただ、彼の忙しさを受容してあげているだけなのだと思います。

    土日休みじゃないから、
    なかなか会えない事への理解を示さないといけないことは 彼と元カノさんが上手くいかなくなった発端ではあるから なるべく示すし。

    彼発信の毎日連絡も、
    1日1回ずつなら苦にならないと思っていたけど

    仕事が忙しすぎて、私の余裕が0に近いからか
    毎日連絡控えたいし
    会えるかも、
    電話できるかもって連絡含め
    正直、ほんとに会える時とできる時にだけ
    連絡が欲しいです。

    仕事がつらいから
    それ以外での辛い要素を増やしたくないのが
    本音ではあります。

    わがままだなと思うし
    彼の意見を無視してる行為だから
    話し合うべきことだけど

    この時間帯だからか
    結論、距離置きたいって感じになります

    良くない。

    寝ます。

    でも、やっぱり、
    自分に自信ないとすぐ別れたくなりますね。

    明日から何も返信したくない、

    しますけど。

    • ちはやん
    • 2021年 10月 31日 7:13:36

    おやおやってところはふたりともありますけど、
    『ちーちゃんは変わらなくていいよ。もう十分すごいから。』って言ってくれます♬⸜(*ˊᗜˋ*)⸝ワーイ

    普段から、
    ちみのすごいところっていうのを話し合える関係ってうれしいなぁって思います♬

    Kouさんのブログにたどり着いた頃には
    考えられない成長ぶりです!

    • まいまい10
    • 2021年 10月 31日 8:07:29

    これを読んでしまうと、
    パートナーのほうとは、そういう関係が出来上がってるんだろうなと、思ってしまいます。

    私が出来ないこと(苦手)、あの人も苦手なことを、パートナーはやってるようで、私より少し年下なのに、たぶん知識も豊富…。(間接的に見た想像でしかないけど)

    あの人の、苦手、イヤなことも、たぶん理解しているから、それを補うようにパートナーがやっているだけで。それを彼は、安心して任せてるような感じです。

    家庭のこともうまく回って、絵に書いたような筋書きだから、きっと、色々と相談もできる仲でしょうね。

    そういうのを想像すると、悔しくて、わたしなんておよばない存在だ、なんて思ってしまいます。

    だめなほうの想像ですね。
    でも、わたしも負けてはいられません。
    しっかり、女として、成長してみせますから。

    • 春のこもれび
    • 2021年 10月 31日 8:08:57

    〈〈尊重とは何なのか。

    たとえば、彼の事情や立場を理解しようとしているでしょうか。

    尊重というのは、相手を重んじることです。理解を示すと言うことですね。

    正しく人間関係を築いていこうと思ったら、これはすぐにそうしようと思えることのはずなんです。

    でもそれが残念ながら分からないとか、忘れている女性もいて、自分の都合ばかりを押しつけてしまいます。好きだから会いたいと思い、会いたいと思うから会うことを要求するのは当然だと考えてしまうんです。〉〉

    読みながら、涙腺がうるうるしてしまいました。
    なにか感情がこみ上げてくる感じで。これはkouさんからのメッセージが胸に刺さったのでしょうね。
    私も自分の気持ちばかりで、自分勝手ですよね。相手のことや事情を理解しようとしていたか、理解を示すことが出来ていたのか自分自身に疑問に感じてしまいました。
    彼のことは尊敬しているし、好きな気持ちはずっとあるんですけどね。会いたい時、いったん落ち着いて立ち止まって考えよう

    人間関係を築いて、さらに良くしていきたいので、大切な気づき、学びをkouさんありがとうございます。

    • さくら子✿
    • 2021年 10月 31日 11:38:06

    何というか、あると思うんですよね。

    実はもっと聞いておきたいごく基本的なことです。

    レッスンの一コマを終えて、解答編の内容に圧倒されたという女性はたくさんいます(^^

    しかし解答編がすごいのは分かったけれども、実はもっと前段で躓いていたりして聞くに聞きづらい初歩的なこともあると思います。

    ↑↑↑そうなんです...kouさんお見通しです(–;)
    これはおバカな質問だと思って聞けないことがちょこちょこありまして(´-_-`)

    なので補習は嬉しいです!
    なんて優しいkouさんなのぉー(>∀<)

    • キラキラ光る
    • 2021年 10月 31日 11:53:40

    基礎補習すごいです。

    「ごく基本的なこと」。ここまでお話してくださるのは学ぶ側として幸せ過ぎます。

    私は本を読むのは好きなのですが、ここまでのことを自分で習得するのはなかなかだと思いますし、私はkouさんの言葉が一番頭に入るので、本当にありがたいとうか、ちょっと言葉では言い表せないくらいの感動がありました。

    学生時代に国語が5だった学年の時があったんです。その時の国語の先生の(女性)熱意や、授業が本当に好きでした。進学し、国語の授業が全然面白くなくてショックで、あの先生だったらあの先生の授業だったらなとしばらく思っていた、そんなことを思い出しました。

    また感動してしまい、レッスンは次はもうないかもしれないと思うと、この気持ちをやはり今お伝えしなくてはと思いました。

    「ごく基本的なこと」染み込ませたいと思います。
    ありがとうございます。

    • 宇禰
    • 2021年 10月 31日 13:23:21

    違和感というテーマでずいぶん前にお話ししてくださったことと被るんじゃないかなって思います。

    私にとって、「相手を尊重する」とは、
    「(相手とわたしの)違うという状態をそのまま受け入れること」です。
    相手がじぶんの世界を持つことを認め、
    それが「わたし」の世界と一致しないことに腹を立てないこと、じゃないかな。

    それは彼に対してだけではなく、家族に対しても同じです。
    身近であればあるほど、相手を尊重することが難しいので、実践できる人は人格者だと尊敬します。

    私は、父からそれを教えてもらったと思っています。
    今、付き合っている彼が、
    私を愛する理由…というより信頼する理由は、
    私が彼を尊重しているからだと思います。
    尊重は、信頼関係を築く土台なんだろう、と思うのです。

    そして、それはおおげさなことではなく些細なことなんだろうと感じます。

    彼が熱中しているコレクションとか、
    楽しみだとか、人間関係だとか、仕事だとか、
    そういうものを許容して一切口を出さないことだとか、
    仕事を理由に約束を反故にしたときに、
    ペナルティを与えるにしてもその言い方ややり方だとか、
    そういうところにも表れるものなのだろうと思います。

    • さくら子✿
    • 2021年 10月 31日 13:45:10

    続きです。

    後半の「補習」がこれがまた深くて、まだまだまとまりませんが、気づかされることが多かったです。

    私、友達(女)にたった1人だけ尊敬できる人がいるんです。
    他の友達とは別で、自分はその子だけには尊敬の念があるんだなぁと前から不思議に思っていました。
    読んで、尊敬尊重とはそういうことかな?と思いました。
    だとしたら、私にとって尊敬できる相手って相当少ないです。
    簡単には見つからないのかなと思いました。

    それからアプローチされ中のうどんの彼に関しては、以前からたまに私に対して「尊敬」「尊重」という言葉が出てきてました。
    まったくピンと来てなかったのですが、
    この記事を読んでから相手の想いを考えてみています。

    私自身は反省で、
    例えば遠距離元彼に対して、待ち合わせで待たせることが多かったです。
    だから尊重は足りてなかったかもしれません、驚きました。

    愛情と尊敬と尊重と、初回から考えまくって頭の中がパンパンです。

    • まき
    • 2021年 10月 31日 14:24:12

    単なるアナウンスかと思いきや、急に核心が書いてあったりして笑。

    ちょうどレッスンの始まるタイミングと、身の周りに起こった出来事から、尊敬(物ではなく礼儀をわきまえる人として)について考えさせられてました。

    いくら好きだと思っていても、単なる自分の欲求なのか(本当は自分が可愛いから認めてもらいたいだけなのか)、相手を自分と同じように何か悩みや事情を抱えているひとりの人間として見ているかによって、相手への行動や態度は自ずと変わってくるのかな、と。

    わたしは、相手の事情や立場に加え、相手の人となりについても、ちょっとだけ笑、汲もうとするかな。

    でも、相手の都合にばかり合わせないこと。

    相手の事も考えられるけど、自分の事はちゃんと大事にする。

    そのバランスを保つのが、納得感、かなー。

    • ノブちゃん
    • 2021年 10月 31日 14:30:17

    >最も分かりやすいのは、尊敬の感情です。

    >相手の人格を認め、言ってみれば(礼を尽くすべき)人間として扱う意識を持つことです。

    パスワード付き閲覧・限定記事、にされてもいいのではないの?と思えるくらい、とてもとてもいい内容だと思いました。

    恋愛関係に至る前に、必ずといっていいほど、絶対的に必要な、感情だと思います、「尊敬」が自然と沸くという感情、無意識。

    人間関係築いていくにあたっても、「尊敬」ならずしては、末永く、永い関係は決して保てないと思えてきてます。

    少なくとも、今の自分はそうです。

    ですので、年を重ねてきている今、本当に限られた人物のみしか、厳選して、少数の方とのみしか、関わりたくないとそう強く思えてます。

    これから残されてる生きる貴重な時間を考えると、おのずとそう、自然となってきています。

    • とくさん
    • 2021年 10月 31日 15:18:57

    >彼の事情や立場を理解しようとしているでしょうか。

    甘えた気分もあって、自分だけになってしまっていたんだな。と思いました。

    彼も何か思うことがあって、提案してきたこと、言ってきたことがあったんだとは思います。違和感を主張しても、たたきのめしたつもりはなかったのですが…連絡が途絶えてしまって。

    私のことを気遣うLINEをくれていました。私の周りの状況を鑑みての連絡をしていてくれていました。

    誤解が生じやすい文字だけのコミュニケーションだからこそ、伝え方や言葉はそれが本当にそれでいいか、適切かどうか見るべきでしたね。

    私は打った文章でクスッと笑わせたいなとか、これは冗談〜♪とか思っていたんですが、(笑)ひとつで相手にそこまで伝わらないですもんね…。

    友人に私の文面を見てもらって言われました。「怖いよ」と。逆に親切心でやっていたつもりのことが相手には怖く写ってる可能性もあるわけですもんね。そういう意味ではやってしまったな…と思います…。

    焦らず、学んで、次のステップに繋げられるようにします。まだ始まったばかりでしたし、まだ諦めたくないので。

    基礎講習楽しいです、これからも楽しみにしています(*´꒳`*)

    • 桃たろー
    • 2021年 10月 31日 15:26:54

    Kouさん、いつもブログ更新、メルマガありがとうございます。
    予備講義のパスワードのメールに「桃たろーさん」と書いてくださっていたのを見て驚きました。
    沢山の方に送信してる中、メルマガ購読者の一個人に過ぎない私のために、Kouさんの大切な時間を使って名前を書いてくださった事、とても嬉しかったです。ありがとうございました。
    Kouさんに1人の人間として尊重していただいた気分です。

    彼と私はお互いに尊重、尊敬出来ていたのか、正直自信がありません。情けないです…。きちんと振り返ってみたいと思います。

    • 浪花の女
    • 2021年 10月 31日 16:59:49

    彼に限らず、他の人を尊重はしてると思うんです。
    相手の事情を聞く姿勢は持ち続けているつもりです。
    その通りにするかどうかは別ですが、そうしている方が交渉事は上手く行ってると思います。
    尊重してくれる相手のことは尊重しようという意識を相手も持ってくれるからでしょうね。
    私の意見を最後まで聞いてくれ、理解しようとしてくれると思います。

    彼相手だと、甘えや期待が入るのかなと思います。
    そこが思う通りにならないとガックリ来る理由。
    あくまで自分とは違う人。
    それを自分と同じと思ってしまうことが悲劇の始まりな気がします。

    引き続きワガママは言いますけど、叶える叶えないは彼の自由。
    忘れがちだけど、思い出すようにします。

    忙しいのに、私がお願いすれば短い時間でも電話をかけてきてくれること。
    まずはその優しさをしかと味わいます。

    • かえで
    • 2021年 10月 31日 18:45:41

    前の彼は、私のことを尊重してくれていたと思います。私が甘えすぎていたので、これから新しい恋愛をしていく中で心がけたいと思ってます。
    待ち合わせなど、少しルーズになりがちなので、気を引き締めたいと思います。

    そしてマッチングアプリでも、何往復かすると、気が緩みがちです。一投一投大切にしていかないと、まともな男性には辿り着けない気がして来ました。

    • ちほしず
    • 2021年 11月 01日 16:33:03

    尊厳の愛情

    私は以前の結婚でそれはなかったです。
    だから離婚しました。

    たぶん染みついているんですよね自分が尊重されてなかったことが
    だから女性の承認とセットで体質改善したいです。

    • テンプテーション
    • 2021年 11月 01日 20:39:53

    1. あなたに好意を持っている男性があなたに会いに来ない理由は、ズバリ何だと思いますか。その理由を考えてください。また、どうすれば会いに来やすくなるでしょうか。

    私に断られるのが怖いから、私が彼に興味を持っているのかわからないから。
    口実を作って会おうとする。
    たとえばお土産を渡したい、前話した時に盛り上がった本、CDなどを貸す、共通の友達とスポーツを楽しむなどの口実を作ることで、目的を別のものに反らすことで好意を持っていることを知られることなく、純粋に用事があるから会うということができるから。

    2. どうしても気に入らない人物があなたの職場やサークルなどのコミュニティにいたとします。どうにかして追い出したいと考えるとき、どうしますか。どうやって追い出すか、またはまず何から始めるかを考えてください。自分ならどうするかということがどうしてもイメージできない場合は、普通の人ならどうするだろうかと想像して答えてください。また、「追い出すことは諦めて我慢する」という解答はダメです。

    先輩や上司にその人が苦手なことを話す。
    この人がいると仕事に支障がでることを伝え、距離を取りたいということを相談する。

    3. あなたが今、毎日頻繁に使っているサービスがあれば教えてください。

    youtube、ライン、ツイッター

    • Kou
    • 2021年 11月 01日 20:53:53

    かわいがることが必ずしも尊重にならないのはなぜでしょうか。

    たとえば日本人男性によくある傾向の一つで、女性には大人しくしていてほしいと考えている男性がいます。
    自分で頑張って働いて自立することを目指しているのに、「オレが保護するから頑張らなくていい」みたいなことを堂々と言ってしまう男性です。
    いますよね。

    もちろん善意でそう言っている場合もあります。
    でも本当のところは、愛玩状態にしたいわけです。
    かわいがりたいだけです。
    尊重というのは、認めることです。
    意思を認めることですね、本人の意思です。

    子供のことを尊重すると考えると分かりやすいかもしれません。
    本人がどうしたいかや、本人の意思決定を尊重するのか、子供の身を案じてあれこれ対策をすることが尊重することなのか、考えてみれば分かると思います。

    どうやって考えるのか。

    子供のときの自分から見て、親が自分にどういう扱いをしたかを考えるんです。
    つまり子供の立場になってみて考えてみるということです。

    子供の立場になってみると、親がしてくれたことの全てが愛情であったことは分かります。
    しかし、その愛情がすべて「私を尊重してくれたことか」と問うと必ずしもそうではなかったことが分かります。

    愛情という分かりやすいものだけに注目してしまうと、尊重されていない場合にそのことに気づけなくなるかもしれません。

    • Kou
    • 2021年 11月 01日 20:58:39

    無視が最大の攻撃になる意味。

    無視や対話の放棄が、相手にとって最大の攻撃になるとよく言われます。
    その理由は何だと思いますか。

    人が相手や周りから無視されると強烈な苦痛を味わうのは、存在を否定されることだからです。
    つまり「自分は相手から明らかに尊重されていない」ということを認識してしまうことになります。

    平気で無視や対話の放棄をしてくる人というのは、目の前の相手を尊重しようという意識がない人です。
    ここで言う無視というのは、目に見える形の無視です。
    ここでは「意図的な無視」と呼ぶことにします。

    本人は無視しているつもりはないのに、返信が遅いとかで結果的に無視されていると感じられるケースは当てはまりません。

    • ぴーこ改めてぴーこ725ちゃん
    • 2021年 11月 01日 21:21:13

    わ!コメント読んでいたらまさかのKouさん!(Ò_Óˇ)びっくらしました!(笑)
    よくコメント読み返さなきゃ!!!思わずコメントしちゃいました(笑)

    • ぴーこ改めてぴーこ725ちゃん
    • 2021年 11月 01日 21:32:07

    人が相手や周りから無視されると強烈な苦痛を味わうのは、存在を否定されることだからです。
    つまり「自分は相手から明らかに尊重されていない」ということを認識してしまうことになります。

    これを読んで先ず思い浮かんだのは、学生時代のいじめかなぁって。
    無視されると、自分の居場所はここにはない…存在してはいけないんだって嫌でも思い知らされました。、無視ってものすごい威力がありますね……

    • 弁天
    • 2021年 11月 01日 21:32:07

    Kouさん補習ありがとうございます♪

    >愛情を注ごうとするより前に、人間関係を築く必要があることは分かると思います。

    >そのためには最低限の尊重の意思が必要です(^^

    >自分も相手に示す必要があり、相手にもそれを求める必要があります。

    やっぱり大事なことですよね。

    そしてコメント欄にもKouさん発見!!
    追加補習ありがとうございます!

    >その愛情がすべて「私を尊重してくれたことか」と問うと必ずしもそうではなかったことが分かります。

    確かに…くちごたえ禁止なことも多かったな(´・ω・`; )

    • dove2021
    • 2021年 11月 01日 21:43:01

    わあ、コメント欄にKouさんが何度も!!
    嬉しいです。
    しかもものすごいヒントを携えておられるではないですか…!?
    1時限目の問2、まだ頭の中でまとまらないので、もうちょっと考えてから再回答します。

    • レタス
    • 2021年 11月 02日 0:48:37

    私の回答では、「尊重」のキーワードまで辿り着くことができたので、私成長したなぁ〜なんていい気になってました。

    でも補足読んで省みると、実際できてるかという点ではだいぶ怪しいです…。

    今日は気づきがありました。何だかんだあの人と話していると平常心を保てていないみたいで、反射的に試すようなことを言っているときがあり、それを指摘されてハッとしました。全然尊重できてなかった。

    多分、平常心な私の方がいい子だし楽しいんじゃないかな。

    昨日も、オンラインで後輩と話していてすごく長くなってしまって…終わってから、私ってなんて独りよがりなんだろうかと…反省。楽しくて舞い上がっちゃった。あーあ…

    それに私、家族を大切にできてるだろうか?同居ですが、全然できてないです。与えてもらうばっかり。心配かけてばっかり(特に母)。優しくできてないし(特に父)。

    尊敬できるからかぁ。
    父は母をすごい人だと思ってます。さすがお母さん!と本気でいつも言ってます。
    私もそう思います。お母さんってすごい人だ!って。
    だから続くんだなぁ。

    子どもの頃、親の役に立ちたかったです。家事の効率が落ちるからと言ってお手伝いさせてもらえなくて、すごく反発してたなぁ。
    「手伝わせなかったくせに、なんでどうせ出来ない、手伝わないって怒られなきゃいけないの?先に信頼しなかったのはそっちじゃん!」
    こんな感じで思春期に何度か爆発した記憶がうっすらあります。
    子どもだって大人を喜ばせたいし、与えられるより愛したいと思ってるんじゃないかな。
    自分の記憶を辿っても、いろんな子どもたち見てても、そう思います。
    自分が褒められて嬉しいというより、ママが、友達が、誰かが喜んでて嬉しい、みたいな。

    • 天気のこりす
    • 2021年 11月 02日 18:25:27

    Kouさーん!
    基礎補修ありがとうございます
    すごくわかりやすいです!
    愛情はかけてくれるけれど、ドタキャンが多い人は、尊重はしてくれていない、という例がすごくわかりやすかったです^^

    尊重とは、礼を尽くすべき人間として扱うこと
    話し合う土壌づくりとして必要で、その前に人間関係が必要

    (・_・D フムフム
    勉強になります!!

    • さくら子✿
    • 2021年 11月 02日 22:34:48

    やっぱり難しい( ̄▽ ̄;)
    尊重、、愛情、、わかってるんだかわかってないんだか。
    尊重されてるような気はするけど、実はされてなかったりして、とか。

    • 浪花の女
    • 2021年 11月 03日 8:34:07

    私が今回彼に腹を立てた理由はここです。
    彼は私のことが好きだけど、犬や猫を可愛がってるみたいに扱ってる。
    おちょくってる。
    おちょくられて喜ぶと思ってる。
    冗談が冗談として通じるのは、根底に尊重があるからだと思います。

    • とくさん
    • 2021年 11月 03日 18:36:40

    >たとえば、彼の事情や立場を理解しようとしているでしょうか。

    2度目を呼んでも、同じところが胸に刺さりました。痛いですね。

    >相手の人格を認め、行ってみれば(礼を尽くす)人間として扱う意識を持つことです。

    やれていたようなやれていなかったような…。自分の都合の良い受け取り方、おねだりをしていたかも…と今振り返ると思います。最後ちょっとふざけたつもり…はなかったので、やっぱり高慢になっちゃってたのかな。

    彼のやさしさを一切受け取らず、私の欲しい形で返してくるようはねつけてしまったような印象になってしまっていたかもしれません。私も甘ちゃんだった、です。

    私も好きになる人はどこか絶対“私にはできない・かなわない”というところを持っています。すごいんですよね、私が惹かれる人はすごいんです。みんなもっと自信持ってほしい(笑)。

    そう、ただ好きだから、優しくしてくれるからじゃないんですよね。そういう人の時は「なんかちがったー!」と言ってちゃんと目が覚めてました。そんな薄くない、もっとずっしり重いんです。(笑)

    だから中学のとき好きだった男の子とは10年近くたった今でも連絡を取っています。好き嫌いで終わるような、そんな薄いもので惹かれたわけじゃない。もっと奥の、その人が今まで積み重ねてきたものや人格,道徳観、その人と接してきて会話してきて積み重ねてきた“その人像”があって、それを好きに、というか、惹かれたんだから。

    こちとらあなたが思っているより重いんですよ、私の想い、なめんな!ですね(笑)

    あわせるではなく、相手を理解する意識を持つ。でも自分の目指したいとこは曲げない。
    だから交渉術が大事になってくるわけですよね。話し合いが大切になってくるわけで。

    そういう意味では私、心も頭も固かったんだろうなと思います。12時間レッスンを通して、もっと柔らかく柔軟に、なっていきたいですね。

    • たむたむりん
    • 2021年 11月 04日 5:40:45

    親からの愛情を思い返す。

    確かに愛情はたくさんありました。でも必ずしもそれは尊重ではなかったです。特に就職のあたりはだいぶ押し付けが多かったですね。〇〇は受けろ、何かあった時に手助けできるんだから近くに就職しろ等……(^_^;)
    それが嫌で家を出る選択をしましたね。職種で納得をさせました。

    自分がそれを体験してきたから、子供達にはそうしないよう気をつけてはいるつもりです。
    考えが甘い!と思う部分は多々あるのですが、否定はしないようにしているつもりです。いい面、悪い面については話します。

    彼とは……どうだったろう?
    彼の立場や状況は理解していたつもりでした。
    それに合わせすぎた部分もあり、正直苦しい事もありました。
    たまにそれを寂しいと感じる、と伝えることはありましたが。

    私は彼に尊重されていたのか?
    彼なりに考えていてくれたんだとは思います。
    お互いに、伝え方が下手だったなと、言いたいこともきっと、お互いが相手にさせている我慢や相手の状況を考えすぎて、言わなすぎて来たんだと思います。
    それは、尊重ではないですね。
    いびつだったんだな。

    振り返りって、大切ですね。経験したことから、ちゃんと大切なものを拾わないと。
    ありがとうございます。

    • とくさん
    • 2021年 11月 04日 10:31:00

    >かわいがることが必ずしも尊重につながらないのはなぜでしょうか

    親子の例、納得です。愛情は溢れるほどかけてもらっていたけど、尊重ではなかったです。

    高校受験時も、大学受験時も、就職時も…。私の意思とは関係なく、勧めてくるのは親のいいと思う場所。私のしたいを、意思決定を、思い描いている将来像を、尊重してくれたのはいつだっただろう。中学の部活は尊重してくれたかな。高校は父はとても協力してくれました。母は想定してたところから外れた私を何度ももったいないと言っていましたね。もったいないってどういうことなんだろう、私は自分のやりたいを選んでやったのに。と思っていました。

    実家から出られてない今、愛情を受け取り直し始めて“ここはあたたかい場所だったんだ”と再認識していましたが、尊重という意味では鳥籠のような場所だと感じていました。その思いは勘違いではなかったようです。愛玩状態に近いことになっていた、そういうことだったんですね。

    恋愛の関係でも、最初私は愛玩になろうとしてる感じがあるなと思いました。その方が取り入りやすいのは間違い無いんですよね。でもそれって結局、私の求めてる最高に幸せな恋愛にはつながらない。繋がってないんですよね。だから何度も首を傾げて、「なんか違うな」と思っていたんですね。自ら進んで愛玩になろうとしてた。それが原因だったんですね。

    自ら進んで愛玩になろうとしてた原因、それは寂しさとか、今まで甘えてこられなかったから、失うのが怖い…等々の理由だと思います。次がまたあるとも思えていなかったから。

    でも今は違いますもんね。次がないなんて思ってないですし、年々素敵な方に出会えるようになっている私に怖いものはない。尊重って意味を確認したから友人もとびきりの子達が周りにもう既にいるってことも気付けた。何より私が1番の自分の味方になれてきている。もっともっと自分のこと知って認識して、もっともっと味方になりたいと思っていますが、本当に数年前とは1ヶ月前とでも安心感が全然違います。

    自分で選択しその選択に責任を持ち、その選択をしたことで被るいろいろな影響についても覚悟し納得し、主体的に自分の進む道を選んでく。ちゃんと振り返って自分は苦しくなかったか、どう感じてたか、認識し、行きたい未来、生きたい人生と見比べてすり合わせて改善,修正していく。

    誰よりも自分が味方になる未来を手に入れて、自ら愛玩になることとはおさらばしないとですね。

    • とくさん
    • 2021年 11月 04日 10:48:53

    もちろん溢れるほど愛情ももらってます!その上で…ということです。またなんか独りよがりな文章になってた気がしたのでメモ残します(。・ω・。)

    • さくら子✿
    • 2021年 11月 04日 13:43:31

    kouさん 追記の補足コメントを読みました☆
    それを読む前に私はうどんの彼にも質問してみました~、「尊重、愛情、尊敬」の3つの意味を。

    「尊重」は親子関係で考えるとわかりやすいのですね!
    愛玩も悪くない、良いことですね。
    だけどちゃんと尊重もされていないと嫌だって、はっきり認識できました((●゚ν゚)

    「愛情」も親子で考えてみたら、わかりやすいと思いました。
    ゼロ時限目「礼儀」はだいぶ理解できた気がしています。一限の解答公開までに理解できて一安心です( ღ´⌣`)ホッ=3

    • くるくるくるりんぱ
    • 2021年 11月 04日 18:26:41

    昔からの男友達で、誰からも嫌われていない人がいます。
    私含めて好き嫌いの激しいタイプからも、すごく好かれています。

    彼は、別に言うこと聞いてくれたり、紳士的な振る舞いをするわけではないのです。

    男性人からも嫌われません。

    根本に女性を尊重しているんだと思います。
    男性陣からも好かれているのは、男性も本来は女性を尊重したいのではないかと思います。

    私の男友達全員排除した元夫ですら、彼のことは好きでした。

    • まき
    • 2021年 11月 04日 20:46:53

    ほんとだ、こうさん発見。

    「かわいがる」って、私の中では昔のお殿様がお側に置いてた姫様を、可愛がるイコール単に「オンナ」である姫様を、自分の良いように扱いたい為だけに愛玩する、と言う様なイメージで居ます。

    でも、そうそう。
    元カモもわたしに言ってました。

    自分が全部やっとくから、と言う様な事を。

    わたしは途中から、自分でできる事だしやるようにしたのでした。

    親は愛情をかけて育ててくれたのは分かるけど、子供の成長や自立を必ずしも喜んではくれなかったりするときも。

    自分から離れていくのがこわく、単に自分の側で可愛がりたいだけなんですよね。

    相手の考え方は、自分とは違う。
    そんな当たり前の事なのに、簡単に見失っちゃうなぁと思う。

    つい先日、上司と話してた時。
    「もっと踏み込んだ仕事がしたい」と言ったら、過労働で他部署のスタッフさんが辞めてしまう事が多いので私にはそうなって欲しくないと今まで仕事をセーブさせてた、と聞きました。だから、心配しなくてもそのうち仕事は(否が応でも)増えてくるよ、と。

    はっとしたんです。
    他部署の人は確かに、誰のフォローもなく仕事を丸投げされてる事も多かったんですよね。

    わたしは、初めからチームメンバーとランチやらで接する機会も多くて、とてもやりやすい環境にいる事を改めて感じられました。

    好きの反対は嫌い、じゃなく、無関心だ、と聞いた事があります。

    嫌い、は相手に感情があるけど、無関心ってどうでもいいって事。つまり、相手を見てないって事かな。

    目の前に居るのにそれはキツいですよね。これが集団になると、れっきとしたいじめにもなるかも。

    これは自分がまず、相手に関心を持って人として接する事で、相手に伝わっていくのかな。
    見の周りから、まずは些細な事から関心を持ち始めます。

    • ringonohana
    • 2021年 11月 06日 15:39:03

    1.こちらの好意がわからないから、会いに行って喜ばれるという確信がないと動けない。
    相手が余裕のありそうなときに、私はあなたに興味があるよ会いに来てくれたら嬉しくなりますと、
    プレッシャーを与えないような伝え方をする。

    2. 別の職場やコミュニティをいろいろ探してきて、興味を持つようにちらつかせてそちらに誘導する。
    難しそうだけどこれしか思いつかなかったです…

    You Tube、Instagram、twitter

    • ringonohana
    • 2021年 11月 06日 15:54:42

    12時間レッスン1時限目のコメントを間違えてこちらに書いてしまいました。消し方がわからないのでがこのままにさせていただきます。

    • goodgirl
    • 2021年 11月 09日 11:56:46

    なんか補修を読んだら、知らないことに気づかされる快感みたいなものを感じました。
    言葉にするのか難しい…

    尊重とはなにか、なんてちゃんと考えてないんですよね。日常の中で、きちんと向き合っていない。

    あらためて説明させることで、問題に気づく。 
    これを読んで補修が読みたくなってしまった…

    補修は基礎だから、あたりまえすぎて目がいっていないことに気づかせてもらえるのかな。

    読んでないKouさんのメルマガがたくさんあるから、補修をとっても読みきれないと思っていたけど、ここはがんばるか!

    • kaokao
    • 2022年 5月 14日 17:46:51

    Kouさん、まだまだ尊重に関して、あと200回以上この記事を読まないと染み込みません。

    でも、すごく今このテーマは私には必要なので、しっかり染み込ませます。

    尊重→相手の置かれている状況を汲み取って、見守る(適度に放置する)けれど、相手にあわせすぎず、きちんと話し合いができる関係性も作っておく。

    今の理解はこんなところです。まだまだですかね。

最近のコメント