恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

勝ち組のくせに文句言うな

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

今だからリアリティを持って理解できることがあります。

まず、こちらのコメントを読んでください。

あなたも同じようなことを感じたことがあるかもしれません。

悲観しないために知ってほしいこと

よしかさんより:

夜になると弱気になります。

あ、素敵!って思う人って、ことごとく結婚していたり長く付き合ってる彼女がいたりするんですよね…

もうすぐ27歳ですが、この年になるといい男はみんな人のものなのかな。出遅れた私にはもうチャンスはないのかな。

時々会ってる気になる人は素敵だし彼女もいない。けど、消去法でこの人だけになってしまう。それって他に選択肢がないってことだから良くないんじゃないかな。だからといって今新しい人と出会いに行くのも違う…

こんな全く希望が見えない私も希望をもっていいんでしょうか。今までの恋愛も全部失敗です。同じ失敗は繰り返さない自信がありますけどどうせまた別の何かに足を取られて失敗する気がします。他の人はそんなことなくても私だけは本当に恋愛に向いてない人間なんじゃないかと思います。希望の光が欲しいのにあまりにも真っ暗です。

まず、夜に考え事をするのはやめてください(^^;

夜に考え事をしなくなるだけでも、かなり健全に生きられるようになります。

恋愛相談で負のオーラがしみ出してくるような内容のものは、大抵夜中か早朝に送られてきます。

早朝に送られてくるのは、深夜に悩みに悩んで書き連ねてやっと文面が完成するのが朝だからです。

 

本当によくありません。

夜はさっさと寝るに限ります。

夜は死の時間なんです。死の時間、冬の寒い季節に相当する闇の時間に、考え事をすればどうなるかすぐ想像がつきます。

夜中に考えてすごく前向きなことを考えついたりしないものです。

どこまでも苦しいこと、恐ろしいことに想像が膨らんでいくんです。

 

今何歳だからもう後がない・・・という相談は山ほど来ます。

この例で言えば27歳でしょ。はっきり言いますが、まだ序の口です(笑)。

27歳くらいで恋愛で悲観していたら、もう何もできなくなります。

27歳なんて、まだ赤ちゃんみたいなものです。

そらそうでしょ、でもそれは20代だからですよね

と口から出かかりそうになったあなたも、まだまだ甘ちゃんです。赤ちゃんではありません。甘ちゃんです。

30代だろうが40代だろうが、同じことなんです。

 

何というか人生何百年時代とか言っている割には、恋愛の年齢だけは何十年か前の発想と全く変わっていないんですよね。

進化していないんです。

20代のうちに恋愛して結婚して子供を産まないといけないとか、しょーもないことを未だに大勢の女性が思っているわけです。

しょーもないは言い過ぎかもしれませんが、明らかに焦りすぎです。

結婚していない男なんか、無限にいるんですよ今の世の中は(笑)。

 

そんなことより、この悩みのレベルがふざけすぎていることに注目した方がいいですね。

いや本人が真剣に悩んでいることはもちろん分かっています。

問題なのは、絶望するところがおかしいということです。

今、世界ではものすごいことが起きていますよね。

コロナではありません。コロナもものすごいことですが、突然政権が変わって20年前の世界に逆戻りしようとしている国があるわけです。そして僕たちはそれを嫌でも見ないといけない時代です。

20年前はリアルに見えなかったことが、今はリアルに見えてしまいます。

女性は家から出られないのだそうです。

凄まじいと思いませんか。自粛で出られないんじゃないんです。一歩外に出たら、明らかに身の危険があるわけです。

自由も何もありません。好きな相手との恋愛なんか、もう夢の世界ですよね。

 

今までこの手の話は敢えてしてきませんでした。これに限らず世界では女性がまともに生きられない国が今でも存在していて、情報自体は絶えず飛び込んできます。でもどこかリアリティがないわけです。

その手の話をしたところで、

いや、私は日本に生きているんです

と言われたらそれまでなんです。

しかし今回の例は、まさに今このタイミングでリアルに起きていることであり、ごく最近までできていたことができなくなっているということをインターネットを通して間近に見ることができてしまいます。

 

日本に生きているというのは、はっきり言ってそれだけで勝ち組みたいなものだと思うんです。

女性が怯えて暮らす時代に突入したという国での女性の絶望感を見ると、コロナで絶望してどうのこうのと言っていることですらまだ幸せだと思えてきます。

コロナはいずれ終わるわけです。

長引いたとしてもいずれは収束するんですよね。日本は自由を制限されていません。これがいかにすごいことなのかをよく理解する必要があります。問答無用でワクチンを打たれたり強制的にPCR検査をされたりする国もある中で、まだ選択の自由があるのはすごいことです。

今感じている絶望は、目の前が完全に閉ざされての絶望じゃないんですよね。自分で勝手に嘆いているだけです。

 

今の恋愛に仮に失敗したとしても、次があるんです。

そんなのは絶望でも何でもありません。

未来に可能性があるとき、絶望なんかないんです。

一切の可能性を断たれて、自由を奪われたときに初めて絶望したらいいです。

 

希望の光は、無限にあります(^^

世界で起きている凄まじさを見たとき、今あなたにはできることが無数にあることに気づけるはずです。

文句を言っている場合じゃないんですよ。

こんな恵まれた国で生きる権利を与えられているのだから、それをフルに活用することを考えてください。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • ユイ
    • 2022年 3月 13日 1:12:03

    「世界で起きている凄まじさを見たとき、今あなたにはできることが無数にあることに気づけるはずです。
     文句を言っている場合じゃないんですよ。」

    現に今、戦争が起きている国もある。
    なのに私は何をしているんだろう。

    毎日自分の中で戦争です。

    • goodgirl
    • 2022年 7月 11日 18:22:49

    このお話から一年。

    侵略され戦争が起き、たくさんの市民や子どもたちが犠牲となり、本当に歴史の逆戻りが加速していることに憤りを感じます。

    そして、そういった状況をタイムリーに目にする今の時代。手にしているもののありがたさを実感するばかりです。

    自分で作り出した悲劇に浸っていられるのは、平和で自由だからなんですね。

    だれしもが、当たり前にあるものの価値を見いだせず、足りない何かしかないように思えてしまう時があると思います。

    視野を広げて、しっかり見れるようになりたいですね。

    • ミリアム
    • 2022年 8月 09日 2:07:44

    この記事から1年。

    世界のどこかで起きていた戦争は
    ウクライナが注目され、
    やがてロシアとは国交が途絶え。経済戦争?
    次は台湾が狙われていると言う。

    日本のEEZすぐだよね?
    対岸の火事っていつまで言えるのか。
    1年で遠い世界のどこかだったはずの戦争が
    なんだか随分近くなったような。

    平和で自由な国、日本。
    来年もみなさまがそう思える事を願うばかりです。
    憲法改正が声高に言われるたびに
    自民党改正案の内容をどれだけの人が吟味されているのか気になってしまいます。

    平和って、自分の国が攻撃されないこと、
    無理矢理戦争行かされないこと。
    自由って、自分の意思に反して何かを強制されないこと。自分の意思に沿った行動ができること。

    平和も自由も、ぼうっとしてたらなくなると思います。
    なくならないように気をつける時がいよいよ来たのかなと感じる今日この頃です。
    まだ間に合うと信じて。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント