恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

男が教えるモテる女の恋愛技法

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

雑談しないといけませんか?

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

またまたまたまたコミュニケーション論です(^^;

Kouさん、いい加減長いのでそろそろ別の話題にしてください。ワタシ、あっちの話が聞きたいです。

という声が聞こえてきそうですが、ダメです。

まだまだ続きです。

 

恋愛は人間関係の上に成り立つんですよね。

恋愛だけが突然成立したりしません。

 

男と女のキャッチボール問題

美琴さんより:

私:「Kouさんは、今日はお昼に何食べたんですか?」

相手:「今日はお昼にコメダ珈琲のカツサンドを食べました。」

私:(へ~ ) ←心の声

私の場合、ここで男性との会話が終わることが多いです。。
例に出てる男性との方が感覚が近いかもしれません。

なんとか頑張って話を広げようと思って返信しますが、
「これ以上広げたところで何か意味ある?」という思いが拭いきれず、
結果やり取りが面倒臭くなります。。

相手に興味がないんですかね。。

基本的に、
友達とも雑談連絡というのを日頃一切しないので、やり方がよくわからないです。
会う約束と、お礼連絡くらいしかしません。

(学生時代は、女友達から来るたわいもない雑談連絡を返すのが面倒で、携帯を壊れたまま放置してたこともあります。)

雑談連絡しないと、恋愛って出来ないんでしょうか?
マッチングアプリは序盤どうしても雑談しなきゃいけないので面倒臭すぎて、
私はもうこのまま一生恋愛出来ないかもと思い始めてます。

結論からいいます。

雑談しないと恋愛できないんでしょうか。

そんなことはありません(^^

雑談なんかしなくても恋愛はできます。

 

でも雑談はできることなら、重ねた方がいいです。

コミュニケーションを進めていく上での潤滑油になるからですよね。

コミュニケーションというのは、ごく単純に考えると、意思疎通と認識合わせです。

認識を共有するための意見の確認や連絡ができれば、それでいいということになります。

 

突然僕のオフィスに飛び込みの営業マンがやってきて、挨拶も何もなく突然こう言ってきたとします。

「今回すごくいい商品が出来まして、紹介させて頂きたいと思い伺いました。オフィス空間を100%除菌できるスグレモノです。ズバリ買いませんか?」

これに対して僕は、

「分かりました、買います!」

と答えたら、コミュニケーションは成立です。

 

本来の目的である交渉が成立するのなら、最低限のコミュニケーションはこれだけでいいわけです。

しかし分かりますよね(^^;

これで商品を買う奇特な人は、まずいません。

「そもそもお前誰やねん」という反応が先に来るんです。

 

こういうところで必要になるのが、雑談なんですよね。

雑談をクッション材にして、本論の「買いませんか?」のハードルを下げていくんです。

世の中のほぼ全ての人は、雑談だけがしたくて会話しているわけではありません。

雑談は前菜とかお通しみたいなもので、ずっとそればっかり食べたくありませんし、そもそもその前菜を目当てにやってきていません。

メインの肉を食べたいから来ているんです(笑)。

 

じゃあみんなしたくもない雑談を、我慢してし続けているのかと言えば、もちろんそれも違います。

仲を深めたいから雑談しているんです。

 

やりとりが面倒くさい。早く付き合いたい、早く結婚したい。色々前段が面倒くさくて無理。

これは、言ってみれば性欲を解消したい男性の発想みたいなものです。

僕が会社員のとき、当時参画していたプロジェクトの管理者と幹部が話しているのを聞きました。

よくキャバクラなんて面倒くさいので我慢できるね。会話しかできないんでしょ?俺なら即風俗に行くけどな。

そっくりこの発想だと思うんです。

目的は一つしかなく、その目的の一点だけを見ていて、それがすぐに手に入る方法だけを探しているんです。

目的に通じる道はいくつもあり、そしてその道にはそれぞれの楽しさがあるんですよね。

しかしそんな楽しさは要らないというわけです。

さっさと目的を済ませて、スッキリしたい。

当たり前ですが、こんなことを考えている男性にまともに向き合おうとする女性はほとんどいません。

 

「女性の承認」とか「弱者の戦略」でも男性が味わうセックスでの感動体験の話はしていますが、この手の目的一点突破でそれが得られることはまずありません。

そこそこのものしか手に入らないんですよね。

当たり前です。

 

メインの肉を食べたいからという理由で、とりあえず肉だけ持ってこいと言えば、持ってきてくれるかもしれません。

しかし料理の満足度は、決して満足のいくものにはならないんです。

物語の結末だけを知りたいから、途中の小さなイベントを見るのはかったるいと思って飛ばしていると、結末の衝撃が正確に味わえないんです。

 

恋愛はしたいと思っているわけです。

ではそのあなたがしたいと思っている恋愛とは、どんなものですか。

デートしてもほとんど余計な話はせず、会って抱き合ってキスしてセックスして、食事してはいさようならまた明日。

これで満足できるのならそれもいいかもしれませんが、求めているのはこれではないはずです。

 

何ならデート自体が大きな雑談みたいなものですよね。

結婚したいとか子供が欲しいだけなら、デートはしなくてもいいものです。

でも普通ならデートは人並みにしたいでしょうし、愛情表現をしっかり受けたいはずなんです。

 

男性と知り合って、その相手との雑談がとにかく面倒で仕方がないのだとしたら、確かにそもそも興味がないんでしょう。

雑談するのが面倒なのに、会って触られたいとか、この人から愛されたいなどとはまず思わないでしょう。

相手のことを知り、自分のことを知ってもらおうと思えるような相手と出会えたら、嫌でも雑談せざるを得なくなります。

なぜなら、そんな相手といきなり直球で本論の交渉することなどできないからです。

 

この男性と恋愛したいと思えるようになったら、とりあえず同じ時間を過ごしたいと思うようになります。

時間を一緒に過ごそうとすれば、そこでは会話せざるを得なくなります(^^

二人で同じ空間にいて、全くの無言で何時間も過ごすことが快適ならいいんですが、まずそんなことはないでしょう。

知りたいとか、知ってもらいたいと思うとき、雑談をすることは全く苦になりません。

というより、もはやそれは雑談という認識すらないかもしれません。一つ一つが大事な会話です。

 

一方で恋愛の気配もない序盤の前の前の段階では、多少の我慢をしながら雑談をしていく必要はやはりあります。

お互い何者か分からない状態で、恋愛なんか出来るはずがありませんから。人間関係を作れないんです。

雑談を重ねていくうちに、相手のことが分かって印象が変わっていくこともあります。

この努力くらいはしてもいいと思うんです。

 

人間関係を深めていく努力をこちらは何もすることなく、「オラのことを好ぎになってくれる男はいねーがー」と待っていても永遠に何も始まらないのは明らかです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • りら(きゅんきゅんさまへ)
    • 2023年 2月 10日 20:29:25

    きゅんきゅんさん、こんばんは♪

    お風呂でピンクのほっぺと
    かき氷で顔面蒼白…笑
    きゅんきゅんさんの妄想力に
    つい笑ってしまいました(*´艸`)

    同じ雪の話からスタートしたのに
    見事に両極端ですよね

    環境問題の人はまだやり取りを
    始めたばかりなので、
    もしかして慣れてきたら
    雪見風呂派に変わっていくのかも
    しれませんけど…(≧▽≦)

    • ピアスとゆびわ
    • 2023年 2月 21日 19:50:20

    雑談大切ですよね。子どもの頃のように無限にあるような時間の中であそんで、気づかないうちに仲良くなってる。そんな経験は大人になるともう難しいのかも。
    それでも限りある時間のなかで相手を尊重して、好きなものや嫌いなものを知っていきたいです。

    職場で後輩たちと接していて感じるんです。
    真面目で完璧主義であろうとする人ほど結果を早く出すことに固執してしまっていて。仕事上、悪いことではないけど、チームでやってる以上雑談を自然とできる子の方が人間としての安心を感じられる。こっちも人間扱いされてるって嬉しくなれる。前にあんなこと言ってたって次につなげられる。
    真面目ほど焦りが出てしまうんですよね。

    書いててわかってきました。
    彼は私に対して余裕がないんだな。早く男女としての結果を出さねばと思っている(笑)
    いや、わたしたちはそんなんじゃない。もっとわたしのことを知ってほしいし、わたしも知りたい。彼の中で友達フェーズが終わってるのかもしれないけど、それでももっと知り合うことの大切さを私が教えてやるぅぅ(笑)焦らない〜。

    • あくら
    • 2023年 5月 31日 8:10:28

    昔は「なんで雑談しなきゃいけないの?面倒臭い」と思っていましたが、今では結構好きです。

    雑談しているうちに相手に好意を持つようになることは多いですし、気になる男性と親しくなろうと思ったら雑談なしはやっぱり厳しい。
    そういうやり取りの積み重ねが「この人は関わっても大丈夫だ」という安心感にも繋がると思います。

    高校時代、好きな男の子と喋りたくてわざわざ彼のいる教室まで雑談しに行ったことを思い出してしまいました。笑

    • まくんのバカ
    • 2023年 7月 11日 12:31:31

    こんにちは。

    人間関係を深めていく努力をこちらは何もすることなく、「オラのことを好ぎになってくれる男はいねーがー」と待っていても永遠に何も始まらないのは明らかです。


    ホントにその通りですね…

    一方的に怒られる事がたまにあり
    先日やられたばかりです。

    なかなか会えてないのに
    あったかと思うと
    フェラしてくれない
    と言って子供のように不機嫌になります。
    (結婚していません)

    リレイションシップのいい方法を考えてます。

    • かのん
    • 2023年 8月 16日 23:34:52

    今日一日コミュニケーション 情報収集でした!
    面白い〜ꉂꉂ(>ᗜ<*) 笑い転げました!
    楽しすぎます!
    例に習って書こうとするとお固くなって伝わりにくいかもなので
    らしく 書きますと
    じんわりあったまってたものが 楽しみになって
    ありかも! と コミュニケーションとりたいなぁ
    て 思ったのでした! いやしかし
    会うまで どしよ

    • ペルシャねこ
    • 2023年 10月 08日 20:34:15

    キャバクラわずらわしい発想がいきつくと、
    せっ○クスなんて排泄と一緒とかいうどうしようもない発想の男性()をアプリでお見かけしたことがありますが、
    この人きっとつまんないのしかできないんだろうなと思いました。
    求めてるもの欲してるものがそんなことなら、それに行き着く会話もつまらないものになりますね。
    そんなものじゃないとおもうのに、
    もっといいものを見たいから相手を探しているんです。

    • 晴天女神
    • 2024年 1月 21日 21:01:13

    この人と恋愛したいと思えるようになったら、とりあえず同じ時間を過ごしたいと思う。

    →私の恋愛モードの初期はまさにこれです。
    とりあえず同じ時間を過ごそうと、会えるなら会います。
    でも、これがよくないのかなぁと思い始めました。
    初期で毎週は会い過ぎなのかも。

    知りたいとか、知ってもらいたいと思うとき、雑談(会話)をするようになる。

    →雑談しますよね。
    アプリくんとは、ほぼ沈黙。沈黙を切って話始めるのは、ほぼ私。
    食事中も無言、目が合えば美味しいしか言わない。
    本当に何してるのかしら、私は。

    飲み会くんとは、止まらない雑談。
    食事中も雑談、美味しいって言ったあと、また雑談。

    kouさん、新しい気付きです。
    雑談振ってくれる人がいいです。

    • さくら子✿
    • 2024年 2月 22日 19:38:15

    この記事こそ今の私にピッタリでした!!
    読んだだけで解決した気分、嬉しいᐠ(˶ᐛ˶)ᐟ

    んー、でも解決はしてないのだから彼にどう伝えようかなぁと考えなきゃ(^▽^笑)

    何ならデート自体が大きな雑談みたいなものですよね。
    ↑↑↑ですよね!ですよね!
    私は雑談大好きですし、雑談がなかったらデートじゃないんじゃないか…と最近思ってました。
    すごくつまんない。
    お買い物デートで一緒に見ながらあれこれ喋りたいのに、彼は「好きなもの選んでね!お金は僕が出すから」的なスタンスで付いてくるだけ(極端に言えば、です)

    デートしてもほとんど余計な話はせず、会って抱き合ってキスしてセックスして、食事してはいさようならまた明日。

    ↑↑↑からだ目的みたいで嫌です。

    コメントを読むと女性にも雑談が苦手な方がわりといることがわかりました。
    彼も同じように雑談が苦手かもしれません。
    頑張ってもらいたいけど、もしかして彼にとって雑談は辛いことかもしれないと思ったら無理させられないです。
    このことについて少し彼に話してみようと思いますが、無理そうなら別れようかなと思ってます。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント