恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

道徳観とは(クリスマス特別サービス)

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

今日は26日です。

はい、26日です。それが、何か(笑)。

26日なので、今からクリスマス特別サービスです(^^

 

僕がクリスマスをスルーしたという噂がちらほら聞こえてきますが、スルーしていません。

例年、このブログでのクリスマスは26日と決まっているのです(笑)。

嘘です(^^;

そろそろ書かないとなー、と思いながらあれこれ考えているうちに、気がついたら24日になっていて、さらに一眠りしたら25日の深夜になっているんです。

 

というわけで、今年もクリスマス特別サービスをやります。

今回のテーマは、道徳観です。

 

非常に大事です。

もうこれだけを見ていればいいと言ってもいいすぎではないくらいに大事なことです。

今年ももしかすると、これをテーマにした話を何度かしているかもしれません。

 

おかしな恋愛に女性が悩む場合、基本的には初期の見極めに誤りがあったということが原因です。

つまり恋愛の相手としては相応しくない人物と対峙していたということです。

本当に多いですよね。

「あり得ないクン」と毎日バトルをしている女性が本当に多いです。

 

他人から見たら、そのあり得ないクンが本当にあり得ない男だということが分かるんです。

でもそれを目の前にしている本人の女性には分かりません。

分かりにくいことです。

 

ちょうどこのクリスマスでも、あり得ないクンたちの行動は目に余るものがありました。

続々とその報告が上がってきています(笑)。

その中でも一番多いのが、

クリスマスの予定をスルーされました

というものです。

 

ああ、Kouさんのように華麗にスルーしたんですね!

だから、スルーしてませんってば(^^;

こうやってクリスマス特別サービスの記事を書いているでしょう。

 

とにかく、クリスマスという大事な大事なイベントを、それらしい理由を付けて、あるいはそれらしい理由も何もなく、そのまま流してしまっているふざけた男がいたんですよ〜。

な〜にぃ?やっちまったなー!!

もう、あり得ないクンというのは、やっちまったマンと同じです。

スルーした時点で何もしていないんですが、何もしていないという大罪を犯しているんです。

 

ちょっと前の記事でも言いましたよね。

クリスマス必勝作戦

クリスマスって、誰の誕生日を祝うもの何でしたっけ。

はい、0.5秒で即答してください。

時間切れです。

答えは、「私の誕生日」ですよね。

イエス様の誕生日ではありません。私の誕生日です(笑)。

たとえあなたの誕生日が、8月だったとしても、12月25日はあなたの誕生日です。

 

感覚の問題ですよ。

重みの話です。

クリスマスをスルーするというのは、誕生日を無視されるのと同じだという意味です。

誕生日は知らない場合もあります。ちゃんと覚えていない場合もあります。それはそれで問題ですが、特にごく初期だと誕生日を祝いづらい場合もありますよね。

しかしクリスマスは違います。

クリスマスって何日だかよく知らないんです。ボク、キリスト教じゃないので。

というようなふざけたセリフを堂々と吐く男がいたら、アバンストラッシュを食らわせるべきです。

 

誰でも知っているわけです。

12月25日がクリスマスだということを、誰でも知っているんです。

知らない人はこの国には一人もいません。

なぜなら、こんなクリスマス商戦が控えめになっているような今年であっても、街は12月だけ妙に明るいんですから。

クリスマス?忘れてたわ・・・

などと言わせてはいけないのです。

 

今回の道徳観のテーマは、恋愛における道徳観です(^^

人間一般の道徳観は、今まで散々話をしてきているので、もういいでしょう。

恋愛における道徳観をちゃんと持っている人物とだけ向き合ってほしいんです。

 

クリスマスをスルーする男は、分かっていてスルーしています。

それがどういう意味を持っているのか、分かっていてスルーしているわけです。

それって、もう裏切りみたいなものですよね。このくらい厳しく見た方がいいです。

 

変な話、24日とか25日にこだわらなくてもいいんですよね。

本当はそのくらいの日がいいんですが、20日前後しか都合がつかないからという理由で、その日でもいいんです。

スルーが一番許せないんです。

「KS」という略語があります。僕はこれを今年知りました(笑)。

あなたは何の略語が知っていると思いますが、これを再定義します。

「KS」は、クリスマススルーです。

Kouさん、クリスマスはKじゃなくてCです。

シットルワ、そんくらい(^^;

大体既読スルーのスルーも「S」じゃなくて「T」なんですよね。

そんな細かいことを気にしてはいけません。

「KS」は忌み嫌われる行為です。

今日から、「KS」という単語を見たら、「クリスマススルー」であり、絶対に許されない行為だと再定義してください。

クリスマススルーに比べたら、既読スルーなんてゴミみたいなものです。

 

KSは大罪です。

犯したら一発で免許取り消しです(笑)。

もう一回学校に通って出直してきてください、ということですね。

 

ちゃんと考えてほしいんです。

これはどんな形態の恋愛でも同じことが言えます。

職場恋愛だろうが、遠距離恋愛だろうが、禁断の恋だろうが、一切関係ありません。

スルーされましたと泣き言を言っている場合ではないのです。

 

男女間の約束を守らない時点で、もうその男は失格です。

Kouさん、クリスマスは約束したわけじゃないんですが・・・

と思うかもしれませんが、じゃああなたは誕生日のお祝いをすることをいちいち約束するのでしょうか。

もうね、決まっているんですよ。

決まっていることなんです。知っていることなんです。

曲がりなりにも交際状態になっているのであれば、祝うべきものは祝わないといけません。

 

毎年すると決まっていることなんですよね。

この感覚が欠落している相手なのであれば、それが分かった時点で葬ってください。

これが見極めです。

どんなに恋愛経験の少ない男性でも、誕生日とクリスマスを祝うと喜ぶこと、そしてそれを全ての女性が例外なく求めているということを知っているんです。

 

Kouさん、私はお誕生日もクリスマスも祝ってほしくないです。

などという女性はここにはいないと思いますが、もしいるのだとしたら、もうこの先は読まなくていいです。メルマガも解除した方がいいですね。

よほど特殊な思考の持ち主でもない限り、すべての女性がこれを求めています。

ここでいう特殊というのは、ネジが飛んでいる狂った女性という意味です。残念ながら、そういう女性は普通の男性と恋愛するのは無理なので、自分と同じように頭のネジの代わりにクギが打ち込まれているようなぶっ飛んだ男を探すしかありません。

そんなことはどうでもいいです。

とにかく、現代女性のこの気持ちを正しく理解できる男性だけを相手にしないといけないんです。

何をしたら女性が喜び、何をしたら女性が悲しむのか。

そしてその女性が悲しむ行為をすれば自分の心が正しく痛む男を求めることです。

 

あり得ないんですよね。何回考えても。

どうしたら平気な顔でドタキャンできて、次の日に平気な顔で連絡してきて、また別の日に平気な顔でセックスを求めてくる男の感覚が(笑)。

おかしいと思わないといけません。

人の痛みが分からない人と、恋愛はできないということです。

 

この恋愛の道徳観を持ち合わせている男性が相手なのであれば、どんな恋愛形態でも苦しくないんです。

会えなくても、会えないなりに何かしてくれますから。

ドタキャンができるのは、約束を反故にしても何とも思わない心の持ち主だからです。

 

さて、最後に僕からクリスマスセールの案内を出します(笑)。

今年の年末年始はステイホームだそうです。つまり、勉強しまくれるということです(^^

恋愛の勉強をしまくってください。

 

今年開始した「弱者の戦略」の提供を、この年末で終わります。まだ全記事を出し終えていないので、全記事が終わった後で再開するかもしれませんが、同じ価格では再開しません。

現在の価格で購入できるのは、今だけということになります。

この期間に「弱者の戦略」を購入した場合の特典として、現在は非公開になっている3つの記事の閲覧権を付けます。

  1. 男性が求めている「かわいい」とは何なのか
  2. 男性を喜ばせる言葉をごく自然に連想できるようになる唯一の方法
  3. 永遠に愛される技術

来年以降、「弱者の戦略」の販売を再開したとしても、これらの記事を読む権利は出しません。しかも値上げされます。

※例によって現時点ですでに「弱者の戦略」に参加している場合は、この特典をそのまま受けられます(^^

実践・恋愛技法「一、弱者の戦略」

受付期間は、2020年12月26日〜2020年12月31日です。

「弱者の戦略」のコンテンツになっている記事は、一つ一つが重量級です。

すでに予定の倍以上の量になっているので、通しで読むだけでもそれなりに時間がかかります。今もローテーションしながら読んでいる女性がたくさんいますが、おそらくいくつかの記事を何度も往復して読むことで違うものが見えたりしているのだろうと思います(^^

自分は立場的に弱者だと思っている女性は、視点を切り替えることによってそれを強みにできます。

弱者には弱者の戦い方があります。弱者だからというだけで相手に振り回されるだけの状況になるのは、思考停止しているからでもあります。

その状況を打開するためのヒントと戦略を授けます。

この年末年始に、強くなりませんか(^^

実践・恋愛技法「一、弱者の戦略」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (30)

    • あえか
    • 2020年 12月 28日 11:32:02

    今カレにインプットしときました。

    あえ「クリスマスはあえかの
       第2の誕生日だと思って」
    カレ「イエス」←ダジャレ(笑)

    • naoppy
    • 2020年 12月 29日 0:37:27

    クリスマススルーというより
    クリスマスは普通の日と言う人は
    論外ですか?

    スルーされて怒ったら悲しんだら
    子供か!クリスマスだからなんなんだ、
    そんなルールあるのかと、、、

    • ユイ
    • 2020年 12月 29日 16:30:56

    「ちょうどこのクリスマスでも、あり得ないクンたちの行動は目に余るものがありました。」

    あり得ないクン(笑)

    「スルーした時点で何もしていないんですが、何もしていないという大罪を犯しているんです。」

    本当にね。

    「『KS』という略語があります。僕はこれを今年知りました(笑)。
     あなたは何の略語が知っていると思いますが、これを再定義します。
     『KS』は、クリスマススルーです。」

    へぇーΣ(oωo*)
    知りませんでした。

    「シットルワ、そんくらい(^^;」

    なぜ、カタカナ?

    「毎年すると決まっていることなんですよね。
     この感覚が欠落している相手なのであれば、それが分かった時点で葬ってください。
     これが見極めです。
     どんなに恋愛経験の少ない男性でも、誕生日とクリスマスを祝うと喜ぶこと、そしてそれを全ての女性が例外なく求めているということを知っているんです。」

    はい(•ω•´*)

    「さて、最後に僕からクリスマスセールの案内を出します(笑)。
     今年の年末年始はステイホームだそうです。つまり、勉強しまくれるということです(^^
     恋愛の勉強をしまくってください。」

    わぁ、商売上手~(笑)

    何も始まっていない相手に冗談で言ってみました。

    私「え~、プレゼントは~?」
    彼「用意してませんよ、ユイさんにプレゼントなんて」
    私「つまんないのー(・ε・)」
    彼「〇歳過ぎたらね、クリスマスなんてね」
    私「年齢じゃないでしょ、元々でしょ」
    彼「まぁね」

    『この人、つまらない男性だったんだなぁ』
    とこの会話で思ってしまいました。

    女性を喜ばせる喜びを知らないなんて。

    目覚めさせてもらえていなくて、
    かわいそうとも言えますが、
    なんだかとってもガッカリ(笑)

    • あやちゃき
    • 2020年 12月 30日 8:24:42

    まだ元カレと付き合っていた、去年のクリスマス。
    彼のお父さんが手術をしたということで、九州の実家に帰省するからクリスマスは一緒に過ごせないと言われました。
    わたしもさすがに「なんでよ!」とは言えませんでしたので、素直に受け入れました。
    彼は「帰ってきたらクリスマスしよう」って言ってくれたんです。
    でも、東京に帰ってきて渡されたものは、3000円程度のネックレス。
    え…?これだけ?って正直思いました。
    去年のクリスマスにかけてくれた金額の1/10にもなりません。
    こういうのも、あり得ないクンの部類に入るんでしょうか。
    それとも、彼のお父さんが大病を患ってしまったから仕方ない、気持ちに余裕がなかったんだと諦めるべきだったんでしょうか。

    その当時のわたしはというと、馬鹿にされてる気がして怒り狂いました。笑
    楽しみにしてたのに、お父さんが病気だって言うからクリスマス一緒に過ごせなくても文句ひとつ言わなかったのに。
    やっと帰ってきて二人で楽しめるって思ってたら、こんなショボいクリスマスプレゼントなの…?って。悲しくなりました。
    わたしの価値が3000円だよと言われてる気がしてものすごく気分が悪かったです。
    この彼とは他にも色々タイミングが合わず、結局最後はお互い気持ちが冷めて別れてしまいました。
    わたしはどう対応するべきだったのか、今でも分かりません(^^;

    • りら
    • 2020年 12月 30日 16:00:11

    Kouさん、今年もクリスマスプレゼントありがとうございました。

    クリスマスは平日で短い時間しか会えないから週末デートにしたのですが、彼、ちゃんとプレゼントを用意してくれていました。
    それから、私は2月が誕生日なのですが、色々プランを考えてるから、誕生日の週末は2日間とも空けておいてね、という言葉も。

    年越しは私の家に彼が来ますが、実は元々、私は人の家に泊まるのも、人を家に泊めるのも苦手だということを先日彼に伝えたので(3回目の年越しにして言うという。。)、来年から年末年始の過ごし方は違う形になると思います。

    こういう小さな欲求や感情って、今までは自分の中で折り合いを付けたつもりが、心の底から納得してないために、別の時に小爆発したり、あからさまに不機嫌になったりしがちでした。

    彼に言ってもわかってもらえないかもとか、傷つけてしまったら嫌だなという気持ちが、心のどこかにあったのだと思います。

    でも、最近は、私が思い切って言った言葉ほど、彼はあっけないほどあっさりと受け止めてくれることがわかってきたので(笑)、少しずつ発していこうと思うようになりました。

    これも、自分が自分の味方になる、我慢しないに繋がるのでしょうね。

    今年もお世話になりました。
    毎年恒例のアレ、楽しみにしています。

    • テラリウム
    • 2020年 12月 30日 17:52:46

    ①包装紙、袋、リボンをお店で購入し、ラッピングを自分でしていたこと
    内側の見えないところがシワシワだったけど、そういうのが嬉しかったこと
    イベントに便乗するのは日本人の悪いところだ!なんて言ってた人が
    本当は24か25に渡したかったと言ってくれたこと

    ②おしゃれに疎い人なのに、行ったことのないお店に入り、周りはカップルや女性が多い中、店員さんに声を掛けて選んだ、朝からドキドキだったと聞いて勇気を振り絞った感が嬉しかったこと
    私がクリスマスって女性にとって大事なんだよ〜なんて話した時は興味なさげだったし
    勉強かな?と思ってた
    渡す時の演出が思い通りにならず、失敗した…と勝手に落ち込んでいたこと

    別々の方でどちらもクリスマス後です
    今月は会う予定も薄かったので何か特別なことをして欲しいわけでもなかった
    ただ、メリークリスマス♪のやり取りはしたかった
    やっぱり大切なイベントだから(^^)

    物はなんでも良いんです
    日にちも良いんです

    これをくれるの??
    えっ!?プレゼント用意してくれたの??
    貰えて嬉しいし不意打ちは更に嬉しい
    でも、その過程が1番嬉しい!!

    男性はちゃんと分かってくれるんだと感じ
    素敵なクリスマスの思い出になりました

    • もりかわ
    • 2021年 1月 05日 7:33:19

    Kou殿、素敵なクリスマスプレゼントをありがとうござりまする(*^ω^*)

    とっても大事な内容ゆえ、しっかり考えてコメントしようと思っているうちにもう大晦日がきて、あっ、もう年が明けてしまい、あっ、もうこんなに日にちが…!(`・ω・´;)アセアセ

    「クリスマスをスルーする男は、分かっていてスルーしています」という部分で胸が疼き、「すべての女性がこれを求めています」という言葉に、ぽたぽたと涙がこぼれ落ちましてござりまする。

    わたくし、ずっと、「誕生日は何回かお祝いしてくれたし、他のことでとっても良くしてくれるから」などと自分に言い訳をして、自分の女性としての気持ちに蓋をしていただけで、わたくしだって、わたくしも、本当は、毎年、クリスマスを好きな人と二人で一緒に楽しみたいとの気持ちがありますし、何か些細なものでもいいからクリスマスプレゼント…うぐっ…欲しかっ…ふぇぇぇ…。゚(゚´Д`゚)゚。

    うっ、うっ、そして、わたくしが愛しの殿に爆弾を投下して関係を木っ端微塵の焼け野原にしてしまった原因は、この「恋愛における道徳観」の違いだったなぁ、、だったんだなぁ、、と、読みながら、じくじくと感じましてござりまする。

    となると、今までわたくしが抱いてきた復縁を望む気持ちは、純粋な恋心よりも、未練や、情や、執着や、後悔をたらふく含んだ感情なのだと認め、手放さないといけないのだなと思って、ふぐっ…ぅぅ…(/ x;)くじゅぅぅ…

    今まで、本気の本気で愛しの殿と復縁する気でおりましたし、できると信じておりましたし、恋愛の勉強で得たものを活かして次こそ絶対うまくいかせる気でおりましたし、それこそがわたくしの幸せだと思っておりましたけれども、もしかしたら、それらは、現実逃避的な気持ちだったのやもと思いましてござりまする。にわかには認めたくのぅござりまするけれども。。。

    けれども、クリスマスの話題で真っ先に思い出すのは、愛しの殿から貰った「クリスマスプレゼントなんてないけどいいよね?」というメールの一文。

    それに、数年のお付き合い期間がありながら、クリスマスだからとお誘いしてもらったこともなければ、クリスマスプレゼントももらったこともなく、そういえば、わたくしが職場の方からクリスマスケーキをたくさんいただいた年に「たくさんあって食べきれない♡幸せ♡」みたいな内容をSNSに写真付きで投稿したら、それを見た愛しの殿に「分けてくれたら食べるの手伝ったのに〜笑」という、よくわからない&嬉しくない反応をされたなぁとか、そういう、イベントを一緒に楽しめなかった、むしろイベントを楽しむ気持ちは捨てないと、愛しの殿とはやっていけないと思わせられる思い出が頭の中でメリーゴーラウンド(全然メリーじゃない)

    花火デートも、水族館デートも、わたくしが行きたいと言ったところには連れて行ってはくれず、自分が行きたい場所、自慢してドヤができる場所、自分の都合の良い場所にしか、連れて行ってくれなかったなぁと、そんなふうに思ってはいけないのに、思い出されるのは、そんなことが多い気が………。

    愛しの殿は、人生の先輩としては尊敬できる人だけれど、女心が満たされる恋愛ができる男ではなかった。

    わたくしが、悲しくなるからやめて!と嘆願した時、はっきりと「乙女心に疎いオッサンだから許して」と言っておられたし。

    あ…そうだ……ペアルックにしよう!と言って買ってくれたブレスレットを、他の人に貸して、しかもその貸した人の写真を見せながらわたくしにニッコニコで報告してくるような、意味の分からないこともされ…頭を抱えながらブレスレットをゴミ箱にダンクシュートしたことも、思い出し…まして…ござりまする…。ペアルック…買ってくれた時、嬉しかったのになぁ…(T-T)本人が着けるから意味があるものをなにゆえ人に貸して喜ぶのか…そしてわたくしがそれを聞いて、どうして喜ぶと思うのか…ペアルックの意味…。。。じゃあペアルックだなんて最初から言うなや。わたくし、ペアルックにしたいなんて一言も言った事ないのに、ひーん…わざわざ喜びの味を覚えさせてから叩き落とすみたいな意味不明すぎて悲しい。。。

    愛しの殿と出会ったばかりの、女性性をガチガチに封印した少年だった自分にとっては、紛れもなく世界最高の男であり、人として成長するために必要不可欠な人であり、救世主だったけれども、

    男女のお付き合いを続けるうちに、女性性が開花してしまった今のわたくしには、、愛しの殿は、女性の楽しみや悲しみを理解してくれない男でしかなくなってしまったと、言わざるを得ないと感じまする。

    愛しの殿は「僕は花が好きで、水をあげるのが好き。だから君にも水をあげたい。」と、頑なに男女のお付き合いを拒否するわたくしの心を開いてくださりました。

    けれども、開いた心の奥、そこに隠していた女性らしさの種が、愛しの殿の水やりで育ち、その、愛しの殿のおかげで咲いた花が、愛しの殿のことを、今は、恋愛する男ではないと言っている。。。

    こんな皮肉なことがありましょうか(´;ω;`)

    この心の奥に咲く女性らしさの花を千切り捨てればまた愛しの殿と、出会った頃のように、楽しいお付き合いが出来る気がいたしまする。

    けれども、それだけはやってはいけない、やりたくないと、思ってもおりまする。

    「恋愛における道徳観をちゃんと持っている人物とだけ向き合ってほしいんです」

    このお言葉を素直に聴くならば、愛しの殿と向き合うことをやめなければなりませぬ。すごく、すごく、嫌でござりまする。苦笑。

    けれども、わたくしにとって大事な言葉だとも思いましたゆえ、ごちゃごちゃした愛しの殿への気持ちを少しずつでも片付けて、そうなれるようにしていきたいと思いまする。

    わたくしの恋愛のターニングポイントとなるような重要なお記事をプレゼントしてくださり、改めて、ありがとうござりまする!

    • まいまい10
    • 2021年 1月 05日 8:04:10

    おはようございます。

    もりかわさんのコメント読んで、朝から悲しくなっております。グサグサきております。

    わたしも、メールでですが、彼に「プレゼントないけどいい?」とか「プレゼント用意してない」とか平気で言われておりました。

    彼にとっては、″それでも会ってくれるよね?″という意味の確認だったのでしょうか?

    彼に問い詰めると、″トラウマが…″とは言っていたけれど、それでもちゃんと奥さんには高額なブランドものをプレゼントしているんです。

    ″ブランド品なら間違いないよね″と彼が思ってプレゼントしたとしても、=それは失敗したくない、ダサイと思われたくないという心の表れ。
    そのプレゼントを、催促されたのか、彼が能動的にしたのかなんて知らないけれど、「プレゼントした」という事実は彼の中で残るわけで。

    トラウマがあっても、プレゼントしてあげた女。

    今日の、承認にも書いてあったけど
    >自分がこれだけ動ける人間なのだと驚いた記憶もあります。

    奥さんには、彼の「苦手」は通じない。
    ″やらされてる″感あるのかも、そう思うことが私の唯一の救いの想像。
    でも彼は実際、プレゼントも、イベントも、お出かけも、わたしに苦手って言ってきたことを全てやっているのです。
    もうそれって、投資じゃん。と思わずにはいられないくらい。

    それでも、私にしてきたことも、事実で、
    そういう存在がいるにも関わらず、私に何度も向き合ってくれてる彼は何ものなんだと、いつも考えております。

    Xmas記事なのに、ちょっと私には心が痛む記事です。元夫とのことも思い出してしまうし、Xmasなんて小さい頃の記憶のままでいたかった。

    • 金平糖
    • 2021年 1月 05日 10:31:50

    いつもいつも素敵なコメントで楽しませてくれてる
    もりかわさまの心の内を吐露したコメント…

    とてもとても共感させて頂きました。

    何か引っかかる…けど!こうしてくれるし
    こう言ってくれるし大丈夫!!って
    自分自身に言い訳して気持ちに蓋をしてしまう…

    そしてそこまでしてるのになんで?って
    相手の方を責め立ててしまいたいきもち…
    とてもわかります。

    そんな悲しい気持ちに向き合いながらも
    私も含め他の方々が明るい気持ちになるような
    言葉選びと文章力で楽しませてくれる
    もりかわさまはとても強くとても良い女だと思います。

    そんな女性が幸せにならないはずがない!笑

    勝手に共感して勝手にコメントさせて頂いて
    失礼いたしました。
    いつも楽しませて頂いてありがとうございます。

    • 鈴蘭
    • 2021年 1月 05日 11:20:08

    もりかわさんの話が沁みる…
    私の彼も、よくよく考えたら私の行きたいところ、一度しか連れてってくれてないw
    彼の行きたいところが面白いところばかりだったので不満はなかったのですが。
    ただ、私のためにたま~にやってくれたことも心によぎります。

    もりかわさんの愛しの殿は、花を咲かせることは得意だったけど、
    咲いた花があまりにも大きく可憐だったのかもしれませんね。

    うちのポンコツもKSの上SS(正月スルー)!
    そのくせ仕事が始まって、癒されたいからと電話を何度もしてきます。
    そのうち会いに行くとも言われました。
    現在私は怒りもせず、求めもせず、ただただ優しく電話に出て応対するだけの女です。

    三が日一人ぼっちだったので先輩を誘って飲みに行ったのですが、その先輩に

    上手くいかないのはわかっているが、どうすればいいのかわからない。
    相手の考えも自分の考えも読めない。
    電話に出ればいいのかすら迷っている

    と心情を打ち明けたところ

    「まだちょっと好きなんやろ?迷うくらいなら決断するな。放置しておけばいい。」
    「世の中に、決断を急がなければならないような問題なんてほとんどない」
    「心から納得できたときでない限り、決断はしてはいけない」

    というありがたい金言をいただきました。
    (注・この方は問題を先送りするようなタイプではなく、超仕事が出来るおにーさんです)

    色々頭の中でつながって、そういえば男はグレーが好きだったなぁとか、だからこそ時間をかけるべきだとか、バッサリ切り捨てたり爆弾投下が好きな女性は多いんだったなぁとか色々走馬灯のように巡りw
    「もう別れる!」→「やっぱり…」を繰り返しているのは
    納得をせず感情のままに決断するからなんだなと思いました。

    しばらくは彼の嫌いな「ヒステリー」を封印し、求めることもせず、やり過ごす。
    ただ、彼だけにならないよう色々な男性とデートしたりやり取りして、
    淡々と過ごそうという結論になりました。

    私を手放したくないならこっちに寄せてくるだろうし、
    私を手放してでもクソポリシーを貫きたいなら自然消滅するだろうし。
    私も、数人の男性に出会うだけでは彼以上の人に出会えないだろうけど、
    数百人会ったらさすがに出会えるだろうし。。。

    だってさ、どんだけ好きでもさ、
    憧れちゃうよ「恋人はサンタクロース」!!!
    プレゼントを抱えて雪の町からわざわざ来てくれるんだよ!!!
    そんな恋人に比べたら、なーんもしないあんたには塩対応になっちゃうわ。

    取り乱しました、失礼。

    とりあえずひとしきり悶絶したから、「スン…」としときます。
    文句も言わず、嫌味も言わず。
    あとは勝手に相手が考えてくれるっしょ!

    もりかわさんもせっかく美しい大輪の花を咲かせたんだから、キラキラニコニコしときましょ♪
    絶対素敵な花のはず。その花の価値を分かり愛でてくれる人、きっと現れる気がするんだよなぁ。

    • 鈴蘭
    • 2021年 1月 05日 11:30:05

    というか単純に、
    もりかわさんみたいに可憐な女の子が、
    どんなささいなものでもいいからプレゼント欲しいってしくしく泣いてるのに
    それに応えないなんて男じゃないだろぉぉぉ
    人の血は通っとるんかぁぁあ

    もう今すぐそばに行って抱きしめてなでなでしてあげたくなる。

    お姉さんがなんでも買ってあげたいよぉぉ
    いらないだろうけど…笑

    • もりかわ まいまい10様へ
    • 2021年 1月 05日 15:10:34

    わわわわ…朝から悲しませてしまって、なんだか申し訳ありませぬ(>人<;)

    気の利いたことが何も浮かびませぬけれども、何かいいことがあって、ご気分が戻っておられることを、勝手ながらお祈りしておりまする!

    ただでさえ、寒い冬は気持ちが滅入りがちになりますものゆえ、暖かくして無理せずにお過ごしくださりませ♡
    まいまい10様に幸せがいっぱい降り注ぎますように(*`・∀・´ノ)ノ˚✧₊⁎⁺˳✧༚

    • もりかわ 金平糖様へ
    • 2021年 1月 05日 15:13:54

    て、天使かな…!?

    颯爽と現れ、さらっとわたくしの気持ちに寄り添ってくださり、重たーい気持ちを、ふわっと軽くしてくださった上に、感謝まで、、ヽ(*;▽;*)ノ!!?

    寄り添い天使な金平糖様!こちらこそ!こちらこそありがとうござりまする(*>人<*)♡

    「そんな女性が幸せにならないはずがない!笑」

    とっても嬉しくて、元気になって、自信が湧くお言葉もありがとうござりまする(*≧∀≦*)!

    わたくしは、なんだか、もう、すでに、めっちゃ幸せでありまする…!この幸せがマイナスにならない、いや、もっと幸せだと感じさせてくださるような殿方と向き合うようにしなければなと、改めて思いましてござりまする(*`・ω・´*)o)))がんばる♪

    • もりかわ 鈴蘭様へ
    • 2021年 1月 05日 15:20:22

    ぉぉぉん( ノ*;∀;*)ノ
    お優しき鈴蘭様の胸に飛び込みとうござりまするー!そして、イチゴ大福買って欲しゅうござりまするー(*≧∀≦*)!(今日はイチゴの日だそうなので!笑)

    でも、愛しの殿からも「クリスマス以外」のプレゼントなら、たまに、お土産とか、お土産とか、お土産とかを頂いておりましたゆえ、(あれ…?お土産ってプレゼントなのかな…?)

    あっ、誕生日プレゼントはちゃんとプレゼントとして用意してくれたものを頂いたことがあり、全く何も貰ったことがないわけでないために、なおさら、「ないけど…」と言っている相手にクリスマスプレゼントも欲しいだなんて言い辛くて、その時は、物分かりよいこちゃんになって我慢しちゃったのでござりまする(T-T)しくしく泣けば良かったー!本当、我慢良くない。

    そして、鈴蘭様のお話、とってもとっても勉強になりまする(`・ω・´)!

    似たような悩みと向き合って乗り越えておられる姫様から直接コメントをもらえるというのも、めっちゃ心強く思いまする…!ありがたき幸せ…!

    「まだちょっと好きなんやろ?迷うくらいなら決断するな。放置しておけばいい。」
    「世の中に、決断を急がなければならないような問題なんてほとんどない」
    「心から納得できたときでない限り、決断はしてはいけない」

    このおにーさんのご助言も、びびびっと痺れましてござりまする(*⁰▿⁰*)まさに金言!

    わたくし、このクリスマスのお記事を読んでから、「決断しなきゃ…!もういい加減決めなきゃ…!」と無意識に焦ってて、それで余計な苦しみを味わっていたかもと気付かされましてござりまする。

    どちらにせよ、つらいのはつらいわけでござりまするけれども、自分を追い込んでもっとつらくなるようなことまでしなくても良ぅござりまするよね(^^;)

    そして、「スンッ」と余裕ができるまで、悶絶する時間も大事かも(*゚∀゚*)!

    Kou殿も常々「納得感が大事」と教えて下さっておりますし、納得いくまで、悶絶しながらとことん向き合って、決断は納得してからと、肝に銘じまする\\\\٩( ‘ω’ )و ////

    そして、鈴蘭様が言ってくださるような、立派な花とはまだまだ言えぬ、小さな花でござりまするけれども、せっかく咲かせた花をいつか優しく愛でてくださる素敵な殿方と出会えるように、ちゃんと大事にして、キラキラニコニコしていたいと思いまする(*^ω^*)!

    • もりかわさんへ peacefulbird
    • 2021年 1月 05日 20:44:57

    私が弱々になっているときに元気を出させてくださったもりかわさん。
    そんなこんなで私は勝手にもりかわさんに恩義を感じているのですけれども、
    そんなもりかわさんに、今何か、私ができることがないかなという気持ちでいます。

    が、
    …不甲斐ない
    …何も言えね

    優しさとユーモアと知的さを持ち、
    そして素晴らしく素敵な個性を爆発させまくっているもりかわさん。
    そんな女性はなかなかいません。
    私はもりかわさんよりもきっとだいぶ年上ですけれども、憧れというか尊敬というか、まあとにかく、素敵な方だなと思っております。
    繊細なところも。

    温かい美味しいもの食べて、いろいろ考えつつ、ゆっくり元気出してくださいね。

    大丈夫!

    • もりかわ peacefulbird様へ
    • 2021年 1月 06日 5:19:24

    ほわぁ(*⁰▿⁰*)♡
    それほどまでに思っていてくださって…!感無量でござりまする!

    すごい量の恩が返ってきた…!
    恩、返しすぎでござりまする…!笑。

    わたくしこそ、おつらい中で、見ず知らずの他人の意見に耳を傾け、やるべきことをしっかり自分で決めて努力し続けられて、見事に素敵な生活を手に入れておられる気高きpeacefulbird様のことを、尊敬し憧れておりますゆえ、なおさら、心に染みまする(*;ω;*人)

    そして、そんなpeacefulbird様に「大丈夫!」と言っていただけると、なんだか、それだけで「大丈夫!」という自信が湧いてきて元気になりまする(*≧∀≦*)ありがとうござりまするー!

    「温かい美味しいもの食べて、いろいろ考えつつ、ゆっくり元気出してくださいね。」

    ふふふ、はい(*´∀`*人)!

    peacefulbird様の毎日の献立を盗み見ていや、見習って、自分にも美味しいものを食べさせてあげようと思いまする♬

    • 夜更かしさんが好き もりかわさんへ
    • 2021年 1月 06日 7:46:11

    もりかわさん

    お正月早々こんな気持ちになってしまっておつらいですね。いつもユーモアとウイットにあふれ、可憐さも兼ね備えたもりかわさんが、と思うと胸が痛みます。

    kouさんがおっしゃっていることからは少しそれてしまうかもしれませんが、私は男性の恋愛道徳観って変わる(変えられる)と思っています。

    一例ですが、まさにもりかわさんの元彼さんのよう(、に輪が何重にもかかるほど)だった元夫が、今嫁さんの希望には何もかも対応しているということが、彼女が私に見ろアピールしてくるSNSを通じて見てとれてます。あれほど毛嫌いしていたSNSに顔出しするほどですからその変わりようといったら、、^^;→ここ、軽やかに読んでいただければ

    恋愛のお勉強をして大輪の花を咲かされているもりかわさんなら、大抵の男性の恋愛道徳観を育て直すことができるのでは?と思っておりますよー。

    私の今彼さんも、恋愛道徳観かなり違うのですが、気長に私の好みを把握してくれるように育てるつもり。

    あ、ちなみに元夫も今彼さんも立派な50男です。

    横から口出しすみません、予期せぬことばかり起こる世の中ですが、なるべく前をむいてともに楽しく恋愛の勉強に励みましょう♪

    • もりかわ 夜更かしさんが好き様へ
    • 2021年 1月 07日 7:41:05

    なんと…!わたくしのために胸を痛めてくださるだなんて、お優しすぎまする( *;∀;*人)

    おぉぉ、なるほど、そのように、わたくしの愛しの殿と似たような殿方でも、50代という成熟した殿方でも、恋愛道徳観が変わるというケースも存在するのでござりまするな!

    毛嫌いしていたことをやるようになったというのは、なかなかの変わりよう….(OvO)ビックリ

    そして、自分以外の人には、わたくしの花が大輪に見えているのだということも、なんだか意外で、そして、嬉しゅうござりまする(。・ω・。)テレテレ

    わたくしのために、貴重な体験をお話ししてくださり、ありがとうござりまする(*^ω^*)

    そして、夜更かしさんが好き様の、気長に育てるという心意気も、素晴らしいと感じましてござりまする!

    確か「女性が変われば男性も変わる」という内容のお記事もありましたものな(*゚∀゚*)ピコーン!

    わたくしも「愛しの殿、いざ決着の時!お覚悟なさりませ!」と、諸刃の剣で斬りかかるのではなく、もっと長い目で見た時、どうなのか?というのも意識しながら、前向きに自分の気持ちを見つめてみたいと、色々と考えさせられましてござりまする(`・ω・´)!

    「予期せぬことばかり起こる世の中ですが、なるべく前をむいてともに楽しく恋愛の勉強に励みましょう♪」

    なんと、おおらかで心強いお言葉…!
    わたくしも、夜更かしさんが好き様を見習い、余裕たっぷり姫を目指して、お勉強頑張りまする٩( *’ω’ *)و!!

    • もりかわ殿 響子
    • 2021年 1月 08日 9:33:30

    実は数年前。
    もりかわ殿がお書きになったクリスマスケーキエピソード。私は誕生日ケーキですがまったく同じ事をやりました(笑)

    大分前に別れたんですが。
    (というか付き合っていなかった)

    で、向こうから去年になってちょっかい出されて、やり取りが始まったんですが、、私も同じような事をされたんです。
    ペアブレスレッとじゃないんですが、似たり寄ったりなレベルの事をされてございます。

    私はもりかわ殿のように平和的な優しき姫君ではなかったので、、、

    「こっちがばばあぶりっこやってりゃ調子くれてんじゃねぇよ」とPCの前で激怒し(笑)こっちの関心を引くためにそういう事をするのはやめるように、彼に伝えました。
    やめなかったです。

    この男、昔、とっちめてやったのにまだ懲りてない。

    今度はブレスレットみたいな真似をするわけでございます。

    どうしてか?

    彼のやっている事はやっぱりこれになると思います。
    「調子くれてる」
    (※自分が相手から好かれていると思って、良い気になっている様。調子にのっている様)

    「相手の好意に胡坐をかいている」わけでございます。
    何やっても離れて行かないだろうと。

    ブレスレットの件も、やってる方は軽い悪ふざけなんですが、やられた方は凄く傷つきます。
    どういうつもりなんだって。
    こちらが素直に喜んでいたのに、向こうはそこから叩き落としてヘラヘラっと喜んでいる節がございます。

    解決策として、メルマガの冷蔵庫のお話しがあるように思います。
    私の扱いは私が決めると。

    私も昔は良くわからなかったんですが、NOの出し方というのがあるのだと思います。

    メルサポにあえかさんが書いて下さっているコメントが、まさにずばりではないかと。
    (勝手に失礼。あえかさん)

    嫌な事を嫌と主張したら、流されない事なんだと思います。

    嫌だと主張しているその一方で、『その主張と矛盾している事』をやっていたり、結局相手に負けて応じてしまっているみたいな状況を作らないというのか。

    ご自身が水族館へ行きたいと言ったら、そこへ彼がデートに連れていくまでデートに行かないでおくと良いと思います。
    私は水族館に行きたいんだと。

    「乙女心に疎いオッサンだから許して」
    と言って彼が言っておられたら、嫌ですで断って良いと思います。

    許すと、「乙女心に疎いで済ませるオッサン花」にせっせと肥料をやるようなので。

    そういう風にしないと男ってわからないんだと思います。

    そうやっていると、相手の男性の性格によっては関係が悪くなってきます。
    お前とは合わないとか、もう付き合って行けないとか。
    会わないとかデートしなくなるとか。
    連絡来ないとか、無視するとか。
    そういう態度に出てくるパターンもございます。

    すべて放っておいてやると良いと思います(笑)

    そういうある種の脅しのような相手の態度に屈しない女性になれた時、初めて男もわかるんだと思います。

    「これまでの自分の態度が通用しない」
    と。

    すぐに態度が改まる男性もおりますが、お付き合いに歴史があると相手にも調子にのってきた歴史というものがございます。
    調子くれてたって平気さと、変な自信があるわけです(笑)

    自分が態度を改めないと本当にいけなかったんだと彼がわかるまで、もりかわ殿の態度がゆるぎなくても半年位かかる場合もございます。

    その間、彼がそのように調子くれた男になったのは、自分が納得のいかぬ扱いに耐えてしまった故なのだと、姫君であるご自分を動かされぬことが重要かと。

    もりかわ殿が、ご自身のその素晴らしき花の価値に気が付かれた今こそが、幸せになられるスタート地点に立たれた時ではございますまいか。
    何をお嘆きになられる必要がございましょうや。

    この花を摘んではならぬという強い思いこそ花を守る盾。

    その盾がなければ、時に台風に危なくさらされる芍薬になりましょう。
    大輪故にまともに吹きあたる風もございます。
    強い風が吹けば茎が折れてしまいます。

    こうすれば自分に折れるだろう、手に入るだろうと。冷風は考えるのでございます。

    茎や花を守る一番必要な盾を、もりかわ殿は手にお入れになられたのではございますまいか。

    それで去る男であれば、それは害虫でしかない男だったのでございます。
    その時、この道徳観のお話で納得されたらよろしいのではないでしょうか。
    (^^

    ☆それで去れるような男だったら、何年という単位で、付き合えってきたわけないと思いますが(笑)

    • 響子
    • 2021年 1月 08日 9:39:02

    「そうやっていると」
    というのは、ちゃんとNOをNOとして出しているとという意味で書きました。

    • もりかわ 響子様へ
    • 2021年 1月 09日 10:21:50

    わぁ響子様も(*゚∀゚*人)♡

    ご自身の経験を踏まえ、わたくしのことを親身に思い温かいコメントをくださって、ありがとうござりまする(*^ω^*)

    はい(`・ω・´)!
    意識が変わった今こそ、響子様やあえか様がおっしゃるように、自分自身に問う時間をしかと設け、女性としての本当の望みと向き合い、

    自身の女性性がNoだと言っていることはNoであると主張を曲げぬ揺るぎない強さを持ち、二度と「嫌よ嫌よも好きのうち」状態にはならぬよう邁進いたしまする٩(* ‘ω’ *)و

    • まり姫
    • 2021年 1月 09日 12:19:05

    クリスマスってイエスの誕生日ではなく、わたくしの誕生日だったのですね。
    初めて知りました。お勉強になります。

    昔、男性からクリスマスの予定をそれとなく探られたのは、そういう意味だったのですね。
    当時「仕事が入ってます!」と答えましたが(本当にお仕事でした)。

    • ゆりけいこ
    • 2021年 1月 13日 23:15:19

    付き合ってまだ1ヶ月たっていない彼について。
    クリスマスは体調を崩していた(私が)のもあったし、まだ付き合い始めて数週間しかたっておらず、それまでに全くクリスマスの話題も出てなかったので、お相手も結構年上だし、もうそう言うかんびじゃないのか〜まあいいか、と思っていたら!!!
    体調が回復して、クリスマスから数日経ってからあったときに、プレゼントのサプライズ!!!クリスマス会えなかったけれど(^^)と言って手作りのアクセサリー!!!
    とっても嬉しかった♡

    • まいまい10
    • 2021年 2月 16日 16:30:58

    >この期間に「弱者の戦略」を購入した場合の特典として、現在は非公開になっている3つの記事の閲覧権を付けます。

    1男性が求めている「かわいい」とは何なのか
    2男性を喜ばせる言葉をごく自然に連想できるようになる唯一の方法
    3永遠に愛される技術

    ↑これってどこにあるんですか?
    閲覧権はパスワードですか?

    • 浪花の女
    • 2021年 5月 07日 22:23:09

    【何をしたら女性が喜び、何をしたら女性が悲しむのか。
    そしてその女性が悲しむ行為をすれば自分の心が正しく痛む男を求めることです。】

    最初は彼本人が思うように愛情表現をしてくれて、満足していました。
    次第になくなり、求めてもSS(全てスルー)。
    最近になって、ようやくです。
    求められる姿を見せようという姿勢が見えてきました。
    私が何を求めているのか、伝えていきます。
    絶対分からせます。
    SK(全て叶え)させます。

    • ぴろ
    • 2021年 9月 08日 19:06:57

    >人の痛みが分からない人と、恋愛はできないということです。

    これ、、自然に言ってたわ(笑)
    正確には、ちょっと違うけど。
    「人の気持ち分からない人とは恋愛したくない」と言ってしまってた。
    意味は、まるっきりkouさんが言ってるのと同じで、そういう意味で言ったから。

    言った時期や誰に言ったかは、ここでは内緒にしておきます。

    強いわたしもいたんだなぁ。
    ちゃんと感覚あったんだ…

    • さくら子✿
    • 2021年 12月 12日 13:29:24

    文が面白くて笑っちゃいました〜(^▽^笑)
    そーだった、そーだった
    クリスマスは私の誕生日でしたネ!

    私はkouさんの文章がおもしろくて大好きなんですけど、笑って楽しくなって終わってたらダメ!頭に叩き込まねば、です ٩( ‘ω’ )و

    真面目に、良い内容でした。
    12H5限目のキーワード、道徳観について復習中、考えています。
    恋愛における道徳観、それこそ元カレは誕生日もクリスマスもなくてメチャメチャでした!

    今年は誕生日もクリスマスもうどんの彼が色々仕掛けてくれたのでとても嬉しい( *´꒳`* )
    自分がどれほどイベントを楽しみにしていたのか、どんなに我慢していたか気づけました。

    道徳観は大事ですね。

    • まいまい10
    • 2021年 12月 12日 17:52:05

    >この期間に「弱者の戦略」を購入した場合の特典として、現在は非公開になっている3つの記事の閲覧権を付けます。

    ①男性が求めている「かわいい」とは何なのか
    ②男性を喜ばせる言葉をごく自然に連想できるようになる唯一の方法
    ③永遠に愛される技術

    ↑これ、まだ出てないですよね?
    弱者の戦略記事が終わったらでしょうか?

    • 響子うさぎ
    • 2021年 12月 25日 19:34:19

    【クリスマスをスルーする男は、分かっていてスルーしています。
    それがどういう意味を持っているのか、分かっていてスルーしているわけです。

    それって、もう裏切りみたいなものですよね。このくらい厳しく見た方がいいです。】

    去年は年末の30日になって、彼から「イブの方で会うのOKだよ」と連絡があったのに気が付いてブルーになった思い出があります。

    今年は自分から断りました。
    12月に入って会う約束の日に彼が来ず、相変わらず駆け引きな事を言うので。

    (どう考えたって時期尚早なのに、最初の頃から結婚結婚。
    ふわふわ~っと結婚を無責任に考えている。
    「結婚するんだったら会うんだけど~」
    って、謝りに来なきゃいけない立場でそういう事を仕掛けてくるって
    道徳観にこれ以上ないって位の問題があるとよくわかりました。
    堪忍袋の緒が切れました)

    「貴方が今日来なかったら、私の誕生日やクリスマスは他の人とお祝いするって決めてた。
    待ち合わせしたら普通に会える所から始められる普通な恋愛がしたいから。もういい。」
    と。
    この記事に書かれている意味がわかっていたので、そうやって彼にメールで送りました。
    自分から断って終わりにするのが理想的だったのかもです、、、。

    ↑こうやって書くと、ここだけ読んで、
    相手から体の関係だけ持って都合の良い女扱いをされているみたいに誤解されそうですが、一年半の間、体の関係どころか会ってさえいないです。
    元々四年半前に一度音信不通にされて終わった時も(彼は自分的には音信不通にしたつもりじゃなかったと言いますが)、体の関係までは持たず、付き合っていた訳でもないから復縁というのか??状態で。
    考えてみたらその時もだった。
    「結婚するんだったら会うんだけど」で。

    対等な恋愛ではない関係とはいえ、そうまでして会えないってそれとは別におかしいんですけど。
    その反面、かなり無理をして連絡を取っているのはわかってます。

    ‥…。
    頭のおよろしい男っている。
    結婚というものを、どう考えてもおかしく捉えている。
    「別れたくなったという理由だけで別れられない関係」位にしか、思ってないだろ。

    責任感も重みも思いやりもない。

    距離感がおかしいアプローチをしてくる。

    相手を自分の寂しさを埋める道具としか思ってないと、そうなるんだろうな…。

    これで終わりにして良かったんだ。きっと…。

    私の知る範囲でですが、
    男が真面目に付き合ってない女性や真面目に付き合う気のない女性に、その女性の誕生日やクリスマスを一緒に過ごそうと言い出すのを見た事がない。

    女性の方から一緒にお祝いを言い出しても、必ずクリスマスは断られる。

    男の思考回路って、いつも法に照らし合わせて責任追及をされた時に、「無罪」になれるように動いておけば、女を都合の良い存在扱いしても良いになっているみたい。

    法律に訴えて裁いてやれと思ってない女から見たら、そういう男の行動パターンが馬鹿みたいなの。

    少なくとも、誕生日やクリスマスのお祝いを言い出されるまではあったのだし、、、と、自分で自分をフォローする(笑)

    クリスマスってなんか悲しい、、、(TT)

    今度はそんなおかしな苦労をしない恋愛を選びたい。

    • 響子
    • 2022年 2月 14日 18:53:56

    私の道徳観て、やっぱり男性に厳しいんだろうか、、、

    折角良さ気な人がいて、お茶をする運びになって、メルアドも交換したのに。

    「会う時、軽自動車と目立つ爆音の車(笑)どっちで来たら良いですか?」
    と聞かれ困惑。

    いや、、私が軽自動車を選択すればそれで済むだけの話なのかしら???

    爆音の車に乗る人って、他人の迷惑を考えてないわけで。
    どうしても自分の道徳観として気になる。
    人に迷惑かけてドヤ顔でいるって。

    こうやっていつも結局、相手のモラルを問うてお断りになる。
    (;ŏ﹏ŏ)
    デートまで行かない。。。

    私は固過ぎなのだろうか。。。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント