恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

絶対分からせますシリーズをやめないでくださいという意見があるので、なんと第20弾が出てしまいました(^^;

前回、こんな記事を出しました。

頻度の代償

小さな欲求を素早く消化してしまっていることで、感動がなくなっているという話です。

そして小さな欲求をすぐ解消していると、それは癖になって中毒になるという話もしました。

 

なおっつさんより:

やめられないとまらない^_^

これって、逆に相手を中毒にさせることもできるってことですよね?
諸刃の刃ですけど笑

私は彼と月に1日しか会えないので、連絡頻度を上げてもらうようお願いしました。
1日~2日空くと、確かに気になってきますが、ここでたくさんお勉強しているからか、幸いあまり中毒にかからずにおります。
そのうち彼から連絡が来るのですが、中毒になっててくれたらいいなぁ、なんて思います^ ^

頻度の代償の話でしていた中毒は、もし彼がかかった場合、それもまた大変なことになります。

どちらか一方がその中毒にかかれば、相手は必ず引き込まれますから。

本当に疲れるんです。

 

頻繁に連絡がないと許せない男性と付き合っていると、女性はしんどいんです。

最初のうちはいいですが、段々本当にウザくなってきます(笑)。

何も喋ることがないのに、ずっとLINEが来るのでそれを返す言葉を考えないといけません。面倒くさすぎて、やはり会うのが億劫になっていきます。

 

しかし、男性は中毒にさせた方がいいです(^^

恋愛の勉強でも、中毒にさせた方がいいという話を何度もしています。

ということで、コメントにあるように男性を中毒にさせることもできるというのは、その通りです。

そして中毒にさせた方がいいです。

 

でも前回の記事のような頻度中毒になられると困るわけです。

じゃあ何の中毒ならいいのか。

 

麻婆中毒です(^^

ここ何年かずっと流行っていますよね。

「花椒香る〜」とか、「本格四川」とかの謳い文句が並ぶわけです。

激辛ブームなのか、どこでも麻婆豆腐が食べられます。

僕なんか今日はお昼を海鮮居酒屋ランチに行きましたが、なんと日替わり定食は麻婆豆腐定食でしたよ。

とにかくみんな痺れたいわけです。

 

・・・違うか(^^;

間違えました。

麻婆中毒じゃなくて、麻薬中毒です。

正確には麻薬女子中毒です。

 

なんかこの字面だけを見ていると、かなり危ないブログに見えそうだなぁ・・・。

まあいいです。

麻薬女子です。

あなたは麻薬女子にならないといけないんです。

みんな痺れたいと思っているのは本当ですよ(笑)。

あなたに痺れたいんです。

 

あなたとデートをしたら、もう次の日には次のデートの計画を立てたくて仕方がないと思ってしまうような感じです。

奥行きがどこまでもあり、限界が分からないんです(^^

攻略余地が無限にある女性ですよね。

麻薬女子の対極にあるのが、フルオープン女子です。

 

一発で全部を知り尽くしてもらいたい女性のことです。

知り尽くしてもらうのは、それはそれで嬉しいことなんですよね。

知ってもらうのは嬉しいことです。

でもその欲求に任せて、ババーンと全部を披露してしまうと、もう次の遊びがありません。

次のデートで知れることがなくなってしまうんです。

 

フルオープン女子の問題は、実は全部をひけらかすことじゃなかったりします。

成長によって深くならないことです。

昨日全部を知られても、今日新しい余地を作れていればそれでもいいんです。

ところが、これがないんですよね。

昨日全部を知られたら、今日はもう新しいところはありません。昨日と変わっていないからです。

 

麻薬女子というのは、会う度に新しい発見がある人です。

とにかく面白いんです。

謎の面白さです(^^

無限の引き出しがあり、しかも引き出しが増え続けます。

さらに彼には、引き出しを引き出す数を制限しています。

今日は3個までにしてちょうだい。もっと引き出したければ、次またいらっしゃい。

こんな感じですかね。

 

昨日の夜に公開した、「彼を元気にさせるコツ(1)」の続編であるこちらの記事は、ちょっとエロティックな話をしています(^^

彼を元気にさせるコツ(2)(「女性の承認」参加者限定記事)

その方面の話で言えば、感度の育成がどこまでも進む女性は、麻薬要素があるということです。

 

男性に対して、私を見て痺れさせようと思ったら、どうすればいいか分かりますよね。

毎日ひたひたに浸していたら、禁断症状なんか出ないんです。

本当の中毒は、以前と同じ量では足りなくなるんですよね。

必ずしも毎回じゃなくてもいいですが、会えば会うだけ発見があるような感覚を味わわせることです。

めちゃくちゃ難しいと思うかもしれませんが、実は女性はこれを日常的にやっていて、気にもしていません。

女性の生活をしていれば、そうなるんです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • およよのよ
    • 2022年 8月 09日 10:06:18

    攻略余地の逆パターンとは、
    彼の方が、私に、ハマって、
    どこまで行っても、奥行き深く、
    自分を深く理解してくれたら、
    え、どこまで…?と、中毒になる感覚ですかね。
    表面的なこととか、どうでもよくなるレベルに。
    深く、深く。
    言わせない女性になります。
    言わせないってのは、
    たまらん、ってことですね。

    うーん、恋愛の勉強、すご。
    恋愛の神様、kouさん、すご。

    • およよのよ
    • 2022年 8月 09日 12:08:41

    でも、男性の恋愛感情をなめないで下さい、によると、笑、
    そこまでしなくても、私に、ここまで食い下がるってことは、
    もう、相当、惚れてたんだろうし、
    惚れてるんだろうなあ…笑
    そう信じさせてくれる、kouさんに、最敬礼です!

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント