恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

19個目の絶対分からせますシリーズです。

このシリーズも大分長くなってきたので、そろそろ終わることにしようかなと思っています。

でもなー、まだ言いたいことが大量にあるんですよね(^^;

 

今回は頻度についてです。

最も分かりやすいのが連絡頻度です。

頻度が高くなればなるほど、一つ当たりの価値はどんどん小さなものになっていきます。

どうしたって避けられない問題です。

 

だから、頻繁にメールするのはやめようと言っているわけです。

今は頻度の時代です。

残念ながら抗えない潮流ですね。

何でも無限に出てくるんです。ものが溢れている社会です。

 

僕のところには、LINEのやりとりを画像にして送ってくる女性も時々います。

仕方ないのでそれを見るんですが、ものすごいんですよね。

何がものすごいのか。

言葉の応酬がです。

チャットアプリみたいなものなので当たり前ですが、わずかな時間の間に大量のメッセージが流れています。

 

僕が見て思うのは一つだけです。

普段からこれだけやりとりしていたら、何だかそれだけで満足してしまいそうだということです。

本当は満足じゃないのかもしれません。

でもお腹いっぱいなんですよね。

 

四六時中、テーブルの上にあるお菓子をつまんでいたら、お腹は空かないんです。

お腹が空かなくても食事の時間は来るもので、とりあえず食事はします。ところが、もはやありがたみも何もなく、とりあえず食べたという感覚だけが残ります。

僕が何を言おうとしているのか分かりますよね。

 

会っていないときに、電話でもメールでもしこたま連絡し続けていたら、会ったときに喋ることがないんです。

ひどくなると、会わなくていいんじゃないかと思ったりするかもしれません。

もう会うのが面倒くさいわけです。

電話やメールで何とかなっているからではありません。

電話やメールで疲れているから、さらに会って話したいという気が起こらなくなるんです。

 

結婚していたら、どうやって稀少価値を出すのか分かりません

というような珍問も時々あります。

だから、何度も言っていることです。

外でしかできないことを家の中でやってしまっていれば、もう外に出るのが面倒くさくなってデートにも行こうという気が起こらなくなるんです。

 

分かりにくいかもしれませんが、絶対分からせるので覚悟してください。

今回のテーマは、代替手段があるから価値がなくなるという話でありません。

電話で話しているから、デートはしなくていいと考えてしまう・・・ではないんです。

これは代替ですね。

 

テレワークで自宅で仕事ができるから、会社に行かなくてもいいよねというのが、代替の考え方です。

家で仕事ができるのだから、わざわざ出社する必要がないと考えるのが代替です。

 

今回の話は、これではありません。

意外かもしれませんが、これじゃないんです。

もっと恐ろしい内容です。

 

ポテチを毎日頬張っている人はお腹は満たされながらも、それが食事の代替になるとは思っていません。

本当はちゃんとした食事がしたいんです。

でも面倒くさくなっているんです。

ずっとポテチを頬張っているからです。

 

まだ分かりにくいと思います。

ようするに小さなガス抜きを四六時中しているから、溜まらないんですよね。

欲求が溜まらないんです。

見えないストレスだけを溜め込みながら、下手に頻度だけがあるために欲求の度合いが深くならずに感動がないんです。

食事をしても大しておいしくありません。味はしておいしいとは感じても、感動するところまでいきません。

 

楽しみにしている食事の予定があったとします。

あなたは当日、どういう準備をしますか。

よほどの変人でもない限り、お腹を空かせて行くと思うんです。

まかり間違っても、行く途中に見つけたラーメン屋さんに吸い込まれてつけ麺をすすっているような自体は避けるはずなんです。

 

でもどうですか。

デートではこれをやってしまっています。

連絡しすぎです。

会いすぎです。喋りすぎです。

 

デートで本当に感動したかったら、小さな欲求を我慢して溜めておく必要があります(^^

ポテチを我慢しないといけないんです。

デートの当日はこれとあれとそれ、それから・・・というふうに話したいことやしたいことを大量に持っておいてほしいんです。

 

デート中に他のことをし出す人が多いのは、デート中にすることがないからです。

デート中にすることがないのは、欲求がない証拠です。

デートに来ているくせに、お互いに欲求がないとは恐ろしいことです。

デートに来て、残っている欲求はなんと食欲だけ(笑)。

食欲が満たされたら、相手を欲することも特になく、スマートフォンをいじり始めるようなことになってしまいそうです。

 

一日デートしたら、心地よい疲れがあるくらいにならないと。そういうのを感じているでしょうか(^^

 

Kouさん、今日は長いですね。もう読むのが疲れました・・・

と思っていたりするかもしれませんが、残念ながらまだ終わりません。

絶対分からせますから。

泣いても帰しません。

なんと、ここからが本番です。

 

ポテチを頻繁に食べていたらどうなるか、想像がつくでしょうか。

中毒になるんですよ。

やめられないんです。

やめられないとまらない、というやつです。

あれはえびせんか(^^;

 

ポテチに罪はありませんが、頻繁にお菓子を食べていれば、お菓子がやめられなくなります。

誰でも想像できることです。

頻繁に連絡していたら、ちょっと連絡しない日があるだけで途端に不安になるんです。

相手から連絡が来ないと、もう取るもの手に着かずの状態で、何もできなくなったりします。

そのうち禁断症状のようにブルブル震え始めて、こっちから催促メールやを送ろうと考えたりするかもしれません。

ひどい人になると、鬼電攻撃にまで発展します。

 

ある程度我慢することも大事なんですよね。

連絡したいからする、会いたいから会う、電話したいからする、セックスしたいからする、と小さい欲求をその都度満たしていたら、中毒患者まっしぐらの可能性があります。

さらに怖いのは、全員が中毒になることです。

 

家族でみんながポテチを四六時中つまむような生活をするようになれば、そこから抜け出すのは極めて困難です。

一人でも難しいんです。

ある日目覚めて、これはいかんと思ってやめようと思っても、その家族ではポテチをつまむのがルールになってしまっています。

一人だけやめたら、「なんでやめるの?やめるのやめなよ。」と圧力がかかってくるんです。

 

これは実際に僕のところに来る相談でもたくさんあります。

毎日夜に電話する習慣をやめたいというものです。

大した用もないのに、毎日惰性で電話しているんです。電話で話せば多少気持ちよくはなるわけで、それが中毒を引き起こし、何かあれば電話するようになります。

頻繁に電話していれば、電話しない日は不安になります。

そして相手も巻き込んで、今さら毎晩電話するのをやめられないというおかしな状況に陥るんです。

 

小さな欲求は、コントロールすることを考えられるといいですね。

ちゃんとしたデートをしたければ、おうちデートするのをやめるのはもちろんですが、それ以外にも欲求のコントロールを考える必要があります。

そんなことをいちいち考えながら生活したくないと思うかもしれませんが、おいしいものを食べたいからお腹を空かせるということはできるんですから、絶対できます(^^

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • ふわふわ白ネコ
    • 2021年 1月 28日 10:05:02

    毎朝晩あった連絡が無くなってまさに禁断症状のような気分だったので
    絶対わからせてもらおうと再度やってきました(^^)
    考えたら毎朝晩あった連絡自体も
    おはようおつかれのスタンプのみ。
    こんなの連絡のうちに入らないし、欲しかったコミュニケーションではなかったのに
    それがちょっとないだけでソワソワまさに禁断症状です(/≧◇≦\)

    本当に欲しい関係、すなわち愛し愛される本当の恋愛関係を砂金に例えてみました。
    私は金が欲しいから砂をさらって水洗いして探している。
    金じゃないものが器の中からこぼれ落ちたって気にしなくていい。
    彼が金かどうかはまだわからない。
    しっかり洗っても残ってたら金。
    いなくなってたら金じゃなかったってだけ。
    私が欲しいのは金だから、彼が金ではないのならこぼれ落ちてたっていい。
    そう思えたらすこし気が楽になりました。
    この連絡がない間、彼も金になりたいとおもって努力するかもしれないし、しないかもしれない。
    それは彼の自由です。

    記事にあるように、ただお腹いっぱいになってしまって欲求がなくなってしまってるだけかもしれませんしね。
    のどかに、やりたいことをやって過ごそうと思います(^^)

    • 愛里
    • 2021年 2月 10日 0:17:25

    改めて読み返して、この記事が出た当時より今のほうがタイムリーでした。

    私は彼と同じ職場で、仕事内容的にどうしても毎日話をすることになってしまいます
    (漫画家と担当編集のような感じでしょうか)

    仕事の話だけをするのも味気ないので、毎日雑談をするのですが、そのせいで最近あまり話すことがなくなってきました…

    仕事の中で色々な話をしていくうちに、段々と仲良くなり好意を持つようになりました。
    少し前までは、彼のほうから食事に誘ってくれたり連絡をくれたりしていたのですが、最近それもなくなりました。
    向こうも私と同じ状態なのではないかと勝手に思っています。

    割り切って仕事の用事だけ話したら彼の元から去るようにした方が良いのでしょうか、。。

    • ぷーちゃん
    • 2021年 4月 12日 19:05:57

    久しぶりにコメントします。
    実はずっと拝読してます。
    いろいろありコメントしてませんでした。

    中毒にならないよう彼の方から「家デートの頻度を下げよう」とか「1ヶ月禁欲しよう(もちろん夜の方)」とか言ってくれています。
    どうやら私が体目的なんじゃないか?とか飽きたのでは?とか言ってるからの提案らしいのですが、本当なのだろうか?と疑ってしまいます。
    よくないですね。

    • ふわふわ白ネコ
    • 2021年 4月 23日 18:14:42

    LINEにまつわることなのでここに書いちゃいます。

    夜LINEで私の靴擦れの話していました。
    この前のデートの時に彼に心配かけた靴擦れです。
    会話はしていたのですが、やりとりが止まり、
    私がもう寝てしまった後の深夜に
    「うんうん」などただの相槌スタンプだけ来てたのです。
    翌朝おはようとLINEをしてあげただけでもう十分ですよね。
    義理は果たしてますよね。

    こういう場合に少し歩み寄ってこちらから何か話題を提供するLINEを送るか悩むんですが、
    男性と女性のLINEの使い方や感覚って少し違いそうなので、
    どうしたものかと思っています。

    こんなの悩むようなとこじゃないんだろうなぁと思うんですが。

    ブログ読み返してうま味調味料をいっぱい摂取しないとです。

    小さな欲求不満になってもらうくらいが丁度いいんですよね、きっと。

    こちらから「好き」をはっきり示さなきゃ、彼が離れちゃうかもと変に心配してるのかもしれません。

    • ふわふわ白ネコ
    • 2021年 4月 23日 20:29:00

    私の方から上げ膳据え膳しないと
    愛情を受けられないような関係なら、
    考えたら願い下げでした!

    上記コメントで悩んでたこと、解決した気がします(^^)
    もっと楽に素直でいていいんですよね。
    納得できないならしなきゃいいし、したいならすればいい。

    今までの彼を見てて、まだ足りないと思うなら、
    合格のハンコ押してあげなくていいですよね。
    かんたんに押してた気がします。夏休みのラジオ体操みたいです。来ただけでオッケーみたいでした(−_−;)
    好かれようと気を使いすぎて、ここでご褒美あげとかなきゃダメかなとか思ってあげすぎてました。

    そんなんじゃクソゲーになっちゃいますね。
    がんばってがんばったからこそもらえたご褒美じゃないと価値がないのに。
    彼の男としての発達段階に応じて適切なハードル準備します。

    • m
    • 2021年 5月 08日 16:55:07

    相手がまさに?連絡を取りたがっています。
    私が離れると思っているのかもしれません。
    うまい遠ざけ方を知りたいです…。

    親密になってしまうと、次会うとき感動が薄れますね…。
    親しくなれるかもしれませんが、
    結局は仲のいい友達になってしまいますものね…

    私は、好きな人とは友達にはなれないです…。

    好きな人に「親しい友達」と認定されてしまったら
    私は、好きな人の親族たちと同じ扱いになりませんか…?(好きな人から、=同一人物という捉えられ方をされる)
    この考えは間違っていますでしょうか…。

    なんとかして距離を置こうとも考えているのですが…。

    • ぽち
    • 2021年 5月 16日 18:43:28

    「ある程度我慢することも大事なんですよね。」

    この記事1番耳が痛いです。。
    お互い中毒患者になりつつあります。
    これを続けるとどうなるか知ってるんです。
    前の彼は大事に扱えなくなりました。
    身体が先に反応しなくなりました。
    一緒にいたいけど触られたくないし優しくできなくなりました。
    過剰摂取による感覚麻痺が末路。恐ろしい。。

    「一人だけやめたら、「なんでやめるの?やめるのやめなよ。」と圧力がかかってくるんです。」

    この間もそうでした。
    疲れてるし生理前で不安定だから会うのやめようって持ちかけたら仔犬のように悲しそうにするので引き離せませんでしたorz

    「そんなことをいちいち考えながら生活したくないと思うかもしれませんが、おいしいものを食べたいからお腹を空かせるということはできるんですから、絶対できます(^^」

    できるようになりたいです(;ω;`)
    毎日読みに来よう。

    • m
    • 2021年 5月 25日 2:25:36

    頻繁に連絡していたら、ちょっと連絡しない日があるだけで途端に不安になるんです。

    相手から連絡が来ないと、もう取るもの手に着かずの状態で、何もできなくなったりします。

    そのうち禁断症状のようにブルブル震え始めて、こっちから催促メールやを送ろうと考えたりするかもしれません。

    ひどい人になると、鬼電攻撃にまで発展します。

    ある程度我慢することも大事なんですよね。

    夜気づきましたが、今日彼からの連絡がありませんでした。
    一気に不安になりました。

    相手も求めてくれていた?もうわかりません。

    • みーちゃん
    • 2021年 10月 21日 22:15:51

    まさにこれです。贅沢な悩みかと思われるかもしれないけれど毎日彼が仕事から家に帰るまでの運転中にくる40分間の電話が苦痛になってきました。
    お互い家庭がある複雑な恋愛です。
    彼の帰宅の時間は私は丁度晩御飯の支度の時間です(彼の分ではなく私の家族の夕食)
    仕事から帰って料理をしている時間は私にとって面倒なようで、実は好きな時間だったんだという事に気づきました。
    彼からの電話があると料理に集中できなくて嫌なんです。
    しかしkouさんからの男性心理のお話は効果ありまくりで、電話がきたときに喜びまくっていたらもーこれでもかというくらい毎日電話がくるようになってしまいましたw
    効きすぎて困っています…
    彼を傷つけないように夜の電話を少なくしたいです。考えてもわからなくてkouさん教えて下さい(/ _ ; )

    • みのり
    • 2021年 10月 26日 10:30:47

    絶対わからせてもらったはずなのに…
    やはり復習は大事ですね

    声が好きで話が好きで、会えば何時間でも話していられるけど、電話はしません
    「急用以外の電話をされて着信拒否した」と言われたので、安易にかけられません
    この発言は私も使おうと刻みました(笑)
    たまに声が聞きたくなりますが我慢

    でも、ちょうど良かったみたいです
    遠距離だけど次に会う約束はあるのだから
    うっかり電話して中毒にならなくて良かった

    相手が意図してやっているのかわかりませんが、電話しないのも、仲良くなっても丁寧語を崩さないのもできてる人
    礼儀、距離感、関係の維持
    kouさんから学んで、彼から実践で学んで…
    楽しいお勉強の時間です♪

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント