恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

男が教えるモテる女の恋愛技法

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

絶対分からせますシリーズ第10弾です。

どんどん行きます。もう、全然着いてこられないという女性もいるようですが、その場合はとりあえず最新版から読んでください(^^

いつも言っていることですね。

古い記事は読まなくていいので、今リアルタイムで流れているものに触れる方がいいです。

僕もついついやってしまいがちですが、見つけたからには最初から全部取りたくなってしまうんですよね。

最初から順に読んでいかないとちゃんと吸収できないと思ってしまうんです。

 

それは必ずしも間違いではありません。

確かに以前の記事を踏まえて書いているものもあるので、前の内容を理解している方がより深く理解しやすいというのはあると思います。

しかしそれを狙うあまり、全然進まないというのでは元も子もありません。

きっちりちゃんとやらないとやった気にならないという感覚はどうしても出てしまいますね。

でもその抵抗を押し切って、しっかり準備してちゃんとやろうと考えるよりも、とりあえず今すぐかじってみることの方が大事です(^^

 

今日の話は、聞いてみたいと思っている女性がかなり多い内容だろうと思います。

トンデモ男列伝

りょうこさんより:

この記事を読んで…
1つ気になることができました。

結婚した途端に態度が変わる、いわゆる「モラハラ」な男性の見分け方ってあるのでしょうか?

女性とバツイチ同士で話してた時に
「二度と再婚はごめんだ、どんな出会い方をしても、その人がモラハラかどうかはわからない」と言っていて

また別の友人も「付き合ってるときはわからなかった、とても楽しくて、よい人だったのに、結婚したら仕事をけなされたり、人格否定されるようになった」と話をしてくれ

かくいう私も、付き合ってる時は「女性は会いに来るのにもお金をかけてくれてるかもしれないから、食事くらいは出すのが当然」「大事にするから」「自由にしていて」と言っていた彼は
結婚した途端に私の好みや思考を否定し、お金は出さなくなり、どちらが正しいとかのない価値観の違いを責められ、君のような人間は誰ともうまく行かないと、怒るたびに言うようになり…
(3人ともこの相手からは逃げ出し離婚をしております)

と、これらの男性は女性が引き起こしているのか?わからない、と頭を抱えました。

原因の一旦として前の記事の「ゼロ距離」に突然なってしまったのかなと思うのですが、何故そうなったのか、もしくは元々そういう「まにんげん:おとこ」でなかったのか。
結婚後豹変するタイプの見抜き方とかあるのかなぁと、ふと思いました。

付き合ってる時は、トンデモ男じゃなかったんですよ…わかりませんでした、ハイ。
この記事の人のようならどれだけよかったか…

この手の相談は、時々来ます。

たくさんは、来ません(^^

 

ある時を境に豹変する男性がいるのだそうです。

その契機で最も多いのは、結婚ですね。

結婚した途端に豹変するのだそうです。

 

あえて、「いるのだそうです」という表現を使っています。

それはなぜでしょうか。

僕はそんな人はいないと思っているからです。

そして残念ながら本当にそんな人は、いません。

しかし僕はこの珍現象が起きるメカニズムを説明することはできます。

 

ああ、事前に一つだけ例外を出しておくことにします。

最初はものすごく紳士的に接してくれたのに、身体の関係になった直後から態度が変わってしまうという例はあります。

分かると思うんですが、つまり遊び人の場合ですよね。

 

はっきり言ってこんなものは、恋愛の勉強をしている女性なら一発で対処できるはずなんです。

どうやるんでしたっけ。

はい、また0.5秒で即答するんですよ。

 

答えは簡単で、全部を一度に明け渡さないことです。

少しずつ攻略させていけばいいだけです。超簡単です。誰でもできます。

 

今回のテーマはこの例外のケースではなく、結婚した直後に態度が豹変するというケースについてです。

そうなってしまう男性を見分ける方法はないです。

だから、ないものを探さないでください。

最初からないと分かっていれば、探そうと思わなくて済みます(^^

 

じゃあなぜ実際にそんな男性に出会う女性が何人もいるのでしょうか。

その理由は簡単です。

結婚した直後に、女性が豹変しているからです。

 

無茶苦茶簡単な理屈ですね。

自分では気づいていない場合もありますが、結婚した瞬間から脱力してしまうんです。

本当は脱力はしてもいいんです。

しかし脱力の仕方に問題があるんですよね。

女性らしくいるということを頑張ってしまっている女性は、脱力がそれをやめることだと思っています。

 

僕は恋愛の勉強で、男性は結婚したくない生き物だという話をよくしています。

それは自分の能動的に意志によらない結婚で縛られることを嫌がるという意味です。

彼らも全員が結婚生活を嫌がっているわけではありません。いつでも一緒にいられるということに喜びを感じることの方が多いのは間違いありません。

 

仮に結婚したからもう努力しなくていいと思っている男性がいたとします。

結婚してすべてを手に入れたのだから、言うことを聞けと言ってくる男性がいたとします。

もしあなたがそういう状況になったら、どうすればいいと思いますか。

あるいは僕がそれを見たとき、あなたに何とアドバイスすると思いますか。

 

簡単ですよね。

すぐ思いつくと思うんです。

逃げればいいんです。

何回も言っていることだと思うんですよね。

嫌ならその場からいなくなればいいと思うんです。

 

人間関係というのは、特に恋愛の場合は相互の不断の努力が必要です。

どちらか一方がそれを放棄したら、その時点で続かなくなるんですよね。

結婚も全く同じです。

どちらか一方が努力をやめたら終わりです。

 

ちなみに世の中の大半の男性は、このことを最初から知っています。

知らないのは女性だけです(笑)。

結婚したらもう全部が手に入って安泰だ、などと考えている男性はいないということです。

釣った魚になんとやらの話がありますけど、あれはそう思うからそうなってしまっているだけのことです。

どちらかと言えば、釣られた魚の方に原因があるんです。

大物で釣るのに随分苦労させられたのに、釣られてカゴに入った途端にやけにしおらしくなってしまうんです。

おとなしくなれば、それは釣る前のように格闘しようとは思わなくなるものです。

 

男性は最初から知っていると言いましたが、男性の中の意識としては、女性は嫌になったら出て行ってしまうという発想が頭の中にずっとあるわけです。

これも物語やドラマ、映画でも例を探せばいくらでも出てきますよね。

愛想を尽かして出て行ってしまうのは、いつも女性です。

女性に逃げられて惨めな思いをするのは、いつも男性なんです。そういう構図なんです。決まっているんです。

なんでこれが分からないんですかね(^^;

ああ、分からないから絶対分からせますシリーズなのか(笑)。

 

ゼロ距離の問題とか、他にも要素はいくつもあるんでしょうが、最も押さえてもらいたいのは相手の豹変は自分が作り出している可能性が高いということです。

男性たちは女性が逃げていく生き物であることを知っているわけで、そうなると豹変なんかしようものなら一発で終わって惨めな生活が待っていることを連想できてしまうんですよ。

豹変するのは、豹変しても何の影響もないと思ってしまうからです。

怒鳴りつけたとしても、それが原因で女性が逃げていくことはないと思ってしまうから、抑えが効かなくなるんです。

 

モラハラ男というのは確かに存在しますが、それはある程度時間をかけて接していればちゃんと見分けがつくものです。

何らかの違和感があるはずなんですよね。

こちらが以前と全く同じ温度でいるのに、相手だけがある日突然変わるのだとしたら、変な占い師に洗脳されたとかの外部要因があるとしか考えられません。

おかしな兆しを見せたら、さっさと去るだけです。

 

これからも何度でも言い続けますが、女性は自由なんですよ。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • まきふみ #
    • 2024年 4月 24日 20:06:29

    #あなたが変わってしまったから

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント