恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

シングルマザーの女性に考えてほしいこと

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

タイトルだけではサッパリ意味の分からないこちらの記事では、同棲問題の話をしています。

嫌なものは嫌なんだよ!!

この記事でこんな質問をもらったので、ちょっとこの件について話をしますね。

 

みいたろうさんより:

これは、、実家に戻れないシングルマザーの私はどうなんでしょう

家賃が浮くから

美味しい話でもあります^^;
しかし、婚姻中のの制約も知っているわけです。同棲する気になれません。

ただ、実家に帰ればいいだけですって言うところが気になって(>_<)

帰れない場合はどうしたらいいのだろうと思いました。kouさーん(;´Д`)

・・・よく読むと、シングルマザーであることと、実家に戻れないことはセットじゃないんですよね(^^;

まず、何らかの事情で実家に戻れない場合、自分で家賃を工面できるだけの経済力を持っておくしかありません。

これ以外の方法はないと思ってください。

 

そしてシングルマザーの場合はどうなのかと言うと、別にシングルマザーだから実家に戻れないなんてことはないんですよね。

戻っている例も無数にあるので、別に戻ろうと思えば戻れるのだろうと思います。

あえて頼れる親族が誰もいないシングルマザーという状況を考えてみることにしましょう。

この場合、自分で家賃を工面できるだけの経済力を付けるしかありません。

 

・・・。

そうです、同じことなんです。

結局いつも同じなんですよ。

シングルマザーだから何だという話ではないんです。

実家に帰れないというのは、ほとんどの場合、帰れない状況を自ら招いているわけです。

その責任は自分で負わないといけません。

まあ困ったら実家に戻るというのも、大人の選択としてはどうかと思うんですが、生活の苦境を脱するための手段として、頼れるものには頼ればいいと思うんです。

頼る相手として最も無難で安全なのが、実家というだけです。

 

シングルマザーの問題は深刻ですが、僕はこの問題はそれを選んだ自分が責任を取るべき問題だと思っています。

というより、この問題を解決する方法は自分しか持ち合わせていないんですよね。

恋愛の勉強をしている女性であれば、この話は一瞬で理解できます。

 

シングルマザーであろうがなかろうが、そんなことには関係なく、女性は自力で経済的自立の能力を持ち合わせておく必要があります。現代では特にそうです。

この能力を持っていれば、おかしな判断をしなくて済むんですから。

 

シングルマザーの女性にとって、家賃が浮くのは非常に魅力的に映る。

それはそうだろうと思います。

現代の日本は、貧困の度合いがひどくなっていますから。

シングルマザーどころか、女性の一人暮らしですら苦しい場合もあったりします。

 

同棲すれば家賃が浮くというのが極めて魅力的な選択肢に見えるのは、つまるところ生活が苦しいからなんです。

背に腹は代えられないという状況では、本意ではないことも受け入れざるを得なくなっていきます。

人間が判断を誤る一番の原因は、お金です。

お金があれば、もっとまともな判断を下せたはずなのに、それがないものだから、正気ではなくなっているんですよね。

 

正常な判断を下せなくなったら、恋愛なんかできませんよ。

だから僕はずっと、経済的自立の必要性について話をしています。

 

今はいい時代です(^^

ごく一般的な普通の女性でも、その気になれば一人でお金を稼いで生活を十分回していけます。

昔はそんなことはできませんでした。

その能力を養ってほしいんですよね。

 

このあと、

では、どうやったらその能力が身につくんでしょうか?

という質問が来ることになっているので、僕はキメ顔でこう言うことにします。

 

恋愛の勉強をしてください(^^

これ、いつも僕が冗談で言っているように感じているかもしれませんが、恋愛の勉強をしているだけでも、経済的自立のセンスは付いていきます。

現にそういう報告がたくさん来ますからね。

本当はビジネスやお金、仕事の仕方について勉強をしたらいいと思うんですが、何から手を付けたらいいか分からないとか、勉強していてもチンプンカンプンでちっとも頭に入ってこないという女性も多いと思うんです。

だったら最初は、最も興味がある恋愛の勉強でそれをやればいいと思っています。

僕はこのブログの中に、題材は恋愛でも中身は人生や仕事のヒントになる話を大量に入れています。

 

女性が自分の力で生活を回していけるようになれば、おかしな恋愛に片足を突っ込んで身動きが取れなくなるようなケースは相当に減ると思っています。

困ったら恋愛の勉強をしてください。

多分、あなたにはそれが一番早い道だと思います。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (45)

    • 梅桃 翠
    • 2019年 1月 18日 12:28:51

    出たー!キメ顔!笑

    どんな立場でも、他人に依存しない経済的自立が大事。
    Kouさんとお話していて、ひしひしと、そう思うようになっています。

    お仕事はしていますが、このほかにも、無理なく、長く続けられるお仕事が無いか模索中です。
    引き続き、がんばります。

    • りょうこ
    • 2019年 1月 18日 12:59:40

    私シングルマザーです。
    離婚時に家の権利とローンを全部もらいました。
    働いてきてよかったなーと思いました。
    ですけどここでは止まりません。

    子供に不自由させないために、自分が自由でいるために、もし再婚する事になったときに、周りにゴチャゴチャ言わせないために、絶対お金を作れる自分になります。
    所得を今の2倍にしたい。1000超えないくらい。

    • さこさこさこ(*^^*)
    • 2019年 1月 18日 13:11:36

    私もシングルマザーですが、カツカツでしたが、何とか生活をしてます。
    彼氏とか再婚とか、考える余裕なく、今にいたりますが、息子も大人になり、私も、恋愛出来るようになりましたが、同棲は絶対にしたくありません。

    無駄な恋愛をしたような事もありましたが、それがあったからこそ、今、よ~く身にしみて色々わかります。

    コウさん、ありがとうございます、です。

    • pooh
    • 2019年 1月 18日 13:26:24

    kouさん こんにちは。

    経済的自立が大切だということは、とても実感しています。

    離婚することができたのは、経済的に自立したからです。

    自由を手にするには、経済的な自立があると、圧倒的に楽だと思います。

    でも、逆に、経済的に自立していなかったら、もっと周囲からサポートしてもらえただろうなとも思うんです。

    自立しているがゆえに、甘えない頼らない女性になりがち。

    自分で何でも買えるために、男性が男性らしさを発揮する場面を奪ってしまいました。

    だから、これからは、自分の自由を奪わないように自立しつつも、思いっきり男性に与えるという方向性を目指しています。

    ここで、いつもそのバランスに迷います。

    たとえば、男性が、生活費を払ってくれるとか、家賃を払ってくれると言った場合、どうすべきでしょうか?

    元夫は、生活費いる?と聞いてきます。

    元彼は、自分の持ち家を無料で貸してくれます。

    もちろん、好きでもない人からの好意は、あとあと面倒なので、受け取りません。

    でも、投資をしてもらいたい男性だった場合、どうでしょうか?

    以前、生活費とか家賃は投資にはならないというお話がここでありましたね。

    その線引きは、自分が自由でいられるかどうかという点だった気がします。

    そうすると、一緒に住むとか別の男性に会うなとかいう何らかの見返りを要求されていない場合には、生活費や家賃を受け取ってもOKでしょうか?

    その生活費や家賃がなくなっても、生きてはいける。でも、当面の間好意をいただけるなら、それはありがたいという状態です。

    受け取っておいて、その生活費の代わりに彼が何かを要求してきたら、「もういらない」と言うことができる状態です。

    「自分はそれには依存しない」と心に決めていたら、どうでしょうか?

    受け取った方が投資になるでしょうか?

    • りりみぃ
    • 2019年 1月 18日 13:55:45

    わたしはシングルマザーで実家というものも
    ありません。それで困ったなぁとか実家がある
    家庭はなにかと羨ましいと思っていたことがあります。
    たまには、わたしが母の味というものを味わいたくて(笑)

    だけど、ほんとこの記事のとおりで、実家があろうとなかろうと経済的自立はしておきたいです。
    自由でありたい、交渉力を身につけたい、
    お給料以外でも働くことにより身につくものはあるから。

    いまの職場はわたしにとって、
    ほんとうに恵まれた環境です。

    いろいろなことを教えてくれるKouさんと
    職場へ感謝だわ♡

    • ましゅまる
    • 2019年 1月 18日 14:28:57

    突き刺さりました。

    わたしじゃん!って。

    娘がいないから
    わたしのこんな体験がどなたかのお役に立ったらいいなってうっすら願いつつ。

    学費も生活費も自分で捻出しなくちゃで。
    だから働き始めた仕事で開花し
    中退して就職。
    仕事しかしない10年を経て体を壊し退職。
    労災とかいうこともわからずただ希望をなくして
    同じ職種のアルバイトを始めた先で出会ったのが元結婚相手です。

    とにかくしつこくて
    不安しかなかったのに
    わたしみたいな人間を選んでくれたから
    ひとりぼっちが寂しすぎたから
    彼の言うまま交際から3ヶ月で同棲。

    生理周期でケンカして。

    単身住宅なのに彼の家で同棲したいって。
    引っ越したばかりのわたしの家は古いから嫌だと引き払いました。

    それが原因のケンカです。
    ここは単身住宅だから
    わたしの存在は周りには知られないようにしなくちゃいけないって言われるから。
    じゃあ広い家に引っ越してよ!
    じゃあなんでここで同棲したいって言ったの??

    お前のためだろ!
    あんな汚い家じゃかわいそうだから
    俺の家のが綺麗だから!
    なんで俺の思いを理解しないんだ!!

    わたしが別れを切り出すと
    ベッドに押し込まれました。

    カラダを奪えば女なんてどうにもなると思われてる。
    分かってたのに。

    彼と暮らし始めて
    一人なら贅沢しなければ最低限の暮らしはできてたのに
    貯金も底をつき
    なのに生活費はほぼわたしもち。
    ほとんど家にいない俺が家賃払ってやってるんだから
    水道光熱費もたいして使わないのに半分出してやってる
    よく文句が言えるな!!!

    そう言われると
    いつも奇声をあげて怒鳴り散らした母を思い出し
    新しい家も借りられない
    ひとりぼっちになりたくない
    だから
    ここで耐えるしかない

    でも必ずお金を貯めてこの家を出る!

    そんな矢先
    中出しされて
    あっさり子供を授かりました。

    死のうと思いました。
    この子をわたしは産めない。
    何度も何度も死のうとして
    できなくて
    あっという間にひどすぎるつわりで退職。
    本来なら入院すべきだったと医療機関で言われました。
    入院費用なんてないから
    毎日起き上がれずただ寝込んでました。

    1日の食事は彼が帰りに買ってくるコンビニの食べ物だけ。

    死にたいと思いながら
    お腹の赤ちゃんには
    お母さん幸せだよ
    お父さんに大切にしてもらって幸せだよと
    泣きながら話しかける日々でした。

    離婚したいと実家の母に相談したのは三回。
    もう無理だったから。
    土下座しました。
    実家に帰らせてくださいと。

    断られました。
    母は再婚してたから。

    赤ちゃんをわたしみたいに父親の居ない子にしたくない
    だからいろんなことがうまくいかないんだ
    わたしの我慢が足りないんだ。
    わたしがもっと頑張ればきっと。

    でも時々怒りが爆発して
    その頃には
    彼の手が上がるようになりました。

    外を引き回されたり
    また柔道選手の100キロ超級の体で寝業をかけられたり

    わたしは赤ちゃんとコイツに殺されると思いました。

    でも
    母には言えません。
    また叱られるから。。

    赤ちゃんが生まれ
    二人だけの世界を望む彼は
    産褥期も誰の手も借りないことを決めました。

    彼の出勤前に近所のコンビニでおにぎりを5個買い
    それを1日食べてながら授乳する日々でした。
    貧血がひどすぎて起き上がれなくて
    でも
    お金がないから
    赤ちゃんと二人
    家で。。
    お買い物にも行けず
    彼と帰りが遅いからと毎日コンビニ生活は続きました。

    誰にも相談できない
    誰も頼れない
    彼の借金も膨らむ一方
    赤ちゃんの服もみんなネットオークションで買ったもの

    休みの日に掛け持ちすると口では言ってたけど何もしないで休みの日は内緒で馬券を買い漁るアホ男でした。

    離婚するために
    シェルターのこと
    生活保護のこと
    ありとあらゆる方法を調べましたが
    警察を呼んでいないから証拠がない
    診断書を書いてもらうお金がない
    目立つ外傷もない

    ある日わたしが癇癪を起こすと
    赤ちゃんの目の前で首を絞められました。

    この巨体が
    成長した子供の反抗的態度に怒り何かした時に
    わたしはこの子を守りきれる自信がない。
    だったら
    道は一つしかない。

    持てるだけのオムツと赤ちゃんの着替え
    自分の着替えを持って
    彼のいぬ間に家を出ました。

    実家で玄関先で土下座をしました。

    助けてあげなよ
    交通事故の後遺症があって実家に戻っていた妹の言葉で
    母の旦那さんが
    一緒に暮らそうと言ってくれ
    わたしと赤ちゃんは実家の物置で暮らすことになりました。

    子供嫌いな母は一度もオムツを替えてくれることもなく
    ノロとロタに立て続けに感染した時は
    本当に死ぬかと思いました。

    貧血も治らず
    赤ちゃんのそばにいたいわがままで
    赤ちゃんの手当てを全部貯金し
    わたしも内職をしながらお金を貯めて
    実家を出たのは赤ちゃんが一歳半の時でした。

    3歳まで一緒にいたくて
    内職しながら自営。
    極貧生活でした。

    転職しながら少しずつ給料も良いところに移り。

    コウさんに出会って学び始め
    今回は前職より手取りで8万も収入のいい仕事に就職できました。
    しかもわたしの本職ではないのに。
    可能性を見たと言っていただいて。

    なんだかウソっぽいかもしれませんが
    本当です。
    恋愛の勉強をしているのに
    なぜか仕事や人間関係に対する自分の考え方が変わっていたのです。
    物事の道理を整える教えをコウさんが見せてくださるからだと思います。

    この道で資格を取り経験を積み
    三年後にはより給料の良い会社に転職を視野に入れています。

    階段から転げ落ちて赤ちゃんと死のうとしていた妊婦が
    ここまで来れました。

    今思うのは
    お金は大切ということ。
    自分で稼げること。
    ちょちくしておくこと。
    お金にだらしない
    お金を稼げない男はダメ。

    専業主婦さん
    憧れます。
    すごい大変なこと。
    でも
    それはそれをさせてくれる男を選別し育てる女性の力量あってこと。

    女性こそ賢くならねばです。

    もっともっと学びます。

    誰かに知ってほしかった悲しみ
    ぶちまけてごめんなさい。

    コウさん
    いくら感謝しても足りません。

    いつもありがとうございます。

    • まーぽりん
    • 2019年 1月 18日 15:04:32

    シングルマザーに限らずこの問題は非常に大切なことと思います。

    私もなくなく夫の家族と同居してましたが、つまるところお金の問題なんですよね。
    色々ストレスためて人のせいにしましたが、私が稼いでなかったのが問題です。

    こう色々と理由つけますが、お金があったら その選択をしてなかった というのがポイントになると思います。
    もし、お金なくてもやってたことなら多分問題はないですよね。本心からですから。

    こうやって正気な行動がとれなくなってきますと負のループで色々と問題が起こり、無気力になって主体性がなくなってきます。そして何かしらのせいにする・・・。

    お金の勉強は大事で、Kouさんも収入源の複数確保などとリスク分散の話もあったよーな だったと思います。

    私ももう少し収入源を増やしたいのが悩みであります。

    経済的な余裕な自由度の高さでもあります。自由でいるのにはある程度の経済力が必要です。

    そのためには恋愛の勉強と、ほかモロモロの勉強ですね!

    • 豆たんうさぎ
    • 2019年 1月 18日 15:50:00

    私もシングルマザーで、しかも帰る実家そのものが存在しません(笑)
    なので安くて古いアパートに住んでいます(笑)
    自由にしたいから、グレードをちょっとさげて出来る限りで稼ぐ。
    たまに1人では経済的に大変だから結婚しない?って言う人がいるけど、日々楽しく過ごす時間をお金と引換には出来ませんね(笑)
    って訳で、将来を見据えてそろそろ外資積み立て始めたいと思いまーす♪

    • 睡蓮
    • 2019年 1月 18日 16:07:38

    シングルマザーとして19年、息子を大学に何とか卒業させられるだけの経済力も身につけて頑張ってきました。
    ただ、ときどきすごい勢いで言い寄ってくる男性たちに出くわすのですが、しばらくすると彼らは、私からは一人で生きていける感がすごく強く出ている、思っていた人と違う、と言って去っていきます。
    確かに一見私は大人しくて従順そうに見えるそうなんですが、Kouさん、これっていいことなんでしょうか?

    • ミロリロリ
    • 2019年 1月 18日 16:33:47

    みなさんのお話、大切に読みます。

    ましゅまるさんのお話に
    涙が止まらなくなりました、しっかり心に留めます。
    こちらに書いてくださってありがとうございました。

    • もももち
    • 2019年 1月 18日 16:47:06

    kouさん

    2018年は自分で稼ぐことの自信をつけることができました。
    2019年は、自分のリソース、時間、能力、機会をいかに効果的に使って稼ぐかをやっていきたいです^^

    • もももち
    • 2019年 1月 18日 16:54:03

    上の睡蓮さんのコメントを見て、
    男性って女性に対して大きく分けて2パターンを求められてるのかな?と思う時があります。

    自分の思い通りになりそうな従順タイプと
    迷えるこの世の中をひっぱってくれる潜在かかあ天下タイプと。

    カテゴライズが雑すぎますが、この2つはよく感じます。昔、抑圧してた頃は従順タイプに見られましたが、今は後者で見える時の方がモテます。

    このカテゴライズを超えた人間同士の付き合いを育みたいです。

    こういうカテゴライズ、女性も男性に対してありますよね。相手に期待する種類というか。

    私は稼ぎがいい人とかそういうのじゃなくて好きな人と一緒になります!それが一番うれしいです。そこに目が眩まないよう、自分で稼げる力を育んでいきます。

    • うさうさ
    • 2019年 1月 18日 17:19:47

    kouさん、こんにちは。
    とてもデリケートな問題を、誠実に取り上げてくださり、ありがとうございます。
    私は恋愛の勉強というより、人生の勉強だと思い、いつも読ませていただいてます。

    そして、ましゅまるさん。
    心を込めたコメント、本当にありがとうございます。私も涙がとまりません。
    こちらに書いてくださったこと、大切に受けとります。
    私の友人も、ましゅまるさんと同じような境遇の中、シェルターに駆け込み、そこから頑張って、今は再婚してとても幸せに暮らしています。
    頑張ってきた分、これからたくさんの素敵な人に恵まれます。
    お身体を大切にして、頑張ってくださいね。
    心から応援しています!

    • ユイ
    • 2019年 1月 18日 17:45:54

    とりあえず、これだけ。

    「『では、どうやったらその能力が身につくんでしょうか?』
     という質問が来ることになっているので、僕はキメ顔でこう言うことにします。」

    設定ですね。
    分かります、分かります。

    では、どうやったらその能力が身につくんでしょうか?(ゆくゆ)

    恋愛の勉強をしてくださいヽ(すくす )ゝキラーン✧

    • 金平糖
    • 2019年 1月 18日 17:47:11

    初めてコメントします。
    ましゅまるさんのお話を拝見してどうしてもコメントをしたくなりました。
    自身のお辛い経験を話してくださってありがとうございます。
    読んでる最中胸が締め付けられましたが同時に勇気ももらいました。
    そんな経験をしながらなおも前を向いて生きてらっしゃるましゅまるさんは素晴らしい女性だと思います。

    ここの皆様のコメントを見てても思うのですが女性は強いですね。
    男性の比じゃないと思います。
    Kouさんがいつも伝えてくださっている女性の価値にも繋がる事なのかな?

    私もシングルマザーです。
    幸い自立出来ていますがまだまだ不安定なので自由でしたたかでいる為に頑張ります。

    • アップルハップル
    • 2019年 1月 18日 18:05:19

    ましゅまるさんのコメント

    読みながら涙がでました。

    よく頑張ってきましたね(T-T)

    辛い経験、辛い思いを書いていただき。。

    胸が締め付けられる気持ちです。

    そして、勇気が沸いてきました。

    私もシングルマザーです。

    去年は泣いてばかりの日々でしたが

    まだまだ頑張れる!

    • 虹の音符
    • 2019年 1月 18日 18:26:29

    そうなんですよね(笑)

    今は、
    恋愛というより、
    もっと人生包括的なことで、
    めちゃ悩んでいますが、

    時々くると、
    私の心とぴったり合うような文が!

    くすぶったり、
    ぶーたれたり、
    してるなんてどんだけドMなのか、と(*´艸`)

    素直に、
    もっと気持ちをゆるやかに、
    オープンに生きたらええねや←エセ関西人

    今ある状態は、
    自分が引き起こしている。

    良いも悪いもない。

    人に、男性に、
    利用されたり、
    言いなりになってる場合じゃない。

    こっちが、
    利用してやるんだ。

    その気概☆

    • さこさこさこ(*^^*)
    • 2019年 1月 18日 18:45:16

    りりみいさんへ
    頑張りましたね(*^^*)
    私も、見習います(*^^*)
    今からでも、遅くない(*^^*)
    涙出ました。私は、まだまだ甘い。
    もっと、前向きます。
    コウさんって、本当に何者かな?
    皆さん、素敵ですね。

    • まいまいつむり
    • 2019年 1月 18日 19:51:14

    私はシングルマザーでも何でもありませんが、私の中にある不安を拭うための今までの恋愛は、たしかに自立してなさ故のものが多かった気がします。

    私は昨年、恋愛の勉強とともに、就職するための勉強も頑張りました。免許もとって、試験も合格して、4月から晴れて再就職が決まりました。
    やりたかった事、そして生きていけるお金もちゃんと、しっかり入ってきます。

    その状態になっている自分を想像するだけで、今までの情けなかった自分からはだいぶ離れていっている気がします。

    これが、経済的自立なのかな と思えました。
    少しずつですが、心の余裕が生まれてきています。

    自分の足で立てる状態の中で、それでもなお、一緒に居たいと思える人こそ、恋愛すべき相手なんだろう と、今ならば思えます。

    まだまだ頑張りますね。

    • みいたろう
    • 2019年 1月 18日 20:36:26

    ありゃりゃ、補足がいりましたかね^^;
    確かに、シングルマザーでも実家暮らしの人いますね。
    私の場合は、子供が3人、実家には高齢の祖母がいる、実家の広さは3DK、実家の下の住民が酷く神経質で苦情が酷い、校区が違う、

    このため実家にはお世話になれないシングルマザーです^^;実家に帰れない貧困の、子沢山のシングルマザーはどうしたらいいでしょうか?という話でした(・ω・;#)

    kouさん、ありがとうございます!この記事待ってたってシンママさん結構いたんじゃないでしょうか?

    確かに、離婚という選択肢をしたのも私です。経済力確保云々言ってられなく、命の危険があったからです。下の方でDVの旦那さんの話見ましたが、すごく話がわかります(´TωT`)

    経済的にしんどい理由は、私が不治の病、いわゆる難病を抱えることになってしまい、体が普通の人とは全然違ってあまり働けなくて、中々普通の経済力を持つことができません。

    そこで、少し違うかもしれませんが、男の人に頼ってしまいます。お金、というよりは子供たちと一緒にご飯に連れて行ってもらったり、買い物のついでに何か買ってきてもらったりとかそういうことですが、かなり助かっています^^
    本当に男の人って優しいです(ू´•͈ω•͈ )
    シングルマザーなりに賢く立ち回っているつもりですが、女って立場を利用しているようで悪い気さえしてくる(;-ω-)ウーン

    • Pooh
    • 2019年 1月 18日 21:14:01

    ましゆまるさんのこの言葉、本当にそうだと思います。

    専業主婦さん
    (中略)
    それはそれをさせてくれる男を選別し育てる女性の力量あってこと。

    自分の器が育たないうちに専業主婦になってしまうと、あとあとかなり辛い人生になると思いました。

    私は、独立する夫を支えるためにバリバリ稼いでいましたが、夫の仕事がうまくいくようになったため、仕事を辞めました。

    周りからは、もったいないとか、なぜ?とか、その仕事の価値をわかっていないとか、色々言われましたが、
    うつ病を患ったらまま子供を産んだり育てたりすることが考えられなくて、
    毎週片道3時間かけて通勤するのが負担で、
    夫がゆうゆう稼いでいるのだから、自分がそこまでして働く意味がわからず、結局仕事を辞めました。

    しかし、仕事を辞めた後、離婚したいと思うに至りました。

    そして、いまは、自立していることの重要性をすごく感じています。

    私も、母は他界、父は再婚しているので、帰る実家がないので、自立するしかありません。

    幸い、仕事を辞めてから一年しか経っていなかったので、前職よりは2割ほど給料が下がりますが、就職できることになりました。

    つぎは、もし別居婚になったとしても、仕事を手放さないと思っています。

    でも、専業主婦は憧れます。
    毎日家をきれいに保って、子育てについてたくさん本を読んで、お料理を研究して・・・

    だから、この人は絶対大丈夫だって確信できるまで、絶対専業主婦にはならないと決めました。

    Kouさんのブログに出会ったのは、仕事を辞める決断をした後でした。でも、間に合ってよかった。
    もし、kouさんに出会うのがもっと遅かったら、生活費のために離婚を諦めたでしょう。
    そして、再就職することの重要性がわからず、どんどんブランクをあけてしまって、もう元の職業に戻れなかったと思います。

    改めて、この記事はとても大切だなぁと思いました。

    • 国生あみれ(みいたろう様)
    • 2019年 1月 18日 21:51:15

    みいたろう様、子育てをなさりながら、生活費を稼ぐ日常というのは本当に想像以上に大変な日々でらっしゃる事と思います。
    尊敬します。
    経済的困難な故に理不尽を呑む事も、自分の事ならキッパリ断れても、お子様の事を考えると呑まざるを得なかったりなさいませんでしょうか?
    どうぞ、理不尽を呑まさせる様な男性にご縁がありませんように····。
    そんな男性はお子様を大切には絶対になさいませんので···。
    どうぞ、1人で頑張られず誠実な方に頼られて制度も逞しく利用なさって下さいませ。
    と、言っても日本の制度は本当に困った時にあてにならない事が多いですよね(ToT)

    今、頑張っていらっしゃるみいたろう様はダイヤモンドの輝きを放っていらっしゃると思います。
    どんなに裕福で恵まれていらっしゃる方がいても、それが誰かの力によっての輝きならば、それは所詮イミテーションの輝きです。
    本当にそう私は思っています。

    偽物と本物の違いがちゃんと解る男性。
    静かな本物の輝きを見る事の出来る目の肥えた男性と幸せになられますように····。
    心から応援しています(*^^*)

    • のん∞
    • 2019年 1月 18日 23:17:21

    私も、シングルマザーです!
    子供3人いて、正社員で働いたお給料と母子手当て、養育費で生活しています。
    家賃は8万円ほどですがなんとかなってます。

    で、この度、kouさんの大反対の同棲をします!
    理由は再婚の準備です。
    一緒に住んでどうなのか、子供たちの様子を結婚前に見たいし、不具合があるなら彼と協力してなるべく子供達が安心できるような環境にしたいからです。

    シングルマザーには、このような様子を見る期間って、必要な場合があると思います。
    同棲するにあたり、学区内で引っ越しをしますが、名義は私ですし私一人でも家賃を払っていける所にしました。
    彼を信じていないとかではなく、もしかして一緒に住んでみて合わないってなったら同棲を解消するかもしれないからです。

    現実的ですみません。

    でも、生活や人生を子供ごと預けるのは嫌です。
    彼は頑張ってる私を支えてくれればそれで十分。
    彼にも、暮らして見て合わなかったら同棲は解消しようねと話してあります。
    彼は、最終試験だね!がんばらないと!!と奮起していますが、私もサポートしたいと思います。

    この同棲は、kouさんに何を言われてもします笑
    それに、絶対どう転んでも後悔しません。
    後悔しないような下準備と、心の自立もしているつもりなので、いつかいい報告ができるように、がんばります!!
    見守っててください(^^)

    • かなかにゃん
    • 2019年 1月 18日 23:57:59

    結婚したら寿退社をするつもりの私にとっては耳の痛いおはなし(笑)

    経済力は必要ですよね。
    なので、今後どうやってお金を稼ぐか
    改めて考えていこうと思います。

    土日祝に働くのも、早朝勤務があるのも年末年始がないのも
    もうどれもいやだ。(笑)

    となると自分が好きなときにだけ働ける環境を自ら作るしか、、、、、
    \( ゚д゚)/!

    • セレンディピティ子
    • 2019年 1月 19日 1:00:18

    なんだか、この記事を読んで思ったのは、

    恋愛の勉強をしてたのに、いつの間にか、
    収入が安定してて、私はひとつ自立できたと思うことがありました。

    やろうと思ってやり遂げたというわけじゃなく、

    自分の考え方に変化が起きて、自然とそうなっていったような感じです。

    自立(自分で立つ)=自主的になる、自己責任

    記事のこういうところからかな、

    恋愛の勉強が生きてるのかな?

    生活や仕事に生かそうと頑張ってたわけじゃないから、不思議。

    そして、最近思うのは、稼げることにはなったけど、じゃあ、生活のためだけに仕事するって考えだと充実感がうすいから、やりがいがあることは何だろう?お金を稼ぐためだけじゃなく、仕事したいなーと、ちょっとずつ思うようになりました。

    そしたら、今日なんか、仕事でお客さんから話しかけられることが多く、楽しい会話となり、それがちょっと嬉しいなと思いました。

    やりがいのような、喜び。

    きっと、収入面で心配してないことと、健康であるから、ちょっとした余裕が生まれるのかな?

    以前だと、今日は仕事しとかないと今月まずいからとか、さっさと済ませて帰って休みたい、とか経済的な不安から、少しずつ大事なことから離れやすくなってたなー。

    私の場合、少しの変化だけど、
    恋愛の勉強をしてるうちに、変わってきたことだけは確かだと思う!!

    大なり小なり、経済面で変化は起こると思う。

    えらい、私。

    Kouさん、ありがとー。

    • よつば
    • 2019年 1月 19日 6:58:50

    シングルマザーの読者様が多くて心強いです。私もシングルマザーです。

    離婚を考えた時はパートで実家に帰るのも嫌だったので、国家資格を取り会社での自分のポジションを上げてから、離婚に踏み切りました。今はずいぶん収入も増え、養育費や手当なしでもやっていけるようになりました。この経過が、私にとって大きな自信になっています。

    寂しくて再婚を考えたこともあります。婚活パーティーやアプリで出逢った方とデートしたこともあります。でもベースが寂しさを埋めるための関係は、次第に自分の気持ちがついて行かなくなりました。

    Kouさんが常に言っているように、暇だとつまらないことで頭がいっぱいになって正しい判断が出来ないことを痛感しました。なので、年末から英語の勉強を始め忙しくしました(笑)

    そして本当に最近ですが、一緒にいて心地よい方に出逢いました。出逢ったといっても、昔からの友人。

    色々迷走した時期もありましたが、今は心穏やかです☺

    • テラリウム
    • 2019年 1月 19日 10:31:05

    シングルマザーに育てられました^_^;
    町営の住宅に住み、うちはお金が無いから、他は他、うちはうち、それがいつもの母親の口癖でした。
    でも、明るくて、愚痴も言わず一生懸命働いて育ててくれてるのが分かったので、私も迷惑かけないようにと小学高学年からアルバイトを始め、早めに家を出ました。弟も私と同じ道を歩きました。
    母親を好いてくれる人も母親の口から聞くと数人居ました。子供ながらに、ふーんとしか聞いてませんでした。お誘いの電話なのか、母親はよく面倒だからとお断りしていたことを覚えてます。
    いつも5分くらいで終わりますが、毎日電話をかけて来る方も居ました。特に私達と男性の方は絡むこともなく、母親も男性絡みの問題を家に持って来ることもありません。もちろん家に上げるといったこともありませんでした。お母さんモテるんだよ〜とか、あっけらかんと男性の話はするけど、いやらしさも感じなくて、いつも、そうなんだ〜って感じで聞いてました。
    今はもう75ですが、考えてみると、爺さん婆さんに頼ることもなく、再婚することもなく、母親は母親の主体性と強い意思を持ちながら生活してきたと思ってます。
    私もそんな母親を見てるせいか、何かあったからと言って実家に帰ろうとは思いませんでした。出産の時も頼りませんでした。
    一度だけ、一度だけかな。離婚しようと悩んだとき、具体的な話は出さなかったけど、電話で泣き言を言いました。母親の声を聞いて決断に至りました。

    去年かな。実家に帰った時、終活に向けて家の整理整頓をしていたのか、母親が母親のことを好いてくれ毎日電話をかけてくれていた方から貰ったという鑑定書付きの指輪をくれました。
    お母さんはもういらないからあんたにあげる。形見だと思って持っててもいいし、お金に困ったら売りなさいと言って。
    その男性はもう引退しましたがとても偉い職業の偉い位置の人で家族も居ました。死んだら一緒になろうって言って指輪をくれたエピソードを昔聞いてました。
    今もたまに連絡があるみたいですけど、男性に全く左右されず、相変わらずあっけらかんとしている。
    こんな大事な物、死ぬまで持ってればいいじゃんと思ったけど、とりあえず私が大事に保管してます笑
    だって私が中学の時からなので、ざっと20年くらい!!男性の熱って凄い!!
    母親は特別な資格がある訳じゃない。
    車の免許だって無い。
    でも、身丈にあった生活を続け、自分が出来る仕事をし、人柄なのか沢山の縁で新しい仕事に挑戦し、更に人脈も広がり、そして細々と今に至ってると思ってます。
    考えてみれば、お金は無いかも知れないけど、普段の生活は普通に出来てた。だから、うちは貧乏だからと言って子供ながらに卑屈になる事もなかった。それも母親のおかげかな。
    いつか、お母さんの人生は幸せだった?
    って聞いてみたいです。
    母親に感謝してます^_^

    • ほたる
    • 2019年 1月 19日 10:36:04

    人間が判断を誤る一番の原因は、お金ですー

    そうですね。
    お金に目がくらむって言います。
    目の前に差し出されても
    鷲づかみしない様に気をつけます。

    全てのことで
    自分で自分を賄える様にしていきます。

    • リカ
    • 2019年 1月 19日 12:32:52

    今は一人暮らしをしていて、一人で生きていくには十分に稼いでますが、もし今の会社を辞めたら同じだけの経済力があるかといえば、そういう能力はないと思います。恋愛の勉強以上にもっとこれを勉強した方がいいというものがあれば教えて欲しいです。
    あとは、男性に経済力をもっとつけさせる方法があれば知りたいです!

    • 美味しい林檎
    • 2019年 1月 19日 12:58:12

    「問題を解決する方法は自分しか持ち合わせていないんですよね。」

    Kouさんがくれるのは、答えじゃなくて、解決するチカラ♪

    自分で解決するためのヒントと視点を毎日たーーくさんくれているんですね。

    ありがとうございます♡

    • なつみんと
    • 2019年 1月 19日 13:40:03

    経済的に自立してると、潜在的に本当の自由を得られますよね。
    私も手に職持ってたから経済的な面では躊躇なく離婚できました。
    再婚して、今後子どもが生まれてからも、時短とか交渉しながら、どうにかして仕事は続けたいですね。

    仕事が好きだし、お金もしっかり稼ぎたいし、綺麗でいたいし、自由でいたい。

    ぜんぶ自分自身のためです。

    旦那さんも知らない攻略余地はいつまでも持ってたいし。人生のパートナーとして何かあれば助け合える力は持ってたい。

    あと、「好きな仕事ができること、夢や目標があることって素晴らしいんだよ」って、子どもに教えられるママになりたいなぁ*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

    • りりみぃ
    • 2019年 1月 19日 20:44:41

    さこさこさこ(*^^*)さん
    メッセージ嬉しいです♡
    わたしは、はたから見て頑張ってみえますかね?
    ありがとうございます♪

    毎朝じぶんへ
    「ほんとうはのんびり屋さんだから、朝はゆっくり過ごしたいし、お仕事もたのしいのだけどもっと自由にしたいしとおもっているのに、こんなに頑張っていてえらいなぁ」と褒めています。(笑)

    >今からでも、遅くない(*^^*)
    この気持ちは大事ですね。今更なんておもったら
    損をするとおもうので♡

    Kouさんは何者か…とにかく女性が大好きな………メガネをかけた神(笑)

    • MOMO
    • 2019年 1月 19日 21:11:21

    私は離婚して10年以上経ちますが、実家とはうまく行っておらず、母子寮に住まわせて貰い、高等技能訓練促進費を使って学校へ通いました。
    社会資源や福祉対策を知っているのと知らないとでは雲泥の差です。
    私は専業主婦で、前夫の借金から離婚へ発展してますから一文なしでした。
    市役所、裁判所、法テラスと、無料で使えるものは全部使いました。
    今は国家資格を持ち、小さいですが自分の城も借りれています。
    本気でやる気になれば、歳がいくつでも、どのタイミングでも、自立への道は拓けると思います。
    ただし、経済的・社会的に自立していても、恋愛依存だけは直らないという情けなさ。。
    克服出来るよう精進します!

    • shamy
    • 2019年 1月 19日 22:46:40

    私も同じく、事情で帰る実家はないです。笑

    ましゅまるさん、貴重な体験談を
    ありがとうございます。
    きっと涙しながら文字を打って下さったんだろうなぁ、とこちらも胸が苦しくなりながら
    読ませていただきました。
    私はシングルマザーではないですが、
    味わった人でしか分からない事がある
    と言うことは理解します。
    (私の場合また別角度からですが…)
    でも、一寸先は光です!
    これだけは言えます。
    応援してます^^♡

    そしてここにおられるお姫さまたちの
    民度の高さにただただ感心します。
    見習います。
    そしてまだまだ顔晴れる、ワタシ◡̈!

    • ♡arico♡
    • 2019年 1月 19日 22:53:31

    経済力は必要ですよね。
    貯金できる時はしなきゃいけませんね。
    誰かに頼らなくちゃいけないと、我慢したり、言いなりになったりしなくちゃいけないこともありすもんね。

    • ゆきちん
    • 2019年 1月 20日 0:33:20

    女性の経済的な自立と聞いて、「でも、子どもがいたら大変なんだよなー。」「地方住まいじゃ職も限られてるし」「実家遠いし、頼る人いないし」と思ってしまいました。
    が、それって実は勝手にそう思って、無理だと決めつけたり、いらぬ取越し苦労をしたりしているのかも…。
    わたしはシングルマザーではないけれど、環境が変わって泣く泣く収入源を失ってしまいました。
    「お金稼いで好きなことしたい」「生活を豊かにしたい」気持ちはあるけれど、上に挙げた出来ない理由を考えてウジウジしてました。
    でも、最初に働き出した時はそんなこと考えもせずに行動していたはず。やりたい気持ちがあれば、次も出来る〜!っと思って前向きにやっていきまーす!

    • ミロリロリ
    • 2019年 1月 20日 2:34:03

    様々な立場の女性がいますが、
    シングルマザーでも専業主婦でも
    どのような職業、年齢でも、
    どのような経験をしていても、していなくても、

    どちらが偉い、凄いということでなく
    それぞれ努力しているポイントが違うから
    立場が違えば見えにくい美しさがあるかもしれないけれど

    一生懸命に生きてきた人は皆 美しく、
    その歴史は尊く、かっこいいと思います。

    私も がんばらないと!

    • toka1977
    • 2019年 1月 20日 12:39:14

    このシングルマザーだから、、、ていうのは好きじゃありません。私はシングルマザーですが、自力で生きる術を得ましたよ。貴方は強いからとか言われたこともた多々ありましたけど。強いって何をもって言うの?人はみんな強さも弱さもあるんです。経済的には自分で全てはやはりきついです。夫婦共稼ぎで生活ができるような時代ですから。だから、自律できたらいいと思います。男女問わず、手を差し伸べてくれるんです。不思議だなと思います。自分がちゃんと生きてる実感がある今の方が、優しい人に出会えてます。

    • もももち
    • 2019年 1月 20日 17:09:19

    言い訳なんて簡単なんですよね。
    それに甘んじるか、その言い訳を手放すか。いつでもそれは本人の意思と覚悟にかかっているのだと思います。

    どちらでもいいのだと思います。
    どちらでも人生は続く。私は言い訳を手放すと決めて進んできました。その結果自信をしっかり手に入れたのです。

    制約を作るのはいつでも自分しかいないと思っています。

    • 麻美
    • 2019年 1月 20日 20:35:42

    必殺の問答パターン

    これ!これこれこれ!!

    短く端的に、でも伝えたいニュアンスやメッセージはきっちり織り込んであるまさにこれです。

    最近おなじようなことがあり、こちらから言いたい事をうまく伝えそびれてしまったので、この感覚で意思表示をしておこうと思います(*^^*)

    こちらの意思や意図がちゃんと伝わってないと不本意な言動をされかねないので、怒っているテンションでもなく普通に伝えたいと思います(^ω^)

    • まりちゃん
    • 2019年 1月 23日 8:00:33

    おはようございます。

    このブログの読者にいろんな方がいることは
    決して悪いことではないと思います。
    しかし前向きに努力している方に
    優しい言葉を掛けられない方も中にはいます。

    私は、前向きな気持ちで恋愛の勉強に取り組みたいです。

    そのためそのような冷たいコメントを見ることは、残念ですしとても悲しいです。

    • goodgirl
    • 2019年 1月 23日 18:10:03

    わたしもここで勉強したから、一人暮らしを始められたと思います。

    恋愛の勉強は、恋愛以外の方が効いているかも(笑)

    わたしは色々周りに助けてもらっていて、恵まれていると思いますが、自分が一人暮らしをして毎日ちゃんと自炊しているなんて。やればできるんだなぁと思います。

    とはいえまだ両親もいるし、なんとかなると思っている甘ちゃんなのは間違いないんです。
    家庭をもち、仕事もし、お子さまを育てている方たちを本当に尊敬しています。

    本当にこの先の人生を自分で自立していけるか、道は見えていませんが、正しい判断をするためには安心していなければならない。そのためにも足ものを固めないといけないのだなぁと思います。

    稼ぎがよいわけではありませんが、わたしの仕事はどこでもできるので、そういった意味では自信を持っています。

    それにここでのお勉強が仕事にも本当に役に立っていて、迷いがなくなってきています。

    自分の人生なのだから、自分で決められるということがちゃんと染み込んで行き渡ってきたんだと思います。

    Kouさんに出会えて本当によかったです♪

    • 小けろ
    • 2019年 1月 23日 23:48:00

    私も女性の精神的自立は経済的自立と同旨だと思っています。私は総合職で、同じ会社の夫と交互に子供の面倒を見ていましたが、今は中学生となった子供が小さい時のママ友は専業主婦が多く、ご主人が在宅されるときには家に居ないといけないと口を揃えて言っていました。外ではご主人の悪口に花が咲きますが、家では従順にするのだそうです。
    そんなに不満ならちゃんと話せばいいのにと言っても、それは無理よ、働いてる人はやっぱり違うのねーと言われ、逆にハブられそうになりました。経済的隷属は精神的にも隷属するのかと思っていました。
    その後離婚しシンママになって初めて、経済的部分以外にも夫に支えられてたんだなと気づきました。実家は遠いし一人で子育てするにあたり人手や母子共々心の支えが必要だと実感していたところで、今の彼に出会い、婚約し、もう何年も支えてもらってます。
    彼の両親にも、子育ては大変だからうちの息子をどんどん利用してと言われてます^_^
    それを経て思うことは、昔精神的隷属と思っていた専業主婦の皆さまは、経済的にご主人に依存せざるを得ないため、むしろ外でうまくストレスを発散しながら、ご主人をうまく使っていただけなのかもしれないと思うようになりました。
    自分は経済的自立ができたことで、夫に依存せずに離婚を選べた反面、果たしてそれでよかったのか、数年経った今でも答えが出ません。
    経済的に依存せざるを得ない状況は、精神的にはともかく、夫婦の結び付きを強固にする意味では、必ずしもマイナスとばかりは言えないのではないかと思う日々です。

    • リラックマ
    • 2019年 1月 26日 19:35:00

    一回の人生で、判断を間違えたとずっと後悔するのは嫌なので、後悔をしないような判断力を身に付けたいです!
    そのために、経済的自立ができるように恋愛の勉強頑張ります(^^)

    • ばんぺいゆ
    • 2019年 1月 30日 0:34:34

    毎日疲れを残さずに元気に働いていられるのは、健康な心と身体があるからです。食べ物飲み物に気をつけてはいますが、 私は母に似ていて お産以外に病気で入院した事がないのが自慢のひとつです。 お義母さんは、離婚して昼夜働いていたそうで、乳癌が進行してしまい42歳の若さで亡くなられています。 私はお姑さんがいませんが、もしいたなら、また違った結婚生活になっていたと思います。別居はお姑さんが怖くて絶対出来なかっただろうし、友達が言う嫁姑の愚痴を聞いても、ピンと来ないのがある意味さびしい気もします。会った事がないけど、会ってみたかったし 旦那の子供の頃の話を聞いてみたかったです。
    女性が働きづめだと、色々なリスクがあり。
    手に職があると大変な時期は何とか乗り切れたりします。
    長女の卒業式は夫婦揃って、最後の節目はちゃんとしたいです。お義母さんがどんな気持ちで 息子を思いながら 高校まで 女手一つで育てていたのか、旦那は自分の娘が卒業していく姿を見て、色々と考える良い機会にもなるかなぁと思います。私は両親健在だから、その辺りがわかってあげられていません。
    私も母子家庭で育ったので、 母は男性並みに稼いでくれていたけど それは健康な身体があってこそ出来たことだし、母には本当に感謝しています。
    離婚はしないに越した事はないし、喧嘩する両親ばかり見ていたので、それは避けたかったので一旦離れました。上手く言葉で表現出来ず、旦那には手紙をよく書いて渡していました。翌日可笑しくなって、破って捨てたり。努力で何とかなるのなら、いがみ合って喧嘩してお互い会わなくなるよりも、相手を知って、極めて生涯添い遂げた方が自分にとっては最後は幸せなんじゃないかなとか 色々考えました。お互い好きで結婚したのに、実生活では難しい。結婚ってなんなんだろう、こんなに考えた日々はありませんでした。まだ答えは出ません。
    3年間の間に、いざという時は男性を利用した時もありました。嫌な顔しないで 楽しそうに色々買ってくれたので 甘えてました。土用にうなぎとか奢ってくれる人に 遠慮なくご馳走になって、翌日 胃がもたれまくって悔やんだ日もありました。
    毎日の食事は 子供達と私の分だけ作るけど、車を買う時や 娘の進路など 困ったらやっぱり長年連れ添った旦那に相談しています。 嫌な顔しないで聞いてくれるし、相談して良かった と思うのと、毎回納得出来る話をしてくれる事で不思議な安心感があります。変な人と結婚したつもりはないし、間違えてはなかったな と自分なりに納得出来ています。
    子供が育つ20年間は、私達 親も一緒になって育っていく機会を授かっていると思うから、何も無駄じゃないし、判断に迷う時も普通にあります。これからもあるかもしれません。また一緒に暮らす日が来るのかわかりません。どうなるのかな。。でも 新しい食器を買っている時は、家族みんなの顔を思い浮かべて結局5人分を買うんです。
    20代で失敗してきた事が、失敗が少なくなって落ち着いていく感じが、30代ではあります。子供達が少しずつ家事を手伝ってくれるようになったのでかなり助かっています。親子丼とか唐揚げとかいつの間に 得意になっていて嬉しい。
    いつかもし娘たちが悩んだりしたならば、Kouさんがいる事を知って欲しいと思っています。いつまでもKouさんにはこのブログを続けて欲しいなぁ。

最近のコメント