恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

彼に魅力を感じなくなったときに考えてほしいこと

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

最近立て続けに同じ相談が来るので、ちょっとそのことについて話をしようと思います。

結婚して長いのですが、もう愛情も尊敬の念もありません。

比較的長く交際状態にある彼がいます。でももう好きなのか何なのか分からない状態です。

あなたの周りにも、こんな状態になっている女性が何人かいるかもしれません。

さて、あなたならこれについてどう考えるでしょうか。

 

愛情がないのなら、もうさっさと切ってしまうべきなのではないかと思うかもしれません。

確かにそれも一理あります。

ちょっと前にもこんな話をしました。

誰も言わない機会損失の話

どうでもいい相手と付き合い続けることは、人生レベルの損に繋がるということですね。

恋愛の勉強をしていたら、今まで好きだと思っていた相手が実はそうでもないとか、好きになる相手自体がなかなか見つからなくなったという意見もあります。

 

僕は恋愛の勉強で普段からそういう話をよくしています(^^

好きになるべき相手か、よく見極めること。

そして彼の態度をいつも問うこと。

 

その上で魅力を感じなくなったら、どう考えるのか。

さっさと切るべきです。

 

まあいつもはそういうふうに答えています。

ただし、それにもバランスは必要なんです。

切るのはいつでもできるんですよね。

いつでもできるんです(^^

 

だったら、もう少し冷静になって時間をかけて判断してもいいかもしれないと思いませんか。

過去の自分を否定するようなマネは、できるだけやめないといけません。

女性はいろんな意味で切り替え上手です。

それがいい方向に作用することもあれば、悪い方向に働くこともあります。

つい最近まで好きで仕方がなかった相手なのに、あることを境にして突然冷めることができたりします。

これは男性にとっては恐怖でしかありません(笑)。

それが女性に備わった能力なんですよね。

 

しかしその能力が、自分自身を傷つけることもあるということを知ってほしいんです。

一時の判断で今までの恋愛感情を消し去り、180度方向転換してしまうようなことは、悪い方向にも働く可能性があるということです。

僕は離婚には反対の立場を取っています。

してはいけないとは言いませんが、しない方がいいとは思っています。実際にそういう話をたくさんしています。

離婚するということ自体を否定しているわけではありません。そうせざるを得ない人だっていますからね。

 

冷めて別れるという判断をするとき、過去の自分を否定しないでほしいんです。

過去の自分の決断を一方的に否定していると、また同じことを繰り返します。

本当に時間をかけて考える必要があることです。

彼を好きになると決めたとき、当時のあなたは本気だったんです(^^

そのことを否定しないことです。

 

そしてこれと同じくらい大事なことがあります。

それは、その彼と紡いだ記憶や思い出を尊重することです。

何年も交際していれば、結婚ならば何年も一緒に暮らしていれば、いろんなことがあったはずなんです。

今目の前にいる相手に何の恋愛感情も湧かなくなったのだとしても、その相手と過ごした時間に無数の記憶があるはずです。

それらを思い出してください。

あくまで傾向ですが、女性は一時の感情の揺れを原因にして、人生を左右する大きな判断を一瞬で下してしまいます。

後で後悔するわけです。

 

考えた上でやっぱり判断を下すべきだと思えば、そのときそうすればいいだけです。

僕のところには別れる相談、離婚の相談も無数に来ますが、はやまらなくてよかったという報告が本当にたくさん来るんです。

一度よく考えてみることを勧めます。そのくらいの気持ちの余裕はあっていいです。

 

何度も言うとおりで、切るのはいつでもできます。

相手との軌跡を思い出すことによって、忘れかけていた恋愛感情や、相手に対する尊敬の気持ちも蘇るかもしれません。

これは本当に大事なことだと思うんです。

 

一度作り上げた人間関係を簡単に放棄していては、何人とあっても同じことになりかねません。

 

つい先日受付を終了した「女性の承認」ですが、あと3日だけ再び受け付けることにしました。

女性のための恋愛技法・女性の承認

クリスマス限定みたいな感じですかね(笑)。

本当に要望が多いので、特別に解放します。12月25日(火)までです。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • みろりいぬ
    • 2019年 2月 14日 19:33:12

    今は自分の大事なことで手一杯です。
    時間をかけて考えるのは、それが終わってからにします。
    終わってから考えます。ちゃんと。

    ただ、過去の自分を否定してしまうのは、ずっとそうで、今もそうです。
    昨日や今日のあの時、あの言い方はよくなかったな、といった反省だけならまだしも、
    子どもの頃の未熟な態度や、生意気だったことなどが嫌で、
    子どもの頃の自分をいい思い出、ほほえましい思い出として振り返れません。

    あんなことがあって楽しかったな、こんな友達に出会えてよかったなといったことは心からそう思っています。
    が、当時の私自身のことはどうも…。

    今の自分が一番好きと言えば聞こえはいいですが、
    単に過去の自分が嫌だからだったりします。

    ちょっと記事の内容と主旨がずれてしまいました。
    彼とのことは、落ち着いたらちゃんと考えます。今は何もしません。

    • あおはなみ
    • 2019年 4月 19日 1:27:44

    切るのはいつでもできる。

    はい、なよなら。と。

    はい、恋は冷めました。

    何が冷めたかというと、一人の世界に戻ってしまいました。
    誰かと温かく心を通わせる希望を抱けたのが、又一人に戻りました。グレー色。
    多分、私も混同しています。
    彼の女性不信と、私のコンプレックスの不安は、解放されないまま。
    お互い希望は見えた。
    彼もまだ切り抜けていない。
    ただそれだけ。
    私は彼の想いはまだそれ程だと知った。

    もっと話をしなければならないのかな?

    あと彼に追いかけさせていないから。だから男性がすべきことから外れちゃう。

    • あおはなみ
    • 2019年 4月 19日 1:48:21

    お互い歪です。

    彼には、

    女性としてお姫様みたいに扱われる喜びを味わわせてもらいました。

    一つ一つのありがとうの心を温めるやりとりを教わりました。

    初めて男性に添い遂げたいという気持ちを教えて貰いました。

    綺麗な彼の中の石を見せて貰いました。

    • あおはなみ
    • 2019年 4月 19日 1:57:29

    彼は傷つけたくて言ったわけではない。
    別の言葉も必死で伝えていた。

    私は彼の非ばかりみて
    彼の温かな想いは見ていない。

    わざわざ全て絶望へ運んでいる。

    • 雪んこ
    • 2019年 6月 18日 3:24:01

    来年、結婚して25年。ひとり娘はもうすぐ18歳‥長いようで年月が経つのは早いなぁ。と、実感しています。別れたいと思ってから色んなことが。娘はお父さん大好きで。私は娘を置いてなんて考えられないし、自立出来ない自分がいて、早15年以上‥
    その間私は女性というよりお母さんとして生きてきました。でも、数年前突然恋をしてしまって。片思いの。ドキドキーーって、忘れていた感情でした。夫には全く起きない感情で。それでもだいぶ前。数年以上前に話し合ってやり直そうか。って、わざわざ2人でラブホまで行って試しましたができませんでした。

    そんな数年後の恋でした。でも、誰かを好きになっても不倫にしかならないんだなぁって。思って。お互い何も起こらず終わりました。今思うと、私ばかりが好きになっただけで男性からしてみると性欲だけで遊ばれる所だったんですね。好きという感情はよくわからないんですもんね。
    自分を大切にできてよかったです。

    それから更に数年後。年下の男性を好きになって。私は結婚してるのになんなんでしょうねぇ‥
    その彼とすれ違いの末に冷たーくあしらわれて、それがショックで別の年下男性に逃げて‥。その彼がびっくりするくらい魅力的な人だったんだけど、客観的に見ると多分クズ‥かもしれない‥と、気付いたけど好きになっていて。簡単に好きになってた私もアホだけど。私も人としてクズなんだろうな。と、思いつつ。最近自分からやっと別れました。いま、すっごーーーく辛いです。
    別件で、やはり夫の事は嫌悪感しかなくて離婚前提で、実家へ別居する準備中です。
    もう、夫の事を好きになれない自分が哀しいです。戻れるなら絶対戻った方が娘のためにもいいのに‥と思いますが、もう気持ちはすっかり冷めてしまっているし、この先別れたら絶対自分が損なのもわかっているけど、もう無理だなぁ。と、気付いてしまいました。夫とやり直すための恋愛の勉強‥と、いうのが筋なのはわかっているけど、嫌いという気持ちを消せない自分がいて。
    このまま一生終わるのも辛くなってきて。自分勝手な母親でごめんなさい。と、娘に謝ることしかできませんでした。きっとバチが当たると思います。でも覚悟して家を出ます。出た以上、一生1人で生きていく覚悟がないとダメだとわかっていますが、やっぱり恋をしたいと思っています。現実理解してないかもしれない。鏡に映る私は最近急に老けこんだおばさん顔で中年太りだけど。
    今は自分の事を大事にしてあげようと必死です。なかなかこの思考にはまだ努力しないと難しい‥。

    • スピカ☆
    • 2019年 7月 04日 22:11:41

    彼と紡いだ記憶や思い出を尊重すること。
    過去の自分を否定しないこと。

    自分自身の過去にまだ向き合うことができません。
    だから、やっぱり今はまだ会うべきではないのだと思いました。
    好きなのかどうなのかさえ、わからない。
    ただ、会いたくないなと思う。

    今は彼に会いたくない。

    • 本当は可愛い乙女
    • 2019年 7月 04日 23:46:06

    初体験がショックだったので彼への気持ちが冷めてしまいました。
    でも一時の感情で判断を下したくないです。
    彼を好きになった理由はちゃんとあります。
    彼からもらった愛情も積み重ねもあります。

    別れちゃいけない、とか別れないといけない、ではなく、別れるのはいつでもできる、というフラットな視点で関係を見ておくと楽ですね。

    • あおはなみ
    • 2019年 7月 05日 9:24:31

    一緒にくらしたら、
    ずっと一緒にいたら、嫌いになるのかなあと感じました。

    家族と、私は暮らすのは苦痛でした。
    中学生あたりから。反抗期。

    感謝知らずでしたから。
    自分のリズムや動線を邪魔されるだけで嫌で、食事も部屋か、家族が寝ている時間にとっていた。

    今の私からみたら、お前はアホか?どこかの偉い人かえ?
    て感じです。こんな感謝知らずなアホは、勉強できても例え仕事が表面的には上手くいっていても、大した人間じゃないなあ。て思います。

    両親。当たり前だと思っていた全ては、愛情が形を変えたありがたーいもの。

    職場も、毎日会う仲間。
    当たり前に助け合う尊重し合うことの有難さ。

    彼。尊敬してれから職業も、仕事の話も、趣味も愛しい。
    一月に1〜3回会う。一月に3〜回の電話。週に2〜回のメール。
    距離感。

    結婚しても、個人の自由、尊厳が自分にも彼にもあることを忘れないかなあ?

    結婚したとしても、自由が許されているのに自分の意志で、そばにいる事を選んでいること、優しい言葉を掛けたいこと、その姿勢は持てるかなあ?

    仕方なくやってるとか、我慢してやってるとか思ってないかなあ?

    私が彼の傍にいる事を望まなければ、彼の傍には居なかった。
    彼も望まなければ居なかった。

    何で望んだか。
    彼の声は、話は、いくらでも聞いていたいから。耳が過敏な私が、心地よいと感じたから。彼の喋りは本当に心地よい。
    内容、価値観、リズム、優しさ、楽しさ、男らしさ。

    当たり前に居るんでなくて、選んで居ること、選んでしていること忘れないように。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント