恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

女性が仕事で大きな失敗をしないためのヒント

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

今回は非常に面白い話になるかもしれません。

大事な疑問となるコメントを見つけました。

美しい世界を見る方法

♡arico♡さんより:

『女性の恋愛は、安心で成り立っています。』

ずっと安心を感じるのが普通なんでしょうね。
上手くいっている時は安心なんですけど、不安が出てくると、そうはいきませんね。

女性に安心を与えるのが、男性のお仕事なんでしょうね。
それができない男性が多いと思うのは私だけでしょうか?
そして、私の今の恋愛が上手くいかないのは、もしかして惚れる相手を間違えたのか?
簡単には惚れていないことは間違いない。

そして、仕事で思うのは、男性は言葉が足りない人が多いんですよね。
仕事頼むのはいいけど、後で大丈夫だった?とかどうなった?って声かけて欲しいです。
メールだけで頼んで、送りっぱなしだったり、やってもらって当たり前なんて思われてて、今日は腹が立ちました。
これもしつけないとダメなんですかね?
上司なんですけど。

女性に安心を与えるのが男性の仕事。

その通りです。

恋愛における仕事、です(^^

この役割を男性から奪っちゃダメです。

そして、この役割をしようともしてくれない男に何年も入れ込んでいてはいけないということでもあります。

判断基準としても使えると思うんですよね。

 

恋愛をしていて、いつも不安にさせてくる男性。

さすがに意識的に不安にさせてくるようなことはしないとしても、安心感を与えるための努力を何一つしようとしない男性はいるものです。

その時点で何かがおかしいと思わないといけないんです。

 

みんな大好き男性の投資行動って、つまりは安心させるための材料なんですよね。

女性を説得するための材料として、とにかく来る日も来る日も頑張るわけです、彼らは(笑)。

それを見て心を打たれていくんですよね。

 

ところが、それがないのに心を打たれてしまう女性が多すぎる(^^;

ちょっと前にアメとムチの話をしましたよね。まだ記憶が鮮明に残っているんじゃないでしょうか。

ノドから手が出るほどアメが欲しい女性が知るべきこと

最初の一回だけアメをもらっても、それは投資にはならないんです。

1回だけで完了する投資は、投資とは言いません。

ましてや、アメじゃないものをアメだと思わされて、それに心を打たれてしまう女性になるようなマネは絶対に避けないといけません。

 

さて、本題はここからです(^^

ここまでは恋愛における仕事でしたが、ここからはビジネスの意味の仕事です。

仕事頼むのはいいけど、後で大丈夫だった?とかどうなった?って声かけて欲しいです。

この発想をしてしまう女性は、非常に多いです。

とにかく多いです。

 

仕事をする相手や雇う従業員として女性の対応が難しいのは、これに由来するものです。

まだこのコメントの例だと、状況を確認してほしいという感じなので問題にならないレベルだと思いますが、声をかけてほしい、様子を見に来てほしい、気にかけてほしいという欲求を持っている女性は多いですね。

すべての女性がそうだとは言いませんが、女性には仕事に自分の感情を持ち込んでくる人がとにかく多いんです。

それが理由でトラブルになって、職場を去らざるを得ない状況に追いやられるケースもたくさん見てきました。

女性には難しいことかもしれませんが、ビジネスという意味の仕事においては、気にかけてもらいたいという欲求は捨てた方がいいです。

言葉が足りない、説明が足りないというのは確かにあるかもしれませんね。

 

しかし仕事のやりとりでは、最初から全てのことを説明し尽くすことはできませんから、確認しないと分からないことは能動的に問い合わせてくることを求めます。

仕事において女性が「説明が足りない」と思っていることは、男性から見ると任された方が能動的に動いて整えることだと思っていたりするわけです。

気にかけてほしい(様子を確認してほしい)という欲求は、実際にはわき起こるので、それが満たされないと自分は放置されているとか、粗末に扱われていると思うようになったりします。

 

女性なのでそういう欲求があるのは仕方がないことかもしれませんが、それを仕事で全部出していると、損をする結果になる可能性がありますね。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • テイタム・オニール
    • 2018年 10月 09日 14:32:36

    Kouさん!

    「女性を説得するための材料として、とにかく来る日も来る日も頑張るわけです、彼らは(笑)。
     それを見て心を打たれていくんですよね。」

    の部分が昨日やっと分かりました!

    友人男性が私を「いいな」と思ってくれていたのは分かっていたんですが、昨日までの1年くらい私は本当に本当に「友達」としか見ていませんでした。
    その間、私は振り向いてくれない別の人に熱をあげていて。
    彼の方は、ずっと、私に会えるよう仕事を調整したり、好意をほのめかすメールを送り続けていてくれたんです。

    昨日、その彼から、お土産を渡したいというようなラインが来て、「わ!何か、行動に出てきた!」とびっくりして、意識するようになりました。
    そして、彼がこれまでしてきてくれたことを思い返し、涙が・・・( ノД`)
    まさに、「心を打たれた」わけです。

    大事にしてくれる男性は、近くにいたようです。
    まだどうなるか分かりませんが、彼のこと、これからちゃんと見ていこうと決めました。

    まずはご報告まで。

    • フレーズ
    • 2018年 10月 11日 23:03:17

    お仕事に女性の感情を持ち込むと損をするのはその通りですね!

    ただ、今のご時世、女性をどう活用するかが企業が生き残る術なのも確かだから
    女性の扱いが上手い上司や企業が増えていくことに期待。

    • まー子
    • 2018年 10月 16日 0:20:27

    あーーー…
    ってなりました(笑)

    仕事って、頼まれたことに関して疑問があれば自分から聞きに行く。詰まれば仕事を頼んだ人に聞きに行く、一通り終われば経過を報告しに行く。

    これが基本ですもんね。
    報告、連絡、相談。

    そりゃあ上が下を気にかけるのは良いに超したことはないですが(コミュニケーション的な意味で)上からの「どうだった?大丈夫だった?」を待ってることがまずお門違いだなと感じてしまいました(´・ω・`)
    下が上に報告しに行く案件ですやん。

    それに、頼まれて断らなかったのならそもそもその仕事はやって当然ですし、そーゆう上の態度を不満に思う事自体がよくわからないです…
    仕事場でそーゆう構いを受けるっていうのは言い換えれば頼りにされてなきゃ信用もされてないって事ですし。

    個人的にはそんな構って欲しい、私を気にかけて、でも慕って頼ってちょうだい、私はこんなに大変なのよ。と喚くおばちゃんに所属部署全体を振り回されて迷惑した事があるから程度はかなり違うのですがすこし不快に思ってしまいました(´・ω・`)スミマセン

    まぁでも、そーゆう些細な事にも気を回せる余裕のあるコミュニケーション盛んな職場はつるむ所まで行かなければとても良い職場だとは思います。
    新人や女性に優しい職場だとも言い換えられると思うので、そんな所が増えていってくれるのならばそれは嬉しいことですよね(*´ω`*)

    • 幸子さん
    • 2018年 11月 03日 17:34:22

    …わたしも気にかけてほしいのかもしれません。

    依頼するくせに前置きもなく、状況説明もなく、進捗確認もなく。

    いつの時代のやり方だよ!?と、一層相手をバカにしてしまいます。
    それが人にお願いするやり方ですか?と。それが仕事をする、ということですか?と。
    (そもそも そう思っているので、わたしが何様?なわけだと思いますが。)

    こちらから質問したり相談したり、報告したりしても、
    面倒くさがられる…これはよく思ってきました。

    依頼側に、当事者意識があれば、そんなふうに思わないと思います。
    自分で頼んだ仕事の状況を把握しておかないと、普通はせめて安心してたたかえないのでは?
    (もちろん細かいところまでは不要と思います)

    …でもこれって、わたしがよかれとおもうことなので、
    (わたしは、それが 部下や後輩のあるべき 真面目で 誠意のある仕事のやり方だと思うけど) 他人にはそうとは限らない。

    わたしが相手をみて、うまく動けていないだけです。
    この人(上司 先輩 後輩)は何を望むか。

    何であんなやつらのために わざわざ自分がそんなことをせにゃならんのか!?
    とか思うけど、結果的に自分がうまく動くためです。

    その辺が下手くそで、自分が嫌になる!!!

    わたし、笑顔でいない自分が嫌です。
    ピリピリして、わたしのいいところがぜーんぜん活かせていない。

    前は笑いたくない時は笑うもんか!って思ってたけど、もう違うんです。

    おとなげない からじゃないです。
    それもあるけど、そんな常識的なことじゃなくて、
    もっとわたしの 生の思いです。
    自分の本心に嘘をついてしまうことになる、からです。
    人に左右されて、楽しい時間を過ごせないなんて、人ありきの自分、誰かに依存している状態で苦しいんです。

    怒りで顔が曇る。
    周りがどうだろうと、笑顔でいてしまえばいいのに。

    わたしが笑顔でないと周りのために… そういうのを思える余裕なんて、正直ないし、それって 逆にわたしが何様か!?です。

    今は何でそのくらい 笑ってしまえないんだ!?って、
    自分が嫌になるのです。

    そういう日々、はやく変えたい。

    「この人、もうだめだ」
    そう思うと笑顔になれない。
    男性と別れる時は、「見限る」です。仕事でも同じです。

    相手に笑顔を見せたくない。
    笑顔は、あなた、それでOK!というメッセージになります。
    相手への不満があるから、あなたOK!になんてなれません。

    でも、それすら、ぜーんぶ あの人(年上だろうと年下だろうと)はあれで精一杯 そう思えると、
    きっとわたし笑顔になれます。
    わたしも精一杯なんだから、相手の精一杯さを尊重できるし、信じられるというものです。

    今は それができず、本当に悔しいです。

    もうぐちゃぐちゃな気持ちで…、
    整理したくてコメント蘭を利用させてもらってしまいました…
    すみません…

    辞める事(離婚と同じです)ばかりを考えていたけど、
    悔しいと思えたので少しマシになれてると思います。
    あとは粛粛と わたし生き方に集中したらいいわけです。

    こんな情けない思いも、ここに書いておいて
    振り返ったとき がんばってたなー って思ってやりたい。

    その日が 遠くないといいなぁ…

    • あえか
    • 2019年 2月 07日 22:10:55

    確認というより、
    「何かあったら何でも言って」と
    気にかけていただいてます。

    今日は、ある話がきっかけで、
    1つ考えがまとまったので、
    明日提案してみて皆さんの意見を伺おうと思います。

    今まで各々の裁量でなんとなくやってたことの
    基準を明確にして型を作ったら、
    みんな楽になると思うんですよね。

    私の仕事も減りますし(笑)

    楽しくなって来ました〜(๑•̀ㅂ•́)و✧

    • 可憐ちゃん♡
    • 2019年 2月 08日 13:19:52

    恋愛は女性の方がクライアント、受け取る側。
    だから男性の与える側のお仕事を取っちゃうと
    立場が逆転してしまうのですが、
    ビジネスは自分以外の人がクライアントと
    考えるとよいかもですね!

    というかそうしてます!笑

    自分が与える側で、
    自分以外の人が受け取る側なんですよね、基本。
    なにかを与えられた側になることはあっても、
    与える側であることを忘れたら終わりです。

    恋愛だって、
    全部を与えられる側になってしまったら、
    赤ちゃんになってしまいますし、
    クレクレばかりで
    依存的になりすぎてしまいます。

    なので、恋愛では与えられる側だけども、
    与える側にもなれる余裕があってこそ、
    与えられる側のポジションが
    うまく機能するのだと思いました(*ˊᵕˋ*)੭

    仕事はたとえ依頼された側でも、
    自分が与える側になることで、
    与える訓練ができる場所だと思っています☆

    • あえか
    • 2019年 2月 23日 8:59:05

    あ、これですね。

    >仕事をする相手や雇う従業員として女性の対応が難しいのは、これに由来するものです。

    面倒くさいので、男性にお任せします(・∀・)

    • しましま
    • 2019年 2月 26日 20:29:48

    仕事でむしゃくしゃしてます。
    kouさんのブログかメルマガでみた、仕事はすればするほど得という言葉がいまの支えです。

    あほなふりして(ほんとうは賢い子です。)
    手を抜く人がいるのです。
    それを面倒をみてあげる男性がいるのです。

    考えても分からないことなら仕方ないけど、
    少し頭を使ってメモを見返せば正しくできることをウフフと笑い謝りながら、雑に行うのです。
    ずっと気にしないようにしてきましたが、

    今日は何倍もの仕事がこちらにふりかかってきて久しぶりにイライラマックスです。

    おんなじぶりっこでも他人へのリスペクトがあればかわいいのですが…

    • つきのあかり
    • 2019年 6月 24日 6:37:32

    私と彼が仕事だと揉める原因が分かったように思いました。

    仕事だと、強烈なアドバイスというか批判ばかり。支えたい?ふざけるな!って思っていたけど、プライベートと仕事を上手く私自身が割り切れると良いのかも。

    本人にぶつけるわけじゃないから、コメント欄を上手く使えたら良さそうって改めて思う今です。

    • つきのあかり
    • 2019年 6月 24日 22:59:21

    まさに彼は私を支えたいって発言を良くする。
    実際は彼曰く支えられる自信がないのが今みたいだけど。
    私からしたら、支えられる自信がないなんて言われるのが辛いって分からないかなぁ。

    それに、私からしたら支えてもらうことって、毎日ただおつかれさまって労ってもらうことであって。アドバイスを全く求めていなかったりして。

    仕事熱心な彼は私にアドバイスもするし、強い私を求めるから、私も疲れちゃってたけど。

    職場恋愛はビジネスとプライベートの棲み分けが難しいんだなっていうことを痛感してる。

    • しましま
    • 2019年 7月 12日 10:32:21

    気にかけて欲しい欲求…
    そうなのかな。。

    今わたしの置かれてる状況。
    同じ世代の子はリーダーがいて、
    指示を受けて
    笑い合って打ち合わせなんかしながら仕事を進めてる

    一方わたしは、リーダー的な管理も、
    すみずみまでの細かい業務もひとりでやってる
    もちろん黙々と…

    会社がそれを評価してくれているのは
    分かっています
    数字にも反映されているので…

    でもなんだかムカムカイライラ
    あの子達は楽だよな!
    同い年なのに!
    「やった感」出してるけど
    あんたたち一人だったら、何が出来るの??

    っていう不平不満が
    心のなかで止まりません。

    褒めてほしい?←いや、結構褒めてはもらってるし…

    なぐさめてほしい?←いや、そんなんじゃなく具体的に人手がほしい

    ブログかメルマガに書いてた
    「仕事はやればやるほどお得、ラッキーなんですよ!」

    という言葉を思い出しながらトイレでポチポチ愚痴を打っています。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント