恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

なぜ私はいつも苦しいのだろう?

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

10月になりました。早いですねぇ。

今日は台風明けで、散々な日だったりしたかもしれません。

今年は特に災害が多くて、大丈夫なのかなと心配になってきたりもします。

それでなくても人手不足とかでいろんな問題の影が実際に見え隠れし始めていて、生きにくい時代にはなってきています。

 

メルマガサポート用記事(2018年10月)

あぃあぃさんより:

kouさん…
メルマガと全然関係ないですが…
私死にたいです。
私は消しゴムのカスで、ブスで価値が無い事を知ってます。
さっき、混んでる駅を歩いてたら、前の人の靴をふんでしまって、そしたらその女に後ろから蹴られて「何してるんだよ!クソ女が!」と言いました。
クソは私です。こんなんだから更に醜くなってます。
今もクソ女に通りすがりに「チっ!」と言われました。
こんなクソな世の中で生きていたくないです。
幸せなんて訪れるわけ無いです。
だから死にたいです。
こんな私にも生きる価値があるなら慰めの言葉をください。
よろしくお願いします。

いやー、ありますね、こういうの(^^;

僕もあります。

何度経験したか分かりません。

 

まず、悪態をつかれたのは、自分が「ブスで価値がない女」だからではありません。

これはほとんど関係ないです。

女性の容姿なんか、工夫次第でどうにでもなるんですよ。

何のために服があり、何のために化粧があるんでしょうか。

自分でブスだと思っていたら話になりません。

 

この手の問題は、ちょっとした工夫でほぼ0にできます。

実は嫌がらせを受けたり、妙に人から攻撃されやすいという人は、自分でそれを引き付けていたりするんです。

あー、またお得意の引き寄せの法則ですか。もう、うんざりです。

と思うかもしれませんが、残念ながら違いますね。

 

もっと理屈で説明が付くものです。

理屈で説明が付くということは、メカニズムを理解して理論に従って行動を変えていけば、確実に回避できるということでもあります。

精神世界の話ではありません。

 

靴を踏まれて、「何してるんだよ!クソ女が!」と反射的に反応する女性は、いつもそうではないのです。

ここが大事です。

先ほども言った通りで、僕にも何度も経験があります。

 

東京駅の長いエスカレーターに乗るとき、必ず渋滞が起きます(笑)。

大勢乗るんですから、流れに従って進んでいるとどうしても並んでいる横から入るような形になることはあります。

普通は誰もが事情を理解しているので、横から入ってきてもいちいち腹を立てませんが、

「チッ!」

とか、

「おい」

とか、ただ流れに沿ってエスカレーターに乗ろうとしているだけで睨まれたりするんですよね。

このとき僕も、「おい」と睨みを利かせてきた小太りのオヤジにイラッときたのを今も覚えています。

このオヤジも、いつもいつもピリピリしているわけじゃないはずなんです。

なぜ睨みを利かせてきたのか。

僕がナメられていたからか。

多少はそれもあるかもしれませんが、一番の原因は、混んでいることです。

つまりそもそもその空間と時間帯が、ストレス空間だったんです。

 

特に今日の台風明けの駅の混雑というのは、普通の状況ではないんですよね。

みんな疲労困憊で、ちょっとしたことでムカつくんです。ストレスが溜まりまくっていて、発散できるものなら発散したいんです。

そこにちょうどよく靴でも踏まれようものなら、反射的に爆発したくもなるものです。

そういう状況だから爆発してもいいのかということではありません。

そこにいる人たちはほとんど全員が、正気ではないということです。

 

この正気ではない人にわざわざ接近するから、トラブルを招くんですよね。

こういう事例は、少し観察しようと思ったら毎日のように発見できます。

交差点で肩がぶつかったことが原因で大人が胸ぐらを掴んでケンカまがいのことをしているようなケースはよく見つかります。

肩が当たったくらいで普通は腹は立たないんです。

通勤時間帯でみんな急いでいて、気が立っているんです。

とにかく急いで移動しようと思っている人ほど、最初からイライラしています。

 

防御リテラシーにも関わってくることですね。

近づいたらトラブルに巻き込まれそうなものには近づかないこと。できるだけ距離を取るんです。

これは意識すればちゃんとできるようになります。

 

混んでいる駅を歩くことに、疑問を持ってください。

感覚がマヒしているんですよね。

実は混んでいる駅を歩かなくてもいいかもしれないんです。

いやいや、通勤でどうしても混雑した駅を歩かないといけないと言うのであれば、混雑している中で可能な限り距離を取る意識を持つことです。

 

せっかくなので、もう少しこの話を掘り下げます。

歩いているときに、前をよく見ないで歩いている人が多すぎるんです。

後ろにいたっては、ほとんど誰も見ていません。

特に混雑している場所を歩きときは、自分の前後左右に何があるか(人や障害物がどのくらい近くにあるか)を気にしておかないといけないんです。

右に曲がるのに、右後ろを直進している人がいることを気にしないから、ぶつかってトラブルになるんですよね。

 

まあ現代は世知辛いのは間違いありません。

何をしても、まず怒られますから。

それでも、その世知辛い世の中をつまらない世界と考えるか、楽しく生きられる場所と考えるかによって見え方は全く変わります。

 

心の余裕が必要なんです。

何してるんだよ!クソ女が!

と言われたら、それを真に受けてダメージをもらう必要なんかないんです。

この人、何か嫌なことがあったのね、かわいそうに。

こんな感じで笑えるようになるのが理想です。

実際にただイライラしていて攻撃してくるだけなんです。

真に受けるだけ損です。

 

もっと言えば、こんなかわいそうな人の攻撃を避けるために、死ぬのは馬鹿らしいと思いますよ(^^

僕は自分でも経験があるんですが、もうどうにも苦しくて嫌で、死にたいと思うことはあったりします。

でも今はあんな馬鹿げた理由で死ななくて良かったと心底思います。

悔しくありませんか。

この生きにくい世の中で、楽しみを謳歌している人が無数にいるんです。

それを味わうことなく、死ねませんよ。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (12)

    • あやぽろん
    • 2018年 10月 04日 8:32:14

    めちゃタイムリーなお話ありがとうございます!
    たった5分前にわたしにも同じ状況が起きました。

    朝のカフェでのことです。
    レジで頼んだあとに、横にずれて品物を待つんですけど、ちょっと携帯触ってるあいだに、
    前の人がずれたのに気づかなかったので、
    私の次の中年の男の人が、
    「うしろ詰まってるんや、前つめろや」
    と言って、自分のトレイで押してきました。

    あっけにとられて一瞬思考がストップしました。

    その後にそんな言い方ないやんと思って、
    イライラしてきたので睨みつけました。

    すると中年男「なんやねん!」
    と、周りも気にせず大きな声を出すので、
    ややこしいことに巻き込まれるのはごめんだから、そのまま無視して終わりました。

    最初は席について、
    むしゃくしゃしてましたけど、
    この記事を読んで納得。一瞬で収まりました!

    中年男は、確かにずっと貧乏ゆすりしていて、
    何か恥ずかしい人だと思えるようになりました。
    こんな人の相手をする時間がおしい。

    自分が携帯に気を取られていた落ち度なので
    そういうイライラしている人の犠牲にならないように、もっと周りに目を配ろうと決めました。
    勉強料にさせてもらいました!

    • めだか
    • 2018年 10月 04日 21:48:37

    職場の先輩や上司もそんなかんじです
    常に心に余裕がなく、イライラしているので、だいたい何を話しても怒られます
    最近、話しかけるだけで緊張してうまく話せません

    もちろん、わたしがいろいろと至らないところがあるから言われるのも分かります
    もう少し要領よく仕事できるようになって、わたし自身も周りを気遣えるくらい心の余裕ができれば、きっと変わってくるんだと思います

    でも、そのためにどうすればいいのか…
    最近、仕事が詰まってて、行事目前なのに体調を崩してしまい、熱も全く下がらず、仕事に行きたくありません
    最近、毎朝お腹は痛むし、頭のなかは仕事辞めたいという考えが充満してしまってます

    雇われ保育士のまま働き続けたら一生貧乏だし、母親になったあとも続けたいかと考えると、無理だと思うので、近い将来、独立したいです
    保育園つくるとかではなくて、何か新しいビジネスをしたい

    それついても、じゃあ、まずどうする?っていうところでつまずいてます

    もう、どうしよう…どうしよう…
    悩みがつきません 笑

    • フレーズ
    • 2018年 10月 10日 23:38:43

    3連休の最終日に棒テーマパークに行きました。
    久々の晴れのお休みの為かめっちゃ人が多くて
    1つのアトラクションに乗るのに3時間待ちが当たり前の状態でした。

    夜に最後に並んだアトラクションで
    あと少しで乗れるということろで
    一旦広い場所に出て順番がゴチャゴチャになり
    また狭い通路に入る瞬間に
    後ろにいた女子高生2人組の1人が
    後ろから勢いよく私にぶつかって追い越して行きました。

    「追い越していくのは目を瞑っても、後ろからぶつかって謝りもしないなんて、なんて礼儀知らずな子!」とプチンときて
    チャンスを見つけさり気なく追い越し返しました。
    もちろん揉めるのは面倒だから、ぶつかりに行ったり、何か言ったりしないで。

    女子高生2人組はその後何も言って来ませんでした笑

    昔からナメられやすく
    何も出来ないで泣いて、後で負け犬の遠吠えのように「あの時こうしておけば良かった!」とか言うだけだったけど
    強くなったなぁ(^-^)

    • ユイ
    • 2018年 11月 26日 23:41:40

    今日の私、本当に正気じゃなかったんです。

    接近してしまいました。
    というよりは、『接近しているのが普通』という
    以前の状態に戻っていました。

    私、どうしちゃったんだろうと少し考えましたが、
    後で理由が分かり、ほっとしました。
    それでも気を付けないと。

    「近づいたらトラブルに巻き込まれそうなものには近づかないこと。できるだけ距離を取るんです。」

    意識、意識!o(•ω•´*)

    • かほ
    • 2018年 12月 16日 20:19:03

    最近は、「巻き込まれないこと」を強く意識して生活しています。

    自分のペースを守り、それを崩さない意識を持つということです。これによって起きる弊害に関する議論は、ひとまず脇においておきましょう。

    なぜそうしようかと思ったのかと言えば、自分の人生は自分で責任を持つしかないと、ここでさんざん教えてもらったからです。

    遠い彼方の水平線を見つめ、そこに自分の行きたいゴールを見つけます。そして、そこにたどり着くための原因はもうすでに少しずつ積み重ねられているイメージです。

    責任と自分のペースと何が関係あるのか。
    大有りです。

    つい先日、あるレッスンに参加しました。
    そこで結局私のペースでやって、確実に身に付けていくしかないとわかったからです。

    というか、それでいいんだということを再確認し、安心したという方が正しいです。

    先生の言葉を、一つ一つ意識的に聞いて理解します。
    そして、先生が今私(達)に何を求めているのか。今何を身に付けてほしいのかを考える。

    そういう洞察力があって、きっとレッスンは活きるのではないでしょうか。
    洞察力を発揮するためには、自分と先生との間に流れる時間に集中しなければなりません。

    そして、実践の段階でも、そこで得たものを意識的に実践しているということが大事なのであり、見た目や体裁だけ整えることは長い目で見て役に立たないと思われます。

    だからこそ、とりあえずやっておこう、みたいな周囲に流れている空気に流されない強靭さが求められる気がします。

    家庭や職場でも、その場の空気に飲まれて、なんとなく馴染みそうな言動をとることは容易いです。

    しかし、それで失うものもあると思ったんです。

    • 花笑✿
    • 2019年 1月 26日 1:06:11

    悔しくありませんか。

    この生きにくい世の中で、楽しみを謳歌している人が無数にいるんです。

    それを味わうことなく、死ねませんよ。

    • あおあお
    • 2019年 1月 26日 1:56:31

    でも今はあんな馬鹿げた理由で死ななくて良かったと心底思います。

    悔しくありませんか。

    この生きにくい世の中で、楽しみを謳歌している人が無数にいるんです。

    それを味わうことなく、死ねませんよ。

    彼に出会ったり、ブログに出会ったり、周りの人に美しいものを教えられたり

    最近、この世の、楽しいものを味わっています。

    恋愛の楽しさ、生死の尊さ、
    自分への無償の愛を努めること。
    一人では知ることができなかった。

    • あおあお
    • 2019年 1月 27日 4:10:59

    彼は、職場の病欠者の穴埋めで大忙しで、ご飯食べながら寝てしまう程、疲れているこのごろ。

    メールも寝る直前に一通くれて寝落ちしてるかんじ…。

    最近はメールもそんな感じだから、寂しくなって、淋しいとメールしてしまう私。

    素直にそれは言っていいかも知れない。
    でもね、彼がそれで電話をかけてくれた時、笑顔で朗らかに振る舞えたらよかったのに。
    まだ淋しい感じを出してしまった。
    せっかく電話してくれてるのに。彼からしたら甲斐がないよね。

    「どこにもいかないよ」
    そう言ってくれた。
    ごめんね。話してる時に、感謝じゃなくて淋しさを募らせて。
    貴方の思いやりを無下にしてしまって。

    それはもうしないようにしよう!

    貴方が美しい景色を見せてくれている。

    私は目を曇らせないよう、美しい景色をちゃんと見なきゃ。

    それをしないなら、淋しいて言ったり、
    電話してもらうのは無しよ!

    • ユイ
    • 2019年 5月 08日 8:42:58

    「そこにいる人たちはほとんど全員が、正気ではないということです。」

    正気じゃない。正気じゃない。
    正気じゃない。正気じゃない。
    正気じゃない。正気じゃない。
    正気じゃない。正気じゃない。
    正気じゃない。正気じゃない。
    crazy crazy crazy crazy crazy
    私も正気じゃなかった(´•ω•`)

    「できるだけ距離を取るんです。」

    距離を取る。距離を取る。
    距離を取る。距離を取る。
    距離を取る。距離を取る。
    距離を取る。距離を取る。
    距離を取る。距離を取る。

    よしっo(•ω•´*)o

    • ユイ
    • 2019年 6月 11日 18:36:26

    私、本当に正気ではないんです。
    我慢できなくなってしまう。

    そんなの、目指す姿ではありません。
    彼の前で、そんな姿見せられません。
    美しくないのは、分かっているのに。

    じゃあ、やめたら?(すくす)
    はい(´•ω•`)

    余裕がないんでしょうか。

    「近づいたらトラブルに巻き込まれそうなものには近づかないこと。できるだけ距離を取るんです。」

    これがまだ自分のものに
    しきれていないんでしょうね。

    考えうる原因

    ・服の色が合っていない
    ・メイクが手抜き
    ・ヒールが低い
    →つけいる隙がある

    ・私の意識が未熟
    →主体性に欠ける

    要はリスクコントロールが十分ではない。
    うむ(ゆくゆ)
    整理したら、やるだけですねヽ(•̀ω•́ )ゝキラーン✧

    • つきのあかり
    • 2019年 6月 24日 22:52:19

    彼ともよく喧嘩します。
    仕事も真剣だから、人とぶつかることがあります。

    なるべく自分の身は自分で守りたいから、回避できるようになりたいな。

    そして、何か言われても自分は揺るがなくてよい。そのぐらい余裕を持てるように、今夜は大好きなポテトをお腹いっぱいたべました。

    このブログに出会ったのが大体5年前で、3年前には本気でしたいことを見つけて、死に物狂いで駆け抜けてきました。

    あのころに比べたら私は強くなって、揺るがないけど。やっぱり、彼と大きく揉めると揺らいでる。大丈夫なのにな。

    私が私を大切にして、ふんわり優しくあれば、
    世の中も優しいものになると思うのです、

    • 月城
    • 2019年 7月 16日 15:07:14

    ユイさんのコメント。
    >・服の色が合っていない
    >・メイクが手抜き
    >・ヒールが低い
    >→つけいる隙がある

    な、な、な、なるほどー!
    あまり絡まれることはないけど、しっかりした格好の時とでは扱いに差があるしな。きちんとした正当な扱いをしてもらいたいならこっちもしっかり武装せねばだよね。運動してる時もファンデと眉くらい書こう。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント