恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

あなたは誰の人生を生きるか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

悩みました。

うーん・・・。悩みました(笑)。

ランチをつけ麺にするか、担々麺にするか・・・ではありません。

メルマガにするか、ブログにするかです(^^;

 

メルマガにしようかなー、と思ってメルマガのつもりで書き始めたんですが、これはやっぱりブログにしようと思い、改めて書き直すことにしました。

先日のメルマガで、こんなことを言いました。

「大事なのは、悪いところに多少目を瞑ってもあまりあるくらいの良さを持っていると判断できるかどうかです。」

これについての反応を、メルマガサポート記事のコメントでちょっとだけフォローしました。

 

メルマガサポート用記事(2018年7月)

響子さんより:

kouさん最近よく降臨してくれるよね・・そんな問題があるようなコメントが・・
って私ですか!?

ひゃあああああああっ!!!!(ちょっと一回パニックを鎮めます ドキドキ緊張)

失礼しました。
kouさん、こんな時間にまでありがとうございます(涙)

食い下がって悪いとは思っていますが泣く程の越せない線なのでもう一回質問します。

私やっぱりここがわからないんですよ。
kouさんの言う「どう考えても許せない部分」が。
他の記事でもコメントで書いたのもまさしくそこです。

勝手に例に出して悪いですが、このブログでも、お子さんが認知されない重大問題がどっかへ行っちゃってて、彼と元カノが会ってる会ってないとか、彼と喧嘩がどうのこうのって。

このレベルまでくれば、わかります。

子供の認知を目的に、彼だろうが子供の父親だろうが戦うべき敵なのに、何で敵と恋愛モードになるの!?
何で敵と和睦するっ!?
って思いますよ。

婚約までして自分の子を妊娠している女性を捨てて、その子供の認知をしない。
そんな男の人柄をどうして問題にしないんだって。

ここまで酷ければわかります。

逆にそこまで酷くないとよくわからない部分があるんです。

他にアプローチしている女性がいるのに別の女性にアプローチしてあわよくばを狙う男性も、グレーゾーンで女性を泣かせまくっている男性も、音信不通男も、ほぼ私から見たら同列でけしからんになります。どれが性格ましでどれが性格根腐れってよくわからないんです。

伝わります?これで、、。

私、説教部屋行きでしょうか(^^;

説教部屋行きではないですが、響子さんに限らず、この手の何らかの指標のようなものを求めている女性は結構多いですね。

一つの絶対的な判断基準が欲しいのかもしれません。それが分かれば、自分で判断できますから。

「分からない、分からない」という女性は、どうもこの罠にハマり込んでいるように見えるんですよね。

 

僕が言っているのは、ずっと同じことです(^^

自分で許せないと思うことを、我慢して許容しないこと。

本当はものすごく痛いくせに痛くても仕方がないと言い、我慢して笑うから伝わらないんです。

本当に嫌なものは嫌と言っていいんです。むしろ言わないといけません。

他にアプローチしている女性がいるのに別の女性にアプローチしてあわよくばを狙う男性も、グレーゾーンで女性を泣かせまくっている男性も、音信不通男も、ほぼ私から見たら同列でけしからんになります。

僕が見ても同列でけしからんになりますね(笑)。

全部許さなくていいんじゃないですか(^^;

分からないと言うんですが、本当に分からないはずがないんですよね。

いたってシンプルなんです。

 

そこに絶対的な基準なんかなくて、あなたの心がどう思うかだけです。

私が許せないと思うことの判断基準って、他人に決めてもらうことはできないと思うんです。

一般基準も確かにありますが、それは参考値でしかありません。

一般的には許せても、私は絶対許さないという基準があってもいいと思うんです。

逆に一般的には許せなくても、私は寛容だから許してあげると言えるのでもいいです。

これがユルユルになりさえしなければ問題ないですね。

 

分からないと思うのであれば、シミュレーションしてみればいいと思うんです。

どこまでだったら許せるか。

どこからは許せないか。

自分で考えて、想像して決めるんです。

些末なことにいちいち反応するなというのは、本来は改めて深く考えるまでもないことで、実は大して怒りを感じるようなことでもないことは、ちょっと黙って見守ってやるということですね。

ちょっとチクッとするだけなのに、いちいち騒ぎ立てるから何度も何度も注射をやり直す羽目になり、結果的に長い時間と長い回数痛みに堪えないといけなくなります。

ちょっと痛いけどまあこのくらいなら許せるわと思って黙っておけば、採血は一発で終わるんです。

 

この例はちょうどいいので、もう一回使います。

他にアプローチしている女性がいるのに別の女性にアプローチしてあわよくばを狙う男性も、グレーゾーンで女性を泣かせまくっている男性も、音信不通男も、ほぼ私から見たら同列でけしからんになります。

この例を見て、実は全部を「けしからん、絶対許さん」と思う女性と、そうじゃない女性がいます。

僕は全部切り捨てていいと思っていますが、少しだけ分解して考えてみると、

「アプローチしている女性がいるのに別の女性も狙う」

という男性は、ある意味普通でもありますね。

これを見て、ふざけた野郎だと思いながらも、相手も自由に選ぶ権利があることを認めながらうまく釣ろうと考えることはできそうです。

 

グレーゾーンで泣かせまくっているとか、都合が悪くなったら意図的に行方不明になるとかいうのは、恋愛以前の人間関係の問題であり、場合によっては道徳レベルの話になっていきます。

バイブル編で2013年版の12時間レッスンをやっている人にはちょっとネタバレになってしまいそうですが、あえて何らかの判断基準を与えるとすれば、道徳心の不一致ですよね。

これを自分で決めて基準として使うだけでも、くだらない男とのくだらないやりとりはかなりの部分をそぎ落とせます。

 

これを踏まえた上で、あとは自分が何を許せてどこからは絶対譲れない領域になるかを決めていくことですよね。

人の基準に頼っていてはダメだと思うんです。

いつも公式や法則を探すなと言っていますが、最終的には自分で作った公式に当てはめていくしかないんですよ。

あなたの人生なんですから。

 

他人が大丈夫だと言っていても、私の本心がそれを受け付けないのであれば、それに従った方がいいわけです。

「アプローチしている女性がいるのに別の女性も狙う」

この男性を見て、激しく嫌悪感を覚えて拒絶する女性もいるでしょうね。

それはそれでいいということです。

その女性にとって、許せない基準に引っかかったのだから、もう彼はアウトなのです(笑)。

それをアウトと思わない女性もいるので、そういう人たちに食わせとけばいいだけです。

アウトと思わずにうまいこと釣って食う胆力のある女性は、幸せです。

でもそれは彼女の幸せでしかなく、私の幸せとは関係がありません。

 

それから、この際だから言ってしまいますが、相手を判断するとき、その相手はあなたの人生に必要な人かどうか、ちゃんと考えてみたらいいと思うんですよね。

私の人生にプラスになるのか、マイナスになるか、あるいはどちらでもないのか。

選ぶべきは、当然プラスになる人だけです。

マイナスになるのは一発却下、どちらでもないとかいうのもナシですよね。時間の無駄なんです(^^;

このくらいドライになっていいと思うんです。

 

その彼はあなたの人生に何をもたらしてくれるんですか。

ちゃんと考えたことはありますか。

一緒にいて楽なだけだったりしませんか。

恋愛なんて、長く続けているとプラスだけじゃないんですよね。

マイナスも必ず起きます。

プラスとマイナスを足して、通算でプラスになっているから続けられるんです。

最初のプラスの味が忘れられない人は、ギャンブル依存症のようにいつかまたプラスが来ると願いながら、トータルではとっくに負け越しているのにそれを無視してマイナスの波に耐え続け、最後には身ぐるみ剥がされるところまで堕ちます。

また、途中の一時的なマイナスにいちいちショックを受ける人は、トータルでは勝ち越しているのにそれを忘れて、わずかなマイナスが許せずにさっさと離婚したりしまうんです。

その目を大きく見開いて、ちゃんと考えるところです(^^

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • まりちゃん
    • 2019年 3月 25日 21:15:17

    彼:「今家出たよ~、急いで行くからのんびり待ってて」
    私:「えっ、もう映画あと20分で映画始まるよ!」
    彼:「ダイジョブダイジョブ、どうせ最初は予告ばっかだからさ。あ、飲み物買っといてね。」

    〜映画館で彼と会う〜
    私:「はい。ジンジャエール買っといたよ。もう本編始まってるから、私先に入ってるね。」
    と、チケットブースに彼を置いてく(怒らない)。

    ・・・不正解だろうなぁ(笑)
    私自身、一人で映画観に行く時、上映時刻を20分過ぎてから入ることよくあるんですよね…。

    彼の態度うんぬん以前に、自分に対してルーズ。それって自分を大事にしていないってことですよね。

    もっと自分を大切にしなきゃ。

    • ちょびっつ
    • 2019年 3月 25日 22:21:18

    彼を鍛え直す、ですか~
    してこなかったですね。
    私は無礼は許さないタイプです。
    女性同士では遅刻しそうになったら
    「ごめん!遅れそう!急いで行くから~!」とお詫びのLINEして急ぎますよね。
    飲み物買っといてなんて聞いたことがありません。怒る気も失せますね。好きな気持ちも醒めてしまいます。
    男性の中には見え透いた言い訳や屁理屈をこね回す人がいますよね。
    和牛の「彼氏、彼女」の漫才みたいな。和牛がウケてるのをみると、ああいう彼氏に振り回された女性が大勢いるってことですね。
    非常識な人に迷惑をかけられるのは嫌ですねぇ。。これまでも
    「今日は。。止めにしよっか」
    「疲れてるんでしょ?無理しないで」
    とか何とか穏便に切ってきました。
    誠意が無い人とのお付き合いは、男女問わず疲れます。
    時間やお金を奪うけど与えない人達。。利用するだけして消えちゃう人達。。
    デートも人間関係の交渉中なわけで、これ仕事だったらどうでしょう、たった一度の遅刻で仕事が無くなったり、場合によってはその業界そのものに居られなくなることもあります。
    男女関係は仕事とは違いますが、他人同士なんでこちらを人として認めていただけないなら付き合えません。友達でも嫌。。ですね。距離取ります。

    こんなんだから私はいい年して独身なんですが、こういう性格でした!
    人は万能ではありませんし、失敗は仕方ないんですが、努力しない、反省しない人が無理です。私はストレスに弱いので、自分の人生に有害そうなら全力で避けたいです。

    男性のしょーもない言い訳は、女に謝りたくない一心の悪あがきの様な気がします。そういう時はあまりガミガミ言わず、言い訳を一通り聞いてから静かに「そうですか」と答えるだけにしています。
    これ怖いのか、その後すごくフォローしてくれます。埋め合わせ的なこともしてくれます。
    やっぱ悪いことしてる自覚はあったんじゃん。
    あれ?彼を鍛え直してる?

    • ちょびっつ
    • 2019年 3月 26日 0:14:25

    またまたすみません。
    彼を鍛え直す、ですが。。
    教育は親御さんが済ませておくべきもので、他人がして差し上げるものではないと思うのですが、ちょっと思い出したことがあります。

    私の親世代の女性の中には、私が男性に理不尽な仕打ちを受けてその愚痴を言ったりすると「男と女は違う」「男の人には勝てないよ」などと無条件で男性を庇う人が結構いました。
    こういう女性に限って同性には情け容赦無いものでして、
    「なんで女性が女性を差別するのか?」理解できず、今でもさっぱり謎です。
    何でもお世話してあげて、結果、自分では何もできない男性を育ててしまう。。逆に可哀想なのでは?などと思ったものでした。

    男性が考える理想の女性像は母親が基準であることが多いと思うのですが、女性はなりたい理想像があっても最後は自分が基準です。
    嫁と姑は緊張感あるお付き合いをしますよね。血の繋がりも無い、彼を産んだ方、であるだけの女同士だからです。
    お互いに誠意を持って、尊重し合わないと衝突します。どちらか一方だけの努力では無理でしょう。
    男女のお付き合いも同じだと思います。
    友達も彼氏も自分の心の鏡だと思うし、人生の中で無意識に選択してきたことが反映されてるんだろうな~。偶然ではなく望んでこの人達を選んだんだろうな~。
    彼氏を選ぶのは真剣に冷静に考えないと。先々困るのは自分なんで。

    • 宇禰
    • 2019年 6月 15日 11:28:52

    「その相手はあなたの人生に必要な人かどうか」

    私の人生にとって、彼はなくてはならない人です。恋愛関係よりも「彼とは長く交流を続けたい」と望んでいました。友情でいい。お互いに支え合えたらいいねと伝えました。

    自分の恋愛を振り返ると、個人的には「寛容」を判断基準にしていることに気づきました。「寛容」のレベルが釣り合わないと、依存や忍耐の関係に陥りやすいんじゃないかと思います。

    若い頃はアンバランスなカップルが多いように見えます。長く続けていく中で、寛容のレベルが釣り合い、また向上し続けることでさらに幸せになるのだと思います。

    私と彼は、寛容のレベルがよく合っています。許しあえるし、相手に多くを望まないからうまくいくんだと思います。コミュニケーションがうまく取れるので、いつも安心です。

    長く付き合っていると、私は彼のどこが好きなんだっけとピンとこなくなることもあります。
    そういう気持ちが浮かぶ時に、彼の新たな一面をたまたま知ると、何に惚れたのかがわかり納得できます。それは、過去の、なにげない投資に隠された意味だったりして、あらためて嬉しくなります。

    冷たいところがある人だと思っていた彼が、実は情に篤く、わりと熱血、周囲に親切で、多くの人の要望を聞いて受け入れる人であると気づいたのはここ最近のことです。

    だから私は惹かれたんだなと納得しました。

    惚れるには理由がいるというのは、彼の魅力の正体を、付き合う中で知る具体的な事実や出来事であぶりだしていくことなのかな。そして、私の中の「好き」を確定していく。

    静かで、あたたかい気持ちの中で湧き上がる「好き」という感情を大切にしたいです。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント