恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

結婚したくないんですか?

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kou です。

 

 

おいおい、一体一日何回更新するつもりやねん!!

 

と言われてしまいそうですが、伝えたい内容がまだまだ大量にあるので、手が動くときに書いておこうと思います。

メルマガ会員の方はメールがメルマガとブログの通知が来るのでちょっとうっとうしいかもしれません、スミマセン。

 

本当に最近は動きがあってびっくりしています。

このブログは日本国内向けなんですが、最近は何と海外勢のアクセスが結構来ていて、フランスやら、イタリアやら、中国やら・・・良い感じにユーザー層が広がってきています。

 

「おや、もしかして海外でも通じるネタなのか?!」

 

と、密かに翻訳版を展開したらどうなるのかとか、妄想しています(^^;

でも、翻訳してもらうより僕が言葉覚えて書かないと意味がないんだろうなと思ったり。

 

 

本当に同棲したいですか

こちらの記事、コメントでたくさん参加してもらっています。これだけ反応があると嬉しいですね!

 

たくさん書いてもらった回答のうち、気になったものを2つ取り上げます。

 

高木夕佳さんより:

同棲したいです!
彼と毎日会えると喜んでしまいます。彼の為のお料理、洗濯、掃除、全部をしたくなってしまいます。都合の良い女になってしまうんでしょうね。

 

それが普通の感覚ではあると思います。

それをしたいと思うことは、都合がいい女になるということではないのです。

その感情をどこまでコントロールできるか、ということです。

 

senさんより:

1 半同棲はあります。付き合い始めはどうしても長く一緒に居たいと思ってしまう。

2 相手にとってミステリアスな存在になれない。

 

「ミステリアスな存在」というのは、すべての女性に死ぬまで持ち続けていてもらいたい要素です。

同じ記事の saki さんのコメントにもありますが、本来見せる必要ない、むしろ隠すべきであるあなたの日常を全部さらけ出すことになりかねません。

これは実は結婚後も考え続けるテーマになります。

 

この記事にもらったコメントでは、僕が想像していたよりは理性的な内容が多く、特に以前からコメントをし続けてくれている人は成長が感じられました。

同棲はしたいけど、するべきでない。そしてその理由が分かっている。

 

これだけ見ると地味ですが、実はものすごいことです。

 

今回取り上げた2つのコメントからも分かるように、少しでも一緒にいたいという感覚はすべての女性が持っていて、それは悪いことではありません。

 

でもですね、多くの女性は欲求に負けて同棲や同棲と同等の行為に及んでしまうのです。

以前僕の個別相談を受けていた女性に言った言葉をあえて書いておきます。

 

あなたは最終的にどうなりたいんですか。

やっぱり結婚したいんですよね。

 

同棲だったり、同棲と同等の頻繁のお泊りや、いわゆる家デートというのは、できるだけ長く一緒にいたいという欲求を解消するものです。

 

でもそれは、結婚した後いくらでもできるんです。

 

結婚してしまったら、できないことは山ほどあります。

 

交際期間中しかできないことを交際期間中にやらないで、結婚してからいくらでもできることをなぜか交際期間中にやってしまっている・・・。

 

結婚後にこそ味わえることは将来に取っておくことです。

「少しでも長く一緒にいたい」というのは、男性に思わせるべき感情です。

 

それが、結婚に向かわせるための方法でもあるのです。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • なつみんと
    • 2017年 5月 18日 10:09:21

    賢い女性は気付き始めてるかもしれない。
    結婚制度の影の部分。
    決してキラキラした憧れや夢でいっぱいの美しいだけのものではない。
    結婚制度で、女性がどれだけ不利な立場になるか。どれだけのものを背負わされるか。
    知ってるから、考えると躊躇したくなる。
    再婚はよくよく考えてからしようと思う。

    結婚したくないんですか?と聞かれて本音を言うと、ここだけの話「したいけど本心ではしたくないです。」が答えかな。

    フランスみたいに事実婚が認められる社会だったらいいのに。
    日本は、まだまだ結婚していた方が生きやすい社会なので、便宜上結婚という形を取るとは思う。

    それでも、私は経済的に自立してるから、もし万が一何かあったら我慢せずに子どもだけ連れて旦那さんを手放してしまうかもしれない。笑

    でも、まぁ何度も離婚したり再婚したりっていうのはあまり美しくないから、できればそうならないようにしなきゃ。

    次は結婚生活していく中で”決定的に”ダメなこと、が起こらないように、起こっても対処し乗り越えられるように、今のうちに勉強を続けていこう。

    • なつみんと
    • 2017年 5月 23日 21:07:50

    105)結婚したくないんですか?

    昨日のメルマガの同棲の記事の話。
    同棲したら、攻略余地が無くなる、お互いの嫌な面が見えて喧嘩が増える、全部を見せて女として見られなくなる、物理的にも精神的にも依存してしまうetc

    それって、同棲でそんな状態なら、タイミングが後伸ばしになるだけで、結婚してからも同じになるんじゃないだろうか?

    だって、一緒に住んで、生活して、相手といる時間が増えるのは、同棲も結婚後も同じだから。

    籍を入れるっていう契約から生じる責任感の差は大きいけど。

    「「少しでも長く一緒にいたい」というのは、男性に思わせるべき感情です。」

    結婚した後も尚、こんな風に思わせ続ける女性になろうと思う。

    • ちょこみるく
    • 2017年 5月 27日 22:43:13

    心に留めています。
    それよりも、わたしはまだまだ
    ちょっと一人になりたい、、と思ってしまいます。

    • かざしろ
    • 2017年 6月 05日 13:33:49

    そーですよね、彼にこのままでいいなんて思われたくありません。

    わたしもここ見てから、意識を改めました。誘われてはいたんですが未だに彼の家行ったことありません(^^;)
    お泊まりするなら絶対彼にコストかけさせて泊まります。

    同棲することになったら…うへへ、ほんとにヨダレものですね。
    彼もずっとわたしと居れたらいいのに〜と思ってくれるようにやっていきたいです。

    • かなたん2511
    • 2017年 6月 05日 21:15:36

    (ノД`ll)久しぶりにこの記事を読みました
    頭の中が煮詰まってしまって
    好きになればなるほど少しでも一緒にいたい
    この考え方になってしまいがちです
    またまた復習の旅に行かなければ

    すこし、お勉強からとおざがっていましたが
    何か一生懸命に良くなるようにと努力する時間は裏切りませんよね

    • かなたん2511
    • 2017年 7月 02日 18:44:18

    ( ºΔº )〣 一緒にいたい欲求に負けてしまっていました
    はっとします。四六時中彼を考えてしまうくらいどんどん好きになるんですもん
    最初の時の方が理性的にこのブログも受け入れられていました
    が!
    やっぱり 自分のためにも かこ記事も読んでいかにゃ!
    ちょっと自分をしゃんとさせます!

    • 海音 笑顔週間14週目中(^-^)/
    • 2017年 7月 07日 12:15:58

    ●未来の方が今よりもはるかによくなっている●

    自分に結婚する気、
    あったのかなと考えてしまいました。

    初期は毎日毎日メールして
    デートして、
    楽しんでたけど進展がうまく出来なかったし

    私はいつ結婚しても
    可笑しくない年齢なのに、
    それを示すこともなかったから。
    心の中で気づいていたのに。

    やっぱり、女性の価値を
    彼に見せていなかったことは反省。

    だけど今もナメられているから、
    次に進む為に
    女性の価値を示して行動したいと思う。
    職場での恋愛ごっこはもう終わりって。

    結婚を決めながら
    私が他の男性と進展すれば邪魔しに来て
    思わせ振りな態度で今も楽しんでいて

    そんな彼の都合に合わせない、
    都合の悪い女性になる!

    今すぐ何かはまだ出来ないから
    そこから決別していこう!

    彼はもうどうでもいいことだけど

    『男性にナメられた態度』とは
    きっちり向き合って、決別したい。

    それが同じことを繰り返さない、
    この先に繋がると思うから。

    • きりんじ(海音さん)
    • 2017年 7月 07日 19:31:45

    こんにちは(^^
    はっきり分かる確定無しで、4年。それでも好きでいた…。
    モダモダな進捗を懸命に綴られたコメントの数々に、ぅわー長ー(;´Д`)
    と正直思ってましたが、つい最近、大変に大変な父親をお持ちとコメントで知りました。

    海音さんの女性性は、その父親からずっと「焼かれて」きたのではないか?と。
    そんな大変過酷な環境をサバイバルして(もしかしたら今も現在進行中で)
    精一杯自分の感受性を潰さぬよう、自分で自分の心を守り抜かれてきた、
    辛抱強くてポッキリ折れない女性性、それが海音さんなんだって気付きました。

    彼との4年は、それは回復のしるし&暗い場所から明るい場所までの移動期間で、
    落雷に黒焦げまで焼かれた木の根元から、瑞々しい新芽が出てくるまでの時間。
    ヒャーヒャーばっかりwの彼の刺激のお陰で、海音さんはKouさんのブログに遭遇し、
    心の姿勢を立て直して「私は男性と恋し愛し合いたいの」と正直な心に開き直れた。
    海音さんの4年間は無駄だったどころじゃなくて、全期間がリハビリ期間であり、
    彼への好意を「松葉杖」に歩き続けるのを止めなかった、その結果が今の海音さん。

    今の海音さんにはもう、ヒャーヒャー彼wって「松葉杖」は要らなくなったから
    それが、彼の結婚って「お知らせ」がきたのかなって私は思いましたよ(*’ω’*)
    泣いちゃうより我慢するのが得意そうな海音さんだから、泣けそうで泣けないときは
    映画、いいですよ(*´▽`*)雄大な景色を直接見に行こうって旅行もいいです♡
    今はゆるゆる~っとね。では。

    • 海音 きりんじさまへ(^-^)
    • 2017年 7月 08日 0:36:16

    きりんじさん初めまして、
    お手紙ありがとうございます(^-^)☆

    あの、きりんじさんにコメント貰うなんて
    私はなんてお尻が重い子なんだと
    思ってもらえたんだろうと思いました(笑)

    こどもの時から父のそれから始まり

    中学になって肌が弱くてぐちゃぐちゃで
    妖怪みたいでした。
    だから醜いから笑うな死ねの毎日で虐められ

    大人になったら、
    知らない人からのストーカーや痴漢…

    男性が怖くて怖くて仕方なかったんです。

    そんな時に現れたその彼は
    私のことを好きだと職場で公言して

    笑顔が特に好きだと言ってくれて…
    気になるようになり、

    誤解を招きましたが
    4年間見られてただけじゃ無くて(笑)、

    ずっと彼に誘ってもらって
    デートして付き合ってました。

    そのうち私は温度が上がり
    彼は温度が下がる、ベタなことになり

    私が彼を追いかけたのが2年目、

    だけど彼と上手くいかなかったので
    離れたら彼が半年後に誘ってきて3年、

    彼をまた私が追ってしまって…4年。
    きりんじさんが読んでくださっていた
    今の私です。

    彼に追われていた当初から
    ヒャーヒャーしていて、
    ヤキモチも妬くし、怒るし、
    男性と進展すれば戻しに来たので

    4年間ずっとそうだったから
    今も変わっていないと思ってたんです。

    最近に彼に会わなくなって
    私がしたい恋愛はこれだろうか?と

    Kouさんのおかげで考えられるようになって
    追わない行動が出来るようになった途端に
    結婚だったので、
    受け止めることに今、必死です。

    きりんじさんに
    そんな風に言ってもらえると救われます。

    映画とか旅行、いいですね。

    普段山にはよく行くので、
    映画も沢山観てみようと思います(^-^)☆

    • やち
    • 2017年 7月 12日 12:17:46

    そっか!

    『一緒に居たい』って気持ちを
    男性に持ってもらうのか(*´∀`)

    なるほど〜♪♪

    • あーこ
    • 2017年 7月 22日 21:02:06

    長く一緒にいるために結婚する…
    なるほど!って思いました‼︎

    でも、すぐにでも一緒にいたいと思ってしまいます。

    • みきまろ
    • 2017年 8月 29日 8:23:33

    男の人も彼女と少しでも長くいたいとおもうのかあ。

    私の彼は態度で示す派で、言葉にしないから鈍感な私は分かりづらくて本当はどう思ってるのか不安ばっかり。

    口がついてるんだから、ことばにしてくれたらいいのに。

    こういう彼の心理はどうやって信じたらいいのぉー!

    • みきまろさん おとは
    • 2017年 8月 29日 15:49:11

    はじめまして。
    通りすがりです(*^ω^*)

    わからないなら、そのままそうやって彼に伝えたらどうでしょうか??

    不安がなくなるといいですね。

    • めい
    • 2017年 10月 13日 7:01:50

    彼とは付き合う前から結婚観についてなど話していましたし、付き合ってからもずっとそういうことを話します。

    でも、私からは絶対話さない。
    下手したらゼクハラ(ゼクシィハラスメント)になっちゃうし笑

    彼から「早く一緒に住みたいね」とか「めいはお母さんになったら〜〜だろうから俺は〜〜するね」のように切り出されてからその話に乗ったり、

    • 可憐ちゃん♡
    • 2017年 10月 27日 20:12:35

    【「おいおい、一体一日何回更新するつもりやねん!!」】

    こちらこそ一日何回コメントするつもりやねん!!ですね。笑

    わたし結婚は及び腰になるんですよね。
    一度結婚したからこそ、
    夢がまったくなくなってしまい、
    全部見られてしまうことへの恐怖の方が
    先立ちます。笑
    でもものすごーく愛されたい。笑

    が、相手が最終拘束兵器を持ってきたら。
    困るのですー。
    捕まっても捕まり切らないでいればいいのですが。笑

    全部見られたくない!
    というわたしのこの気持ちは、
    恋愛技法的にはよい効果ではありますが、
    この抵抗感が恋愛成就を妨げてるのでは
    と、たまに思ったりします。

    やっかいな頭の中だなー。笑

    • なつみんと
    • 2017年 11月 04日 21:24:37

    「結婚後にこそ味わえることは将来に取っておくことです。

    「少しでも長く一緒にいたい」というのは、男性に思わせるべき感情です。

    それが、結婚に向かわせるための方法でもあるのです。」

    彼は私と結婚したいってニュアンスの言葉や雰囲気を時々出してきます。

    結婚後にできることを時々今してるからって、それで彼の気持ちが変わるそぶりもありません。

    むしろ、私を手に入れたと一瞬思っても、会っている時以外の私は淡白なので、彼は内心不安だと思います。

    「早く会いたい」も「もっと一緒にいたい」も「結婚したい」も、ぜんぶ彼に言ってもらいたい言葉。

    私は彼のお仕事取らないことにします^_^

    これからも、自由に気ままに可愛く色っぽく、彼を翻弄し続けてあげます♡

    • たまこ
    • 2017年 11月 16日 22:13:31

    そうか、少しでも一緒にいたい。これを思うのもハスキーくんの仕事か^ ^

    • 味のりのりこ
    • 2017年 11月 16日 22:24:30

    いつも、暖かい布団で一緒に眠りたいと言われます。

    デートしても、お泊まりはしないからでしょうね。

    付き合って何年もたつのに。

    • なつみんと
    • 2018年 2月 01日 22:09:38

    彼には、事あるごとに「一緒に住む?」「ずっと一緒にいたい」「朝起きていつも隣にいてくれたらいいのに」と言われてきました。

    私は「ふふふ、そうだね♡」「私も一緒にいたいな」「でも同棲はしない主義なの」とはぐらかしてきました。

    彼に寄り添いながら、彼の恋愛感情が育つのを時間をかけて待ってました。
    初めから彼の私への恋愛感情は本物だったと思います。
    彼は私の心を手に入れるまで色んな試練を乗り越えてくれました。そんな中であらゆる投資を積み上げながら私への思いを強固にしてきてくれた。

    それと、私は私で、自分の中の課題を乗り越えて迷いなく次に進めるまで向き合ってきました。
    彼はそんな私に寄り添いながら、時々支えてくれてた。
    彼のおかげで乗り越えることが出来なかった足枷から自由になれた。
    最近のことです。

    まだ1人でいたい、結婚の時期なんて拘らない、よく考えて本当に納得してからでいいって慎重に思ってたけど。。

    彼のことが迷いなく大好きです。
    結婚したいって心から思うようになりました。

    去年の今頃、別の好きだった人との上手くいかない恋愛や離婚の傷にもがき苦しんでたのが夢だったんじゃないかと思うくらい、望んだ通りの幸せな恋愛をしてる。

    迷いなく”結婚したい”って言える日が来るなんて、、すごい進歩です。

1 4 5 6
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント