恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

色気とは(クリスマス特別サービス)

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

 

クリスマスです(^^

プレゼントがいる・・・らしいので、久しぶりに特別サービスを出します。

 

その前に、現在12時間レッスン2017というオンラインプログラムを進行しています。すでに4時限目に突入しています。

12時間レッスン2017:4時限目 本心

この12時間レッスンというのは、このブログで僕が伝え続けている恋愛技法の内容の中でもとりわけ重要と思われるものを抽出して、1週間に1回のペースで問題に回答してもらうレッスンとしてやっているものです。1コマ1時間くらいで考えられる内容になっています。

このブログも記事数がものすごいことになっていて、すべてを読み切るのは相当に難しいです。

 

大丈夫です、速攻で読破しました

という猛者もいますが、猛者です(^^;

普通は無理です。1000くらいはあるわけです。全部読み通す必要なんかありません。

恋愛の勉強とは言っているものの、僕はこのブログを、楽しく読んでもらいたいと思っています。楽しく、面白おかしく読んでいくことが、自然に積み重ねられる要因にもなります。気がついたらいろんなことが分かるようになっていたというのが一つの理想なんです。

楽しく読めていればまずはそれでいいです。

しかし中にはそうじゃない人もいますよね。どうしてもこの量を読むのが難しいとか、時間の制約でメルマガもまともに読む暇がないという人もいると思います。むしろそういう人の方が多そうです。

その場合でも、この12時間レッスンをとっかかりにしてほしいんです。1週間1時間です。

1週間にたった1時間くらいだったら、作れそうじゃありませんか(^^

 

1週間に1時間、12週間が経過した頃にどうなっているのか。そのくらいの挑戦はしてもいいと思うんですよね。

そしてこの12時間レッスンは、無料です。

なんと無料レッスンです(^^;

昔からずっとそうです。あんまり無料、無料言いたくないんですが、「無料だとは知らなくて参加しませんでした。今からどうにかなりませんか?」という問い合わせが毎回来ます。今回もすでに来ています。

メルマガの読者になっていることが条件ですが、それ以外にこのレッスンに参加する条件は一切ありません。負担も何もないです。

ということで、興味があるのならぜひ受けてください。僕はあなたの参加を拒否しません。

 

メルマガの読者申請の内容を見ていても、

1年以上ずっとブログを読んでいます

と登録理由に書いてくる不届き者な女性(!?)が未だにいるくらいです。1年以上もずっと読んでいて、メルマガに登録していないということは、つまり12時間レッスンにも一切参加していないということです。

いや、やりたくないのなら無理に参加してほしいとは言いませんが、恋愛の勉強に興味があるのであれば、やらない手はないと思います。

 

すでに4時限目なので、今から初めてレッスンに参加する場合は4時限目からになりますが、とりあえず気にせずに4時限目からやってください。あとで救済措置を考えます。

今このタイミングで、リアルタイムで進行しているものに乗るということが大事です。

 

かなり長くなってしまいましたが、ここからが本論です(^^;

クリスマスプレゼントですね。

 

今回は、色気について話をすることにします。

色気というと、反射的に性的なものを連想する人が多いと思います。あなたはどうでしょうか。

色気と聞いて何を連想するでしょうか。

 

はっきり言います。

色気というのは、人間の魅力のことです。

人間的魅力のことなんです。

単純に性欲をかき立てるための表面的な要素のことではないということを覚えてください。

このことをまず最初に認識しないと、色気を付けようと言われても拒否反応が出るんです。

 

色気というのは人間の魅力であるということには裏付けもあります。

それは、その人の発する色気を同性の人間も感じ取ることができるからです。もはやフェロモンとか、性的特徴とか、そういう薄っぺらいものとは次元が違うんですよね。

あなたも女性を見て、色気を感じたことはおそらく何回かはあると思うんです。

僕もありますよ。僕は決して男色に興味があるわけではありませんが、同じ男性でも色気を感じる人はやはりいます。

 

色気は人間の魅力であるということをまず最初に知れば、それを身につけることや、育てることに積極的になれますよね。

もっと色気を付けないといけないんです。

 

僕は恋愛は女性が圧倒的に有利だといつも言っています。

性別として女性であるだけでも十分有利ですが、それを簡単に引き上げるのは女性らしさです。

女性が女性らしくあることで、真の魅力が発揮されるようになります。それは鍛えて増やすようなものではなく、元から備わっているものと思ってください。

元から備わっているものを正しく表現するだけで、十分有利に動けるはずなんです。

 

さらにそこに色気をプラスしていくことによって、有利なものをより有利にしていくことができるんですよね。

女性からはよくこんな質問をもらいます。

周りの女性が恋愛の勉強をしていたらどうなるんでしょうか?

どうもなりません(笑)。

 

関係ないです。あなたが元々持っているものを正しく発揮して、魅力としての色気を帯びることによって、周りと圧倒的な差を付けることができるようになりますから。恋愛の勉強と色気はほとんど関係ありません。

なぜなら、人間的な魅力というのはあなたの人間性や軸に帯びるものだからです。

つまり色気(魅力)は、元々持っている人間性を素直に出すことによって自然と発揮されるものだということです。

恋愛の勉強を通じて、人間性をより発揮できるようになるとか、新たな女性に生まれ変わるような場合は、恋愛の勉強と色気は無関係ではありませんけどね。

 

元々持っているものなので、勉強して身につけるとか鍛えて増やすようなことはほとんどする必要がないんです。

このことは身の回りにある小規模な人間関係を観察してみると、よく分かります。

たとえば幼稚園児の世界でも、やたらと人を惹き付ける子(友達が勝手に集まる子)というのがいて、そういう子は人たらしのテクニックで惹き付けているわけではないんですよね(^^;

何か他の子は違う面白さ、人間的な魅力があるんです。

能力的に優れているのではなく、人として面白いんです。

 

私面白くないから無理です

と思う必要はありません。大丈夫です。

絶対面白いですから(笑)。

面白くない女性はこの世に一人もいません。少なくとも僕がこれまで見てきた女性の中には、全くつまらない女性というのはただの一人もいませんでした。面白いんです。

ただ、その持っている面白さをちゃんと発揮できていない女性というのはいますね。

 

発揮できるようにすればいいんじゃないですか。

どうやって・・・?

もちろん、あれをするんですよ!!!

 

誤解のないように最後に補足をしておきます。

この話も二極だけで考えないようにしてください。色気は人間的な魅力であり、性的なものを指しているのではないという話をしました。しかし、性的な魅力が必要ないということではありません。当たり前ですね。

人間的魅力だけを持っていればそれでいいのかと言えば、そういうことではないのです。

あなたが女性なのであれば、一人の女性であることをちゃんと表現していく必要があります。そのために性的アピールとしての表現能力は当然必要になっていきます。人間の心を確実に掴む魅力と、男性の視線や官能を刺激してやまない性的要素は両方必要だということです。両方持っていたら無敵だということが、ここまで読んでいたら十分理解できると思います。

 

それから最後に、これもクリスマスプレゼントということにしようと思います。

現在受付を止めている「女性の承認」ですが、本日12月25日(月)に限って、臨時で受け付けます。

今月23日に「女性の承認」のメールとして送った、「無条件の愛情を得る権利」という話の反応がものすごいので、この25日に登録した場合に限って、この話を特別に送りたいと思います。「女性の承認」は毎日届く僕からのメッセージです。この話は特に手紙のような内容になっています。僕の気持ちをそっくり入れているので、ぜひ好きな名前で受け取って読んでもらいたいと思っています。

女性のための恋愛技法・女性の承認

25日(月)の深夜まで受け付けます。

※すでに23日にこのメールを受け取っている場合も、もし違う名前で書き直したものを受け取りたい場合は、再配信対象にします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • sakura
    • 2020年 9月 12日 17:02:12

    色気は人間の魅力なのですね。
    よく色気のある男性や女性を見て、あー、私にはあんな色気ないなぁ( ;∀;)と思っていたのですけど、まず色気の意味を勘違いしていました。

    色気を感じたことのある女性を思い返しても、1人の人間として、とても尊敬できる素敵な女性だったな。
    それでいて露出していなくてもどこか色気があるというか。
    内なる物がフェロモンとして出てきているのかな。

    まずは1人の女性として、1人の人として、自分の内面を磨いていくことに努めます(^^)

    • まき
    • 2020年 10月 18日 20:39:10

    人間的魅力を存分に発揮するためにも、女性が惚れ過ぎてガチガチになっておとなしくならない方が良さそうですよね。

    わたしも以前、同僚の男性から、女性が10人位いる集まりの中でわたしが一番面白いと言われた事がありました。はっきり言って全然恋愛対象の人ではなかったけど、つまりそういう事ですよね 笑。

    • まき
    • 2020年 10月 27日 20:52:31

    教育実習に行ったときの担当の先生からのメッセージを久しぶりに読みました。

    何度も生徒の前で話をする機会を作っていただき、はじめは慣れなかったのだけど、最初はぎこちないながらも生徒達が私を好きなのが伝わってくる、と書いてありました。
    きゃーっ!   
    自分の事ながら泣けてきました 笑

    そんな人間的な魅力は、大切にちゃんと正しく表現しないと、ですね。

    • かたのやあかほ
    • 2020年 12月 22日 22:04:14

    【あなたが元々持っているものを正しく発揮して、魅力としての色気を帯びる
    人間の心を確実に掴む魅力と、男性の視線や官能を刺激してやまない性的要素は両方必要】

    まず女性として自覚し、女性らしくあること
    自分に素直になり、出さずとも魅力が出ること
    性的要素は、女性らしさを磨いていけば、自然とあふれるものなんじゃないかな
    女性としての性に興味を失わなければ

    • ビクトリア
    • 2020年 12月 23日 0:12:14

    どうも、眠れない夜は
    書き散らかしたいビクトリアです。

    色気ですか…野心は色気になりますね。

    始終ムラムラしてる超年下くんの
    色気の大元はダントツで野心ですね。

    私も色気はある方です、
    ある程度演出もできるのでね。

    色気とは相手への興味と
    おもてなしとも言えると思います。

    無臭な人っていますよね、
    本当に無臭というより人間臭くない人。
    人間臭さを抑圧している人。

    それは結局のところ
    本人の魅力も抑圧していると感じます。
    そういう人って他人にも興味がない人が多い印象です。

    • 京香
    • 2021年 11月 12日 17:07:09

    知人の知人の話しですが、20代の男性が、40代のシングルマザーの方と真剣交際しているそうです。20代の女性では味わえない色気があるからだそうです。
    今までなら、若さが全てだと思っていました。お肌の綺麗さも、身体や見た目の美しさも。もちろん生物としては10代、20代の若い頃が1番美しいかもしれません。でも女性としての美しさは違うと、恋愛のお勉強を通して学びました。若くぴちぴちとした弾けるような若さより、様々な経験を得て、積み重ねてきた大人の女性としての色気。私も年齢を重ねることをプラスに捉えて、色気をつけたいです。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント