恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

愛情を受け取る人

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

少し時間が経ってしまいましたが、そろそろこの解答をしようと思います(^^

愛情を受け取らない人

ちゃんと回答コメントを書きましたか。

これを書いている時点で、770件近いコメントが付いています。

 

かなりぐるぐる考えたと思います。

コメント欄を見ていても、それがよく伝わります。

いいんですよ。考えることに意味があります。

 

問題はヴァイオリン職人の話でした。

A:頂ける機会ならと喜んで教えを受ける

B:本来求めている方法ではないので遠慮する

このどちらを選びますかというのが問いですね。

 

ここで僕が正解として伝えたいのは、「A」です。

単純に考えると、分かりやすかったと思います。

いろんな条件を混ぜて考えた人ほど、難しい方向に行っている気がしました。

 

今回の設問で問いたかったのは、愛情の受け取りやすさについてです。

体質のことですね。

必ずしも、夢や目標を実現することがポイントではないということです。

 

「B」を選んだから即間違いということではないのですが、Bを選んだ人はほとんどがかなり難しく考えてしまっています。

ヴァイオリン職人として大成することを最終目標として考えたとき、もしかすると一人黙々と研鑽を積みつつ、伝説の職人の懐に入るチャンスをうかがっている方がいいこともあるかもしれません。

 

しかし問いたいのはそこではないんです。

愛情の受け取りやすさです。

つまり、愛されやすさですね。

 

誰しも、愛されたいと思っています。

より愛される体質になりたいと願っているわけです。

でも、心の中では愛されたいと願い続けながら、なぜか愛されにくい方の行動を取ってしまっているんですよね。

 

「A」と答えた人の中には、実際にその行動が取れるわけではなく、普段は「B」の拒否がデフォルトになっていて、「本当はAがいいに違いない」と思っていた人もかなりいるはずです。

愛情というのは、受け取る人にしか与えられないんです。

 

このことをよく知ってください。

あなたは理解できるはずなんです。

 

気持ちよく受け取らない人に、新たな愛情を与えたいとはなかなか思えないものです。

ちょっと想像してみるとすぐに分かることで、人の優しさよりも自分の我やこだわりを優先し続けることによって、「愛情を与えなくてもいい人」として認識されていくようになります。

 

自分が与える側になると、このことはより鮮明に実感できるようになっていきます。

同じ愛情を注ぐのであれば、それを気持ちよく受け取ってくれる人に与えたくなるものなんです。

 

女性だったら、料理が分かりやすいと思います。

あなたが作った料理を何でも喜んで食べてくれる男性と、自分の強いこだわりに一致しない料理は頑なに拒否するような男性と、一体どちらに料理を作ってあげたいか。

考えなくてもすぐに決まりそうです(^^;

 

ヴァイオリン職人の話と料理ではレベルが違いすぎると思うかもしれませんが、問いの内容は同じなんです。

教えてももいいと言ってきた先生の愛情を素直に受け取れる人は、その他の人からの愛情も受け取りやすくなります。

 

それから、恋愛に置き換える必要はないという補足もしました。

恋愛に置き換えると、問いとは関係のない全く違うテーマが出てくるからです。

それが、

嫌いな男性からのアプローチを受けないといけないのか?

というものです。

 

当たり前ですが、受ける必要なんかありません。

同じ問題じゃないので。

ただし、好意は好意としてもらっておくのは問題ないですね。

 

この辺が意味が分からないと言われそうです(^^;

相手からの好意を受け取るのと、応じるのは全く別だということです。

好きな男性以外からの好意を、まともに受け取れない女性がいるんですよね。

 

「その好意は要らないです」

と言うのと、

「好意はすごく嬉しいです。でもお誘いには応えられません。」

と言うのとでは、180度違います。

少なくとも愛情を受け取っているか、受け取っていないかという意味では、正反対の態度になるわけです。

 

ヴァイオリン職人の例で言えば、僕はとにかくまずは受けられる教えはありがたく受けた方がいいと思います。

授けてもらえるものは、何でも吸収したらいいんですよね。

受け取ってみて判断してもいいんですから。

それから、最近のメルマガで「取引」の話をしました。これにも通じることですが、先生の立場を想像してみるとさらに面白くなります。

先生はなぜ教えてくれるんでしょうね。

なぜ労力を割いてまで、面倒を見ようとしてくれるんでしょうか。

 

何でも素直に飲み込み吸収してくれるような人は、当然それが力になって表れます。

それを見て、さらにすごいものを託してもいいと考えるようになります。

何でもそうだと思うんですが、奥義に相当するような大事なものを譲り渡す相手は、人を選ぶんです。

育てる価値があると思われているからこそ、教えてもらえるわけです。

 

恋愛の場合は、とりあえずもらっとくというようなことをし続けていると、主に女性の方にリスクが来るので、同種の具体例としては適切ではないんですよね。

 

奥義に相当するようなレベルの愛情を得たいと思いませんか。

それを得るためには、そもそもまず愛されやすい体質になっていないと始まらないのです。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 月城
    • 2017年 9月 08日 21:36:30

    愛ってなんでしょう。
    自分を愛するってなんでしょう。

    頭で考えてしまってうまくいかないです。
    誰かに愛されたいと願うのは自分が寂しいからなのだろうか。
    誰かに愛される時ってくるのかな。
    心から通じ合える時はくるんでしょうか。

    • ちょこぱん
    • 2017年 10月 22日 12:31:00

    そっか!
    最近趣味で通ってるところがあって、つきっきりで教えてくれる人がいたり、初対面でもアドバイスくれる人たちがいるんです。
    なかなかできませんよね、自分だってやりたくて来てるんだし、個人プレイだから見逃そうと思えば見逃せるし、ましてや初対面なんて声かけづらいし…。
    でもそれをしてくれるって本当にありがたい。
    その人たちが自分の時間を割いて見てくれることに返せるように、一生懸命練習して「できたよ!」って見せられるようにならなきゃ!

    • こなこなゆき
    • 2017年 10月 26日 4:28:26

    Kouさん。
    私はずっとヴァイオリン職人の例だったことに、今更ながら気づきました。

    この例を拝借して。
    三年前に伝説のヴァイオリン職人が辞められてどうしようか迷っていた時に、教えてあげるよという先生が現れました。
    それが今の先生です。
    ずっと心のどこかで反発心があったのですが、一年前から徐々にその反発も無くなってきた・・・と言うよりも、この先生についているのだからしっかり学ぼうと決心してから、最近になって今の先生から結構教えていただくようになりました。

    そして、伝説のヴァイオリン職人がまた講義を再開されました。

    今の気持ちは、また伝説のヴァイオリン職人にお会いしたいと思ってますが、正直迷ってます。

    まだまだ受け取りベタかも?

    そんなことはないと思っているのは、他でも教えてくださる方に素直に応じている私がいるから。
    その方には素直に、ここは受け取れてここは受け取りにくいとお伝えできてます。
    その方は伝説のヴァイオリン職人の教えをご存知なのでとても親切に受け取れるところと受け取れにくいところを予め聞いていただけます。

    今の私の基準は、その人のこと(教えなど)を大切にできるかどうか。

    それって素直になれるかどうかかとも思いました。

    なんの抵抗もなく一番大切にできていて信頼しているのは、3番目の方だな。
    ちょっと教え方に問題はあるけれど、大切にしていきたいと思うのは今の先生。
    もちろん、伝説のヴァイオリン職人も大切な先生です。

    私なんて受け取る器でもないし与えてくれる人もないなんて思ってた時期もありましたが、こうやって考えていくとめちゃくちゃ与えてもらっているし、めちゃくちゃ受け取り上手やん。
    いや、受け取り上手になったやん!

    恋愛の勉強をしてきて本当に良かったです。
    Kouさん、ありがとうございます^^

1 3 4 5
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント