恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

遅くなりましたが、10時限目に突入します。

休憩タイムが休憩タイムじゃなかったので、めちゃくちゃ疲れました。

 

 

さて、また今回も非常に大切なテーマです。

このブログでも一貫して話していることの一つです。

 

今回のテーマは、「憎悪」です。

数ある感情の中でも、最もコントロールしないといけないものだったりします。

しかし多くの女性は、この怒りのコントロールができません。感情に任せて突き進んだ結果、すべてを台無しにしてしまったという話は日常的に聞きます(^^;

もしかしたらあなたもそれを経験したことがあるかもしれませんね。

 

この感情のコントロールを知ることによって、怒りに支配されて人生をむちゃくちゃにしてしまうようなことは今後やめないといけません。

では設問にいきましょう(^^

 

コメントの書き方

次の3つの質問の答えをコメント欄に書いてください。

コメントの名前は、可能な限り自分だけのオリジナルの名前にしてください。ひらがな4文字以下などの単純な名前は、他人と衝突しやすいです。あとで名前を使って回答記録を取れるようになりますので、慎重につけてくださいね。

————————————————————

1. 過去に「腹が立った」「むかついた」というふうに怒りの感情を得たときのことを思い出して、なぜそうなったかを教えてください。

 

 

2. 怒ってもいい、あるいは怒りを示さないといけない局面があります。それはどんなときだと思いますか。ブログの記事を参考にしても構いません。

 

3. 恋愛以外で最も関心のあることを一つ教えてください(任意)

(例:教育問題、防御リテラシー、成功法則、歴史、美容・ダイエット、資産の作り方、世界情勢の見方、投資など、何でも構いません)

————————————————————

 

提出期限は、2017年2月18日(土)です。

深夜0時締め切りです。

今回は開始が遅かったので、状況によっては締め切りを日曜日に変更するかもしれません。

 

12時間レッスンは、メルマガ読者のみ参加できます。

コメント自体は誰でも書けますが、レッスンの解答編が読めるのはメルマガ読者だけです。

現時点でメルマガに登録していない場合は、こちらから登録申請を出してください。

 

「心の安定」の参加者は、必要に応じて個別メールの一環としてレッスンの内容についてもフォローします。

今回の12時間レッスンはちょうど期間中でもあり、うまく組み合わせるとさらに楽しいものになると思います(^^

 

それから、この12時間レッスンの期間中は、メルマガも量もかなり増えます。

メルマガを受信したくない人は、早いうちに解除してください。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • あかんですよ
    • 2017年 3月 29日 0:14:16

    1.思い返せば割と怒りの感情があっても我慢してたんだなってことに気付きました。。友達には「本当に怒らないよね〜」と言われてたので自分はそういう人なのだと思ってましたが(苦笑)

    ・誤解される時
    ・ひどい扱いをされる時
    ・揚げ足をとってくるやつ
    ・自分のことしか考えてないやつ
    ・バカにしてくるやつ
    ・優位に立つ為に見下す相手を探してるやつ

    2.人として対等の扱いを受けていないと感じた時

    3.自らお金を生み出していく力をつけるには。人脈をつくるには。

    • えりすけー
    • 2017年 4月 02日 19:18:55

    自分の意見を伝えた時に、人生観や価値観が違うと向き合うことを避け、適当にあしらわれたときは怒りを感じました。

    怒っていいときは、自分の価値を否定された時だと思います。

    今、一番興味のあることは、資格取得についてです。

    • かな
    • 2017年 4月 22日 14:54:10

    1これまで、親への怒り等を我慢するように生きてきましたが、それが大爆発してブチキレたことがあります。

    親にはその時、鬼畜と言われましたが、そうなるくらいに不満はたまっていたのだろうと思います。正直、今でも関係はイマイチです。
    (良くしたいとは思ってるけど、まずは自分の気持ちを優先しています。)

    その後も、仕事先で頭ごなしに怒鳴ってくる上司等に遭遇した際、入る日数を減らしたり、こちらも上司に怒り返したりすることもあります(^^;

    ですが、そうすることによって不思議と少しずつですが、思ってることを言えるようになってきたり、周りからの対応が良くなったりしたような気がします。

    2やっぱり、自分の意に反していることをされたり、不当に扱われていると感じた時には怒っても良いし、伝えてよいような気がします。

    例え自分が間違ってると思ったとしても、伝えたり怒ったりすることで、自分の考えや価値観に気付くことも多いし。

    とにかく、貯めずに言うこと。
    今もやっとした!だけでもいいから表現すること。

    • てすと
    • 2017年 4月 24日 11:43:38

    てすと

    • さけ茶漬け
    • 2017年 5月 03日 19:01:50

    1.
    不当に待たされた、もしくは相手の手違い等でこちらの時間が無駄になったとき
    約束を忘れられていたとき
    責任感が感じられないとき

    2.
    不当な扱いを受けたと思ったとき
    傷ついたとき

    3,資産形成についてです

    • 抹茶
    • 2017年 5月 10日 18:36:52

    1.自分の思い通りにならない時。恋愛だと、彼が飲みに行く、彼と会えない、彼と連絡取れないなど若い頃はこんな事で一々腹立ってました。
    2.適当な対応をされた時。LINEでスタンプのみの返事、私は家族の事私の時間の拘束にはすぐ怒ります。

    • ピンキーリング
    • 2017年 5月 12日 4:01:04

    ☆1☆
    怒りは第二感情で、その前には必ず第一感情があります。
    不安、寂しい、悲しいなどのネガティブな感情が第一感情。
    この第一感情に気づけなくて、第二感情の怒りを借りて、表現していたのだと思います。
    例えば、本当は「〇〇されてムカついた」ではなく「〇〇されて悲しかった」だったとすると「〇〇されて悲しかった」という感情に気づき、伝えられていれば怒る必要はなかったんです。

    ☆2☆
    自分の尊厳を傷つけられた時。

    • さくらこ(26歳)
    • 2017年 5月 15日 11:38:17

    1. 彼が会おうとしてくれなくなり、彼の会社の同期にリサーチ→二股が発覚したとき。あんなに不安で辛い思いさせてる本人は、私ではない本命がいると知って、今まで見えてた現実が、全て嘘の塊だと気付いたとき。
    悲しさ、寂しさ、辛さからくる怒りを感じました。

    2. 自分の大切にしているものを傷付けられたとき。例えば自分自身の尊厳、家族、友人を傷付けられたときは、怒っていいと思います。

    3. 肌の美容です。

    • セレンディピティ子
    • 2017年 5月 28日 17:19:24

    1.ご飯をおいしく食べてる時に、彼が私の手を見てしれっと「指太いね。」と言ったとき。
    一気にカチンと来ました。

    なぜそうなったのか・・・それが一体どうしたの?今関係あるのかな?褒めてはいないよね?
                私のことを、しれっと否定してるわけ?気分が良い時に、
                なぜそんなひどいこと言うわけ?気になっちゃうじゃない!っと
                頭の中で、自分の女性らしくないところかも?とネガティブ
                に気にし始めてしまって怒りが膨らんでいきました。
                (自信がなくなりはじめたのでしょう。)

    2、ぞんざいに扱われた時!

    3、森林浴♪

1 45 46 47
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント