恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

第6回目です。

 

12時間レッスン2016:休憩タイム2 バレンタインデー作戦会議

少し落ち着いてきたみたいですね。1000件までは行かなさそうです。

 

 

早瀬さんより:

 

現在お互い忙しい状況にあるので会ったり連絡したりする機会が少なく、渡すか悩んでいます。
交際前なので、欲しいと言われて渡すのが理想だと思うのですが、自分から渡しに行ってしまうのはどうかな…と思ってしまいます。
渡すかどうか、渡すとしても彼が安心しきらない(追いかけたくなる)渡し方など、なにかアイデアないでしょうか(๑• . •๑)

いやー、バレンタインデーのこのイベントというのは、リクエストされて応えるのだと遅いと思いますよ。

これは単なる意思表示なんです。

すでに回答集で何度も説明していますが、ヒットアンドアウェイのヒットの部分です。

 

奇襲みたいなものです。

奇襲作戦は、応戦じゃないんですよね。

何もないところに、手を加えるから変化が起きます。

 

ハリー・ウィンストンさんより:

自分があげたいチョコレートと相手が喜ぶチョコレートが違うこと。
私が今までチョコレートの好みを聞いた男性たちは
「ただの板チョコが一番好き」「普通のチョコカップケーキが食べたい」などの意見が多くて
ありふれてるし、値段も安すぎて、
ヨーロッパの老舗高級チョコレートを贈りたい自分としては物足りなさを感じます。
相手の好みを優先すべきなので、自分が贈りたいチョコレートは
自分のために買って満足するようにしています。

こういうところにも現れていますよね。

彼らが欲しいのは、物じゃないんです。

物の後ろに隠れている心なんですよ。そういう意味では、男はバカです。

物そのもの価値なんかどうでもいいんです。

昔コメントでも時々見かけましたが、「チョコレートの包み紙が捨てられないと彼に言われました」みたいなことが起きるわけです。

 

高級チョコレートは、それはそれで上げたらいいと思います。来るべきときに。

 

ゆっきー♪さんより:

休暇タイム٩̋(๑˃́ꇴ˂̀๑)

1.チョコレートに付属のプレゼントって必要ですか?
毎回チョコレートと何かを添えて渡してるような…
チョコレートだけだとなんとなーく物足りない気もして。

2.生活保護、医療費の現状について

不正受給者の多いことに苛立ちがあります。
それと一生懸命働いてる人がお金がないことで高度な医療を受けられず、生活保護者が高い医療を受けられる現状にも苛立ちがあります。

チョコレートだけでいいですね。添えるのはメッセージのみ。最悪、付箋紙のような紙を入れておくだけでもいいです。

これをプレゼントだと思うからやりにくくなるんですよ。

 

生活保護などの社会保障について。

残念ながらこの状況は、これからもっと大変になります。

もっと弱い人(弱い立場にあえて甘んじたがる人)が増えてくるので、それを支えるための補償費はどんどん上がります。

でもこういうのは苛立っても仕方がないですね。

 

真面目に働いている人より、社会保障に甘えている人の方が得をしているというふうに見えてしまうのもよく分かります。

しかしちゃんと勉強していくと、実はそれは自分が低い視点で物事を見ているからそう感じてしまうということにもすぐに気づけるようになります。

実は社会保障に頼っていればいるほど、馬鹿を見るようになっていきます。

これは気づいたときにはもう手後れです。

 

自分で動ける人は、動けるうちに自力で将来の道筋を立てて、生涯他人の世話になることなく生きていけるようにすることを考える方がいいんですよ。そうなっていくと、社会保障に頼るのがバカらしくなっていきます。

社会保障は、それが必要な人がいるわけですから、必要な人は大いに活用したらいいと思います。

これもものの考え方で、活用して自立したら、あとで返せるようになればいいわけですからね。

 

SAYURI(さゆり)さんより:

2. 僕に覆してもらいたいと思うような社会常識や風潮などがあれば書いてください。(任意)
外資系の会社では聞かれませんでしたが、日系の一流と呼ばれる会社の面接で年齢、婚歴、子供の有無、ライフプランニングについて聞かれたのたびたびあったので不快でした。

男女平等は嫌ですよ、でも、男性と同じポジションに応募しているのだから、ちょっとはそういうハラスメントに触れるような質問ではなくて、専門性や経験などに関連した質問をして欲しかったです。

やっぱり女性は、男性のポジションにずけずけ出てくるな、という風潮があるんですかね?

これはですね。

会社の中の風潮というより、日本国内における企業に求められるものが外国と明らかに違うことが関係しています。

男性と同じ能力を有していて、同じ待遇でいいのなら、男性女性関係なく採用できるし、したいと思っていると思うんです。

僕も自分で見ていて思いますが、女性の方が効率を考えて捌ける仕事というのはかなりあります。

 

問題なのは、日本は一度採用したら、かなり面倒を見ないと行けないことが分かっているということです。

正社員を雇い入れたくない理由もほとんどこれなんですよね。

企業側の理由で簡単に辞めさせられませんから。しかし従業員の方は自己都合で簡単に辞められます。

外国や外資のように、かなりロジカルに採用を「戦力」として捉えても文句を言われないのであればいいんですが、以前よりは大分マシになったとはいえ、採用=人生の面倒を見るという感覚がかなり残っています。

面倒を見るというのは、生活の保障をするという意味ですね。

採用したら、保障のリスクは男女関係なく負わないといけないので、だったら自己都合で突然退社される可能性の高い女性は、それについて事前に確認しておきたいと考える人事の戦略があっても不思議ではないです。それがいいとは言いませんけどね。

 

ちなみに僕は、すべて非正規雇用扱いになるのが最も望ましいと思っています。

流動性が高くなればなるほど、従業員の価値は上がりますから。そうなると、女性だからとかいうわけの分からない理由で敬遠されることはほとんどなくなりますね。

 

まっつんさんより:

1.
彼氏がとても忙しいのと、私も忙しいのであえてこちらからも連絡せず、
なんとなく距離を置いている彼にチョコを渡すべきか悩んでいます。

前に誕生日はお返しが面倒だからいらないと言っていたから、ついでにあげる!!って感じで手作りクッキーとカードあげたら、喜んでくれたのですが、、こちらからあげてばかりだし、
バレンタインはもうスルーしようかと思っていたのですが、、2か月近く会ってないし、、
やめていいですかね。。

2
子供に宿題をしなさいと言うのがストレスです。。ケンカになります。。
宿題をしないといけない常識は覆って大丈夫でしょうか( ;∀;)

お返しとか、リターンとか、そういうのを考えるとどんどん行動できなくなりますよね。

これは意思表示です。

こちらからの、大義名分を付けて意思表示できるチャンスなんです。

 

それから、別の人でしたが、「お返しが面倒だと言われるから・・・」みたいなコメントは結構あります。

お返しなんかもらうつもりでやらなければいいんですよね。

ただの意思表示なのだから、渡しておいて、「私は意思表示した、あとは好きにしたまえ」くらいに思っておけばかなり楽だと思うんです。

だいたい義務感で返されても嫌ですしね。

 

子供に宿題をしなさいと言うのがストレスです。。ケンカになります。。

言わなければいいですね。

これは、子供だとモロに当てはまるんですよ。

親が言うから、やらなくなるんです。

人間は、誰かに「やれ」と言われると、やりたくなくなります。それは大人も結構持っている心理ですね。

なぜそう感じるかというと、自分で納得しない行動だからです。

本来人間というのは、自分自身で決めたことを自分でやることに満足感を得る生き物です。

 

親が言うから宿題をやったった

こう考える子は多いみたいですね。

言わなければいいと思いますよ。

 

「宿題なんか、やりたくないならやらなくていい。好きなだけ遊んだら?」

と言い放ってしまったらいいです。

ただしこの後に次の文句が必要です。

「その代わり、全部自分で責任を取ること。やらずに学校で怒られても、友達と同じ学校に行けなくなっても、私は知らない」

言い方は色々ありますね。

 

自分で決めさせることです。

ちなみにこれは小学生の低学年などでまだかなり幼い状態だと、一定期間は無理にでもやらせる方がいいです。

ちょっと恋愛の話とはかなりかけ離れてくるので、どうしてもこの手の話が知りたい場合は、メールで聞いてください。

もしくは「心の安定」に参加中の場合は、それで聞いてください。いくらでも答えます。

 

すずらんの姫君さんより:

1.困ってるというより寂しいと感じてしまう事ですが、私にバレンタインデーをしてくれる男性が居ないことです。
日本に住んでいないので女性がチョコをあげたり告白する習慣とは無縁、この日はどちらかというと男性主導で改めて女性に愛情表現する感じです。花やプレゼントを贈ったり食事に連れて行ったりとか、女性からもお返しを用意したりもします。
日本に住んでいたころは、土日と重なった年には渡しにくくて、強いて言えばそれが困ったことでしょうか。

おおー。

こういうのがいつか来ると思っていました(^^

こんなものは、発想の逆転で済むんですよ。

むしろ最も有利な状況になるかもしれません。

 

何しろ日本独自のバレンタインデーにチョコレートを渡すとかいう習慣が全く意味不明に映るわけですよね。

こんなオイシイシチュエーションは他にないと思いますよ。

周りにはそんなことをする女性が一人もいないんですから。

日本ではこういう独自文化になっている、という話をネタにしてやってみればいいですね。

 

ちろいのさんより:

. 僕に覆してもらいたいと思うような社会常識や風潮などがあれば書いてください。(任意)

これは凄く知りたい事ですkouさん教えて下さい

男性をたてるということについて

昔から男性をたてないさい!とよく言いますよね。
今の世の中これが出来ない女性が多く、私はたてていると言う女性もたてる意味が間違っていると聞きます。

男性の会社の同僚や家族の前でその男性の事をけなしたり、謙遜したりするのではなくほめる。
これもたてる事ではないのでしょうか?

男性をたてるとは、どうゆう事をしたり、言ったりする事が本当は正しいのですか?
kouさんの意見を知りたいです

これはもしかしたら僕も解釈が間違っているのかもしれません。

あくまで僕の個人的な解釈として捉えてください。

男性を立てるというのは、その男性の実力を引き出すように動くということだと思っています。

 

これも「女性の承認」ではしばしばそういう話をしています。

男を立てるという表現はしていませんが、男性が何かを成し遂げるとき、大抵その傍らには女性がいたりします。

女性の力なくして、大きなことはできないんですよ。

 

女性が自らしゃしゃり出ないとか、具体的な動き方もあるとは思いますが、最終的に行き着くのは、女性が女性として適切に動くことで男性が男性の仕事に集中できるようになり、大きな結果を残せるようになるということなんだろうと思います。

これは良書推薦リストでも紹介した、「夫をお金持ちにする64の習慣」にも似たようなことが書かれています。

 

まりあさんより:

1,解決したのですが、、、やってみてわかった事。

結婚して26年、いい加減毎年のバレンタインデーに飽きてました。
チョコ渡してもリアクション無いし隠しててなかなか食べ無いし、
私が全部食べても問題ないみたいだし。渡す必要あるのかと数年間疑問持ちながらいました。

kouさんに教えてもらってからメッセージカード付けたけどリアクションは変わらず。
主人も別に欲しくないはずと、昨年初めて渡さなかったです。

そしたらなんと!「今年はチョコもらえなかったよ」( ;´・ω・`)と
わかりやすく寂しそうに娘にこぼしてました。

え!欲しかったの?(毎回大したリアクションも無いし)いらないと思ったよ!でも、欲しいならあげる!」って隠して置いたチョコをあげたら嬉しそう。

実は毎年もらえるのを期待してる事、わかりやすいリアクションはしないけど、
実は貰えると嬉しいって事がわかり、長年の疑問解決して良かったです。

今年も高級なチョコを用意してありますが、
そんなにチョコ欲しいなら手作りしてみようかな~っていう気持ちになってる自分にビックリ!
付き合って30年、初めての手作りチョコ?う~ん( ´゚д゚`)エー

いいコメントです(^^

ここにもすごくいいヒントが隠されています。

結婚していたり、同棲していたりすると、一緒にいる時間が長いとか接触頻度が高すぎて、渡す前から「もらえる」ことが分かっているんです。

特に毎回自分で作る人はそうですよね。

かなりうまく隠さないとバレます。

 

「今年はそんなものあげるつもりはない」という空気感を醸し出しておいて、密かに仕込んでおいて奇襲をかけるというのがいいんじゃないでしょうかね。

女性は、揺り動かしてナンボです(^^;

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • のぞみ (みもらさん)
    • 2017年 4月 26日 8:58:39

    みもらさん、お久しぶりです。
    体調のほうは、その後いかがですか?

    さて、何から書いたらいいものやら・・・
    いつまでここでお話しできるかもわからないので、単刀直入にいきますね。

    あちらでのご様子を拝見していて、その時々でお伝えしたいことは色々あったのですけど、
    いっっっちばん伝えたいことを1つだけ言うとしたら「振り回されすぎでしょう!」の一言です。

    2000レス以上確認する気にもならないので記憶違いもあるかもしれませんが、確か、
    「有名(?)な方々から話しかけられなかった、応援してもらえず悲しかった」という話が、誰かがマウンティングという言葉を出してきたら「マウンティングされずに済んで良かった」にすり替わり、そう言い続けていたら今度はそういう考え方はイタイと言われ…

    匿名でこちらに書き込んで削除されたときも、勇者扱いされたかと思えばルール違反者扱いされたり、勝手にどんどん貼られるレッテルが変わっていきましたよね。

    要するに、あそこにいる人たちは、みもらさんのことなんてどうでもいいんですよ。
    みもらさんが誰で、どんな人で、何を心に思っていようが知ったこっちゃない。
    誰かの発言に影響されて みもらさんが行動を誤ろうが人生を誤ろうが、誰も責任取ってくれないんです。
    そんな中で、好き勝手なこと言ってる人たちに気を遣ってまであそこにいる必要がありますか?

    そもそも、みもらさんが誰なのかもよく知らないまま別人と同一人物認定してる人もいますよね。
    みもらさんのことに限らず、Yさんのことにしても、私やほかの皆さんのことにしても、真偽入り乱れすぎて支離滅裂です(笑)

    そういう偽情報を偽情報と見極めて楽しめるならまだいいですが、それに振り回されて判断力を失う人は、あそこにいてはいけないと思います。
    腐ったお花畑から脱したつもりで、肥溜めに浸かって目も鼻も利かなくなってたら意味ないんです。
    イタイ人を眺めて楽しんでるつもりが、実は自分が一番イタイってことになっちゃったりします。

    なんでこんなこと言うかわかります?

    連日あそこにいたときの みもらさんはね、もともと内に抱えていた「毒」を制御できていないのに加えて、肥溜めの中で引っかき回されすぎて、自分の軸が完全になくなっちゃってました。

    昔イケメンで嫌な思いをしたからブサ男が好き、というのも問題あるけど(笑)まだわかるとしましょう。
    だけど、好きな彼が嫌いなNさんと仲良くしてるからとか、会ったこともないブサ男が相容れない人物だったからって、ブサ男なNさんと仲良くする彼のことも好きじゃなくなってきたって、なんですかそれは!!!!! ٩(๑`ȏ´๑)۶
    画面見ながら思わず「それは違うやろ~~~!」って叫びましたよ。

    あの場所だから実際以上に盛って書いたとしてもですよ? 全く筋が通ってません!(笑)
    今改めて読んだら、ご自分でもそう思われるのではないでしょうか。
    一体どこを基準に、ご自分の大切な人を判断してるんですか?
    物差しがソレで本当にいいんですか?

    雨に濡れて不快だったから雨の降らない国に行って雨の国の悪口を言い、猛暑で苦しんだから陽光の強くない国に行って暑い国に住むやつはバカだと嘲笑い、雪が冷たくて辛かったから雪の降らない国に行って雪国はこりごりだと言い、そんなことをしているうちに地球上のどこにも住むところがなくなっちゃいます。

    それより、自分の家を、雨風しのげて冷暖房完備の快適な家にしたらいいと思いませんか?
    自分が安泰で心地よくいられる家をちゃんと築けたら、窓の外が少々荒れ模様だったとしても、大して気にもならず心穏やかに過ごせるのではないでしょうか。

    そういう状態になれば、「あのとき雨なんか降りやがって!」という悪感情にいつまでも囚われることなく、淡々と「そういえば雨に降られたことがあった」というだけの記憶になっていくのではないかな、と思います。

    みもらさんは、ここに「依存」していたというより、自分がここにいた、コメントした、交流した、という1つ1つの細かい事柄も含め、過去の出来事にあまりにも「執着」しているように私には思えます。恐らくそれが みもらさんの内なる「毒」を作り出しています。

    目の前の外的要因そのものよりも、それがきっかけで分泌された毒が体に回って「吐き気」がするのですよね?
    そしたら、外的要因を叩き潰すことを考えるより、体内の毒分泌システムを働かなくしていくほうがいいのじゃないでしょうか。

    私が以前に みもらさんに「赦し」を絡めたお話をしていたのは、みもらさんにとって、まず「執着」を手放していくことが近道なのではないかと思ったからです。
    私自身が Aさん派だとか、そういうことでは全くないのですよ。

    私は、誰の信者でもありません。強いて言うなら自分信者です(笑)
    お祈りを唱えたことは一度もないけれど、かといって絶対に唱えないことに固執してもいません。
    ただ単に、理解できるものは理解する、取り入れられるものは取り入れる、それだけです。
    なので、大仏見学会は、企画していただいても参加しなかったと思います。すみません (^_^;)

    あ、そうだ。彼さん、おそらく退院されたのですよね?
    おめでとうございます❀
    二度と会えないかもしれない、というのが気になっていますが、縁がある人には再会できるものだと思っています。

    ・・・笑いに変えるお返事にはならなかったようで、ご期待に添えず恐縮です (´▽`*;)

    次にお手紙書けるのはGW明け以降になると思います。
    みもらさんは、どこかへお出かけされるのでしょうか?
    楽しいGWをお過ごしくださいね (*´︶`*)

    • のぞみ (みもらさん)
    • 2017年 4月 26日 9:37:42

    あ。
    2000レスじゃなかった、20000レス以上ですね。
    すご~~~い(笑)

    • みもら(のぞみ様)
    • 2017年 4月 26日 20:29:20

    お久しぶりです。
    体調は大丈夫です。
    ご心配頂きありがとうございます。

    執着というと語弊があるのですが、
    確かにしつこいです、私は。理解してても
    納得しないと食い下がるところがあるので。
    ただ、納得すればそれで気が済むので、意外とあっさりしてることもあるのですが(笑)
    あと、三人以上の人の関係になると帰属の実感が無いのです。致命的に欠落してるのですよ。なので、一対一の密接な関係でないと落ち着けないのです。一対一なら帰属もへったくれもないので。

    私は納得出来なかったのですよ。ここにあの記事が残っていたことも、Kさんがあんなに叩かれてたことも。そして、Kさんにも納得出来なかったところはありました。私の話し方が悪かったのだとは思うけど、最後に二人で話したのは彼が倒れる半年前です。病気でない彼を見たのは倒れる二週間前とかです。美しく誤解していたのか、それとも私の話し方が悪かったのかは分かりません。でも、それならそれでいいでしょう、と思っていました。会社の中で話すことが出来ないことを話せて、それを少なくとも茶化すことなく聞いて貰えたことが嬉しかったので。そして、私はこのブログの中にあるお祈り信者の派閥に居ることになっていたのかもしれませんが、そこに帰属している実感はありませんでした。そういう不完全燃焼のモヤモヤが貴女のいう執着になっていたのは間違いないでしょうね。大分痛々しかったと思います。

    そんな状況が変わったのは今年の初めです。
    大きく環境が変わる騒ぎになったのです。前兆はあったそうですが、私は知りませんでした。教えて下さる方もいなかったし、私自身にも手術やなんやでそんなことを慮る余裕もありませんでしたから。客観的には私に何の関係もないことですから誰も言わなかったのでしょう。
    その時に、限界まで貴女のいう毒が溜まっていたことを知りました。認識することも吐き出すことも出来ずにいた毒はなかなかのものでした。
    毒を吐き出し、紆余曲折を経て、今、私はあの時想像もしていなかった状態だと思います。
    客観的には変わらないけど、主観的には全然違うのです。件のものとは全く関係ないけど。

    その時に、Kさんを思い出したのです。
    執着も何もないところで、私に大きな変化があるよって言った彼女とお話したいな、と。今の私と話した時、彼女はどう反応するかな、と。懐かしい気持ちで思ったのですよ。そんな時に貴女のコメントを見つけて声をかけたらなんか鬱陶しいことになっちゃったけどw

    会社のN氏は仕事でも私と話さないでR嬢と話すという素晴らしい無礼を働いて下さった方です。毒というより、その無礼の前に怒りのオーラが立ち上っている状況なだけだと思います。その怒りのオーラに気付いたか否かは知りませんが、「N氏はそういう人だから」とR嬢やS氏が通したので、R嬢やS氏への合わないことからの嫌悪感も向けられている、と。

    彼については正直分からないのですよ。
    私は彼の中身をきちんと見ているのかどうか。私が見たものは幻で、本当はR嬢やS氏やN氏と同様の人間なのかもしれない。確固とした自信を持てるだけの交流がないので。あと、あちらがどう思ってるかも分からない。あちらがどんな事情を負っているのかも。そんな状況でN氏と同様の人間なら好きな気持ちは消えてしまいそうになるのですよ。実際に会って話してないので(笑)
    実際に会って話す機会はあるのかなぁ?彼の身体の状況は私がお見舞いに行ってからほとんど変わらなかったようです。特に手はダメみたい。今、1人で電車にも乗れないらしく、お母様の送り迎えだそうです。フル出勤も出来てないらしい。ついでにいえば、現地事務所にはR嬢が行かれるので、私が会う機会はもはや無いに等しいのです。このまま行くと彼は会社に残れないらしいし、私もどうなるか分からない。なので、二度と会えないかもしれない、と言ったのです。

    ……しかし、某所の方々はなかなか面白い達ですよね?私、いつもKさんとかからもっとお祈りに集中してみてって言われてたのに、なんでAさんと同一視するかなぁ(笑)そして、なんで Aさんをあんなに毛嫌いというか敵視するかねぇ(笑)

    GWは一応お出かけの予定です。行き先は奈良ですから東大寺にも行けたら行こうかな(笑)
    大仏見学会は単なる観光のつもりでした。
    ほら、ネットでもよく話す方とは顔見て話してみたいじゃないですか。オフ会のノリで提案すれば良かったなーと書いたら変な風に解釈されてたのですね。

    ではでは。
    のぞみさんも良いGWをお過ごし下さい。

    • のぞみ (みもらさん)
    • 2017年 4月 27日 22:17:00

    みもらさん、こんばんは。
    早速のお返事ありがとうございます。

    さっきまで数時間かけてほぼ書き終わっていたお手紙が、勝手な再起動で消滅しました・・・
    ダメージ半端ないです 。゚(゚´Д`゚)゚。
    書き直せるのは、やっぱりGW明けかも orz

    奈良に行かれるのですね!
    大仏さん、私も何年か前に行きましたよ。
    子供に柱くぐりもさせました(笑)

    女性がはまって抜けなくなったとかいうニュースがあったようですが、
    あれって大人でも通れるんですかね?
    よかったらぜひ挑戦してきてください (o^-^o)

    楽しいご旅行になりますように♪

    • みもら(のぞみ様)
    • 2017年 5月 01日 18:10:14

    数時間かけたコメントが何かのアクシデントで消える……あるあるですね。お気になさらず。

    言いたいことを我慢しないでS氏にぶつけ、N氏にLINEで嫌味を言ったので、現在非常に心が軽やかです(笑)少しは毒も消えたことでしょう。
    そして、コーヒーやめてるS氏ですが、GW明けにはR嬢によるアイスコーヒー攻めにどう対応するのか見物です(酷)

    旅行なんですが、東大寺は無理っぽいです。
    でも楽しみ。
    のぞみさんも素敵なGWをお過ごし下さいね。

    • のぞみ (みもらさん)
    • 2017年 5月 08日 19:33:17

    みもらさん、こんばんは。
    ご旅行はいかがでしたか? (o^-^o)

    しつこいのは私もですよ(笑)
    簡単に諦めるのは嫌なんですよね。
    その対象が、何か手に入れたいものであっても、誰か関わりのある人であっても。
    それはそれで、いいと思うんですよ。
    だって、簡単に諦めるというのは、その時の自分の気持ちを自分で蔑ろにすること、自分の本心に不誠実なことだと思うから。

    それでも、あの記事をそんなにも消したかったのは何故なのかなぁ、とは思います。

    すごく、「自分の書いたコメント」という思いが強いですよね?
    でもコメントは、投稿された瞬間から投稿者の手を離れて、Kouさんの、というかブログの財産になりますし、読む人書く人みんなのものになりますよね。

    私も、記事やメルマガに何度もコメントを取り上げられていて、中には本当に「はぁ?」っていうような使われ方をしたこともあって、あれがあの解釈のまま今後も人目に晒され続けるのかと思うと正直なんだかなぁ~な気分ではありますが、でももうそれは Kouさんの記事の一部であって私のものではないので、仕方ないと思っています。
    Aさんや、他にコメント全削除を願い出た方々も、コメントは削除されましたが、記事になったものは残っていますよね。

    ああ、みもらさんを非難しているわけではないのですよ?
    ただ、Kouさんのブログの、Kouさんの記事で、下にコメントもたくさん付いていたのに、それら全部を問答無用に削除してまで消したかった気持ちは一体なんなんだろう?って思うんですよね。
    もしかしたら、その思いの根っこは、ブログとは何の関係もないことだったりする可能性もあったりしないかな、って。
    考えすぎでしょうか…? (^_^;)

    Kさんが叩かれていた、とは私はあんまり思っていないんですよ。
    Aさんが叩かれていた、ならわかります。AさんとKouさんで散々やりあった後だったから、皆さんからは「またか」「もういい加減にして」という拒否反応があったけれど、Kさん自身がそれほど認知されていたわけでも非難されていたわけでもないと思いますし。
    ブログ全体からしたら、Kさんは、お祈りに傾倒してほんの一時期コメントして去って行った人、でしかないと思うのです。
    KさんをAさんの別キャラだと思っていた人たちもたくさんいましたしね。

    Aさんはずっと前からいた方だし、すごくカリスマ性もあって人気者だったからこそ、Kouさんが介入する事態になったんですよね。
    Aさんと仲良く話していた人たちの多くは、Aさんの宗教の信者ではなくて、AさんがAさんになる前から彼女を慕っていた人たちです。
    みもらさんにとって、Kさんが重要な存在だったのはわかりますが、例えば私から見れば、Kさんは Aさんの余波くらいの存在でしかありません。(失礼な言い方ですみません。)

    つまり何が言いたいかというと、同じ事象に対して、他の人は、みもらさんが思うほど重大に捉えていないのではないかな?ということです。
    他人にとっては大したことではないから、その強いこだわり(執着)が他人の目には異様に映ってしまって、イタイと言われたり荒し扱いされたりすることになるのではないでしょうか。

    あちらの方々も、Aさんを毛嫌いしているというより、(彼らにとって)どうでもいいことに拘り続けている みもらさんを見て、その不可解な執着に嫌悪感を持ち、それをAさんと勘違いして Aさんを毛嫌い(?)しているのかな、と見ていて思いました。
    もちろん、あちらに行く前から、ブログの中での Aさんの言動を嫌悪していた人もいると思います。それも、話の内容そのものではなくて、自分にとってどうでもいいものをしつこく持ってこられることへの嫌悪だったのではないかと思います。
    …それ以外の個人的な好き嫌いについては割愛します(笑)

    ところで、「帰属の実感」ってなんでしょう?
    私、複数でも1対1でも、「帰属」などという意識はないのですけど…
    家庭とか職場とか、そういう「場」「組織」に対する帰属ならわかります。
    でも、人間関係で誰かに帰属することってないですよね?
    夫婦であっても、夫に帰属しているわけではないと思いますし…
    誰かに帰属している人間関係って、健全な感じがしません (^_^;)
    なので、「帰属の実感」なんて、無くて良いのではないですか?(笑)

    近況については、詳しくはわかりませんが、いい変化があったのですね。
    髪を切ったとご報告をいただいたとき、春風みたいな感じを受けました。
    「認識することも吐き出すことも出来ずにいた毒」を、認識して、吐き出せたということなら、結構すごい変化じゃないですか?! (*´▽`*)
    その状態で Kさんとお話ししてみたかったというのは、何となくわかります。

    でも私、みもらさんの素というか、本質って、もともとそういう方なのじゃないかと思いますよ。
    それをいちいち毒で塗ってしまわずに、ずっと春風みたいに軽やかでいられたらいいなぁって思います (*´︶`*)

    彼さんのこと。
    今まで、ご自分の目で彼さんを見て、関わってこられたのでしょう?
    カラオケに行ったとき、マックに行ったとき、感じ取ったものがあったのでしょう?
    なぜ、ご自分の心で直に感じたものを幻にしてしまうのですか?

    だいたい、そこで他の人を引き合いに出してくるのがおかしいです(笑)
    仮に、まだ彼さんの中身を見極められていないとしたって、じゃあ本当はどういう人なのかって知るためには、彼さん自身を見つめるだけであって、R嬢やらS氏やらNさんと比較するものじゃないですよね。
    その人たち、まったく関係ないじゃないですか。
    ついでに言うと、NさんとYさんなんて、もはや何の繋がりもないですよね(笑)

    そんなところを判断基準にして物事を測っていたら、
    彼らが嫌な人間でなかったら彼さんを好き、とか、
    彼らと彼さんが仲良くなければ彼さんを好き、とかいうことになっちゃいますよ?
    彼さんが魅力的な人だから好き、なのではないのですか???

    みもらさん、余計な要素をわざわざ入れてごちゃ混ぜにしすぎなのだと思います (^_^;)
    彼さんと二人きりのとき、そんなこと考える必要全然ないでしょ?
    もっと、その感覚を、シンプルに感じることを、大切にしていかれたらいいと思います。

    彼さんの状況、なかなか大変なのですね…
    月並みなことしか言えませんが、少しでも快復していかれるといいですよね。
    でも、仕事上の繋がりはともかく、心の繋がりのある人との縁は、そう簡単には切れないものだと私は思っています。

    今なんてね、私、小学生時代の両想い君(初彼というのかな?)とやり取りしています。
    15年くらい前にネットで彼を見つけて連絡して、それから5年ごとにバースデーメールのやり取りをしていたんですけど、今年は5年目でもなく誕生日でもないときにメールが来ました。
    だからなんだって言われると困りますけど(笑)そんな不可思議な縁もあります。
    どこでどう繋がるかわからないなぁと思います。

    S氏、コーヒーやめていらしたんですね!
    みもらさん、味方になってあげればいいのに(笑)
    それで2人でR嬢のコーヒー攻めを撃退することができたら、S氏とも、R嬢とも、また新しい関係が生まれていきそうな気もします (*´艸`)

    • みもら(のぞみ様)
    • 2017年 5月 08日 22:06:33

    のぞみ様、こんばんは。

    旅行は中々よかったです。
    めっちゃ歩いたんで疲れましたが、
    なんとLINEグループ通話で実況までしちゃいました(笑)奈良公園には行けなかったんで、興福寺も東大寺も行ってないですけど、楽しんできました。

    帰属意識ったら変ですが、3人になると1人はみ出し易いじゃないですか?そのはみ出しになる気がするって話です。何て言うか……組織から常にはみ出してる意識があるのですね。上手く言えないですが。

    そうですね。Aさんは結構マイペースに仰りたいことを仰ってるイメージがありますね。確かに、Aさんとkouさんのやり取りに比べたらKさんは余波かもしれない(笑)私はKさんがあの騒動に巻き込まれたきっかけみたいなものを誰かに話したかったんですよ。お祈りだけじゃない、その直前のやり取りがあったことを。その上であそこでkouさんがやったことを判断して欲しかったんです。それが出来たのが今年に入ってからで、それ以降のあちらでの私の書き込みは激減しているはずです(笑)

    記事をどうしても消したいとかはあんまり無かったです、実は。あちらでああいう評判を聞いたのでね、あの内容のコメントはこちらから消したかったのは事実ですが。あれほど嫌だと思った理由は今は分からない部分がありますが、彼についてKさんと話したことを消したかったんじゃないでしょうか?

    彼の状況は大変だと思います。
    多分、機能の回復はこのままでは見込めないでしょう。現場での能力の方が高く評価されてた人なのに、現場に二度と立てないことは退院前に分かってただろうから相当の葛藤があったのだと思います。それでも、私は何か大丈夫な気しかしないのです。何でか分からないけど(笑)でも、このままではどうなるか分からないなら唯一楽観的に話してたKさんとの会話を消してしまいたかったのだと思います。今は何かそういうの無いから推測なんですが(爆)

    なので、自分のコメント云々な執着はないです。
    私は上に書いた理由からKさんとの会話が消したかったんです。彼女とのコメントを読み返す事が多くて、それにすがり付いてる気がして。結局Kさんはさっさと去って行かれてしまって私は置いてけぼりにされたんだなとか思って。私の被害妄想だってのは分かってますが、もう全てをリセットしたかった。だから記事だけ削除されたのは不本意なんですよ、はっきり言って。まだ記事だけ残ってコメント全部消してくれてた方がありがたかったです(笑)

    あと、あの、クダラナイ事への執着ってのはかなり根深いですね。私、kouさんと同じ位の年なんですよ。で。まぁ、化粧しろだの足を出せだの同年代の男が五月蝿い五月蝿い。このブログの内容そのもの。それは私を否定する言葉だと思うけど、それを忠告みたいに言うんだから質が悪い。学生時代はお化粧の匂いが嫌いでキャミソールにカーディガンに茶髪巻き髪にケバい化粧にハイヒールなんて、ないわ、最早コスプレやん、な世界で。しかもね、私、負けず嫌いで向こう気が強くて、嫌なものは嫌な性分なんで、どうでもいいとこだけど其処ばっかりからかわれるとウンザリするわ苛つくわ言い返しは出来ないわでね、毒と闇を産むわけです。所謂女の売り時をそんな暗黒に過ごしてたんで毒は強く、闇(病み)は深いのでした。でも、時代が変わるとね、それはお水のコスプレ扱いになるのか、と思うとね、私の感覚間違いじゃなかったわぁと思って毒を吐いてスッキリしたという(爆)そういう服だの何だの言う殿方は紳士ではない、というのが祖母より受け継いだ感覚でございまして。それを思い切り吐き出せた某所には感謝感激アメアラレなんでございますよ(笑)昔、私に「ウチの商品は少し細身なんでお客様には無理です」とか言って馬鹿にしてきたお店の店員がダイエットに成功したら「ウチは細身って言われてるんですが、実はゆったりめですからお客様なら大丈夫です」とか言ってくるのがとても快感だったりしましたし。何て小さいヤツだ、私はと思いながら無駄に試着してたり(笑)この頃はそういうのも飽きましたが。

    ま、この毒は認識出来てますが、認識出来てなかった方は恐ろしいですよ?ケラケラ笑って話してましたもん、私。もう嫌だとかそういう感情が湧かなくて。吐き出すのに集中的に3ヶ月以上はかかったわwという訳で、某所とかで吐いた分も含めて闇な毒は大分減ってるんじゃないかな?当社比ですが。

    髪形変わったらかえって良いって意見も出ました。女らしさは減ったらしいけど、格好よくなったそうな。自分でも気に入ってるので、伸ばしてもこのままでも気分良くいられると思います(笑)

    S氏がコーヒー止めてるので、R嬢のアイスコーヒーは暫しお預けになりました(笑)
    S氏と私が連携は無理ですね、多分。
    良くも悪くも私はS氏に鍛えて頂いた訳ですが、そんなS氏があり得ない間違いしたんで私、思わず怒鳴っちゃって。怒鳴り返されて一歩も引かないなんてことをやらかし。私、手続き済んだって報告して、それをS氏も知ってる筈なのにゴソゴソ書類作ってるから「ご報告したはずですが伝達ミスですみません」と嫌味を言いつつ、若年性の認知症か持病の再発を疑ってます、私(笑)
    そして、R嬢のミスとか見つけながら黙って笑ってたり。少し関係が変わってたら良いなぁ。

    N氏、実は意外に面白い方かも、とLINEで思っていますが。彼より人当たり良いのね、という印象です。ただ、他の人とのやり取りから、会社の人との付き合いに自分から入らない彼の気持ちはよく分かる、と思いましたが。

    小学校時代の両思いの方とのネットでの再会、おめでとうございます!心の繋がりは私と彼にあるのか?取り敢えず、彼が保育園に送り迎えされてる男の子を脱せるのか?更に、更に、ここで踏ん張って拗らせた男の子から男性になれるのか?
    を遠くで見守っていようと思います。

    ではでは

    • のぞみ (みもらさん)
    • 2017年 5月 12日 20:00:49

    みもらさん、こんばんは~♪

    LINE実況しながらのご旅行、賑やかで楽しそうですね!
    みもらさんは体力ありそうだし、ガンガン歩けそう (*´艸`)
    私は、あろうことかファンデーションを忘れて、いきなりの夏日の中、SPF 0で歩く羽目になりました・・・

    3人になると1人はみ出しやすい…
    なるほど、みもらさん、女子ですね(笑)
    女の子のグループは人数が偶数の方がいいって言いますよね。
    私はグループ帰属意識が低いので、中学の時もグループ関係なく関わりたい子と関わっていたら、「他の子と仲良くするならウチのグループ抜けてくれる?」って言われました。
    いつそちらに入会しましたっけ?って感じです。

    Aさんは、Aさんとして戦って?いらしたときは強引でしたけど、
    もともとはすごく聡明な方ですし、他人の心にも敏感に寄り添える方です。
    なおかつ少女みたいな可愛らしさもあって、とってもチャーミングな女性です。
    みもらさんも実は、直接お話しされているんですよ(笑)

    「お祈りだけじゃない、その直前のやり取り」って何だろう・・・?
    すみません、私も理解してないかもです。
    「騒動に巻き込まれた」というより、騒動を再燃させたというようなイメージです。
    でも、Kさんこそ本当にマイペースだっただけなのだろうと思いますけどね。

    >記事をどうしても消したいとかはあんまり無かったです
    >彼についてKさんと話したことを消したかったんじゃないでしょうか?
    >彼女とのコメントを読み返す事が多くて、それにすがり付いてる気がして。
    >結局Kさんはさっさと去って行かれてしまって私は置いてけぼりにされたんだなとか思って。

    ええ~~~~~っ?!
    そんな理由で記事の削除を依頼されたのですか?? (☉ω☉)
    んーーー、それはなんか、悲しいなぁ・・・
    それは、Kouさんに削除してもらうものじゃなくて、みもらさんの中からご自分で「削除」したほうが良かったのじゃないかなーと思います。
    記事を消したら、たくさんの人が心を込めて書いたコメントも全部消えるわけですから…

    >まだ記事だけ残ってコメント全部消してくれてた方がありがたかったです(笑)

    みもらさんが、ご自身のコメント削除ではなく記事削除をKouさんに依頼されたのですよね?
    Kouさん、「記事は消したくなかった」とおっしゃってましたよ。

    >kouさんと同じ位の年

    ああ、はい、見ました見ました(笑)
    ウシじゃないほうですよね?

    私、みもらさんと(上に)5つほどしか変わらないと思うのですが、「キャミソールにカーディガンに茶髪巻き髪にケバい化粧にハイヒールなんて、ないわ」で全然大丈夫でしたよ?
    そういう格好をしたい女性もいれば、そういうのに目が行く男性もいる、というだけの話で。

    そう、キャミソール!!
    当時は、よくあんな下着みたいな格好さらして外を歩けるなぁと思っていました。今もか(笑)
    タンクトップと同列扱いでキャミも持っていますけどね。胸元からちょっと見えてもいい下着、くらいの認識です。

    でも、べつに、そんな格好の人ばかりなわけじゃなかったでしょう?
    上にも書きましたけど、まさに、そういう格好をしたい女性もいる、というだけで、それもどちらかと言えば少数派じゃなかったですか?
    自分以外みんながそういう格好で、それを強要されていたというわけでもなし、みんなそれぞれ、趣味・好みとか着たい服があって、その中にキャミ&カーディガンが好きな人もいたというだけなので、それを敵視?蔑視?する必要もないですよね。

    みもらさんの場合、その「同年代の男」(複数?もしかすると1人でしょうか?)にあれこれ言われた嫌な経験が、本来そこまで嫌悪しなくても良かったはずの服装にまで嫌悪を及ぼして、結果的にご自分の可能性を狭めて損をしているような感じがします。
    服装の件に限らずね。S氏のことでもNさんのことでも、何でも。
    私は、嫌いな人のせいで自分が損をするなんてバカバカしい、という考え方なので、そういうの勿体ないなぁと思っちゃいます (*^_^*)

    わかるんですよ。
    私も、小学校5、6年の頃はほぼ365日ズボン穿いてた気がしますし、いかにも「女子」な女子とは縁がなかったし、例の両想い君とも、お互いに名字呼び捨てかオマエ呼びでしたし(笑)

    ハタチ前後の頃は、キレイメな服にもハイヒールにも化粧にも抵抗はなかったですが、やっぱり「華の女子大英文科」的なイメージの人(実際にではなくてあくまでイメージ)には魅力を感じませんでした。
    自分が彼女たちみたいにできない僻みとかじゃ全然なくて(笑)グアムやネイルやケーキ食べ放題や流行り物にしか興味のない彼女たちに、何の深みも面白みも感じなかったんです。
    だから、みもらさんがそういうのに全く憧れない気持ちもわかるし、そういう上辺の雰囲気だけのキラキラ(私に言わせればチャラチャラ)した女らしさ?しか見ない男がいかにくだらないかというのもわかるんです。

    このブログだって、表面的なところだけ読んだらそれと大して変わらないようにも読めてしまいますし、Kouさん自身がそういう類いの男じゃないという保証もないですしね(笑)

    でも、以前にスカートの話題などでもお話ししましたけど、結局、中身がちゃんとある人は何を着ていようがその人自身の魅力があふれて見えると思うんですよね。
    私はこのブログを読んで、そういう結論というか、自分は自分でいいんだというところに行き着きました。
    ん~、もともとずっとそう思っていたけれど、それが強化された感じです。

    >「ウチの商品は少し細身なんでお客様には無理です」

    そんなことを言う店員さんが本当にいるんですか?!
    そういう店員を置いておくのは店にとってもマイナスだと思うんですけどね…
    そういう店員を平気で置いておくなら、その程度の店ってことですね。
    だからやっぱり、そんな店/店員のために みもらさんがずっと毒を引きずってるのは勿体ないです!

    >何て小さいヤツだ、私はと思いながら無駄に試着してたり(笑)

    あはは。そのくらいでちょうどいいと思います(笑)

    >S氏がコーヒー止めてるので、R嬢のアイスコーヒーは暫しお預け

    おおおーーー!
    なぜか私がほっとしてしまう(笑)
    っていうか、S氏はコーヒーやめられるし、R嬢はコーヒー淹れるのやめられるんじゃないですか!(爆)
    今までのは何だったんだ!?

    >思わず怒鳴っちゃって。怒鳴り返されて一歩も引かないなんてことをやらかし。

    全然ゲームオーバーじゃないと思いますね(笑)
    だいたい、一度ケンカしたから終わりとかいう人間関係って、どんだけ薄っぺらいんだと思いますよ。異性間でも、同性間でも。恋愛云々関係なく。
    ま、女性は確かに1発で「あいつ嫌い」となってそれが覆らない人もいますけど、そんな浅薄な人ばかりではないですしね。
    まして男性なら、もう少し理性で考えられる(ことが多い)と思います。

    みもらさんが間違ってなくて、S氏の逆ギレに対して一歩も引かなくても、それはまあ、S氏だって冷静に考えたら「仕方ない」と思うんじゃないかな?
    男性に対して間違いを怒鳴るというのは確かにちょっとキツいですし、向こうも相当堪えたのでしょう(だから逆ギレしたのでしょう)けど、それで決裂、挽回不可!というわけでもないと思います。

    N氏とも、嫌な思いをしたのはそれはそれとして、今の関わりをニュートラルに見てみたら、意外といい関係を築いていけるかもしれませんよね。
    みもらさんの職場ライフが楽しい方向になっていくよう、お祈りしております (o^-^o)

    • みもら(のぞみ様)
    • 2017年 5月 12日 23:06:42

    のぞみさん、返信ありがとうございます!

    >LINE実況の旅行
    はい。楽しかったですよ。
    めっちゃ歩きました、私も、ファンデーションなしで(笑)お肌ダメージはどうなんでしょ?
    まあ、ファンデーション、酷い花粉症で暫し付けてなかったですが(爆)

    >AさんとKさんの話
    そうですね。仰る通り焼けぼっくいに火を付けた感じは否めないですね、Kさん。私はAさんとお話した覚えがないのですが、お話してたのか(笑)うーん……どなただ?私の感覚ではKさんではないと思うけど分からない……気になるなぁ……
    あの方か、あの方か、あの方か、どなただろう?

    直前の話というのは、KさんとKKさんとが結構いい感じで話してたってだけです。ただね、タイミングがタイミングなんで無駄にコナン化してみたり。

    確かに、Kさんは単なるマイペースだったかもですね。良くも悪くもお祈りに向いた方だったのでしょう。どうしておられるのだろう?一度顔を合わせてお話してみたかったので、残念です。

    >記事とコメントの削除の話
    私は記事とコメントの両方の削除をお願いしましたよ?記事だけ削除なさったのはkouさんのご判断です。記事もコメントも全部削除することも、全部削除しないことも、コメントだけ削除することも全ての判断と権限はkouさんにある筈です。ここはkouさんが管理人として、彼の庭として運営しているブログなんですから。記事を本当は削除したくなかったと仰るなら削除しなければ良かったのです。私は確かに依頼しました。依頼してはいけないとは書いてないですから。でも、それに対する最終的な削除云々の権限はこのブログの管理人であるkouさんにあるのですからそんな仰り方は無責任だと思います。

    形があると、心が弱ってるとどうしてもすがってしまうじゃないですか。心がかなりボロボロでして。本当にリセットするしか立ち直れない気分でした。それで削除して欲しかったのは事実ですね。あと、何かもう某所みたいな関係はここに持たなくていいって天啓のように思いまして。それなら最後に悔いがないように全てさらけ出し、依頼を出して去ろうか、と。それで削除依頼を出しました。私としては執着がなくなったからこその削除依頼だったのです。あの辺りから主観的な風向きが変わりまして。あの記事を好きだと仰って下さったRAGTさんも去られたと知りましたし。あの記事を根城のようにしていた方々のお名前も見掛けなくなりましたし。もういいだろう、と。そして、天啓のような、憑き物が取れたような気持ちであの依頼を出したと知ったなら、あそこで私と話していたKさんやNさんやMSさんはかえって喜んで下さる気がしました。勝手な妄想ですがw
    記事やコメントの削除依頼を出しても削除されなかった方の方が多いみたいですね。でも、私が以前 KさんとMKさんのお二人に宛てたコメントとあの記事は削除されました。これはあのコメントとあの記事についてはもうこのブログに存在する意味がなくなったからでしょう。少なくとも、kouさんはそう判断されたから削除された、私はそう思っています。それ以上でもそれ以下でもないのではないですか?

    >昔の嫌な記憶の話
    そう。
    確かに、そうじゃない服装の方もいましたし、私がこだわりすぎた面はあるでしょう。ただね、ゼミでね、キャミソールにカーディガンのお化粧バリバリのハイヒールが横に座り、男性陣から無駄に比較されると本気で辛いです。あの当時は今より10㎏は太ってて、胸もあったのでキャミソールやノースリーブは無理でしたから悔しかった。あ、でも、痩せてからノースリーブだのキャミソールだのハイヒールだのお化粧だの髪形だのをあの頃誉めものにされてた彼女みたいに少ししてみました。でも、落ち着かず。結局髪形変えてしまいました(笑)そしたらスッゴく心爽やかになりました。毒を吐いたのと合わさって。
    私はお洒落、好きなんですよ。でも、私がしたいお洒落を追求出来てなくて(笑)そんな時に化粧バリバリの流行りの服装のハイヒールのブランド品固めのって人とかって、もう、威圧感しかない。男性陣はこっちをからかったり感想言ったりしただけなんだろうけど私には私に対する全否定だったんです。私にとって服装とかアクセサリーとかってアイデンティティーに直結するんだな、と最近気付き、ああ、私、デザインとかそういう方面に潜在的に向いてたかも、って思ってたりします。ま、私、本気で不器用なんでデザイナーとか無理だったとは思いますけど。ちょっと心が落ち着いたので趣味で手芸とか初めて自分好みのアクセサリーとか作ってみようか、と画策中です。

    本当に居ましたよ、そんな店員。
    まだそんな言い方ならマシな方です。
    試着して、きちんと着れてるのに、ウエストとか普通なのに、お前みたいなデブはうちの服着るな、な対応してきた店員もいました。二度とそのお店のあるデパートで洋服買わない決意をしたことは言うまでもありません。
    あの頃は無かったですが、今ならユニクロでそれなりの服は揃うんですよ。縫製とかデザインとか値段とか吟味したらユニクロに軍配上がるお店の方が多い。だからそのお店とかで買う気はしないですね、マネキンと全く同じ服を持ってこさせた挙げ句、「お客様はスタイル良いから何でもお似合いです」とかお世辞言わせても(笑)
    そしてね、ハイブランドの店員はおデブでイケてない私にも、今のスタイル良いと言われる私でも、きちんとした対応するんですよ。男女問わず。あの闇な時期はそんな目を養う時期として必要だったのだ、と思うことにしたいと思います。あの時あったのか無かったのか分からない魅力は今はあるのか?その問題は脇に置いといて(爆)

    >会社の楽しい方々
    S氏についてはゲームオーバーどころか、あちらから先に必要データを送って下さいました。謝罪はありませんでしたが。なので、私はS氏の面子を立てて謝罪しときました。

    のぞみさん、甘い。
    R嬢さん、暫くするとそろそろどうですか?みたいにコーヒーは?と聞く。それで一度でも飲んでしまうとコーヒーは復活です。もう暑いのに、S氏が飲まないからってアイスコーヒー作らない時点でプチ圧力。つまり『S氏がコーヒー飲まないからアイスコーヒー作れない』な空気、醸成中、という訳。因みに。以前S氏が私のコーヒー拒否った時、S氏はコースターにセブンカフェのコーヒーだのペットボトルだのを置いてました。それみたみもらさんは空気を読んでS氏のコーヒーパスしてたのです。……みんな、もっと私を誉めてくれていいと思う(笑)

    N氏、LINEに会社のライングループに謎な写真を載っけたり、それに反応した私に対して(だと思う)ライングループに謎なスタンプ送ったりしてます。分からない人です。
    そして、更に謎なのが彼です。N氏が彼の横の席に転勤してきてから、今までは「◯◯です。Sさんお願いします」とか普通に掛けてきてたのがいきなり「Sさんお願いします」とくる。しかも上機嫌。……何なんだ?何かアピールなのか?横に居るN氏にみもらは俺の、アピールなのか?社内恋愛男女あるあるを書いたサイトにあったんですが名乗らないで話通じる男女はかなりの確率でデキてるらしい。デキてないけどそれっぽいアピールでN氏を牽制してるのか?N氏は彼の仕事をするために転勤してきたので……なんというか……色んな意味で牽制はあり得る。それともN氏居るからお前消えろ位のみもらへの嫌がらせなのか?(挨拶しない人が好きじゃないって公言済み)それとも何も考えてないのか?謎過ぎる……

    鬱陶しい人もいますがね。ライングループで私と誰かが話盛り上がってたらいきなりグループから退会する係長とか、個人のラインでごちゃごちゃ言った挙げ句N氏の歓迎会来るなな感じのこといってくる同年代女性とか(病人続出で彼女も風邪か何かを拗らせた挙げ句やつれてたりするような、瘴気を溜まった場所で日々を過ごして瘴気引き連れて歩いてるような人達との宴会なぞあまりノリノリでもないので、何かあれば嬉々としてお休みしようと思います)、お前らうるさいとか発言かます同期とか(それならお前も会話に入ればいいじゃんって突っ込まれてた。グループラインなんで彼の言うことは尤もだと思う)。私、鬱陶しいの大っ嫌いなんで毒が湧きそうになりますが、ま、今のところ大丈夫です。

    何か取り止めなく長くなってすみません。
    連休明けって変に疲れが出たりする気がします。
    のぞみさんもお身体ご自愛下さい。

    ではでは

    • のぞみ (みもらさん)
    • 2017年 5月 13日 20:34:01

    みもらさん、こんばんは♪

    えっ、自由意思でのファンデーションなしですか?
    そんなに歩かれたのに、大丈夫だったのでしょうか。
    私はけっこう日焼けしちゃいました…
    季節的にはそろそろ、花粉症の方もメイク再開できますね (o^-^o)

    Aさんとお話しされていたときは、みもらさん含め、皆さんお名前が違いましたからね(笑)
    Aさんとか、もうお一方とか、すでに「名前」ですらなかったような… (´▽`*;)

    うおーん、新たなイニシャル大量投入!
    わっかるっかなわっかるっかな♪

    KさんとKKさんのお話、私は読んでいないんですよ(←これはわかったらしいw)
    で、仮にKさんとKKさんが一度もお話しされていなくても、Kouさんの対応は変わらなかっただろうなと思います。
    そんな、誰と誰の関係性がどーでこーでとか、いちいち考えてられないと思うんですよね、男性は。まあ、Kouさんの性格にかなり「女子」っぽい部分があるのは否定しませんが… (^_^;)

    >私は記事とコメントの両方の削除をお願いしましたよ?

    ほう、そうだったのですね?
    うーん、みもらさんが(内容的・回数的に)どのように削除を要請されたのか不明なので何とも言えませんが、・・・単純に面倒くさかったのかもしれませんね(笑)

    これ、みもらさんに言ってしまっていいのかわかりませんが(笑)あの記事ね、完全に消えたわけではないんですよ。
    記事そのものへのリンクが切ってあるだけで、実はコメントは残っています。
    記事コメントを一覧でずらっと見ることはできませんが、コメント検索したら普通にあの記事のコメントも出てきます。
    だから私、削除されていることに気づかなかったんですよね。
    で、いざお返事書こうとしたらページが消えていることを知って、衝撃でした。

    Kouさんなりの妥協点?ささやかな抵抗?だったのか、その方法が一番手っ取り早かっただけかわかりませんが、もしまたコメントを読みたくなったら、メルマガ登録なされば読めます(笑)

    はい、執着がなくなったからこその削除依頼は、わかりますよ。
    だから、あちらにも、あのように書きました。
    でも本当に執着がないなら、私たちにお便りされることも、ましてや私の返事に反応されることもなかったのではないかな?とも思います。

    まあ、みもらさんが律儀すぎて、返信せずにはいられない方だっただけかもしれませんが…
    そして現状、私自身もそんな感じだったりもしますが…(笑)

    >あの記事を根城のようにしていた方々

    う~ん、Bさん以外にそんな人いたかなぁ?(笑)
    Bさんがあそこを根城(?)にしていたから、Bさんと話すときには皆さんあそこに書かれていたような印象はありますけど…

    まあでも、みもらさんが晴れ晴れとした気持ちでここを離れることができるのなら、そのことはお話しされていた皆さんも祝福されるのではないかと思います。
    それは私も同じ気持ちです。
    あ、イニシャルは無事全員理解できたようです(笑)

    >胸もあったのでキャミソールやノースリーブは無理でしたから

    ええっ? 胸があるから堂々とああいう格好ができるのだと思っていました!
    胸がなくてキャミソールのほうが厳しいと思うので…
    ノースリーブなんて、胸の張りがないと脇の隙間から見えてしまいますし。
    すみません、反応するところソコか!って感じですが… (^_^;)

    >あの頃誉めものにされてた彼女みたいに少ししてみました。でも、落ち着かず。

    自分らしくないと思いながら無理に真似をしても、落ち着かないですよね。
    そして恐らく、その彼女に対する思いとか、それを是とされてご自身を否定されたことへの嫌悪とかが、心理的抵抗感を増しているのでしょうね。

    みもらさんがお洒落好きなのは、お見舞いに行かれたときの服装で感じました。
    お洒落に無関心な人が、意識してあんな鮮やかな色の取り合わせはしないでしょう。
    本当のお洒落って、自分に似合う装い、自分を引き立たせる装いをきちんと知っていることだと思います。
    お洒落な誰かの真似をすることじゃないですよね。それは、その人だから似合うんだもの。

    みもらさんは、みもらさんらしい装いをちゃんと知って、それを貫けばいいのだと思いますよ。
    たぶん、男性陣から茶々を入れられたのは、みもらさん自身の中にまだそれが確立していなくて自信のなさが見えたから、その弱み(コンプレックス)を突かれたのではないかと思います。

    あと、試着のお話などを伺っていると、みもらさんって服装によって「化ける」方ですよね。
    だから、お似合いの服装で堂々としていたら、下手にその辺のモテファッションを真似されるより、よっぽど魅力的だろうと思います。
    服装も、自己主張・自己表現の一種ですものね。
    男性目線のモテファッションに迎合せず、みもらさんらしい格好をしたいということなら、自信を持ってそれを貫かれたらいいと思います。

    >趣味で手芸とか初めて自分好みのアクセサリーとか作ってみようか

    おおー、そういうところはすごく女性らしいですよね (*´︶`*)

    >ハイブランドの店員はおデブでイケてない私にも、今のスタイル良いと言われる私でも、きちんとした対応するんですよ。男女問わず。

    でしょう? 洋服店でもレストランでもそういうものだと思います。
    だから、客観的に考えても問題の原因が自分ではなく相手にある場合に、それをこっちが引きずる必要なんてないと思うんですよ。
    引きずってしまうのは、それが自分のコンプレックスを刺激するからであって、自信を持てる状態になってしまえば、もはやそんなの痛くも痒くもなくなると思います。

    みもらさんには是非とも、ご自身の納得のいく服装で、手作りのアクセサリーを身につけて、街を闊歩してほしいと思います!

    >それで一度でも飲んでしまうとコーヒーは復活です。

    飲まないでー飲まないでー飲まないでー (ー人ー)
    と、微力ながらお祈りしておきます。

    >N氏が彼の横の席に転勤してきてから、今までは「◯◯です。Sさんお願いします」とか普通に掛けてきてたのがいきなり「Sさんお願いします」とくる。

    日本語の読み取りに苦労しました!(笑)
    彼さんが みもらさんのオフィスにいて、そこにNさんも来たのかと思った… (´▽`*;)
    さらに「○○です」の主は Nさんかと思った…
    うん、大丈夫、正しく理解したと思います。

    そうですね… 単純に、そういう気分なんでしょうね、理由はともかく。
    いちいち気にする必要もないというか、気にし始めるとドツボにはまると思います(笑)
    どうしても気になるなら、一度「どちら様ですか?」って聞いてみればよろしいかと。
    私の予想は、彼さんは(拗ねて)暫くの間よそよそしく電話してくる、です (*´▽`*)

    今、また試合が近くて、そのうえ他のことも立て込んでいて、ちょっとバタバタしています。
    来週になるとさらに時間が取れなさそうなので、今のうちにお返事書きました。

    みもらさんも、連休疲れは大丈夫でしょうか?
    お返事はご負担のない範囲でお願いしますね。

    それでは、また。

    • みもら(のぞみ様)
    • 2017年 5月 20日 15:54:36

    のぞみさん、こんにちは。

    >ファンデーションとかキャミソールとか
    はい。自由意思でのノーファンデです。
    日焼けは今のところ大丈夫ですね。
    赤ん坊の時から日向ぼっこしていたせいか、
    メラニンは強いみたいです。変に赤くなることもないのです。

    のぞみさんの胸がある、がどの程度のサイズを指しているのか、は分からないのですが、FカップとかGカップとかだと胸に布が取られて厳しい状態になります。なんていうか、谷間チラ見せにもならない。ガッツリ谷間が見えるのです。ノースリーブなら未だマシですが、上に何かを羽織るのが前提。最近の夏のように無駄に暑い時に羽織りもの必須というのはウォーキングにはキツいので、スリーブレスを採用しています。

    あ、あの記事は削除ではなくリンクを外しただけなんですね。なるほど。有益な情報をありがとうございます。のぞみさんの反応も合点がいきました。まあ、このブログはkouさんのものなので、好きになさればいいと思います。でも、ブログ記事などリンク貼って皆が読めないなら意味ないでしょうに。コレクションでしょうかね?青髭みたい。

    Bさんがあの記事を根城にしたというよりBさんとあの記事がセットにされたという感じが強いですね、私は。KさんなんかモロにBさんとあの記事を結び付けてた気がします。確かにBさんとしてはあのコメント書いたけど、そのコメントと自分があまりにも結び付けられて違和感アリアリだったのではないでしょうか?それもあの記事に削除依頼が出された理由でしょう。
    それは仕方ない面はありますけどね。ここは、ネットで文字で書かれたことだけでしか判断出来ないのだから。でも、そういうイメージが独り歩きすることは何とも言えない感じがします。
    Aさんなんかその最たる例な気もしますね。

    前回ののぞみさんの返信で、私がAさんとお話していたと聞いてビックリしました。私が知る限りAさんは非常に理知的で教養のある、所謂頭の良い方とは思いましたがかなり好戦的な方でもある、という印象だったからです。自己主張の激しい、かなり感情の起伏も激しい、そういうイメージがありました。ですが、私がお話していた「名前」を名乗らない方々は頭の良い方々でしたが非常に穏やかな方々でした。私がお話していた方で好戦的な面を感じさせたのは、「名前」を名乗られていたKさんだけです。別にKさんを貶す訳ではありませんが。その意味でAさんとKさんは似ていて、同一人物と言われても納得してしまう面があります。

    AさんがAさんであることを止め、カリスマ性も抑えていた状態の時に私はお話していたのですね。カリスマ性やそういうものが独り歩きしている場所でそういう諸々を抑えてお話されてたということは、私と話していた時のAさんはかなり素でお話されてたのだと思います。そう思った時、私には1つ疑問が浮かびました。何故、本来なら穏やかな性質をもった彼女が、あそこまでkouさんや色々な方々から叩かれる位までここで何かを訴え、戦い続けなければならなかったのか、と。
    正解は分かりません。Aさんはもう消滅すると宣言して去られたのだからAさんから正解を聞くことは出来ないからです。でも、私は何だか考えずにはいられなくて(笑)

    その時にある女性のエピソードを思い出しました。彼女は長く巻いた髪を持ち、常にスカートを穿き、仕事についても男性陣の都合を考え、男性陣のコーヒーの好みも把握している女性です。
    彼女は彼女より大分若い男性二人と夕飯を食べる約束をしていました。お盆休みなので男性の内の一人が遠方から帰省していたからです。これはほぼ毎年の恒例で、男性陣は二人とも彼女の地元に来て、彼女の好きな行きつけのお店で夕飯を食べるのでした。さて、行きつけのお店に行くとお盆休みだからか満員で、何時間も待たないといけないと言われたそうです。彼女は男性陣に「早くお店探して。私、こんなとこで待ちたくないわ」と言い、彼らはおろおろとお店を探し、何とか夕飯にありつけたそうです。

    さて、この話を聞いてのぞみさんはどんな感想をお持ちになりましたか?
    スカートを欠かさず長い髪を巻き、男性の都合を考慮する仕事の出来すぎる女性で、更に男性のコーヒーの好みまで把握する素敵な女性だから男性がわがまま聞いてくれたんだ、女性として大事にされていることを示す羨ましいエピソードだと思われましたか?

    種明かしすると、この女性はR嬢で男性二人とは彼とN氏です。遠方から帰省した男性がN氏。勤務先はお盆休みは交代で取ります。という訳で、私とS氏とR嬢が出勤しており、R嬢がはしゃいで私の勤務先に、いつもは離れた現場に出勤しているN氏と彼を呼びつけたりしたため、私はとーーーーっても嫌な気分がしていたのは事実です。行きつけのお店が満員御礼だったのは私の呪詛のせいかもしれません(笑)しかし、私はこのエピソードに羨ましさを感じませんでした。もし、私が彼の女房なら彼に予約を入れさせるか私が彼に代わって予約を入れ、彼の財布に特別お小遣いとして諭吉さんを数人入れて支払いもしてこい、と言ってにこやかに送り出すだろうに、とは思いましたがw

    このエピソードでR嬢って大事にされてるのかなって思うんですね。大事にされてたら夏とはいえ、夜に女性をうろうろさせないんじゃないかなって思うんです。このエピソードで何も羨ましいと思わないのはそこじゃないかな、と。女性は自由であっていい、女性は女性であるのがいいのだ、と言いながら、反論する女性を吊し上げるようにブログのネタにすることは自分の価値観を女性に押し付けてるだけで女性を大事にはしていない、そうAさんは訴えたかったのではないかと思うのです。

    とはいっても、私とマクドナルド行った時は先ず、私が「お昼食べて帰るつもり」と言うまでヤツはランチに頭が回らず(「お昼食べるのが都合悪いならいいけど」と言ったら「何も考えてなかっただけ」と言い訳してました。嫌なら都合悪いとか言って帰すだろうから私とお昼食べるのが嫌な訳でも無かったらしい)、私が「ポテトの新味食べたいからマクドナルドがいい。言い出したから奢るから」と言ってマクドナルドに向かったまでは良かったけど、マクドナルドに着く直前で「R嬢は彼女が行きたいと行ったからすき家(彼の行きつけ)に連れてったんだよ」とぬかして私に「じゃあ私もすき家がいい」とへそを曲げられてるので私はもっと大事にされてないかもしれません。因みに、「え?着いたからマクドナルドでいいでしょ?」って彼が言い、マクドナルドになりました。この後、注文と会計の時に私が財布からお金出すのにあたふたしてたら彼が全額出し、私が「払うよ」と言ったら高くないから、と笑って奢ってくれましたからよほど不機嫌だったのかな、私。

    そして、彼とN氏もR嬢に大事にされてないと思うんです。彼らを大事にしてたら、R嬢、予約入れとくんじゃないでしょうか?予約を入れ、待ち合わせするんじゃないでしょうか?そういうのって男性だから、女性だからって関係ないと思うんです。そういう意味で、Aさんは女性とはそういうものと思って対処している男性も可哀想な人なんだって伝えたかったのかな、と。

    とはいえ、新味ポテトはカロリーが高かったため、手伝ってと事前に言っていたのですが、彼はセットメニューを頼み、「しまった!ポテトあったのにセットメニュー頼んじゃった」と呟いて私に笑われたという。(三時間あったんで問題なく二人で完食)更に、彼は何か考え事でもしてたのか鼻の少し高い位置にケチャップ付けてしまって私にティッシュで拭われて仕舞い、「あ、やられた」「やってやった」という会話の後、「どうして見て見ぬ振りが出来ないの?」とぶんむくれて私にケラケラ笑われるという恥ずかしい思いをさせられてましたから、私も大事にはしていないかもしれないなぁ(笑)

    でも、このブログみたいな考えの男性、多いと思います。取り敢えず、私よりR嬢とか同僚女性とかのが大事にされてる感がある理由とか、私、このブログで理解出来た気がします。そういうのに腹を立てて生きてきたけど、じゃあ彼女達みたいにしてみようか、とか思った時もあるけど、私には無理みたいです。
    大体、会社にスカートは結構だけど、ジーンズ地のスカートとか派手派手しい赤と白の市松模様のスカートスーツはいただけない!あと、男性ばかりの中の女性一人で仕事するのにパンツはいいけど、チュニックってどうなの?部長に作業着の上を渡された時点で作業着羽織るのが普通じゃないのか?作業着ごときで無くなる女性らしさなんてあり得ないしw

    そんな合わない感覚に何とか合わせようとして毒を溜めてたので、吐き出せる場所が欲しかった。某所もここも私にとってはそういうものを吐き出せる場所として執着していたのではないかと思います。でも、色々あって思ったんです。そもそも、私はその感覚に合わせる必要がないのだと。私はこの場所に居続ける必要もないのだと。そして、R嬢のような女性でなければ大事に出来ないとかぬかすなら私はバッサリ彼を見限ればよろしいのです。男は35億人いるのですから(爆)

    吐き出せる場所ではなく会社とも家族とも関係ない人と関われる場所としての執着もありますが、SNSとかコミュニティで一番運気を下げるのは自分の負の感情を垂れ流す事なんだそうな。ここは皆が皆自分の負の感情をも出してるとこなんで、その説によると運気、絶対に上がらないじゃんってことになっちゃう(笑)それに、執着を放した方が新しいものを掴めるというのはkouさんだけでなく色々な人が言ってることですね。

    なので、私は、今度こそ本当にここへの執着を手放そうと思います。
    これで最後のコメントにするぞ、だから言いたかったことはKさんに倣って全部書くぞとか思って書きはじめてたら何か睡魔に襲われて途中で寝てしまって。何がなんだか取りとめのない内容になってしまった上にぐるぐる考えてた事を全部書けたのか、不安が残るのですが……何かマクドナルドの話書いてたら色々な事が抜けてったんです(爆)

    あ、もし、これに返信してもいいなって思われたら、返信して下さい。多分、あの記事が出たのは昨年の7月2日とかでした。だから7月2日位までは返信あるかなって確認に来ますから(笑)

    また、のぞみさんともKさんともAさんともMSさんとも全く違う場所で全く違う関係でお会い出来ると嬉しいな。そんな再会を信じて、おしまいにします。

    ではでは

    • のぞみ (みもらさん)
    • 2017年 5月 26日 21:42:01

    みもらさん、こんばんは。

    自由意志のノーファンデ、旅行先でなさるとは強者ですね!
    私も、それほど赤くなるタイプではないのですが、気をつけないと黒光りしてしまいます(笑)

    >のぞみさんの胸がある、がどの程度のサイズを指しているのか、は分からないのですが

    う、、、う~ん、貧相に見えない程度・・・?

    >FカップとかGカップとかだと胸に布が取られて厳しい状態になります。なんていうか、谷間チラ見せにもならない。ガッツリ谷間が見えるのです。

    ほ~う。100万円しか手にしたことのない人に、1億円の札束を想像しろと? 無理ですね…
    まあ確かに、そういう人もたまに見かけますけど、そういう人って胸だけでなく全身的にFサイズのような気が・・・。 偏見かな?
    全身的にメリハリボディなら、ガッツリ谷間が見えても、まだ美的な感じだと思いますけど…
    でもきっと、ご本人にとってはそういう問題じゃないのですよね。

    >このブログはkouさんのものなので、好きになさればいいと思います。

    なるほど。記事が復活しても文句はないってことですね(笑)

    Aさんについては、みもらさんの中では「Aさん」としてのイメージが強いのかもしれませんが、Aさんというのは彼女の中のごく一部です。数十、あるいは百以上?使い分けていた名前と人格のうちの一つでしかありません。
    私も、10種類近くのお名前とやり取りをしました。「名前」でないものも含めて(笑)
    Aさんになる前も消滅されているんですよ。で、Aさんとして戻ってきました。
    もしかしたら今も別のお名前でその辺におられるかもしれません(笑)
    カリスマ性というのは、抑えられるものではないと思いますけど、どうなんでしょうね?
    とりあえず私は、彼女が名前を変えていても発見してしまうことが多くて、それも楽しかったです (*´艸`)

    Aさんと私は、文章を書くことを仕事にしている同業者なんです。
    彼女は、他人の文章や行間を、実に緻密に繊細に読み取りますし、また自分の言葉を綴るときも、最適な語句を選び、日本語を正確に操って、頭の中にあるものを明確に描き出します。
    不用意な語句でフワフワした曖昧な内容で、読み手が右脳で補完してくれることに甘えるような文章は絶対に書かないんです(笑)
    誰かにお手紙を書くときは、相手の過去コメントを全部遡って読んでから書くくらい、相手を正しく理解しようとし、その相手に何をどう伝えるか熟慮の上で語りかける人です。

    Kさんは、そういう意味では、いろんなものを見落としすぎでした(笑)
    それに、勝手な拡大解釈や思い込みも多く見受けられました。
    明敏な人がそう装っているというより、素で、天然なんだなという印象でした。
    だからこその強いインスピレーションはあったと思いますが。
    なので、私は2人は別人だと判断しています。

    Aさんは、吊し上げとか、そんな小さなことには拘っていなかったと思いますよ。もっと大局的に物事を見て、Kouさんがブログで説いている内容そのものの真偽を問うていたので。
    そもそも「吊し上げ」なんてものが存在するのか?と、私なんぞは思っていたりします。
    自分の気持ちに共感してもらえない、意見に反論される、イコール攻撃されている、みたいに(女性脳で?)感情論で捉えるから「吊し上げ」という形に見えるのじゃないかなぁ、と。

    まあ、Kouさんの読み取りや理解が浅くて、コメント主の傷を不必要にえぐったり、逆に方向性を間違っているコメントを都合よく誤解して持ち上げてしまったり、というようなことも度々あったとは思いますが、少なくとも、コメントで意見したことに対して反論してくるのは「吊し上げ」でも何でもないと思います。
    まあね、向こうは一意見として反論してくるだけでなく、ブログやメルマガの記事にするという手段を使ってくるので、それに付随して色んな人に色んな誤解をされて色んな勝手なことを言われるのは正直うっとうしいですけどね (^_^;)

    R嬢のお話は、種明かしされなくても R嬢とわかりましたよ(笑)
    でも、なぜ羨ましいかどうかという話になるのかが全く理解できません(爆)
    だって R嬢は上司なのでしょ? 役職による力関係が発生しているのでしょ?
    だから「呼びつけ」ることが可能なんですよね? 男性陣の意思ではなく、彼女の強制力で。
    で、彼らが上司のわがままに付き合ったからといって、それは仕事の一環でしかないわけで…
    なので、みもらさんの言いたい結論に持っていくまでの理論展開が破綻してます (´▽`*;)

    それでも敢えて感想をと言われたら…
    私は R嬢に対しては自分本位で押しつけがましい人というイメージしか持っていないので(笑)今回のエピソードもそのイメージを上塗りしただけだなぁ、という感じです。
    上司として行きつけの店に部下を連れて行ってご馳走してあげるというならまだわかりますが、そういうことでもなさそうですし…
    正直、めんどくさっっっ!!! としか思いませんね (*´Д`*)

    そしてマクドナルドの件。
    みもらさんね、ノロケるならもうちょっと素直にノロケたらどうですか! (_≧Д≦)ノ彡☆バンバン
    もー、爆笑!!!

    「じゃあ私もすき家がいい」 あはは、かわいい♪
    「え?着いたからマクドナルドでいいでしょ?」 う~ん、まあ仕方ないかな、許容範囲(笑)
    ここで「やだやだ、すき家じゃないとやだ!!(≧ω≦)」と主張すべき説もあるかもしれませんが… (´▽`*;)
    だけどそもそも「(みもらさんが)ポテトの新味食べたいからマクドナルド」だったのでしょう?
    その意思はどこ行ったんですか(笑)
    考えようによっては、R嬢と同じ(でしかない)待遇より、みもらさんの意思を尊重してのマクドナルドのほうが、より良かったんじゃないかなーと思いますよ。
    まあ、マックに入る直前で R嬢とすき家に行ったことを持ち出した彼さんはデコピンの刑ですよね!

    「あ、やられた」「やってやった」 拭いてもらって「やられた」って言う感覚がちょっと謎(笑)
    でもまあ、カッコ悪いところを指摘された、してやった、という掛け合いなら、楽しそうです。
    楽しそうですけど! 男性のプライドは脆くて傷つきやすいので、ちょっと思い遣ってあげるといいと思います(笑)
    というより、人の失敗を、怒鳴ったり、笑いものにしたりって、相手が女性でもしないですよね?

    「どうして見て見ぬ振りが出来ないの?」 彼さん、ヘタに虚勢を張らない、素直な方ですね(笑)
    「やられた」もそうですけど、心の内を正直に口に出してしまうというか…
    それだけ みもらさんに対して壁がないんでしょうね (o^-^o)
    ただやっぱり、あまりにもコテンパンにやっつけてしまうようだと、その気安さは「男女」ではなく「友達」方向へ向かってしまうような気がします。
    攻め込むときでも、プライドの最終ラインだけは守ってあげる優しさは必要かな、と思います(笑)

    みもらさんは、「私よりR嬢とか同僚女性とかのが大事にされてる感がある」と思っていらっしゃるのですね?
    で、それは「このブログみたいな考えの男性が多い」から、と…
    でもご自身で書かれているように、長い髪を巻いてスカートを穿き、かいがいしく男性陣の世話をしている(つもりのw)R嬢は、大切にされているようには見えないのでしょう?

    「このブログみたいな考え」というのがどういうことをおっしゃっているのか不明ですが、恐らく、男好きする装いをして、女性らしさをアピールするような言動をし、他人の迷惑も顧みずワガママを言う、みたいなのが、みもらさんの持っているイメージではないですか?
    少なくとも、みもらさんが「彼女達みたいにしてみようか」と思ったとき、作為的にそのようにしてみることを考えられたのではないでしょうか。

    でも、このブログの伝えていることは、そういうことじゃないと私は思ってるんですよね。
    意図的に男好きする装いをする、ではなくて、そういう装いに抵抗のない心のあり方になる(自分の女性性を素直に受け入れる)。意識して女性らしさをアピールする、ではなくて、内面から女性らしさがに滲み出るような心のあり方になる。最終的に目指しているのはそういうことだと思うんです。
    それから、自分勝手と可愛いわがままも、似て非なるものだと思います。
    その違いについて、旧サロンでいろいろ書いた記憶があるけど、何て書いたっけな… (´▽`*;)

    いずれにしても、みもらさん自身が受け入れていない対象を真似てみたところで、そんな自分を受け入れられるわけがないですよね。
    それでは、たとえ真似た相手と同レベルに魅力的な外見で、同レベルに女性らしさを振りまけたとしても、何の意味もありません。なぜなら、自分の外見を、女性らしさを、自分で愛していないから。つまり、人として女性として最大の魅力である部分が欠如してしまうから。

    だから私は、みもらさんが自分自身を素敵だな、可愛いなと思えるような選択をしていってほしいと思います。
    自分が納得して選べる服を着て、自分のテンションが上がる髪型をして、好きだな、心地いいなと思えることを追求していかれたらいいのではないでしょうか。趣味でも、他者との関わり方でも、何でも。
    その代わり、その選択には自信を持ってくださいね。
    自分で自信を持って選んだなら、他人の茶茶入れにいちいち心乱されることなく、それを貫いていったらいいと思います。そうしているうちに、茶々を入れてくる人もいなくなります、きっと (o^-^o)

    最後に、みもらさんと彼さんの関係、すごくいい感じだと思います。私が保証します(笑)
    彼さんを恋愛相手に選ぶなら、彼さんを好きでいる気持ちに自信を持ってください。
    うまくいかないことを恐れて、好きじゃなくなるための理由探しをしないでください。
    それだけで、結果は全然違ってくると思います。

    みもらさんが笑顔の日々を過ごしていけるよう、お祈りしています (*´︶`*)

    • のぞみ (みもらさん)
    • 2017年 5月 26日 21:42:57

    みもらさん、こんばんは (*´︶`*)

    自由意志のノーファンデ、旅行先でなさるとは強者ですね!
    私も、それほど赤くなるタイプではないのですが、気をつけないと黒光りしてしまいます(笑)

    >のぞみさんの胸がある、がどの程度のサイズを指しているのか、は分からないのですが

    う、、、う~ん、貧相に見えない程度・・・?

    >FカップとかGカップとかだと胸に布が取られて厳しい状態になります。なんていうか、谷間チラ見せにもならない。ガッツリ谷間が見えるのです。

    ほ~う。100万円しか手にしたことのない人に、1億円の札束を想像しろと? 無理ですね…
    まあ確かに、そういう人もたまに見かけますけど、そういう人って胸だけでなく全身的にFサイズのような気が・・・。 偏見かな?
    全身的にメリハリボディなら、ガッツリ谷間が見えても、まだ美的な感じだと思いますけど…
    でもきっと、ご本人にとってはそういう問題じゃないのですよね。

    >このブログはkouさんのものなので、好きになさればいいと思います。

    なるほど。記事が復活しても文句はないってことですね(笑)

    Aさんについては、みもらさんの中では「Aさん」としてのイメージが強いのかもしれませんが、Aさんというのは彼女の中のごく一部です。数十、あるいは百以上?使い分けていた名前と人格のうちの一つでしかありません。
    私も、10種類近くのお名前とやり取りをしました。「名前」でないものも含めて(笑)
    Aさんになる前も消滅されているんですよ。で、Aさんとして戻ってきました。
    もしかしたら今も別のお名前でその辺におられるかもしれません(笑)
    カリスマ性というのは、抑えられるものではないと思いますけど、どうなんでしょうね?
    とりあえず私は、彼女が名前を変えていても発見してしまうことが多くて、それも楽しかったです (*´艸`)

    Aさんと私は、文章を書くことを仕事にしている同業者なんです。
    彼女は、他人の文章や行間を、実に緻密に繊細に読み取りますし、また自分の言葉を綴るときも、最適な語句を選び、日本語を正確に操って、頭の中にあるものを明確に描き出します。
    不用意な語句でフワフワした曖昧な内容で、読み手が右脳で補完してくれることに甘えるような文章は絶対に書かないんです(笑)
    誰かにお手紙を書くときは、相手の過去コメントを全部遡って読んでから書くくらい、相手を正しく理解しようとし、その相手に何をどう伝えるか熟慮の上で語りかける人です。

    Kさんは、そういう意味では、いろんなものを見落としすぎでした(笑)
    それに、勝手な拡大解釈や思い込みも多く見受けられました。
    明敏な人がそう装っているというより、素で、天然なんだなという印象でした。
    だからこその強いインスピレーションはあったと思いますが。
    なので、私は2人は別人だと判断しています。

    Aさんは、吊し上げとか、そんな小さなことには拘っていなかったと思いますよ。もっと大局的に物事を見て、Kouさんがブログで説いている内容そのものの真偽を問うていたので。
    そもそも「吊し上げ」なんてものが存在するのか?と、私なんぞは思っていたりします。
    自分の気持ちに共感してもらえない、意見に反論される、イコール攻撃されている、みたいに(女性脳で?)感情論で捉えるから「吊し上げ」という形に見えるのじゃないかなぁ、と。

    まあ、Kouさんの読み取りや理解が浅くて、コメント主の傷を不必要にえぐったり、逆に方向性を間違っているコメントを都合よく誤解して持ち上げてしまったり、というようなことも度々あったとは思いますが、少なくとも、コメントで意見したことに対して反論してくるのは「吊し上げ」でも何でもないと思います。
    まあね、向こうは一意見として反論してくるだけでなく、ブログやメルマガの記事にするという手段を使ってくるので、それに付随して色んな人に色んな誤解をされて色んな勝手なことを言われるのは正直うっとうしいですけどね (^_^;)

    R嬢のお話は、種明かしされなくても R嬢とわかりましたよ(笑)
    でも、なぜ羨ましいかどうかという話になるのかが全く理解できません(爆)
    だって R嬢は上司なのでしょ? 役職による力関係が発生しているのでしょ?
    だから「呼びつけ」ることが可能なんですよね? 男性陣の意思ではなく、彼女の強制力で。
    で、彼らが上司のわがままに付き合ったからといって、それは仕事の一環でしかないわけで…
    なので、みもらさんの言いたい結論に持っていくまでの理論展開が破綻してます (´▽`*;)

    それでも敢えて感想をと言われたら…
    私は R嬢に対しては自分本位で押しつけがましい人というイメージしか持っていないので(笑)今回のエピソードもそのイメージを上塗りしただけだなぁ、という感じです。
    上司として行きつけの店に部下を連れて行ってご馳走してあげるというならまだわかりますが、そういうことでもなさそうですし…
    正直、めんどくさっっっ!!! としか思いませんね (*´Д`*)

    そしてマクドナルドの件。
    みもらさんね、ノロケるならもうちょっと素直にノロケたらどうですか! (_≧Д≦)ノ彡☆バンバン
    もー、爆笑!!!

    「じゃあ私もすき家がいい」 あはは、かわいい♪
    「え?着いたからマクドナルドでいいでしょ?」 う~ん、まあ仕方ないかな、許容範囲(笑)
    ここで「やだやだ、すき家じゃないとやだ!!(≧ω≦)」と主張すべき説もあるかもしれませんが… (´▽`*;)
    だけどそもそも「(みもらさんが)ポテトの新味食べたいからマクドナルド」だったのでしょう?
    その意思はどこ行ったんですか(笑)
    考えようによっては、R嬢と同じ(でしかない)待遇より、みもらさんの意思を尊重してのマクドナルドのほうが、より良かったんじゃないかなーと思いますよ。
    まあ、マックに入る直前で R嬢とすき家に行ったことを持ち出した彼さんはデコピンの刑ですよね!

    「あ、やられた」「やってやった」 拭いてもらって「やられた」って言う感覚がちょっと謎(笑)
    でもまあ、カッコ悪いところを指摘された、してやった、という掛け合いなら、楽しそうです。
    楽しそうですけど! 男性のプライドは脆くて傷つきやすいので、ちょっと思い遣ってあげるといいと思います(笑)
    というより、人の失敗を、怒鳴ったり、笑いものにしたりって、相手が女性でもしないですよね?

    「どうして見て見ぬ振りが出来ないの?」 彼さん、ヘタに虚勢を張らない、素直な方ですね(笑)
    「やられた」もそうですけど、心の内を正直に口に出してしまうというか…
    それだけ みもらさんに対して壁がないんでしょうね (o^-^o)
    ただやっぱり、あまりにもコテンパンにやっつけてしまうようだと、その気安さは「男女」ではなく「友達」方向へ向かってしまうような気がします。
    攻め込むときでも、プライドの最終ラインだけは守ってあげる優しさは必要かな、と思います(笑)

    みもらさんは、「私よりR嬢とか同僚女性とかのが大事にされてる感がある」と思っていらっしゃるのですね?
    で、それは「このブログみたいな考えの男性が多い」から、と…
    でもご自身で書かれているように、長い髪を巻いてスカートを穿き、かいがいしく男性陣の世話をしている(つもりのw)R嬢は、大切にされているようには見えないのでしょう?

    「このブログみたいな考え」というのがどういうことをおっしゃっているのか不明ですが、恐らく、男好きする装いをして、女性らしさをアピールするような言動をし、他人の迷惑も顧みずワガママを言う、みたいなのが、みもらさんの持っているイメージではないですか?
    少なくとも、みもらさんが「彼女達みたいにしてみようか」と思ったとき、作為的にそのようにしてみることを考えられたのではないでしょうか。

    でも、このブログの伝えていることは、そういうことじゃないと私は思ってるんですよね。
    意図的に男好きする装いをする、ではなくて、そういう装いに抵抗のない心のあり方になる(自分の女性性を素直に受け入れる)。意識して女性らしさをアピールする、ではなくて、内面から女性らしさがに滲み出るような心のあり方になる。最終的に目指しているのはそういうことだと思うんです。
    それから、自分勝手と可愛いわがままも、似て非なるものだと思います。
    その違いについて、旧サロンでいろいろ書いた記憶があるけど、何て書いたっけな… (´▽`*;)

    いずれにしても、みもらさん自身が受け入れていない対象を真似てみたところで、そんな自分を受け入れられるわけがないですよね。
    それでは、たとえ真似た相手と同レベルに魅力的な外見で、同レベルに女性らしさを振りまけたとしても、何の意味もありません。なぜなら、自分の外見を、女性らしさを、自分で愛していないから。つまり、人として女性として最大の魅力である部分が欠如してしまうから。

    だから私は、みもらさんが自分自身を素敵だな、可愛いなと思えるような選択をしていってほしいと思います。
    自分が納得して選べる服を着て、自分のテンションが上がる髪型をして、好きだな、心地いいなと思えることを追求していかれたらいいのではないでしょうか。趣味でも、他者との関わり方でも、何でも。
    その代わり、その選択には自信を持ってくださいね。
    自分で自信を持って選んだなら、他人の茶茶入れにいちいち心乱されることなく、それを貫いていったらいいと思います。そうしているうちに、茶々を入れてくる人もいなくなります、きっと (o^-^o)

    最後に、みもらさんと彼さんの関係、すごくいい感じだと思います。私が保証します(笑)
    彼さんを恋愛相手に選ぶなら、彼さんを好きでいる気持ちに自信を持ってください。
    うまくいかないことを恐れて、好きじゃなくなるための理由探しをしないでください。
    それだけで、結果は全然違ってくると思います。

    みもらさんが笑顔の日々を過ごしていけるよう、お祈りしています (*´︶`*)

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント