恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

いつも反射的に反応してしまう

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

今朝の「女性の承認」で、思考の話をしました。

思考回路は、どこまでも鍛えられます。

 

対人関係で、相手に言われたことをそのまま受け取ってダメージを受けてしまう人は本当に多いです。

そのまま受け取るというのが曲者で、ニュートラルに受け取れば大丈夫なのに、自分の思うように受け取ると、非難や攻撃のように上取ってしまうんですよね。

 

「女性の承認」について知りたいこと(3)

はにはぜさんより:

「思考を深くする」

彼のある発言が、いつも私を悲しませ、怒らせ、関係の悪化を招いていました。

でもよくよく考えてみたんです。
なぜ彼はそんなことを言うのか。

よく考えたら、言う側の方が辛いことかもしれない、と思いました。
やっとそのことに気づけたんです。
私のためを思って、言ってくれていたんだと。

彼に今度会ったら言おうと思います。
私のためを思ってお話してくれて、いつもありがとうって。

Kouさんの、このブログのおかげで、深く思考することが身に付いたんだと思います。
またまた、とてもタイムリーなお話でした。
ありがとうございました。

これですね。

すごくいいコメントです(^^

 

恋愛相談でも本当に多いです。

彼に言われたことで傷ついた、彼の態度で傷ついた、彼の行動で傷ついた。

こういうことを最初に言ってくるんです。

 

確かにそういうことはないわけではないでしょうね。

でも、聞いてみると客観的に見てみる限りではそこまで気にすることでもないんじゃないかと思うこともしばしばあります。

 

「よく考えたら、言う側の方が辛いことかもしれない、と思いました。」

これがすごい。

こう考えられることがすごいのではなく、こう考えられるようになったことがすごいんです。

今まで、ずっと相手と会話をしていて、その言葉や表現、態度にばかり目が行っていたわけですよね。

そういう人は本当に多いです。

 

男性にもいますけどね(^^;

ちゃんと話を聞いているのかと言われやすい人は、これです。

話を文章や情報として受け取っていたら、真意は読み取れません。

 

推論しすぎるのもよくないですが、全く真意を理解しようとしないのはもっと問題です。

ロボットじゃないですしね。

最近AIが話題ですよね。

今やAIに代表されるコンピューターですら、受け取った情報からその真意を類推しようとするわけです。

 

言う方が辛いかもしれない。

相手が発した一つの言葉について、いろんな見方ができるようになると、柔軟にもなります。

いつも反射的に反応してしまう女性も、それを克服するヒントがここにあります。

 

沸点を高くすることは、我慢することじゃありません。

考えられることなんです。

考えられることによって、物事を多面的に見るようになり、反射的に反応しなくて済むようになります。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • かほ
    • 2017年 7月 29日 2:37:48

    私はまだ殻から抜けられずもがいているようです。

    様々な感情が泡のように、生まれては消えを繰り返しています。

    • かほ
    • 2017年 7月 29日 2:47:24

    何がしたいのか、わからない。
    どれを頑張ればいいのか、わからない……

    そう、複雑に考えそうになります。
    しかし、立ち止まれるようになりたい。

    そして、気づきました。
    やっぱり、根底にあるのは寂しさと愛情不足なんです。飢えているときは、些細なことも大層な問題に見えたりします。

    もしかしたら、一瞬の人恋しさだけもしれない。もしかしたら、それは別に心から欲するものではないのかもしれない。今の私には恋なんて要らないのかもしれない。

    どれを頑張ればいいのかわからない……
    これはもっと些細ですね。
    なぜなら、頑張ることなんて本当は常に明確なはずなんだから。答えはいつも目の前にあります。

    今の私なら、試験勉強。孤独の戦い、それだけ。ただ、目の前の障害物を乗り越えていくだけです。それを小難しくしているのは自分……

    これが、きっと私の人生の打開策です。
    昨年の大晦日、kouさんが授けてくれた言葉の正体です。

    被害者意識を持たない方法を教えて下さいと聞きました。答えは、すべてを自分の責任だと考えていきることです、でした。

    私はこの時のやり取りに対して、自分なりに答えを出していこうと思います。

    • かほ あえかさん
    • 2017年 7月 29日 2:51:06

    あ、見つかった(笑)

    あったかいですね。

    • あえか (かほっち)
    • 2017年 7月 29日 2:56:07

    消したけど、私も見つかった(笑)

    度々邪魔してゴメンねσ( ̄∇ ̄;)

    • かほ
    • 2017年 7月 29日 3:03:13

    ずっと前に、こんなことを書いたことを思い出しました。

    徹底的に思う人生を歩み、徹底的に騙されない人生を歩む方法。とkouさんは言いましたよね。

    そしてそれは、自分の頭で考え、徹底的に蓄積をすること。すべて自分で引き受ける力があれば、自分が立ち行かなくなった場合の不安はあっても、他人に委ねる恐怖はないのだと。

    そして、それに対して私は決めたことを、昨年の大晦日にコメントしたんです。
    まず、他人の功績を認めますと。

    この世で成功しているように見てる人、身近でもうまくいってるように見える人も、実は私と違わない人間であり、ただ努力の量がちがっただけ。努力したものの一部が表面に見えているだけ。そういうことを素直に認めることで、楽になれる。

    まず、そこの心理的ハードルを越えれば、私はもっと飛躍できる気がする。

    • かほ あえかさん
    • 2017年 7月 29日 3:03:57

    邪魔じゃないです!(`ロ´;)

    • らりるれろ
    • 2017年 8月 18日 12:59:28

    感情と思考は
    ふつうは同居しにくいらしいですね。
    キーッ、となっていても
    原因は何か、解決策は何か と
    考え始めると感情は次第におさまります。

    私は思考し過ぎる癖があるので
    逆に、もっと感情で反射的に
    反応できたらと思います。

    ↑と、これまた思考している(^_^;)

    タイミングとバランスの問題。

    • みやび
    • 2017年 8月 28日 14:20:06

    言う方が辛い…かぁ。

    じゃあ…断る方が辛かったのかも?

    私、頑張ったよね。
    ちゃんと沸騰しなかったもん(笑)

    • みやび
    • 2017年 9月 15日 11:34:57

    言葉は特に、その言葉を見た時の感情や自分の持つ価値観などにより解釈しがちですね。

    同じ言葉でも、視点を変えると違う意味を見出せる。

    相手の言葉を受けた時に、その言葉の真意を見出すように考える事は必要ですね。

    彼の言葉は表面だけ見たら真意が分からない事は多々ありました。
    最近、その言葉の裏にある真意を読めるようになりました。

    こちらが勝手に想像する悪意などないのです。
    それが分かるようになってから、瞬間翻訳機能が私の中に搭載されました(笑)

    大抵が「これってご都合解釈なのかな?」と思う解釈が正解だったりします。

    彼はある意味分かりやすく、違う時には違うと反論しますが、当たってる時には素直に当たってると言いません。
    照れ屋さんなのです(笑)

    • ぽんぽん
    • 2017年 9月 20日 20:57:01

    彼の言葉は自分の心を守る為だったのか、それとも私の心を守る為だったのか…
    既婚者の私との恋愛に先がないと思ってなのか、自分にも新たに家族が欲しくてなのか、それとも私がこれ以上傷つかないように考えてくれてたのかな?
    彼が思う理想の恋愛はなんだったんだろう。

    『既婚者と痛感したから、二人で会うのは止めましょう』と言われた時は自分の事しか考えられませんでした。
    そう反射的に反応してました。
    あれから2カ月以上経ち考えてみると、彼も辛いって感じてくれてたのかなぁって思ってます。

    私の問い掛けに、他に思う人も今まで辛いと思ったこともないと言ってくれました。
    お互いにギクシャクしてますが今までと変わらず連絡は続けてます。
    頻度は少なく内容も考えてはいますが
    彼の真意はどこにあるのか…
    いつかわかる日が来るのか…
    その時笑顔でいられたら嬉しいな!

    • コロネパンは美味しい!!
    • 2017年 10月 15日 16:22:56

    誤読しまくりでした( ̄▽ ̄;)
    我慢して怒りを抑えられるようになることで
    降ってんの位置はそのままにしておくのかと。

    「沸点を高くすることは、我慢することじゃありません。

    考えられることなんです。
    考えられることによって、物事を多面的に見るようになり、反射的に反応しなくて済むようになります。」

    多面的に見られるようになった結果。
    考えられるものの幅が広がり、
    次第に降ってんの位置も上がっていく
    そんなイメージになりました。

    読み返すことは大切ですね。
    今お母さんに振り回されて、
    弟に当たり散らしてしまったので
    謝ってきます。

    不自然にも涙が零れると
    何が何だか分かりませんねー

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント