恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

男が教えるモテる女の恋愛技法

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

何というか、未だにこんな大昔の記事にもコメントをもらえるというのが嬉しいですね。

男性にボディタッチするにはどうしたらよいのか

ななみんさんより:

どうしてもボディタッチが軽くできない私…
なんか触れたら“私好意あります”って言ってるようなもんじゃないの?!とまだ思ってしまうのよね…
ボディタッチを重たく捉えすぎなのかな??
嫌いじゃないよ、っていうアピールなんだよね!
ねぇねぇ♡とか、ちょっとお手洗い行ってくるね♡みたいなところからやってみるかな!!

 

このブログでも、この手の話は相変わらず人気があります。

ボディタッチ関連の記事でもいくつあるんでしょうね。

 

これはですね、そんなに小難しく考えなくていいんですよ。

好意があります

という意思表示をすることは、それ自体は決して悪いことじゃないんです。

しかし自分からそれを示すのが癪だと感じる人もいるでしょうね。

また、女性から先に恋愛感情の意思表示をするとろくなことにならないと思っている人もいます。

 

えっ、Kouさんがそう言っていませんでしたか?

と思ったかもしれません。

あなた、思いませんでしたか(笑)。

 

僕はそんなことは言っていません。

言っていないんです。

僕は女性から愛の告白をするなと言っているだけで、好意を示してはいけないとは言っていません。

この二つは全く別物ですよ。

好意を伝えるのは、伝えてもいいと思いますよ。

それが「餌」になることは大いにありますしね。

 

まさにヒットアンドアウェイが生きるのは、今まで圏外だった女性が突然自分の近くに寄ってきて何となく好意を見せてきたことによって、彼の中で変化が起こり、一気に狙える対象の女性だと認識してしまうというロジックがあるからです。

今まで恋愛の勉強を散々してきたのであれば、ちょっと思いだしてほしいんですよね。

男性は、女性に簡単には触れられないんです。

心理的には、拒否されていると感じるからです。

デフォルトの状態では、女性に拒否されているところから始まるんです。

 

男性は世の中のすべての女性は自分を拒否していると見ています。

あくまで心理的なレベルの話ですよ。

だから、女性の方から自分に触れてくるようなことがあれば、まずガードが崩れます。

何のガードですか。

 

女性に触れてはいけないという心理ガードですよね。

拒否されていると思っているのに、拒否されていないことが分かるわけです。

この威力は、すさまじいものがあります。

 

ボディタッチをするというのは、心理ガードを解く、最も簡単で効果のある方法です。

ハードルが高いと感じるのであれば、触らなくていいです。

ちょっと至近距離に寄ってみればいいんです。

これだけでも大分違いそうですよね。

 

どうやって誘引したらいいか分かりませんという質問がよく来るんですが、直接会う機会があるのなら、とりあえず至近距離に寄って離れるというのをやればいいんですよね。

どうですか。

これならできそうじゃありませんか(^^

 

あと、ちょうどいいので好意の話をします。

好意を示すのが癪なら、示さなければいいんです。

好きと言う必要はないです。

意識しているということを示す必要すらないです。

 

じゃあ何をするのか。

好意的に見ているということだけを示すんです。

 

好きだという感情があるのと、単に好意的に見ているというのは、やはり全く違うものです。

男性から見ると、多くの場合、自分は女性からは拒否されていると思っているわけです。

女性から「なし判定」を食らっていると思い込んでいるんです。

 

だったら、まず「なし判定」じゃないということだけを伝えればいいですよね。

「なし判定」じゃないから「あり」とは限らないわけです(笑)。

この辺は女性は超自由な生き物です。

 

好意的に見るというのが分からない場合は、「嫌いじゃない」という表現に置き換えるといいですね。

「私、あなたのこと嫌いじゃない」

これだけです。

言葉で言う必要はないです。

嫌いじゃないという意思を見せるだけです。

 

その具体的な行動として、ボディタッチとか、至近距離に寄るとか、話をするというのがあるんですよね。

できると思いますよ。

難しく考えないで、感覚を信じてみてください。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • ほたる
    • 2022年 10月 02日 12:43:24

    好意を見せるのと告白行為は別物。
    好意を見せることが餌になり得る。
    ちょっと至近距離に寄ってみればいい。

    なるほど。
    これなら私でもできそうです。
    気になる男性にはやっぱり近ずきたくなりますし。
    我慢しないでこういうちょっとしたスキンシップとかをしたりしていけば良いんですね。

    男性から好意を向けられてきて、それでも私は違うと思って次の男性に行っても良い!
    女性の特権か〜
    やっぱり女性は有利ですね(∩´∀`∩)

    • あくら
    • 2023年 3月 28日 7:31:08

    ボディタッチ関連の記事はどれも面白いです。
    特にKouさんが説明してくれる男性心理にはいつも驚かされます。
    女性に拒否されるのがデフォルトだなんて、ホント厳しい世界ですね笑

    私自身、ボディタッチをすることについてはあまり抵抗がありません。
    至近距離に寄るのも平気でします。
    少なくとも好意的に思える男性に対しては年齢問わずできます。
    それこそ「嫌いじゃない」からできるんですが、知らず知らず相手の心理的ガードを崩していたんですね。

    • ににょこ
    • 2023年 3月 28日 14:03:04

    kouさんこんにちは、いつも男性目線からの素敵なお話を聞かせてくださりありがとうございます。
    今日はこちらの記事で感じたことをまとめさせてください。

    ボディタッチ、私もなかなかできなかったのですがこれが男性の心理ガードを解くことに繋がるのは記事を読んでから実感できるようになりました。
    結婚する前は至近距離に寄ってみるくらいしかしておらず、少しずつ相手の肩や手に触れられるようになっていったなと思い出しました。今では気軽にできますし、心理ガードが外れてきたからか主人からも触れてくるようになりました。
    『好意を見せる=嫌いではない』というサインなんですね。ボディタッチは誰にでもできることではありませんが、至近距離に寄ることはできるのでこれからの人間関係にも活かしていきたいです。

    • ゆりりんグッドモーニングコール
    • 2023年 4月 11日 19:05:52

    ❤️好意的に見ているということだけを示すんです。
    ୨୧┈︎┈︎┈︎┈︎୨୧
    テクニックの勉強を開始します‪⸜(˶ˆ꒳ˆ˵)⸝‬

    • はじめはるか
    • 2023年 9月 24日 8:56:41

    時間です

    最初の答えで合ってました〜

    好きな人ができたら近寄ってみよう。
    よく見るためにも必要なかも。

    逆に嫌だなと思う男性が至近距離に寄ってきたら、無理しないで離れたいといけないですね。
    嫌われてない!と勘違いされたら大変(-_-;)

    • piyupiu
    • 2023年 9月 24日 22:21:09

    「私、貴方の事、嫌いじゃない」
    これを、ボディランゲージで、示すんですね。
    近くにいれば、偶然を装った?ボディタッチも、出来ますもんね(*^-^*)

    • ミユキさん
    • 2023年 10月 09日 17:14:12

    ボディタッチではないんですけど…

    この部分にたいして

    「男性から見ると、多くの場合、自分は女性からは拒否されていると思っているわけです。

    女性から「なし判定」を食らっていると思い込んでいるんです。

    基本的に年齢は関係ないと言いたいのですが
    私の友達は、彼と同棲してますが
    かなりのおじさんと友達になることが多くて
    おじさんがダメとかじゃなくて、その人の雰囲気とかが大事だと思うんですけど
    私はある、おじさんを誘って連れてこようとされて
    関わってもムリ!と思う人のことを、遠回しに苦手だと伝えても
    気づかないのか、
    この前、勝手に作ったグループLINEに入れられ、
    最初は気分悪かったけど
    なんとなく、慣れてきて
    ま、いっか。ってなっていたら
    また、面識ないひと(友達からさんざん悪口聞かされてる男性)を招待したり、
    またそれとなく、伝えたのに
    次の日また、私の苦手なおじさんを招待してたので
    私はプライベートでも、飼っていたペットのことでつらいことが重なったので
    余裕がなくなって
    無言でグループを退会しました。

    なぜ、
    友達にあの人キライと
    ストレートに伝えられないかというと、
    私も友達にしょっちゅう男性のことで相談したり悩んだりしてるのに、
    選り好みしてると思われたら
    都合がいいな、
    とか思われるんじゃって思って
    あからさまに拒否できないんです。

    それと、旦那からも
    ちょくちょく口論になってたころ、

    お前は
    おっさん(また別の仕事関連の)にはガン無視。
    同性には敵対心むき出しにして
    若い男ばっかりチヤホヤする

    みたいに、言われました。

    そもそも、
    おっさん(市場の人)→話しかけられたことないし!

    女性(業者など)→私に用事で来てないから、
    ちょっと待っててくださいねって、
    丁寧に挨拶だけして、
    向こうも話しかけて来ないから
    私も仕事してるだけ。

    若い男性→話しかけてくれる。(礼儀正しい。かわいい。下心が無さそうで爽やか。私も頑張れる。)

    って、説明したけど
    そう言われたのがずっと引っ掛かっていました。
    なんで、私は向こうから話しかけてくれる人を好きになってるだけなのに
    差別してるように言われないといけないの?って。
    これ、ひどいですよね??

    そしたら、何週間かまえ、
    例の市場のおじさんが来たときのこと、(この人は苦手なおじさんではありません。)
    良く見たら、前掛け(酒屋さんみたいな)を腰に巻いてて、
    なんかカッコよく見えたんです。ベテランみたいな。(そして、前から知ってたけどツーリングが趣味)
    そして、普通に話して、
    また何日か後、話したとき
    女性に対する気遣いのような爽やかさを感じられました。
    それで、全然嫌じゃなくなって
    まあまあいけてるじゃん!
    みたいに思ったわけです。

    そして、そのときに
    あー、こういうおじさんも
    Kouさんが言ってる
    なし判定ってやつで、遠慮してるんだなって
    勝手に解釈しました。

    • もちふわ
    • 2024年 6月 23日 9:12:11

    近寄って離れるを繰り返していたら、ほんのちょっとだけ進んだ気がします。
    怪我の手当という大義名分があっても、見るだけ、絆創膏をくれるだけ、みたいなスタートからテーピングを巻いてくれる、優しく触って馴染ませてくれる、くらいに進化していました。笑
    少しは心理ガードとけたのかな?

1 3 4 5
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント