恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

それは理想の私に相応しいのか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

密かなメガヒット記事がこちら。

そして最近、なぜかこの手の話題をいろんな人とするんです。

 

整えることで内面をきれいにできる

紅子さんより:

私は昨日からどうしてもなんか耐え切れなくなって。
ずーっと部屋の片付けしてます。
なんだか過ごしにくくて。
今まで自分の居住空間だけは頓着もてないというか、むしろ破壊魔だったのですが。

あ、これ私の思ってる生活と違うなって思って。
他の事ほっぽりだして昨日から丸二日、ずっとそうじと片付けしてます。
モノとか服とか色々捨てまくってたら、恐ろしい量になりました。

職場とか仕事とか、共有スペースの掃除や片付けは得意なのですが。
手に職持ってましたし。
自分のまわりはモノで圧迫されるぐらいないと耐えられなくて、なんていうか病気みたいだったんです。

やりながら具合悪くなってきたりするのですが。
ここでやめたら多分もっと駄目になる。。

もっと仕事しやすくて、動きやすい部屋に生活してないと変だって思ってるんです。
なんか心境が変わったんだなー、これを機に変えないと一生後悔するかもと思ってまだ続行中です。
ありとあらゆるモノを減らし尽くして、ようやく部屋がちょっと広くなりそうな気配がします。

普通の人に比べたら、まだまだ楽譜とか書籍とか、細々したものは多いのだと思いますが。
とにかくきれいにしたいです。
すっきりしたい。
人の部屋ばっかりじゃなくて自分の部屋も綺麗にしたい。
なんとかがんばります。。

このコメントを見つけたとき、本当に嬉しくなりました。

夜中で寝る前の時間帯でもあったのですぐに記事にはしませんでしたが、すごくいいですね。これ。

 

あ、これ私の思ってる生活と違うなって思って。

これです、これ。

この感覚です。

この感覚が大事なんです。

 

転職した人に聞いたらいいですよね。

10人中8人くらいは、この感覚で転職を決意したと言うんじゃないでしょうかね。

 

あ、ここ私の思ってる職場と違うなって思って。

おお。ぴったり。

あれ?!

ひょっとしてこれもいけるんじゃないですか。

あ、こいつ私の思ってる相手と違うなって思って。

 

題して、「あ、私の思ってるのと違うな」シリーズ。

これいっぱい応用例が作れそうですねぇ。

 

この感覚、大事なんですよね。

これはふっと思ったことじゃないんです。

実はずっと考え続けた結果、やっと出てくる感覚なんですよ。

最初からある人もいるかもしれませんが、女性の感覚が分からないという人もいるくらいなので、満身創痍の状態でここに辿り着いてくる女性の多くは、どれが正常な感覚なのかよく分からないんです。

 

このコメントでいいなと思ったのは、昔はそうじゃなかったのに、今は過去連綿とやり続けてきたことに違和感がある、というところです。

確実に変わってきている証拠ですよね。

部屋の掃除とか、環境の改善というのはその最たる例で、今まではそれが当たり前で何とも思わなかったことに、「おかしい」と感じるようになります。

その「おかしい」は、他人の言葉や、日々浴びるいろんな刺激(流行、宣伝など)から来るものではなく、自分が目指している本当の姿から見て、それに相応しいかどうかです。

「私に相応しい」

これを一つの判断基準にしてもいいくらいです。

 

あなたに相応しいと思うものだけを選んでください。

もうちょっと正確に言うと、あなたが求める理想の自分に相応しいものです。

これが分かると、近づく相手も変わるし、読むものも、浴びるものも、食べるものも、見聞きすることも、全部変わります。

掃除をしなければ気が済まなくなったということは、

よりきれいな空気を吸う必要が出てきたということであり、
よりノイズに惑わされない集中できる空間が必要であり、
より美しい環境に身を置きたいと思えるようになったということです。

 

ものすごく大事です。

 

人の部屋ばっかりじゃなくて自分の部屋も綺麗にしたい。

結果として自分の部屋もきれいにしたいと思えるようになったのだから、今までやってきた他人の部屋をきれいにするということも決して無駄ではなかったんです。

一部の特殊な天才型の人でもない限り、部屋や環境はきれいな方が本来のパフォーマンスを出せるようになります。

 

将来きれいな部屋に住みたいと考えるのなら、今の部屋をまずきれいにして、その生活に一歩でも二歩でも近づくための努力をしたらいいんですよね。

実はそれが一番の近道なのかもしれません。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (40)

    • しろいるか
    • 2017年 1月 28日 21:13:17

    私は、かれといて、幸せなのか?
    今の私は幸せか?

    誰かに幸せにしてもらおうとしてる。

    今の状況は、私に相応しいか?
    違う気がする。

    私は、いつも笑顔でいたい。
    好きなことしてキラキラしてたい。

    私のやりたいことってやっぱりヨガだったり
    健康とか美容に関すること。

    今なんか、停滞感がある彼との関係。
    私は、ここにとどまってていいのかな。

    少しお休みでもいい。
    自分を大切に(o^-^o)

    • まゆきち
    • 2017年 2月 09日 0:00:58

    仕事の服は決まっていて
    中に着る服は自由だけど、大切な服は汚したくないから
    プライベートでは着ないダサい服を中に着ていました。

    「見えないけどこんなダサい格好ありえない」って
    いつも思いながらも変えないでいたけど

    明日の仕事の服にちょっと可愛いカーディガンをプラスしてみました。
    いつものダサい服+ちょっと可愛いカーディガンで
    中の服の印象がガラッと変わって
    気分も変わりました(*^^*)

    また1歩理想の私に近付きました♪

    • 可憐ちゃん♡
    • 2017年 2月 12日 18:12:19

    理想のわたしかぁ。
    理想のわたしを思い浮かべると、
    あんまり他人のこと
    気遣ったり、なにかしてあげたり、
    役に立とうとしたり、
    おせっかいしたり、
    してないかもー。
    というより、
    しても気に留めてないかもー。

    うん、自由だね。
    これでいい、再確認◡̈♥︎

    • やち
    • 2017年 2月 16日 20:03:58

    何かをして貰ったとき
    手伝って貰ったときなど

    ちょっと前の私なら
    「すみません」とか
    「ごめんなさい」が先に
    来ていたのに

    最近は

    『ありがとう』を

    真っ先に言ってることに
    気が付きました(*´∀`)

    咄嗟に出てしまってた
    「すみません」や「ごめんなさい」
    が少なくなった代わりに
    『ありがとう』が増えました♡

    あ、変わったな〜
    って小さな事だけど
    嬉しくなりました(๑′ᴗ‵๑)

    うんうん♪♪
    理想の私に
    近付いてるぞ〜(๑´∀`๑)」

    • mimoza
    • 2017年 2月 19日 22:56:29

    はぅ!って打ってしまいました。
    はっ!と書こうとしたのに、動揺して。

    わたし、けっこう美味しい人生かも。
    というか、欲しかったもの、すべて手にいれ尽くしてきています。

    ぜったいに優秀な子供が欲しかったですし、豪華な恋人も欲しかったです。
    でも、親友みたいに、いつも支えてくれる「お兄ちゃ」ポジションの男性もほしいのです。

    いま、あります。

    うわー、なんだかこう書くと、ものすごい貪欲な女(笑)。

    まあ相当に貪欲ですが。
    それは自覚して、せっせと欲しいものを手にする戦略は練ってます。

    欲しいものは欲しいと言わないと動きませんし、知ってる戦略は使わないと。

    仕事も辛いとか言いつつ、けっこう好きなことをやっていますので、贅沢な悩みですね。
    オーナーシップを経験して、人が物を買うカラクリを知って、それをどう戦略に乗せていくかを経験していくと、どんな仕事でもやっていけることも分かりました。

    だから不安がないのです。
    いつでもビジネスを起こしていけるので。

    なんだ、いまも理想のわたしでした。
    でももっと、欲しいです。

    • mimoza
    • 2017年 2月 27日 7:23:35

    私の名前は、貴重な宝物という意味がある。
    多くの宝に恵まれる本家の大事な孫として祖父がつけてくれた。

    女性である私に相応しい名前だと感謝している。
    男性にとって、宝物のように貴重な女性になっているから。

    それは私が、自分を宝物のように思って生きているからだろう。
    自分を深く知るうちに、さらに自分を大事にしたくなってきた。

    意識もまた変わってきた。
    これまで上昇とスランプを繰り返し、少しずつ上の段階へと進んできている。

    変化途中に起こるスランプは想定済みだ。
    それでも、まだ軽い方だった。
    変化に対して、もっと激しい抵抗があると予想していたが、Kouさんと勉強しているからこそのスムーズさもあるだろう。

    どこまで理想の自分になっていけるのか、限界を定めないで進んでいきたい。

    • おたまちゃん
    • 2017年 3月 06日 13:27:07

    そうですね・・。

    「今は」私の望むような環境や言葉を受ける機会があまりありません。
    いつも否定するような言葉を聞いたり、人との接触をあまりよろしくないような
    コメントばかりを聞いているので、それも暗い原因かな・・と考えています。

    私が目にするのって、キレイになるとか心の内面のなんちゃら・・などのサイトだったり
    前を向いていたいんです。
    キラキラしたいんです!

    キラキラ女子を目指してがんばりたいと思います(*^_^*)

    • なもも
    • 2017年 3月 10日 11:05:05

    だいぶ、わたしのコメントがうるさくなってきました。
    たまにはいいでしょ。

    引っ越すときに掃除したとき、部屋の8割はゴミと化しました。笑
    どれだけ要らないもの溜め込んでいたのでしょうね。
    いま、捨ててしまったであろうものが欲しくなるときもありますが、別段そこまで困ったこともありません。

    よし、まずは要らない服を捨てる。
    今日捨てる。
    今日ゴミの日だったけど。笑

    • 桃太郎の助
    • 2017年 3月 16日 20:29:10

    綺麗なモノに囲まれて(心も)
    過ごすのが理想です。
    蹴落し合い
    小さいな嘘の積み重ね…

    んーこんな所に立ち止まりたくない。

    憎悪が芽生えてるのかな?
    完全に芽生える前に脱離

    • なつみんと
    • 2017年 3月 21日 0:42:23

    過去の男の人を忘れる為に、新しい男の人を求める悪い癖。いつの間にかの恋愛(依存)体質。

    そんな焦燥感漂ってる女かっこ悪い。

    そんなの理想の私に相応しくない。

    だから、そんなつまらない古いパターンは手放すことに決めた。
    弱くてダサい自分にさよなら。

    1人でも堂々としていればいい。思いっきり女性らしく、軽やかに今を楽しんで生きればいい。

    • 悩めるユズ
    • 2017年 3月 21日 8:09:36

    私が求める理想の自分に相応しいものかどうか。

    今の状態は、私の理想ではないかな。
    でも理想に向かって、道を選んでいる最中な気がします。
    右へ行って、あ!違う!と思ったら、左へ行ってみたり。はたまた真っ直ぐ行ってみたり。進んでは戻ったり。木に登って、周りの様子をうかがってみたり。

    kouさんの言葉や、こちらのブログのコメントを見ると、行ける道が増えるような気がしています。辛くて今は読めない記事は飛ばしたりして、私なりに何時でも自由気ままに居られるように整えて居たいですね。

    • ピンクのチーク
    • 2017年 3月 22日 21:04:34

    病院に緊急入院して、私の同じ病室の人たちは重度の糖尿病でした。
    まだ、若いのに不摂生の食べ過ぎで、病気になっていました。食事制限やインシュリンを打っているのに、今日たまたま病院のカフェでみかけたら、隠れて甘いジュースを飲んでいました。
    もう一人のおばあちゃんは、ナースさんたちに隠れて甘いコーヒーを自販機で買って、血糖値でばれていました。また、このおばあちゃんのつくウソが上手過ぎて少し驚きました。
    この人たちは、とにかく文句が多く、少し不潔でずっと同じ部屋にいることが苦しいなと思っていました。

    私の体調が良くなったので、階と病室が変わると、本当に雰囲気が明るくて、リラックスできました。
    どんな風に生きてきたかは、そのままその人の雰囲気に当たり前に、前面に正直にでてしまって隠せないなと、つくづく思いました。やっぱり、外見って大事です。中身がそのまま出ちゃいます。
    外見からみえるその人の雰囲気は、私はもっと信じていいと実感しています。

    病室が変わったのは、私の心と体が回復してききたこと、以前と価値観が変化してきたから、私にふさわしい所に移動できたと思っています。

    • ふくんちゅ
    • 2017年 3月 22日 22:23:13

    理想の自分と違う、ですか。
    私の理想ってなんだろう。
    今、幸せかな?
    何だかちょっと違う気がする。
    ずっと「こうじゃない」って思いながらも、寂しくて、誰かから言い寄られてないと、自分に価値があるって思えなくて、自分を作ってました。
    だから、人の言葉に一喜一憂してしまって。
    こんなの、理想の私じゃない。

    もっと理想の私に近づきます。

    • 青色
    • 2017年 3月 26日 12:01:28

    毎日メイクをすること
    スカートをはくこと
    お掃除をすること
    きれいな丁寧な動作を心掛けること
    お風呂上りにストレッチ
    いい香りを纏うこと

    日々気をつけてしていくことは
    やがてそれが当たり前になって
    理想の私に近づいていく。

    • よしえもん514
    • 2017年 3月 26日 13:43:49

    彼と復縁してから、なんだかずっと違和感がありました。
    大好きな人だったし、また戻れたのに、
    好きは好きだけど、何かが自分の中で違う。
    不安がなくなったのは、
    自分に自信が持てたせいなのか、
    彼からの愛情を前よりも感じていたからなのか、
    不安がないことが違和感の原因なのかなって、
    わからないまま過ごした半年間。
    きっといい意味の違和感なんだろうと思い込もうとしていた自分がいたと思う。
    初めての感覚だからわからなかった。

    でも、それってこういうことだったんですね。

    自分の中の違和感と戦って、
    落ちたり悩んだりしながらやっと出せた答え。
    このタイミングで、今日この内容のブログを見れたことと偶然かはわからないけど、

    昨日彼とお別れしました。

    自分で出した答えだから、
    後悔はないし、
    スッキリもしてる気持ちはあるけど、
    涙は後から後から出てきます。

    きっと彼と居たい自分もいたんだと思うけど、
    私が目指したい方向とは違うんだって、
    気づいてしまったから。
    もう自分自身はごまかせないなって思って、
    出した答えです。
    そういう風に気づけた自分を今は褒めたい。
    そして進みたい。
    kouさんの力を借りて理想の自分になれるように、
    頑張ります。

    • 琉架
    • 2017年 3月 29日 11:40:10

    理想の、私がなりたい女性像。
    今、模索している最中です。
    思い描くものは、ぼんやりとですが、少しずつ出来てきました。
    凄いですよね。
    Kouさんのおっしゃっている、私に相応しいものを考え出すと近づく相手も変わるということ、実感しております。

    私が過去の自分からの変化を求めはじめてから、たくさんの出会いがありました。
    最初は彼が居なくなった事による寂しさからでもあったのですが、自分から変わりたいと願って、自ら動いた結果での出会いです。
    全ての方とたくさんの交流がある訳ではありません。
    ですが、変わりたいと願ってから出会った方々は、素敵な方々がたくさんいます。
    理想の私に取り入れたいと思う事を、実践で行えている方々。
    この素敵な所を見習いたい。と日々勉強になることがたくさんあります。

    同時に、今まで築いてきた人間関係の感じ方も変わってきました。
    苦手だと思っていた方の素敵なところを発見したり、逆に良いなと感じていた方に違和感を抱くようになったり。
    良いものばかりではないので、悪いところを見てしまう部分は果たしてどうなのだろう。と感じるところもありますが。
    ほんの少しずつでも私の感覚が変わり始めているから、その方の考え方や言動に同意することは私のしたいことではないと感じているのかもしれません。

    お掃除は苦手なので、まだ出来そうにはありませんが。
    「あ、私の思ってるのと違うな」シリーズは大事にしていこうと思います。
    私の中から生まれ出た、大切な感覚ですもの。

    • ピンキーリング
    • 2017年 3月 30日 9:32:28

    私が求める理想の自分に相応しいもの。。。
    ちょっとズレがあるので生活を見直してみます(^^)

    • mimoza
    • 2017年 4月 02日 16:53:25

    かなり理想の生活をしている。
    メンタルも安定。
    短期的欲求も遠ざけられている。

    恋愛はしていないけれど、話していて楽しい男性との交流があって、これで満足できている。
    今は準備中って感じ。
    奴も新しい本が出版されて、嬉しそう。
    幸せそうな人たちと、いつも交流したい。

    仕事も順調。
    企画の質が高くなった。
    これは、びっくり。
    心の安定で自分ブランディングした影響なのでした。
    ひとつの物事を深く掘る習慣がついた。
    今のノートで、自分ひとりで心の安定のでの続きをしている(笑)。

    良い感じの向上心がついた。
    私は、落ち着いて、着実に積み上げていく方法に信頼を置いている。
    それでいいのだと思えてきた。
    今は60歳で完成する仕事の仕込みを考えている。

    髪型と色を、少し変えようと思っている。
    私のパーソナルカラーは夏なので、少し黒くして、肩にとどくくらいのボブにしてみよう。
    檀れいさんみたいな感じがいいな。
    目の色が薄い茶色で肌が白いので、髪は瞳に合わせて、黒よりも明るい色の方がいいと思っていたけど、違うみたい。
    黒っぽい方がいいらしい。
    以前仕事着をコーディネートをしてもらったときに、パーソナルカラーを教わった。

    プロとして尊敬されるには、どう生きたらいいかを、前よりも考えている。

    • なもも
    • 2017年 4月 02日 22:54:55

    やっと、自分のことを突き詰めて考える時間が取れました。

    たぶんね、部屋の一部をガーッと掃除したからです。
    毎日毎日目に入る部分が、どんどん散らかっていくのがもう気になって仕方なくて。
    しかも散らかっていることが常態化すると、自分の内面も散らかり出す。

    だから(すこしだけど)掃除しました。
    ついでに家具の位置を移動させたり、モノの定位置を作ったり。

    そうしたら、やっぱり内面も整理されていくのですよね。
    だから、こうしてまたコメントが書けるようになりました。

    現状、まとまった自分の時間を持てる生活ではないのですが、それを言い訳に掃除/片付けをサボるのは違いますね。
    洗面台だけはルーティンに入っているので毎日必ずやるのですが笑、それと同じようにルーティンに入れればいいだけなのですよね。無理のない範囲で。

    うーん、24時間行動表が必要ですね。
    睡眠時間は削れないので、どこにどう挟むかがポイントですね。
    あと、やり方。死人に鞭打つようなやり方では、多分わたしは続かない。笑

    • megumi
    • 2017年 4月 10日 0:26:48

    「あ、これ私の思ってる生活と違うなって思って。」

    これです、これ。

    この感覚です。

    この感覚が大事なんです。
    …….

    いま複数の男性のあいだをチョコマカと動いてるけど、これは私の理想じゃありません。チヤホヤされるのは気分悪くはないけど、なんだかもう虚しくなるときもある。

    あれだけ悩んだ元カレのこと、あのときは大きな問題を抱えていた気分だったけど、これだけ多くの男性と接触しているのに、あそこまで本物感ある人がいなくて、私の探していた特別な人と思えなくて、もうどうしよう。

    しっくりくる人に出会えたなら、ちょっとしたことは目を瞑ってそれより出会えた奇跡に感謝しなきゃ。私、バカだったかな?元カレをふったこと。

    なぜか無性に懐かしい。

    学生居酒屋バイトくんとのエッチは私が主動で好きなようにさせてもらえる。でも愛し合ってる感がなくて、オ○ニーの延長みたいな気分になっちゃって、なんとなく彼を大切にできておらず、自分勝手になってしまう。いろいろな部分でなおざり。申し訳ない。こうゆうのって男性側の心境だろうけど、なんか複雑だなぁ。

    でも学生居酒屋バイトくんからはピュアさをもらえてるし。とにかく思いやりのある素敵男子。それなのに私としたら。

    もっとピュアな若い頃の自分で彼には出会いたかった。

    • mimoza
    • 2017年 4月 14日 18:16:22

    もしかしたら幸せな恋愛は、相手と家庭環境が似ているといいのかも!
    (思い込みです)

    私の家では、食事中などにゲップをしてしまったら「失礼」って言う。
    大きな音を立ててしまったときも。
    わりと「失礼」って言葉は使う。

    うっかり相手の話を遮ったときは「ごめんなさい」。
    何かを取ってもらったら「ありがとう」。
    ドアを開けてもらったときも。

    「お待たせしました」も使うなあ。
    玄関を出るときも、先に出たら「お先に」とか、子供だったら寝る前に「お先に休みます。おやすみなさい」とか。
    お風呂も「お先です」って言って入る。
    出たら「お風呂いただきました。ありがとう」。

    こういう習慣がない人と付き合うのは、けっこうな違和感があった。
    あれ?って。
    なんだか、いまいる快適な場所から下りた感じがした。

    下りる感覚の恋愛って、良くないんじゃないだろうか。

    岩場のお魚さんたちが出てくる季節は、基本を忘れず、浮かれず過ごそう。

    • 芙蓉
    • 2017年 4月 17日 20:40:21

    あー、なるほどー。
    今日、ふと職場のトイレの鏡で思ったのです。

    この服着てる私、なんか違う。

    よくよく考えたら、何年前に購入したかも思い出せないほどずっと前から着ていたカーディガン。
    5年くらい前かしら?

    物を大事にすることは大切だということを前提としても、今の自分の感覚にあったもの、というか、そういう服を着たくなりました。
    確かにちょっといい加減くたっとなっているし。

    服なんて表面的なものだけど、それも含めて理想の自分、自分の好きなものがちゃんとわかってる自分になりたいと思いました。

    …思いました。って、ちょー感想(笑)
    とりあえず、試着して回りたい。キレイになりたい。

    • mimoza
    • 2017年 4月 18日 16:38:07

    理想の私になるために、ここで、自分の世界にはないことを学んできた。
    見聞を広げて、不本意なことや、グレーなことに対する図太さを身につけたかった。

    「ごめんなさい」を言わないなんて衝撃だったし(私は今でも言うけど)、男性を振り回していいなんて、爽快だった。
    でも本気の相手には、私は振り回さないけれど。
    住む場所や相手で、少しずつ事情が違う。
    私に使いやすい形に変えている。

    私は誠実で上品な男性が好き。
    男性の誠実さは、女性を幸せにすると思う。
    誠実な男性は、素直に「ごめんなさい」を言える女性が好きだし、ベッドの中以外では、振り回されることは好まない。
    自由にしているのを見ているのは好きらしいけれど、成熟した振る舞いを求めている。
    エレガントさ。
    深い思いやり。
    普通の気遣いの、もう一歩先の心遣いができるようになりたい。

    そういう女性を評価してくれる男性と生きていきたいし、そんな相手を守るために、図太さを身につけたかった。
    気分屋の猫のように人を振り回すことで自己承認を満たすような女性を好きな男性は、私には合わない(笑)。

    図太くなるのと、心が荒んでいくのは違うから、私は時々、自分の良心を確かめる。
    人は環境に染まりやすい。
    そこにいると、それが基準になっていく。
    外部の人から指摘されて、基準がズレていたことにハッとする。

    これから先、学ぶことはたくさんある。
    いつか、そんな私に似た、同じような層にいる男性と恋愛するのだろう。

    • mimoza
    • 2017年 4月 21日 3:14:03

    だいぶ自分のことが分かってきました。
    恋人はヨットから落ちても泳げる人がいいとうことも(笑)。

    たぶん、自分らしく生きていれば、それに見合った人と引き合うのだと思います。
    周りを見ていても、似たもの同士と付き合ったり、結婚しているので。
    今でも、やはり似た者同士で遊んでいます。

    私は安いアクセサリーが、とことん似合いません(笑)。
    どうも顔や雰囲気が、高級料亭にいる女将風なのです(笑)。
    サングラスをかけると、中国マフィアのドンのマダムなのだとか。
    チャイナ服を着て、子分を従えていそうと言われます。
    やっていることは、当たらずとも遠からず。
    自分がどんな人間なのか、服が人を作るといいますが、心のあり方が、似合う服を決定していくこともあるかもしれませんね。

    私はどこを目指したいのか決めているので、そこにいる人たちを、さらに研究していこうと思いました。
    どんな服を着て、どんな日常生活を送っているのか。
    どんな本を読んで、どんな話をしているのか。
    どんな食べ物を食べているのか…。
    できる限り、真似ていこうと思います。

    • ナウシカ
    • 2017年 4月 21日 10:27:33

    >実はずっと考え続けた結果、やっと出てくる感覚なんですよ。

    >満身創痍の状態でここに辿り着いてくる女性の多くは、どれが正常な感覚なのかよく分からないんです。

    >昔はそうじゃなかったのに、今は過去連綿とやり続けてきたことに違和感がある、というところです。

    このブログにたどり着いた時は重度の洗脳状態でした。

    本当にどうしていいかわからなくて異常な感情をもっていて

    どうすればいいのか正常な判断なんてできなくて(;^ω^)

    ずっと考え続けて自分を認めて洗脳が解かれ始めたら

    疑問でてきますね。。。。

    >あなたに相応しいと思うものだけを選んでください。
    もうちょっと正確に言うと、あなたが求める理想の自分に相応しいものです。

    「諦める」ことなんて簡単にできないから「切る」にしたくて

    葛藤してきました。

    私の理想に相応しいもの。

    ノート書き出してみた(笑)

    彼は私には絶対に相応しくはない(-_-;)

    でもね。

    やっぱり「好き」の感情は簡単には消せなくて(笑)

    だからもう1度戻ってやりきってちゃんと終わらせたいと思っていたのです。

    どっちを選べばいいのかな?

    まだまだ恋愛の勉強が心に定着していないのかな?

    GWはブログ最初から見直します。

    • しろいるか
    • 2017年 4月 23日 17:05:19

    残業1時間以内にする
    朝果物野菜ジュースを飲む
    綺麗な部屋
    ストレス溜めない
    笑顔でいる
    ヨガをする

    私はつまらない女じゃない。
    めっちゃいい女なんだから(^ ^)

    • はねのきおく
    • 2017年 4月 30日 8:07:36

    ずっとここ2週間あたり心が落ち着かなく部屋がちらかったり、メイクも上手くいかなくてもやもやしてました。
    最近の私はなんだか私が求めてる私と違うな、これは理想の私とは違うなと思いました。
    そこから、お部屋片付け、断捨離、もう今の私に相応しくないお洋服や靴かバッグからさよならしました。
    部屋を綺麗にして自分が満足している洋服を着て丁寧にメイクや髪を整えたら気持ちがすっきりしてました。
    ああ、やっぱり私がいるべきはここなんだなと思えた。
    丁寧に料理をして、好きな趣味にも集中できてやっと自分を取り戻せた感じがしました。

    • かすみ
    • 2017年 5月 02日 19:19:01

    一人暮らしを始めてからずっと、アロマとお花を部屋に…と考えていたのですがなかなかできず。
    買えず飾れず時間が過ぎていました。
    「いつでも買えるから」といつも思っていたんでしょうね。

    今日仕事帰りに、どうしてもお花やさんに寄りたくなって、買う予定ではなかったのにお花と小さな花瓶を購入。
    お花はセットになっているものではなく、スタッフのお姉さんに相談しながら二輪セレクトしました。
    ずっと紫色が好きだと思っていたけど、真っ先に飾りたいと思ったのはオレンジ色のお花でした。
    一輪買うはずが二輪になり、二輪をいかに綺麗に飾るかを考えて、小さい黄色いお花と存在感のある薄紫色のお花を選びました。

    とてつもなくしあわせな気分です。
    しあわせでしあわせでニヤニヤしながら、歩きながら、一瞬「LINEのタイムラインに…」と思ってしまったのですが、すぐに「これは私の大切な幸せだから、誰にも教えてあげないっ!」って思いました(笑)

    そんなこと言いながらここには書いちゃうんですけどね(笑)
    幸せな事は、幸せを感じられる場所に伝えるからもっと嬉しくなるんだなと感じました。

    • とうとう年女。
    • 2017年 5月 03日 13:48:47

    ここにきて5ヶ月ほど
    ずいぶんと変わったな、わたし。
    寝ても覚めても彼のことを考え自分を大切に扱えてなかったこと。
    妹から何を言われても我慢していたこと

    妹には嫌だったことを伝えました。
    そしたら音信不通だけど、私の中では楽になりました。
    わたしを否定する言葉を投げかけられることがこんなに心の負担になっていたとは。
    女性の私が女性らしくある事を否定する人の言葉は聞かなくていいんですよね
    なんだろなぁ、人って考え方ひとつで
    いくらでも変われるんだなぁ
    ずっと心の何処かにあったブラックホールが
    どんどん小さくなっていきます。

    • しろいるか
    • 2017年 5月 03日 21:34:59

    今日、ついにスロージューサーを買いました
    ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

    ずーっと憧れていたんです。
    朝、しぼりたてジュース飲む生活。

    私の理想だったんです。

    ジューサーを買うのはお金を払えばすぐにできるかもしれないけど、とっても高かったし、何しろ洗濯機とか、冷蔵庫みたいになくてはならないものではない。

    それでも…
    10日ぐらい毎日野菜ジュース飲み続けてて、お肌がピカピカになってきたので、ついに踏み切りました!

    すごーく嬉しい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
    いい買い物〜

    理想の私、理想の生活に一歩近づいた。

    • ナウシカ
    • 2017年 5月 03日 21:40:41

    >あなたに相応しいと思うものだけを選んでください。

    元彼は私に相応しいのか・・・・

    どうしてもここにたどり着く。

    • mimoza
    • 2017年 5月 07日 0:28:59

    『南洲翁遺訓』を読んでいる。
    幾度読んでも、魂が震える本がある。

    読んでいて、「誰か一人に一途になることはない」と、すとんと肚に落ちた。
    まるで私の仕事の形そのものじゃないかと。

    恋人もいて、もっと大きな存在があって、少女の頃から、これからも一生見守ってくれる人がいて、この盤石な体制は、まるで私の仕事の作り方そのものだ(笑)。

    やろうとしていることを考えると、一人の恋人では、少し心許ないと思った。
    私はバリバリできるトップでは決してないので、決断は一人でするけれども、支えてくれる人たちが必要。

    「事大小となく、正道を踏み至誠を擁し、一事の詐謀を用うべからず」

    厳しい生き方だけれど、私の理想とするところ。
    いや、守りぬくべきもの。
    目的のために手段を選ばない人間は、長続きしない。

    好きな遺訓はたくさんある。
    「真の機会は、理を尽くして行い、勢いを審らかにして動くと云うにあり」
    「道を行うものは、固より困厄に逢うものなれば、如何なる艱難の地に立つとも、事の成否身の生死抔に、少しも関係せぬもの也。事には上手下手あり、物には出来る人出来ざる人あるより、自然こおろを動かす人もあれ共、人は道を行うものゆえ、道を踏むには上手下手もなく、出来ざるもなし」

    オーディオブックも、大人買いした(笑)。

    人にはそれぞれ、器があるらしい。
    持つお金も、仕事も。
    私はどこまで行けるだろう。
    なんとなく、新しい風がふいてきている。

    • mimoza
    • 2017年 5月 11日 21:46:31

    うーん。
    まだまだ変態の度合いが甘い!
    もっと変態を極めよう。

    傑出した変態になります!!!

    • ナウシカ
    • 2017年 5月 13日 0:04:12

    女の尊厳をかなり傷つけられて

    ついに元彼をぶったぎりました。

    何も言わず連絡先全て削除完了。

    私にこんなことできる時がくるなんて

    思ってもいませんでした。

    kouさんとここで頑張ってる皆様に

    ほんとに救われました!!!

    ありがとうございました。

    私は絶対に幸せになります(*^_^*)

    • あーみ
    • 2017年 5月 16日 11:44:59

    私に幸せになってほしいと、いつも言ってくれる友人男性がこの間「俺たちにできることはないのか?」みたいに言ってくれてたんですが…

    どんどん男紹介したらいい?

    って聞かれて、その気持ちはすごく有り難いけど…なんか嫌。
    って思って、有りがたく受け取れなかったんですよね。

    でも私はこういう相手の好意を受け取らないから恋愛がダメなのかもしれない…と少し悩んでました。

    でも考えてて、私の違和感まちがってない!と思いました。

    どんどん紹介するって…誰でもいいみたいで嫌。

    価値ある私に紹介するのに、私にふさわしい相手か吟味もせず紹介する気ですか??

    って咄嗟に思っちゃったんですよね。笑

    なんか彼の女性の扱い方も透けて見えた気がします。

    もともと変に自信がある人なので、俺が本気出せば誰でも手にはいる位に思ってるんじゃないかな(–;)

    俺に合わせろ、って感じだし。

    いや、お前が合わせろ、ですけどね。笑

    それだけ幸せになってほしいって、大事に思ってくれててその扱いってことですもんね。

    なかなか曲者だな、あいつは。

    紹介が嫌なわけではないけど、そんな感覚の相手からの紹介は受けたくなかっただけ。

    私に柔軟性がないんじゃなくて、咄嗟に理想の私にふさわしくないと判断できたんだと思います。

    うん、私の感覚まちがってない(^^)!

    ちゃんと自分の女性の価値が染み付いてきてるってことだ。

    素晴らしい♪笑

    • 魔法使いめろふる
    • 2017年 5月 16日 17:04:18

    まず最初に、mimozaさんの変態を極める発言にお茶吹き出しました( ´艸`)笑

    たぶん、ここにきていらっしゃる人、個性的で濃い人しかいない気がしてます(笑)

    「あなたが求める理想の自分に相応しいもの」

    そーうねー、
    髪は変わって(伸びて)きているし、
    服装も毎日THEテキトーから、パンツスタイルにしても女性を意識したものに変えたし、
    スカートワンピース大好きだし、
    アクセサリー毎日するようになったし、
    メイクも毎日するようになったし、
    新しい靴もいくつか買ったし、
    ピンク色の持ち物が増えたし、
    気持ちが分散することで、一つに執着しなくなったし、
    (その最後の段階でおもいっきり執着してやらかしたけど、もうしゃーないw)

    理想の私にゆっくりと近づいているところ、ですかね。

    • 由ゆこ
    • 2017年 5月 16日 19:58:23

    ずっと考え続けています。
    何気なく触れていたことの一つ一つ、本当に自分がしたいこと、自分にふさわしいことなのか…。
    まだまだ心の声をうまく聞けないことも多いですけど。
    でも途中でやめないで、ずっと考えつづけます。

    求める大きな結果はまだ花開かないけれど、1〜2年前とは確実に変わっていることがいくつもあるんでした!

    考える時間が自分にたっぷりあってよかった。
    とことん見つめ直すぞー

    • 由ゆこ
    • 2017年 5月 16日 20:08:11

    >将来きれいな部屋に住みたいと考えるのなら、今の部屋をまずきれいにして、その生活に一歩でも二歩でも近づくための努力をしたらいいんですよね。

    実はそれが一番の近道なのかもしれません。

    思い切って引越ししたり転職したり、大元から変えるのもいいかもしれないけれど、まずは小さなところから理想に近づけていってもいいのかも。

    どんな風に挨拶するのか。
    どんな姿勢で机に向かうのか。
    どういう方法で身の回りの綺麗な状態を維持するのか。
    とか。

    そういうのソフトウェアの部分がわかっているほうが、環境が変わったときにしっかり理想の生活を送れる気がする。

    • ピンクのチーク
    • 2017年 5月 17日 2:00:23

    病気なので、現在、自宅療養しています。
    ストレスの多い仕事から数ヵ月離れて、ずっと気ままに、自由に生活しています。

    前の私は痩せすぎていて、なかなか太れなかったけど、今の生活になったら、薬の副作用もあるけど、ほうれい線が無くなり、目がパッチリして、しかも胸が大きくなりました。周りの人からは、以前はギスギスした感じだったけど、今は幸せそうに見えると言われます。

    今まで、散々、元気に見えるような濃い色の化粧品買ってきたけど、今の私には、それらはケバくなっちゃいます。
    今の私は、顔色もいいので、少し色を足す程度で充分です。これが、私が本当になりたかった顔や体形、精神状態なのかなって思います。仕事に復帰しても、この状態をキープしたいです。

    次の課題は、仕事の向き合い方を考え直すことです。トレーナーのような、体の使い方や、効果的な運動の仕方、ダイエット、疲れにくい体
    、綺麗な体づくりみたいな視点が入った運動を考えたいです。

    私が毎日リハビリしてたおばあちゃんたちは、老化もあるけど、偏った食事、変な体の使い方、太りすぎや運動不足の結果、歩けなくなったり、病気になっている。どうしようもなくなってから来ても困る!というのが私の本音です。もっと、早くから対策してたら結果が違っていたとずっと思ってる。

    • 月城
    • 2017年 5月 27日 19:36:51

    mimozaさんのコメントを読んで思い出した。
    彼は「ありがとう」や「ごめん」をとても自然に表現してくれる。
    私の方がこの言葉を使うのに慣れてなかったし、そんな風に自然に言う男性に会ったことがなかったらとても驚いたのだ。同時にそんなふうに言える彼を少しうらやましくも思ったし、いいご家庭で育ったんだろうなと思っている。

    彼の行動が理解できない時もあるけど、学べるところがたくさんあるのだ。

1 3 4 5
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント