恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

ちょっとだけ、出過ぎましょう

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

昨日、こんな記事を書きました。

仕事できすぎです!

 

反応を見ていて、ちょっと思うことがあったので、その話をすることにします。

勝手に集計係さんな女性は、やはりしばらく匿名で活動に当たりたいらしいので、まだ公表はしないでおきます(^^;

 

この記事で僕が伝えたかったのは、出ることです。

行動力なんです。

「できる人いませんか?」

という問いかけに対して、

「やっちゃいました」

という答えができることがすごいわけです。

 

コメントやメールで、機転の良さや気が利くというところに感心している人がいたんですが、そうじゃないんですよね。

もちろんそういうのもあった方がいいんですが、この場合、出過ぎることが大事なんです。

これ、日本人は本当に苦手なんです。

大丈夫です。僕も苦手ですから(^^;

 

そうです。普通は、できないんです。なかなかできません。

 

実はそれに気づいてもらえるかなと思って、ヒントを記事に埋め込んであったんですよ。

それがこちら。

いいですか、まだ集計を頼んでいないんです。

人が決まっていないうちから、「やっときました!見てください!!」と言いながら、成果を持ってきているわけです。

すごすぎます。

 

見つかりましたか。

メチャクチャ大事なポイントです。

・・・。

見つかりましたか。

 

「やっときました!見てください!!」

これです。

ここなんです。

 

「それ、やっときましたよ。」

でもいいんですが、これだと甘いんです。

むしろ後の方が大事なんです。

 

見てください!!

 

これって、女性は得意とする表現ですよね(^^

「みてみて!!」

と、口癖のように言っている人もいますよね。

 

やっときました!見てください!!

これを言いながら、ドヤ顔をしてほしいわけです。

 

なまじ器用な人は、気だけ利かせてアピールしないので、スルーされます。

この記事を読んで、抵抗がある人はかなり多いと思います。

 

いいんですよ。それが普通なので。

でも普通じゃダメなんです。

いいか悪いかで言えば、よくないです。

 

アピールできた方がいいんです。

ちょっとぐらい出過ぎた方がいいんです。

この話で、自分には無理だと思う人は、関係ない人の目をかなり気にしています。

関係ない人の目ばかりを気にして、本当に見てもらいたい人に見せるのをやめてしまうんです。

 

どれも加減の問題はあります。

しかし、本当に見てもらいたい人に見せるには、行動力と勇気が必要ですね。

これは恋愛にもそっくり言えると思いますよ。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • うさみみ
    • 2020年 10月 14日 19:40:59

    記事の趣旨とはずれるかもしれませんが、
    わたしが感覚的に恋愛が出来てたとき、
    「ねえねえ、みてみて〜♪」が口癖だったかもしれません。
    闇の中に消えていた感覚をひとつ思い出しました。

1 3 4 5
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント