恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

男性ほど扱いやすい生き物はいません

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

先日、メルマガの新規登録受け付けの停止についてアナウンスしました。

メルマガの読者登録を打ち切ります

正式に、2月13日(土)を最終日として、しばらくの間メルマガの新規受付は停止します。

 

以前にこんな記事を書きました。

なんか遙か昔に書いたような感覚がありますが、なんとまだ去年の年末でした(^^;

なぜ女性がそこまで考えてあげないといけないの?

なんとここに、僕が昔から考えていたことが、見事に具体化されたコメントを発見してしまいました。

かなり長いですが、全文を掲載します。

これなんです。まさしくこれです(^^

夜さんより:

kouさま、お久しぶり♪
ブログ、メルマガいつも拝見しております。
お元気そうでなによりですわ(^^) 私も元気ですよ~。

今彼とはかれこれ2年近く続いてるのですが、日々愛され度が深まってる実感があります(〃∀〃)ゞ
これもkouさんとの出会いがあったおかげ!
この年まで色んな恋愛をしてきましたが、最近になって「男との人の恋心をなめていたなぁ」とつくづく思います。

さて、こんなのみつけたので貼っておきますね☆

福岡伸一博士の『できそこないの男たち』という本によると
「地球が誕生したのが46億年前。そこから最初の生命が発生するまでにおよそ10億年が経過した。そして生命が現れてからさらに10億年、この間、生物の性は単一で、すべてがメスだった
生物の基本仕様としての女性を無理矢理作りかえたものが男であり、そこにはカスタマイズにつきものの不整合や不具合がある。つまり生物学的には、男は女のできそこないだといってよい

その本によるとメスが先にありき。もっといえばメスこそが種の源であり、オスはメスを補助する役割として創造されたらしい。
何のためか?
「ママの遺伝子を別の娘に届ける」という運び屋として。

しかし、ただ運び屋として利用するだけではもったいないということで、メスはオスにいくつかの付加価値を求めました。

外敵から守ることだったり、食料を取ってくることだったり、前人未踏の危険な土地を冒険させてもっと住みやすいところがないかを探させたり……。邪魔にならない程度に子育ても「手伝う」ようになりました。

要するに、オスはメスのパシリとして創造されたわけですね。
種としてみれば、メスがいかに上手にオスを使いこなすかが、その繁栄に大きく関わるということ。
メスが家で君臨し、オスがその指示に従い、ときに食料を持ち帰り、ときに外敵と戦い、ときに子育てするというのは有性生殖が始まって以来の伝統的スタイルであるということです。
そのために、そもそもオスは、メスにとって「扱いやすい」ように設計されているようなのです。

さらに、京大の総長・山極寿一博士の『家族進化論』によれば、ゴリラのように屈強なオスのボスザルがハーレムを作り君臨しているのも、結局はそのほうがメスにとって都合がいいかららしいのです。

逆に、ニホンザルのように、ボスザルはいても、複数のメスが複数のオスと乱交するような群れを形成している種では、オス同士の緊張が増さないように、普段メスはとりあえずボスザルと交尾をするけれど、妊娠の確率が高い時期にはボスザルの目を盗んで好みの雄と交尾するそうです。

すべては女性の手中にある。つまりもともとオスは、メスの手のひらの上で転がされるようにできている。人間も同じです。

最近の人間社会では、オスがやたらと威張っているように見えますが、実はきっと、外敵から守ることだったり、食料を取ってくることだったり、前人未踏の危険な土地を冒険させてもっと住みやすいところがないかを探すことだったりを、メスから命じられてがんばっているだけなんですね。

「ご主人様」であるメスが「もういいよ」と言えば、外からすんなり家に戻ってきて、「ご主人様」から好かれようと思ってしっぽを振りながら、次の指示を待つ。
オスって本当はそういうけなげな生き物なんです

面白い!

メガギガテラわろたwうけるw面白すぐるw(仔猫様 異次元語拝借してま)

 

これ、どうですか。

すごくないですか(^^

僕が昔から思っていたことです。

実際に生物の授業でも習いましたよね。元々すべてがメスの種がいて、ある一部の個体が突然オスに変化するんです。

染色体のYも、Xが変異したものとかいうのを習った記憶があります。

 

まあ何でもいいんですが、ベースは女性なんです。

女性は、男性に振り回されてはいけないんですよ。

このコメントの内容で僕が言いたいのは、男性は女性のなり損ないだとか、男性は女性の召使いだとか、そういうことを言いたいわけじゃないんです。

先に言っておくと、男性を見下した発想をしているうちは、望んでいるような豊かな恋愛はまず望めません。当たり前ですよね。

相手にどこか尊敬できる要素を見出せるからこそ、深い恋愛ができるんです。

 

上とか下とか、そういうことではなくて、本来男性というのは、女性にとってはかなり扱いやすい生き物だということですね。

これを覚えてほしいと思います。

 

まあいますよ。

彼にどう接したらいいのか分かりません・・・

彼にいつもいつも気を使ってしまいます

彼が何を考えているのか全く分かりません

 

いやいやいやいや。

そんなことはないはずなんです。

すべての女性にとって、男性というのはこれ以上扱いやすい存在はない、というくらいに扱いやすいんです。

そういう風にできているんですよ。

 

仔猫ちゃんよりもよっぽど飼い慣らしやすいです(^^;

男性は全員同じです。

本当に同じです。

性格が違うだけで、全部一緒なんです。

性格は、男性心理の上に乗っかっている、後天的にできたものです。

そんなものは、女性のあなたがちょっと本気になって、男性心理をくすぐれば、一発で崩せるんです。

 

これは恋愛の戦略を知っている男性でも同じです。

はっきり言って、男性は女性の前では無力なんです。

そこを覚えておいてください。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • せな
    • 2017年 3月 11日 20:04:45

    わたしの好きな人は、本当に可愛いです。
    皆んなは、彼のこと怖いって思ってますが、素直で、すぐ顔に出るとこ、可愛いらしいところが大好きです。

    私が、お店でお皿を店員さんに持っていってもらおうと、手に持ってたら、とっさに自分が持つ。

    ちょっとしたことを褒めると、
    満面の笑みを浮かべる。

    私が、彼をいじり倒してると、とても楽しそうです。

    男性は、女性の役にたつのが嬉しいし、ある程度は振り回されたい。
    そして、たまに褒めてあげると喜ぶ。
    単純で可愛いんだなぁと改めて思います。

    結局、わたしは、好きな人に自由奔放に振舞ってるからこそ、彼も楽しいのかなぁと。

    まあ、彼はまだグレーゾーンですが。

    • みさみさこ
    • 2017年 3月 12日 17:45:29

    この記事、1回は読んでいるはずですが、今久しぶりに読んだら・・・!!

    以前から、
    女性が母体だ、とか、
    男性は女性より弱いしもろい、とか(体力も気力も)
    女性が強い方が家庭はうまくいく、

    とかいうようなことはいろいろな所、形で耳にしましたが、いまいちピンと来ていませんでした。男性のことがよくわかっていなかったし、わからないから、未知な生き物でこわかった(?)んですよね。私は自分に女性として自信がなく、男性にこちらに向いてもらう(向き続いてもらう)ために、下手に出ていたのです。だから、上記のような考え方が信じられなかった。少なくとも、私はそういう考え方で動くことのできる女性ではないと思っていました。

    でも、ここでいろんな記事を読んだり、実生活でいろいろと実践・実証実験?したりしていくうちに、色々つながってきた感覚がします。

    男性って、私にとってはこわがらなくていい存在。
    大丈夫。男性は女性のことをそんなに厳しく見ていないから。
    男性は、女性にとって愛すべきカワイイ存在。
    私が話しかけたらむしろ喜んでくれる。ワンちゃんみたいな存在。笑

    男性は、女性にとって扱いやすいようにできている。
    メスの手のひらの上で転がされるようにできている。

    ・・・本当にそう思えそうになってきました。

    だから私は、いつも笑顔で、心配しすぎず、肩の力をぬいて、好きなように男性と付き合えばいいんだろうな♪
    女性が男性を上手に扱えば、男性もうれしいし、全てうまくいくんだろうな。

    私は女性として、未熟だったんですね。

    私は長年、男性という生き物がわからなかった。
    わけわかんないから、近よりたいという気持ちもおきなかったし、むしろ向こうから近づかれると、嫌悪感まではないけど、引いてしまって、離れたくなる。長い時間一緒にいることに楽しみを見いだせなかった。

    好きな人はいたんだけど。その人と両想いにはなれなかった。

    なぜなのかな。
    母が、父に従ってる感じだったからかな。
    父が怖い存在だったからかな。

    Kouさんが言いそうなこと。

    「彼にどう接したらいいのか分かりません・・・」
    「彼にいつもいつも気を使ってしまいます」
    「彼が何を考えているのか全く分かりません」

    これは全部、男性のセリフなんですよ。

    男性「好きなあの女性にどう接したらいいのか分かりません・・・」
    男性「彼女にいつもいつも気を使ってしまいます」
    男性「彼女が何を考えているのか全く分かりません」

    これでいいんです。

    女性にとっては、男の接し方なんてチョロイもんなんです。
    女性は、男性なんかに気を使う必要はありません。自由にやったらいいんです。
    男性が考えてることなんて、単純です。っていうか、男性が何考えてるかなんて女性は気にしなくていいんです。

    笑。

    明日からの一週間、お仕事はなかなかヘビーですが、楽しい一週間を送れそうです。

    • 青色
    • 2017年 3月 12日 21:24:13

    彼からの誘いを断ってしまってどうなるかと思ったけれど
    むしろ以前より乗り気になってるし
    されて困ったことを主張して嫌がられたかと思ったけれど
    謝ってくれて今度から気をつけてくれるらしい。

    Kouさんが教えてくれた通りだった。
    でも男性心理を学んでいてもどきどきだった。

    男性心理はみんな同じ。
    性格が違うだけ。
    なんか分かってきた。

    • Nica
    • 2017年 3月 13日 4:42:49

    面白いですね(≧~≦)

    日本中女性で埋め尽くされても
    一人男性がいれば、子孫は残せますしね。
    …かなりの極論です。
    それほど女性って、
    実は強かったんですね(^O^)

    そう思ったら、なんか、強気になってきました^^
    もちろん、下とか蔑んで見てませんよ>_<

    うん!気持ち的に強気に恋愛できそう笑

    • ハニーサックル
    • 2017年 3月 20日 0:30:32

    「ご主人様」であるメスが「もういいよ」と言えば、外からすんなり家に戻ってきて、「ご主人様」から好かれようと思ってしっぽを振りながら、次の指示を待つ。

    ↑これは旦那が私によく言ってくる事にそっくりで、思わず噴き出してしまいました。

    旦那は、「ハニーサックルちゃんは俺の飼い主だからちゃんと世話してね。」や、「いつもちぎれそうなくらいしっぽ振ってる」などと言ってきます。

    私が飼い主って、どういう事なんだ?と思ってましたが、旦那は男の起源とか役割をよく理解してるって事なのかなぁ。

    • りゑこ
    • 2017年 3月 21日 0:20:38

    恋愛の勉強が行き詰まった時は、父で試してます。
    父と軽い口論をした際、「ごめんちゃい」と後ろからハグしたら、もう一瞬で解決されました。
    女子パワーは平和を呼ぶ !

    • ipse
    • 2017年 3月 21日 2:18:21

    昨日、彼と口論?になりました。(口論という口論じゃないんですけど…)

    その時ね、彼が「もっと、素直に答えてくれたら良かったのに。」と言ったので、今までずっと思っていた、男性にとっての素直さって?を聞いてみました。

    今まで、女性に対して素直になれば良いのに。って言ってる男性の会話を聞いてきていたんですが、なんだか男性の言う素直さと女性の思ってる素直さって違うんじゃないかと思い始めていたんです。

    それで「あなたの思う素直さってどんなことかな?例えばで教えて!」と聞きました。
    すると、「ありがとう!じゃあ、次会った時に〇〇を楽しみにしてるね!とか?」と言っていました。

    え〜!全然違う!!!
    わたしの思ってる素直さと全然違う!笑
    唖然としました。

    ついつい彼に「それって素直というより、感謝の気持ちだよね…」と突っ込まずにはいられませんでした。
    更にそれって都合のいい女なんじゃないですか?とも。

    わたしが思う感情的な素直さって、悲しいや嬉しいという気持ちをちゃんと持ち、本当に伝えたかったことを怒りなどの言葉ではなく、まっすぐそのまま伝えれること。です。

    あとは、疑う心なくまっすぐ取り入れる心。

    でも、どちらも自分の本心にはウソをつかず、自分に正直であること。
    なんです。

    だから、ついつい「わたしはね、あの時嬉しいとは思えなかったの。その理由は〜〜〜という経緯があったからなんだよ。悲しかったから、感謝の気持ちは持てなかったの。
    わたしは嬉しい!と思えばありがとう!嬉しい!と言うよ。でもあの時はそんな状況じゃなかっただからそう思えなかったの。
    感謝とあなたの言う素直さって違うと思う。」と伝えました。

    でも、今とても考えています。
    わたしはまだ彼を信じ切っていないのかな?って。
    もし、これが信じれる女性なら、「わ〜い!じゃあ次に会った時に楽しみにしてるね!」と言えるのかなって。

    それって都合のいい女なんじゃないかなって思う心はまだ彼にわたしは心を任せていないからかなぁ。

    まだまだわたしが納得するまで、やらなきゃなと思っています。

1 6 7 8
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント