恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

自分で責任をとるという意味(まじょらむさんの記録記事)

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

メルマガで書いていたんですが、ブログの方がいいと思って、あえてブログで書き直すことにしました。

今日、「他人のせいにしたら楽です」というメルマガを書きました。

これについて、僕は自分の人生の責任を自分でとるという話をしました。

この「責任」について、どうも読み違いをしている人がいるようなので、改めて説明することにします。

「自分のせい」とか、「他人のせい」という表現を絡めたからなんでしょうね(^^;

 

自分のことに自分で責任をとるというのは、「うまくいかなかったことを自分が悪いと断罪する」ことじゃありません。

全部私のせい、私が悪かったんでしょ、ということじゃないんですよ。

 

責任をとるというのは、そういうことじゃないんです。

日本では責任をとるというとき、謝るとか、辞職するとか、断罪されるとか、マイナスのことを考えがちです。

できなかったら死んでお詫びします

の延長みたいです(^^;
僕が言っている責任をとるというのは、そういうことじゃないんです。

自分で責任をとるというのは、自分で面倒を見るということです。最後まで。

 

全部自分のせい、自分が悪いと考えると、実は相当に辛い人生になります。

他人のせいにしていくことよりはマシかもしれませんが、何でもかんでも「私が悪い」で生きるのはかなりしんどいですね。

雨が降った。雨女の私が悪いんだ。

お母さんが不機嫌だ。私がいい子じゃないからだ。

こんな発想で生きていると、当たり前ですが、どんどん暗い子になっていきます。

 

それは、このブログを読んで、恋愛の勉強をしている女性が目指す女性像とは随分違うものだと思います。

そうじゃなくて、うまくいかなかったら笑い飛ばせばいいと思うのです。

そして自分でフォローする腹づもりでいればいいのです。

 

「雨が降った。しょうがないね。じゃあ雨用の用意をしよう。」

「お母さんが不機嫌だ。でも私は釣られずに明るくいよう。」

これだけなんです。こんな発想ができたら、かなり楽だと思いませんか。

 

自分を責め立ててくださいと言っているのではなく、自分で楽にコントロールできるようにする方向に持っていってくださいということなんです。

それは、自分に起きたことを、自分で面倒を見る覚悟を持つのが一番簡単なんです。

この話でも、結構いろんなことにつながると思います。

 

何か特殊な事情があるからできないというふうに、他人のせいにしないこと。

他人のせいにせず自分のせいにするという意味で、自分を責め立てる必要はないんです。

そんなことをしても何もいいことはありません。

特殊な事情は特殊な事情です。

それはそれで事実として受け入れた上で、自分でどうフォローしていくかを決めればいいんです。誰かのせいにして投げてしまうことが責任放棄であって、実は一番ダメージが大きいんです。

 

他人のせいにしていくのは、一見楽です。

でも楽なのはそのときだけです。実はその裏では相変わらずダメージを受け続けていて、やればやるほど疲弊していきます。

恋愛でも、彼が悪い、親が悪い、環境が悪い、自分の育ちが悪いという理由で、勝手にさじを投げようとする女性のなんと多いことか。

 

今年の5月、ある人から突然メールが来ました。

「女性の承認」の解除に関するメールでした。

購読者が亡くなりましたので解除してください

というものでした。

僕は驚きました。彼女の妹にあたる人からの連絡でした。了解を頂いたので、この女性のことをブログで紹介したいと思います。

 

この女性は、まじょらむさんという人で、「女性の承認」が2014年3月に始まった初日の登録してくれた一人でした。

なんとガン闘病中でした。

コメントを検索したら出てくるので、興味があればぜひ覗いてみてください。コメントは積極的に書く方ではなく、12時間レッスンのみに参加しているような感じですが、僕はまじょらむさんとは随分やり合いました(笑)。

「闘病中のまじょらむです」という書き出しがなければ、なかなか闘病中だとは分からないくらいに元気な文面が多いんです。

そして一番驚いたのは、全部に自分で向き合い続けていたことです。

 

結構な数のメールをもらいましたが、弱気なメールはあるものの、病気のせいでうまく行かないというような話はただの一度も書いてありませんでした。

彼女自身、自分ですべて納得しながら行動していたんだと思います。

恋愛の勉強も、自分で納得して進めていました。恋愛もそうです。実際には相当に恐怖があったはずです。

そういう話も聞きましたが、それでも今の状況でできることを常に考えているような感じでした。

 

これを、自分で責任をとるというのだと思うのです。

この知らせを受けたのはもう半年か1年くらい前のような気がしますが、実際には数ヶ月しか経っていません。僕の中では、まだ実感がないからかもしれません。

特殊な事情というのなら、彼女は間違いなく特殊な事情を背負っていました。

 

たとえ苦しい状況にあっても、あなたと全く同じ時代に生きていて、同じ時期に、同じ場所で、同じブログの記事を読んで、恋愛の勉強を楽しんでやっていた女性がいるのです。

どうか、そういう女性がいたということだけでも記憶に置いてください。

僕はこの記事を、まじょらむさんへの記録記事にします。

残念ながらコメントで会話をしたことのある人がいないようですが、まじょらむさんのコメントを読んで知っているという人はいるかもしれませんね。

 

僕は自分で自分を責め立てることは一切望んでいません。

そんなことはしないでください。

考えてほしいのは、自分のことを自分で最後までフォローし続けることです。

自分の人生がうまくいくかどうかを、自分で決めることです。自分で納得して進めようと思う気持ちをもってもらうことです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • あえか
    • 2019年 3月 12日 18:37:59

    T橋さんに最後にお会いしたのは、
    昨年の桜の頃でした。

    地震の後にメールしてたんですよ。
    「顔が見られるうちに」って。
    「落ち着いたらお待ちしてます」って。

    普段は忘れているんですよね。
    人生は有限だってこと。

    • シナモン18
    • 2019年 5月 22日 21:12:18

    今の自分を誰かにどうにかしてほしくて、
    誰かがどうにかしてくれるんじゃないかって思っている。
    自分で考えることを放棄している。
    できないことに嘆いて、失敗に悲しみ、不安いっぱいで良くない妄想を繰り返す。
    自分で切り開くしかないのだ。
    私の人生を楽しくするのも私しかいなのだ。
    変わろうとする自分と、それを止める自分がいる。止める自分がまだまだ強い。
    人に頼るのと、依存するのは違う。

    大丈夫だよ。

    • みうか
    • 2019年 8月 19日 22:42:43

    私も幸せになりたいし
    なるけど

    ここにいてはる皆さんにも
    幸せになって頂きたい

    そんな記事でした

    • 雪の日
    • 2020年 1月 14日 21:26:10

    “ 自分の人生がうまくいくかどうかを、自分で決めることです。”
    まさにこれが全てですね。
    毎日日常の中で繰り返す小さな決断に、この意識があるか?で大きく変わると思います。
    このブログ、kouさんの言葉、女性の承認でちょっとづつ正しい感覚が身についてきたと思うから
    うまくいくかどうか?自分で正しい方を選べるようになってきたと思います。
    まだまだ勉強頑張ります。

    • まいまい16
    • 2020年 4月 12日 11:49:09

    こんにちは

    久しぶりにこの記事を読みました。
    (メルマガから来ました)

    • myao
    • 2020年 4月 12日 13:58:27

    自分のせいにしてさえいれば
    向き合わなくて済む
    そうして、自分のせい(かのように)してきた気がします

    • 京香
    • 2020年 4月 12日 14:24:07

    人間誰もが、生まれ持った定めはあります。まず私という人間で生まれてくる事。また生まれてくる家。子供のうちは自分の力で環境だけは変えられません。そこで様々な面で開きが出る事も多いと思います。ですが大人になれば全てが自己責任です。人生は1度きり。どう生きるかは自分次第です。生きていれば予期せぬ出来事に見舞われる事も多々あるでしょう。ですがそこで嘆いて立ち止ったままでいるか、前を向いて進むか。前を向いていれば、今がどんなに悲惨な状況でも、何か解決策や道が見つかると思います。誰しも不安や悩みはありますが、それを抱えて、女性は春の陽だまりのように明るく笑って前へ進めると思っています。女性は本来強いですから。自分や環境を責めるのではなく、前へ向かっていくのです。自分の幸せのために。

    • eri
    • 2020年 4月 15日 10:05:44

    私なんて、ただ体調悪いだけでも、自分に自信もてなくなり、考え方が暗くなるので、本当、甘えるのもいい加減にしなきゃなと、思います。

    ただ、私は、よく他責、自責が理解出来ていなくて、自責にしようとすると、失敗したら死ねぐらいに思ってたので、辛すぎて八方塞がりになり、いつも、その反動で、他責になってたと思います。

    この考え方を教えてもらってとても楽になりました、ありがとうございました。

    • ハリーポッターと謎のプリンセス
    • 2020年 5月 26日 0:06:29

    失敗しちゃったーー
    なんであんな行動しちゃったんだろう…
    って後悔した時って自分を責める事が多い気がする。

    妹や友達の相談や話を聞いている時は
    気にしなくて大丈夫だよ♪
    そんな時もあるよ!
    って受け止めようと言葉かけているのに
    自分には言えていたかな?
    なんか、覚えていない。

    はぁ、またやってしまった
    嫌われたらどうしよう?
    もう嫌だなぁー・・・って
    過去の出来事に囚われて
    暗くてネガティブな未来を想像して
    自分で不安を膨らませたりしてる。
    アフターフォローしてあげていないかも。
    なんか、自分の事なのに覚えていないです。

    1週間前、彼と過ごした日に
    彼がいるのに自分の趣味ばかりに没頭してしまい、失礼な態度をとってしまった。自分の中でとても申し訳ないことしたなって思って、、、そういう自分が許せなかったし、それとは関係ないけど、社会人になってぶくぶく太っていっている自分にもイライラと焦りが募っています。食生活を変え始めたり、筋トレ始めたりしてるけど、うまく自分を褒められなくて、責めることが多いから諦めて、忘れて、続かなかったりして、自分を責めて、やって、心が折れて、感情に蓋をするっていう流れが続いているのかもしれない。

    自分の負の感情に対しても
    フォローできる女性になりたいな。

    • jasmine
    • 2020年 6月 21日 23:52:31

    久々にこの記事を読みました。

    最初に読んだときは何ともありませんでしたが
    今読み返して「自分を責め立てる必要はないんです。」に涙が出ました。

    ここでお勉強をして、全ての行動に自分の意志を吹き込んで責任を持つ、と思いながら生活してたので
    あらゆることで自分の行動を省みて責めてしんどくなっていたようです。

    カチコチでした。もっと柔軟に!ですね

    • まゆか
    • 2021年 6月 14日 20:09:45

    恋愛ですぐに自分を責めて、恋愛で何かあれば自分に原因があってどんどん自分で決断ができなくなっていました。もちろん恋愛という分野だけではないと思います。生きていく上でいつも、すべてにおいて、です。自分で決めたことに自信がないからです。自分がいいならそれでいい!自分を信じる!自分を突き通す!それができなくなってました。失敗やリスクを考えて何かあれば自分を責めるかと思いきや誰かのせいにしたりして。どんどん自分という芯がない人間になってました。この記事を読んで気付かされることが多かったです。でも気付かされるだけじゃダメですね。思考と行動に移していきます。私の一番の味方は私だし、私が一番私を愛して自信を持たせてあげたいです。自分と向き合う。難しいけどやってみます。自分で自分をフォローして。自分が決めたことに後ろめたいと思う時点でまだまだダメでした。がんばるぞ〜

1 5 6 7
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント