恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

女性の防衛感覚を今すぐ思い出してください

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

ちょっと忘れてしまいそうなので、今書いてしまうことにします。

 

私の友達は、彼の部屋によく泊まり込んでいます。これは普通なんでしょうか。

私は実家暮らしで、妹の彼氏が頻繁に泊まりに来ていて落ち着きません。

私の彼は、私の部屋を自分の部屋のように使っています。結婚も同棲もしていません。

私が参加しているサークルのパーティーはいつも一部屋で泊まりです。

 

僕は聞いていてびっくりしました。

まあ、この手の話は珍しいものではないのですが、それにしても驚きます。

 

あなたはこれをどう思うでしょうか。

これを普通だと思っている人は、残念ながら「女性の価値」なんか永遠に分からないんじゃないかなと思います。

そのくらいに大事なことです。

 

これが普通になっていたら、したいしたいと言っている結婚への道のりは全く縮まりませんし、女性のあなたが普通だと思っていると言うことは、男性もそれが普通(日常)だと思っているわけです。

普通だと思っていてすでに手に入っている状態のものを、新たにリスクを冒してまで改めて手に入れようと考える男性はあまりいません。

いないことはありませんが、明らかに少ないですよね。

 

同棲して結婚してうまくいっている人もいますよ

とか、

頻繁にお泊まりして仲良くなって、結果的に今もラブラブな人を知っています

という人がいるんですが、そんなものは僕に言わせればレアケースの1パターンに過ぎないんです。

僕は成功例も失敗例も含めて、ものすごい数の事例を見ていますが、総じて言えることは、女性に接することが日常化すればするほど、後の恋愛の継続に重大な影響をもたらすということです。

 

疑問に思うだけまだいいんですよ。

ひどい人になると、まさに普通になってしまっているんです。

彼(あるいは彼未満のグレーな男)を平気で部屋に招き入れ、それをおかしいことだとは全く思わないんです。

お姉さんや妹が、自分の彼氏だからという理由だけで家に呼ぶことを、全く気にしない人もいるわけです。

 

これははっきり言ってかなり危ないですよね。

家族以外の男性が、自分の家に何食わぬ顔で出入りしていることに、抵抗を覚えない方がどうかしていると思わないといけません。

少なくとも僕が知っている「モテる女性」に当てはまる人は、例外なくこの感覚を持っています。

 

気持ち悪さを感じるようになってください。

この感覚がまるでない人は、あとで職員室まで来てください。

 

・・・じゃなかった、この記事を読んだあとで問い直してみてください。

 

一方で、僕のところに相談に来る女性の中には、

私は一人暮らしです。エアコンの工事に来てもらうんですが、一人だとどうして不安です。彼に相談した方がいいんでしょうか

ということを普通に言ってくる人もいるんですよ。

これですよね。この感覚です。

 

実際は安全なんですよ。当たり前です。

工事業者の男性作業員が悪さをするケースなんて考えていたら、一人暮らしはできないんです。でも、そこで一抹の恐怖を感じる感覚を持っているかどうかです。

 

これは「女性の承認」では時々話題に出していますが、男性が持つ女性への感覚は、もっとシビアです。

何しろ、一歩間違えたら終わるんですから。

そう簡単には触れないと思っています。

そう簡単に部屋には入れないと思っています。

そう簡単にプライベートは見られないと思っています。

そう簡単に心は手に入らないと思っています。

 

どうですか。

ここ、また来るところです(^^

まだ来ませんか。

 

まだまだありますよ。

そう簡単にデートの約束は取り付けられないと思っています。

そう簡単にメールアドレスは教えてもらえないと思っています。

そう簡単に電話番号は交換させてもらえないと思っています。

 

求められたからというだけですぐにメールアドレスや電話番号がもらえるのなら、男はみんなナンパ師なります。

そんなことはできないと思っているからやらないんです。

 

男にとって、女性の部屋というのは、魅惑の地なんです(笑)。

普通はホイホイ上がり込めるような場所じゃないんです。少なくとも最初は、そう簡単に入り込める場所じゃないと思っています。

ところが、これを簡単に明け渡すから、彼は「これはOKなんだ」と勝手に学習するわけです。

これも毎回言っていますが、犬と一緒なんです。

常にどこまでやっていいかを探っているんです。少しずつ試しているんですよね。

 

これは自分と彼の問題じゃない場合も同じです。

先ほどの姉妹や同居人が連れてくる男性も同じです。

最初の例には出しませんでしたが、ルームシェアしているとか社員寮で同僚と一緒に住んでいるようなケースでも、似たような相談があるんです。

同居人が軽々しく男性を連れてくることについて、抵抗を覚えるようになってください。

 

こういうことを言うと、「そんなの古いよ、堅すぎる。もっとオープンにならないとまともな恋愛できないよ」とかわけの分からないことを言う人が出てきますが、こういう人の話は聞いたらダメなんでしたよね。

なぜなら、彼女たちは例外なく「脇が甘い女」だからです。

 

何回も言うように、脇が甘すぎるんです。

がら空きなんです。

脇ががら空きな女性のままでいたら、女性の価値なんか永遠に分かりっこありません。

 

もう、僕はこのブログで叫びすぎて、ノドが痛いんです。

そろそろ気づいてください。

気づくというか、思いだしてほしいんですよね。

 

本当は持っているはずです。この女性の感覚を、あなたは持っているはずです。

あなたが今までこの感覚を持っていて、それが正しいのかどうか自信がなかったのだとしたら、大丈夫です。

 

正しいです。間違いありません。

攻略余地を残し続けることの重要性を何度も話してきていますが、それと今回の話は見事につながるでしょ。

ここで電球が光りまくった人は、もう大丈夫なんです。

ハードルは上げないといけません。下げた方が一見うまくいきそうな気がしますが、逆です。

 

下げたら、どうしようもない男ばかりが寄ってきます。

「私は安くない」

と胸を張って言えるようになってください。そのためには、この女性の感覚を持つことが大事です。

 

あなたの価値は、まずあなたが自分で定義するものです。

他の誰が決めるものでもなく、あなたが決めるものです。

自信を持っていいんです。

誰が何と言おうと関係ないんです。

 

長らく受付を停止していましたが、7月4日(土)から、「女性の承認」の新規登録を再開しようかと思います。

「女性の承認」に興味がある場合は、このタイミングでぜひ参加してもらいたいと思います。

「女性の承認」について知りたいこと(2)

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • まき
    • 2020年 9月 27日 14:14:29

    彼には会社の電話は教えました。

    でも、その前に携帯電話の番号を聞かれた時、プライベートは仕事と別けたくて違う方法を教えました。

    そろそろプライベートの領域に来ても良いけど、ちゃんと口説かれたい。わたし相当ワガママです。

    • るうな
    • 2020年 11月 20日 8:35:05

    よかった…ひとり暮らしの部屋に業者の男の人が来ること、いつも怖いと思ってました。でも自意識過剰すぎなのかなって。

    正常な感覚だったんですね。

    • ぴーちてぃー
    • 2021年 5月 06日 13:44:30

    結構友達で多いんですよ。
    男性を家に呼んだり、家に行ったりしている女性。
    お互いに友達だと思ってるし、幼なじみで昔から知ってるし、とか何も起きないから問題ないって思ってるみたいなんですが、正直理解できなくて(・・;)
    泊まらなくても、単に家に遊びに行くっていうのも
    なんだか気持ち悪く感じるんですよね…。
    てか業者ですら嫌ですもん。1人の時に家に入らないでほしくない。笑
    でもその感覚が正しかったんですね。
    周りにそういう子が多すぎて、自分の考えが古いのかなーと思ってた時期もあったので…(笑)

    • 浪花の女
    • 2021年 6月 07日 18:19:36

    むぅわぁぁぁーー(>o<)
    今、めっちゃ迷ってます。
    彼とのデートのためにやりたい仕事を休むかどうか。
    休めば長くデートできます。
    彼が提案してきた日は、彼の仕事関係の集まりがある日で、以前ならその日に会おうとしても、その集まりを理由にサクッと断られてました。
    今回は、「集まりあるでしょ」と言ったら「そんなのマストじゃないんだよ」とのことで、彼自らその集まりも休むと言ってました(今まで何やったん?)。

    でも、あまり長くは会えないけど、別の日の方が私には都合がいい(元々私の休みで、入れてあったいくつかの予定をずらさなきゃいけないけど、やりたい仕事は休まなくていい)。

    ……あまり長くは会えない日にしてもらおうかな(・ω・`)
    それだって私の今ある予定を動かすんだし。
    長くは会えなくたって会えるんだし。
    次回はちゃんと前もって休みの予定たててもらいたいなー。

    付き合ってても、そう簡単にデートの約束は取り付けられないですよ(・ω・`)
    いや、そんなに難しくないはずなんだけどなぁ。
    通常モードだと月1回のデートだけど、今月はランチだけして、来月2回デートさせたろかな。

    どうやって?できるかな?とりあえず作戦たててみよう。

    • たむたむりん→浪花の女さんへ
    • 2021年 6月 07日 19:46:30

    おおおおーー!!

    月2回にさせてしまいましょう!
    浪花の女さん、ファイト!

    • 浪花の女→たむたむりんさん
    • 2021年 6月 07日 21:03:45

    ぬぉぉぉぉーーーーー!!
    やったるでぇぇぇーーー!!

    私、いつも作戦たてるとき、頭の中の半分位を名前で呼ばれたい名前で呼ばれたい名前で呼ばれたい名前で呼ばれたい名前でよばれたいなまえでよばれたいなまえなまえなまえきみのきみのなまえ
    とかにして、関係なさそうな記事でもひたすら読んでひたすらコメントするんです。
    そうすると翌朝とか仕事中とかに(仕事せえ)上手く浮かぶことがあります。
    考え中は迷走しがちですし、敵も予想外の動きを見せたりしますが。

    ただ、
    なんで彼はこうなのーーー(ToT)
    ハハーン、彼はトクベツなんだな。
    で脳のCPUのほとんどを使ってた頃よりは全然いいです。あの状態はフリーズとも言うのではないでしょうか。

    もっと効率のいいスマートなやり方が知りたいです。

    • たむたむりん→浪花の女さんへ
    • 2021年 6月 07日 21:58:30

    考え中の迷走……、心当たりありすぎです(^_^;)

    私はコメントのブログタイトル気になった奴に飛びまくって読んでます。

    彼の予想外………予想外にも程がありすぎて、

    あれ?私考えすぎ?色々と考えすぎてるの??いやいやいや、だってああやったらこう来た、そう取るよね?え?

    が最近立て続けに。
    私が考えるよりはるかに彼の行動は深くなかったんだ………と目からウロコどころか瓦が落ちた位の感覚に(^_^;)

    いや、浪花の女さんの彼氏さんはそんなじゃないとは思ってますが。

    そういえば。
    以前に友人に教えてもらった魔法の言葉。彼の言動に悩みそうになったら、

    「なんで?」「どうしてそうなるの?」

    と思わずに一言つぶやいて、と。

    「そう来たか!」「なるほどそう来るか!」

    これで迷走はだいぶ減るよ、と。(笑)
    最近段々理解できつつあります(笑)

    • 浪花の女→たむたむりんさん
    • 2021年 6月 07日 22:47:04

    あっ、あのさっ、サロンにお返事書いたよっ(//∇//)

1 4 5 6
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント