恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

今日の私は違います

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

5月はメルマガの数が随分少なくて、

メールが届きません。解除されましたか?

という問い合わせがかなり増えました。

何回も言っていますが、僕は予告なしに一方的にメルマガを解除することはありません。絶対ありません。

12時間レッスンとかで不正をした場合にそういう措置を執る可能性はありますが、それでも事前に通知はします。

 

最近メルマガを送っても届かないケースがあって、メルマガ配信システムの異常かと思っていましたが、どうやらブログのサーバーの調子が悪いだけだったようです。

これも何か補強や仕組みの改良を考えないといけませんね。

 

現在メルマガの新規受付は止めているんですが、それでもどうしても登録したいという人がいるので、登録理由を書いてもらうことで受け付けています。

この理由は、僕はなんと全部読んでいます(^^;

 

読んでいますよ。

読んでいるので、いい加減な理由や、短文で済まされている理由は受け付けていません。僕はメルマガには登録してもらいたいとは思っています。

登録理由をちゃんと書くことは決して無駄にはならないので、どうしてもメルマガを読みたいという場合は、理由をはっきり書いてください。

 

なんとこのブログを1年も2年も前から読み続けていてメルマガには登録していないという人がまだまだいます。

けしからん!!

と思ってしまいそうですが、実際にメルマガに登録するとか、ブログにコメントを書くとかいうのは、結構勇気が要ることなんですよね。

もはや慣れっこになってしまっている人でも、最初はかなりドキドキしたはずです。

 

メルマガだけを読んでいる人も多いですが、ブログをただひたすら読んでいるだけの人も相当多くいそうです。

ブログだけで事足りる人もいるとは思いますが、どうしようか迷っているとか、ただ勇気が出ないからという理由でメルマガ登録を躊躇している場合は、このタイミングで登録申請だけでもしておいてください。

恋愛技法メルマガは、過去ログの公開はありません。

僕が配信したそのときに受け取れなかったら、もう二度と読めません。

 

早く登録している人ほど多く受け取れるということです。

 

メルマガサポート用記事(2015年6月)

mi-yaさんより:

kouさん、びっくりしましたよ。

彼とは、いつも私が会いに行くのが当たり前になっています。
彼が忙しいから仕方がないし、私も納得して会いに行っているつもりです。
ここ1ヶ月ほど、彼と距離を置いていて、今日会えないかと連絡が来ました。
いままでの私なら言われるがまま会いに行ってます。
でも今日の私はちがいます。
1ヶ月の間にkouさんのブログ、メルマガに出会い、勉強しました。
男性には投資させないといけないんですよね。
でも急に彼に お前が来い なんて言えないので、
ごはんごちそうしてくれるなら行ってあげる。って言ってみました。
彼がおごってくれる事なんていままではほとんどありません。
今日も断られるかと思いきや、ごちそうする!と即レス。
なにをごちそうになろうかな、焼肉なんて高くつくから断られるかな、なんて思っていたところに今日のメルマガです!!
私たちのやりとり見てたんですか?
そうなんですよね、私が焼肉食べたいと言ったら焼肉なんですよ。

彼に会って、焼肉ごちそうしてと言ったら、これも予想外の返答で、なんの戸惑いもなく、いいよと言って連れて行ってくれました。

長くなってしまいましたが、案外お願いって聞いてもらえるものなんですね。って嬉しくなったのでコメントしてみました。

はい。見ていました。

僕はずっと見ています。こっそり見ています(笑)。

 

・・・。

本当は遠隔透視能力を習得できたらいいんですが、前々から言っているのに今もまだ習得できていません。

こっそり見守っているつもりではいます(^^;

 

でも今日の私はちがいます。

そう!

違います。違うんです。

もう、「以前の私」とは違うんです。このことを強く覚えておいてください。

 

男は、潜在的に投資をしたいと思っているんです。

それをうまく引き出すのが、女性です。

 

冷静に考えてみると、このロジックはとんでもない代物だと思いませんか(笑)。

男は女を喜ばせたいと思っているわけです。心のどこかで。それは、場合によっては本人も気づいていない可能性だってあります。

女性は、彼がしてくれたことについて、素直に喜んでいればそれだけで勝手に投資させていることになっていくんです。

これだけを見ると一方的にもらっているような印象を受けるかもしれませんが、そうじゃありません。

 

何度もこのブログで話している通りで、男は投資をしたがっているんです。

少し極端な言い方をすれば、投資させてあげているようなものです(^^;

女性も投資はしてもらいたいはずなんですが、男は潜在的にそれをしたいと思っているのだから、それをスムーズにさせてあげられるようになることで、恋愛は驚くほど気持ちのよいものになります。

元々がそういう風にできているんです。

 

おごる、おごらないの話で言えば、実はほとんど男性は、おごりたいと思っています。

どんなにケチに見える男でもそうです。

潜在的にはそういう欲求を持っているんです。ところが、実情としてそれを許せる状況じゃなかったり、損得勘定が勝って先に出てしまったりすることによって、おごりたい(おごって喜ばせたい)という欲求が隠れていくだけなんです。

 

これをうまいこと突いて引っ張り出すのが醍醐味ですよね(笑)。

今回はmi-yaさんのコメントを例に出しましたが、同じタイミングで似たような体験をした人のコメントがいくつか見つかります。

もっと素直に要求していいんです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント