恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

ごく稀にいる、男を救う女

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

筆頭門下生(笑)のpinoさんからコメントをいただいたので、その件について話をします。

 

その前に、僕はブログにいただいたコメントを、可能な限り全部に目を通しています。そして、気になるコメントはブログの記事で取り上げることがあります。

最近はこの話をしていませんでしたが、以前「コメントを取り上げないでほしい」という話があり、こちらの記事を受けてメルマガでは一度説明しました。

当てはまらないことも・・・ある、かも?

 

当時のメルマガでは話しましたが、改めてここで説明することにします。

僕がコメントを紹介しているのは、それを晒し者にするためにしているのではなく、重要な話題だと認識しているからこそ紹介しています。コメントとそのコメントをしてくれた人を批判するために取り上げているわけではありません。僕が本当に嫌だと感じる内容のコメントはわざわざ紹介しません。

有用だからこそ取り上げるのです。

実際に紹介されることによって初めて明るみに出る話題があったり、新たな共感を呼んだりすることもあります。

もしどうしても紹介されたくないという話があるのであれば、僕に直接メールで送ってください。コメントで書いている以上、僕が取り上げなくても不特定多数に見られています。

 

あなたがどう扱われたいのかにこだわること

pinoさんより:

でも真意が他の人に通じずコレをしてもいい状況の方にも
私のコメントを読んでKouさんの主旨が歪んで伝わる可能性はあるなーとは思いつつ
それでも私はあえて色々書きました。
Kouさんが歪むと感じたなら、その部分は皆さん向けにKouさんが
このように修正かけて下さると思って。
私は他の人の恋愛ためにコメントしてるんじゃないので。コメントは私の恋愛ノートです。

そうそう。それでいいと思います(^^

以前からそういうスタンスで復習コメントを書いてくれていましたからね。

pinoちゃんだったらこの先これからいくらでも幸せなこといっぱいあるよって
意味に近いことをつぶやいたりしました。
そこにあなたはいないの…?何言ってるの…?って思いと
あーもーしばきたい‼︎って思いでいっぱいになりました(笑)
会うことの言葉は彼から自ら言ってきましたが…その時期は実現せず。
オイって思い急かしてもみましたけど、うんと言いながらいつになるのやら…。
まー待ちますけどね!(笑)

女性は彼の状況を考えるなと言われても
あるんだな…って。やっぱりまだダメだったんだなって。
Kouさんにお伺いしたいのはKouさん自身が以前に大変な時期ありましたよね。
その時に電話の例のコレをこのノリでされたらどうですか?その時でしたか?
私はわかっていても今は彼の状況を考えないでコレは難しいかな。
それ以前に電話は嫌いなので電話でしませんが(笑)

まず、「電話してね」の遠距離恋愛中の彼女は、僕の「大変だった時期」とはまた違う時期でしたが、それでも問答無用でした。そのときはそのときでやはり忙しいのです。忙しさの質は違いますが、同じように多忙であり、またお金に苦しい時期ではありました。

 

そして、「大変だった時期」の場合。

僕は自分で仕事をし始めてからは、最悪な時期が続きました。この時期にも相手はいましたが、非常にうまい人でした(笑)。

「電話してね」はありませんでしたが、その代わりに「息抜きがいるよね」と言いながら突然デート要求してくることは何度もありました。

これができるかどうかは、女性の性格によるところもあるかもしれませんが、実際僕はそれに何度か救われました。

 

密かに人気があるこちらの記事でも、その話をしています。

忙しい彼があなたに本当に求めているもの

男性には、本当に忙しい時期、あるいはもうどうしようもない時期(仕事やお金の問題で限界に来ている)がどうしてもあります。そのときは恋愛どころではないのです。正直、「ほっといてくれ」という感覚の方がはるかに強いです。

本当にひどいときになると、いかに彼女といえども邪魔者に見えるときもあります。

デートなんかあり得ないわけです。

 

ここで黙っておとなしくしているのか、頃合いを見計らって「遊んで」と言ってくるのかの違いです。

本当にダメなときは断らざるを得ません。

でも、よく考えてみると、年中、四六時中ずっと同じレベルで多忙のピークが続いている人っていないんですよね。自分でそう思っているだけで、案外忙しくても忙しくないときがあります。

つまり、忙しいんだけどその気になれば相手できる時もあるということです。彼が自分で忙しいと思っているだけで、ピークではないんです。

さらに無理をすれば相手ができるということですね。

 

この「さらに無理をさせる」のがモテる女性です。

文章だけ見ると、ひどい女に見えますが、実際は違います。

「さらに無理をさせる」ように見えて、彼の伸びしろを作っているのです。デートなんかするヒマはないと思っていた彼にそれをさせることで、心の余裕が生まれます。

よく映画とかテレビドラマでも見たことがありませんか。

取り組んでいる仕事だったり学業が八方塞がりになってしまって、一人思い悩む主人公を連れ出す女性に癒やされて、すべてが好転し出すという展開です。あれは実際にあるのです(笑)。

 

どうせなら、こんな女性になりたいですよね。

先に言っておくと、忙しい彼にそういう要求をするときは、必ず抵抗にあいます。それは覚悟しておいた方がいいです。

そこでダメージを受けてダウンしたらダメです。

断るの?あ、そう

とでも言いながら、さっさと引き上げればいいのです。ダメージなんか受ける必要はありません。

そしてまた頃合いを見計らって適当につつく。あなたがそうしたいと思ったときだけ。

 

もしあなたが、彼を癒やす存在になり得たら、彼が状況を打開した将来、必ずこういうことを言います。

「あのときお前がいてよかった」

このブログには、実際にこれを言われたことがある女性もいるはずです。

 

別に物質的に、金銭的に助けたわけではないのです。ただ、行き詰まりを見せる彼の生活に刺激を与えただけなのです。

おそらく彼の忙しさを考慮して、黙っておとなしくしていたら、こんな女性にはなれないでしょう。

 

僕が辛かった時期の相手の女性については、「女性の承認」では何度か話をしています。今後も時々出していくとは思います。「女性の承認」は、5月19日で新規登録の受付を停止する予定です。

女性のための恋愛技法・女性の承認

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • さきぽん
    • 2017年 11月 12日 16:27:08

    2ヶ月ぶりに連絡が来ました。

    私たちは今同じ目標に向かって必死です。
    だから私も自分のことに集中したかったから放置してました。
    でもいつもは弱音はかないのに、逃げ出したい、どうしたらいいか分からないって言ってました。。。
    そんな状況だったなんて初めて知りました。だからお誘いして♡なんて言えなくて。

    たまたま私は休日を使って上手く息抜きが出来ていたし、久しぶりに電話くれたサービスとして、愚痴を聞いてあげたり、いつも通りたわいもない話をしました。

    そしたらね、みるみるうちに元気を取り戻した様子が電話越しにわかりましたよ。可愛いなぁ(笑)私も満たされた♡
    明日も電話するかも!って言ってたけど多分来ないと思います。来ないということは、チャージされたということ。それは私にとっても嬉しいこと。

    終わったら思いっきり抱きしめてあげ…じゃなくて私が抱きしめてもらいたいから、甘えよう♡

    そして「お前がいてよかった♡」って言わせます(*´ω`*)

    • しい
    • 2017年 11月 12日 18:39:04

    彼は「君が癒し」「君のおかげで仕事頑張れたよ」「君とやりとりしてると安らぐ」と言ってくれます。
    最初の頃は、私は癒しマスコットなの?私は仕事や他の人のことで疲れたときだけの癒しなの?と少し複雑な気持ちがしていましたが、最近は彼にとってなくてはならない存在で、これはとても優位な立場にいるんじゃないか?と思えてきています。
    私といると彼が元気になります。笑顔が増えるんです。一緒に食事をするときも彼が取り分けてくれたり「そんなに美味しいなら100個くらい頼む?」と言ったりしていつもご機嫌です。ただの惚気!笑
    もう一人の彼女は彼がしてくれたことをあまり喜ばないようです。ただ、彼女のわがままは聞いてあげてきた(投資はしてきた)ようなので今の状況を脱するのはまだ難しそうです。私はこれから先どう彼に接していこうかなとここで勉強して考えているところです。

    • なもも
    • 2017年 11月 13日 11:13:50

    繁忙期に片足突っ込んで、ハードな毎日を送っているらしい彼。
    先日はふと、切なそうに
    「僕はもう、君がいないと…」
    と言いかけてから、
    「君がいるからがんばれている」
    と言い直していました。

    わたしがいないとダメだって言ったら、情けないとおもったのでしょうかね。
    能動的に楽しんで仕事をしているということが彼の誇りだから、普段はあんまりこういうこと言わないのですよ。

    きっと、ちょっとしんどいんだろうな。
    わたしがいることで彼ががんばれるのなら、これ以上嬉しいことはないなあ。

    こんなに手がかかって面倒臭くて、わがままで、でもそれが彼にはたまらなく幸せみたいです。
    わたしが不機嫌になっても、怒っても、それでもわたしといることが幸せなんだって言っていました。

    そういう存在で居続けたい。

    • ぱるひめ
    • 2017年 12月 05日 0:47:30

    連日の既読スルーも、抵抗のうちになりますか?

    • 夢の中の風
    • 2017年 12月 05日 5:36:37

    あぁ、これです、私に足りないところ。
    忙しくて断られたら、「じゃあ忙しくなくなったら連絡してね」と言って放置しちゃうんです。
    忙しい相手に可愛く「遊んで」というやり方がわからないんです。
    頃合いをみてつつく、身に付けたいです。

    またちょっと違うケースなのですが
    以前、彼に会うことをことわられたとき、
    私は仕事が忙しいのを知らなかったので「会いたくないの?」って言ったんです。
    すると彼は「仕事が繁忙期に入ったから」といいながら仕事の時間を削って時間を作ろうとしてくれたのですが、「仕事に影響がでるんじゃない?またでいいよ」と断ったんです。
    彼は、ありがとう(*^^*)と嬉しそうでした。

    今でもあの時した行動が正しかったのかわかりません。
    彼が自発的に時間を作ってくれたのなら喜んで会ったのですが、
    私がおねだりしたから仕方なく、という感じがして嫌だったし
    仕事の邪魔になるような女になりたくなかったんです。
    でも、彼が時間を作るというなら、断るべきじゃなかったのでしょうか。

1 5 6 7
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント