恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

男が教えるモテる女の恋愛技法

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

既婚者の彼を振り向かせるために取るべき3つの鉄則(3)

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

既婚者の男性の心を捉える女性が使うべき鉄則の最終話です。

 

最後の鉄則は、男性をロマンスの入口に誘い込んだら深追いは決してしないということです。

 

男性には、女性と違い、婚外恋愛がいつでもできる心理があります。

女性は基本的に一人の男性を好きになると、ほぼその男性しか見えなくなりますが、男性はそうではありません。もちろん例外はありますが、基本的にはこの傾向がかなり強いです。

これは社会通念的には許せないと思うこともあると思いますが、そういうものだという割り切りも必要です。

 

つまり男性は既婚であっても、恋愛ができる相手を潜在的に探している可能性があるということです。

男性の心を捉える最も単純で分かりやすい方法は、新たな恋愛のきっかけを発生させることです。

 

これが不可能な唯一のケースは、その男性の奥さんがこのモテる女性であり続けているケースです。

この記事の主題からはそれますが、結婚後も彼を自分に夢中にさせ続けることのできる女性がいます。これも特徴としてはこのブログに書いていることとほぼ同じなのですが、詳しく知りたい方はご質問ください。

こういう女性と結婚している男性は、他の女性を見る余裕がないので、ほぼ付け入る隙がないと考えてしまってよいでしょう。

 

新たな恋愛のきっかけを作るというのは、そのまま考えると実に難しいことのように思えるかもしれませんが、女性が思っているよりも圧倒的に簡単なのです。

このブログでも度々書いていますが、男という生き物は、「勘違い」でできています。

 

女性が何気なくかけた言葉や、向けた仕草などが、気が付かないところで男性が勝手に勘違いしてその気になっていたというのはよくある話で、実際にそういう心理にもなるのです。

 

極端な話、男性は女性にわずかに見つめられただけで、「俺に気がある」と思い込むケースもあるのです。

 

この「勘違い」状態に持ち込むのは、女性であれば楽勝なのです。

いかに「勘違い」状態にさせるかがポイントです。

つまり、彼をロマンスの入り口に立たせるということです。

 

何でも構いません。ちょっとしたボディタッチだったり、頼み事や相談事などでも良いと思います。

たった一つアプローチするだけで変わります。

 

恋愛相談を女性から受けると、よく「彼は特殊だから・・・」という人がいます。

しかし、男性の私に言わせれば、特殊な人なんかいません。

 

みんな同じです。

ちょっと違うだけなのです。

 

多くの女性はそこが分かっていません。

最初から「彼は特殊だから」と決めつけるからうまくいきません。

 

モテる女性は、男性はみんな基本的には同じだということが分かっています。

モテる女性はルックスでモテているのではありません。

いかに男性心理を理解して自分なりの方法でアプローチしているだけなのです。

 

結論としては、既婚であるかどうかというのはあまり関係がないということです。

既婚だから、彼女がいるから、という理由で諦めてしまうのはもったいないことなのかもしれません。

 

いかにロマンスの入口を体験させるかです。

一旦その入口に誘い込めば、男性は追いかける衝動に走るようになります。

 

最初に軽く小突いておいて、後は放置しておくゆっくり引いていくくらいでちょうど良いのです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • 浪花の女
    • 2023年 9月 17日 14:14:43

    勝手にロマンスの入り口に立っちゃう既婚男性もいますが(;´д`)
    かつてはロマンスの入り口に立った彼は
    今ロマンスを楽しめてるのだろうか。
    果たして私は彼に楽しさを提供出来てるのか。
    通常運転だろうが喧嘩してようが
    必ず私からの連絡には応じてくれるんですが
    なぜなのか分からないです。
    恋愛感情ですか。
    楽しそうとか苛立ってるとかは時々分かりますが
    それ以外は彼からは感情の表現がないのです。
    言葉もなければ笑いもしない。
    今度もデートに行きますが、楽しいのかな?
    私と一緒なんだから楽しいに決まってるよね?
    と思い込む以外方法がありません。

    • 志づ鹿
    • 2023年 11月 29日 20:18:02

    ロマンスの入り口に誘い込んで、そのままゆっくり引いていく。
    なんて官能的な言葉なんでしょう(*´-`)
    いつか、こういうふうになりたいものです。

    しかし男性って、女性からちょっとじっと見つめられただけで、勘違いしちゃうものなんですかΣ(゜゜)ボディタッチとか、頼み事とか相談とかも…?私も自然と出来るようになりたいなぁ。

    私なりのアプローチ方法って、どんなものだろう?色々考えていきたいです。

    • さくら子✿
    • 2023年 12月 01日 1:22:08

    オォ(*˙꒫˙* )
    ロマンスの入り口って書いてあった~!

    彼も勘違い、多いです。
    付き合ってるので良いんですけど、
    なんか、やたら前向き?

    こんなことで俺のこと好きなんだって思うなら、好きって言葉をあまり言わない方がいいワケがわかりました〜

    • まきふみ
    • 2023年 12月 01日 1:31:42

    浪花の女さんじゃないですけど勝手にロマンスの入口に立っちゃう人いましたー(ノ∀`)
    うちの彼ですー(ノ∀`)

    だって彼がサポートする側で、しかもそこの長だったら相談したり頼んだりしますよね
    まあ私も仲良くなる為におやつ差し入れしに行きましたけど…でも彼だけじゃなくて他の人にもあげましたけど…
    私花咲かじいさんのように好意のかけらばら蒔いてました…⸜(* ॑꒳ ॑*  )⸝パッ

    そして物理的に一年会わないでまた一年後に再会で私が無意識に小突いてしまう…⸜(* ॑꒳ ॑*  )⸝パッ

    というのを何年か繰り返していたらロマンスの入口のドア勝手に開けてきました|(*`・ω・)ノ|Ю ガチャ

    • Londonder
    • 2023年 12月 02日 14:30:02

    既婚ではないですが、アプローチしたものの振られ、それでも気にならなる職場の人、依然諦めつかずです。

    日々仕事で濃く接しているだけに、勘違いしてしまいますし、デートにも誘えず悶々としてます。

    年末に向け忙しいけど、自分の中の彼が濃すぎて、薄めるため、旅行で気分転換してきました。

    自然に任せようとは思いましたし、恋愛だけが人生でもないし、彼しかいないわけでも無く、とは思えました。
    が、一緒に仕事してるとどうしても惹かれてしまうし、残業で帰る時間が近く一人残して帰りたくなく、誘おうかなと待っていると、牽制されるので、告ってからは二人では食事にも行けてません。
    このままタイミングもなく、年末年始突入かなーと思うと悲しいものがあります。

    いま思えば、彼のドアが開いてる時に後先考えず思いきって飛び込めば結果は違ったのかなーと考えますが、知りあって半年くらいで仕事関係だし、進めませんでした。

    楽しく会話出来そうな別の人と、関係を進めるのもいいのかな。
    と独り言ですが、言う場所がないので書かせて下さい。

    • ちすけ
    • 2024年 1月 26日 15:06:27

    Kouさん、こんにちは。
    ちすけです。

    「結婚後も彼を自分に夢中にさせ続けることのできる女性がいます。これも特徴としてはこのブログに書いていることとほぼ同じなのですが、詳しく知りたい方はご質問ください。」

    こ、これを教えてください!!

    基本的に男性は女性に飽きることはないんですよね。
    これは結婚後も攻略余地を保ち続けている女性ということですか?

    詳しく知りたいです!

    • もちふわ
    • 2024年 2月 20日 23:59:16

    ロマンスの復習に来ました。

    小突くのは難なく出来るから、
    深追いしないでゆっくり引いていく、放置が課題だな~。。

    • まきふみ #
    • 2024年 3月 01日 13:09:35

    #ロマンスの入口

1 5 6 7
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント