恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

男性の恋愛感情をナメていませんか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

今日はちょっとだけ厳しい話になるかもしれません。

いやいや私は大丈夫!

と思えるようであれば、合格です(^^

 

特に彼とうまくいっている場合、女性はなぜその彼が自分を好きでいてくれるのかを本気で理解しようと思っていないケースが結構あります。

人から見たら、彼に想われていて幸せに見えるのです。

でも、本人はなぜ彼が自分を好きでいてくれるのかをちゃんと考えていません。むしろ、「不幸になりたい病」を発動して、愛されてはいけない理由を探し、彼が自分を愛する理由には、「愛情」とは別の利益があるんじゃないかと考えたりするのです。

 

どうでしょうか。

あなたはそんなことはしていませんよね。

知人の女性にはそういう人がいるかもしれません。

 

あなたが彼とうまくいっている場合、なぜ彼があなたを好きでいてくれるのかをちゃんと考えたことがあるでしょうか。

12時間レッスンに参加した人は、ちゃんと考えていると思います。

 

男性が女性に接近してくる動機は、最初は恋愛感情ではない場合もかなりあります。

それはもう、そういうものだと思うしかありません。女性がどう感じようと、男性はそうやっていつも女性を探しているのです。

捕まえてから恋愛するかどうかを考えるのです。

 

男性の恋愛感情は、育つのに時間がかかります。

最初の熱量は、恋愛感情によるものではない場合もあります。

徐々に最初のトーンが落ちてきてからが勝負なのです。

 

めでたく彼から愛情を引き出せたとして、そこからがさらに問題です。

なぜ彼はあなたにずっと向き合ってくれるのでしょうか。

なぜ彼は、あなたを好きでいてくれるのでしょうか。

ちゃんと考えてください。

 

どこかで、「どうせ本当は私のことなんか好きじゃない。」とか、「身体が目的なんでしょ」とか、「私といたら楽できるからでしょ」といった、「彼が私に仕方なく付き合っている理由」を探したりしていませんか。

だとしたら、、、

 

今すぐ、その感覚は捨ててください。

今すぐです。

 

彼も人間です。

女性とは違う生き物だと散々言ってきましたが、人間であることには変わりはありません。

 

男性の恋愛感情は、簡単には育たない代わりに、積み上がると、また簡単には崩れ去りません。

多くの男性は損切りができません。

なぜなら、あなたに費やしてきたお金や時間、労力がずっと記憶の中に残り続けるからです。

投資行動がある一定ラインを超えたら、もう何もしなくてもずっと恋愛感情が積もり続けるのです。

 

あなたを好きになってくれた男性の気持ちを、信じてみる勇気を持ってください。

特に半年、一年以上時間をかけてあなたと付き合っている場合、彼はあなたを何かの利益を得るために「仕方なく」付き合っているなどということはあり得ないのです。

そんな面倒なことは男性にはできません。

 

仮にそういう目的があって接触していたとしても、男性は投資行動の生き物です。

時間や労力を費やし続けると、徐々にあなたを無視できなくなります。

 

あなたから何かがなくなったら、彼はさようならと別れ切り出すと思いますか。本当にそう思いますか。

そんなことはないと思うのです。

 

もうちょっと男性の恋愛感情を信じてみてもいいと思いませんか。

男は、惚れた女にはどこまでも執着するんですよ。

たとえお金がなくなろうが、交通事故に遭おうが、子供が産めなくなったとしても、そんな理由で女性を手放したりしません。

もっと自信をもってください。彼は、あなたを好きになったのです。

あなたが相手だから、食らいついてきたのです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 山本
    • 2017年 2月 28日 12:10:08

    今、私は好きな人と元カノの関係に悩んでます。

    彼は、元カノを振って執着してくる彼女をうざいと思っていますが、少なからず半年は付き合った仲。

    どんなにうざいと思いながらも、
    私に好意を匂わせながら、決断できないのは、やっぱり彼女に執着してるのかな?と思いました。

    ただ、恋愛感情が育つのに男性は時間がかかる。
    元カノとも別れて、そんなに時間は経ってません。

    だから、相手の男性に時間が必要なのは分かります。
    ただ、私は、あなたに好意があります。
    決断して下さいという意思表示のため、今度、のみに誘って下さい。とメールしました。

    無視されるかな?と思いますが、うまくかわした内容でした。私は、そのメールに返信はしてません。

    彼が、考えて決断して欲しいからです。
    この記事を見て、悲しくもなりましたが、
    その分、彼の今の気持ちも想像できるので、待つ事が苦痛ではないのだと思います。

    • うけゆみ
    • 2017年 3月 01日 11:54:27

    男性の恋愛感情は、育つのに時間がかかります。

    最初は性的興味ですね。
    彼はまだこの段階。

    興味をしばらく持たせ続けます。
    その間に投資で好きを自覚させます。

    • はるかほのか
    • 2017年 3月 06日 22:42:57

    特に半年、一年以上時間をかけてあなたと付き合っている場合、彼はあなたを何かの利益を得るために「仕方なく」付き合っているなどということはあり得ないのです

    ーーーーー
    そうなの???!!!

    まだまだ時間が足りません=投資量が足りません。

    少しずつでも損切り出来ないくらい、投資してもらうぞ!

    ・・・。でもなあ。

    今全く連絡来なくて。
    ほとんど時間をかけずに関係を持ってしまい放置状態で。
    今だと惜しみ無く損切りされてまう。

    連絡を我慢し過ぎることはない、こちらからではなく相手に誘ったもらえ、と言うKouさんのアドバイスを実践してみて、デートを企画して!とお願いLINEをしたのだか。

    連絡が無く。。。

    これから相手からもし連絡が来たときは
    ・遅いやんけ!もう知らん!と我慢せずに怒る
    ・投資量を引き出すためにデートする
    のどちらが効果的なんだろう。

    連絡遅いって思いながらデートしてもつまらないかな。怒るべきかな。
    今もう怒りたい。。。

    • うけゆみ
    • 2017年 3月 07日 9:51:34

    これは付き合って半年~経過してる場合ですよね。

    彼とはまだ知り合って数か月。
    彼は性的興味からくる好き状態。

    私のハンディを気にしてて
    まだ性的興味だけなので
    付き合うまでいかない。

    自分でも言ってました、
    この問題があるから…って。
    乗り越えられない気がどうしてもしてしまう。

    考えて悩む人のほうがいいな。と
    思うけれど
    やめておいたほうが彼にとっても
    いいのかな、とか考えちゃうな。

    • しろいるか
    • 2017年 3月 09日 21:18:13

    まえみたいに好きって言ってくれない。
    連絡だって減った。
    デートだって。

    それでもきっと、積み上がっていると信じよう。
    ずっと一緒にいてくれる?って聞いたら、うなずいていた。

    大丈夫(^^)

    • 春風ぱるる
    • 2017年 3月 10日 9:15:04

    「特に彼とうまくいっている場合、女性はなぜその彼が自分を好きでいてくれるのかを本気で理解しようと思っていないケースが結構あります。」

    確かに、考えたことないです…
    まだお互い学生なのですが、「いつか結婚したい」「幸せにしたい」って言ってくれてます。今まで付き合ってきた人の中で結婚したいと言ったのは私が初めてだそうです。「他にどんないい男が現れても絶対手放さないから‼︎」なんて、最近必死です(*´꒳`*)
    彼のこと、心の底から信じています。喧嘩中に彼が合コン行ってしまった時も浮気なんて一欠片も疑いませんでした。彼の私への愛情に絶対的な自信というか、信用があったので。これからも、ずっと信じ続けたいです‼︎

    • ♡arico♡
    • 2017年 3月 15日 21:38:32

    私も相手が私のことを好きだ、付き合いたいと思っていることを知ると、本当に私でいいの?どこがいいと思ってるの?と不思議でなりませんでした。
    自分の価値が全く分かっていませんでしたので。これって、その相手にも失礼でしたね。

    『捕まえてから恋愛するかどうかを考えるのです。』これってどういうことでしょうか?
    グレーの関係にしてから、恋愛するかどうかを考えるということでしょうか?

    徐々に最初のトーンが落ちてきたところが勝負か…いかに投資させ続けるかですね。
    今はトーンが落ちてきたところなのか、ジワジワ上がり始めてるのか全然分かりません(。>д<)
    どうしましょう?

1 23 24 25
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント