恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

人は環境に染まってしまう

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

非常に大事な話題なので、ブログに書き起こすことにしました。メルマガサポート記事のコメントにいただいたコメントをシェアします。

メルマガで配信した「不幸になりたい病」に関する話です。

 

メルマガサポート用記事(2014年3月)

あめさんより:

kouさんのブログを読んで前向きな思考が身に付いてきたように感じます。

ところが職場は負のオーラの巣窟^_^;「不幸になりたい病」の人ばかりです。毎日毎日負の思考を浴びるように受けています。

例えば何かに成功した人のニュースが話題になったときはこんな感じです。

「所詮、別の世界の話じゃん。うちらには関係ないよ」「前向きに頑張るって、自分勝手な都合のいい考え方だよね」「私たちは、デカイことしたいわけじゃないし、毎日食べていけるだけお金あればいいんじゃない?」など。

…げんなりします。これが1日中繰り返されるのです^_^;

「どうせ~なんだし」「やっても意味ないじゃん」「苦労したくない」ばかり。

負の思考を1日中浴びるとけっこう気分が落ちます。

こういうのって、自分の思考が定着したら気にならなくなるのでしょうか。

まず、最後の質問について話します。

こういうのって、自分の思考が定着したら気にならなくなるのでしょうか。

気にならなくなりません。

 

「えっ?ならないんですか?!」

という声が聞こえてきそうですが、残念ながらいくら自分の思考が強くなろうと、周りの環境が変わらないと、いずれまたその負の思考に染め変えされていきます。

がんばって黒い色を抜いていって、せっかく真っ白に戻しても、「すす」のある場所に身を置いていると、やがてその「すす」によってどんどんまた黒く染め上げられていきます。

よほど強い精神力を持っている人でない限り、簡単にははねのけることはできないはずです。

 

「毎日毎日負の思考を浴びるように受けています。」

ダメダメ!

浴びるように受けるのは、このブログや僕のメッセージにしてください(笑)。

あなたの周りにいて近づいてくる人は、あなたが近づけているのです。人は、自分と「同じにおい」のする人に近づこうとします。

ただ聞こえてくるだけなら良いのですが、近寄ってくる場合は、まだあなたとその周りの人はあまり変わらないということでもあるのです。

 

「不幸になりたい人たち」がもしあなたの周りにいるようであれば、可能な限り接触を断ってください。

僕は前にもこんな記事を書きました。

あなたは尊敬する人、なりたい人に相談していますか

 

記事の趣旨は違いますが、関連性があります。

周りの環境は、自分で作るものでもあります。その作った環境、身を置いた環境がさらにあなた自身を作っていきます。

 

僕の大好きなとある経営コンサルタントの話で、こんなものがあります。

「私の上司は、出社して席に座ったら、新聞を広げて大きな声で、新聞に載っている嫌なニュースを読み上げます。毎日毎日、聞かされるこっちは気落ちして仕事にならないんです。彼を何とかする方法はありませんか。」

あなたの机を違う場所に移しましょう。(その上司から遠い席に移りましょう)」

要するに、相手を変えるのではなく、さっさとその場から退散する方が早いということです。

その相手はあなたが「変えるべき相手だ」と思えるような人なら、向き合ってみるのもよいと思いますが、ノイズにしかならないような相手であれば、自分から距離を置いていくようにするのが一番早くて一番確実だということですね。

 

あなたがレベルアップして、意識が全く変わったとしても、そういう人たちの輪にまた入ってしまうと、せっかくレベルアップしたのに引きずり下ろされてしまう可能性があります。

ただ、実際には本当にレベルアップしてしまうと、そういう人たちは寄りつかなくなっていきます。なぜなら、「同じにおい」がしなくなるから。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • mimoza
    • 2017年 2月 18日 17:29:41

    >あなたがレベルアップして、意識が全く変わったとしても、そういう人たちの輪にまた入ってしまうと、せっかくレベルアップしたのに引きずり下ろされてしまう可能性があります。

    もうそれほど、周り全体に興味を持っていません。
    拡大路線は必要ないです。
    奴からの仕事が増えて、人間関係を整理しました。

    自分の大事な人たちに、これまでよりも、さらに心を配るようにしています。
    本当に必要なことに、手をかけたいと思います。

    ほかのお店からきた子が、同じ業種なのに、まったく違う考えをしていたり。
    でもしばらくすると、うちの考え方に馴染んできます。
    環境が与える影響はすごいと思いました。

    お受験を熱心にさせたのも、どんな子たちと学ぶのか、大きな影響があると考えたからです。
    コミュニティーの影響力は大きいですね。
    お受験ママは忙しかったなあ。

    そう思えば、ここは不思議な場所です。
    リアルな世界で、いろんなコミュニティーにいる人が、フラットにコメントを書いています。
    わたしも、わたしのコミュニティーの思考を持って、ここで普通に書いています。

    わたしの目指す場所にいる人がいないので、お手紙しか読んでいませんが、きっと様々な特色があふれているのでしょう。
    お手紙も、住む世界も価値観も違う相手へ、自分が言いたいことを伝えるのに時間やエネルギーを割く意味がどこまであるのかなと、疑問を持っています。

    Kouさんの記事からの影響は大きいですね。
    それは日々実感しています。

    • のりさん
    • 2017年 2月 20日 23:55:10

    やっぱり彼さんが私に対して否定的になったのは…
    今の職場に異動になってからだもんなぁ。
    「吸収できるものがない…向上出来ない…」と、呟く彼は可哀想だ。
    また3月に異動になるみたいだから、少しでも良い感じになったらいいな。

    • めろふる
    • 2017年 2月 21日 13:42:27

    すんごくラッキーなことに、
    苦手でイヤな人と、先週と今週との間の席替えで、
    かなり離れました!(しかも2人いたのが2人とも☆)
    (もうちょいこの職場にいてもいいのかな…と思った瞬間でした)

    また、その間の土日で、
    素晴らしい意味での心境や環境の変化があり、
    月曜には、
    何か起こりそうな予兆、ばんばんきてます!

    実際に起き始めてもいます。
    ワクワクゾクゾクする!♪

    • まりぃ
    • 2017年 2月 25日 6:39:14

    憧れて就職したところ。

    若い女性が多く
    愚痴を言う人が多いです。
    かく言う私も気がつくと愚痴を言っていることに気が付きました。
    それに、入社してからの目標を失っていました。
    たぶん、人に話をするときも自分を下げて話すようになっていたかも。
    やめよう!

    今までの職場環境が良すぎて、ギャップがあります。
    兄に以前、今の人間関係は良すぎるんだけどね、でも辞めたいの。と言ったら
    「人間関係がいい所って思ったより多くはないから、今の環境の良さを味わって覚えといて」と言っていたのを思い出し、その言葉の意味が分かったように思います。

    今の環境もよくしていきたいですね。

    前向きでいて、周りに光を与えられるような人になりたいです。

    別に仕事に公私混同しなくてもいいんだ、
    プライベートを混ぜた友達を作るために今の仕事を選んだ訳じゃない。
    職場の人と仲良くすることも大事だけど、馴れ合いじゃない。

    愚痴を言っている人が同じ部屋にいるときは離れるようにしようかな。

    最近、暗い内容のドラマや漫画、SNSを好んで見ていました。
    そういうのも今の環境を引き寄せる要因になっていたのかもしれませんね。

    楽しい気持ちで働きたいです。
    ちょっと見直してきます!

    • まりぃ
    • 2017年 2月 25日 6:55:11

    彼は前向きな言葉を使います。
    友達もいい面を見る人が多いです。
    尊敬します。
    私もその仲間でありたいです。

    • ♡arico♡
    • 2017年 3月 09日 21:43:12

    「周りの環境は、自分で作るものでもあります。その作った環境、身を置いた環境がさらにあなた自身を作っていきます。」

    層の話にも繋がりますね。
    自分がレベルアップしたら、近寄ってくる人も変わってくるんですね。
    負の影響を与える方とは距離を置いて付き合えるようになってきたかも。近寄っても来なくなったかもしれないし。

    • せな
    • 2017年 3月 11日 18:03:20

    私は、決して完璧な人間ではないですが、前向きに生きてきて愚痴や、悪口は、ほぼ言わないタイプです。

    でも、良い人も近寄ってくるけれど、負のオーラをまとった人がたまに寄ってきます。

    それで、なんでなんだろう?まだまだ人間としてレベルアップできてないのかな?と思ってました。

    こちらのブログを見て、なぜ、そういう事が起きるかわかった気がします。

    どんなに、他人の悪口を言わなくても、ああ、私は自分に自信がないし、自分を大切にしてない。

    女性として、自分を認めてないんだなぁと。

    私の課題は、自分を好きになることだと思います。自分を好きになって、レベルアップしていきたいと思います。

    • ピンキーリング
    • 2017年 3月 21日 11:09:50

    >人は環境に染まってしまう

    それはこのブログの環境にも当てはまりますよね。

    >身を置いた環境がさらにあなた自身を作っていきます。

    私はどんな自分を作っていくのだろう(^^)

    • mimoza
    • 2017年 4月 10日 9:28:51

    逆もあるなあ。
    レベルアップした場所にいる影響。

    昨日、ある商品を扱いたいから、それに伴う備品を買わなくてはいけない、でもかなり高価で、いますぐは難しいと話しをしていたら、「使っていないから、あげる」と言う人がいた。
    「本当に送りますよ?」と。

    私、本当にラッキー。
    でも、ラッキーだけではなくて、そういう事が起こる場所にいるんだ。

    この場所から逃げて結婚しようとした。
    そして散々な目にあう…。
    逃げるために結婚をしてはダメなんだと勉強した。
    目が曇る。

    以前は、ここが嫌いだった。
    裏側を見すぎて、受け入れられなくて、辛くなった。
    汚すぎると思った。
    悪い環境から逃げようとした。

    それなのにいま同じ世界にいて、自分の夢を叶えていっている。
    その世界が良くなったんじゃなくて、おそらく私が変わったんだ。
    批判する傍観者から、当事者になったのかも。

    もう逃げないし、ここに居続ける。
    そういう私を好きになる人と恋愛する。

    • かしゆか
    • 2017年 4月 10日 15:07:44

    >あなたがレベルアップして、意識が全く変わったとしても、そういう人たちの輪にまた入ってしまうと、せっかくレベルアップしたのに引きずり下ろされてしまう可能性があります。

    →立ち入らないようします!
    行く場所、付き合う人、挙げる話題
    変わりました。変えました。
    そしたら良い人が周りに集まってくるようになりました。
    「君が良い人だから周りにも集まってくるんだよ」と言ってくれます。
    引き寄せや環境の重要性を分かっている人たちなのでしょう。その人たちの中に自分も居ることができて幸せです。

    >ただ、実際には本当にレベルアップしてしまうと、そういう人たちは寄りつかなくなっていきます。なぜなら、「同じにおい」がしなくなるから。

    →脇目も振らずレベルアップ!
    仮に近寄っても気にしない。
    自分で選んだ道。自分で選んだ行き先。

    毎日心を綺麗に、そして心を満たして。
    こつこつ、勉強していきます。

    • プリンセス♡まゆさん
    • 2017年 4月 15日 21:12:05

    〉あなたがレベルアップして、意識が全く変わったとしても、そういう人たちの輪にまた入ってしまうと、せっかくレベルアップしたのに引きずり下ろされてしまう可能性があります。
    ただ、実際には本当にレベルアップしてしまうと、そういう人たちは寄りつかなくなっていきます。なぜなら、「同じにおい」がしなくなるから。

    がびちょーん。

    いまは
    わたしの中で嫌な人と感じる人との
    においの一致が消えかけてるときかと。笑

    8対2で嫌な感じが2になったり
    7対3で嫌な感じが3になったり
    たまに10対0な日があったり

    かなりいい線まで
    レベル上げてきたようには思えるけど

    たまに
    がびちょーんな気分がくる。

    それはわたしのメンタルが
    あまりに弱いからだとか
    過敏すぎるからだと

    自分の責任を考えて耐えてきましたが
    それでも切り替えできないときは
    たまにすごい落ち込む。

    いまはなるべく
    思考を切り替える訓練をしてから

    それでもしんどい時には
    嫌な人と空間を一緒にしないとか

    音楽を聴いて
    一人の空間を作るように心がける。

    などを頑張ってます。

    ひとまず自分が行動して
    空間を変えて自分を整える練習から。

    あまりにひどい場合には
    自分のために思い切って環境を変えます。

    • にゃんちー
    • 2017年 4月 20日 12:38:42

    深いです(笑

    だけど、同じにおいとゆうか、空気感や、仲良くなれそうな感じってありますよね。
    一緒にいて心地良く感じる人もいれば、近くにいるだけでも嫌だと感じたり。

    私も以前の職場は、負の言葉が多い環境でした。
    口を開けば悪口だったり、苛つきだったり、聞いていて不快というより、こっちまで何だか疲れてくるような感覚がありました。
    気持ちだけでなく、本当に身体まで疲れてくるから不思議です。

    結局はそんな接点を持っている自分がいる、
    ということですものね。
    付き合うべき人を考える事って凄く大切だなと感じました。
    レベルが上がれば、そんな人達との接触もきっとなくなるんだろうなと思いますし、周りの環境は自分の反映なのかもしれませんね。
    勉強になりました。

    • mimoza
    • 2017年 5月 10日 21:38:56

    最近、ちょこちょこと過去のメルサポを読んでいる。

    面白いなあと思ったのが、身内自慢の記事への反応。
    記事は読んでいないのでなんとも言えない部分もあるけれど、身内自慢は不評らしい。

    でも私の周りでは、身内自慢は大歓迎。
    私も聞くのも話すのも好き。
    これはコミュニティーの性質もあると思う。
    あの人とこの人がつながって、ここでもつながっていると、信頼関係を作る役割がある。

    それに、人の幸せな話を聞くのは楽しい。
    身内が有名人とか、お金持ちとか、聞いていて気持ちいい。
    ネガティブな恋愛相談をされるよりも、よほどいい。

    たぶん、身内自慢が楽しくないときは、その相手と、それほど親しくないとき。
    信頼関係を結びたいとは思っていない相手と、親しく話していることが問題なのだけれど。
    そして相手も、自分のことはあまり話したくなくて、とりあえず景気が良さそうな身内のことでも話しておこうかと、テキトーに会話していることが多い。
    お互いに、話したくない相手同士のときは、そういう会話になる気がする。

    私は華僑のコミュニティーの作り方に興味を持っているので、やはり親戚は大事。
    身内自慢を気持ち良くできる人と商売したい。
    核家族で、他の家族と切れている感じの人は、ちょっと警戒するかな。

    環境によって、考え方って違うんだなあと面白かった。

    • mimoza
    • 2017年 5月 10日 21:46:18

    そういえば、***の**以外、私の周りでは、誰もネガティブな恋愛の話をしない。
    ***は、***が低い人が集まっている。
    みんな嬉々として、つらーい思いを吐き出して、慰め合っている。

    放っておくと何時間でも話していそうなので、適当に切り上げさせるけれど。
    以前放置しておいたら、朝までしゃべってた!!!

    もしかしたら、恋愛相談が人生のメインになっていると**になるのでは?と最近予想している。
    たぶんかなりの確率で合っていると思う。

    • ゆきあい
    • 2017年 5月 11日 0:07:33

    >「こういうのって、自分の思考が定着したら気にならなくなるのでしょうか。」
    気にならなくなりません。

    そうですよねぇ。
    無責任なアドバイスを言う人は多いですね。

    いまは、極貧だったし、孤独な時もあるけど
    10年前にドロップアウトしたことは本当に正解でした。

    合わない集団に身を置く事ほど、わたしにとって不幸な事は無い。。。

    • うさぴょん
    • 2017年 6月 30日 13:15:00

    私は意識して情報を取らないようにしています。
    ニュースは気落ちすることが多いので見ていません。
    知らないといけないニュースなんてそんなにないなと思います。
    積極的に情報を絶つと楽になりますね。

    人付き合いも同じようなもんだなと最近思います。

    • かほ
    • 2017年 8月 13日 16:04:38

    自分に必要なものとそうでないものに選り分ける力。忘れたくないです。

    毎日本当にたくさんの情報を浴びまくっているので、いつの間にか自分自身の意見が埋没してしまいそうです。

    あるいは、本当はあれやりたい、これやろうと決めていたにも関わらず、その日仕入れた別の情報で、予定が変わってしまったり。

    それが本当にやりたいことだったら、予定変更も飯と思いますが、何となくそれを繰り返していたら、いつの間にか人生が終わってそうで怖いです。

    これからも、自分のコントロールは課題です。

    • みやび
    • 2017年 9月 17日 22:26:58

    職場では、よく話す人と全く話さない人が極端に分かれます。

    いろいろな人がいます。

    人を退職に追い込む程、笑い者にしたり人の噂話ばかりしている方達とは、全く話しません。

    退職に追い込まれた方は優しくて明るくて最初に馴染めた人でした。
    入社したばかりの私にはその方を助けてあげる事が出来ませんでした。
    それだけが心残りです。

    先日、私が試薬を作っていたら、無言で試薬瓶を置いて行った方がいました。
    その翌日、たまたまその方が洗い物をしており、私は空いた試薬瓶を流しに「これ置かせてください」と後で自分が洗うつもりで置いていったら洗っておいてくれたので、翌日「昨日は瓶洗ってもらってありがとうございました」とお礼を言いました。
    面食らったような感じでしたが、私はただ当たり前の事をしただけです。

    転職したばかりですが、私には合わない環境なので転職をするつもりでいます。
    しかし、最後まで私は私のマイルールに従い礼節を持って自分の仕事をしたいと思います。

    • ちゃいらて
    • 2017年 9月 18日 20:01:55

    自分の目指したい女性像がぼんやりながらも見えてきている今、どんな人と関わっていったらいいのかということを考えるようになりました。

    自分自身も途上にいるので、未熟なところはたくさんあると思います。すべての人に対してプラスの存在でいられるかというと自信はありません。でもそれでも目指したいところはあるので、その想いをシェアできる人たちとの関係を大切にしていきたいです。

    現状を仕方ないと慰め合うのでもなく、誰かのせいにするのでもなく、見栄のための賛美でもなく。現状をごまかすための過去の話でもなく。今度はこうしてみよう!と、未来の話ができるといいですね。

1 6 7 8
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント