恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

人は環境に染まってしまう

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

非常に大事な話題なので、ブログに書き起こすことにしました。メルマガサポート記事のコメントにいただいたコメントをシェアします。

メルマガで配信した「不幸になりたい病」に関する話です。

 

メルマガサポート用記事(2014年3月)

あめさんより:

kouさんのブログを読んで前向きな思考が身に付いてきたように感じます。

ところが職場は負のオーラの巣窟^_^;「不幸になりたい病」の人ばかりです。毎日毎日負の思考を浴びるように受けています。

例えば何かに成功した人のニュースが話題になったときはこんな感じです。

「所詮、別の世界の話じゃん。うちらには関係ないよ」「前向きに頑張るって、自分勝手な都合のいい考え方だよね」「私たちは、デカイことしたいわけじゃないし、毎日食べていけるだけお金あればいいんじゃない?」など。

…げんなりします。これが1日中繰り返されるのです^_^;

「どうせ~なんだし」「やっても意味ないじゃん」「苦労したくない」ばかり。

負の思考を1日中浴びるとけっこう気分が落ちます。

こういうのって、自分の思考が定着したら気にならなくなるのでしょうか。

まず、最後の質問について話します。

こういうのって、自分の思考が定着したら気にならなくなるのでしょうか。

気にならなくなりません。

 

「えっ?ならないんですか?!」

という声が聞こえてきそうですが、残念ながらいくら自分の思考が強くなろうと、周りの環境が変わらないと、いずれまたその負の思考に染め変えされていきます。

がんばって黒い色を抜いていって、せっかく真っ白に戻しても、「すす」のある場所に身を置いていると、やがてその「すす」によってどんどんまた黒く染め上げられていきます。

よほど強い精神力を持っている人でない限り、簡単にははねのけることはできないはずです。

 

「毎日毎日負の思考を浴びるように受けています。」

ダメダメ!

浴びるように受けるのは、このブログや僕のメッセージにしてください(笑)。

あなたの周りにいて近づいてくる人は、あなたが近づけているのです。人は、自分と「同じにおい」のする人に近づこうとします。

ただ聞こえてくるだけなら良いのですが、近寄ってくる場合は、まだあなたとその周りの人はあまり変わらないということでもあるのです。

 

「不幸になりたい人たち」がもしあなたの周りにいるようであれば、可能な限り接触を断ってください。

僕は前にもこんな記事を書きました。

あなたは尊敬する人、なりたい人に相談していますか

 

記事の趣旨は違いますが、関連性があります。

周りの環境は、自分で作るものでもあります。その作った環境、身を置いた環境がさらにあなた自身を作っていきます。

 

僕の大好きなとある経営コンサルタントの話で、こんなものがあります。

「私の上司は、出社して席に座ったら、新聞を広げて大きな声で、新聞に載っている嫌なニュースを読み上げます。毎日毎日、聞かされるこっちは気落ちして仕事にならないんです。彼を何とかする方法はありませんか。」

あなたの机を違う場所に移しましょう。(その上司から遠い席に移りましょう)」

要するに、相手を変えるのではなく、さっさとその場から退散する方が早いということです。

その相手はあなたが「変えるべき相手だ」と思えるような人なら、向き合ってみるのもよいと思いますが、ノイズにしかならないような相手であれば、自分から距離を置いていくようにするのが一番早くて一番確実だということですね。

 

あなたがレベルアップして、意識が全く変わったとしても、そういう人たちの輪にまた入ってしまうと、せっかくレベルアップしたのに引きずり下ろされてしまう可能性があります。

ただ、実際には本当にレベルアップしてしまうと、そういう人たちは寄りつかなくなっていきます。なぜなら、「同じにおい」がしなくなるから。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近のコメント