恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

求められる「かまってちゃん」の本質

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

恋愛技法メルマガの読者登録を再開します。

配信システムの調整が終わった後もしばらく停止していたのですが、登録希望が多くて個別対応が大変になってきました。

メルマガでは、ブログには載らない恋愛以外の話や、少し込み入った内容を話しています。

先に断っておきますが、毎日メールが届きます。しかも、大量に来ます(^^;

 

メルマガの過去ログ公開は一切していません。

その時に受信できていることに意味がありますので、過去のものを読んでも何のプラスにもならないと思っています。

内容を開示することはできませんが、タイトルはメルマガサポート記事で確認できます。1ヶ月ごとにこれだけのメールを送っているので、メルマガに興味がある場合は覚悟して登録してください。

メルマガサポート記事では、メルマガの内容についてのコメントが書かれていますので、参考にしてみてください。

このわけの分からないメルマガが気になって仕方がない人は、この記事を読んでみてください。

あなたの恋愛を飛躍的に楽しいものにするために

 

さて、そのメルマガでここ数日話題の中心になってしまっているのが、「かまってちゃん」という言葉です。

このブログを読んでいると、対局にあるような言葉に見えますが、決してそうではありません。

その疑問を解き明かします。

メルマガサポート用記事(2014年3月)

雪さんより:

私は「かまってちゃん」です。
だって、好きな人にはかまってほしいから。

Kouさんが「私のメールがほしいなら~」と記事で書いてくださいました。
これは、「そんな気持ちで堂々といる」と
捉えています。

「私に彼からメールが来ない」「嫌われたかな?」「私が好きって言ったから負けかな?」

なんて考えて、もんもんとしているヒマが
あるのなら、さっさと
「好き」「わたしをかまって欲しい」と
メールします。

ただし、「今は、かまってちゃんだし、好きって言っちゃったけど、1時間後はわからないよ。私は気まぐれだし、価値ある女性だから。そんな私が欲しかったら、メールしてかまってよ。」と
『堂々とした私で』言うのです。

『どんな気持ちで』という姿勢は
電話であろうが、メールであろうが
必ず見えてしまうものです。

「かまってちゃん」可愛いと思います。

ここまで書かれてしまうと、もはや説明するところがないんですが、まさにこの通りなのです。

一般的に言う「かまってほしい」欲求を出す女は、男性からすると鬱陶しい存在になり得ます。

なぜ鬱陶しく感じるのでしょうか。

それは、いつもいつも「かまってほしい」と言われ続けるからです。これはつまり、女性から追いかけられているのとほとんど同じです。

 

男性は潜在的に女性を追いかけたいと思っています。

その相手から追いかけられたら、自分から追いかけることはもちろんしませんし、黙っていても来るものは鬱陶しく感じていくのです。

また男性の多くは、一人の時間、仕事の時間を好む傾向があります。これをいつも邪魔する形で「かまってほしい」と言うから鬱陶しくなるわけです。

彼が好きなサッカーの中継を見ているときに、いつも話しかけて嫌がられるといった経験はありませんか。

 

では、

彼の忙しくないときや何もしていないときを見計らってかまってほしいと言えばいいんですか?そんなの無理です

と思うかもしれません。

 

これも違います。

彼が忙しいかどうかは、あなたには何の関係もありません。

そんなことをいちいち気にしていてはいけないのです。

 

僕は、「いつも」というところを強調しました。

いつもかまってほしい人は鬱陶しがられるのです。

本当にメリハリですね。さっきまで「かまってほしい」と言って来ていた彼女が、次の瞬間全く違うことをしていて、彼が話しかけても無視しているような気まぐれ要素が必要なのです。

自分はそんなに気まぐれじゃないと思っているかもしれませんが、そんなことはありません。少なくとも男性よりははるかに気まぐれです。

 

女性は誰でも程度の差はあれ、「かまってほしい」欲求を持っています。

それをあなたの本来の気分に任せて素直に出していけるかどうかで、魅力が変わってくるのです。

男性はあなたが思っているよりも、ずっとそのわがままを期待しています。ただ応えられない時があるだけです。

忙しそうだから我慢しようという気持ちが強いと、「物分かりのいい女」でずっと通さないといけなくなるのです。

 

また改めて詳しく話す必要はありそうですが、忙しくしている彼に平気で、「息抜きしようよ」と言えるようになると、彼の中でのあなたの立ち位置は一段レベルアップします。

それが、いわゆる「安らぎを与えられる女」です。

こうなったら、彼はあなたを放しません。

 

彼の母親に成り下がる女性とは、まるでレベルが違うのです。

なりたいですよね(^^

恋愛の勉強を進めていけば、自ずとそうなれます。大丈夫です。

 

誰も教えてくれない、女性のための完全恋愛技法・バイブル編

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • ピコリーナたまゆき
    • 2017年 3月 24日 9:52:21

    お久しぶりです、たまゆきです。

    東京からハンブルクに帰ってきました。
    東京ってやっぱりクレイジー・・・・・街は眠らない。
    10日間の滞在、毎日めまぐるしく過ぎ去って、帰ってきてからもすぐ仕事。
    今やっと安堵のため息・・・・・休息の週末です。

    Kouさんからのメルマガがすごいですね!
    嬉しすぎる・・・・・・・・・・読み応えあるの、大好き❤️

    たまゆきの東京滞在。
    すごく充実していました。
    引き寄せの法則。
    自分の思う通りの、ものすごく素敵な方々を引き寄せまくっています。
    加速中。

    今まで呪縛と化していた母娘関係。
    お話ししました。
    幼少時代からのたまゆきの問題を・・・・・・
    これからは、良くなっていくに違いありません。

    最終日、父が空港に送ってくれました。
    父は・・・・・
    やっぱり、ニッポン侍男児。
    分かり合えました 爆。
    たまゆき、この父親に、男らしく育て上げられた感、満載。
    いいんです、それで 笑。
    たまゆき、これからも逞しく生きていきます。

    さて。

    コーヒーさん 爆。

    相変わらず、付かず離れず。
    たまゆき、コミュニケーション下手をこの人で練習中です 爆。

    ただ。。。。

    この人、ものすごく愛情深い人間だということ、少しずつわかってきてしまいました。

    たまゆき、どうしても素直になれず。
    本当は、今すぐにでも会いたい・・・・・それは、言えない。。。

    でも。

    今回は、メッセージしてしまいました。

    何時間か毎に。

    「来週にでも会えたらいいなあ。」
    「金曜日に会いたい。」
    「本当はね、今すぐ会いたい。」

    帰ってきた答えは、

    「たまゆき、僕も今すぐ君に会いたいよ。
     今日は、何時に仕事に出るの?」

    すぐわかった。
    このひとは、会いに来るつもりだ。

    「9時半」

    とだけ返したら、

    「今すぐに、息子を学校に送りに行かなくちゃ :( 」

    ってきたから、どっちかだなって賭けたの。
    会いにきたら、コーヒーさんは、私を諦めない。
    そうでなかったら・・・・・・

    9時25分。

    「たまゆき、もう家でちゃった?
     僕、10時に約束があるんだけど、途中まで送っていけるよ。」

    たまゆき、涙が溢れちゃった・・・・・・・
    だって、まさにそれをしてくれる男だと信じていたから。

    「これから家出るところ」

    「よかった!実は、もう家の前にいるよ 笑」

    この人は、こういうひと。
    すごく優しくて、気を使って、でも、その気を使ってるのをわからせないように、さらに気を使うひと。
    サングラスかけて行った。

    だって、彼にそんな泣き顔、見せたくなかったから。

    子供のように、麻薬でも打っちゃったのかってくらい、ハイテンションなコーヒーさん。
    たまゆき、このひと、やっぱり好きだ。。。。

    どうしていつも、この人は私との関わりを避けるんだろうって思ってたけど。。。。
    要するに。
    この人は、私に欲情しているから 苦笑。
    多分、それを抑えきれなくなるからだろう。

    たまゆきは、最近、本当によくわかってきた。
    自分は、男を欲情させる存在だということを。
    コーヒーさんも言ってた。

    「君には、男友達は難しいと思う。だって、みんな君と寝たいと思うから 笑」

    あっけらかんと言われて、たまゆき、絶句。
    でも。
    そうなのかも 笑。

    信用していた男友達、手を出されたこと、何度あることか。

    今は、ここでのお勉強の成果なのか、露骨に手を出せることは、ない。
    お嬢様扱い、お姫様扱い、車とか、わざわざドアを開けに降りて来る始末。
    ウーーーーーーーーー・・・・・ん。

    お酒が入ると、コーヒーさん、きっとコントロールが効かなくなるんだろうな。
    キスすると、わかる。
    キスに熱が入ってる。
    愛おしくてたまらない、そんな想いが伝わってくる。
    狂おしいくらい、欲してる。

    たまゆき、初めてそれに乗っかってないの。
    まだ、その気になれないから。

    ごめんね、コーヒーさん。
    たまゆきと寝たかったら、もう少し待ってね。

    息子くんのことで、結構ボロボロなコーヒーさん。
    でもね。
    それは、息子くんが自分で乗り越えなくちゃいけない壁なんだよ。
    頑張って見守ってあげて。

    親になるってどんな気持ちなんだろう。
    たまゆきは、多分もう・・・・・親にはなれない気がするから、その気持ちは正直わからない。
    今回、ママと話して、たまゆきがいじめられてた幼少時代、少なからず心を痛めていたのは、わかった。

    「いざとなったら、福島の田舎に行くか、借金してインターナショナルスクールに入れようと思った」

    というセリフ。

    ちゃんと、たまゆきのこと見ていてくれたんだね、ママ。

    たまゆきは、反省しました。
    もらっていないと思っていた愛は、ちゃんとあったの。
    たまゆきは、恵まれ過ぎている。
    今も、たくさんの愛をもらってるのに、気がつかないたまゆき。
    でもね、これからは、ちゃんと受け取っていくから。
    そしてね、それを返していくよ、ちゃんと。

    コーヒーさんには、ラブメール、送りました。
    愛は告白しちゃいけない、Kouさんはそう言うけど、ゲームオーバーがないから。
    たまゆきの周りは、女子から告白して、うまく行ってるケースもいっぱいあるから。
    (問題はいっぱいありだけど 爆)

    別に、「彼氏になって」って言ってるわけでもないから。
    彼のスイッチを押したかっただけ。

    コーヒーさん、やっぱりものすごく感激していたよ・・・
    この人、やっぱり最初から私に恋していたんだ。。。。去年からね。
    それを必死に隠していただけ。
    だって、彼は一度私に振られてるから。

    そして、たまゆきは、しろちゃんとコーヒーさんを天秤にかけて、やっぱり間違った男を選んだだけだった。
    しろちゃん、大好きだったけど、これからは・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    コーヒーさんなのかもしれない。
    あの時点で、本当は、わかっていた。

    だってね。

    コンサートでハイネの詩を朗読したから。
    それに作曲したのは、メンデルスゾーン。
    メンデルスゾーンはハンブルク出身。
    コーヒーさんもハンブルク出身。
    ドイツ語と日本語で詩を朗読したの。
    たまゆきは、喋りは果てしなく苦手だから・・・・・・本当はするつもりなかったけど、
    でも、きっと素敵かなって。
    たまゆきのドイツ語は、ドイツ人と同じだから。

    ため息交じりの感嘆、非日常の世界を少しだけでもお披露目できたと思う。
    後日、とあるコンサートに出かけたら、なんとその場に、私のコンサートを聴きに来てくださった方がいらして、

    「とても素敵な時間をありがとうございました」

    と感謝されたの。
    たまゆきは、死にそうに嬉しかったよ!!!!!
    やっぱり、これが、フルートが私の人生なんだなって。

    正直、コーヒーさんといるワクワクよりも、フルートで何か起こった時のワクワクの方が勝ってる。
    こんなことは、初めて。
    でも、こんな気持ちは、コーヒーさんとだから、起こるのかもって。

    そんな気持ちを、コーヒーさんに綴ってみたの。

    今日は大好き。
    でも、明日はもうわからない。

    そんな状態だったら、たとえ愛を告白しても、相手を安心させてしまうことにはならない。
    たまゆき、それはもうわかった。
    素直に気持ちを伝えたけれど、だからってコーヒーさんは安心なんてしない。
    その気持ちにあぐらをかくことなんて、ない。
    彼は、男だから。
    たまゆきのフルートに対する情熱に、寄り添えることはあっても、それを通して知り合う人間の数を知ると・・・・・・・・・
    不安になるんだと思う。
    でも、それを直接ぶつけられたことはないし。

    ゆっくりで、いいんだよね。
    時々、

    「やっぱり、無理かも・・・・」

    って思うこともあるんだけど、近すぎず、遠すぎずの距離感で毎日接してくれるコーヒーさん。
    今は、この距離感が心地よいから。
    自分の気持ちを信じてみよう。

    胡蝶蘭の二つ目の蕾も大きく開いたよ。

1 30 31 32
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント