恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

男は面倒な恋愛が一番面白い

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

非常に気になるコメントを見つけました。

おそらくこれと同じ疑問を持っている人がいると思います。

追いかけるのが嫌いな男などいないということ

まりさんより:

先日、女性慣れしてそうな男性とお話する機会がありました。
私が、「片想いは楽しいけど恋愛は面倒くさい(デート代の支払いについての考え方の違いだったり、大事にしすぎると大事にされなくなったりのさじ加減を考えたり・・・)」と言うと、
「男が面倒くさいっていうと、モテないやつがカッコつけて言ってるだけって聞こえるけど、
女が面倒くさいっていうのは、ほんまに面倒くさいんやろうなー(笑)
男は、女がいる方が楽やもん。言わんでも何でもやってくれるし買ってくれるし。」って言ってました。
よく彼女といるのをお見かけするんですが、見るからに彼女がベタ惚れ。
だけど、彼もじっと座って待ってる彼女に時たま寄って行っては、頭をなでたり抱きしめたりして機嫌とってます。
根っからのヒモ体質???
なんか、他にもっとお金もって尽くしてくれる女性が現れたらさっさと乗り換えそうに見えるんですけど、
こういう、「恋愛には快適さを求めてる、しんどいのはイヤだし、俺にベタ惚れで尽くしてくれる女じゃなきゃイヤ」って男性も、焦燥感にかられて追いかけることに意義を見出すことってあるんでしょうか???

あります。

どんな男性であっても、覚醒させたら嫌でも追いかけてくるようになります。

まだ知らないだけなのです。

スイッチが入っていなかったり、投資の量が少なかったりすることで、「去る者追わず」というようなことができてしまうのです。

「去る者追わず」は、本来男性にはできない芸当なのです。

 

男は異常なほど未練がましい生き物です。

別れた女のことを何十年でも覚えていられます。

綺麗さっぱり忘れられるというのは、逆に言うと未練を覚えるに値しない程度の関係にしかなってなかったということでもあります。これはある意味残酷ですが、僕に相談を持ってきている女性の例を見る限りでは、そんな状態で誤解している人はほとんどいませんので、安心してください。

 

前の記事で書いた、男性が追いかけるようになること。そのメカニズムは、焦燥感にかられてのものではありません。

焦りによる行動は、ずっと焦らせ続けないといけません。これは女性がしんどいですよね。

 

そうじゃないんです。

男性は、女性に投資することを潜在的に求めています。それをすることによって自分の欲求が満たされていくのです。

まりさんのコメントの例にある男性も全く同じです。

女には不自由していないかもしれませんが、恋愛に不自由しています。

 

恋愛には快適さを求めてる、しんどいのはイヤだし、俺にベタ惚れで尽くしてくれる女じゃなきゃイヤ

というような発想をしている男性は、実は内心自分に自信がなく、恋愛に逃げ腰なのです。

そういう男性には、そういう女性しか寄って来ません。

一見安全で快適に見える恋愛ごっこしかできない女性だけが寄ってくるのです。

 

上辺だけの恋愛でコンフォートゾーンに浸っている人は、面倒で本当に面白いはずの恋愛を知らないので、追いかける喜びなど知りようがありません。

男性が好きな女性に投資していく喜びを味わい始めると、もう後には引けません。

はっきり言って他の女性に目線をやるような余裕はどんどんなくなっていきます。

 

それは切迫感からくるのではなく、自分の投資欲求のサイクルから来るものです。

すべての男性は内在的にそれを持っていて、発揮していない人は、まだそれに気づいていないだけなのです。

男が恋愛で感じる本当の面白さは、簡単には自分のものにならない女性を追いかけているときです。

つまり、彼女に対して次から次へと行動を起こしているときです。

 

これは麻薬なのです。

行動を起こしている本人が一番気持ちいいのです。

 

そこに彼女が何らかの反応を見せようものなら、その快楽の度合いは格段に高まり、さらに行動したくなるのです。

恋愛の勉強をしまくって、麻薬性のある女になりませんか(笑)。

彼を中毒にさせないといけません。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • えりすけー
    • 2017年 4月 15日 15:05:32

    このまりさんのコメントめちゃくちゃ共感できます。私も麻薬性のある魅力女子になりたくて毎日kouさんの記事を読んで勉強中です。

    彼と別れて1ヶ月が経ちました。彼は誕生日にお祝いされても嬉しく感じないと私に話してくれていました。そんな彼はきっと、このまま付き合っていても誕生日をお祝いしてくれないと予測できたので、好きだったけど別れを選びました。

    でも、私は彼に愛される自分になりたいです。そのために、もっと自分を知って、日々成長する自分でいたいと思います。

    7月まで復縁するつもりはありませんが、誘われたら彼と会うつもりでいます。でも、もう簡単にお家にあげることはしません。私はそんなに安い女じゃないので…。でも、彼の胃袋をちょっとだけ掴んでいる自信があるので、彼の周りの可愛い子ちゃんよりは少し有利な立ち場にいると思います。

    Kouさん、これからもよろしくお願いしますね。

    • 琉架
    • 2017年 4月 18日 7:55:07

    今までは私自身が落ち着く事に精一杯で、Kouさんのブログの根本である男性心理のこと、きちんと学べていなかったなと思いました。
    多少の理屈は吸収出来ていると思います。
    ですが、ほんの少しだけ。そうなるのは理解出来る。でも実生活でそれを活かすには?というところまで持っていけていませんでした。
    ですがやっと、その事に気付けるくらいは、余裕が出てきたのかなと思います。
    これからはもう少し、男性心理の事も考えていきたいです。

    麻薬のように、中毒性のある女性。
    想像すると憧れてしまいます。
    私も一度は、どういう理由にしろ男性に近いものを味合わせたはずなので、潜在的に出来る可能性はあると思うのです。
    ですがそのとっかかりが、うーん!という感じです。
    男性に意識してもらう、小さな投資をはじめたいと思わせる最初の餌撒きが、よく分かりません。
    なんというか、私の培ってきている価値観が無意識に、投資の対象から外れる行動をしてしまっている気がするのですよね。
    それが良いところもあると思うのです。時には長所になると思っています。
    ですが、追いかけるという視点から見たときは、そうしなくても寄ってきているように見えるのかもしれない。とも感じます。
    難しいです。もう少し、男性心理のお勉強ですね。

    • さこさこさこ(^-^*)
    • 2017年 4月 18日 9:40:02

    コウさん、私の恋愛終わりそう…。私が招いた結果?よくわかりません(x_x)彼は、何も話してこないので、私も、待ってるとこです。が、どうなるかな?

    • megumi
    • 2017年 4月 18日 12:31:16

    男性が好きな女性に投資していく喜びを味わい始めると、もう後には引けません。

    はっきり言って他の女性に目線をやるような余裕はどんどんなくなっていきます。
    ……

    私はリアルな恋愛だと尽くしてしまう傾向にあり、それがダメだと反省をしてます。

    でも男性に投資してもらうのを仕事として割り切っていたときは上手くできました。投資すればするほど男性は優しくなってきて甘々になるんですよね。ワガママ言わなくなる。こういった人を教育ができてる顧客と呼んでた。ここで学んでいれば分かるでしょうが身体の関係にならないからできていたこと。情がはいるとできなくなる。

    情がはいると、申し訳ないとか、遠慮とかしちゃって、私はうまくできなくなるのですが、実体験はあるから理解はできているはずなんですけどね。

    好きになると尽くしてしまって、彼だけにベッタリで、献身的になってしまう私です。

    だからいまはあえて、仕事として割り切って男性と接していたときに近い状態をつくろうとしてる。誰にも情を入れ込まず、複数のあいだをチョロチョロと。

    でも誰かを好きになると女心として、その人と一緒にいたいと願うもので、最優先させて時間も空けちゃう。よって男性もお腹いっぱい。

    とにかくしばらくは投資量を増やしてもらうためにも、誰か1人だけにロックオンされないように、なんとか、かわしていきます。

    • オレンジ♥(kouさん)
    • 2017年 4月 18日 18:53:26

    はい、彼を中毒にさせ続けます♥

1 7 8 9
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント