恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

彼へのメールに想いは要らない

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

「メールの返信」に関する悩みが多いようなので、久しぶりに返信についての話をします。

僕のところには、彼からの連絡が来ないという相談から、「こんなメールを送ろうと思っています!」という相談まで、色んな内容の相談がやってきます。

 

彼から全然返信が来ません

という悩みを抱えている女性は実際のところかなり多いですね。

 

これは男性と女性で、メールという連絡手段に持っている意識が違うことから起こります。

もちろん男性の性格によっても多少違いがあることはあります。

普段から女性に歩み寄れる性格の男性には、ある程度メールでコミュニケーションそのものを楽しむということができる人がいます。

しかし大多数の男性は、メールのやりとりは単なる業務連絡です。

 

いや、俺はメールのラリーでコミュニケーションしてるよ

という男性もいるかもしれません。

しかし、そういう男性も実は本当の意味でコミュニケーションを純粋に楽しんでいるわけではないのです。

少なくとも女性のそれとは全く別次元の楽しみ方でしかありません。

 

女性は、メールでのやりとりそのものに快感を得ています。

会話と同じなのです。

メールのやりとりは会話と同じなので、ほとんど無限にやりとりできるのです。

しかし男性はそうはいきません。

 

男性が長くラリーが続けられるのは、その先に得るものがあるという期待を感じられるときだけです。

女性は到達する目標がなかったとしても、会話を無限に続けられます。なぜなら、その会話という行為そのものを楽しいと感じられるからです。

女性の場合は、むしろ会話に到達目標がないことの方が多いくらいです。

 

そういうことなので、男性は目的地が分からない会話を延々と続けることに対しては、ストレスしか感じないのです。

ここまで聞いたら、勘のいい人はもう想像がついているはずです。

 

男性が返信したいと思うメールには、法則があるということです。

その法則は、ずばりこの記事の中に書いたヒントがそっくり当てはまります。

 

そのメールに返信して会話を膨らませることで、何か得られるものがあるという実感を与えられる必要があるということです。

これはそう難しいことではありません。

会話に何か到達目標を匂わせればいいのです。

 

デートでどこに何をしに行こうかという話になったら、途端に彼のメールの反応がよくなったという話はよく聞きますね。

結論がない会話はストレスなので、結論が出るような会話にする必要があります。

そう考えるとすごく難しく感じますが、要するに結論が出ないタイプの会話をやめれば済むだけの話なのです。

 

冒頭に書いたように、僕のところには、「彼にこんなメールを送ろうと思っています」というような、相談が来ます。

いわゆる「爆弾メール」です(^^;

 

この爆弾メールを僕はたくさん見てきましたが、一つだけ大きな共通点があります。

ほとんど例外なく当てはまります。

 

それは、文章が長いことです。

 

そりゃあもう長いです。

ものすごく長いです。

そして、その中でもう一つ重要な共通点があります。

 

長い文章の中に含まれている要素は、ほとんどが「想い」だということです。

「私はあなたがこれだけ好きだった」という想いです。

 

これを多くの人が書きます。

しかし残念ながら、男性はそれを文章で読んだところで、ほとんど何とも思いません。

むしろ、文章が長い分、ストレスにしかなりません。

 

僕に送るメールは長文でも構いません。

状況説明もありますしね、どうしても長くなることはあります。

 

でも、意中の男性に対して送るメールで、「想い」ばかり書いてある長いメールは、ストレスにしかならないと覚えてください。

あなたが詩人であったとしても、文章だけで男性に気持ちを理解させるのはかなり難しいと思います。

 

メールに想いはいらないんです。

あなたの彼に対する想いは、彼に会って彼の投資を受けたときに思う存分表現したらいいんです。

 

僕は個別相談で、「メールは頼み事か質問の形式にすること」とアドバイスしています。

しかしこれを守れていない人はかなり多いです。

気づかないうちに、返信のしようがない日常の出来事や、女性の友達と盛り上がるような会話を入れてしまうのです。

多くの女性がこんな調子なので、このブログを読んでいるあなたはこれを知っただけで、他の女性よりも随分前に出ることになります。

 

置かれている状況などでも多少変わりますが、彼が返信をくれないのは、彼が意地悪をしているからでも、あなたのことを嫌いになったからでもないのです。

ただ、あなたのメールが返信しようのないメールになっているから、彼も返信する必要がないと思い込んでいる可能性もあるのです。

 

男性が返しやすいメールを送ること。

これを意識するだけなら、できそうだと思いませんか。

彼に伝えたいあなたの想いは、メールでは書かなくていいんです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • ゆきだるまる
    • 2019年 10月 21日 19:56:09

    日々進歩を感じています。

    メールを送る。返事が来ないときがある
    →凹む
    メールの返信がこないのが嫌だからなるべく送らない
    →私もほぼほぼ業務連絡のみになる

    よくよく考えたらメールの返事はくれないけど、
    送った内容覚えていて会ったときにそれとなく振ってきてくれる。もしくは超話したそうにこちらを見てくる(笑)ことがわかる。

    そのうち私もメールに想いをのせるのが勿体ないという思考になってくる。
    だって、メールで送っちゃったら会ったときにその話題を話せないんだもん。勿体ない。あって話すほうが断然仲も深まるし幸せなんだもん。
    すぐ話せないのはもどかしいときもあるけど、
    メールには想いをのせないようになりました。

1 9 10 11
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント