恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

大多数の女性は、恋愛のことをそもそも知らない

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

僕はこのブログの中で、ずっと「恋愛の勉強をしてください」と言い続けています。

このブログにたどり着いたことだけでも、実は結構すごいことなのです。

 

モテる女性は恋愛も勉強している

まりもさんより:

「恋愛のお勉強」という観念はもともと
私の中にはありませんでした。

私のそれまでの恋愛は猪突猛進。
押せ押せで、好き好き全開モードでした。

今は、
「何てもったいないことをしてきたんだろう」
と思います(笑)

こちらに出会えて、お勉強させてもらう毎日です。
「宝探し」のようで、楽しくて仕方ありません♥

まりもさんに限らず、こういう女性は本当に多いですね。

むしろ、恋愛の対象である男性のことをちゃんと勉強して知っている女性の方が少ないのです。大多数の女性は、相手が何者であるかも知らないまま恋愛を続けているのです。

少し冷静に考えると、恐ろしいことだと思いませんか。

 

これは同じことが男性にも言えます。

ただし、性的興味の進行具合や育っていく集団環境などの問題から、男性の方がそれを知る機会が多いというだけです。

 

女性の場合は、ひどい人になると相手の男性のことはもちろん、自分のこともほとんどよく知らないという人もいます。

これはセックスに至るときに最も顕著に現れます。

 

自分である「女性」がどういうものなのかということと、恋愛の相手である男性を知ることは、幸せな恋愛をするためには必須のことなのです。

しかし、外国はともかく日本国内ではこの恋愛に関する勉強は、学校では教えてくれません。

(僕はお金と恋愛とセックスは学校でも教えるべきだと思っています)

 

このことは、逆の発想で考えると、

 

恋愛の勉強を少しするだけで、その他大勢の女性の群れから抜け出すことができる

ということでもあります。

 

多くの女性は、男性のことを知らないんです。

多くの男性は、女性のことを知らないんです。

 

その状況にあって、あなたが恋愛の勉強を通して、自分のことと男性のことを少し理解するだけで、圧倒的に有利な立ち位置に躍り出ることができるわけです。

 

僕は、カフェに行くと周りの雑談に聞き耳を立てることがあります。

意識的に聞かなくても、勝手に耳に入ってきます。

女性同士の会話で最も多いのは、彼やご主人の愚痴です。

 

女性同士で話していますから、聞いている女性の答えも女性目線です。

答えている内容が、僕に言わせれば嘘ばかりです・・・。

つまり、男性が何を考えてそのような行動を取っているのかサッパリ分からない人が、想像で答えているだけなのです。

ほとんどの人がこのレベルです。

 

このブログでいつもコメントを書いてくれているちはなさんは、「主人は亭主関白よ」と言っています。

彼女はご主人を亭主関白にさせてあげているのです。別に下手に出ているわけではないのです。

 

思考回路の全く違う男性とどうやったらうまく愛し合えるのか。その仕組みを少し理解しているだけで、歴然の差が出ます。

そして、最後が重要です(^^

 

仕組みを知って理解した側が有利になります。

なぜなら、コントロールする権利を握っているからです。

 

男性ももちろん女性を理解した方がいいに決まっています。

でも男性に仕組みを理解されるだけで終わったら、あなたは都合のいい女に逆戻りする可能性もあります。(もちろんそういう男性ばかりではありませんが)

 

仕組みは知らないよりも知っておいた方がいいでしょうし、知っていることで問題が起きることはありません。

運良くこのブログにたどり着いたのですから、勉強しない手はないということですね。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (22)

    • kyoncat
    • 2016年 11月 30日 20:54:44

    ちはなさん、もういらっしゃらないのかな
    ちはなさんの穏やかな言葉使いを聞いてるだけでも落ち着ける気がしました。

    よく覚えてないけど、これ来た当時、なにいってんだと思ってた気がします。
    反発は感じてないので、ああ、そうなん……くらいに受け止めてはいたけど、まったくピンと来ませんでした。

    だけど今は違います。

    >恋愛の勉強を少しするだけで、その他大勢の女性の群れから抜け出すことができる

    これ、優先順位のところで技巧的になるほどなと思って意識して他の女性と同じ群れに入らない、同列で扱われないといいうことをやるようになりましたが、色々勉強してるうちに、
    意識して群れから離れるというより、群れそのものが見えなくなりました。
    群れの女性が大したことないと思ってるわけじゃなく、私より素敵な人はいくらでもいるかもしれないけどそれはそれ、というか、全く気にならなくなりました。
    それよりも、自分が自分史上最高だと思えるようにはまだまだやる事が山積みな事の方が気になります。
    最初はどうしても手に入れたい彼のために自分史上最高の女になる努力すらできないとか本気なの?みたいな気持で頑張ってたところもありますが、もうなんかもはや自分とつきあって自分を育てるほうが面白かったりする時すらあります。

    自分を大事にするとか自分を愛するとか、全くもって意味がわからない、と長い間ずっと思ってました。
    自分を大事にしないといけないんだ、と思って、やみくもにそれを知ろうといろんな本やサイトを読み漁ったこともありますが、どうしても自分という存在を、他人や好きな人以上に意識することができませんでしたが、今は見えてる気がします。

    恋愛の話するつもりでこのコメント書き出したのに変な方向いきましたが、なんというかむしろ、彼よりも自分のほうが好きかもしれない時がある、とまで思うようになってから、余計に彼に恋していることが楽しくなりました。
    ここなんかうまく説明できないのですけどね。

    • kyoncat(おもちさん)
    • 2016年 11月 30日 21:31:19

    │ωФ) おもっちゃん、わたしフレンチクルーラーとポンデにするわ

    おもっちゃんお返事ありがとう。
    おもっちゃんとお話できて嬉しいけど、お返事は気にしないでね。
    ほんとにおしゃべりできれば嬉しいなと思ってるので。

    >だけど相手がそういう態度だとスルーできない場合もあるわけで、そこで相手と同じ土俵にあがるよりは、あっ、私いいです、って言うほうが楽なんだと思う。

    >(・0・。 ) ホホーッ。
    >相手の女性が、そういう態度できたらスルーできない!ってことですよね?そういう経験がまだ>ないから、本当想像でしか語れない(/Д`;

    ちょっと違う。
    私が”喧嘩うっとんのか?みすごせねーな!”と思うのではなく、否応なく絡んでこられることがあるということです。目の前に立たれるみたいな。
    例えばおもっちゃんと初めてお話した時みたいな、いきなりここの常連さんに暴言吐くような人が現れたような場合です。
    相手するかどうかはともかく、目の前に書かれているものを読まされる時がありますが、現実世界でも挑戦的な態度とられたり、好きな相手に馴れ馴れしくするのを見せつけられたりすることがあるということ想定でした。
    そういう時、挑戦状をいちいち受け取らなくてもいい、むしろ受け取れ!リングにあがれ!みたいな態度の人からは、あっ、いいです、と言って離れることを選びたいんではないのかということが言いたかったのかと思います。
    (挑戦状受け取っちゃってもいいのよ、場合によっては。だから私はおもっちゃんの発言に感動したんだしね)

    >「あ、私はいいです。どうぞその不良品を受け取ってください。」かな?
    >昔、おもちさんが捨てたものを誰かが拾うだけだからその後の事気にすることないよって言われ>た事があって(ここで)それが鮮明に残ってるから、繋げてみたヾ(*ΦωΦ)ノ

    それも間違ってないけど、それはもうものすごい究極かつ、もう彼のことなんて放流することに決めた場合かなw
    そこまでいかなくても、相手の挑発や、同じ土俵にあがるかどうかを選べるはずだから、
    相手から仕掛けられた喧嘩(往々にしてそういう場合こっちは準備もできてないですしね)に乗らずにとりあえずその場を去るという選択肢もあるなってことです。
    巻き込まれないっていうかね。
    一番有利な状況で、自分の好きなやり方で勝つ方法なんていくらでもあるのに、わざわざ不利な状況で、みっともないことしなくてもいいんではないかってことです。
    わかるかな?
    たぶん、ハデな女の子が好きっぽい彼のためにハデになろうとするのを辞めた、そのバカバカしさに気づいたおもっちゃんならもうわかってると思うよ。

    >期待してる。゚(゚^ω^゚)゚。辛い。゚(゚^ω^゚)゚。
    >仕方ねえなって、まだ思えないです。

    私もだよwww なんかちゃんと伝わるように書こうと思ってるから、なんかわかってる風な感じになってしまうけど、私すんごいメソメソウジウジ女だからwwwww

    でも、これで追いかけてこないなら仕方ないっていうのは、相手を見切るってことでもあるけど、
    ある意味本当の意味で自分に自信をもてるということなのかも、って思います。
    その自信とは、
    「私はこんなに素敵な女なんだから、その良さがわからないポンコツはイラネ! ( ゚д゚)ノ ⌒ ゚ ポィッ」
    ってのもあるかもですが、
    「まあこれでダメになるならそれはそれだ、私は自分で自分を幸せにできるから」
    みたいに思える自信じゃないかなって思います。
    =余裕なので、こんな絵に描いたようなど修羅場から、余裕で去れる人のほうが気になって仕方ないと思いますよ、まともな男ならば。

    まさしくこういう状況で大失敗し、彼よりも挑発女よりも、自分がその時にとった態度に傷ついて彼と距離おいてるんですが、どうしたらよかったのか、みたいな話を友達に相談した時、さっさと去るだけでよかった、という説が多く、いまひとつしっくりこなくて、私はそんなかっこいい女的行動はとれない、と思ってたのですが、そうじゃないんです。
    かっこいい大人の女みたいにならないとあかんわけではないんです(友達は割とそういう意味で言ってたみたいだし、結果的に同義かもしれないけど)。
    自分がしっかりしてる人なら、他人に左右されたりしないんですね。
    だから目の前で彼氏にちょっかい出してくる女がいようが、彼氏がそれを拒絶せずニヤニヤしてても へー としか思わないんだと思います。
    自分にはけして愉快な場ではないし、自分は関係ない世界なので去る、それだけでよかったんじゃないかって思うんですよね。

    こういうのは別に今すぐわからなくていいと思うし、最初からそこ目指す必要もないと思います。
    もっと単純に、彼がヨソむいてるから辛いとか、慣れ慣れしくしてくる子にくいとかでも全然いいと思うし、そういう気持も、また大事で、きっと自信のある自分をつくる土台の埋め立て素材になってくれると思いますのん。

    相手のペースに乗らない、自分を見失わないと、割と物事うまくいくような気がします。

    • まゆきち。
    • 2016年 11月 30日 21:49:20

    私の彼は臨床心理士。
    心理の専門家。

    今まで連戦連敗

    だけど、

    勝ちたい!!!!

    例え心理のプロでも
    彼より私の方が有利!!!!

    彼に告白させた。

    「まゆきち。ちゃん
    今まで落そうと思って
    落とせなかった人っていないやろ?」
    って言わせた。

    私の方が有利!!!

    もっと勉強する。

    私が振り回す!!!

    • おもち kyoncatさん
    • 2016年 12月 01日 11:58:15

    私もポンデリングがいいですꉂ(つ∀ωちょっと違う。

    ヽ(・ω・)/ズコー

    >それも間違ってないけど、

    ヽ(・ω・)/ズコー

    分かる!分かります!ちょっと違う受け止め方サエしてなければ分かる(`゚ω゚´)キリ

    >たぶん、ハデな女の子が好きっぽい彼のためにハデになろうとするのを辞めた、そのバカバカしさに気づいたおもっちゃんならもうわかってると思うよ。

    私は清純女性になりたいので、辞めました(♡ >ω「まあこれでダメになるならそれはそれだ、私は自分で自分を幸せにできるから」

    これや!この思いが欲しいんです私。
    貴方が居なくても私は生きれますけど?みたいな事。本心で思える日が来ることを願い勉強してます。

    >自分がしっかりしてる人なら、他人に左右されたりしないんですね。

    うんうんうん!!
    絶対そうと思います!

    >相手のペースに乗らない、自分を見失わないと、割と物事うまくいくような気がします。

    相手のペースに乗らず自分を見失わない。忘れたくないこの言葉…。
    相手のペースに乗りまくりジェットコースターですꉂ(つ∀< ๑)
    ( ゚д゚)ハッ!笑うとこじゃない。
    自分が本当に思ってないことは、試しで言うのもやめます。
    本当に思った時にいうか、態度に出せるようにしたいです

    • タピオカミルク
    • 2017年 1月 05日 21:56:13

    恋愛、夫婦間のことは女性優位で大事にしてもらいながら亭主関白ってどういうことだろう。めっちゃ知りたい。すごく大事な気がします。

    • 悠ちゃん
    • 2017年 1月 05日 23:54:00

    >恋愛の勉強を少しするだけで、その他大勢の女性の群れから抜け出すことができる

    これは、良くわからない不安や自信喪失に教われたとき、自信回復になる言葉です。

    >仕組みを知って理解した側が有利になります。

    >なぜなら、コントロールする権利を握っているからです。

    自分に自信を持つために、他者からの態度や言葉で埋め合わせようとして、コントロールするのは信念に反するけれど…コントロールできるならお互いが良くなる、win-win交渉のように、コントロールしたいですね♪

    • Diosa
    • 2017年 1月 06日 5:27:50

    私の性格はここに来てからもあまり変わっていませんし、ある日目覚めたら大勢の女性の中で一番目立つとか一番もてるようになった!みたいな映画で起こるようなこともありません。

    でも、男性の本質、言動を大多数の女性より理解していることは確実にプラスになっています。

    変なこと言っていたら、「はい、嘘~!」と思えるから不安にならないし、
    さりげない投資にも気づけるようになったからお互い嬉しいし、
    まだ女性を分かっていないな~と思うことがあれば、ラッキー!気づいたらもっと愛されるじゃん!って思うし、
    誤解が誤解を招いて泥沼化するような喧嘩はしなくてすみます。

    Kouさんのいう、女性がぼんやりとしか見えない未来を男性が定めてくれること、今正に起きているんですよ。

    >仕組みは知らないよりも知っておいた方がいいでしょうし、知っていることで問題が起きることはありません。

    >運良くこのブログにたどり着いたのですから、勉強しない手はないということですね。

    本当にそうだな~と思います。

    • goodgirl
    • 2017年 1月 12日 0:38:15

    大恋愛だった彼に振られてから、彼の気持ちを動かしたい、思い通りの人生を手に入れたい、そう思うようなりました。

    ちょうどそのとき有名な成功哲学本が私のもとにやってきて、人生にもこんなテキストがあるんだ!と知り、夢中で取り入れ始めました。

    色々な本に知識があってそれが自分を助けてくれる、そういう感じで、人生を他人をコントロールしたかったんです。

    だから、少しは回りからは出ていたかもしれないけれど、結局真面目な性格なので、逆にそれにとらわれて自分を見失いました。

    それも全部無駄じゃないのはわかっています。
    これからはやわらかくて自由にそして女性らしくいきますね。

    • にゃんちー
    • 2017年 1月 29日 17:29:40

    ちはなさんのように
    亭主関白にさせてあげている
    というのは、誰のために気を回すのかという前の記事のヒントになる気がしました。

    男性のみの周りの世話をしたり、家事をしたり、
    尽くすために女性がいるわけではないし、付き合いも、結婚もそうですよね。
    服従なんて変だもの。一方的に尽くすのも。

    彼が家で気持ちよく、心地良くいさせることで
    どんなプラスの作用があるのか。
    考えるべきはそうゆう事なのかなぁと感じました。
    男を感じられるようにさせてあげる。
    それって、巡り巡って、彼が私を女性と感じることにも繋がっているのかも!
    私は最近、正直、同棲中の家事について
    負担が積み重なり、嫌気がさしていました。
    もう何もしたくない!って。
    なのでしばらく試しにやめてみました(笑
    料理も掃除も洗濯も。
    まぁ家事は溜まりに溜まっていきましたが、
    思ったことは、やめても解決しないってこと。
    楽になります。自分の時間も増えます。
    早く寝られるようにもなります。
    確かにいいこともありました。
    だけど、なんか生活が楽しくなかった。
    溜まっている家事の光景に嫌気もさしました。
    堕落してるなって。
    ずさんでいるなって。
    やめてみたけど私は本当には嬉しくなかったんだと思います。
    なので、またやってみました。
    するとやっぱり部屋や空間が心地良いですね。
    全然違います。
    あれほど嫌気がさしていたことにも、やっぱり意味や価値はあるんだと再確認です。
    彼に手伝ってもらうのもいいとは思いますが、
    私ばっかり負担して、何かをしてって、それは少し卑屈になっていたかもと思いました。
    そう思うのなら、彼が外で活躍出来るようにすればいいのかもと。
    そうゆう意味で、自分のために、気を回す。
    アゲマンになれば好循環が生まれのかなって。
    ただ、無理をしてまでしない。
    あくまで楽しく。
    きっと彼が家事をある程度するようになれば、
    仕事への熱の入り方も落ちる気がします。
    女性が仕事にばかり体力を使えないのと同じように、男性も家事ばかりに体力を使えない。
    苦手なところは、お互いに違う形で補い合えばいいのかも。
    女性が女性らしく、男性が男性らしくって
    私はブログで勉強をする前までは、なんか型にはめるみたいで嫌いでした。自由にしたらいいじゃんて。
    だけど、そこにもやっぱり大切な価値や意味はあるんだなと思ってきました。
    それに、女性性を発揮出来る舞台でもあるのかなって。
    彼を上に引き上げられるのは私だもん!

    • 青色
    • 2017年 2月 09日 21:57:29

    わたしにも「恋愛を勉強する」という概念がありませんでした。

    この世には男と女しかいないのに
    その違いのお勉強はしていないなんて
    よくよく考えたら恐ろしい。

    こんな大切なことなのに
    どうしてどこにも書いてないんだろう。

    恋愛のお勉強、
    自分を大切にするためのお勉強でもあるのですね。

    • せな
    • 2017年 3月 07日 19:30:27

    Kouさんのブログに出会わなければ、女友達のアドバイスに振り回されてたと思います。

    Kouさんのブログに近いアドバイスをしてくれた女友達は親友で、いい意味で男性経験豊富、モテ女で今、幸せな結婚をしている友人だけでした。

    恋愛すると、色々な人に相談したくかりますが、
    本当に信頼している友人だけに相談し、あとは自分で恋愛の勉強をするのが1番だと思いました。

    不安な中で、相談しても、人によって捉え方は様々です。結局、自分を信じるしかないという結論に至りました。

    • ナウシカ
    • 2017年 4月 08日 20:31:54

    >自分である「女性」がどういうものなのかということと、恋愛の相手である男性を知ることは、幸せな恋愛をするためには必須のことなのです。

    生まれてから女なので(笑)

    女性がどういうものなのかなんて考えたこと1度もないです。

    男性心理も知ることも(笑)

    これは幸せからは程遠い恋愛www

    >あなたが恋愛の勉強を通して、自分のことと男性のことを少し理解するだけで、圧倒的に有利な立ち位置に躍り出ることができるわけです。

    今、女性でいるだけで価値がある!と思い続けて

    悩んでいた苦しみから解き放たれて

    本来の自信ある自分に戻ってきています。

    自分に価値は感じていなかったので

    「女性であるというだけで価値がある」ということ

    自分の価値を高めている最中です。

    有利になるんだっ!!

    >仕組みを知って理解した側が有利になります。コントロールする権利を握っているからです。

    楽しい恋愛の構造がわかってきて本当に楽しいし嬉しいです。

    • ぷるぷる子鹿
    • 2017年 4月 10日 18:59:01

    前の結婚のことを思い出しました。
    前夫はそれこそ亭主関白でした。私も諦めて合わせていました。いつも緊張していて、文句を言われないようにしていました。夫婦間の会話は沢山ありました。でも心から笑いあえた日ってあったかなって。
    無理して合わせるのと、ペースが心地よいのは違うんですよね。今の彼も根本的には亭主関白タイプだと思います。けど心地よさが全然違います。私が無理してない。

    でもな〜〜

    やっぱり合わせちゃうとこあるんですよね、嫌われないかなって思って。笑

    ここが強くなれたらほんとに楽しいのになって日々勉強中です。笑

    • うさぴょん
    • 2017年 4月 21日 5:37:03

    最近すごいです。
    毎日電話してくれるようになりました。
    メールもラインもくれます。
    少しでも会いたいと言っていろいろ考えてくれています。
    う~ん、極めるとどんな場所に行き着くのでしょうか。
    もっと勉強したいと思います。

    • 青色
    • 2017年 4月 30日 22:49:15

    恋愛には上手くいく型のようなものがあって
    それを勉強していくことと
    恋愛の相手である男性のことをよく知ること。

    どうして似たような経過を辿るのかと思ったら
    男性心理はどの性格の男性も同じだから。
    自分の好きな彼も、遊び人の彼も、近所のおじいちゃんも一緒。

    おもしろい。

    • りら
    • 2017年 5月 13日 13:45:20

    もっと若い子にすればいいじゃない、
    ずっと付き合っている彼女がいるくせに
    なんで私に手を出したのよ、
    誰と行ったの?どうせヤッたんでしょ?
    私のことなんて好きじゃないんでしょ(号泣)

    昨日とある場所で見た女性の発言は
    ざっと書き出すだけでこんな感じでした。
    お酒を飲んでいるからしばらくすると
    これをまた延々繰り返すんですね。

    泣いて責めて言いがかりをつけられても
    なだめすかしたり黙ってやり過ごしたり
    男性は辛抱強いなぁと最初は思いましたが、
    あれは多分、話なんてもう聞いておらず
    この後、どうお持ち帰りして
    適当にうまく丸め込もうかと
    考えていたのではないでしょうか。
    そしてきっと体の関係でも、女性は相手の
    ペースに全て委ねてしまうんだろうなぁ・・。

    多分、ここに来ていなかったら
    「ダメカップルのくだらないやり取り」で
    終わらせていたと思いますが、
    今は、何がどうダメなのか、
    そこからどうしたら巻き返せるかとか
    生きる教材として興味深く見てしまいますね。

    • なつみんと
    • 2017年 10月 19日 11:02:43

    372)大多数の女性は、恋愛のことをそもそも知らない

    「このブログでいつもコメントを書いてくれているちはなさんは、「主人は亭主関白よ」と言っています。

    彼女はご主人を亭主関白にさせてあげているのです。別に下手に出ているわけではないのです。

    思考回路の全く違う男性とどうやったらうまく愛し合えるのか。その仕組みを少し理解しているだけで、歴然の差が出ます。

    そして、最後が重要です(^^

    仕組みを知って理解した側が有利になります。

    なぜなら、コントロールする権利を握っているからです。」

    亭主関白にさせてあげている、かぁ。
    男の人は、潜在意識では亭主関白になりたいのかな…?

    彼は「なつみちゃんは、三つ指ついて旦那の帰りを待つようなタイプじゃないでしょ。俺も見てて分かると思うけど、亭主関白なタイプじゃないし。」
    私が「三つ指ついて待ってる方がいい?」って聞いたら
    彼は「そんな男の言いなりになるような女の子つまらないわw今のままがいいよ」と。

    確かに、私は黙って男性に尽くすタイプでも、専業主婦で家庭に収まるタイプでもない気がする。
    自分が好きな仕事があって輝けるタイプ。
    仕事だけじゃなく、自分自身の夢とか目標とかも常に追いかけていたい。

    彼のこと待ってるだけの女にはなれない。
    彼が戦ってるなら、場所は違っても私も努力して自分を磨いて、彼に近い目線と次元で、お互いを支えあって高め合いたい。

    私と彼なりの居心地の良い、持続可能性の高い恋愛関係を、2人で見つけて行きたい。
    彼のことを1人の男性として人間として尊敬する気持ちを忘れずに、彼に男性としての仕事をしてもらうことを大切にしていきたい。
    亭主関白って言葉は2人にはしっくりこないけど…女性らしく自由に振る舞いつつ、彼のことも立てていきたい。決定権は彼に。(私の意向に沿うようにコントロールしつつw)
    いつまでも男と女として、仲良く手を繋いで生きていけたらいいなと思う。

    • まいまい10
    • 2018年 3月 02日 16:11:14

    どこに書いたらいいかなーと迷いましたが、ここへ書きます。

    時間があったので、いつもは絶対見ないぐらい敬遠していた、日本の恋愛もの映画(いま準新作ぐらいのやつ&若い俳優さん出演&高校生ぐらいの子達がみるようなやつ)を借りて見てみました。
    興味本位で。

    やはり、女性目線ばかりのものですね。
    ちょこちょこ男性心理もみえる部分は描かれていますが。ほんのちょっと。

    ここで勉強してるから感じるものなのかわかりませんが、展開が早すぎるし、(映画だから凝縮されるのはわかるけど)全体的にぶっとんでるなーという印象。(ほとんど女性の妄想映画。しかも都合良くしたもの)

    都合のいい女、まではいかないまでも
    「おまえはオレのもの」「おれの言うことを聞け」的な要素ばかり。
    しかも、女の子もその彼に夢中で、もちろん他の男性に取られる心配もないという設定(学校1イケメンとか、取り合いにもならない、男の影がなさすぎる)。

    (中身全部が全部、だめな映画ってわけではないです、ちゃんとしている部分もありますよ、ここを勉強している女性なら見つけられる)

    ま、S男子は嫌いじゃないけど、むしろ好きなほうだけど、言いなりにはなりたくないなー。
    「オレの女」にはなりたくない。
    最近の恋愛もの(映画もドラマも)は、女性が追いかけるタイプのものが多いですね。
    特に、最近の学園もの。

    恋愛青春映画は、見たいと思わないと感じていたのは、ちゃんと女性心理があったからなのかな。
    今思えば。

    映画は、断然、ミステリー、サスペンス、アクション派です←かわいくないな(笑)
    恋愛ならドロドロ系に限る(笑)
    こっちのほうが、よっぽど「男性心理」描かれている気がする。(悪い意味で?)
    男性の欲とかね。
    性欲、支配欲、征服欲、嫉妬。
    今となっては、どういう気持ちで、その女性を追いかけてるのだろうって考えてみています(笑)
    その追いかけられている女性は、どんな女性像なのか、とかね。どういう気持ちになったら、追いかけたくなるのだろう。って男性目線で。
    「あーこれされたら男性はたまんないんだろうなぁ」なんて部分を見つけるのが楽しいです(笑)

    男性経験が少なかったので、この記事にあるように、ほとんど「男性」を知りませんでした。

    だからこそ、男性を知る意味で、ドロドロ恋愛ものをみて、人間の「欲望」側を勉強しています(笑)

    ミステリーやサスペンスものは、人間の「駆け引き」「戦術」「誘引」的な部分を見るようにしています。

    • 弁天
    • 2018年 3月 30日 17:22:22

    >多くの女性は、男性のことを知らないんです。

    >多くの男性は、女性のことを知らないんです。

    そしてナメック星人は

    ピッコロ→『恋愛、とかいうやつか…分からん…汗』

     

    • キューピーズ
    • 2018年 4月 01日 12:06:18

    先日、とある集まりに行ってきました。友人の企画した気軽なパーティーなのですが、老若男女、既婚未婚なんならお子さまたちまでいる割と規模の大きめな集まりでしたが、なんとそこで勘違いではないと思いたいのですが、私、相当ちやほや?されてきました。
    私自身40代子持ち既婚者。主人も同席の集まりだったのですが、立食だったこともあり、主人と離れたスキに、代わる代わる男性陣が話しかけたりコミュニケーションをとりにきてくれました。
    何故だろう?と思っていたのですが、周りの女性はわりと薄化粧でボーイッシュな出で立ちの中、私は薄いピンクのふんわりした出で立ちで、お化粧をしていました。
    あと、周りの女性は不思議なくらいに、人に何かしてもらってもお礼を言わないな、と思いました。私は習慣になっているのか、声をかけられたり何か取ってもらったりとかしてくださると、反射的にありがとうございます!と口について出ます。男性陣、とても嬉しそうに見えました。
    Kouさんのお勉強をするうちに、確実に周りと差が出てきたのかも?と思います。
    あと、主人も最近とても優しいです。今のままで幸せなのに、グレー彼の存在も気になり、できればもっと幸せにと願ってしう不届き者です。
    いつまでも恋心を忘れずに、こちらでしっかり勉強して前進したいと思います。

    • ラブアクチュアリー♡
    • 2018年 4月 08日 13:53:36

    男性に決定権を持ってもらったように見せる。

    能動的に動いてもらったら、男性のプランに乗っかって、女性は喜ぶ事。しかし、女性の尊厳を傷つけるようなことに対しては、きっぱり断る。断り方は、「今は、まだ嫌だ。」など、物理的な理由ではなく、自分の意思で断り、まだ未来があるようにする事。

    連絡先を聞くのではなく、聞かせる
    デートに誘うのではなく、誘わせる

    自分で決めたこと、自発的にやった事は、投資になる。一緒に時間を共有するだけでは投資にならない。
    一緒に行こうより、連れて行って欲しい。

    彼の守備範囲にいるよ、とわからせてから、私の為に投資行動をしてもらう。

    頭の中の整理中です。忘れないように♡

    • 2018年 5月 21日 23:45:35

    大多数の女性は、相手が何者であるかも知らないまま恋愛を続けているのです。


    これは今思うと怖いですね。

    恋愛の勉強を少しするだけで、その他大勢の女性の群れから抜け出すことができる


    1年半近く恋愛の勉強をして来たので、何も知らない女性よりは男性心理がわかり始めています。特にKouさんが繰り返し書いてくださることは頭に入っています。

    健康を害するくらいの辛い恋愛を経て、このブログに辿り着けたことは私にとってとてもラッキーだったと思います。どう検索してこのブログを知ったのか、残念ながら覚えてないのですが。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント