恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

あなたは例外になりたいですか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

またまたコメントを頂きました。これも取り上げざるを得ません。

 

女性の価値は自分で認めるもの

ラプンツェルさんより:

私は持病の薬の影響で肌が弱くなってしまい、メイクも髪型も服や小物も好きに出来ません。薬の影響でなくても、そういう人は沢山います。事情のある人は全否定されてもどうしようもないのです。配慮が足りないと思います。

コメントありがとうございます。

この手の内容をちゃんと意思表示してくれたことに感謝しています。

その通りで、実は僕もそのような人が少なからずいることは知っています。実際に何人も対面で相談を受けたことがあります。

 

配慮が足りないというのはそうかもしれません。

このブログはすべての女性のすべての状況に当てはまるようには書いていませんので、「全否定されている」と感じる人もいるかもしれません。もし、そう感じているのであればすみません。

 

このメイクの話というのは、非常にセンシティブな問題でもあるのです。

それを知りながら、あえて書いています。

そして、実際にこのような反応をしてくる人は一定の割合で存在していて、直接メールをもらうこともあります。

最近はあまりありませんでしたが、以前は口論に近い感情的なメール送りつけてくる人もいました。

 

そういう反論を受けることを知りながらあえて書いているのです。

 

それはなぜなのか。

 

気づいて欲しいからです。

このような反応をしてくる女性の多くは、実はまだ本気で女性でいたいと思っていません。

 

決してあなたを否定しているわけではありません。

話を聞いていると、実際にそう思い込んでしまうのも無理もないところがあるのです。

 

先にも書いたとおり、僕はこれまでに同様に事情を抱える女性との対話を何度もしてきています。

事情がある人もいることでしょう。

 

僕はその事情のある方を否定はしません。

しかし対話していくうちに見えてくるパターンは、ほとんど例外なくその理由を盾にして、自らメイクをすることを拒否しているということが分かります。

 

メイクができなければ、違うことで女性らしさを出せば良いだけです。

 

例としてメイクを取り上げています。

僕の知る限り、完全な寝たきりで意思の疎通も難しいような状態でない限り、何らかの工夫はできます。

 

にも関わらずそれをしないというのは、自分で自分を否定し始めているということと変わらないのではないかと思うのです。

 

僕の書いているブログの話に、必ずしも当てはまらない女性はいるはずです。

 

でもそれは限りなく例外に近い女性です。

あなたは例外ですか。

 

例外に近い女性というのは、男性から例外に見える人です。

本当に例外になりたいと思いますか。

そんなことはないはずなのです。

 

 

私は例外でいたいと思うのであれば、そのように希望することも否定はしません。

しかし、(良くない意味で)自分は他の女性とは違うんだと思えば思うほどに、どんどん自分で辛い方向へ人生を変えていくことになります。

 

気になったことは、ぜひいくらでも書いてください。

このブログはすごくよいコミュニティになってきています。もしかすると、同じような悩みを抱えている女性も多く来ているかもしれません。

 

今回、他の方にも見える形でコメントをもらえたことに一つ進展を感じました。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (33)

    • いちごいちご
    • 2016年 1月 06日 15:12:46

    逃げ道を作るのは簡単。
    でも、周りを見てごらん。

    同じ状況なのに、やっている人はやっている。
    どんなに苦しい状況下でも、
    すごい人は
    そのなかで自分に出来ることを探しだし、
    実行している。

    私は、そういうすごい人になりたい。
    尊敬される人。

    もうそこまできてるよ。

    • レミーマイタン
    • 2016年 1月 17日 1:54:48

    私はコンプレックスだらけです。

    とても好きになった人が以前いて、その男性にレベル的に釣り合う女性になりたいと思い、そのコンプレックス箇所を今より一段レベルアップさせよう。という思いで色々やりました。
    自分で出来そうなことで、色々やりました。

    そしたら、ンプレックス箇所が良くなるとかではないのですが、自分なりにここまでよくやった。と思えるようになり、そうすると少し気持ちがラクでした。
    なので他の私の良いところを見てもらえるようにした。

    ちなみにその好きな人は私のコンプレックス箇所については、「むしろ好き」と言ってくれた。

    • かほ
    • 2016年 1月 22日 2:22:33

    変な時間に寝てしまったせいで目が冴えてしまいました。

    私は幸せになりたいと思っています。
    例外にもなりたくないです。例外が、いい意味なら別ですが。人間ができない理由付けをしてしまうのは、Kouさんから言われてから気づきました。いくらでもできてしまいます。本当は、何でも揃っている日本でできないことって、そうそうないと思うんです。あ、コメントで引用されているメイクが~とかの話と関係なくです。私個人の反省の話です。

    Kouさんと出会ってから気持ちが楽になったのは、やろうと思えばいくらでもやりようがある、だから、すぐダメな自分だと否定してはいけないのだと、教えてもらえたからです。

    • ukiuki2525
    • 2016年 1月 27日 22:45:25

    何でもそうかもしれませんよね。
    私も、やらない為の言い訳?みたいなことよく考えます^^;

    こちらの記事とはちょっとレベルが違うかもしれませんが、ごめんなさい。

    • しえるしえる
    • 2016年 3月 21日 11:11:12

    内容の本筋から外れていたらごめんなさい。

    私が気になるケースですが、
    逆の例外もありますよね。
    ぜんぜん化粧っけがなく女性らしさを感じないのに
    結構モテるひとがいて、不思議に思うんです。
    人として魅力的なんだと思うんですけど…
    真似したくてもできません ^^;
    すごく羨ましいです。

    • ハナハナ
    • 2016年 3月 28日 7:49:41

    うん!うん!

    今日もがんばります。kouさん。
    わたし、しあわせを勝ち取ります。
    つかみとります。
    いつも本当にありがとうございます!!

    • なるやん
    • 2016年 4月 09日 15:13:38

    私もね、肌は弱いんです。
    元々子供の頃アトピーでしたから。
    いまだに超乾燥肌で
    肌の水分が逃げていきやすいです。

    季節の変わり目なんて
    肌が敏感で荒れやすかったりします。
    なので自分の肌状態で
    スキンケアを変えたりしてます(^.^)

    お金はあまりかけてないです。
    毎日使うものなので
    高いものは継続できません。
    化粧品はいろいろジプシー
    してきましたが、
    ようやく自分に合うものが
    わかってきたかな?

    私メイクが好きなので
    土台の肌が整ってないと
    困るんですo(`ω´ )o

    • にこはな
    • 2016年 4月 11日 12:33:43

    友達いわく、私は不思議ちゃんで、話が急に散らかるらしい。
    すごーくいやで、直したい。けど、無意識だから直らない。
    こういうとこが男から見て、例外になっちゃうんだろうなぁ、、。
    引かれてるんだろうなぁ。
    身についちゃったものをどう変換してポジティブに出来るか。

    • 千尋
    • 2016年 5月 09日 0:54:54

    この記事お気に入りです。
    私も肌が弱くて、お化粧があんまりできません。
    恋愛の勉強始めてから、美容系の雑誌とメイクの本を買って読みました。
    ファンデーションは未だに合うものが見つかりませんが、ポイントメイクは使える物が見つかって、少しだけどメイクを楽しんでます(*^^*)

    あとは、美容室にマメに行って、太らないように気を付けてます。
    もう少し美容も気にかけよう♪
    出来ることはまだまだあるし。

    • かおり
    • 2016年 5月 22日 16:33:45

    記事とは関係ないかもしれないけど、
    これだけ、女性には価値がある、女性の方が有利って言われても、自分で価値を下げることしたくないです。

    だから、kouさんが居続けてくれるのに私から変な方向に行くことないようにしたいです。

    失敗したーなんて自分のこと責めることあるけど、よく考えたらできてることもたくさんあって。
    だから、私まだ大丈夫なんだと思います。

    タイミングとか色んなことが重なって、うまくいかない時もある。
    そう思えるようになったのは、ここのおかげです。
    すごく楽になりました。
    タイミング悪いってすぐに諦めるのは、世間の大多数の人で、私は自分が諦めたくないって思ううちはやり続けたい。
    いつかタイミング合うとき、来ますよね^ ^
    って思えるようになりました。

    女性としての幸せを手にできないなんて、例外になりたくはないです。

    • 由ゆこ
    • 2016年 6月 09日 0:20:31

    >(良くない意味で)自分は他の女性とは違うんだと思えば思うほどに、どんどん自分で辛い方向へ人生を変えていくことになります。

    これ、してしまっていました!!つい最近まで。

    今は良い意味で思えます。

    • コスモ
    • 2016年 6月 11日 20:49:27

    昔の私のコメントは分かってないのに分かったようなコメントしてるな…。
    この頃はわかってたのに現在の私は忘れてたか…。

    振り返ると昔のほうがしっかりしたコメントだったりして情けなくなる⤵なぜだー( 。゚Д゚。)

    ブログもイチから読みなおそうかな。
    何か違うことにきづけるかも。
    まだ2015年の1月読んでるんだけど(笑)

    • ばななの唄
    • 2016年 7月 08日 11:25:06

    肌が弱くて、メイクが出来なくても女性らしい人います。
    肌が綺麗でも、女性らしさに欠ける人(外見も中身も)もいます。
    私も一時期肌が荒れて、心も体もボロボロで散々でした。
    漂わせる雰囲気、オーラそのものがもう女性ではなかった。
    女性らしさのかけらも無かった。
    女性でいること、女性らしくあること、もっと意識しないと。

    • かおり
    • 2016年 7月 09日 14:51:24

    たぶん、自分は当てはまらないって人こそ見えることがあると思うし、普通に生きてる人よりも見えるものたくさんあると思います。

    スティービーワンダーがそんなようなこと言ってた笑
    ほとんどの人は、私よりも見えていないって。

    私も、今の仕事は下手くそだなーと思ってるから好きです、、
    努力するきっかけになるから。

    逆にすぐできてしまうものは、努力しないから成長しないし、飽きてしまいます。

    • Principessa
    • 2016年 7月 24日 16:19:23

    体力的に疲れていると
    どうしても例外になりがちです。。。

    • お香
    • 2016年 7月 29日 20:14:22

    私はメイクをすることをあきらめていました。
    なぜかというと、日焼け止め、化粧水、リップクリームが肌に合ったことが無かったから。
    一応、肌に優しい、というものを探してみて付けても顔が赤く腫れあがるので、
    なら、化粧なんて無理だ、と思い、考えるのをやめました。
    それを、向き合ってみようと思い、皮膚科医の書いた本を読みまくってみたり、
    実際皮膚科で相談したり、肌に優しい化粧品を真面目に探してみたり、
    色々してみたところ、私の肌が弱いわけでなく(部分的には弱いのでしょうが)、
    反応してしまう成分があり、その有無だけが問題で、
    使える化粧品はたくさんあった、という事がわかりました。
    まあ、これも行動を起こしてから普通に化粧が出来るようになるまで
    かなり時間がかかりましたが。
    人によるのでなんとも言えませんが、こういう事例もあります。

    • コスモ
    • 2016年 8月 10日 7:41:15

    このような反応をしてくる女性の多くは、実はまだ本気で女性でいたいと思っていません。

    わざとこういったことを、時間をとって文章を起こして書いてくださるkouさん。
    批判のコメントやメールをどんな気持ちで読んでるのかな。
    気づいてほしい、やればできる、て応援してくれてるんですよね。

    自分に対して熱意を持ちたい。
    就職の話も恋愛も。
    焦らす、諦めず、自分ができることを工夫する。
    女性はいつも優位です(^^)
    心配や不安を持つぐらいなら、こうなりたい希望を持ちたい。

    • みかん味もぐ
    • 2016年 9月 02日 14:50:05

    女性らしさ、女性なのにそれが何か自分で分からなくなってしまいます

    • 山田屋奔放
    • 2016年 9月 05日 3:17:07

    10数年前に読んだ本に忘れられないフレーズがありました。
    その本は新宿二丁目のおネェさんが書いたものです。
    『せっかく女に生まれてきたのに、女として生きていない人が多い。自分たちがどんなに努力してもそこだけは手に入れられないのに!』
    女に生まれたことを粗末にするな!!!!
    みたいな事だったと思います。

    当時私は海外に1人で行く事が多く、安全面などから男の子に生まれたかったーと何の気なしに言っていたのですが、
    その本を読んでから言わなくなりました。
    せっかく女に生まれてきたのだから、
    女であることを楽しもう!と。

    女同士でつるむのは面倒だな。と思うときも正直ありますが、それでも女に生まれてすごーく楽しいです。
    私は一生女であり続けますよ。

    • さゆみん
    • 2016年 10月 24日 19:55:09

    私はアトピーがあるので、スカートを履くのならロングの足が全く見えないようなのにしないと色々と不味いです。
    手も足も普通の女性とは程遠いので足や手を自然体で出していられる状態ではないです。
    普通に足や手のキレイな女性が羨ましいです。

    • かおり
    • 2016年 10月 24日 22:16:15

    連絡返さない人も、彼女がいるのに手を出してくる人も、原因は突き詰めれば同じで、それに気づかないうちはきっと同じことを繰り返してしまうんだと思います。

    あ、私は例外にはなりたくありません。
    ちゃんと、気持ちを引き出したい人から引き出せる女性になりたいです。

    • 浮舟
    • 2016年 11月 15日 0:06:38

    Kouさんは、本当に女性について女性より知っているんですね。
    今日もちゃんとメイクしました。

    新しく始めたバイトはパンツでないとダメで、しかも準備して現地集合であるため、着替える場所もありません。

    だけどもちろん、私はスカートです。
    パンツで出勤して、終わったらよそのお手洗いでスカートに履き替えてます。笑

    • しろいるか
    • 2016年 12月 01日 10:26:02

    しばらく、メガネであんまりお化粧もしちゃいけない(u_u)

    恥ずかしい。
    彼に会うのに、自信がもてないT_T

    コウさん、どこでほかに勝負したらいいの?
    T_TT_T

    • しろいるか
    • 2016年 12月 01日 10:42:01

    ここ1週間ほど…あんまりメイクできず
    会社の女の子みて、凹んでた。

    皆様のコメント読んで
    あきらめるのはまだ早い、と。
    昔の皆様に助けられる。

    自分にどれだけ向き合えるか?
    こういう時のメンタルのコントロール含めて
    努力だ

    • もりみん
    • 2016年 12月 05日 10:03:24

    1年ぐらい前まで、自分のことが大嫌いでした。
    毎晩お風呂に入りあがるたびにかゆみが発生し、死にたい死にたいと本当に毎晩言っていました。
    わたしはほぼ生まれつきのアトピー体質です。

    根本から良くしたいと思い、ネットで調べまくって食べ物を変えたり、着るものを変えたり、掃除を神経質すぎるぐらいにしたりとがむしゃらに努力しました。
    一時はよくなったのですが、がんばることに疲れかえって悪化してしまい、そしてどうしてわたしはがんばれないんだろう甘えてるな、もっとがんばらなきゃと自分を追い詰めていきました。
    つらかったです、本当に。

    メイクとか脚を出すような格好とかそのようなおしゃれは許されないんだと思っていたんです。
    でも、今は違います。
    自分の好きなようにやっています。
    自分で自分を否定すると本当に悪い方向にしか向かっていかないんですよね。

    • なもも
    • 2016年 12月 09日 9:58:23

    >しかし、(良くない意味で)自分は他の女性とは違うんだと思えば思うほどに、どんどん自分で辛い方向へ人生を変えていくことになります。

    そうなんですよね。
    内面が反映されるのですから。

    こういう考え方をしてしまう時もあります。
    いまも、そうなのかもしれません。

    いい意味で他の女性とは違うと、根っこから思えるようになります。

    • なもも
    • 2016年 12月 09日 10:11:15

    わたしって派手なんです。
    見た目もですが、それだけの話ではありません。
    いい意味でも悪い意味でも、目立ちます。

    もしかしたら、わたしを面倒臭がっている人がいるかもしれませんね。
    まあ、別にいいです。
    アンチがいるのは〜って、Kouさんも言ってくれていますから。

    女性性が中途半端だと、攻撃されるというから、わたしって中途半端なのかな、と思ったりします。
    でもよく考えたら、攻撃はされていません。
    被害妄想です。

    疎ましく思っているのかな、と感じることはあれど、それをぶつけられることはいまはありません。
    ぶつけたって、敵いっこないからかも知れません。笑

    職場で、同じ部署の他のみんなは他部署から急かされる仕事があります。
    わたしは急かされたことがないので、今までそれを知りませんでした。

    そのことで困っていると同僚に相談されて、わたしは急かされたことがないので知らなかったと言ったら、「なももさんだからでしょ」と言われました。

    どういう意味か知りませんが、そういうことらしいです。
    ただ、この言い方はあまり好きではありません。
    なんだか除け者にされているように感じます。

    同じように仕事をしているのに、なぜ同じ態度を取れないのでしょうか。
    なぜ、わたしにだけ言わないのでしょうか。
    というか、立場的に、わたしにまず言うべきでしょう。

    自分次第だとわかっていても、人間関係って難しい。

    • ルルヴェ
    • 2017年 1月 15日 23:23:23

    メイクのことってやっぱり女性である限り、何か人から言われることに対して敏感になってしまいます。
    私はアトピーではないですが、すぐに肌トラブルが起きてしまう方なので、メイクもガッツリするのは怖いです。
    でも、その代わり服は明るめの色や、服装はよっぽどのことがない限りはスカートです。
    髪も伸ばしています♪
    職業柄、爪はネイルとかはできないけど、バレエを習っているので女性らしい手の動きとかでその辺りはカバーしています♪
    これができないから×っていうのを私は自分自身に対してよくやっていて、自分で自分をよくいじめていました。
    でも、これができないから×っていうのは意外と少ないのかもしれないですね!

    • 青色
    • 2017年 1月 30日 23:47:54

    肌のトラブルは本当に女性の気持ちを暗くさせますね。

    わたしも皮膚疾患があります。
    それを盾にして「例外」になろうとしていましたね。

    病気を理由に女性をさぼるなんてって
    今は思えるようになりました。

    むしろそういう部分は男性は見ていないと
    恋愛の勉強をしていくうちに気が付き
    自分の女性の価値が高まるにつれ
    もしかして大丈夫かも・・・というくらいに
    自信がついてきたかもしれません。

    すごくネックに思っていたこと
    乗り越えられそうな気がします。

    引け目を感じていたのが
    嘘のよう、とまではまだまだですが
    こんな自分でもいいかなと思えてきました。

    • うさぴょん
    • 2017年 3月 10日 13:12:43

    私は彼に女性として愛されたいです。
    だから、なんでもやってみようと思います。
    他の人から見たらほんのささいな事でも。
    話す時の言葉遣いを変えるだけでも印象は変わりますよね。
    いきなり大きく変わらなくても、毎日少しずつ方向を変えていこうって思います。

    • 抹茶
    • 2017年 6月 09日 22:56:01

    私は片目の瞼から下瞼に後天性のあざがあります。子供のころからあったのにも関わらず両親はあざだと思わず、高校を卒業したころどうしても気になり病院へ行ったところ、後天性のもので子供のころに治療をすれば、ほぼ消えていたものだと知りました。やはり顔という一番目に入る箇所なだけに、それが分かった時には両親を責めました。だけどあきらめたくなかったので完全に消えるかわからない中、レーザー治療を何度か受けました。痛みも伴う上、レーザー後の傷は1か月ほど続くため2.3年で断念してしまいあざはまだ残っています。今度はお化粧品を色々試してみました。あざ隠しのファンデーションを使うと瞼が異様に濃ゆくなる上にたいして隠れない、アイシャドーをグリーン系を使うことにしました。これはなかなか良かったです。ただ毎回同じメイクで全く面白みがない。そんなこんなで、やっと試行錯誤してアイメイクも楽しめて、あざもわからなくなるメイクを見つけました。ここまで来るのに10年以上かかりました。でも、過程で得たもの、努力を怠らなかったことで現在見つけた方法で毎回楽しんでお化粧しております。やはり、メイクでその日の気分変わります。メイクをしたら外に出たくなります。いろいろな疾患で悩まれてる方いらっしゃいます。私もその一人です。だけど、やはり女性ですものメイク楽しんで、きれいになってもらいたいです。必ずなにか方法はみつかるはずです。

    • なつみんと
    • 2017年 6月 12日 21:17:45

    237)あなたは例外になりたいですか

    時に厳しい言い方でも、自分の力で気づいて欲しいと思って、書いてくださってるんですよね。
    「そうだよね。仕方ないよね」って耳障りのいい言葉で無難に片付けちゃう方が本当は楽なはずです。
    でも、Kouさんがそうしないのは「自分で変われる力を持ってる」って、私たちの力や、女性の価値を、本気で信じてくれてるからですよね。

    Kouさんの厳しさも優しさも、全部ぜんぶ、いつも、ちゃんと受け取ってます。

    私がいつか幸せになること、幸せな恋愛をしてる姿を見せることで、いつも与えてくれてばかりのKouさんに恩返しができたらいいなぁと思ってます。

    • ミハ
    • 2018年 1月 14日 22:09:56

    私も肌トラブルすごかったです。
    いまも悩み中ではありますが…。

    私は、メイクしたければすればいいし、したくないならしなくてもいいと思っています。

    ポリシーを持った人はいます。
    どちらにしても。

    私は、日によってまちまち。
    仕事の時はあまりメイクしません。
    そういう仕事なので割りきっています。
    だけど、デートの時はメイクします。
    ノーメイクだからって理由でデートが上手くいかなくなったら困りますから(^^;
    メイクするかどうかじゃなくて、私がどんな人生を送りたいか。

    ノーメイクでデートできる人は全然いいと思うんです。

    メイクが好きなら、したいなら、どんな肌でも、どんな顔立ちでも関係ない。
    そんなことで誰も不快にはならない。
    頑張ってメイクできる方法を考えてみる価値はあります。
    辛いこともあるけれど、その努力はわかる人にはわかります(そう信じます)。

    ノーメイクで魅力的な人もいます。
    そういう人、何人も知っています。
    自分で決めたことで、自分で責任をとれるならそれでいいんです。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント