恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

安売りしないということはどういうことか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

女性は、自分の価値を正しく把握しておく必要があります。

最近よく出てくる「安売りするな」というのは、そういうことです。

 

すぐに男性に何かを上げてしまう、要求を飲んでしまう・・・。

これではダメです。

 

あなたは、希少価値の高い女性にならなければならないのです。

 

大抵の女性は、特に好きな男性に対しては、私は価値がない女だと思いがちです。

これはモテない人の発想です。

 

男性にとっては、ほとんど女性は価値がある人です。

 

男性にとって、女性であるだけで価値があるのです。これは逆に考えるとあまりうまくイメージできないかもしれません。

 

女性は、すべての男性が恋愛対象になることほとんどありませんが、男性はすべての女性が恋愛対象になりうるのです。少なくとも、切り捨て対象になることはほとんどありません。

手に入れられるかもしれない女性には価値を見出します。それが男性です。

 

例外もいますが、ほぼこの法則は当てはまるでしょう。

 

よほどのことがない限り、男性にとってあなたは価値があるのです。

このことを理解したら、安売りする必要はないのです。

 

自分自身の価値を正当に評価した上で、安易に値下げしないことです。

 

男性にとって、最も魅力的に映る女性は、手が掛かる女性です。

 

モテる女性はこのことをよく知っているので、とにかく男性の手を煩わせることを要求していきます。

逆に何でもいうことを聞いてくれる女性は、男性から見るとどうでもいい女なのです。

 

「都合のいい女」とよく言いますが、まさにそのとおりで、都合のいい女に成り下がると、男性からはその魅力はどんどん落ちていきます。

何しろ、いつでも呼べば相手してくれるのですから、こんな楽なことはありません。

 

こうはならないようにしないといけないのです。

 

男性には、あなたの価値を教え込まないといけないのです。

 

コメント

    • かほ
    • 2017年 7月 21日 20:42:41

    まず、自分に手をかけようと思えるようになりました。それが大きな変化。

    いつのまにこんな私になったんだろう。
    変化は積み重ねなんですね。
    まず私の生き方が大事。

    遅れたものを取り戻したい気持ちが大きいです。
    私が目指すところだって、すごい人はもう高卒で入ってその道一本ですから。どう考えても年数的な遅れが大きいです。

    はあーたぶんこの感覚はきっとしばらくついて回るんだろうな。私の足かせになって。
    それを足かせと思ってメソメソしてたら上がれるものも上がれなくなりますよね。

    ただ、面接練習をしてると面白いと言ってもらえる。どこが面白いのかとか、私が一番わかるようにならないとダメ。私がわかっているからこそ、相手にそれを匂わせて気づかせることができるようにならないと。
    たぶん、もっと色々掘ればあるはずな気もする。

    そのためには文章力も磨かないと。

    • ちる
    • 2017年 8月 21日 9:56:07

    すぐに男性に何かを上げてしまう、要求を飲んでしまう・・・。

    これではダメです。

    あなたは、希少価値の高い女性にならなければならないのです。

    大抵の女性は、特に好きな男性に対しては、私は価値がない女だと思いがちです。

    これはモテない人の発想です。
    「都合のいい女」とよく言いますが、まさにそのとおりで、都合のいい女に成り下がると、男性からはその魅力はどんどん落ちていきます。

    何しろ、いつでも呼べば相手してくれるのですから、こんな楽なことはありません。

    こうはならないようにしないといけないのです。

    男性には、あなたの価値を教え込まないといけないのです。

    –8<–8<–8< キリトリ 8<–8<–8<–

    簡単に要求を飲まないようにしました
    本命のグレーさんともう一人仲良くしてる方と
    会う会わないの話になったけど
    私はそのどちらも納得して会いたいと
    思わなかったのではっきりと言葉には
    しなかったけど、嫌だという意思表示をしました

    こんな事、おそらく初めてです
    ずっと長い事自分の価値を見誤っていたので
    不安はあるけど、自分の行動に納得してるので

    よくやったぞちる。って自分で自分を褒めたいです

    今は若干無理しているのかもしれないけど
    いま自分自身を矯正して意識を変えないと
    また同じことを繰り返すと思うんです。

    私の求めてる幸せはもっと違うとこにあるんです

    彼等がどのように対応するかまだ分からないけど
    kouさんの仰るように男性は去る者追わずなんて芸当はできない。という言葉を信じて私は待つのみです。

    • Holiday
    • 2017年 9月 12日 0:27:59

    結婚を迫る=安売り、ですね。
    なんで自爆してしまったのか。早く結果を出したくて、白黒つけたくて…

    大事な人を失った…と思いましたが、そもそも私を結婚してでも捕まえておきたいと思わない彼が、私にとって、大事な人なのかな??

    違うよね、たぶん。。。

    • ピンクの太陽
    • 2017年 10月 03日 18:51:39

    わたし、すっごく手がかかると思います…

    すぐ顔に出ちゃうし、ハッキリ言葉にしちゃうし、忘れちゃうし、
    コロコロ気分も変わってしまうので>_<

    「まったくー」とか、「しょうがないなーもお」とか言われると、
    「ああ。またやっちゃった!もっと相手を包み込むような大人の女にならなければー…」
    とか思っていました。

    なので、「何でも彼くんの言う事、うんうん!ってきいてくれて包み込んでくれるお姉さんみたいな人が現れたら好きになっちゃう??」
    って聞いてみた事がありました 笑

    そしたら「そんなのつまらない。振り回されるくらいがいいんだよ。」
    と、言っていました。
    危なく、無理してお母さんになるところでした!
    続かないと思うけど 笑

    彼曰く、俺のアメ車とわたしは本当手がかかるそうです^ ^
    いまではそれも褒め言葉です♪

    • チロル
    • 2017年 10月 15日 14:27:22

    彼氏に尽くすのがいいとか思ってたらそれは都合よく使われてただけなんですd(>ωω<。)ネッ!!
    ぜーったいに見返してやるωω
    アタシを選ばなかったから損をしたと(笑)

    • 可憐ちゃん♡
    • 2017年 10月 23日 6:36:21

    いつも要求を飲んでたなぁ。
    応えるのが習慣になっていて、
    NOと言うのが怖かった。

    要求飲んで覚悟決めてみたけど、
    やっばり辛くて抜け出して。
    NOと言えるようになったいまも、
    いまだにわがまま言えば飲んでくれる、
    と思われてるのか、
    あの手この手で拗ねられて、
    駄々をこねられました。
    呆れました。笑

    要求を全て受け入れることが愛ではない。
    わたしに価値があり、主導権がある。
    やっとそのことが腑に落ちました。

    • たまこ
    • 2017年 11月 11日 10:03:03

    都合のいい女にはもうならないよ。私を大切にしてくれるならデートする^ ^
    手がかかる女、手を煩わせる女ってなんだろうなぁ。お願いするってこと?それも匙加減だろうな〜毎回毎回だとそれこそ繋がりすぎ、連絡取りすぎな気がするもんね。
    今がちょうどいいかも。ふらふらふらーとつかず離れず。メールでずっと繋がっていたいのも病気。もう以前の私には戻らない。私が欲しいなら彼女じゃなくて私を選んでって思うけどまだグレーのままでいいかな。投資たくさんしてもらったら彼が選ぶでしょう。
    私はどっしり構えて自分の生活を楽しんでればいいのです^ ^

    • 月城
    • 2017年 11月 11日 21:14:07

    はっ。振り返ると割と私主体での対応や要望を言えるようになってきた気がします。

    • 桜香
    • 2017年 11月 27日 6:45:24

    安売りしない。

    一か月前に彼が自分の家庭から離れるつもりがないことを知りました。

    彼は本当に私の事と大切にしてくれている。
    私を幸せにしていると感じている。
    与えられるものは私に与えたいと思っている。
    私といっしょに居る彼はいつも幸せそう。
    私を悲しませるようなことはしない。

    なので、彼にその気が無いことに私はショックを受けました。

    私は、彼に私の為に誰かを犠牲にしてほしいとは思っていません。
    でも、彼らの生活の状態の中で、誰も犠牲になることなく
    彼が私をこれから一緒に生きていく女性と決めてくれることがあり得ると
    思っていたので、彼の気持ちを知った時は驚きました。

    彼の私への想いは十分に感じられる。
    彼のその想いが本物であることも信じられるし、
    これからも私を幸せにしていきたいと思っていてくれることも本当だと信じられるのに
    それでも今の関係以上にならないと思われている私は、
    自分を安く売ってしまっているからなのでしょうか。

    KOUさんの教えのおかげで彼にはあふれるほどの愛情を与えてもらってきました。

    それでも彼には私はどこにも行かないだろうから、
    別に結婚という契約を結ぶ必要はない、
    もしくは、今の契約を解除してまでこの女性と一緒になるメリットが無いと
    思われているという事なのでしょうか。

    彼と知り合って4年目。
    もう十分にいろんな投資をしてもらってきていますが、
    それだけではかなわない、強い家族愛が彼にあると
    いう事なんでしょうか。

    • きらきらラビット
    • 2017年 12月 15日 8:45:05

    昨日の承認が妙に引っかかります。
    女らしさの追求…。
    忙しさにかまけて、彼のことを考えて、
    女らしさというものから遠のいていました。
    価値ある女性は女らしさを持ち、それを
    感じさせながらも安売りしません。

    私がやっていくことはこれですね。
    テクニックじゃないなぁ。
    うーん…頑張ります。

    • ほたる
    • 2017年 12月 21日 17:43:33

    次男は手がかかるけど、かかりません。

    主張上手、甘え上手、引き上手。
    さじ加減をよく分かってる。
    夫が次男にベタ惚れです。
    君が女子だったら最高にモテるやん!

    お手本が身近にありました。

    • 由ゆこ
    • 2017年 12月 22日 21:41:56

    男性にとって、女性であるだけで価値がある以上、それだけでも私は価値0の存在にはならないですね。

    • ななみなな
    • 2017年 12月 25日 12:36:18

    私は手の掛かる女性のはずなのです。問題をひとつひとつ解決していかないと彼のしたい結婚ができないから。

    でもその方法を一緒に考えながらも、なんとか自分に合わせように仕向けてくる。

    昨日は自分に合わせてくれる人と結婚したいって言っていました。

    どこまで自分勝手なのか…

    • カンパネルラ
    • 2018年 1月 29日 1:49:26

    さじ加減が難しいです。

    カレをパンクさせてしまった気がします。

    理想と現実で葛藤。
    私にもっと時間もお金も使いたいけど出来ない。

    追い込んでしまったような。

    Kouさんのブログで言う
    相手にすべき男性ではないのかも知れません。
    どちらかと言うと目覚めてない坊や??

    それでも好きです。
    目覚めさせたいです。

    例えイバラの道でも。どんなに時間が掛かっても。
    カレの味方であり続けたいのです。

    私にとっては心から大切な人。

    • コスモ
    • 2018年 2月 11日 12:13:48

    復習タイム(*Ü*)

    >男性にとっては、ほとんど女性は価値がある人です。
    近所のおじさまでも、通りがかったオニーサンからも私は価値がある女性って思うのって気持ちいいです(笑)

    >手に入れられるかもしれない女性には価値を見出します。それが男性です。
    挨拶くらいで可能性を見出すのかわかりませんが、ご夫婦の時とお一人の時と対応の違いがわかりやすすぎて笑ってしまいます(笑)
    男性はずっと男性なんですね。

    >男性にとって、最も魅力的に映る女性は、手が掛かる女性です。
    手を煩わせることで価値を教えられるのですね!
    なるほど〜

    • すえきち
    • 2018年 2月 13日 21:19:34

    少年漫画を読んでいたら、こんなしびれる一言が、、、!

    クラスメイトの女子に恋愛相談に乗ってもらっている主人公。
    女「好きな人を誰かに取られてもいいの?」
    主「仕方がない。幸せになってくれるなら諦めもつくよ。」
    女「自分を懸ける価値もないんでしょ?その程度の好意なら『好き』のうちに入らないわよ。」
    女「女にとって自分に本気を出してくれない男なんて振り向く価値もないの。」

    かっこいい〜〜〜!!
    そうして奮い立つ主人公です。

1 7 8 9
↑↑コメント入力欄に飛んでみる
  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント