恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

彼をあなたにクギ付けにし続ける簡単な方法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

メールを頻繁に送っていませんか?

 

最近であれば、LINE などのチャットアプリで頻繁にコンタクトを取っていませんか?

 

これは、すべて NG 行為です。

特に毎日同じタイミングで定期的にメールを送っている人は、要注意です。速攻でやめないといけません。

 

女性からの日常メールはほとんどの男性が鬱陶しいと思っている

毎日連絡していいのは、遠距離恋愛をしている人だけです。

 

本当は遠距離恋愛も頻繁に連絡しないほうがいいのですが、あまり連絡しない期間を作ると感情が薄くなっていくので、適度にはとる必要があります。

 

モテない女性は、連絡先を交換したら、頻繁にメールを送ってきます。

もう鬱陶しいと思うくらい送ってくるのです。

 

女性は、「おはよう」とか「おやすみ」が含まれるあいさつメールや、「今日の昼ごはん」とか「今から帰るよ〜」といった報告メールを送りたい人が思いのほか多いですね。

これは、私が今何をしているか、どんな状況にあるかを彼に知ってほしいという欲求の表れなのですが、男性にしてみるとこれらの報告メールは全くどうでもいい返事のしようのないメールなのです。

彼はあなたが昼に何を食べたかなど、いちいち興味を持つことはないのです。

 

厳密に言えば、興味を持つことはありますが、それはもうあなたのことが気になって仕方がないというような場合においてのみです。そうでもない限り、どうでもいい報告は送られてくるだけ「また来たよ・・・」という感情しか残さないのです。

私に相談してくる女性の話では、「そんなことを言われても、私は彼に全部を知ってほしいんです」などという人もいましたが、これなどもはや彼女の完全な自己満足のためにメールを送り続けていることになりますよね。

毎日、毎日同じようなメールが送られてきて、さらに返信まで求められた日には、男性にとっては災難でしかありません。

 

日常報告を送ることで彼はパターンを知ってしまう

もう一つ、毎日同じようなタイミングで同じ内容のメールを送る習慣を続けることで問題になることがあります。

それは、あなたの行動パターンを彼に完全に把握されてしまうということです。

 

ここまで書いて、何も感じない人は、まだまだモテる女性になるには時間がかかります。

 

女性は、男性にすべてを把握されてはいけないのです。

これはこのブログでこれまで何度となく言及してきました。

 

男性は興味のある女性のことを知るために、あらゆる行動を取ります。

気になるからメールしてくるし、気になるから電話してくるのです。彼から見て、あなたが今どこで何をしているのかが分かっていると、いちいちメールしてくる必要がありません。

 

 

メールは自分からは送らないこと

メールのキャッチボールが、いつもあなたからアクションを開始していて、その反応が彼から返ってくるという図式になっている人は本当に要注意です。

メールの起点は、彼からにする必要があります。

 

どちらが先にメールを送っているかというのは、非常に重要な問題なのです。

 

あなたからメールを送っていては、黙っていても勝手にメールが来るということになります。あとは来たメールにただ返せば済んでしまうことになります。

逆にあなたからはメールを送らずに、彼から先にメールを送らせるようにすれば、全く立場が逆になります。

あなたは彼から来たメールにだけ反応すればいいのです。

 

これは、彼に「行動を起こせばリターンがある」ということを分からせるテクニックでもあります。

彼はあなたのメールの返信を期待してメールを送ってくるわけです。この図式を確立させれば、常に彼からアクションを得られるようになります。

 

彼にとって本来貴重なはずのあなたからのメールが、毎日頻繁に送られてきては、その貴重さは完全に失われてしまうのです。

 

彼に連絡させるということ

上記のことからすでに分かると思いますが、彼をクギ付けにするには、今しているあなたからの連絡を一切断つことです。

これだけでガラリと状況が変わります。

 

実に簡単なことです。

 

別に無視しろと言っているわけではないのです。

あなたから頻繁にしているメールをやめ、電話もこちらからかけることをしないようにするだけで良いのです。

 

彼から来た連絡には普通に対応するだけです。

普段頻繁にしている連絡をやめるだけで、彼に伝わるあなたの日常情報は大きく減ります。

 

減った分だけ、彼はあなたについて知らない情報が増えるわけですから、それだけ関心が高まっていくのです。

そのうち気になって仕方がない状態になり、彼の方から頻繁にメールや電話が来るようになるのです。

 

何度も言うように、すべてをさらけ出さないことです。

彼にとって、あなたはミステリアスな存在であり続けないといけません。

 

それは難しいことではなく、ただ余計なことをいちいち報告しないようにするだけで良いのです。

 

モテる女性は、彼にベッタリすることはあっても、すべてをさらけ出すことはないのです。

コメント

    • なつみんと
    • 2017年 5月 15日 0:46:20

    23)彼をあなたにくぎ付けにし続ける簡単な方法

    うまくいかなかった恋愛の時は、私の方から連絡することが多かったな。しかも、相手からの返信が来るまでLINEが気になり続けるという悪夢のような状態。笑
    あんなのもう二度と無理>_<!!笑

    「上記のことからすでに分かると思いますが、彼をクギ付けにするには、今しているあなたからの連絡を一切断つことです。
    これだけでガラリと状況が変わります。」

    「そのうち気になって仕方がない状態になり、彼の方から頻繁にメールや電話が来るようになるのです。」

    日常のパターンを知られるのも良くないけど、こちらからメール送ることで、こちらの方の熱量の方が高いとバレてしまう事がよくないのかも。
    そういうのって敏感に察知できるから。
    「まだグレーでいたいのに、向こうの気合いがすごい伝わって来る」みたいになったら、追うどころか逃げるだろうなぁ。

    逆効果になるならこっちからメールなんてしない方がマシかもしれない。

    • 海月ふわふわ
    • 2017年 5月 15日 19:11:49

    はい。頑張っています。
    ありがとうございます。
    最近は、電話を下さいます。
    以前、電話すると会いたくなるからと
    申した事があり、
    電話=会えると思われたらしく
    電話しながら、
    様子うかがう状態が、
    見て取れて、
    その日は、お互い疲れていたし、
    会おうと言うと無理してでも
    会ってくれる彼だから
    絶対に会わないと思い、
    冷たく優しく話をしながら
    お家に帰しました。
    彼は、納得いかなかったらしく
    どうして?って悶々しながら
    帰ったそうな。
    いいんです。
    それで。

    • すずか
    • 2017年 5月 21日 23:26:23

    最近、忙しいと連絡が減ってきて2日くらい返信が無かったり1日1通ラインがあればいい方でした。
    ずっと会えてないので興味が薄れてるのかなぁと不安で連絡を待ち続けていました。

    先日、旅行に行ったのでわざと家にスマホを置いていき帰ってチェックするとはーい!と一言だけ返信が来ていました。
    素っ気ないなぁってガクッと落ち込んでしまいましたがいつもより間が開いていたので返信してみました。
    30分くらいで返信が来ました!
    忙しいはずなのに!
    だけど旅行の疲れと返信が一言だけだったので自分のペースで返そうと普段ならする返事をしないで寝てしまいました。そしたら、彼から会いたかったなぁとラインが来ました!
    連投なんて今まであまりなかったので嬉しかったです。男の人も普段ある連絡がないと気になるものなんですね!
    今日も返信は一言ですが送ったら30秒くらいで返ってきてびっくりしました(笑)
    会ってないので連絡を控えると薄れてしまうし、さじ加減が分からないので無理な駆け引きはしませんがたまには連絡をお休みするのも大事なんですね。
    いつも同じ時間に送っていたので生活パターンを想像しやすかったのだと思います。見えない部分があるからこそ気になるのかなぁ。

    • 由ゆこ
    • 2017年 5月 23日 21:19:54

    余計なことを言わないだけでいいんですよね。

    ほんと、もうテクニックにとらわれたくないです(笑)

    • ♡arico♡
    • 2017年 5月 23日 21:20:50

    彼から頻繁にLINEが来るようになったので基本は返信専門になりました。

    私から控えると、連絡がきますね。面白い。

    報告LINEばかり…俺様通信ですね?
    この心理はいったい何なんでしょうか?

    俺のことを知ってもらいたいってこと?
    何かきっかけがあれば誘おうとしているのかしら

1 10 11 12
↑↑コメント入力欄に飛んでみる
  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント