恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

女の色気が欠落している人など一人もいない

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

昨日公開した記事に、非常にいいコメントを頂きました。

これは僕も将来取り上げたいと思っていたテーマですが、あまりはっきりイメージしていなかったため、今回もらったコメントで思い出しました。

 

同僚があなたの恋愛を応援しない理由

りんさんより:

それは女としての本能とか、生存なんちゃらとか
そういうのが皆無なのでは・・・
薄々気付いてはいましたが、恋愛に疎いのもそのせいでは・・・

怖いと言われてますが、
やっぱり女性のそういう感覚的なものは
ない方からすれば身につけたいです。
やっぱりそういうの学生時代からあった子達は結婚早かったです。

こういう女性は、少なからずいます。

僕も実際に何人も対話してきました。

 

「自分は女としての何かが欠如している」

 

と、思い込んでいる。

 

「えっ、思い込んでいる?

 

そうです。思い込んでいるんです。

「私には色気はありません」

「私には恋愛は似合わないんです」

 

こういう人は本当に結構な数います。

でも、僕に相談を持ってきた人は、例外なく女性に目覚めています。

少なくとも僕が知る限り、完全に女性性が欠落している女性は一人もいません。

眠っているだけです。

忘れているだけなんです。

 

何かがきっかけで、「自分には色気がないんだ」「自分には女の本能がないんだ」と思い込んでしまうようになるのです。

 

もしかするとあなたも、自分には女の感覚が欠落していると感じているかもしれません。

でも、思い出してみてください。子供の頃から、「私は女だ」と一度も実感したことはありませんか。

当時男子に話しかけられてキュンとしたとか、思いがけず女として扱われてドキッとしたとか、何でも構いません。

女なんだと実感できた何か必ずあるはずです。

 

過去から現在にいたるまで、全くそういう経験がないという人はまずいません。

 

忘れているだけです。

それは、いつでも思い出すことができます。ちょっと意識すれば、すぐに取り戻せます。

忘れているのなら、また覚醒すればいいのです。

 

注意して欲しいのは、「私には色気なんてないんだ」と思い込んでいると、本当にそうなってしまうということです。

 

思い込みが強くなればなるほど、実際にそういう傾向が強く出てくるようになります。

 

これはあらゆることに言えることです。

自分で思っている方向にしか傾かないのです。

 

まず、自分には女の何かが欠落しているのではないか、という考え方をやめてしまいましょう。

これは一見難しく感じるかもしれませんが、ものすごく簡単です。

 

解決策は二つしかありません。

一つは、誰か特定の男性に愛され、それを実感すること。

これは相手あってのことなので、簡単には使える手段ではありませんね。

 

もう一つは、恋愛の勉強をすることです。

「女性の価値」を知ってください。それを再認識して、少しずつでも自信をつけていくことで、どんどん変わっていけます。

 

実際にこのブログや、完全恋愛技法・バイブル編を購入された方で、自分の考えが完全に変わりました、と報告してくれる女性はかなりいます。

まず、恋愛の勉強をしてみてください。必ず何か変化があります。

 

誰も教えてくれなかった、女性のための完全恋愛技法・バイブル編

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (28)

    • 浮舟
    • 2016年 11月 09日 2:20:30

    原点に立ち返る。

    思ったようにしかならない。
    女性として生きることは、楽しいこと。
    女性の方が、恋愛では圧倒的に有利。

    私が思うように、私の望む未来を奪い取りにいきます。

    • にゃんちー
    • 2016年 12月 10日 18:17:56

    恋愛の勉強し続けます♪♪
    それと、彼に愛されて、それを実感していきます♪笑
    自分にプラスになるように考えていく。
    変な思い込みはもう捨てちゃえばいい。
    自分がもったいないから。
    せっかく女性なんだもん。
    女性である事をめいいっぱい楽しみたいです(*^^*)

    • SATSUKI
    • 2016年 12月 11日 0:16:31

    今日の私、何だか可愛くない。イライラ、いつもの笑顔が出ない。。
    仕事が終わって疲れていたけど、髪を切りに行きました。
    前から気になっていた美容室に予約もせずフラーっと。

    頭を洗ってもらって、マッサージもしてもらって、髪を切ってもらって、簡単なヘアアレンジまで教えてもらって、お腹も減っているし、疲れてヘトヘトなのに鏡を見たら、スッキリした私の顔!
    さらに、前髪ができて色気がアップップ!!
    色気は少ない私も前髪出来たら、ちょっとセクシービーム出ましたよ!(。 ー`ωー´)✧ドヤッ

    おーし!明日はお客さんだけでなく従業員達もキュン死にさせてやるぜーーー!!(*,,ÒㅅÓ,,)و

    • 青色
    • 2017年 1月 28日 14:00:42

    自分で自分を女性だと認識して
    それを育てていくこと。

    その少しの少しの積み重ね。

    色気とは
    自分の中の「女性」への接し方で
    作られていくものでしょうか。

    • めろふる
    • 2017年 2月 03日 16:53:46

    どうしても、好きな人の前で、
    男ぶってしまいます…。

    最近、
    はしゃぐとかっていう話題の時に、

    好きな人
    「ほんと、少年みたいに、俺、はしゃいじゃって 笑」

    「私も、少年のようにはしゃいだもんね」
    好きな人
    「「少女」でしょ^^」

    って…。

    うあー、なんて優しいんだろう…。

    もしかしたら、私が女性の価値をきちんとわかるようにするために、
    好きな人が傍にいてくださっているのかもしれません。

    もっと私に優しくしてくれないかなー(⋈◍>◡<◍)。✧♡

    • 春風ぱるる
    • 2017年 2月 24日 10:35:54

    今まで自分には色気が無いんだと思っていましたが、違うんですね。色気が無いと思うのは辞めようと思います。色気といえば、露出とか、そうゆうことでしか出せないんじゃ無いかという思考がありましたが、考え方を変えて、内面から変わろうと思います。
    このブログを読み始めてから、自分の内面が明るくなり、自信が出てきたのが分かります。ありがとうございます‼︎もっと良い方向に変化出来るように、これからもたくさんたくさん読みますね^_^

    • うさぴょん
    • 2017年 3月 01日 15:13:00

    おしゃれをすることが楽しいです。
    ほとんどのパンツをいらないと思うようになり、引き出しの中はスカートだらけになりました。
    パンツばかりはいてた私は誰だったのでしょう?

    • 一佳
    • 2017年 3月 19日 9:55:35

    女の本能?なのか、やっぱり男の子にチヤホヤされるのは嬉しいし、後輩の女の子によいしょされたらもっと嬉しいです。その分みんなの話に入れない時は寂しいし、そこで笑っている人達に嫉妬してしまう。すぐ、他人と自分を比べる。他人がいなければ、過去の自分と比べる。比較して、自分はダメだって思って、みんなに追いつこうと努力して。素晴らしいと思える人をよく観察して、取り入れてみて。うん、やっぱり向上するのに嫉妬はエネルギー源となりえます。でもやっぱり苦しい。

    • SATSUKI
    • 2017年 5月 27日 22:57:44

    まだまだ勉強が足りないのです。
    色気がない、少ないのでしょうね。
    色気が出せるようになりたいです!
    もう大人の女性なのに、いつまでも女の子扱いされるのは色気が出ていないからかな?

    • koyuki
    • 2017年 6月 03日 16:42:40

    私も昔、自分で色気がないと思い込み、どうしたら色気のある女性でいられるか自問し続けていました。
    でも最近、昔付き合っていた人から、何とも言えない色気があると言われたことを思い出しました。色気のない女性はいなくて、そういうことを忘れているということだとわかりました。

    • ぱみこりん
    • 2017年 10月 23日 13:06:41

    女性の価値は勉強して高めて感じてナンボですねヽ(´ー`)

    前の記事で書いた、同僚の女性に嫌な思いをした事ですら、価値を感じれるようになりました。

    それでもこっちが、女性らしくヒラヒラ何かに没頭しているだけで、状況は良くなっていきます。

    男性相手になら尚更、これ手伝ってくれるー?ってお願いしたら、喜んでやってくれました。

    • リプトン
    • 2017年 10月 27日 13:59:06

    スポーツ後の私の中の女性らしさの切り替えについて考えていました(謎)
    スポーツが楽しすぎたり、バイクに乗っていると、女性性が絶対下がるけど、パッと女性らしさを溢れさせる切り替え。

    やっぱり「尽くされたい、可愛がられたい、守られたい、大切にされたい、デレデレされたい」気持ちを再確認すると、ブワァっと溢れます。私にはそれが認められていると自信をもってます。そういうものだと思う。

    私の気持ちと価値の確認をすればもとに戻れる(謎)

    • 豆たんうさぎ
    • 2017年 11月 03日 18:49:01

    あります。
    中学生の時、皆である男の子の家に行きました。
    私一人だけ早く帰らなくちゃいけなくて、寂しさと帰り道がひとりぼっちの不安からしょげていると、そこの家の子が玄関まで付き添って来てくれました。
    誰も降りてこなくて気にしてない私の事を、『大丈夫道なりに行けば知ってる所に出るし、また来いよ』って励ましてくれて私が見えなくなるまで見送ってくれたのを覚えてます。
    紳士的だったなぁと思います。
    普段はおしゃべりな感じで、男なんて感じた事無かったけど…その時は好きになりそうでしたね(笑)

    • あずき
    • 2017年 12月 25日 16:39:42

    かわいいよりもきれいになったって言われたいって思った✨

    • 2018年 5月 05日 12:46:36

    誰か特定の男性に愛され、それを実感すること。

    それが一番ですね。

    • 生チョコ♡
    • 2018年 7月 31日 22:58:59

    暑いですね(^.^)
    いかがお過ごしですか?

    今日は色気について気がついたことがあって、、。

    私の好きな映画に、
    好きな男性が帰ったあと、その人が使ったお箸をそっと口に含む、、、というシーンがあるんです。
    これは男の人がしてしまうとドン引きなんですが、綺麗な女の人がため息をつきながらひとり
    お箸を静かに舐めるのがなんとも色っぽい。

    で、話は変わり、お箸の使い方のマナー違反を最近見たんです。
    いろいろある中に、「舐り箸」が出てきました。
    お箸を舐めるのはマナー違反。
    マナーとしてはよくないけど、そんな姿が色っぽい、、、。
    色気って、だめなとこに出るよなぁって改めて思いました。
    不本意に完璧が綻んだ瞬間というか。

    きちんとボタン閉めてる人がひと息ついてボタンをひとつだけ外した、とか
    クールに見えてた人が真っ赤になった、とか
    フニャフニャしてる人が真剣になった、とか
    隠しきれない本能が見えたとき。

    だからほんと、普通にしていれば
    色気は勝手に出ているものだと思いました。

    なにかを取り繕うより
    素直に生きていれば
    色気は自分が知らないうちに
    誰かが気付いているんでしょうね
    (^-^)

    • カンパネルラ新生
    • 2018年 9月 14日 2:31:05

    『思い込みが強くなればなるほど、実際にそういう傾向が強く出てくるようになります。

    これはあらゆることに言えることです。

    自分で思っている方向にしか傾かないのです。

    まず、自分には女の何かが欠落しているのではないか、という考え方をやめてしまいましょう。』

    ◆自分で思っている方向にしか傾かない

    『誰か特定の男性に愛され、それを実感すること。』

    これがカレでした。
    恋しい。やっぱり好きです。

    発展性なしの脈ナシなのか。
    私との未来が見えなかったのかな。。。

    • (し´ω`の)
    • 2018年 10月 03日 13:33:46

    小さなころ、お姫さまごっこで
    必ずお姫さま役は取り合いに。
    お姫さまのようになりたいとヒラヒラのピンクのドレスやキラキラしたアクセサリーに憧れてましたね( *ˊᵕˋ)

    思い出しました。

    会社でも、電話の受話器を置く時や
    ドアを閉める時など
    大きな音がならないように気をつけたり

    真剣にパソコンに向かって仕事してたら
    「めっちゃ怖い顔してるで」
    と言われたので
    パソコンの横に小さな鏡を置いて怖い顔になってないかチェックしてみたり笑

    イライラしてきたら甘いチョコで
    和んでみたり

    少しのことですが余裕を持たせるようにして
    女性性が上がってきたような
    気がします。

    • しろあお
    • 2018年 12月 03日 20:05:33

    ないと思ってはいけないと思いつつ、やはりないものはなくて、どうしようかと思っていました。
    例えるなら、預金ゼロの通帳をみてお金があるよ、と思うような感じでしょうか。。

    だけど好きな人がいるとき、女性らしく振舞うあの感じが色気につながるのかなとふと思えました。色気があるなんて言葉は人生で一度も言われた事がないけど、いつか色気がある人と言われるようがんばろうと思います。

    • まりぃ
    • 2019年 9月 29日 21:55:53

    学生のときはそんなに思う機会がなかったけれど
    今は自分でも女性だと思ってる。
    周りの人からも女性扱いしか受けません。

    色気はあると思うし
    そうだと言ってもらえることが増えました。

    女性を楽しめる
    喜ばしいことですね。

    • AORINGO
    • 2020年 1月 09日 18:32:26

    私も男性のようにかっこよくなろうとしていた時期がありました。
    その方が楽で、女性とも上手く付き合える気がしたんです。
    ただ、ずっとその状態でいると、男性から恋愛対象として見られることが少なくなる感じがしました。
    その時に女性らしくなろうと思い変え始めましたが、最初は違和感があり、徐々に女性らしさや色気を受け入れられるようになった気がします。
    今もまだまだ奮闘中ですが、恋愛の勉強をしながらがんばります。

    • 月城
    • 2020年 1月 09日 20:16:37

    聞いてください。私のこのムシャクシャする気持ちを。
    年上の男性と飲んでたりすると、「お前、いい女だよなー。俺がもう少し若かったら口説いてるわ。一緒に寝たいもん」的なことをよく言われます。(もう少しオブラートに包んである時もあれば直接的なことも)
    そして、「どうする?口説かれてみる?」とか平気で言います(ほとんどが既婚者ですよ?)
    一応、今後も人間関係の繋がりがあるひとなので「あははー、奥さんいるので残念でしたねー」とか適当にかわしてるのですが、このかわし方はよくないですか?「なめくさったこと言ってんな」とバッサリ行くのはさすがに角があるなーと思うんで、女は愛嬌と思いながら適当にしてます。

    そして何よりもいい年してお金も持っててこんなこと言う男ばかりなのか……と男に幻滅することもしばしばです。せっかく気が合う話のわかる人だと思ってたのに結局下心ありありかよ!みたいな。

    誘うにしてももっとスマートな誘い方があると思うんですけどね。まだまだ自分が未熟?脇が甘いってことでしょうか。はぁー。自分に対しても凹みます。。

    • 京香
    • 2020年 3月 05日 10:19:16

    私も昔、父親から女じゃない、色気がないと言われ、自分は色気がないタイプだと思っていました。
    でもそんな父親が、門限作ったり、男と付き合うな、安い女になるなといつも厳しく言っていたのは、やっぱり私が娘で女性であったからだと思います。父にとってはいつまでも小さな子供でも、やっぱり女性だと思っていたからこそ心配していたのだと思います。
    本来女性はみんな色気があるのに、経験や環境、誰かに言われた言葉から、思い込みによって自信を失くして忘れていくのかもしれません。
    思い込みは深く意識となるし、人は意識通りに行動すると思っています。これからは私は色っぽい女性だと思いこむ事にします。

    • みきてぃ
    • 2020年 4月 27日 11:20:00

    ほんとに思い込みって怖いですよね。
    ほんとにそうなっちゃう!!あるあるです。

    自信つけたら思い込みがなくなる
    これもあるあるです、

    • なもも
    • 2020年 5月 28日 23:56:40

    欠落してるからこんな風になるんだよなぁ、
    と思う気持ちがないわけでもないです。
    落ちぶれた姫って、まさにわたしですね!笑
    もはや元姫です。残念ながら。

    そんな風に考えていても仕方ないから、
    毎日頑張って生きていますよ。

    こういう風にされると、「欠落してる」って言われているのと同じだと思い込んでしまって、もう胸が痛くて痛くて仕方なかったです。
    「女としてダメだ」なんて一度も言われていないのに、そう言われたと同義だと思い込むんです。

    今はだいぶ痛みが薄れてきました。
    まだゼロではありませんが。

    崩壊してしまった自信のかけらを集めているところです。

    彼がどう思っているかを考えるのは辞めました。
    そんなことは分かりませんから。

    でもなんとなく、思い出しているんだろうなとは感じます。
    思い出の場所や物がいっぱいありすぎるので、たぶんちょっと出かけるだけで思い出すでしょうね。

    よく言ってましたから。
    君の好きなものを見ると思い出す、
    君の会社関連のものを見ると思い出す、
    みたいなことをたくさん。

    思い出さざるを得ないほど、いろいろあったからね。
    簡単に忘れられんよね。
    と、勝手に思っています。

    最後の最後にわたしの自信をへし折っていった彼が
    万一戻ってきても、喜んで受け入れる気にはぜんぜんなりませんが。

    • ポカンホンタスン
    • 2020年 6月 28日 11:53:15

    ☃☁☔☀⛈ 足跡 ☃☁☔☀⛈

    以前読んだ本に、女性は「女性としての挫折を幼児期に味わう」というような本を読んだことがあります。
    小、中、高?生向けの女性としての価値があなたにもあるよって肯定的なkouさん的な本だったと記憶していますが…

    幼稚園くらいの年齢の時。確か3〜6歳くらいのいずれか。
    自我が芽生える時期なのだそうです。他者と自分を比較する時期。

    この時期に、自分より可愛い女の子がチヤホヤされていたり、自分との扱いの差にショックを受けるのだそうです。
    (ショックを受けた事は自分でわかってないでしょうね。幼いから。)

    そしてチヤホヤされなかった自分を女性以外の勝負できる武器を求めていくのだそうな。
    (勉強、スポーツ、音楽、絵がかける等など)

    思い返せば私はお姫様になろうと思ったことが無いんです。
    魔法使いになりたかった。
    「シンデレラになりたい」じゃなくて「シンデレラを綺麗にする側」笑顔にさせる側になりたかった。
    だから割とジェントルマンでしたよ。学生時代は(笑)

    だけど小学校1年生の時に初めてプリーツスカートを買ってもらった衝撃は覚えてるんですね。
    可愛いスカート!女の子って感じのスカート!!!
    その後イジメとか痴漢にあってどんどん女らしさを捨てる事になるけど、たぶん女性らしさは元々確かに持ってます。

    今はリハビリ期間。

    そして元カレを忘れられないのは、女性じゃ無かった私を
    「誰か特定の男性に愛され、それを実感すること。」で女性にもどしてくれたから。

    リハビリに時間はかかるかもしれないけど。
    女性らしくなりたい。

    • まり姫
    • 2020年 6月 28日 12:35:35

    このコミュニティで認められたい
    女性として扱われたい
    そう思ったとき、自然と女性性が出てくる気がいたします。

    わたくしの場合は、華奢な女らしさが引き立つ服装のとき、最大限女性らしくいられます。
    自分の弱みを握られるのは、すごく恥ずかしいのですけれどね。

    • このうえそら
    • 2020年 7月 01日 16:12:43

    【思い込みの良いところ】
    ・今日は心配や不安を感じる元気(?)がないです。
    なので、「既に彼を夢中にさせる事に成功した女性♪」ごっこをしています。

    心の中だけで思うだけですが、ウキウキして楽しいです。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント