恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

あなたのデートは「日常」なのか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

先月公開して大きな反響のあった、記事にコメントを頂きました。

あなたもしているかもしれない、交際期間中にあなたの価値を落とす行為

限定公開記事です。「本当に同棲したいですか」の記事にコメントで回答すると読めるようになります。

 

スミレさんより:

Kouさん、本当に読んで良かったです。彼が私との結婚を急がない理由のひとつかもしれません(涙)。同棲はしていませんが、彼から彼マンションの鍵を渡され、「デート場所が彼マンション」なのはしょっ中です。お泊まりはたまにです。
彼マンションに置いてある、ドライヤーその他もろもろの私の洗面用具一式などなど回収してきた方がいいのかしら・・と思います。結婚を待ち望むあまり鍋、皿などの料理道具を私が購入し持ち込んでましたが、彼マンションで料理するのもやめようかしら。
彼にとっては、現状で十分になってしまっているのですね。

その通りです。

これは、多くの女性が陥る、まずいパターンです。

 

あなた、もしくは彼の自宅がデート場所になっている人は、今すぐやめないといけません。

「自宅」というのは、日常なのです。

デートというのは、本来日常じゃありません。

 

実は、デートというか「彼に会う」「彼と一緒に過ごす」という時間を「日常にしたい」と思っている女性が少なからずいます。

これは間違いありません。

僕が実際に女性に聞いたので、そういう思考をしている人は必ずいます。

 

以前は、なぜそのような思考回路になるのかサッパリ分かりませんでしたが、今なら説明できますね。

要は、「少しでも長く一緒にいたい」「ただそばにいたい」「同じ時間を過ごしたい」「寂しい」というような欲求や感情が強くなって、このような思考になるようなのです。

 

楽しい時間を常に味わいたいというのは、普通の欲求ではあると思います。

頻繁に会えばそれが達成できるでしょう。彼の部屋やあなたの部屋を会う場所にすることで、会うことのハードルはさらに下がります。

同棲でもすれば、いとも簡単に彼との長い時間をいくらでも過ごすことができるようになります。

 

これは、恋する女性なら魅力的だと思わないわけがありません。

 

しかし、ここで立ち止まって考えてみて欲しいのです。

このブログでは同棲や同棲に類する行為は、すればするだけ女性の価値を落とすという話を繰り返ししてきました。

もうこのブログを読んでいる女性には改めて言う必要はない話ですが、この考え方は、男性と付き合っていく上であらゆることに対して適用できる非常に重要なものですので、もう一度話しておきます。

 

彼に会うことを「日常」にするのは間違いです。

そして、彼があなたに会うことを「日常」にすることももちろん大きな間違いです。

 

あなたとのデートは、彼の「日常生活」に組み込まれて良いものでしょうか。

そんなに安いもののはずがありません。

 

適当に都合を合わせて会う関係ほど馬鹿げているものはありません。

彼にとって、あなたとのデートは、何にもまして優先したいと思えるほどの希少価値がないといけないのです。

それは日常ではなく、「非日常」です。

 

その非日常を演出するためには、特別な空間が必要なはずです。

残念ながらその特別な空間というのは、お互いの部屋ではないのです。

 

彼との時間が日常になるのは、結婚してからで十分です。

結婚したらいくらでもできることを、交際中の今やらないといけない理由はどこにもありません。交際中には交際中にしておくことがたくさんあります。

 

女性にしても、自分の魅力を24時間絶え間なく発揮し続けるのは困難です。

会う時間に終わりがあるから集中できます。

彼と会っているその時間にだけ集中することで、その時間は最大のパフォーマンスが出せるし、彼もその魅力を感じ取れます。

日常で会うのに終わりがない恋愛をしていると、どんどん満腹感が出てきます。

 

部屋に行く、部屋に呼ぶという行為は、ほとんど恋愛の最終段階になってからやり始めても遅くはありません。

同棲やそれに近い行為は、男性から見て現状に満足してしまうというのはもちろんあるのですが、女性自身も、日常と化した今の甘い生活が楽しくて先が見えなくなってしまうからタチが悪いですね。

 

デートを非日常にしたかったら、とにかく外に出ることです。

男性と会う場所は、むしろお互いの部屋じゃなければどこでもいいくらいです。とにかく、外に出ることです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • まいまい10
    • 2020年 6月 29日 22:53:09

    以前から彼は、家に行きたいとは言っていました。
    が、引っ越しをして落ち着くと、さらにそれは増してきて。

    「頑張らなくていいよ、普通がいい、普通の生活がみたいです」と言われました。私の日常がみたいのね(´ω`)トホホ…

    家に呼んだら…と妄想するとよだれが出そうなことですが、生活は見られたくない( ×̯ )

    妄想は「結婚したらこうなるのかな」という甘い期待の妄想です。

    1回招くことをしてしまったら、そこから抜けられなくなりそうで、今までうまくコントロールしてきたのに、彼のことがほしくなってしまう、と危機を感じてます。

    彼のものにはならない、捕まらない、惚れない、と思ってうまく立ち回ってやり過ごしてきたのに、こないだ愛を確かめた日のことが、頭から離れず…
    それにプラスされ、家に呼んだときの妄想も増えてきて…

    結婚したら…のイメージが膨れてきてしまってます。というか、家に招いて過ごしたら、絶対に結婚したくなってしまう。

    だめ、そんなの。
    わたしが苦しくなるだけ。
    どうにかいまの、スタンスを守り通したい。
    けど、毎回断るのも、彼を遠ざけてしまうことになるんじゃないかって。
    kouさん的には、”断ればさらにどうしたらOKしてくれるか考える”と言うでしょうが…

    毎回断ってもいいんでしょうか?
    こういうのもセックスと同じで、タイミングがあるんですかね。断れないここぞという日がくる?

    それとも、そのセックスとはまた別?
    家には絶対に招かないほうがいいですか?

    一度招いたからって、一気に価値は落ちることはないでしょうが、1回招いたら、2回、3回となりますよね、そりゃ。(>_<。)

    今回招く理由として一応大義名分は
    彼が昇格試験が近々あって、その頑張りと今までの感謝として招待するねってことになってます。

    だから、一応、「今回は特別だよ」って意味なんですが…。

    相手が既婚じゃなきゃ、そりゃわたしだって、どこか美味しい店にでもいってたまにはご馳走したり、遠出のデートしたいとは思いますが…彼がイヤがるから出来ないし。目があるからね。

    どうしたらいいのかな。
    とりあえず、延期しようかな。

    • このうえそら
    • 2020年 6月 30日 15:57:00

    【デートは非日常その2】
    ・またまた、デートプランを思いつきました( *´艸`)
    それは・・・お絵描き!!近所の公園やドライブに行った先で素敵だと感じた景色を描くんです。絵が上手でも下手でもギャップを演出できるし、小学生の時にやったスケッチ大会の思い出を聞く事ができるし・・・写メを撮るのも良いけど、印象に残るデートになるんじゃないでしょうか♪

    • 2020年 7月 02日 2:46:43

    これまで、恋人に幸せそうな笑顔で「あなたと毎日会いたい。」と言われてこちらもまんざらでも無かったり、デート相手を頻繁に自宅に上げたりしていました。Kouさんのおっしゃる通り、少しでも彼と長く一緒に居たいと思ってしまうからです。ですがやはり、自宅でのデートやお泊まりなどは彼に満腹感を与え熱を下げてしまうことは明らかで、男性側が「もっと会いたい、もっと一緒にいたい」と、空腹の状態にある時ほど、次のデートのお誘いにも熱が入るようになると感じます。ダラダラとデートを長引かせないよう、本当に気を付けなくっちゃ。>_<

1 5 6 7
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント