恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

男性の熱を下げてしまったら・・・

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

ちょっと立て込んでいて、まだ相談回答をしていませんが、順に返していきます。

 

かなり関心の高いテーマのようなので、今回もこの話にしましょう。

コメントを紹介します。

 

初期の男性の熱を一気に下げてしまう女性の行為

ぽちさんより:

もし相手の熱を下げてしまったら、もう諦めるしか無いのでしょうか?
諦める以外、何か方法はないですか?

 

えりこさんより:

ぽちさんと同様に彼の気持ちが離れてしまったら、どうしたらいいのですか?

 

結論から言います。

 

諦める必要はありません。

諦める必要は、全くありません。

 

すぐ諦めないでください(^^;

男性の熱を下げてしまったと感じたら、なぜ、すぐに諦めるという発想になってしまうのでしょうか。

 

それは、常に不安だからです。

そしてその不安は、大抵は抱く必要のない不安だったりします。

不安になるのはある意味仕方がありません。

 

実はこれは男性にもある感情です。

彼女が連絡をちょっとくれなくなったから、もうだめだと思い込むパターンです。

 

確かに何か原因はあるかもしれませんが、極端に悲観する必要はありません。

何度も言うように、男性の方が女性を追いやすいのです。そして、執着しやすい。

 

男性の気分には波があります。

特に恋愛初期では、その波にかなりの差があり、一時期狂ったようにアプローチしてきたのに、急に静かになったというパターンは誰でも覚えがあると思います。

 

この彼の熱が下がるケースは大きく分けると2種類あります。

一つは、前回の記事に書いたようなパターンで、「鬱陶しい」と思われるケースです。

詮索による鬱陶しさに加えて、女性からアプローチし過ぎることによる鬱陶しさもあります。

 

もう一つは、飽きや疲れによる失速です。

ずっと同じ熱量を持って突っ込んでくる男性のほうがむしろ珍しいと思ったほうがいいですね。

女性がかなりうまいこと彼を引き寄せ続けないと、次第に疲れは出てきます。

特に散々投資したのに何の進展も期待できないと男性が感じてしまう場合ですね。

これの対策は、このブログを読んでいる方ならすぐに思いつくはずです(^^

 

 

このどちらのパターンでも、ほとんどの場合は解決方法があります。

そしてそれは、このブログにも書いています。

 

男というのは、女性が思っているよりもかなり諦めが悪い生き物です。

あなたが、「彼はもう私を見捨てた」と思っていても、彼は実はそんなことは全く考えていないのです。

一時期熱が下がることはあるかもしれません。

しかし、よほどの嫌悪感を抱かない限り、男性はずっとあなたのことを覚えていて、守備範囲から外したりしません。

 

守備範囲に入っていれば、いくらでも挽回できるのです。

 

ほとんどの男性は、女性との交流を自分から切ることはなかなかできません。

なぜなら、つながってさえいれば後でまた戻せる(またあとで再ゲットできる)と思っているからです。

 

これは女性からすると何とも都合のいい考え方だと感じると思いますが、そういうもんなんです(^^;

 

大抵は、男は細くキープしていると思っていても、彼女はとっくに心が離れていて二度と会いたくないというパターンに陥るのですが、これを知っておくと少し気が楽になりませんか。

 

そしてここから重要です。

 

男性心理を見ていて一番おもしろいのは、男性の記憶は日々美化されていくということです。

 

男性は過去の女性のことをすべて覚えています。相当に恋愛遍歴の多い人はまた多少変わる可能性もありますが、たいていは覚えています。

そしてその女性との思い出は、男性にとって良かったことだけが残るだけでなく、時間が経てば経つほど美化されていくのです。

 

男性自身も段々錯覚してきて、仲良くしていたあなたがやけにいい女になって思い出されるのです。

これは現在進行中の関係でも同じです。

彼の中で、あなたとの思い出はどんどん美化されていきます。

 

勘の良い人はもう分かったかもしれません。

そうです。彼に自分との恋愛に時間をかけさせるほどに、過去の思い出が投資とともに蓄積されていき、その蓄積された投資はどんどん美化されていきます(^^;

時間をかけさせないといけないのです。

 

今、彼からなかなか連絡が来ないあなたは、もう「見捨てられた」と勝手に思っているかもしれませんが、彼はあなたに三行半を叩きつけているわけではないのです。

少し落ち着いて構えてみましょう。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • いちごプリッツ
    • 2020年 3月 27日 18:10:32

    Kouさん…好き(like)です(;A;)
    この記事また読み返して
    今の現状に少し安心しました。
    ありがとうございます(;A;)

1 17 18 19
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント