恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

絶対分からせますシリーズ第10弾です。

どんどん行きます。もう、全然着いてこられないという女性もいるようですが、その場合はとりあえず最新版から読んでください(^^

いつも言っていることですね。

古い記事は読まなくていいので、今リアルタイムで流れているものに触れる方がいいです。

僕もついついやってしまいがちですが、見つけたからには最初から全部取りたくなってしまうんですよね。

最初から順に読んでいかないとちゃんと吸収できないと思ってしまうんです。

 

それは必ずしも間違いではありません。

確かに以前の記事を踏まえて書いているものもあるので、前の内容を理解している方がより深く理解しやすいというのはあると思います。

しかしそれを狙うあまり、全然進まないというのでは元も子もありません。

きっちりちゃんとやらないとやった気にならないという感覚はどうしても出てしまいますね。

でもその抵抗を押し切って、しっかり準備してちゃんとやろうと考えるよりも、とりあえず今すぐかじってみることの方が大事です(^^

 

今日の話は、聞いてみたいと思っている女性がかなり多い内容だろうと思います。

トンデモ男列伝

りょうこさんより:

この記事を読んで…
1つ気になることができました。

結婚した途端に態度が変わる、いわゆる「モラハラ」な男性の見分け方ってあるのでしょうか?

女性とバツイチ同士で話してた時に
「二度と再婚はごめんだ、どんな出会い方をしても、その人がモラハラかどうかはわからない」と言っていて

また別の友人も「付き合ってるときはわからなかった、とても楽しくて、よい人だったのに、結婚したら仕事をけなされたり、人格否定されるようになった」と話をしてくれ

かくいう私も、付き合ってる時は「女性は会いに来るのにもお金をかけてくれてるかもしれないから、食事くらいは出すのが当然」「大事にするから」「自由にしていて」と言っていた彼は
結婚した途端に私の好みや思考を否定し、お金は出さなくなり、どちらが正しいとかのない価値観の違いを責められ、君のような人間は誰ともうまく行かないと、怒るたびに言うようになり…
(3人ともこの相手からは逃げ出し離婚をしております)

と、これらの男性は女性が引き起こしているのか?わからない、と頭を抱えました。

原因の一旦として前の記事の「ゼロ距離」に突然なってしまったのかなと思うのですが、何故そうなったのか、もしくは元々そういう「まにんげん:おとこ」でなかったのか。
結婚後豹変するタイプの見抜き方とかあるのかなぁと、ふと思いました。

付き合ってる時は、トンデモ男じゃなかったんですよ…わかりませんでした、ハイ。
この記事の人のようならどれだけよかったか…

この手の相談は、時々来ます。

たくさんは、来ません(^^

 

ある時を境に豹変する男性がいるのだそうです。

その契機で最も多いのは、結婚ですね。

結婚した途端に豹変するのだそうです。

 

あえて、「いるのだそうです」という表現を使っています。

それはなぜでしょうか。

僕はそんな人はいないと思っているからです。

そして残念ながら本当にそんな人は、いません。

しかし僕はこの珍現象が起きるメカニズムを説明することはできます。

 

ああ、事前に一つだけ例外を出しておくことにします。

最初はものすごく紳士的に接してくれたのに、身体の関係になった直後から態度が変わってしまうという例はあります。

分かると思うんですが、つまり遊び人の場合ですよね。

 

はっきり言ってこんなものは、恋愛の勉強をしている女性なら一発で対処できるはずなんです。

どうやるんでしたっけ。

はい、また0.5秒で即答するんですよ。

 

答えは簡単で、全部を一度に明け渡さないことです。

少しずつ攻略させていけばいいだけです。超簡単です。誰でもできます。

 

今回のテーマはこの例外のケースではなく、結婚した直後に態度が豹変するというケースについてです。

そうなってしまう男性を見分ける方法はないです。

だから、ないものを探さないでください。

最初からないと分かっていれば、探そうと思わなくて済みます(^^

 

じゃあなぜ実際にそんな男性に出会う女性が何人もいるのでしょうか。

その理由は簡単です。

結婚した直後に、女性が豹変しているからです。

 

無茶苦茶簡単な理屈ですね。

自分では気づいていない場合もありますが、結婚した瞬間から脱力してしまうんです。

本当は脱力はしてもいいんです。

しかし脱力の仕方に問題があるんですよね。

女性らしくいるということを頑張ってしまっている女性は、脱力がそれをやめることだと思っています。

 

僕は恋愛の勉強で、男性は結婚したくない生き物だという話をよくしています。

それは自分の能動的に意志によらない結婚で縛られることを嫌がるという意味です。

彼らも全員が結婚生活を嫌がっているわけではありません。いつでも一緒にいられるということに喜びを感じることの方が多いのは間違いありません。

 

仮に結婚したからもう努力しなくていいと思っている男性がいたとします。

結婚してすべてを手に入れたのだから、言うことを聞けと言ってくる男性がいたとします。

もしあなたがそういう状況になったら、どうすればいいと思いますか。

あるいは僕がそれを見たとき、あなたに何とアドバイスすると思いますか。

 

簡単ですよね。

すぐ思いつくと思うんです。

逃げればいいんです。

何回も言っていることだと思うんですよね。

嫌ならその場からいなくなればいいと思うんです。

 

人間関係というのは、特に恋愛の場合は相互の不断の努力が必要です。

どちらか一方がそれを放棄したら、その時点で続かなくなるんですよね。

結婚も全く同じです。

どちらか一方が努力をやめたら終わりです。

 

ちなみに世の中の大半の男性は、このことを最初から知っています。

知らないのは女性だけです(笑)。

結婚したらもう全部が手に入って安泰だ、などと考えている男性はいないということです。

釣った魚になんとやらの話がありますけど、あれはそう思うからそうなってしまっているだけのことです。

どちらかと言えば、釣られた魚の方に原因があるんです。

大物で釣るのに随分苦労させられたのに、釣られてカゴに入った途端にやけにしおらしくなってしまうんです。

おとなしくなれば、それは釣る前のように格闘しようとは思わなくなるものです。

 

男性は最初から知っていると言いましたが、男性の中の意識としては、女性は嫌になったら出て行ってしまうという発想が頭の中にずっとあるわけです。

これも物語やドラマ、映画でも例を探せばいくらでも出てきますよね。

愛想を尽かして出て行ってしまうのは、いつも女性です。

女性に逃げられて惨めな思いをするのは、いつも男性なんです。そういう構図なんです。決まっているんです。

なんでこれが分からないんですかね(^^;

ああ、分からないから絶対分からせますシリーズなのか(笑)。

 

ゼロ距離の問題とか、他にも要素はいくつもあるんでしょうが、最も押さえてもらいたいのは相手の豹変は自分が作り出している可能性が高いということです。

男性たちは女性が逃げていく生き物であることを知っているわけで、そうなると豹変なんかしようものなら一発で終わって惨めな生活が待っていることを連想できてしまうんですよ。

豹変するのは、豹変しても何の影響もないと思ってしまうからです。

怒鳴りつけたとしても、それが原因で女性が逃げていくことはないと思ってしまうから、抑えが効かなくなるんです。

 

モラハラ男というのは確かに存在しますが、それはある程度時間をかけて接していればちゃんと見分けがつくものです。

何らかの違和感があるはずなんですよね。

こちらが以前と全く同じ温度でいるのに、相手だけがある日突然変わるのだとしたら、変な占い師に洗脳されたとかの外部要因があるとしか考えられません。

おかしな兆しを見せたら、さっさと去るだけです。

 

これからも何度でも言い続けますが、女性は自由なんですよ。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (30)

    • キラキラ
    • 2020年 11月 20日 12:24:54

    怒鳴られる女性は、それが原因で逃げていかないと思われているか、逃げても構わないと思われているか。
    どちらにせよ自分を大切にして魅力的でいる事が解決策ですね。

    • さこさこさこ(*^^*)
    • 2020年 11月 20日 12:43:53

    コウさん、逃げれば良い。逃げれば良かった(涙)今ならよくわかる。もう、そんなお付き合いはしない。
    それから、同じ職場の元彼と付き合うとき、亡き父親が、夢に出てきたんです。
    私は、逆に夢を受け取ってしまったんですが、父親は、天国から心配して、私に、その彼は止めなさい、と、伝えたかったんだと、思います。
    大切な人の話は、ちゃんと聞こうと、今更ながら思います。
    あの世からでも、心配してくれる、父親に、嫌いだったけど、でも、ちゃんと心配してくれる、父親に、ちゃんと感謝の気持ちを、祈りたいと思います。
    今彼さんの時は、出て来てないので、ちゃんとお付き合いの意味を、改めて考えて、いこうと思います。

    • ゆきぽん
    • 2020年 11月 20日 13:01:15

    私も今までの恋愛では、相手が逃げたらどうしようということばかり考えて、自分が逃げるなんて考えてもいませんでした。全く反対の思考行動ばっかりとっていて、うまくいくわけがないですよね。今はKouさんとの勉強のおかげで、私の方が絶対有利、私をつなぎとめたかったらあなたが頑張りなさいと思えるようになりました!次の恋愛は絶対楽しいと確信してます!

    • ふわふわ白ネコ
    • 2020年 11月 20日 13:09:06

    女性からしたら思いつきもしない盲点ですよね。
    いじめとかもそうですけど、まず自分を守って安全な場所に来れたら
    次にそんなことが起こらないようにできる対策を全部やることですよね。
    まずは傷付いたことを認めて自分の味方になってあげて癒したら、
    落ち着いてから
    なぜそうなったのか、客観的で中立な視点から振り返り、変えられることを変えて新しい人間関係に備えるのが
    成長する女性の動き方かなと思います。
    被害にあったとしても
    被害を訴えるばかりで相手を責めて自分が変わるつもりがなければまた同じことは起こる。
    なぜなら自分が引き起こす要因を持ったままだから。

    かといって辛い思いをしたのは事実ですから
    まずは最初は、自分を労っていたわって味方にはなってあげなきゃ
    傷付いた心は癒さなきゃそんな反省や学習なんかしていられないのは事実です。
    まずは傷の手当てから。治ったら、鍛えればいい。

    自分のこれまでの人間関係を振り返って、
    また新しい洞察を得ました。

    • りょうこ
    • 2020年 11月 20日 13:39:24

    kouさん、こんにちは!
    取り上げてくださってありがとうございます!

    私は結婚直後に始まったので、3ヶ月で逃げ出してしまいました(´・ω・`)
    その間に向こうが逆に離婚する、とよく言っていたので
    そこで謝るんじゃなくて
    じゃあさよならって言えればよかったなぁ。

    ただ、ちょっと女性が脱力したというのには少し「?」となりました。
    結婚してからのほうが一緒にいる分、お化粧頑張ったり服を変えてみたり、お料理毎日したりしていたので…
    好きだから頑張ろうと思ったけど、恐怖で好きの力が尽きてしまいました。

    最初に怒らせたときに、毅然とした態度を取れなかったからかもなぁ、なんて振り返りました。

    次は同じようにならないように、しっかり勉強したいですね(・∀・)

    • さくら子
    • 2020年 11月 20日 14:18:36

    女性側も豹変してるんですねー。
    なるほどー
    たぶんそうなんだろうなって気がします。
    だったら気をつけようって思いましたし。

    でもー、
    女性が豹変したからって真似して豹変しないで欲しいです。
    男性はなんでそこ、影響うけるんですか?

    彼も私が拗ねると拗ねるんですよね。
    包容力なさすぎー

    ところでkouさん
    絶対わからせますシリーズが楽しくて仕方ないです♪
    タイトル自体が名言ぽいのもあって、
    書き初めに書いて壁に貼りたい(笑)

    • ayumi
    • 2020年 11月 20日 14:20:19

    Kouさんこんにちは。

    書いてある事理解できます。
    私は結婚して専業主婦になってしまい、次に働き始めるまでの10年間で変わってしまったと思います。

    養ってもらってる…
    養ってやってる…

    こんな風に心のどこかで思いながらその気持ちを10年蓄積したと思ってます。

    それは、おそらく本当の信頼関係が気付けてない状態で結婚したからです。

    今再び働き出して10年が経ちました、徐々に自分らしく生き始めてて、でもそれは専業主婦の頃の私とは全く違います。夫はその頃の私と比べてるんでしょうね。

    専業主婦前の、結婚する前の私の印象は「偉そう」でしたからね。確実にその「偉そう」に戻っていってる私を受け入れ難かったのかな。

    今はもう必要なこと以外話しないし、夫婦生活も勿論拒否したし、子供達が巣立つまでお互いの役割をそれぞれ果たすって話をしましたが

    夫は仕事
    私は仕事+家事

    です。わたしの夫婦生活拒否=夫に愛も尊敬もなにもない と捉えてるようです。

    あーなんか纏まらないけど、今回のお話Kouさんから聞けて良かったです。

    • ☆ナスカ☆
    • 2020年 11月 20日 14:25:38

    なるほど!!
    豹変は今のところないのですが、いつか急に怒ったりするようになったらやだなーとぼんやり思ってたんです。(彼に失礼な話ですが)

    女性らしくいなくなるほどの脱力、はまだしていないので、これからも努力していきたいです。

    小言言ったりはあるから気を付けなきゃ~( ´;゚;∀;゚;)
    髪のお手入れとかしてると、今日はサラサラだね!とかいい匂いだね!と嬉しそうなので
    こういう努力をどんどんしていけばいいのかな?

    • アネモネ
    • 2020年 11月 20日 14:28:19

    豹変する男います。

    「惨めな思いをするのは、いつも男性」を理解してないバカ男も、近頃の世の中にはそれなりに存在しているように思います。

    元夫がそうでした。

    義理父が厳しい方で、ずっといい子ちゃんを演じていた元夫ですが、義理父が事故で亡くなった途端に、本性むき出しモラ夫に豹変でした。

    まず、義理父の「親の七光」で得た仕事(それなりに高給)を「社長と気が合わない」という理由で、私には事前相談なく退職してきました。

    そして、退職してきたその口で「こういう事態だから君も早くパートでもいいから働きなさい」と言い放ち(は?(゚⊿゚)ですよね)、義理父がいなくなったのをいいことに義理母に金を無心し(義理母から私への通報で発覚)、私には「僕は起業する」と言って、どこかよく分からない所へ行ってしまいました。

    なんといいますか…今まで良き夫、良きパパだったのは、自分の親に見せるための演技だった?と疑いたくなるような豹変ぶりでした(実家に帰っても弟と派手な喧嘩したり、私にも怒鳴る)。

    義理母は恐らく数百万を渡したのではと思っています。震え声で電話がありましたから(義理母も怒鳴られたのかしら?)。

    そんなことまで事前に見抜く方法があったら、私も知りたい。

    それを事前に見抜く方法はない。それが真実だと思います。
    そんなの誰にも見抜けません。

    でも分かっていても「何かおかしい」と感じていても進むしかない、という状況もありますよね。人生いろいろです。
    その時はそれがベストということもあります。
    そして、何かのきっかけに豹変することだってあります。

    それで、豹変したら捨てればいいだけです。

    そこで変な情けをかけたり、将来の心配をしたり、良い人になることを期待するから、おかしなことになるのだと思います。

    私も、関係をよくする方法があるのではないかと、本を読んだり恋愛の勉強をしたりがんばりましたが、それで2年ほど時間を無駄にしました。
    (勉強したおかげで今の彼との幸せがあると言えばそうなんですが…)

    義理実家にもお世話になったから、なんとか良い方向に持っていきたいという気持ちも当時はありました。

    でも、バカにつける薬はない。これが真実でした。

    女を蔑ろにする男には、未来も幸せもない。

    そして、女に出来ることは、さっさと見切りをつけることだけです。

    恐らく元夫は一生浮かばれることなく、残りの人生を惨めに過ごすでしょう。
    一生涯、女性から愛されることはないはずです。

    私を、そして女をないがしろにしたのですから、当然の報いですね。

    多分、その頃の私は頑張りすぎでした。
    今はとっても楽しています。おかげさまで。

    Kouさん、いつもありがとうございます。

    • まり姫
    • 2020年 11月 20日 14:48:51

    「男性に追わせる」ということが分かって無いのではないでしょうか。

    ここでお勉強したことを踏まえますと、

    男性の投資欲求を引き出し続けたり「いつかこの女性は自分の目の前から消えてしまうかも」
    という事を覚えさせれば、豹変するという事は無さそうな気がいたします。

    まさにわたくしの母親がそうですが「男性に追わせる」ことをさせなかった結果、事実上の離婚状態に陥っております。

    そのため男性に追わせる、時間をかけて関係性を積み上げることの重要さを痛感いたします。
    また、そのためにも時に駆け引きも必要なのだと感じます。

    • 暁月
    • 2020年 11月 20日 14:49:14

    そうしまーす!

    自由で!

    もう男じゃない人と一緒にいたくない

    でも上司がちと、そういう人なんですよね…
    みんなうんざりしてるけど
    大人しい人ばかりなので…

    • まき
    • 2020年 11月 20日 15:57:14

    嫌なことがあったら逃げてます。
    こないだも逃げました。これは気持ちの上で逃げようと思うと、ちゃんと行動できるんだな、と思いました。

    彼もまだ躾中なので、もしかしてまた、逃げたいと思うかも知れません。
    逃げたいと思ったら、ちゃんと逃げること。

    身動きが取れないと思ってたら、危ないサインかな、と自分でふと思い出せるようになってきました。

    • 危険な野良猫
    • 2020年 11月 20日 16:33:24

    kouさん!私の経験上そういうモラハラ男性はこっちがそう簡単に逃げ出せない状況だと判断した途端にそういう態度をとってきます。たまにそういう男性が現れるのですが相当に疲れます。それとそういう男性はこちらが相当嫌いになってるのに、相手の男性はこちらを好きと思っているという訳のわからない現象が起きるという事です。嫌われていると分かっているのに好きというまか不思議な現象です。今までに2人そういう男性がいました。私はkouさんと違いそういった特殊な男性がいると思います。女性の態度でそうなったというよりも男性の育った環境かなにかでそういうモラハラ男ができる気がします。
    kouさんがおっしゃるように逃げないとおもうからモラハラ男が豹変するのであれば、逃げないふりをすれば結婚する前に見破れるかもです。

    • Kalaちゃん。
    • 2020年 11月 20日 17:41:29

    逃げちゃいけないって、どこかで思ってしまう癖がでてしまうときってありますよね。

    恋愛だけじゃなくて、仕事とかにおいても、とにかくすべてにおいて。

    元気がないと、思考回路もおかしくなって、周りに引っ張られるしかなくなってしまうから、

    やっぱり、楽しいうちから、生きる力つけておくこととか、「他もみて良いよ」って許可を自分に対してだせることとか、そんなことがやっぱり大切。

    自分丁寧にケアしながら幸せにいきていきたい。

    • るうな
    • 2020年 11月 20日 17:43:04

    結婚ではないですけど、付き合った途端に奢らなくなるのは相手に悪い意味で安心感を与えてしまってるからなんでしょうね。

    本当は男の人が思ってる以上に女の人の頭の中って冷静なんですけど、そこまで見抜けないから、冷めた感情があるなら態度に出したほうがいいんだろうなぁと感じました。

    安心するのは女性だけで充分。っていうのはちょっとひどいかな?笑

    • 金平糖
    • 2020年 11月 20日 17:48:34

    うーん…
    モラハラをされた事が無いのであくまでも
    身近で見聞きした話からの想像でしかないですが

    モラハラしやすい男性というのは
    一定数居ると思います。
    そしてモラハラされやすい思考を持った女性も
    少なからず居ると思います。

    扱い方さえ間違えなければ
    ある程度モラハラは抑えられると感じているので

    豹変したというのはソレまできっかけがなく
    モラハラしやすい男性だという事が
    わからなかっただけなのでは?と思います。

    結婚する事によって起こるきっかけって
    まず別れずらくなる。
    その結果何を言っても大丈夫!ってなる可能性は
    ありますね…確かに。

    そして各家庭の状況によりますが多くが生活費が
    一緒になります。

    付き合っている時、例えば30万のバックや宝石を
    毎月もらえたらとっても喜んで受け取りますが
    結婚してから毎月30万の生活費をもらっても
    喜ぶどころか当然という態度で受け取る。

    結果今までは喜んでくれてたのに!
    ってきっかけを与える事になる。

    結婚したんだからそうなるでしょ!って
    なりますけどね…女性なら。笑

    後は子供の事もあります。
    付き合っている時は自分の意見を尊重してくれてたのに
    子供の事になると全く意見を聞かなくなるとか…

    結果今までは尊重してくれてたのに!ってきっかけ。

    関わり方にもよりますが子供の事は母親の方が
    よっぽどわかってるから譲れないですよね〜
    こっちから言わせれば。笑

    そう考えると男性って良い意味でも悪い意味でも
    結婚後も変わらないんですね。
    成長が無いと言うか……

    でもモラハラしやすい男性って自分に自信なくて
    承認欲求が強い人が多いですから
    付き合ってる時は褒めて欲しくて
    尊重して欲しくて色々やってくれるから
    素敵に見えそうですもんね。

    自分も付き合ってる時と変わらないように意識して
    ちゃんと喜んで受け取って尊重してついでに尊敬して
    いざとなったら逃げる覚悟を持っていれば
    少なくとも豹変にはならないのかな?と思いました。

    • オーロラ姫
    • 2020年 11月 20日 18:35:18

    kouさんの仰る通り、
    先に豹変するのは女の方だと思いますよ。

    何故なら、
    結婚や一緒に暮らした場合の
    お互いの生活の変化の想定範囲が

    付き合っている時の話し合いだけだと
    難しいんですよね。

    自称、男の家事できると、女の家事できないって、ほぼレベルが同じかなぁ。。。と。

    コレは私の2度の離婚で思った事なので一概には言えないですけど。。。

    やっぱり家事って、なかりの負担なんですよ。

    離れて暮らしている場合は、お互いの都合を話し合いで合わせて、プライベート時間で男女のイベントをこなしていくけど、

    物理的なゼロ距離になると、、、

    家事はプライベートなのか、仕事なのか、義務なのか。。。

    家事=母親の仕事

    とイメージがあるので、、、

    ここの温度差が難しいと感じています。

    物理的ゼロ距離で、仕事、家事、女性でいる事。(ミステリアスな部分を残す。)

    今の私にはストレスでしかないですね。

    家事=残業(手当無し)みたいなイメージですし。

    安らぐ暇が恐ろしいほど減る、女でいる為にやたら気を使う(部屋数少ないと特に)というイメージが強すぎて(・_・;

    なかなか払拭できない自分がいます。

    ここの思考のクリアができないと、
    恋愛、無理な気がしています(汗)

    • ふたゆびみつゆび
    • 2020年 11月 20日 18:42:25

    わからせるシリーズにリアルタイムで参加できてることが本当に嬉しいです!

    女性の脱力は
    女性の尊厳を緩めてしまったということなのかな、と思いました。

    「私の事そんな扱いしていいと思ってるの?」
    と何かしらの理由で言えなくなった時が
    豹変のきっかけなんだと思います。

    私も暴言を言われたり、扱いが酷くなったのは
    以前なら「心の旅に出ます!」って
    連絡を断ってたのをしなくなってからだなって気付きました。

    当時は彼の手を離したら彼の方が離れていってしまうって恐怖ができてしまってて。
    結果、逃げ場も平穏もなくなって、
    彼はもっと酷くなるしすり減っちゃいましたね。

    【豹変するのは、豹変しても何の影響もないと思ってしまうからです。】
    【おとなしくなれば、それは釣る前のように格闘しようとは思わなくなるものです。】

    本当にその通りです。

    嫌なら逃げる。
    逃げなきゃ待ってるのは我慢窒息しかないですからね。
    私の女性の尊厳を守ることを一貫してできるようになりたいです。

    辛くてカチコチに防御してた心が
    毎日ほぐされてきてます。ありがとうございます^^

    • kyoncat
    • 2020年 11月 20日 20:57:10

    >男性たちは女性が逃げていく生き物であることを知っているわけで、そうなると豹変なんかしようものなら一発で終わって惨めな生活が待っていることを連想できてしまうんですよ。

    >豹変するのは、豹変しても何の影響もないと思ってしまうからです。

    まさしくうちの両親だー
    なんでこんな問題夫と離婚しないのかと、私は小学生くらいからずっと思ってました。

    >怒鳴りつけたとしても、それが原因で女性が逃げていくことはないと思ってしまうから、抑えが効かなくなるんです。

    うちはそれぞれ自営業なのですれ違いが多く、母としてもその点に置いて遠慮があったり、
    時代的に離婚NG感が今よりずっとあったから、耐え忍んでいたので増長したんですね。
    やはり女性は我慢なんかするとろくなことがないということですよね。
    耐えた原因の中に私もいたと思うので、そこは感謝ですが。

    もうモラハラDVみたいなのは母以外の私たち子どもに対しても当たり前な上、
    さらにはちょこちょこ浮気騒動もあり、その際は母も鬼になるので、冷戦を目の当たりにした私はほとほと疲れ果て、小学生にして結婚というものに夢を抱けなくなってしまったように思います。

    最終的には私が社会人になったばかりくらいの頃に、母の顔見知りの人と浮気をして、
    これには流石の母もブチ切れて離婚すると言い出したんですが、
    この時なんと父がうろたえまくって、母以上に冷やかな間柄の私に恥も外聞もなく助けを求めてきて、
    私は本当に驚愕しました。

    え、あれで離婚されないと思ってたんですか? この20年以上に及ぶ長い間?と思ったからです。

    まさしく (    ω  )===Ф Ф って感じで本当にびっくりし、
    ますます男性というか父親のことが良くわからなくなり、
    こんな老境間近でようやく離婚とか言い出す母も、オタオタする父にも心底ウンザリしました。

    もともとうちの父親はアクティヴだし、浮気できるほど見た目も良いので、
    離婚しても特に支障があるようにも思えず、なんで??と全く理解できなかったんですが、

    >惨めな生活が待っていることを連想

    本当にこう思ってるとしか思えないくらい、感覚でいうと普段はモラハラ・パワハラな星一徹みたいな人が、
    エヴァンゲリオンのシンジ(古、鬼滅でいうなら風柱から覚醒してない時の善逸へ)ジョブチェンジしたように見え、何を根拠にこんなことを言ってるのか全然わからなかったけどそうだったんですね。。。

    ところで今書いててふと思ったんですが、私は長年、この件でいたく傷ついてきたので、
    思い出すたびに小学生時代からの長い苦しみが蘇ってきて、本当に辛くて仕方なく、
    同じようなことをなんども苦しみに満ちた感じでここでも書いたけど、
    今は全くなんとも思っちゃいないことに気づきました。

    それどころか上記に書いたことを記事を読んで思い出した時、
    ”それにしてもなんでまた浮気とかできるんやろな? ま、しゃーないな、パパはイケメンやったし”
    とヘラヘラ思えたことにも本当に驚きました。

    kouさんは”浮気する男とか相手にするな、浮気されるとか脇が甘い女性はいかん”って、
    どっちかというとダメ出ししてる勢いだと思うんですが、何度も何度も言うけど、
    私はなぜかここで勉強しているうちに親に対する恨みが消えました。
    それは思ったよりすごく嬉しいことでした。
    kouさん、本当にありがとう。

    結婚に対するネガティヴ感とか、男性は浮気すると言う思い込みは、
    なかなかこうなっても消えませんでしたが、
    この一連のシリーズで、それも消えつつあります。

    • m0t0mi
    • 2020年 11月 20日 22:05:01

    よく分かります。
    私も、最近まで旦那の態度がどんどん悪くなっていっておりどうしたらいいのか、、、と悩んでいました。

    相手と対等にあろうと、強く、負けまいと応戦してたのです。

    結局は、ただ自信がなく嫌われるのが怖い、見捨てられたらという不安から一生懸命に関係性を保つことばかりを優先していただけでした(苦笑

    別れたくない!という気持ちが彼に伝わっていて、何をしても別れないとバレていたんだと思います。
    だから、相手がどんどんエスカレートしてしまい……

    そのことに気付いてから、少しずつ態度を変えるようにしました。
    あるときは、黙ってみたり。
    あるときは、言われた通り家をでてみたり。
    あるときは、別れると言われたら了承してみたり。

    もともと不安があったので、始めのうちはドキドキでした。
    本当に捨てられたらどうしようと。

    けど、現実は違って、黙れば彼がわーわー言って気を引こうとするし、家をでてみたら探してたり、別れを了承しても行動には起こさなかったり。

    あれ、この人、結局、別れないじゃんって思えるようになってきて、これを繰り返してたら、ある日、いつものように口喧嘩をしてたときに私が主導権を握れたって自信をもって感じられた日がありました。

    そこからは、何があっても自分の気持ちに正直になるようにしています。
    この世に絶対はありえないのですが、彼から別れを言われることはないと思っています。
    すべきこたはやっているので言われる筋合いもないですし、彼がいなくても幸せになれると思っているから笑

    もちろん彼のこと好きですから一緒にいたいと思っています。
    けど、彼がいないと幸せになれないとは思わなくなったんですよね。
    友人や両親、兄弟など人といるときにも幸せは感じられるし、自然や景色でも幸せになれる。
    ひとりになっても、幸せはあるって気付けたことが大きいかもしれません。

    最近の記事を読みながら、考えが間違っていないことに安心しました。
    そして、自由でいる喜びを再認識できました。
    ありがとうございます。

    旦那といればもっと幸せ。
    けど、いないからって不幸せではなく幸せはいつも近くにあることを忘れないようにしたいと思います。

    • こっかーすぱにえる
    • 2020年 11月 20日 23:13:05

    Kouさんの「豹変する男はいない、豹変するのは女である」という話。私は前のコメントに「夫はトンデモ男の部類ですが結婚前は違った」と書きましたが、実はそうではなかったということ。そのとおりなんですよKouさん、実は、思い返せば。私は知り合ってたったの2ヶ月で夫からプロポーズされ結婚を決めたわけですが、その時点ではまだモラハラ男の匂いはなかった(と感じた)んですよね。ところが、その後、じわじわと本来の彼の性格が見えてきたわけです。癇癪持ちで、人前で私を怒鳴ることもあったり、こんな男は私のまわりには一人もいなくて、こういう人と出会ったのは後にも先にも彼が初めてなんです、実は。なのでプロポーズを受けたものの今後に不安を感じたため婚約破棄しようと考えました。ではなぜ出来なかったのか?というと、私の気持ちとは関係なく両親や親戚が私の結婚にめちゃくちゃ盛り上がっていて、ノーと言えなかったんですよね。「ま、いいっか、なんとかなるか?」と甘い考えで結婚したわけですが、なんとかなるはずがない、もともとトンデモ男なんだから。喧嘩、というか一方的に癇癪を起こされ何度泣いたことかしれません。でも、彼がそれを正そうとしなかったのは私が彼を許し続けてきたからでしょう。見縊られてきたんです。「俺と同じ土俵で物言うな!」なんて言われて傷付いても。「彼を許し続けてきた私に責任があるんだね」と友人に話たら、その友人に、「違うよ、貴方に責任はない、彼の母親が悪いんやで。お母さんが息子のワガママを許し続けてきたからやん。貴方はお母さんの代わりにされてんねんで。」と言われまして、なるほどねと思ったんですけども。
    結局、私は彼に愛想を尽かしてしまったので彼から去るわけですが(Kouさんが、「逃げればいい」と言ってくれてて、私の結論に間違いはなかったのかな)
    とにかく私は、まだ未婚の女性には、結婚したいなら男性をよく見極めて(Kouさんの言葉を勉強して)、すぐにOKを出さず、そして、万が一の事態になったら周囲のことなんて気にせず、自分の気持ちに正直になってNOと言える勇気を持ってほしい。婚活なんてものも止めてほしい。情報に踊らされないでほしい。私は本来、結婚に関しては冷めた考え方を持っていたので、自分が結婚するなんてことは不本意だったんです。同居してる親から毎日しつこく結婚のこと言われ続けて、それに屈してしまったんですが、結果、やっぱりなって感じで終わりました(笑)。結局のところ、自分に降りかかった災いは我を押し通せなかった私自身の心の弱さにありました。人に嫌われてもどう思われようが迷惑かけようが、そんなこと気にしなくてもよかったのに。
    と言いつつ、この結婚には後悔はしていません。彼に苦労したおかげで、たくさん本を読み、たくさん努力をし、たくさん経験をし、たくさん学ばせてもらいましたので。これらのことは今の私を形成する上で大事な要素となりました。

    • なつみんと
    • 2020年 11月 21日 0:00:24

    はい。もう全然着いて行けてません。笑
    でも素直に最新記事にコメントしていきます!

    結婚して豹変するトンデモ男っているんですね?
    この記事を読んだ時の第一印象は、俄には信じ難いという感じでした。
    豹変するというよりは、結婚する前から所々の言動で見られていた「あれ?」っていう違和感に気づかなかったか、見ないフリして結婚してしまっただけでは。。

    ☆☆☆
    「人間関係というのは、特に恋愛の場合は相互の不断の努力が必要です。

    どちらか一方がそれを放棄したら、その時点で続かなくなるんですよね。

    結婚も全く同じです。

    どちらか一方が努力をやめたら終わりです。」

    ☆☆☆
    豹変するのは女性の方っていうのも…驚きですね。
    そういう人もいるのか(・・;)

    私はずっと恋愛の勉強してるから、結婚してからも努力が必要だっていうのは当然なことと思ってました。

    結婚したら豹変というか、子どもが生まれたら豹変する女性は多いみたいですね。。

    ずっと仲良くいたいから、できることはしていきたいです^_^
    「ありがとう」を些細なことでも伝える、よく会話してコミュニケーションとる、キスやハグやボディタッチ、化粧やファッションや体型も女として魅力的であり続ける努力をするetc。
    あとは、恋愛のお勉強を続けること♫
    これは、慣れてしまわないために、戒めのために。

    • るりおん
    • 2020年 11月 21日 1:02:52

    この記事目から鱗でした。
    男性の豹変に怯えて、結婚に二の足踏んでるけど、女性だって豹変するんですね!

    しかも、もし私が結婚したとしたら、絶対しおらしくなることが今から予想できるので、ヒヤッとしました。
    今のうちから女性の価値をちゃんと体現できる人にならないと!勉強あるのみですね。

    • こざる
    • 2020年 11月 21日 11:01:09

    お久しぶりです。

    絶対わからせますシリーズが面白いので、久々にコメントします。絶対に分からせてほしいからです。お願いします。

    モラハラ男の話が続いていますが、教えてください。彼さんはお金は出してくれます。たまーに私が気を遣って少し出したり、相手が頑張った時に私が奢ってあげたりすることはありますが、ほぼ出してくれます。私が食べたいスイーツも買ってきてくれるし、嫌なことがあったら会いにきてくれます。そんな行動を見れば気持ちは分かります。

    でも彼さんは言葉で愛情表現をするのを拒みます。こちらが愛情表現をすると誤魔化したり、酷い時には「さようなら~」と言ったり…。すぐ、別れたいなら別れてもいい、とか、気持ちのバランスは私の方が強い方がいい(から自分からは表現しない)、と言います。不安でいる方が恋愛は楽しいでしょ?と言って、私の気持ちを試したり、私が妬いたりするようなことを言うんです。その度に私は不安になるし、悲しくなります。それを嫌だと伝えても、しばらくすると元に戻ります。

    この人は私が離れていくことが不安なのかな?とも思うのですが、安心させると調子にのってエスカレートします。離れてみるとノコノコしてくるのでお灸を据えたいとは思うのですが、そんな相手の性格を考えて、ノコノコしたら受け入れてあげています。でも、不安にさせられるのはいや。こういうのも、モラハラですか?

    最初に書いたような行動もしてくれるので、私に対して気持ちはあるのだと思いますが、どうして愛情表現をしないのか、わざと不安にさせるのか、不可解でよくわかりません。

    不可解に対する「解」もありますか?
    絶対に分からせてほしい~

    • このうえそら
    • 2020年 11月 21日 11:04:52

    【男性が豹変するきっかけ】
    ・今回の記事は、刺さりました。たしかに、相手の男性が変わっていったのは女性の私が彼のことを男性として尊敬する気持ちが薄れていった事が原因でした。

    • 里桜
    • 2020年 11月 21日 11:37:04

    『逃げればいいんです。』

    はい、最終的には逃げました。

    でも惜しいのは、それを実行するまでに、私は長年月を費やしてしまったことです。

    もちろん、恋愛のお勉強を始めるずっと以前のことですが。。

    『おかしな兆しを見せたら、さっさと去るだけです。』
    『これからも何度でも言い続けますが、女性は自由なんですよ。』

    もうこの二語に尽きますね(*^^*)
    女性のガマンは、男性の成長を妨げることにもなるんだな。。

    • まき
    • 2020年 11月 21日 13:44:11

    別に身体を許した訳じゃないけど、こないだは嫌いじゃないよ、と言いました。

    でも。
    静かに仕事をしていたし周りに人も居なかったので、マスクを外してやってたところに彼が来ました。

    彼は比較的一人の時マスクを外してたけど、わたしは頑なにずっとマスクしてたので、マスクを取るのはかなりレアでした。

    話しかけてきたのでマスクをしようとしたら、「大丈夫です」と言われました 笑。でもわたし徐ろにそのままマスクを着けて話し。

    わたしのマスク取ったところが見たいなら、食事とか連れてくしかないんじゃない?と、心の中で思って。

    すぐに全部は見せません 笑。
    マスクだって、ずっと隠してたら見たくなるみたいですね。

    • sakura
    • 2020年 11月 21日 13:50:43

    私の身近な知り合いにモラハラ、パワハラ、どっちもという男性とお付き合い、結婚した方が数人いらっしゃいます。

    皆さん、口を揃えて彼は変わった。パワハラは兆しがあったとしてもモラハラまでは見抜けないとおっしゃっていました。

    1人だけ友人の旦那さんのモラハラ男性を見たことあるのですが、すごく感じの悪い方でした。
    奥さんだけではなく、私や他の友人もいたので愛想は良かったのですが、レストランの店員さんへの態度が最悪だったんです。(怒鳴るとかではなく静かにネチネチしてるような感じ。。)

    友人夫婦と別れた後、私とその場にいたもう1人の友人と帰り際に、◯◯ちゃんが選んだと思えないくらい旦那さん、ちょっと性格いまいちそうだよね。。と話したのを覚えています。

    女性が変わってしまったパターンも勿論あると思いますが、モラハラ、パワハラを見抜けずに付き合ったり、結婚してしまったということもあると思いました。

    きっとモラハラ、パワハラをうけてる女性は頑張りすぎてると思うので、逃げていいとおっしゃってくれるKouさんの言葉はとても励みになりますね。

    • ♡arico♡
    • 2020年 11月 22日 20:26:39

    『結婚した直後に、女性が豹変しているからです。』
    女性でいる努力をしなくなるからですね。
    付き合ってちょっと経つと男性が変わるっていうのも、私が油断してしまっているからなんでしょうね。
    安心はしてますけど、とこが足りなくなってしまっていたのかしら。

     

    • ジュエル
    • 2020年 11月 23日 7:59:08

    こんにちは。
    久しぶりのコメントです。
    彼と付き合って2年が過ぎました。はじめの勢いの1日に複数回の電話と3日は開かない勢いの会う頻度からはだいぶ落ち着き、いまは1日の終わりに電話と週一で会う回数も落ち着いてきました。
    連絡、会う提案は彼からしてもらっています。

    わたしのこのをすごく好きなのは態度にも出ているし、いつも頭から離れずにジュエルがいるから数分も忘れるというのはあり得ないと言います。
    執着かな。と思うほどわたしのことを愛してくれてるのは伝わります。
    けれど、最近悩みがでてきました。
    付き合ってから何回か喧嘩もして、そのたびに仲直りして乗り越えてきているのですが、今までまともに人を好きになったことのない彼なので(はじめてがわたし。だから執着に近いものがあると思う)
    喧嘩の仕方をしりません。。
    静かに出てきた問題を話し合って解決してより深い仲になりたいわたしですが、彼は喧嘩になると責められていると思うようで、ひとり焦り暴言に近いものを吐きます。今までに聞いたことのない言葉遣い「なんでそんなこといわれなきゃいけねーんだよ!」など。自分の悪いところを言われるのが嫌でわたしのことも今必要ないところを攻めてくるようになるのです。
    「なんで朝早く起きてるくせにLINEひらかないんだ、自分から連絡してこないから俺からしなくなったら入ってこないんじゃないかと思う」など。
    喧嘩の後もうダメだ話が通じないから距離をおこうと思っていたは30分後電話がかかってきて
    「さっきはごめんージュエルーゆるしてー冷静になったよー」
    とか甘い声を出してきたりします。
    彼も自分がコントロールできないと言っていて、今までこんなことなかったのに、ジュエルだからこうなってしまう。喧嘩の仕方なんてわからない。自分が二重人格みいだ。と言っていて。
    わたしも少しそうかなと、怖さもでてきてしまいました。
    こういうのはとうしたらいいかな。
    喧嘩したときにガッカリしてしまうことが多くて、そのまま別れを選ぶ自分がいそうで。
    ゆっくり考えないといけないけど普段がいい人だからどうしていいか考えています。

最近のコメント