恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

じわじわ後からやってくる

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

今朝こんな記事を書きました。

呼吸ができる幸せを考えよう(コロナウィルス問題サポート用記事)

この記事を読んで、どうも僕が肺炎で苦しんでいたとか、今現在肺炎になっていると読んでいる人がいるようなので、改めて話しておきます。

よく読んでもらえれば分かります。僕は肺炎で苦しんでいたわけではありません(^^;

厳密に言えば肺炎にもかかったことはありますが、ほとんど記憶がありません。

 

意外とこれは怖いことかもしれません。

肺炎って広いんですよね。範囲が。

なってすぐ治る人もいれば、重篤になって治らない人もいます。

僕自身がその苦しさを覚えていないくらいなので、「肺炎って熱が出て咳き込むだけで、寝てればそのうち治まるんでしょ。」と思っている人も結構いそうです。実際すぐに治る人もいます。でも十分死因になりうる病気なんですよね。

2013年に僕が苦しんでいたのは肺炎ではありませんが、肺に来る病気は想像以上にキツいということを伝えたかったわけです。

 

今日はこの記事で改めてそういう話はしません。

あまりそういう話ばかりしていても仕方がないので、恋愛の話をします(^^

非常に鋭い視点のコメントを見つけたので、シェアします。

弓可さんより:

弓可です。

コロナの影響で、3/1から仕事をしていません。
フリーランスなのですが、すべてキャンセルになりました。
今月いっぱいが無理そうです。
もちろんこれで二ヶ月は収入がゼロになります。
正確には、請求書からの入金のタイムラグがあるので、
5,6月くらいが入金ゼロになります。

実家住まいなので、家賃や水光熱費の心配はありません。
食べるものが尽きることもありません。
最悪貯金も手持ちもすべて尽きても、生きてはいけます。
人としての生活は維持できます。
父母ごめん。不甲斐ない。

ただ、一ヶ月以上一切働かずにいて、私の身に起きた変化があります。
よいことは、体調がよくなったこと。
今までいかに体を痛めつけていたかがよくわかります。

悪いことは、精神的にきついということ。
生きている、という感覚が、放っておくとゼロになります。
働くということは、社会と関わるということであり、
人は社会や自分以外の誰かと関わって、お互いに影響しあっているけど、
それを通して初めて「生きている」という感覚を得てるんだなあと。
しかもこれって、コロナみたいに潜伏期間があるんですね。
じわじわときているけど本人は気づかない。なんなら無症状。
だけどある日突然、些細なきっかけでいきなり重症化する。
突然すぎて、最初はどうしてこうなってるのかわからない。
きっと、このままいけば鬱になるんでしょうね。
私は職業柄こうして自分を思いっきり(結構必死でしたが)俯瞰して、
ロジカルに考えられたから、すんでのところで踏みとどまってるのだと思います。
自己有用感を所属感も一切失い、こんなに自己肯定感が爆下がるとは。。

これを、また仕事が戻ってきたときには必ず生かしたいです。
100万近い売上は返ってこないけど(大泣)必ず復活してみせます。
私の仕事はオンラインではできないことです。
だけど今回のこの私の心身状態の一件を通して、
オンラインばかりになったとき、必ず必要とされると確信しました。

鋭い。

非常に鋭いですね。

こんなことに気づく人はなかなかいません。

 

その通りです。

今はまだいいんです。今でも苦しい人もいますが、大きな影響は時間差でやってくるんですよね。

じわじわやってきます。

生活習慣病とかもこれに近いパターンかもしれません。

何か楽だなと持って楽な生活をしていると、必要な負荷がかからなくなってどんどん体力が落ちていきます。

快楽の習慣は1回やったくらいでは大して害にもなりませんが、少しずつ積み重ねることであるときに閾値を超えてくるんです。

 

種を蒔いてもすぐには育たないんです。

気がついたときにはそれなりに大きくなっている。

みんな短期を見ているので、植えた種が次の日に芽を出さないと気に入らないんです(^^;

すぐにほじくり返したくなります。

この種、ちゃんと生きてるんやろな?

やっちゃうんです。

ほとんどの物事は、即時には発生しません。

 

じわじわやってくるのが本当は正しいと思うんです。

じわじわやってくるものだと分かっていれば、先が読めるようになります。

じわじわやってくることを見越して、少し先の未来をよく意識しながら、逆算して今をどう動くかが大事です。

 

恋愛感情というのも、後からじわじわくるんですよね。

気がついたら好きになってました

という人がいます。

正しいです。

会った瞬間好きになりました

間違いです。

 

何が違うのか。

じわじわ来てそうなったかどうかです。

「気がついたら好きになっていた」というのは、そうなる前に色々あったわけです。

じわじわくるための何かがちゃんとあったんですよね。

何もないところから、突然芽が出始めたわけじゃないんです。

 

これは相手の恋愛感情についても同じことが言えます。

今日初めて知り合った女性に惚れる危ないマンもいますが、そういう人は完全無視すべき連中です。

何度も会って話しているうちに、気がついたら胸の中にあなたが住んでいたというのが、本来の恋愛感情なんですよね。

そうさせるためには、種を植えてすぐにほじくり返していてはいけないんです。

 

恋愛感情の種は、育てるのがかなり難しい品種です。

荒野に放り投げても、決して芽など出ません。

すぐカラカラになります。

カラカラにならなかったとしても、通りがかった山羊に食われて胃の中に消えます。

 

適切な土壌を選んで、育ちやすい時期を狙って植え込む必要があります。

この条件が揃っていても、植えただけではダメです。

一回植えて放置していたら、土の中で眠り続けるので、その間に通りがかった虫に食われて、フンになって土に還ります。

種を植えたら、度々来ては様子を見ながら水をやらないといけないんです(^^

 

この条件が揃っていても、種は死ぬ可能性があります。

水のやりすぎでふやけてしまい、土の中で腐って土に還ります。

適度に水をやりながら、のんびり待つ必要があるんですよね。

 

それでもそれなりに時間がかかります。

まだかなと思って何日も様子を見に来ても、全然変わらないんです。

大分時間が経ってから、ちょっと忘れかけていて惰性で水をやっているような状況で、初めて突然芽が出るんです。

気長に待つことです。

芽が出たらいいなと思いつつ、今をじっくり生きる必要があります。

 

じわじわ後からやってくるものです。

幸せとかも全部そうなんですよね。

何かをしたら、次の日にやってくる幸せというのはほとんどありません。あっても安いものだけです。

通りがかりの動物や虫に食わせることなく、またふやけさせて腐らせることなく順調に育たせるには、多少のコツが必要です。

しすぎないことですよね。

今すぐに固執しすぎないこと。

小突きすぎないこと。

与えすぎないこと。

放置しすぎないこと。

 

こんな感じですね(^^

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • みやこ
    • 2020年 4月 20日 0:13:02

    「カラカラにならなかったとしても、通りがかった山羊に食われて胃の中に消えます。」

    ……………笑
    この文おもしろかったです
    なぜに山羊………

    恋愛の勉強しにきてるのに、他のところに注目してすみません。記事はとても興味深く読ませていただきました。

    • るーつ
    • 2020年 4月 20日 15:43:45

    今すぐに固執しすぎないこと。
    小突きすぎないこと。
    与えすぎないこと。
    放置しすぎないこと。

    素晴らしく簡潔に分かりやすくまとめて下さいました!
    今の私にぴったりの言葉です!
    壁に貼っておきます笑

    • なちゅ♡はっぴー
    • 2020年 4月 27日 1:05:23

    旅のしおり

    タイムトラベル完了(`・ω・´)ゞ

    彼との関係を正常なものに変えたくて4〜5年種を育ててました。
    私が冷静になる期間、仕事に集中する期間、他の人と遊ぶ期間などなどで本気で取り組んでいなかった事もあり時間がかかっちゃいました(笑)

    でもやっと先月芽が出始めました!
    ブログを最初から読んでお勉強し直したので、ここからどうやってカモくんと駆け引きして遊ぼうか、考えるだけでも楽しくて楽しくて仕方ないのです∩^ω^∩♡

    Kouさん、ずっといてくださってありがとうございます♪

    • ときん
    • 2020年 5月 18日 22:05:15

    なんだかとても好きな記事です。
    比喩表現が素敵です(^^)

    何事もほどほどが一番。

    • まき
    • 2020年 5月 21日 23:34:17

    そろそろこの生活も時間が経ってきました。
    私の地域は、まだ解除されないので、もう少しかかるみたいです。

    精神状態は、意外と大丈夫でした。
    テレワークもやっぱり孤独を感じて、まして電話がないのは、初めの頃はハンデだなぁと思ってたんですが。

    お花や観葉植物のケアも普段より、できたのですが、私はよくお水をやり過ぎる事がよくあります。投資のときもすぐに結果を求めがちで、友人に教えてもらいました。

    観葉植物も、よく観察すると、あまりやりない方が活き活きしてるなぁと思いました。

    今の私のペースも、またちょっと早過ぎる所があるかも知れません。火を弱くしよう。

    • つきのあかり
    • 2020年 5月 22日 0:57:49

    すごく久しぶりに読み始めました。
    Kouさんの文章はやっぱり好きですね。

    今は特定のお相手がいないので尚更、
    たくさん種まきしたいです。

    小突きすぎず、与えすぎず、放置しすぎず。
    極端になりやすいわたしには大事だなと思いました。

    • まな
    • 2020年 5月 23日 12:28:11

    ジワジワくる。
    ノコノコくる。

    kouさんが言ってたので、ずっと待ってました。たまに見に行って水をやり、ツンツンしながら(笑)

    さすがに半年になるので「さすがに種も腐ったか?!」と思っていましたが…出ましたよ芽が!

    ほじくり返さず、ずっとジーっと待ってたら帰ってきました。もちろん、帰って来たので軽くフミフミしてジャブをお見舞いしてやりましたが。それでも、待ってたので嬉しかったです。

    もちろん待ってた事は秘密にしておきます(〃艸〃)

    • まるこめ印◎
    • 2020年 5月 24日 18:39:38

    今すぐに固執しすぎないこと。

    小突きすぎないこと。

    与えすぎないこと。

    放置しすぎないこと。

    植物と同じですね(*´-`)
    コロナで全然会えなくて(厳密に言えば会うチャンスはあったけど私が断った)焦る気持ちが募るばかりで。
    なんで私が焦ってんねーんってねヽ(´o`;
    そしてまた1人に固執しそうになったので広い視野で見なければ。

    気長に、気長に、必ず目は出る(*’ω’*)

    • まるこめ印◎
    • 2020年 5月 24日 18:40:23

    目が出てきたら怖いな(´⊙ω⊙`)笑
    芽ですね笑

    • 豆たんうさぎ
    • 2020年 5月 31日 6:14:47

    はぁ。
    まさにさじ加減のオンパレードですね。
    難しいこの種はどんな花が咲くのかなぁ。

    • 通りすがりのおでん
    • 2020年 6月 09日 22:46:37

    「じわじわやってくる」この言葉を胸に刻んで、焦らず行動してます。

    今気になる彼、最初は私に、恋愛感情が無さそうだったけど、
    会う回数重ねるごとに、徐々に男らしくなってきました=゜w゜=

    まだまだ芽は少ししか出てないけど
    じわじわ育てて行こうと思います(๑′ᴗ‵๑)

    私も彼の事が本当に好きなのか見極めているところです。
    経験上、「すごい大好き、イケメン、タイプっ」と思った人ほど、上手くいかなくて
    最初は「まぁ人としては好きやけど、性的対称としては、よく、分からん」と思う人の方が、上手くいってます。人間関係の積み重ねって大事ですね

    • ちとこ
    • 2020年 6月 24日 10:12:53

    朝の出勤前にこの記事を読んで良かったです!
    3年前に転職をしたのですが、転職前は野菜作りをしていたので、種を植えてからの手順を例に出した内容に納得です。
    LINEからメールの話もやってみます!

    • Sirius
    • 2020年 9月 18日 15:52:46

    たった数日だったけど毎日一緒にいることで、彼に対して心が動きました。だからこそ戦略的に動きます。

    彼にも、かなりのインパクトを与えていると自負しています。でもちょっと我儘が過ぎましたので、旅から帰ってから長文メッセを送りました。

    いつもだったら彼からのメッセに応えるかたちで短文しか書きませんが、今回は意図があって長文にしました。

    私が彼を置いて帰ってしまったという我儘な印象と、振り回してしまった悪いイメージを払拭しておかないとならないと考えたからです。せっかくの楽しい思い出を、悪い記憶にはしたくはありません。文面は以下の通りです。

    送信後、すぐに、感動したと連絡がきました。いろいろあったけど一緒にいる時間は充実して楽しかったね、と、旅のなかで起こった出来事を語りました。私が怒った場面やドンパチのことは笑い話にしました。

    あとは距離と時間によって、急接近した関係性を冷ますことで、彼の気持ちもじわじわくると思います。

    私は彼の次のアクション待ちですが、自分からは何もしません。kouさんの書かれているように育つのを待つのみです。育たないなら、それまでです。そんなに人生は長くない。

    —–

    楽しい旅をありがとうございました。自分では行けないような素敵な宿に泊まらせてくれて、たくさんの美味しい店に連れて行ってくれて、市場、美術館、博物館、神社、商店街、めいっぱいの場所を案内してくれて、感謝しています。私のために、ほんとうにありがとう。

    いくども私の我儘で困らせてしまったことについては反省しています。いつも大きな心で包み込んで許してくれていましたね。

    私が怒っているときにも、優しく抱きしめてくれた温かさが思い出されます。

    ご指摘くださったことは参考にしていきます。最初から女性特有のホルモンの多い日にかかっていたので、少しでも血がつくとニオイがしてしまいます。もしかしたら新しいタオルがなかったので、少し血のついてしまっているタオルを渡してしまったかもしれません。

    教えてくれたことに感謝する前に、恥ずかしさでいっぱいになって、すぐにでも身を消したくなって、部屋を出ていきました。感情的になっていたので、ひどいことも言ったと思います。反省しております。申し訳ございませんでした。今まで言われたことがなかったので驚きましたが、アドバイスは今後の参考にさせていただきます。

    まだ残暑が長引きそうなので、お体にはご自愛してくださいね。私も仕事の立て直しに頑張ります。

    • Sirius
    • 2020年 10月 03日 22:10:01

    「気がついたら好きになっていた」というのは、そうなる前に色々あったわけです。

    じわじわくるための何かがちゃんとあったんですよね。

    何もないところから、突然芽が出始めたわけじゃないんです。
    ——-

    家のなかを掃除していたら、彼からプレゼントされたものが沢山でてきました。一つ一つは小さくて、もらったときは「あ、ありがとうございます」くらいの反応しかしておらず、そんなに喜べていませんでした。

    小さいポーチ、フェイスパック、写真立て、調味料、お菓子、すべては高価なものではないけど、沢山あった。

    一緒に泊まった旅館や観光した場所のパンフレットが数々と出てきて、改めて見ました。捨てようと思っていたのに、大切な思い出の宝物になった。

    こんなに沢山の場所にも連れて行ってくれていた。

    沢山くれた言葉の数々もずっと聞き流してきた。耳を傾けたことなんて本当になかったです。

    歯の浮くようなことを言うのね、って思っていたので冗談ぽく返事してきた。

    思い出して振り返ってみたら、何年ものあいだ彼は一生懸命になっていてくれたんだなぁと、今頃になって気がつきました。言葉の数々も、彼の性格を知った今なら、真っ直ぐな気持ちなんだなぁと分かるから、じわじわきます。

    「最初のデートでも、2回目のデートでも、緊張していたのが分からなかった?」と聞かれたけど「ぜんぜん知らなかった」と答えた。当時は、彼は慣れていて沢山の女性を誘ってると思っていたから、そんなこと気がつきもしませんでした。

    昨日の電話でも、普通に考えたら驚くような提案をしてくれました。

    私が彼のところに移動するなら、今ある家具もインテリアも全部好きに変えていいと言ってくれた。いま、彼の彼のところにある家具なんて、一つ一つが私の持ってる家具の数十倍の価値がある。それを全部自分好みに変えても良いと言う。

    時々さりげなく驚くことを言うから、素直に喜べなくて、冷静に反応してしまう。喜び下手な自分の返事が相変わらず素っ気ないと思いました。気持ちを押し殺してしまうんですよね。

    過去に私から恋人に尽くして失敗した経験もあるから、今回は彼の気持ちを大切に受け取っていくことを意識していきたいと思います。

    クラッシックとかオペラとかを聴いていると思っていた彼が、MISIAを聴いていたというから、久しぶりにeverythingを私も聴いてみた。彼の想いが伝わるようで泣けてきました。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント