恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

続・結婚したいんです

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

彼と結婚したいんです

あ、そう(^^;

 

・・・歳か言えないんですよね、これ。

 

あれ、何かこれ、見覚えがありますよね。

そうです。

これです。

結婚したいんです

 

Kouさん、またネタ切れですか?

いやいや、違いますからね(笑)。

これだけ記事が蓄積してくると、今書こうと思ったことが、よく思い出してみると過去にもまるで似たような書き出しで書いていたということがよくあるんです。

 

ということで、今日は結婚についてです。

本当に多いんです。

結婚したいんです

という相談です。

気持ちはよく分かります。

 

駄菓子菓子。

やっぱりおかしいんですよね。

どうしても首を傾げてしまうんです。

私は彼と結婚したいんです

という女性は、僕が見る限りでは、妄想一辺倒になっているところがかなりあります。

全部がそうだとは言いませんが、状況をよく把握できていない感じがするんですよね。

何というか、男の発想に近いものを感じるんです。

 

「最終的に結婚に持ち込んでしまえば勝つ」

という発想です。

ようするに戦いを終わらせるための終止符として結婚を持ってきているような感じがするんです。

彼と結婚さえしてしまえば、もうすべての問題は解決し、理想の未来が訪れる。

 

結婚によって理想の未来が訪れることは、あるかもしれません。

しかしそれには、順序が必要です。

なぜそこにいたることができたのか、強い信頼関係が必要なはずなんです。

女性が「私は彼と結婚したいんです!」と言っている恋愛相談は、困っている相談なのだから当たり前なのかもしれませんが、結婚したいと思っているのは常に女性だけです。

そもそも女性の結婚って、申し込まれたいものじゃないんでしたっけ(^^;

 

いろんなハードルを越えて、ようやく辿り着くものだと思うんですよね。

出会ってちょっと会って、ちょっとセックスしただけで、惚れ込んでしまい、それですぐ結婚を望むのはかなり危ないんじゃないかなと言うのが僕の意見です。

恋愛の勉強でも、この結婚に関する考え方がはずっと言い続けています。

 

もしかしたら本当に知らないのかもしれませんが、結婚というのはそんなに生易しいものじゃないんですよね。

両者の人生を契約で結ぶ行為なんです。

両者の人生には家族やその周辺も入っていて、付き合いましたー、別れましたーとは次元が違うんです。

 

ちなみに僕のところには、離婚相談が無数に来ます。

結婚の相談よりも離婚の相談の方が多いです。

これだけでも分かることがあります。

くっつくのは簡単なんです。しかし、離れるのは極めて難しいということです。

何か簡単に離婚しているように見えて、裏では相当な神経消耗戦が待っているんですよね。

別に別れるときのことを想定しておいてほしいとは思いませんが、そのくらい重大事項であるということを知っておく必要はあるわけです。

他人の人生を抱え込むというのは、大変なことなんです。

 

現在の少子化の原因の一つは、子供を育てるのにかかるリスクが分かるからです。

それがどのくらい重いことなのか分かっているから、覚悟ができないんです。

これって結婚も同じことだと思うんですよね。

結婚して相手が突然重病になったら、ハイさようならと言うわけにいかないんです。

 

こういう話をすると、極端だとか、脅かしすぎだという人も出てくるかもしれませんが、むしろこのくらい考えておかないとダメだと僕は思っています。

状況なんて何年も経てば変わっていくものなんですよね。

 

じゃあなんで結婚できる人がたくさんいるのか。

簡単ですよね。

覚悟ができているからです。

覚悟ができるようになったからです。

完璧な覚悟はできていないかもしれませんが、状況が変わってもどうにかしようとは思えているはずなんです。

将来状況が変わっても頑張って関係を維持しようと思えるのは、なぜですか。

これをちゃんと考え始めたら、そんなに軽々しく彼と結婚したいなどと言えなくなるはずなんです。

 

女というのは、元来かなり慎重な生き物です。

こいつで本当にいいのかと思いながら品定めする側にいるのが女性なんです。

分かりますよね。

女性に対して、ありとあらゆる努力と姿勢を見せながら「コイツなら大丈夫そうだ」と思わせる必要があるんですよね。

その努力をさせましたか。

 

ちゃんと考えてほしいなと思います。

少し真面目に考えれば、今の感情が本物か偽物かはすぐに分かると思います。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • 変奏曲とフーガ
    • 2019年 9月 08日 12:50:14

    大好きな人から離れて消えたい。
    ほんとうに疲れちゃった。

    話し合いたいときにふざけられる。
    拗ねられる、怒られる、
    まじめに答えてくれない。

    そのことについて許せなくて、
    わたしが後日も拒否反応を示すと、
    同じ態度で返してくる。

    わたしは壊れかけでも、
    一生懸命呼びかけたんだよ。
    最近は、向こうの妄想も感じられた。
    悲しすぎる。。

    でもわたしのやり方間違ってたんだよね。
    ほんとはとっても優しい人なのに。
    してもらったことはたくさん。でも、
    普段優しくっても話し合えない人は難しいな。
    わたしはモンスターだと思われてる?
    日常のちょっとした注意まで、
    まるで敵からの攻撃のように感じてるみたい。

    素敵な旦那様にしてあげられたらよかったのに。

    • 月美。
    • 2019年 9月 08日 19:56:11

    今までの「結婚したい」は、それによって他人からの目が変わることを望んでいたんだと思います。そして満たされたような気になる。
    結婚は相手ありきだということが以前よりもっと染み込んできました。

    好きな相手がいないけれど漠然と「恋愛・結婚したい」と思っている時は、「愛されたい」という気持ちが強いのではないかと思います。
    でも、結婚するということは「自分からこの人を愛する」という覚悟を持つことが必要なんだと思いました。

    • 変奏曲とフーガ
    • 2019年 9月 09日 2:08:50

    きょうも彼は、わたしが喧嘩後もモヤモヤしていたことで疲れてしまったんでしょう。なぜか部屋に内鍵を掛けて籠っていました。

    彼は部屋から出てきた時に、普通に挨拶をしてきましたが、状況はスルーしてそのまま映画を観始めました。わたしも色々大人になったつもりだったけど、再び話し合いを拒否されたことで限界だったので、どうせならと「どう思ってるの?」って聞きました。(覚悟の一撃)

    すると、「自分は話ができない人だし、一緒にいるのは難しい」と言われました。

    そっか、もうわかったよ、と答えました。
    ふ〜疲れちゃったなぁ。。。
    まあ、きっとやかまし妻だったね(´ω`)
    未熟者だったね、追い詰めすぎたね、
    わたしも追い詰められていたんです。
    ごめんね。
    愛していたけど難しいね。

    • あおはなみ
    • 2019年 9月 10日 3:28:05

    歳がヤバイなと思います。40代の出産?妊娠できるかしら?健康児が生まれるかしら?
    現実ではあります。

    デート中の食事で美味しい!と喜んでいる彼をみて、
    「結婚したら作ってあげたい」と思うことが多々あります。
    彼を急かしたくなります。だから敢えて言いたくなる。

    でも良策でないですね。結婚したら良いことあると匂わすことと、結婚をせまることは違う。
    「マイレシピに加えよ。今度作ってあげる」くらい曖昧に言っとけば良いのかな?

    今は手を繋ぐことが幸せ。
    相変わらず彼の話を聞くの時間が幸せ。
    自分の話もしっかり聞いてくれる。

    これは味わったことのない幸せです。

    結婚に至るには信頼がいる。
    信頼へのステップ…お互いの人柄を知る機会
    イベントかな?向き合う姿勢が分かりますね。
    表現でもある。
    色んな一面があることをアピールしたり、知ったり、信頼にきっと繋がる。

    • もももち
    • 2019年 9月 10日 8:43:47

    どうもです。

    今好きな人に対しての執着が、
    小さな頃に願った王子様願望と
    重なっていることに気づいて色々
    自分と向き合ったりとかしました。

    よーやく、小さな頃の私は
    納得したようです。

    王子様、私を救ってくれる他人は
    いないってことに。

    切ないですが気づいたら
    仕事も充実していてお金や生きていくことについて自信が育ちました。

    好きなことを仕事として続けているかこその新しい展開もこれからやってきます。

    そして、好きな人から
    両親に感謝したほうがいいと言われ
    そのタイミングで実家の両親に
    会うチャンスもできて会ってきました。

    やっぱり色々思うときはありますが
    それ以上に素直に感謝できる私に
    なっていました。

    ようやく自分の足と他人のサポートで
    人生を切り拓いてきたことに気づけました。過去ぼんやりと日常を絶望していた私が少しずつ統合されています。

    • もももち
    • 2019年 9月 10日 8:54:50

    普段は割と理性的なため、
    いつも、付き合ってる人から
    すぐ結婚を匂わせられていましたが
    (私はダルいとはぐらかしていました)

    本当に好きな人に対しては
    強い執着が生まれて
    冷静に相手を思いやる
    心の余裕がなくなってうまくいかなくなることが多かったパターンだったなと
    今になって思います。

    好きな人とはうまくいかない
    のではなく、

    好きな人には異様に執着するから
    うまくいかないのは当たり前という
    至極当然な結果が出ていました汗。

    どんな好きな人でも他人、
    しっかりと意識的に自分の足で生きていこうと思います。

    • まなつ
    • 2019年 9月 11日 0:11:09

    私の友達で、好きでもない男性と結婚した女性がいます
    彼女曰く「この人を逃したら、多分私は一生結婚出来ない
    だから、好きじゃないけど結婚する
    好きじゃないけど、尊敬はしてる」

    それから20年
    順風満帆だった訳ではないけど、彼女は今幸せな結婚生活を送っています

    大好きで結婚したのに離婚する人もいれば、彼女みたいな人もいて、一体何が違うんだろう?と思うのですが、私はやっぱり、結婚した後の信頼関係の構築が出来ているかどうかなんだと感じます
    結婚したからもう安心、信頼関係出来上がってます!じゃなくて、結婚してからもずっと信頼関係を築き続けることが必要なんでしょうね
    彼女はそれが出来てるし、今もし続けてるから幸せでいられるのかな、と
    そう考えると、信頼関係に完成はないということ?
    油断すると崩れてしまう
    崩れても再構築すればいいんですが、それが出来たり出来なかったり…
    何とも難しいモノですね

    • あおはなみ
    • 2019年 9月 11日 10:03:32

    まなつさんのコメントを読ませていただいて、

    好きな気持ちに胡座をかいていたら駄目なんだなあと思いました。
    そして結婚がスタート地点という意味…
    信頼関係を改めて丁寧に作っていくという事なんだなあ、と理解できました。

    好きだという気持ちだけで好き放題をお互いがしていたら、熱があるうちは楽しいけれど、毎日一緒にいて冷めてた頃には、相手が自分にとって嫌なこと、不快なことをするとか、ばかりが目につきそう。
    そして、相手に不快なことをしている状況を気付こうとしなかった結果なんだなあと。想像ですが。

    いちから信頼関係をつくる気持ちで生活を始めたら、
    多く共にする時間の中で、相手が何が嫌なのか何が好きなのか観察したり、察知したり、思いやりを持てる。

    交際中は、月2程しか共にしないから、
    生活するということは、何十倍、何百倍の配慮、思いやりがいるのかな。

    無理はしなくていいけれど、その考えを持ってるのと
    0なのとでは、自分も相手も居心地が全然違うだろうな〜

    結婚したら、嫌な所が見えた、ではなくて、積極的に(相手の嫌がること、喜ぶことを)再発見していく感じ?

    • gki
    • 2019年 9月 15日 20:27:53

    ずっとkouさんのブログ、メルマガ拝見してます。
    今回、kouさんに質問したいことがありコメントさせて頂きました。

    kouさんはよく、男性は女性を追いたがっていて、
    追わせるようにした方が男性も幸せ、というのを
    メッセージとして書いていらっしゃるように思います。

    ただ、最近それって本当なのかな?
    という疑問を抱きはじめました。

    最近、よくSNSで
    男性はモテるようになるには、女を雑に扱うこと
    自分の下として扱うことが絶対的に大切で
    サンクコストを女が払うようにしないといけない
    という話を耳にします。
    例えばhttps://note.mu/nanpatodai
    (飴と鞭でもありまさが、
    女に全額毎回奢らせたり、ホテル代を出させたり、
    そういうことをやらせるという感じです)

    これで実際にモテるようになった男性が
    たくさん出てきているみたいですね。

    これって、とても極端に言えば、
    kouさんの男向けバージョンなのかなと
    こういう人達を見てわたしは思ったりしていますが、

    (これは誰に好かれたいか、どういう女やどういう男と
    人間関係を得たいかによるのかもと思うのですが)

    女性を追わせるように
    男性にサンクコストを払わせること、
    それって本当に男性にとって幸せなのでしょうか?

    今大切にしたい交際相手が居るのですが、
    私は彼を自分の思う通りにコントロールしたいという理由、
    愛されたいという理由でサンクコストをかけさせるような損得勘定な人間関係は作りたくないと思っています。

    勿論、男性が女性を追うようにした方が
    男性(相手の男性)が最終的に幸せになれるなら
    このままサンクコストをかけさせる方針で続けたいのですが、、

    なんとなく…、
    サンクコストを負わせようとする人間関係が
    自分がいつも築く通常の人間関係と異なってしまい、
    罪悪感を抱くことがあるのです。

    なので、本当に男性にサンクコストを負わせることが
    相手の男性のためになるのか?
    kouさんのご意見を伺いたいです。

    • もももち
    • 2019年 9月 16日 14:48:02

    gkiさん

    …その方法だと結果的に自己価値の低い、程度の低い女性にモテる、
    男じゃないものに成り下がりますよ苦笑。

    とにかく下半身満たしたい
    アホな男が飛びつきそう。

    そして大切な男らしさがいつのまにか
    失われていくという…

    男らしさが失われた男みたいなものは男社会では通じなくなるので
    結果的に社会的にもヤバイですね。

    男の「幸せにしてあげたい」って
    欲求を刺激してるからむしろいいことしてると思った方がいいと思います笑。

    それがサービス精神であり
    男が仕事する上でとても大切です。

    受け身な男なんて正直キモすぎですわ。

    • 変奏曲とフーガ
    • 2019年 9月 17日 2:01:13

    旦那と喧嘩の後、「一緒にいるのは難しい」と言われ。そうなのか、と。とうとう今度は駐在先から帰国しました。

    でも帰国した途端、「やっぱり戻ってきてほしい」「一緒にいない将来は考えられない」という電話が。電話口で泣き出す始末。

    あのさ…あのさ…。もうなんもいえねえ。
    何回そういうの繰り返すの。
    こちらはそれなりの思いで帰国してるし気持ちが追いつかない。ちょっと前向きになれないって伝えるけど、繰り返し「話がしたい」といわれる。

    愛している気持ちは変わらないから、日本で友達と会いながらリフレッシュしつつ、気持ちを整えて話を聞こうとしたけど。やっぱ真剣に聞いてほしい態度に見えないのよ。。ふざけてる。

    1回目の「話したい」
    もうすぐ帰るからと言われ、1時間近く待たされる。(通常職場から30分もかからない)
    →このときはなんか帰り際に仕事あったのか?もしくは渋滞なのかなと、とりあえず待っていた。

    2回目の「話したい」
    わたしと一緒に行くはずだった現地のコンサートに、せっかく知り合いにチケット手配してもらったし1人で行ってくるから、それまで話そうと言われる
    →その場は丁重にお断りする。謝罪され、後日話す時間をつくる。(しっくりこなかったから、まだ時間が必要と伝える)

    3回目の「話したい」
    約束の時間間近になって、「お客さんを迎えに行かなきゃならないから、1人の時間作れないんだよね。。」とドタキャン?される。ごめんねの一言なし。当然のように「明日は何時に話せる?」と質問してくる
    →もうお前と話す時間はねえと思っている(今ココ)

    友達は意外にも、「結婚したし、悪い人ではないから、許してあげたらいいかも」と言う人もチラホラ。「結婚したんだから」はわかる。でもわたしは、快く許す理由がないように感じるけど…。

    悪気ないだけ??いや、わたしには真剣に考えてないように見える。

    心残りはある。現地に残してきたイベントのことだ。戻らないならこれをいったん諦めるしかない。でも今回は納得できないと無理なんだと思ってる。

    • 羽原ゆきす
    • 2019年 9月 18日 16:49:30

    Kouさん、お久しぶりです。

    丁度最近、結婚について考えていました。以前の私は危ない考え方をしてました。今は…完治…?…マシに…?なったかと思います。信じてます…自分の成長を…笑
    ただ、よく分からない”世間一般論”(世間一般って誰…?笑)に翻弄されて、結婚しないこと、結婚が遅くなることに心が乱されそうになることもあります…。いかんいかん…。
    気を引き締めていきます┗( ‘ω’ )┛

    • さくらん
    • 2019年 9月 19日 13:48:35

    「結婚したいんです。」「じゃなくてあなたと結婚したいと思われたい。」だったんだなって今の彼と付き合い始めて感じてます。

    彼は結婚を考えてると私に話してくれました。
    その上で、俺は考えてるけど、あなたにそう思わせられるかは俺の力量だからちゃんと時間かけて判断してねって言ってくれます。

    自分は一生しないと思ってた遠距離恋愛だけど、今のところ何一つ不安に感じたことはありません。
    1か月に一回以上会いに来てくれるし、毎日電話してくれる。

    今まで刺激中毒かってぐらい感情に振り回される恋愛をしてきた自分だけど、恋愛ってこんなに穏やかでも幸せなものなんだなって…

    まとまらない文になってしまったけど、kouさんのところでたくさん勉強させてもらえて自分のことを大事にできるようになったから自分を大事にしてくれる相手と一緒になれた。選べた。のかなって思ってます。
    もちろんこれからもたくさん読みにきます!

    • あおはなみ
    • 2019年 9月 19日 21:24:06

    元から結婚に否定的だったし、
    結婚生活の信頼関係作りや自分自身のコントロールって何て大変なんだろうと覚悟はしています。

    それなのに、常にどんな工夫がいるか、考えてるのは
    私は彼と、深い信頼関係、本当に深い関係になりたいんだと思います。

    彼にはそれを可能にする人間性、信頼を私が感じている。
    お付き合いする中で、苦手な事に消極的な態度はあれど、私の気持ちを一番に考えてくれました。充分に満足させられなくても、出来る限りに応える彼。

    メールだって電話だってデートだって、それは一貫していました。彼は殻に閉じこもらず、怖くても私の事を考えてくれている。

    正直、私は人間関係作りが得意ではありません。
    ストレスも抱えやすいし。

    それでも、誰かと関係作りをしたいと願っている。
    自信はないけど、でもしたい。工夫や努力は惜しまない。

    このエネルギーは何でしょう。
    私はあんなに冷めた人間だったのに。
    私が他人に対して、努力をしようだなんて。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント